なぜ藤子不二雄は別れたのか

人気の記事:

コメント

  1. 発見!

    http://www.ceres.dti.ne.jp/~toshio/DoraColumn/DoraColumn008.html

    なんとなくだったんですね。

    その「なんとなく」の中に、長年お互いを知り尽くしているから

    自然のなりゆきで決まってゆくものなんだろうと、

    すばらしい相棒にめぐまれた藤子不二雄両氏に

    温かさを感じました。

    A先生が、毎日奥さんの作ってくれるお弁当を

    写真に撮っているというのも、とてもステキ。

    (そんなことを聞いたことがある)

  2. ちょも より:

    A先生の著書に”妻たおれ夫オロオロ日記 ”というのがありますね。(中公文庫です)

    奥さんが急に倒れられた際の看病日記、闘病記が内容ですが

    先生の優しい人柄が感じられる著書でした。

  3. 藤子先生、カッコイイ!!

  4. まいらぶ より:

    私は収入面での問題が出てくるために

    別れたのかなぁと思っていました。

    (実際それもあったのかもしれませんが)

    でも私の中では、F先生もA先生も二人で藤子不二雄という感じなので、分けてしまうのもなんとなく淋しい感じがするんですよ。

    けれど、お二方とも、お互いがあってここまできたという意識が強いと思うので、そういう意味でも「まんが道」は、手塚先生の件もありますが、残すべきマンガだなぁと思います。

    A先生が「まんが道」を書き続けているのにも

    やっぱりF先生の存在をこの世に残しておきたい気持ちが

    強いんじゃないかなぁって思います。

    なんだか「まんが道」を読みたくなってきました(^^;

    FFランドをひっぱってきます。

  5. 人生 より:

    F先生が体調を崩して入退院をしていたのは有名ですが

    それ故、F先生は自分の死と向き合って

    自分の死後、ドラえもんの新作が描かれないという理由を

    わかりやすくするため…というのも一つの理由だったと

    なんかの本で読んだことがあります

    …泣きました。

    >A先生が、毎日奥さんの作ってくれるお弁当を

    >写真に撮っているというのも

    まんが道にも書かれているようにA先生はすごい偏食なので

    奥さんの作った料理以外ほとんど食べられないそうです

    そんな奥さんに感謝しているんでしょうね。

  6. 匿名 より:

    ドラえもんで、藤子不二夫が別れるときあたりに描かれたエピソードで、興味深いのがありました。

    いままで使用人として使われていたドラえもんが、猫型ロボットたちだけが住む楽園を作り、そこにロボットたちを集めるという話です。のび太君の右腕は。実はロボットだったという話もありました。