恐かった夢

人気の記事:

コメント

  1. Ag より:

    ちょっと、コレは汗だくになりましたねぇ。

    かなり前に見た夢なんですが、コレは怖いっていうか、嫌な感じっていうか・・・

    私は、薄暗い地下道を歩いてるようでした。

    その地下道は何もない長い直線で、とにかく、後に引き返すことができないような雰囲気を醸し出していた。

    暫く歩くと、暗いながらも直線は左に直角に曲がってるのが確認できる。とりあえず、前へ進むしかない私はその角を曲がる。

    すると、その風景は一転。薄暗さは相変わらずなのだが、右側には鉄格子の扉がズラりと並んでいる。どうやら、牢のようだ。

    そして、進みながらも牢の中を横目で確認するがヒトの気配はおろか、生命感すら微塵もない。

    とにかく前へ進むしかない私は、ひたすら歩き続ける。

    暫くすると、その牢の直線は遂に行き止まり・・・

    しかし、そこで気配を感じ、最後の牢に眼を向けると、ひとりの俯いた男が手足に枷を着けられ、まったく動けない状態になっている。

    生きているのか死んでいるのか判らない男に、私は牢越しに声を掛ける。

    かすかな声が聞こえる。どうやら生きているようだ。

    その男に質問する、ココが何処なのか? 何故こんなところに閉じ込められているのか? そして、貴方は誰なのか?

    答えは朧げ・・・ だが、その声はどこかで聞き覚えのある声である。

    すると、その男は、何かブツブツ言い始める。

    かすかな声に耳を凝らすと・・・

    「お・・・お・・・お・・・お・・・」

    「お・・・えはお・・・で、お・・・はお・・・え」

    「おまえはおれで、おれはおまえ」

    と、言っているのだ。

    呪文のように繰り返されるその言葉に、私はパニックに陥る。

    そして、私は一度、その男に問い掛ける。お前は誰だと・・・

    すると、その男が

    「お前はオレだ」

    と言い、顔上げた・・・ そこには、私が存在した・・・ そいつは、まぎれもなく私なのだ・・・

    っと、いった感じで、そこで恐れおののき目が醒めました。

    まさしく、あの顔は私でした。

    汗だくの非常に気分の悪い目覚めでした・・・

    長文、失礼しました・・・

  2. C より:

    怖い夢といえば。

    家の近所で熊に襲われる夢を見ました。

    木に登ったり、塀をよじ登って建物(他人の家)の上の階に逃げたりするのですが、必ず先回りしてる熊の気配がするんです。

    途中で「きっとこれは夢だ。都会に熊はいない」と常識的なことを思いつくのですが、それでも熊の気配は怖いんですよ。

    ふと夢の中の視点が空中から俯瞰しているような構図になるのですが、自分のいるあたり一面、いたるところに熊がうろついているんです。

    どうしようもないじゃないか!と怒りに似た感情を抱いた瞬間に目覚めました。

    いやぁ、怖かったです。

  3. SOULCODE より:

    ボクはゲリラ戦みたいな戦争モノの夢が多いかなー。

    子供の頃からくり返し見るのは、デパートの中で銃撃戦になるヤツ。

    何処か外国の軍隊が銃を乱射するんで逃げるんですけど、

    エスカレーターを上がったらそこにも待ち伏せしてて逃げ場がない!みたいな。

    弾がヒットすると、ちゃんと息が出来ないくらい痛いんです、夢なのに…。

  4. Ag より:

    >>C様

    熊ウヨウヨですか。それは恐ろしいですね。

    ウイリー・ウィリアムスでも一目散に逃げだしますね。

    『八方塞』

    コレは何を示してるんでしょうかねぇ?

    >>TAKUMI様

    戦争ものって結構見ますよねぇ。

    っで、やられたら結構痛かったりするんですわなぁ。

    って、私のネタ、先に書かないでくれません?w

    実は、私も戦争ネタあります。

    結構エグイっつうか、トラウマになるっつうか・・・

    近いうちに書きます。

  5. Ag より:

    学生のとき見た夢です。

    僕が廃墟と化した都市の、あるビルの屋上で物陰に隠れているんです。すぐ真横をゾンビのような青白い老人達が 一列に並んで ゆっくり歩いていきます。

    どうやら、そこは死者の世界へと通じる道のようなのです。

    僕は彼らに襲われるのではないかとすごく怯えています。

    しかし、予想に反して彼らはとんでもない行動に出たのです!

    屋上の端から次々に、整列した老人たちが飛び降りて行ったのです!!

    信じられない壮絶な光景に、僕は『ふぎゃれろうぉ〜!』と絶叫しながら、壁を思いっきり殴って目覚めました。

    しばらく拳が痛かったです。

  6. Ag より:

    >>ジェットダイスケ様

    それは『愉しかった夢』の方へw

  7. C より:

    >Ag様

    「八方塞」は僕の人生の根底に流れるテーマですw

    幼い頃、まじない師(沖縄のユタ)に「あんたの将来は八方塞だ」と宣告されて以来、事ある毎に思い出しております。

    ある意味「呪い」ですな。

    熊の夢は不条理な八方塞に対する怒りを意味しているのでしょうかね?

    ちなみに、別の怖い夢の話。

    赤井秀和と僕の友人が一緒になって僕を殺しにやってくる夢を見たことがあります。

    場面転換が激しくてどこをどう逃げたか覚えてませんが、最後は自分の部屋に追い詰められて、手榴弾で全員吹っ飛ぶ瞬間に目覚めました。

    覚醒後、友人をちょっと憎みましたが、今でも普通に友達です。赤井秀和は今でも少し嫌いですw

  8. Ag より:

    『手榴弾で全員ブッ飛び』っつうのは恐すぎますねぇ・・・(汗

    っていうか、グロいw

    ちなみに、ボソっとつっこんでおきますと、赤井“英和”ですので、お気を付けを・・・

    間違えてたらホンマに殺しに来る可能性ありそうなんでw

    ところでCさんは沖縄出身なんですか?

    それとも『黒門島』ですか?w

  9. C より:

    黒門島です(騙)。

    そか、名前を間違えたから殺されかけたのか…。

  10. 匿名 より:

    昨晩半分意識がある状態で夢を見てて、真夜中にコンビニに何かを買いに走ってる途中男の人に呼び止められたんだケド勢いでシカトしてしまい、ヤバいって思った瞬間後ろカラついてこられちゃって、どーしようっ!!て足が竦んだトコロで目が覚めました。

    実際たまについてこられたりしてるのがトラウマなので本当に恐かったです、起きた時は心臓がどく?Aいっていて、朝早いのにしばらく眠れませんでした↓↓↓

    でも恐かったの次に考えたのは、何を買いに行こうとしてたんだっけ??とかアホなコトで、しかも多分ビタミンウォーターだな、とか勝手に納得したり(爆

  11. 匿名 より:

    友達の家に行こうといつもの道をあるいていたら、いつのまにか林のようなところに、迷い込んでいました。その道を進もうとおもったときふらふら道の両脇に生首が、ずらっと並んでいたのです。引き返すこともできないまま、歩いていくと生首たちの目が私を追って動くのです。夢なら覚めてあせあせ(飛び散る汗)と思ったら目がさめました冷や汗何でこんな怖い夢見たんだろうなげっそり