挨拶スレッドつくってみる

人気の記事:

コメント

  1. kara_d より:

    Kara_Dと申します。PDAやハンドヘルドに目がないです。HPC2000時代のインターリンクとかPocketPCのmuseaとかVisorとかつかってますが何故か今はA-50に先祖返り?みたいなかんじ。仕事二日間出かけたりするときも電源の心配がないので安心なんですよね。

  2. あさあさ より:

    あどりといいます。

    初代PDAがCASSIOPEIA A-51でした。その後は Visor 経由で CLIE に落ち着いていますが、いざノートPCが使えず、コンセントも見あたらないような環境になったらいつでも A-51 を引っ張り出せるよう待機体制になっています。Pocket WZ Editor などが入っていて、バッテリが干上がった場合に母艦と同期しなくてもCFカードから手動復元できるようにもしてあります。CF カードと単三電池の許す限りテキスト文章をいくらでも作れるのがいいんですよね。

    これからよろしくです。

  3. kara_d より:

    ありがとうございます。これからよろしくです。

    あどりさんのA-51はCE2.0にアップグレードしちゃったやつですか?

    僕のはしてないけどテキストエディタにはしっかり使えてる感じです。(ファイル関連の操作はかなりキツイけど。)

  4. あさあさ より:

    A-51はバージョンアップのチャンスもあったのですが、CE1.01のままです。これでもテキストエディタには十分使えるし画面も横長なので、文書書きにはCLIEよりもいいくらいです。手持ちのCLIEは縦長なので、どちらかというと携帯電話感覚ですね。

    Windows 2000/XP に対応してモノクロで乾電池対応なA-70みたいなのが出たら買いたいなあと思うのですが、なかなか思うようにはいかないですね。

    # ファイル関連の操作はExplorerでは重たいので

    # Tascal Explorer と WZ Editor 付属ファイラーの併用です。

  5. kara_d より:

    >

    Windows 2000/XP に対応してモノクロで乾電池対応なA-70みたいなのが出たら買いたい

    ほんとそう思います。

    実はモノクロテキスト入力系の理想は電子辞書の筐体なんじゃないかって前々から思ってます。あのサイズとキーボードでテキスト入力&CF保存できたらいいなあと。

  6. あさあさ より:

    適度に電池が持って、横長だからテキストも違和感なくタイプできる(PC-98からの移行組なので桁数が70〜80バイトあればOK)というと、やはり電子辞書型の筐体は理想的ですよね。

    あと、もう一ついい点を書き忘れていました。それはPCカード対応。

    CFカードと同時に使えないのが難点(同時に使えればモアベター)ですが、PCカードアダプタに付けた 128MB CFカードを無事認識してくれました。

    もしかしたらSDカードやメモリスティックもPCカードアダプタ経由でいけるかもしれません。チャンスがあったら試してみたいところです。もしこれがうまくいったら、CFカード以外の媒体が主流の時代になってもまだまだ大切に使えると言うことになります(^_^)

  7. cco より:

    改めてccoと言います。どうぞよろしくお願いします。

    A-60を使っていました。理由は「辞書内蔵」だったので。

    でもそれまでHP200LXとかDOSモバギユーザーで、キータイプの感触についてはA-60は正直不満でした。また重量もかなり重く感じました。でもLAN接続でインターネットに簡単に接続出来たり、Win機とも簡単に接続出来るので、これはうれしかったです。

    しかしながらHP200LXの筐体(というか液晶のヒンジ)はあまりにもろく、これはA-60の方が安心出来ました。やはり丈夫な方がいいですよ。

    また乾電池とモノクロ液晶というのが大好きなので、これは良かったです。カラー液晶ばかりの時代になってしまいましたが、やはりモノクロが好きなので、時折起動して持ち歩いています。

    #カラーばかり見ていると、時折無性にモノクロ画面が見たくなるのです。

  8. あさあさ より:

    >> cco さんへ

     はじめましてです。

     A-60はCE2以降(2か3か知りません)になるので、LAN接続できたりインターネット接続が楽そうでいいですね(^^)

     A-51 + CE1.01 は LAN 未対応、Internet Explorer 2.x 相当の PocketIE のみという状況で、AirH” でインターネットに接続する「だけ」でメールもWebも手が着かない状況でした。よって、文章書き専用マシンとなっています。

     カラー液晶ばかりみているとモノクロが見たくなる気持ち、同感です。私はいつもは Thinkpadの1024×768フルカラー / CLIE の 320×480 256色なのですが、たまに Visor の 160×160 モノクロや A-51 の 480×240 モノクロな解像度で懐かしさにひたったりします。

    >>自己レス

    >もしかしたらSDカードやメモリスティックもPCカードアダプタ経由でいけるかも

    部屋の整理中にPCカードアダプタが出てきたので、256MB SDカードを A-51 につなげてみたところ、PCカードは電池消耗が早くなるといった警告が出た以外の問題なしで、あっさり認識されました。これで安心して末永く使えそうです。それ以前に、文章書き専用マシンなので 16MB CF カードだけでも十分だったりしますけれど(^^;

  9. cco より:

    モノクロ画面でいうと、肌身離さず持ち歩いていて、無いと不安になるツールに PalmIII があります。J-OS も現役ですよ。

    とにかくモノクロ製品が今後も生産され続けることを心より願っていますよ。

  10. mura より:

    こんにちは。

    A-60を使って5年近くなります。

    使い始めてから、他の機種に浮気しそうになったことも多かったですが、乾電池が使えるか? PCカードが使えるか? とか考えると結局消去法でA-60に落ち着いてしまい、新しいマシンに移り変われずにいます。

    自分の中で使う用途も枯れてきて、滅多に新しいソフトを入れたりしたいなんて思うことも少なくなったのですが、「これは!」と思うものが2.11以降対応であることが多いのがちょっと哀しいかな。

  11. ぼうしゃ より:

    こんにちは。

    A-50(CE2.0)を現役で使ってます。

    とはいえ、メモ帳程度ですが。

    旅行なんかでも重宝してます。

    目覚ましにもなりますしね。

    しかし、やっぱり後継機出てほしいですね。

  12. kara_d より:

    こんにちは、はじめまして。現役でまだ使われているってすごいですね! 確かに乾電池で電源に関しては無尽蔵に補給できますから、こういうモノクロの端末も遠出のときは便利ですよねー。

    CE搭載の電子辞書とか出れば、代替マシンになりそうなんですが。

    僕の後継機への希望は、液晶をもっと見やすくと、CPUをもちっとはやめにっていうだけですねえ。

  13. 匿名 より:

    はじめまして。

    私は、A-60を使用しています(最近出番が少ないですが)。

    ハンドヘルドPCが、大好きで、他に、テリオスHC-VJ1Cを持っていますが、バッテリ完全に干上がっていて充電不可能なため、実働はA-60のみです(液晶のバックライトが故障しておりますが)。

    ネットオークションで、買ったり売ったりして、今までにいろいろなハンドヘルドPCを使用してきましたが、「サイズ」、「デザイン」、「場所を選ばない画面の見易さ」、「乾電池でも動く」などなど、カシオペアのAシリーズが最高だと思います。

    ちなみに、私の入門機はA-51Vでした。

    どうぞ、よろしくお願い致します。