電子ピアノもスタインウェイだよね〜♪

人気の記事:

コメント

  1. ターサー より:

    スタインウェイは間違っても電子ピアノに参入しないことを願いますw

    電子ピアノと言えばYのP250が出来がいいらしいですが、でかいし、本物買っちゃったからいらんな〜

  2. ターサー より:

    あれはステージピアノだからね、、

    ・・最近のYのサンプリングはどうも好かん、

    一音一音リアルだが、全体で鳴らすと各弦、分離しすぎ。。

    ペダル踏んでも まざらなすぎ。

  3. ターサー より:

    電子ピアノのダンパーペダル?って押している鍵盤の音を保持するだけですよね・・・・全弦共振するのもありましたっけ?

  4. 匿名 より:

    さんぷりんぐcd以外なんいじゃないかなあ。

    ハードで88ダンパーははなれたら、おいつかないってよぅ!

    YAMAHAはクロスフェード綺麗だけど、音がなぁ。

    CF?モデル変えなきゃ良いのに、

    伝統あるものは何年もかわらないんだけどね、、

    YAMAHAはいちいち変えて(価格を上げるために)、

    アナウスンスしてあほじゃないかしら!

  5. 匿名 より:

    電子ピアノは割りとでたての頃(1990年ごろ)が音質差が顕著でした。

    とにかくリアルなのがテクニクス。ただリアルすぎてショックノイズまでサンプリングされてて、唯一最高音がコツコツ木のきしむ音が入ってた。

    弾くと一番リアルで気持ちよいのだが、遠めに聞くとまるで録音した音を聞いてるみたいでかなり劣化して聞こえる。

    凡庸だったのがヤマハとコルグ。

    自社のびゃ〜っとした音(どんな音や)を忠実に再現してた河合。

    スキだったのがローランドで、このメーカーだけサンプリングじゃなく、ピアノ音をシンセで再合成するSA方式を採用してた。だからリアルさは一番ダメ。一切ノイズとか排除した蒸留水みたいな音で、弾いててもあんまりリアルじゃない。

    ところが遠めに聞くと、スタンウエィフルオープンみたいに思いっきりリアル。しかも当時、唯一、タッチで音質の(音量ではなく)の差が出せた・・・。

    ちょっと前は河合が鍵盤は木製で結構良かった。

    ヤマハとコルグはタッチは深め。

    逆に海外のピアノでいつも思うのがタッチの軽さとあいまいさ・・。その感じが近かったのが河合かなぁ・・。

  6. 匿名 より:

    >電子ピアノのダンパーペダル?って押している鍵盤の音を

    >保持するだけですよね・・・・全弦共振するのもありまし 

    >たっけ

    そこそこ!!、私が気になるのもズバリそこ!!。

    ダンパーは確か全弦共鳴っぽいギミックが有ったかも・・いやたしか高級機種には有ったはず。

    でも手で押さえてる音、即ちダンパーは使わなくても音が開放状態に鳴っている弦の共鳴だけは電子ピアノでは不可能なはずです。

    しかし電子ピアノばっかり弾いてると、たまに生ピアノ弾くとどれもチューニングが合って無いみたいな違和感を感じません?。

  7. 匿名 より:

    ペダル踏んだときの、弦の共鳴音について。

    自分の職場にローランドのEPがあるのですが、

    共鳴はシミュレーションします。

    とは言え、リバーブのような物で、

    似たような感じを演出しているだけっぽいですが。。。

    あと、家のヤマハグランタッチも、一応、

    ペダルを踏んで鍵盤を弾くと、

    他の弦も共鳴した音になるのですが、

    しかし、、、

    非常にイマイチなのは、たしかに、

    「ペダル踏む→鍵盤弾く」だと、他弦も共鳴した音に

    なるのです。。。ですが、普通、

    「鍵盤弾く→ペダル踏む」の順番の事が多いじゃないですか?

    それだと、ただ音が伸びるだけなんです。

    (リアルGPだと、踏んでから他弦が共鳴しだすのに)

    だから、ヤマハのEP音源は、まだまだ中途半端だと言えます。