腹仙流って

人気の記事:

コメント

  1. Sick より:

    というところからまず考えるスレッドです。

    紀元前に発祥したと言われる腹仙流のルーツや現在の活動などを研究しましょう。

  2. 腹仙流の現在残っている最も古い資料は、中国の安徽省で見つかった文献で、約1600年前のものだといわれていますが(資料図12)、驚くべきことにその資料ではすでに腹仙流の形態は現在のものとほぼ変わっておらず、腹仙流自体はそれ以前よりずっと古くからあったものである、ということが伺えます。

    「新訂・腹仙流概説『腹川出版』」より、抜粋。

  3. 腹には、絵にも描けない美しいものが悟空さならワクワクしないほど詰まっていそうですよね。

    そんな自分の丹田の辺りには。ちょっとしたイエティを想起させるパワー、具体的にはヘソ毛が紳士のたしなむ程度に。

    ちなみに、腹仙流については、『腹川出版』の流れでは、欄外に載ってそうですね。で、往々にしてそういう記述が私立大の試験に。

  4. あれ、今更気付いたんですが、ポリシックスの1stのジャケですか?

  5. いえいえ。亀仙流のマークです。パクっちゃった。ごめんなさい。丸にHのジャケも作るべきですか?

  6. いやあ、これ、いいと思います。特にフォント。丸にHは、自分の腹に描いておきます。

  7. すべてのものは腹に還るんですよ。腹のルフランですよ。

    最近の研究では腹に宿る腹神様においしいお供えをするといいことがわかっています。寿司とか。

  8. 昨年の夏、台湾旅行の際に古本屋で「腹仙流事始」を手に入れました。場所は、台湾の代官山ともいえる光復南路でお洒落なカフェ古本屋でした。

  9. 匿名 より:

    人が死んだ時、細胞の壊死は体の周囲から内側に向かって進行し、最後に残るのは腹だということです。

    ロシア文学を読んでいる時に、”死”を”腹に帰る”と表現しているものが少なからずあり、戸惑った覚えがありますが(翻訳する上で注釈が足りないと思うのですが、有名な言いまわしなのでしょうか?)上記の話を聞いて納得がいきました。

    医学の発達してない時期に「腹に帰る」という言いまわしが出てきたこと自体驚きなのですが、このパターンの話は世界中の神話や民話に見られるらしいです。

    さて、”腹仙流事始”の中の言葉、「胎より出で、腹を思い、腹に帰る」ですが、もともとはネガティブな意味合いの強かった「胎より出で、腹に帰る」の中に一文を挟んだだけで、意味合いを一気に逆転させた名言だと思います。

    生・死という揺るがない2つの点よりも、「腹を思う」ことに焦点を当てた腹仙流の考えは、混沌とした現代社会にこそ求められているものだと思います。