恥ずかしい失敗談聞かせて♪

人気の記事:

コメント

  1. Sydney より:

    Hello there, I read 「Could you make me hot?」and well… I just had to say SOMETHING of course!!

    ha ha ha ha ha ha ha ha ha

    No I’m not Japanese.. more like half Italian and half Australian, so if you want to learn some Aussie SLANG.. I’ll be more than happy to oblige….

    mate!

    LOL

  2. だいはど より:

    Though I forgot correct spell, I know ‘taja’.

    I don’t want to write what it means. 😉

  3. だいはど より:

    This happened when I was working part-time for an American company in Kobe. Me, my boss (male) and a co-worker (young female) were in the room when I started feeling hot (temperature-wise). I simply meant to say I was getting warm, but this came out of my mouth instead:

    “I feel something hot inside me.”

    My boss winked at me, said he would leave the two of us alone and left the room!

  4. MUMBLヨヨZ より:

    And then what happened? Please do tell!

  5. だいはど より:

    I honestly don’t know what would have happened if she’d been a cutie. 😉

  6. ☆James より:

    hahah

    Probably a sexual harassment lawsuit 😉 American business women can be crazy defensive.

  7. hanae より:

    When I first came to LA, I told my American friend (guy)

    “I want more stimulation!” We are just hanging out and talking about school and stuff, so my friend was like “…you shouldn’t use stimulation in this context…well if you want, I can give you:)”

    sooo embarassing…

  8. だいはど より:

    BUAHAHAHAHA! That’s funny. You should be glad your friend understood your true intent. 😉

  9. ジャップ より:

    知り合いの女性が

    なんでもYESYESでロンドンに入ろうとして

    いたら捕まりました。

    http://blog.livedoor.jp/hiroko_pangan/

  10. つんこ より:

    “Could you make me hot?”, “I feel something hot inside me” and “I want more stimulation”!!!

    All of them made me laugh so badly!!! Thank you very much!!

    LMAO

  11. B'n'S より:

    ”How’s it going?”

    ”I am going to go to basketball court!”

  12. えの より:

    しばらく会話していなかったUSの友人に「長らく会わなかったねー」と言おうとして、なかなか思い出せないままに書いた一言:

    “so long :-)”

  13. より:

    ちょっと例外かもしれませんが。

    たまにネイティブの方と喋ったあとは、

    日本人の友人にも hey! とか話しかけてしまいます。

  14. Yasu より:

    That happened years ago. One day I went to a cinema and took my seat. Next to me was a middle-aged woman. Since there was much time until the screening began, I took out a copy of the Time Magazine from my backpack, and started reading it.

    Some minutes later, the woman sitting next turned to me and asked: “Do you have the TIME?” Proudly, I replied: “Yes,” and showed her the cover of the magazine I was reading.

    She seemed a bit confused. Of course, she wanted to know what time was it then, not about my stupid magazine.

  15. たかひろ より:

    うちのハウスメイトのマイキーが

    「Takahiro!! Can you get me Kansas Soda?」とキッチンから叫んだのでパントリーで

    カンザスソーダ・・・カンザスソーダ・・・カンザスソーダ・・・

    カンザス・ソーダなんてねえよ、何それ?と思いながら探しても探してもそれらしいソーダがなかったので

    “Mikey, WTF is kansas soda???????” と叫び返したら上から

    ゲラゲラゲラゲラゲラ

    と笑い声が帰って来ますた。

    Kansas soda —> Cans of Soda

  16. ケイ より:

    私はまだ英語がまったく話せなかった頃、シドニーのマックで何か軽くしょっぱいものが食べたいなぁと思ってメニューを見てみると<コーン>とあったのでとうもろこしと思い注文したら、でっかいコーンのアイスが出され、涙しながら冬の寒空の中食べました。スペルの違いに気づいてませんでした(^^ゞ

    まだ全然話せなかった頃の友人はマックで、会計の時に精算について「Separate or Together?」と聞かれて、「セパレート プリーズ」と言ったらスプライトが追加されていました。

    ちなみにこの人にはマック話が後二つ合ったのですが、遠い昔で忘れてしまいました。思い出したら書き込みます。

  17. マイキー より:

    instituteとprostituteを間違えました。

  18. naorin より:

    だいぶ前SFに行った時のこと。スーパーマーケットでも、ショップでも店員さんは必ず、”Hi, How are you?”と言って来ますよね。いちいちその時の気分を正確に伝えるのも面倒なので、私はいつも”Good, Thank you!”ですましてしまいます。いつものとおり、店員さんにそう聞かれたものと思い答えたら、不思議な顔をしているので、よーく聞かれたことを思い返してみたら、”Hi, Welcome to 〜. What can I do for you?”と言っていたことに気づきました。ちゃんと聞いてたのに・・・癖ってコワイ。

  19. えび より:

    友人のミュージシャンの家で打ち上げがあって、

    そのアメリカ人男性が料理を作ってくれることになったときの事。

    その人は、ちょっとぽっちゃりしてて

    いかにも美味しそうなものをつくりそうな雰囲気だったんです。

    「あなたの手料理がたのしみです」みたいなワクワク感を伝えたくて、

    「I wanna eat your cook.」といったら

    その男性と近くにいた男性がきょとんとして目を見合わせて

    ニヤついているではないですか!

    そのとき、発音はしっかりクックっていったんですけど…。

    (まぁ、そもそも間違ってる英語なんですが..)

    帰る時、なぜか私だけに「特別だよ」とピックをくれました。

  20. yumi より:

    まだアメリカに来たばかりの頃、エッセイを書いていて

    「どうせワードがスペリングを添削してくれるからいいや」と適当に打ち、スペリングチェックも適当に「YES」を押して、プリントアウトしてアメリカ人のルームメイトに見せたら、

    「ねえ、”important”が”Impotence”になってるよ。」と苦笑されながら言われ、

    「あのね、インポテンツっていうのはね、男の人が性交不能になることだよ」と言葉の意味まで説明されちゃいました。

    彼女が真面目に説明してくれたので、私も笑いをこらえながら、真面目に話を聞きました。

  21. たかひろ より:

    「僕の祖父は僕がまだ若い頃に他界したんだ」っていうつもりで、

    My grandpa passed out when I was little.

    と言ってしまいました。

  22. たかひろ より:

    I just got to have a bowl of white lice.

  23. Shinya より:

    私ではないけど・・・・。

    道路を渡ろうとしていた私を見かけた友達(留学生)が、

    「What’s up, YUMA!?」のつもりで

    「Watch out, YUMA!!」と言ってきて

    ビックリしたことがあります。車にでもひかれるかと思った。

  24. Shinya より:

    自分の名字は山田なんですが、カナダ人の友人は英語独特の調子でヤマーダーと”マー”にアクセントを付けて発音します。マーはRサウンドを効かせてあたかもmerといった感じです。

    何回も聞くうちに、これがカナダ人にはわかりやすい発音なのだと思い、初対面の人に使ってみることに、、、「Hi, nice to meet you. I’m Yamada.」その初対面の人が怪訝な顔をしたので発音が悪かったと思い下の名前のシンと呼んでくれと言いました。

    数ヶ月後、仲も良くなってきた頃、彼はこんな事を聞いてきました。「なんで初対面の時お前はI’m your mother.って言ったんだ?」。。。。。

    日本全国の山田さん、気を付けて下さい。

  25. masa より:

    友人の話ですが、カナダで一緒に車に乗っていたら

    どうやら信号無視したらしく、パトカーに止められました。

    その時に色々言われましたが友人が一所懸命

    「I don’t speak England!」を連呼してました(ワザと)。

    警官もウンザリしたのか、許してくれました。。

    間違いも使い様ってことですね。

  26. scamp★chiyo より:

    プププッ (*^m^)o==3

    みなさんの失敗談面白いですね〜

    私もありますね〜

    「カプチーノ」を頼んだら『カップティー』が出てきて

    きっと『やっぱ日本人はティーなんだなー』と思われました。

    カプチーノが飲みたかった(/_<。)ビェェン

  27. つや追う者 より:

    アメリカ、ニュージャージー州のプリンストンという街へだんなと新婚旅行で行きました。

    私はアメリカの看護学校へ留学を考えているので、せっかくだからプリンストンの看護学校も見学してみようか、と探してみたんです。

    英語で看護学校はnursing schoolですが、地図にはよく似たnursery schoolというのがあったので、きっとここだろうと思い行ってみると、壁に絵が描かれたかわいらしい外観で、とても看護学校とは思えない雰囲気…

    結局中には入らず、そのまま素通りしました。

    で、帰ってきて辞書を調べただんなが一言

    「nursery schoolって幼稚園だよ!!」

    …「ここに入学したいので、見学していいですか?」なんて、中に入らなくてよかったと思いました…

  28. つや追う者 より:

    初めての海外。どっきどきで入国審査をしていたら、思いがけず日本語で職員に話しかけられました。

    「何か食べるものを持ってますか?」と訊かれたのに、緊張で

    「何か書くものを持ってますか?」に聞こえてしまい、元気に笑顔で「ハイッ」って自分のボールペンを渡してしまいました。だって、「あぁ、この人書くもの忘れちゃって困ってるんだろうな」って思ったんですもん。そしたら当然、怪訝な顔をされてしまいました〜。はずかしかった!

  29. つや追う者 より:

    その日、京都に行く予定があり、私の家から京都まで二時間。

    駅前の路上ですてきな写真を売っているオーストラリアの人に

    この写真はどこでとったの?等ときいていて、

    I’m goin’ to go to Kyoto from nowといったら

    How long does it takes to Kyoto?One or two hours?

    ときかれ、緊張して、京都で何時間過ごすかと勘違いし、

    I’ll be there for 4 or 5 hours!と返した。

    怪訝な顔をされた。

    自転車でいったら4、5時間だな。。。_| ̄|○

  30. shiho より:

    みぃさん>

    スリランカで実際にありました。

    入国審査を受ける時「ペン持ってる?」と。

    ちゃんと返してくれましたが、いちいちペンを借りてた審査員。。。用意しとけよ(笑

    イギリスで「ウォッカ」を頼もうとしたら「ウォーター」が出てきました。

    「VODKA」だなんて知らなかったもーん。

  31. ardbeg1958 より:

    10年以上前のおはなし。まだスターバックス等の快進撃が始まる前で、米国では薄〜い珈琲しか飲めなかったころ。

    普通だとちょっぴりしか出てこない espresso を、もう少し飲みたいときにはイタリア語だと espresso doppio (倍量エスプレッソ)と頼むわけですが… あるアメリカのステーキハウスにて、メニューに珍しくも espresso があったので、”espresso doppio” と言ってみました。もちろんイタリアンレストランなら通じるのですが、ここのウェイトレスのおばちゃまには通じない様子(まあ片田舎ですし)。

    そこで “Espresso. Make it double, please” といったら、2杯出てきました(笑)。

    もう一つ。

    上記投稿のさらに3年前ごろ。エリー湖のほとり(まあここも田舎ですわな)のファミレスで無謀にもパスタを頼みました(無謀だということはわかってはいたのですが、他のものは更に食べられそうになかったもので…)。

    ご存知の方も多かろうと思いますが、アメリカのパスタはどうにも茹ですぎかつ大味でしかも量が多いので、日本人には完食するのは苦しい代物です。

    男1x女2の組合せだったこともあり、たぶん総量の65%位を残して立ち去ったのですが、駐車場で車に乗ろうとすると、お店の方から険しい顔付きをしたおばちゃまウェイトレスさんがやってきます。曰く;

    「あんたたち、食べものを粗末にするなんて罰当たりよ。これ包んできたから、持って帰って食べなさい」と無理矢理 doggy bag を押し付けられました(泣)。

  32. かずぃ より:

    インターネットの日本人、外国人が入り乱れる英語チャットで、「クリックしすぎちゃった!」って書こうと思ったのに「Click」を「Crick」って書いて、皆にバカ受けされた。。

    なんだろうって思って、辞書引いたら「Crick」って「筋を違える・こむらがえりを起こす」って意味だよ・・・。

    「たくさん、筋を違えちゃった!」って・・・バカだね俺は。。

  33. *konae* より:

    >shihoさん

    レスありがとうございます☆えええ、ほんとにあったんだぁ。呑気な国っぽいですねぇ、なんか、あはは。

    そうそう、ウォッカって、英語ではヴォッカって発音しますからねぇ。

  34. *konae* より:

    Londonにて。

    レストランでパンの追加をもらおうとして、

    Breadちょうだいって言ったんだけど

    取り皿が出てきた。

    ブレッド!ブレッド!!ってたんだけど、

    どーやら「プレート」て聞こえてたみたい。

    言う度に皿が・・

  35. おち より:

    自分の話ではないですが、僕の友達はレストランで

    ナプキンが欲くて、英語で「ナプキン」って言うのを知らずに

    ティッシュペーパーだ!と思ったらしく

    店員に「ティッシュペーパープリーズ」と言ったところ

    その店員が少し考えてから持ってきたのは

    皿とコショウだったそうです。

    「dish paper」と聞こえたみたいですね(笑

  36. チケットって言うと、絶対通じません。

    ティケットって言うと

    買えます。切符売り窓口、チケット・マスターではお気を付けを。

  37. 3本立て BY マスカラス

    1 欲しくないなあ〜

    インドに駐在しているときに、日本食の出来るコックを探していた。同僚がその趣旨のレターを作っていた。

    よく見ると、COOK のはずが、COCKになっていた。

    ちょっとアブナイぞ!

    2 それくらい知ってるよぉ〜

    オーストラリアにホームステイしていた時に、TVにマイクタイソンがでていた。

    「タイソンがどうしたの?」とホストマザーに聞いた。

    ホストマザーが、「ライプ」っていうから、”タイソンもボクサーとしての円熟味を増してきた???”のかと不審に思い、「ライプ」ってどういう意味ってきいたら、

    EX  WITHOUT WOMEN’S PERMISSION みたいに、とっても堅苦しい言い方で教えてくれた。

    3 クラスの笑いもの

    フランス人のガールフレンドのお兄さんの話。

    お兄さん

    「お母さん、明日、学校でコンパス使うから、買っておいて」

    母親

    「大丈夫だよ、ちゃっとカバンに入れておくからね」

    翌朝

    お兄さん

    「いってきまーーす」

    算数の時間、カバンを開けると、コンパスではなくて、方位磁石が入っていたらしい。

  38. きよ より:

    >>34さんで思い出した。

    もう10年も前の話。初めて渡英し、留学したての頃。

    学校のカフェテリアで皿が欲しかった。ので、勇気を出して

    「dish下さい」と言ったら、数秒間おばちゃんに固まられて

    ??と思っていたら、「あーplateね、これdishじゃなくて

    plateだから。」と、5分くらいその違いについて

    言われたけど、内容は半分くらいしかわからなかった

    記憶が。これが一番印象に残っているなぁ。

    あとは色々あったけど・・・忘れた・・・;

    私の場合、何か他のものが出てくる、というより、

    「え、なにそれ?」みたいな感じで逆に聞かれて、

    スペル書いて一件落着、ということが多いです。

  39. Lon より:

    「ライプ」

    思わず笑ってしまいました。

    「ここの海岸にはおっきい妻達がいっぱいいるからサーフィンが楽しいよ」

    英語でどう言ったか忘れましたが始め私にはそう聞こえました。

    慣れるまで大変。オセアニアンイングリッシュ。

  40. 1本立て  BY マスカラス

    英語に全く関係ないけど

    台湾のバスターミナル(?)で、便所からでてきて、鼻をかみたくなった。便所の前にある自販機でティシュペーパーを買った。

    なんか台湾のテッシュは開けにくいなあ、と思っていたら、

    嗚呼、無常・・・

    よくみると女性用のナプキンだった。

    英語だけじゃ、世界は回れない! って思った

    シツレイしやした。

  41. shogo? より:

    イギリスの語学学校での事。

    自分の子供時代を発表する授業があった。

    子供の時はスイカが大好きだったとか、日が暮れるまで外で遊んだとか云々言った後に。最後に締めで

    I sometimes slept with my mam. と言った

    そしたら先生が “No, no you didn’t”って言い返してきたから、なにぃ、こっちがせっかく、恥ずかしい思いをして言ったのに!!と思い俺もムキになって

    ”Yes, I did”って自信満々真顔で言い返してやった。

    そしたら先生が大爆笑

    俺の英語の意味は

    ”僕はお母さんと時々エッチをしていました。”

    “I think you slept with your mam on the same bed”がcorrect english.

    そんなの知るかって思ったけど、いやぁ英語って面白いね。

  42. しゅまり より:

    たまに通訳する時、いまだにこんがらがっちゃいます。

    いや、意識するから余計に悪いんだろうけど。

    The researcher discovered a new orgasm. って言っちゃって、

    満場の聴衆を混乱の渦に陥れたことがあります(笑) 

    正しくは organism…

  43. Tekkster より:

    私は逆有りますがね〜

    日本語での間違いはたくさん有る。。。。

  44. 1.友達のミホちゃん。

    彼女が自己紹介する時 ”I’m Miho.” で通じればいいけど、ひとつ間違えれば “I’m (me) whore.”(私は売春婦です) になっちゃう。アメリカ人の友達に指摘されて本人かなり恥ずかしかったらしい。

    2.私の笑いのツボを刺激してたまらないのが、日本語のさしすせそで発音する

    “Sit Here.” (ここに座って)

    これって きっと日本人以外にはこう聞こえてしまうハズ・・・

    “Shit here.” (ここでウ○コして)

    そう言われて目を丸くする人たちの光景が眼に浮かぶ・・・

    英語の発音にはホント気をつけましょうね〜。

  45. たかひろ より:

    まだ英語をあまり知らなかった頃、

    学校で知らない男女2人に

    do you have time? と聞かれ、

    女連れのナンパか??!!と思い

    No.と答えました。

    後で「何時か分かりますか?」という意味だと知り

    1人赤面してしまいました。

  46. たかひろ より:

    今日muni(チンチン電車)に乗って会社行く途中にぼーっと外見てたらトラックが横を走っていて、ロゴみたらCalifornia Selfish Co.,って書いてあったので

    カリフォルニア勝手会社・・・?

    とか思ってそれがCalifornia Shellfish Co.,だと気づくまでに1分くらいかかりますた。

    _| ̄|○

  47. 匿名 より:

    家具屋でバイトでしてて英語しか話せないお客様と電話で配達日を聞かなくていけなかったんですが、

    最後にどうやって電話を切ったらいいか分からなくて

    See you next week!

    言っちゃいました。

    学校終わってすぐバイトやったので抜け切れませんでした笑

  48. 匿名 より:

    フィリピンのカフェで“hot milk”

    をオーダーしたら“oatmeal”(で作ったクッキー)を提供されたことがあります。

    きちんと発音したつもりだったのにあせあせ(飛び散る汗)

    一緒にいた英語の先生は“向こうのただの勘違いだよ”

    と慰めてくれました。

  49. 機能別ヘ より:

    NYマンハッタンでおばちゃんに道を聞かれて、

    Go straight〜って説明したいところ、テンぱりすぎて

    Go away.

  50. 機能別ヘ より:

    アメリカ三年目でようやくアメリカ人たちとのグループの会話にもそれなりに参加できるようになった頃。

    ちょうど大統領選挙の時期で、私にはまだかなり難しい政治の話。でも頑張って参加し、発言しました。後で親しい友達(女性)が私を横に引っ張ってくれて一言。

    ミル姐、Be careful with your pronunciation. It is an “election” with an L, not with an R……

    エレクションというこの単語、LとRで全然意味が違います・・・。Lなら「選挙」なんですが、私はLの発音が苦手で、なんどもRの発音(かなりすごい意味になります)でこの言葉を口にしていたのでした。今思い出しても恥ずかしい思い出です。それからLとRの違いには相当気をつけるようになりました。

  51. ゆぅ より:

    一年くらい前になりますが。。。

    母と2人でオーストラリアに行った時の事。

    行きの飛行機の中。

    機内食が出てくるとスチュワードさんが
    「Beef or chicken??」
    って聞いてくれますよネ。
    それで、
    自分の分は
    「beef please」
    で無事に頼めたんですが、
    次…英語の喋れない母の分を
    (自分もそれほど喋れないけれど)
    頼もうとして張り切って

    「She is chicken!She is chicken!」

    自信満々に…

    言ってしまいました…。

    それも連発。

    まぁ通じたには通じたんですがー

    あとでハッと気がついた時には
    やってしまったぁぁ(ノ_・。)
    と思いましたっ。母ゴメンナサィ。

  52. 機能別ヘ より:

    私の体験じゃないですが、旦那の勘違いを。

    プログラマの旦那が仕事中、DVDプレーヤーのメニューを表示するソフトウェアのチェックをしていた際、、何かDVDを入れて動作を試そうとあるソフトを手にすると「ポーン」と英語で書かれていたので「チェスのDVDかぁ、珍しいなぁ」と思って再生・・・・Σ(゜□゜*)

    「pawn」ではなく「porn」だったそうです。

  53. 匿名 より:

    有名な笑い話で、英語の先生がイギリスで

    Ticket to London.

    と言ったらチケットが2枚出てきて

    Ticket for London.

    といったらチケットが4枚出てきちゃって

    「えーっと、えーっと」って言ってたら8枚出てきちゃった、っていうのがありますが、

    さきおととし自分が同じ体験をしました。

    そのとき私も英語の非常勤講師でした。

    笑い話だと思ってたのに。。

  54. 機能別ヘ より:

    外国人が複数人集まる場所で、自己紹介をしようとした友人。

    “My name is XXX. I am a straight”

    全員で「そんなカミングアウトしなくていいよ〜!」って大笑い。

    もちろん友人がいいたかったことは、「私は率直な人間です」なので、そのあとしばらく恥ずかしがってました(笑)

  55. BGS GEEK より:

    一時期カクテルにハマっていた時、”オレンジシャワー”と”ゴールデンドリーム”というカクテルがあるんですが、カクテルバーでその2つを順番に注文しようと思って間違えて、

    「Can I have Golden Shower?」

    とウエイトレスのお姉さんに注文してしまい、オージーの友人に「そういう店じゃないから」と大笑いされた事があります。お姉さんは最初「What!!」と目を丸くして怒ってましたが、後で説明したら笑ってました。

  56. 匿名 より:

    この前、ノバの先生に「ブードキャンプ」のことを「フードキャンプ」って言ってしまいましたげっそり

    分かって貰うのに、結構時間がかかって、その後大笑いされましたあせあせ

  57. 匿名 より:

    田舎育ちで、ハンバーガーもろくに食ったことのない自分が、アメリカで初めてバーガーキングに言ったときの話:

    面倒なんで、一番でかく書いてあった、”Whooper”を頼もうとした。Oが2つあるんで、跳ねて発音すると思い。”フッパー”と言った。

    通じない。

    では、Whoにperか?”フーパー”と言い直す。

    通じない。

    仕方が無いので、写真を指差す。そこで、店員

    “Oh, ワーパー!”

    何で発音し易い商品名にしないんだ!!とむかついた。

  58. 留学中に、Halloweenで、シーツを頭から被ってお化けになりました☆

    それで歩いてたら、誰かから声をかけられて

    『how r u?』

    って聞かれたと思って 『fine, thank u』って元気に答えたら、

    ほんとは『WHO R U?』って聞かれてたことにアトで気づき・・・

    誰? って聞いて、 『元気』って答える

    この事実から、お化けの正体は、留学生の私であるとわかったそうです 笑

    今となってはよい思い出ですーーー☆

  59. 匿名 より:

    腹いっぱい食べた時、

    I’m full.と言いますが、”フール”と伸ばさないで発音しましょう。I’m fool.(私は馬鹿)と言ったと間違えられます。

  60. 皆さん 面白いですね〜☆

    私のは 面白いというより赤っ恥な話です。

    アメリカの州立大でESLに通っていた頃

    歴史の sexton先生という方がいらっしゃいました。

    ある日 先生に呼ばれてオフィスに行くと いらっしゃらない。

    受付のお姉さんに

    「すみません sexton先生は?」と聞くや否や 

    ゲラゲラゲラ〜と大笑いされました どうやら私は・・・・

    excuse me is prof.saxophone there?

    と 言ってたようです。

    まあ 日本語でもよく言い間違いやってますがね(笑)

  61. まだオーストラリアに留学したての頃。

    友達とそのホストファミリー達でバーベキューをやることに。

    皆共同作業で積極的に手伝いしてるのを見て、よーし私も何か手伝うことはないかと思い

    Do you want me?

    と言ったらビックリされ。

    友達のホストパパの包丁さばきがすごく上手で

    奥さんが He is a good cookって言ったので

    じゃぁ今度作ってください!という意味で

    Please cook me!

    と言ったらちょっとビックリされた後大笑いされました…

    前置詞って大事ですね…笑

  62. 匿名 より:

    皆さん面白すぎですっ!!何度吹き出しちゃいました!!

    12月にアメリカへ行った時のお話です。

    その?ラスベガスにて

    エレベーターで一緒になったオッサン2人に現地人っぽく「heyy,whats up!!?」とただの挨拶のつもりで話しかけた所、、

    「あぁ、もう移動とカジノでクタクタだよぉ〜」みたいに言われ、「nothing much!」という返事を期待していた私はどう反応していいかわからず、固まってしまった。。

    一緒にいた友達と、同級生もその一時始終をみていて私が固まっていたのを見てアメリカ人+私達の空気が「…。。」になってしまっいました。でもエレベーターが開いた時そのオッサン達は「okay,girl!bye!!」って言ってくれましたあせあせ(飛び散る汗)

    その?LAのホテルにて

    隣の部屋だったかわいいアメリカ人の子供に廊下で会って、思わず持っていたお菓子をその子にあげたんです。

    そしたらママに見せにいったらしく、ママが「お礼言ってきなさいっ!!」(こっちにまで聞こえました笑)って言って、その子は私達の部屋の前で「THANKS!!」ってデッカイ声で言ってくれたんです。

    なので「いいんだよ〜っっ!!」ってノリで「no worries!!」って言おうとしたのに私の口から出た言葉は

    「NO THANK YOUUUUU!!!」チーン…

  63. 匿名 より:

    わたしがありえないなと思っていた友達の英語での失敗を笑えたのでしばらく頭の中で反芻させていたところ、

    「英語を話せないんですよね。」

    「I dont speak English.」

    と本当に簡単な英語なのに、いざ自分が使うことになったときに

    「I dont English.(アイドンイングリッシュ)」

    友達の間違いをそのまま自分で口にしてしまいました。

  64. 匿名 より:

    スタバでのこと。

    一時期Herb teaにはまってました。

    注文するときはもちろん、can I get a ハーブティ?

    でも英語ではHの音は消すらしく、正しくは舌を丸めてアーブと発音すると友だちに大笑いされながら言われました。

    3ヶ月くらい間違ったまま、ハーブハーブ言われて、スタバの店員さんも笑ってたに違いない。

  65. だんちゃん より:

    アメリカ人の友人に

    日本の学校の学期の制度について説明していたら、

    すごく怪訝な顔をした後、

    しばらくして「Oh!」と言って大笑いされました。

    なんと

    semesterのことをcemeteryと言ってました。

  66. 匿名 より:

    expensiveを

    自信満々に

    experience…

  67. りんこさん より:

    まだ日本で、イギリス人留学生相手に英語のレッスンを受けていた頃。

    博多の祭り、山笠について説明していたのですが、なぜか

    Kushida Shrine を Kushida Shurimp と何度も何度も発言。

    先方、山笠については多少の知識があったらしく、双方話がかみ合わない。彼が日本語で「Shrimps?ピチピチ?Restaurant?」とか繰り返してくれたので、自分の間違いに気がつきました。

    なんで、神社とえびを間違えるかね・・・。

  68. 匿名 より:

    留学したての頃の友人の失敗談、ホストファミリーに

    “Can I use デンシレンジ?”と聞いたら、

    通じない。そこで、

    “レ”の部分を思いっきり巻き舌で発音してみた。

    それでも、通じない。

    後で調べたら、microwave (oven)が正解だったと判った。どう考えても、デンシは日本語だよね。

    でもその友人、短大をオールAで卒業した。

  69. アミノ より:

    its not an english mistake but a japanese one..

    about after 4 months of being in japan a friend of a friend asked me to play shamisen at a day center for old people.. i had never played for anyone but friends before so i was very nervious… after i had finished she asked me how i was and what i meant to say was 「めちゃ緊張してた!」but unfortunatley what came out of my mouth was 「めちゃ浣腸してた!」to which she replied 「痛いなぁ」

    that was amusing …

  70. アミノ より:

    アメリカにはじめていって、英語もあまり聞き取れなかった頃。

    ボランティアワークでお世話になった人の言ったことがわからず「グラス」「ウォーター」とだけ聞き取った私は「ああ水はほしいのか」とグラスに水を注ぎ彼の後を追ったのですが…

    彼、芝生に水をあげてました。

    グラス違いグラス違い。

    慌てて自分で飲み干しました。

  71. 匿名 より:

    高校生の頃、初めてカナダにホームステイをした時、ホストマザーに「can i take a shower?」と聞くと「no problem.」と答えられたのを

    「no propane」

    と聞き間違え、

    『あ、ガス無いんだ。。。』

    と勝手に勘違い。

    その後、ホストマザーが私の勘違いに気付いてくれるまでシャワーを浴びませんでした。

  72. 匿名 より:

    イギリス語学学校に留学中のこと。

    別のクラスにいた日本人の子が

    『うちのクラスの先生

    毎朝いつも festival って言うて授業はじめるんやけど イギリスって毎日祭あるんかな?』

    first of all

    のききまちがいでした。

  73. アメリカのスーパーのレジで、

    is this all for you?

    (お客様、これですべてでございますか)

    と聞かれて

    this is for my mother.

    とか

    答えた。

    変な顔した店員の女性は、今から思えば、いそがしいのにつまらないジョークを言うな、と思ったにちがいない。

  74. 匿名 より:

    この前 アメリカ人の友人と電話で話していて

    私の耳には「アイランド○○」と

    聞こえたので

    「Which Island?」と 聞き返したら

    彼は笑って「I learned ○○」

    そういえばラーが少し長かったか・・

  75. かなこ より:

    友達のうちにご飯に招待された日、

    友達が電話で、「なあ、オレオ買ってきてくれん?」

    私「え?クッキーのオレオ?」

    友「そうそうクッキ−。Oreo!」

    私「おけー」

    って、オレオを買っていって、渡したところ、友達、呆然&爆笑。

    Cooking Oilって言ったんやけどって。。。泣き顔 あせあせ(飛び散る汗)

    oreoってオリオって発音するじゃないですかぁ〜!

    すっかり間違えて、めちゃ恥ずかしかった!!!!!!

    cooking oil,, cookie Oreo……

  76. かなこ より:

    10人くらいの外人さん達に日本には、特別なお茶ってある??

    って質問をされたとき、

    抹茶の説明をしました。

    その際、妙にはりきった私は、勢いよく

    『It’s dirty !!!』  っと言い放ってしまいました。

    本当は、It’s bitter って言いたかったのに・・・

    みんな、同時に凄い驚いた顔をしたので、その瞬間に気がつき

    超赤面しました。

  77. 匿名 より:

    友達の話なのですが、アメリカにいる時に電話でピザを注文しようとして、

    I want pizza with black olive

    といったら真っ黒に焦げたブロッコリーがのったピザが届けられたそうです。

    “brocoli”と”brack olive”

    電話って難しいですね。

  78. 石とも より:

    「息の長いお付き合いができたらいいですね」

    といおうとして、

    I would like to have LONGTERM RELATIONSHIP.

    といってしまったこと。

    そして、その相手が、一回り年下の

    息をのむような美男

    (ヘイデン・クリステンセンそっくり)

    だったこと。

    (language exchange で初対面だった)

    だから、「息の長いお付き合いを〜」とかいうのは正直でなく、

    もしもおばさまの

    シンデレラ願望が叶うなら、本当はlongterm relationship

    だったのかもしれない、とか自分で思ってること。

    それきり連絡はありませんでした。

    あー。

    二重も三重も顔から火が出るような思い出です。

    懺悔終了。

    5年ぐらい前の話です。

    今まで恥ずかしくて誰にもいったことありません(←バカ)

    えらくすっきりしました。

  79. 匿名 より:

    BEAMSで買った英文字が入ったTシャツを着てたら外国人の人が大爆笑して

    「それ意味わかって着てるの?!」

    その英文字は覚えてないですけど、意味は

    「インポなら私が犯してあげる」

    っていうすごいはれんちな意味でした。。

    それ以来着ずらくて、五年間パジャマとして愛用中るんるん

  80. 匿名 より:

    石ともさん

    お気持ちは痛いほど共感できます。(私も子持ちのおばさんです)

    そんなハンサムさんが前にいたら私も思わす言ってしまいますよ。

    『LONGTERM RELATIONSHIP』という言葉!

    おばさんの気持ちは世界各国共通です。

    私の失敗談は

    娘のステイ先にお邪魔した時、冗談のつもりで

    I’m a drunker!と言ってしまった事でしょうか?

    ドン引きされた冷たい空気を今でも忘れません。

  81. 匿名 より:

    数年前、電話で客の名前を尋ねたところ、「コックスです」というので、「つづりの方はCOCKSですね」と言うと、超大笑いされて、「違うわよ。COXよ!」と言いながら、いつまでも笑っていた女性客。

    電話を切ったあとも何故笑われたのかわからず、「変な人〜」と勝手に思っていた私。。。

    あとでアメリカ人に聞いて、理由がわかった後、仕事をクビになるんじゃないかと心配になりました。。。ふらふら

  82. 機能別ヘ より:

    最近ではマグロ事件がありましたが(←「恥ずかしいのですが」というタイトルでトピを作らせて頂きました)結構前にした間違いは

    「Three sixty (60) cent stamps please.」

    と言う所を、

    「Three ろくじゅう cent stamps please.」と何でかそこだけ日本語になっていました。

    うちの父親は私の主人に「鼻水」と言おうとし、

    「Nose water. Nose water.」と言ってたのを覚えています。

  83. マメ子 より:

    英語がわからない。。。。なのにアメリカにショートステイしてた時。

    誘いを断り、相手に「何で?」と聞かれ

    めんどくさいと答えたくて

    「some trouble!!」

    troublesomeのまちがいです〜あせあせ(飛び散る汗)どっちみち間違いexclamation & question

  84. たなかや より:

    とある英会話学校にレベルチェックに行ったとき、先生に聞かれました。

    先生「どこで英語を勉強したの?」

    私「1年間アイルランドで」

    先生「ほー。んで、なんでイランで?」

    IrelandがIranに聞こえたとのこと。

    orzな瞬間でした。

  85. 匿名 より:

    ホームスティしたて時ですが。夜の9時です

    ホストファミリーにお風呂を借りたくて「May I use

    bath?」ってしどろもどろで聞いたら、「こんな時間に何処に行くんだ?」って言われて BUSとBATHの発音が難しくてシャワーとかジェスチャーで説明何の為の英語の勉強なんだか??でも結構このネタで会話は弾みました。

  86. 匿名 より:

    高校生の時に、アメリカでホームステイ中のこと。

    出かけ先でホストファミリーに

    Do you wanna go to the bathroom?

    と聞かれ、bathroomがトイレだと知らない私は「今夜風呂に入りたいか?」

    と聞いているのだと勘違いし、Yesと答えました。

    トイレに連れていかれて、なぜトイレに連れていかれるのだと思いながらも、

    そこでbathroomの意味を初めて理解したのでしたあせあせ(飛び散る汗)

  87. まゆみん より:

    はじめまして。

    ホームスティした時、英語もぎこちなく緊張もしてたんですが

    ホストファミリーのお父さんの若い頃の写真がすごいかっこよくて

    マザーにかっこいねって、言ったら昔はねぇ〜と言われて

    long ago?って言うつもりが、”Long long ago?”って

    一個多くlongを言ってしまったことげっそり

    マザー大爆笑してたから、良かったけど焦りました

    冷や汗

  88. まゆみん より:

    アイルランドに留学中、料理の上手な友達をアイルランド人に紹介した時に、he is a great cookと言うつもりが、he is a great cockと言ってしまったげっそり

    イキナリの下ネタに、その場の空気が冷えきった雪霧

  89. 匿名 より:

    国内での話ですが…

    某百貨店で販売員をしてて、英語圏のお客様に

    where is the subway?

    と聞かれ、自信満々で

    sandwich?

    と応え、この建物の中にサブウェイはないなぁ〜一番近い所は…

    とかマジで2秒くらい考えてからやっと気づき、謝ったところ、あちらもいい人で笑いながら

    okok!! I’m very hungry!!(一応ウケていた…)

    と言ってくれましたぁ!

    死にたかった…

  90. Cindy より:

    映画の The Lord of the Rings を間違って

    Road of the rings 「R」で発音してしまったこと・・・

    それから

    今のポップソングで Party like a rockstarを 間違って

    Party like a lobstar と 言ってしまったとき

    とっても恥ずかしかったけど

    アメリカ人にはうけてた

  91. ノブ より:

    レストランにて

    ウェイトレス:”Would you like soup or salad besides your plate ?”

    自分:”Yes, superslad please!”

    ウェイトレス:”You want both?”

    早く言われるとこう聞こえてしまうんですよねぇ。

  92. 機能別ヘ より:

    アメリカで宅配ピザを頼もうということに。

    オーダーの仕方もよくわからなかったので、「店員さんのおススメを聞こう!」ということになり、早速友人が電話。

    店員 “XX pizza. How can I help you today?”

    友人 “What do you like?”

    店員 “……”

    友人 ”What do you like?”

    その瞬間電話はきられました(笑)

    突然、アナタは何がすきですか?って聞かれた店員も困っただろうに・・・。

  93. 89 けめこさん

    おもしろい!指でOK

    16歳のとき初めてのアメリカでホームステイ。

    20人くらいの前で自己紹介後、質問されました。

    Q:「How long does it take from Tokyo to Okayama?」

    私: 「3 years.ぴかぴか(新しい)

    会場、大爆笑。手(チョキ)

    質問がよく理解できていなかったので勘電球で答えてみました。

    でも、それ以来間違えることが恥ずかしくなくなりました。指でOK

  94. 匿名 より:

    外国人の男友達何人かと恋バナの最中質問され、

    ただ好きになってほしいといいたかったのに、まだ15歳のあたしはmake love といってしまいかなり恥ずかしいですあせあせ(飛び散る汗)

    エッチがしたいなんて

    ビッチだと思われたにちがいない‥

  95. 匿名 より:

    本当におもしろいお話衝撃ありがたい

    たくさん笑わせてもらいましたムード

    ?私も、Red Lobster を、Red Robster と言い、

    「もう一回言って〜」と爆笑しながら馬鹿にされました。

    ?アメリカで電話に出た従姉妹は、

    あまりの緊張で、

    「How may I help you?」の代わりに、

    「May I speak with you?」と言ってました。

  96. 匿名 より:

    皆さん、中々面白い失敗談をお持ちですね〜( ^∀^)

    アタシも前に友達大勢とご飯を食べに行った時に、自分がオーダーしたものが届いたので食べようとすると、友達が”is that hot??” と聞いてきたので、食事に触れて、温度を確認して、”no”と答えると皆さん軽い笑いの渦に・・・

    数秒後、彼女が聞きたかったのはスパイシーなのかと言う事に気付き慌てて頬張って、スパイシーじゃないと言う事を伝えました〜

    恥ずかしいと言うよりも自分のボケ具合が面白かったですw

    味覚探知できる指・・・w

  97. Elephant Juice より:

    どれも面白いですね〜〜。

    ちょっとこのトピおとなしかったようですが、コメントさせていただきます。

    仕事を始めたばっかりでグローバルに出すメールを一日がかりで頑張ってつくって、何度もグラマーチェックしたり、簡潔に書こうって頑張ってたのに、最後のスペルチェックで私の名前が Nakadaの一番近い候補がNAKEDでYoshimi Nakedと送ってしまいました・・・・。

    1分もしないでボスから『いつの間にみよじ変えたの??』って言われて確認して速攻取り消し押して、時差もあるから大丈夫かな〜って思ったのに300人は軽く読まれました・・・。

    せっかく完璧だったのに〜〜〜。

    しかもYoshimi がYou see meにも聞こえてYou see me Naked….。

    が〜〜〜〜〜〜ん。

    げっそり

    出張で東京のオフィスに来る海外の人には『あ〜〜〜あなたがNakedさんね〜』と・・・。

  98. 匿名 より:

       ↑

    Ms. Naked !  乙女座  I bet you are very good looking young girl.

    I hope that the picture you have on your home page is not your own.

    I took a liberty of checking the monkey picture. lol

  99. 匿名 より:

    失敗談 この歳になるまでいろいろ経験したけど、 久しぶりにやったこと。

    けさ夏時間が終わった後の最初の日曜日だったから、(今年からハロウインの後に変わったよね)

    1時間早く起きてた事に気づかなくって、職場のやつらに

    I bet you didn’t set your clock back last noght.って言うもんだから、 こっちもヤケになって、

    No, but you guys didn’t reset yours last week when I was in my bed late , did you? 

    って言い返してやったらけっこう受けたけど...。

  100. 匿名 より:

    高校時代、クラスに留学生の男の子(アメリカ人)がいて、その子としょっちゅう喋ってました。
    ある時なんとなく「こいつが父親だったら面白いだろうな」と思い、彼に

    “Be my daddy”

    …と言ったところ、なぜか彼は爆笑。
    何か変なこと言ったのかと思い問い詰めた結果…

    “Please have sex With me”

    …ってニュアンスの意味なんだそうですo(_ _*)o
    日本でも「父親以外のパパ」とかいう、そっちの意味なんですかねたらーっ(汗)

    あー…日本の女の子が”yellow cab”って言われるのに追い討ちをかけてしまったかも(ノjДj)ノ

  101. 匿名 より:

    『中学の先生もあてにならんなぁ〜。』と、中3の時に思った出来事。

    中学になり、1年2年と同じ英語の先生でした。

    私は、なんと「do」の三単現「does」をずっと「dose」とつづっていました。しかも!定期テストでも先生も気がつかず、Dose she play tennis ? となっていてもマルがついていたので、3年になって担当がかわるまで気がつかないままでした。

    受験前に直せてよかったです。マジで。

  102. 匿名 より:

    初歩的なミス…。

    外国の方々と映画の話で盛り上がってる時に「How was it?」のお決まり文句を言おうとしたら「How about it?」って言ってたらしく、一瞬みんな「エッ?なにが?」ってゆう顔になって会話が止まりましたあせあせ

  103. 匿名 より:

    はじめてアメリカにホームステイしたときのこと。ホストマザーが風邪を引いてて何回もセキをするんでした。で、「何度もごめんね」みたいなことを私に言ってきたので 「気にしないよ!」と言おうと思い

    “I dont care ” といったら苦笑いされました衝撃

     あとから調べたら「興味ないよ」 みたいな意味だったみたいがく〜(落胆した顔) ごめんなさい ふらふら

  104. 匿名 より:

    アメリカにホームステイした17歳の時の話です。

    ホストファミリーに11歳の男の子がいて、

    家の話をしていました。

    僕の家について、「この家より大きいか」と

    聞かれたので、「いいえ。小さいです。僕はマンションに住んでる」と

    回答。その少年が不思議そうな顔をしていて、結局その時は

    そのまま終わりました。

    後で知ったのですが、mansionは大邸宅という意味でした。

    どうりで通じないわけですね。

  105. Elephant Juice より:

    富士雄さん

    いや〜〜これはもうチンプの裸姿を想像してもらえればOKなのかと思いますよ。(笑)

    この事件がおきてから3年経ちますが、まだ言われますね〜〜。

    かなり衝撃的なことだったのかと・・・。(恥)

    その後もポコポコ間違えてますが、これを越えるのが出たらまたご報告させていただきます。

  106. 匿名 より:

    今年の夏休み、海外にホームステイしたときのこと。

    通ってた学校でアクティビティの時間があって外でアスレチックみたいなので遊ぶのがありました。

    アクティビティのときはいつもカメラ持って行ってたので、壊れたらいけないと思い、担任の美人の先生にあずけることにしました。

    でも、先生がキレイすぎて緊張して『I want you to hold it』というところを、『I want to hold you』と言ってしまいました!

    でも、先生に『OK』と言われて抱き締めてくれたので、うれしかったです。

  107. 匿名 より:

    ずいぶん前にロンドンに留学していたときの話。

    シェアをしていた日本人の女の子がロンドンの地下鉄で切符を買い間違え、駅員さんに捕まったとき。(ロンドンでは当時理由がなんであれ、10ポンドの罰金を支払わせられました。ちなみに私も払わせられました泣き顔乗り越し精算なんてないもんで。)

    もう一年以上ロンドンに居た彼女。10ポンド払うのが惜しく、英語を話せない振りをし、

    ” I can’t speak England!”

    と言っておりました。駅員も最初は“NO!No!”と言っていましたが、あきらめて行ってしまいました。

  108. 機能別ヘ より:

    留学中の話です。

    ●1個目

    ケーキを買いに行きました。

    まだ別の買い物があったし、

    その日はすごく暑い日だったので、

    ケーキをお店に置いてもらっておいて

    あとで回収しようと考えました。

    そのとき店員さんに

    “Can you keep it?”

    と言ってしまい・・・

    日本語で「キープしといてもらえますか」なんて言いますが、

    これは「受け取ってもらえますか?」ってことですよね(´Д`;)

    店員さんがすごく困っていました。ハズカチー

    ●二個目

    Keepつながりですが、

    ステイ先のお兄さんに竹とんぼを見せたんです。

    すごく気に入っていたようなので「あげるよ」って意味で

    “You can get it if you want to”って言ったら

    「こんなものに金が払えるか」って不機嫌になっちゃいました。

    「あげるよ」って”You can keep it”の方が的確だったみたいです。

  109. 匿名 より:

    小学生の頃(たしか8~9歳)の話ですが、今でも鮮明に覚えているのは

    父に

    “Can you go get me a colander?”

    (カランダー取ってきてくれる?)

    。。。と言われ、

    私は、カランダーをカレンダーと勘違い(聞き違い?)

    いそいそと、カレンダーを持って父に手渡すと

    そこに居た父の友人たちと、父に大笑い&悶絶されました

    そして

    “sweetheart, i meant colander, not calender.”

    (カレンダーじゃなくて、カランダーだよ)

    と言われました

    ちなみに、colanderとは、台所で使う”ザル”のことです^^;

  110. Miki より:

    英語での勘違いは数々ありますが、これを超える勘違いは

    未だにありません。私の人生を変えてしまった、ものすごい

    勘違いです・・・かなり前に他のコミュにも書いて

    笑って頂きました・・・・

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=92777437&owner_id=1398085