掲示板立ててみました。

人気の記事:

コメント

  1. おう、もう10名も集まりましたか。うれしいですなぁ。

    えっと、僕は「欲望の翼」のビデオを毎年正月休みに観て、一人悦に入っております。「脚のない鳥が…」というくだりが大好きなんですわ。

  2. もぉり より:

    初めまして。

    お約束ですが、「恋する惑星」で、フェイ・ウォンが

    部屋の模様替えを着々と進めるシーンが好きです。

    十年くらい前に、確か池袋のシネマロサで見たんですけど、

    かなり衝撃でした。香港で、あのエスカレーター乗った時は

    感慨ヒトシオでした。

  3. えっ、現地まで行ったんですか。すごいですなぁ。

    「恋する惑星」といえば、彼女がケチャップとマスタード(?)を両手に持って、踊るシーンもかわいいですよね。ママス&パパスをBGMにして。

  4. フルタニ より:

    こんばんは。

    私もキザなのになぜか王家衛の映画が好きです。

    そのなかでも一番は「欲望の翼」です。

    脚のない鳥ははじめから死んでいるんですよね。

    音楽もすきです。

    いまからまた見たくなってきました。

  5. もぉり より:

    >えっ、現地まで行ったんですか。すごいですなぁ。

    わざわざ行った訳ではないんですけど、なんとなく。

    重慶マンションは魔窟っぽいので入り口のみ。

    でも、やっぱり香港って不思議な街ですね。

    踊るシーンも可愛いですね。この映画、音楽が好きです。

  6. 祥子★ より:

    「天使の涙」のレオン・ライとカレン・モクのキスシーン!

    レオン・ライのキス巧そうー。なんて思ってみてました。

    そこばっかり観ます。

    「ブエノスアイレス」は初めて映画館で3回観た映画なので

    全て!←答えになってないか…

  7. ふーちゃん より:

    ●王家衛好きの我々仲間が良く使う隠語●

    “たたったた〜ん♪”

    天使の涙の暗殺シーンに流れるラップ風の音楽の事。

    面接とか試験とか、なにかいよいよって事が始まる前の緊張した心理状態を表す。

    トイレに行ったり煙草をふかせて一服入れたりしてモチベーションを高めて行くとき、心の中であの“たたったた〜ん♪”が鳴り響いている。そしてなぜか動きがスローモーションになってる。

    “ぱららら〜♪”

    天使の涙のエンディングテーマ。

    転じて女の子をバイクに乗せて走る事を言う。

    「昨日、ナンパして“ぱららら”状態だぜ!!」って感じで使う。

    女の子のバイクの後ろに乗せてもらうことは“逆ぱららら”と言う。

  8. ふーちゃん より:

    カフェのおっさんの「ピザも試して見ろよ・・」ってのが好きです。

    それに対してトニーレオンの「嫌いかも・・」って返しが不思議でした。というか最近の子ってよく「好きかも〜!」って言いますよね。自分の事なのに「かも〜」って。

    当時、あのトニーレオンの言い回しを聞いてずいぶん不思議だなぁ・・って思ったのですが、あれって自分の事じゃなくて、恋人用に買ってたんですよね。それなら「かも・・」は納得できました。

    王家衛好きの我々はしばし店頭で

    「〜も試してみなよ」

    「嫌いかも・・」

    「両方買えばよい〜安いもんさ・・」

    ってショートコントをしたものでした。

    それと“サラダ”とか“ピザ”って頼んでるのに、無造作にホイルに包んで出てきますよね。サラダは普通容器に入れるだろう・・って思ったものですが、あれってホットドッグの“サラダ味”とか“ピザ味”って事なんでしょうか?。

    とにかくちょっとした言い回しとか徹底的に影響されましたねぇ・・何もなかった空白の1990年代で唯一存在したカルチャー&ムーブメントでした。

  9. ふーちゃん より:

    こんにちわ!

    私は「恋する惑星」で、フェイ・ウォンがトニーレオンに脚をマッサージしてもらうシーンがスキです。

    BGMがママス&パパスって知らなくて、やっと探し当てて聞いてた頃に、家の近所を大音量で曲がかかってるーーっ!!って思ったら、ずーちって言うチーズケーキ屋さんの車で、なんかショックだったのを覚えてます 笑

  10. ゆみぃ より:

    ネイザン通りを南に下ると、ペニシュランの手前あたりで、HMVとかがある辺りの左手に重慶マンションありますよね!!。

    感激したけど怖くて入れなかった。

    カレンモクのマクドは探しましたよ!!。

    おそらくここじゃないかなぁ・・って所は発見!!。

    香港島の方はあまり行かなくてミッドナイトエクスは行けず!!。

    ブリジット・リンのエラのはったきりっとした顔立ちは

    けっこうフェイ・ウォンに似てますよね!!。

  11. ゆみぃ より:

    ブエノスアイレスは全部好きです。

    「やりなおそう」

    「俺だけはちがう、と思っていても

    孤独な人間なんてみな同じようなものだ」

    「会いたいと思ったら、いつでも会えることを」

    あの音楽もすばらしいです。

    欲望の翼の足のない鳥は、一生忘れられないでしょう。。。

    ブリジット・リンかわいいですよね☆笑

    なんか、あの感じスキっ☆☆

  12. maicco より:

    ハジメマシテ。

    コテコテですけど、天使の涙のラスト。

    いつも気づくと涙がボロボロで。。

    ミシェルリーのあのセリフがたまらないです。

  13. lee より:

    >まいこさま

    僕も天使の涙でレオンライの殺し屋が

    死んで暗くなるところで呼吸困難になります。

    僕も死ぬときの光景ってこうだろうか

    などと思って。

    見るとしんどいけど結構見ちゃうんですよね。

    よく。

  14. maicco より:

    >leeさま

    そうなんですよ!

    ほんと、ズズーンってなっちゃうのに

    何回も見てますね。深夜とかに。

  15. Yusuke-maj7 より:

    はじめまして

    さて、今年で「恋する惑星」10周年ですが

    何かイヴェントが行われたとかと言うのは

    ご存知ないですか?

    僕はとりあえず自分のDJイヴェントで

    「夢中人」をかけました。

  16. yuuki より:

    恋する惑星、日本での上映権、切れちゃったんですよね。

    なので、当分、劇場では見られない・・・残念です。

  17. トリス より:

    みなさん、すごいです。

    好きですが、そこまで行動に移していないです。

    ただ、友達には、かなり影響を与えました。

    ↑Yusukeさんの夢中人とか。天使の涙のエンディングとか。

    まいこさん>ラストは本当に最高だと思います。酔いました。

  18. トリス より:

    『ブエノスアイレス』からウォン世界に入った変わり者です。あの映画はすべて好きです。水が流れるような光を放つランプの描写によって、時間の流れと精神の固着を表現する辺り、これは小津安次郎『秋刀魚の味』の影響に違いない!と確信したのですが、いまだに誰の賛同も得られていません。どなたか、映像表現に詳しい方はいらっしゃらないでしょうか。

    『恋する惑星』も好きなのですが、ウォン世界に造詣の深い友人が「あれはまさしく、出会いを写し続けて、再会を以て幸福だと言い切った、希有な映画だと思う。だから好きだ」と言っていました。いろんな見方ができるようになりたいと思いますね。

  19. Yusuke-maj7 より:

    > トリスさん

    小津安次郎ですか。僕は、特に「恋する惑星」で

    エピソードに数字を多用するところが村上春樹の

    影響ではないかと思いました。

  20. ダイスケ より:

    初めまして!

    結構「ブエノスアイレス」好きな人多いですね。

    うれしいです♪

    私はトニーがテープレコーダーの前で泣くシーンがスキです。

    あれがアドリブなんてスゴイ。

    レスリーも良かった。

  21. ダイスケ より:

    初めまして!今日ココ見つけたので登録してみました。

    王家衛の映画にハマッてた時は信和中心で王家衛映画のポスター買ったりとかしましたし、

    重慶大廈の重慶招待所に泊まってオーナーの人とお話したりしました。オーナーは天使の涙で金城君のお父さんの役をやったみたいです。

    一番好きなのは天使の涙とブエノスアイレスです。

    色使いとか台詞回しとかが泣けますね。

    2046も楽しみです。

  22. はじめまして

    最近、8年ぶりに「恋する惑星」を観て

    改めてウォンカーウァイの作品の良さを再確認!

    只今昔を思い出して一通り作品を見直しています

    ウォンさんの作品の良いところは心の描写というか

    そんなところが僕自身グっときます

    その中でも「天使の涙」で金城さんがお父さんのビデオを

    何回も見ているシーンが地味ですけどなにか切なさを感じ

    ました

  23. (^▽^)さ より:

    はじめまして。

    「欲望の翼」から見ているはずなのですが、その頃は若すぎて&ながら見だったためはまらず、「恋する惑星」公開時にストンとはまって今に至ります。

    >私はトニーがテープレコーダーの前で泣くシーンがスキです。

    私もです〜〜!!

    あれ、すごくイイですよね。

    この映画から張震も注目するようになりました。

    「恋する〜」にでてくるカリフォルニアに行った時、シーザーズサラダを頼んだら不味かったのにはびっくりしました(笑)

    ※注:あくまで私が行った時、私の舌では、ということですが。

    「花様年華」のステーキハウスはなかなかだった気がします。

  24. HiRoKi より:

    はじめまして!

    僕的に最高に気に入っているシーンについてですが、

    「天使の涙」の最後のエンディングのシーンですね。

    夜に生き、夜の寒さ寂しさを痛いほどよくしっている2人が食堂で会い、バイクに乗って走っているシーン。トンネルをくぐり抜けた先には夜明けの香港があり、フライングピケッツのオンリーユーでエンドロールへ。天才すぎる。

  25. おさむ より:

    はじめまして!

    「花様年花」でカンボジア(でしたっけ?)へ行ったトニーレオンを追いかけて行った人妻役マギーチャンが彼に電話をしようとしたけれど

    でもギリギリの所で理性が働いたのか、それとも勇気のなさのせいか、結局電話を出来ずに泣きくずれるシーンが好きです。

    「キサス・キサス・キサス」流れていました。

    でも数年後、トニーは未だにマギーチャンが忘れられずにいる反面

    マギーチャンは子供と明るく暮らしているシーンに男の弱さ、女の逞しさを感じました。

  26. yuta より:

    ウォンカーウァイの映画は台詞とかはあまり重要じゃないと思うんですが、ワンカット×2が絵のようで素晴らしいと思います。

    「天使の涙」のラストはいいですね。

  27. Cyn より:

    私は「天使の涙」がきっかけで彼と出会いました。

    「WAN JI TA (忘记他)」

    忘れられない映画です。

  28. あのじ より:

    欲望の翼は、生きてゆく気持ちにさせてくれる映画。

    レスリーの死に顔は、何かを感じさせる。

    ヨディみたいな男はたまにいる。ああいう男は格好良くて一見物語の主人公になれそうだけど、深みが無くて説得力を持たないからダメなんだ。彼をめぐる群像劇を成功させたカーウァイは若い頃から面白い人間だったのだろう。

    話のケリが付き、さて、トニーはどんな物語を初めるのだろうか。なんてステキな終わり方の映画だろう。

  29. ぷかり より:

    はじめまして!こんなコミュあったんですねえ〜早速参加させていただきました。

    ウォン・カーワイ大好きです!!彼のラテン好き(文学・音楽)に影響されて大学ではラテン音楽の部活にいます。

    どの作品も選べないくらい好きですが、全体的に人物の思いが一致しないですれ違っていく切なさが大好きで、割と古い作品でモノローグが多い作品が好きです!

    「欲望の翼」で、ジャッキー・チョンが、カリーナ・ラウに「俺のところへ」と言うシーンなんか、彼の表情が凄いっ!!と思いました〜〜

    あー、香港行きたい。

  30. ジョニー より:

    「恋する惑星」のトニーのラストの台詞の「君の行きたいところへ」っていう場面がすごく好きです。 トニーのフェイを見つめるところがシビレマス。 

  31. ザビエル より:

    初めまして!

    知りたい事が、在るノデすが、

    ウオンカウェーの、映画で 

    スイカを、ナナメに切っていって、どんと、叩いて、ギザギザに、スイカを切るシーンがあったと思うのですが、

    どの映画だったか、忘れてしまったので、知ってる方が、居ましたら、教えてもらえないでしょうか、、?

  32. bande a part より:

    〉ザビエルさん ひょっとしてそれは、カーウァイの作品ではなくて、フルーツ・チャンのメイドインホンコンでは無いでしょうか?? 僕もカーウァイが大好きで、いますぐ抱きしめたいから、若き仕立て屋の恋まで全て見てます。 ただカーウァイの作品はどんどん難解になっているような?? 忘れられないのは天使の涙のラスト。 「今のこの暖かさは永遠だった」のセリフとフライングピケッツのonly youはただ涙です!

  33. ザビエル より:

    satoruさん> 有難うございます、確かめてみます!

    ええっすよね、ウオンカエイーの映画、

    音楽、止まった様な空気、から、揺れ動く、衝動のような、あの、表現は、かなり、やられますね!

    僕は、恋する惑星の、フェイオンが、仕事中に、カリフォルニアドリーミングで、踊ってるとこが、凄く好きです!

    切ない、気持ちに、なりますね〜!!

  34. 招木寝子 より:

    初めまして。あると思ったら

    やっぱりありましたねこのコミュ。

    どれも好きで選び切れませんが、

    『欲望の翼』での「夢で会おう」というヨディのセリフ。

    これは、レスリー・チャンだからこそ許されますね。

    レゲエに合わせて一人で踊るシーンが好きです。

    何人恋人が居ても、友だちが居ても埋まらない孤独が

    このシーンに集約されてるようで、哀しくなります。

    死ぬ前に「脚のない鳥なんていないんだ!」と言われて

    ヨディは救われたんじゃないかな、と思います。

  35. 機能別ヘ より:

    初めまして。

    参加宜しく御願いします。

    私が特に好きなのが天使の涙。

    殺し屋(タイプじゃないのですが)かっこいい〜。

    サポートの女性もいい。(こちらは好みのタイプ)

    皆さんのおっしゃる通りラストは最高ですよね!

    全編に散りばめられた音楽の選曲も凄く好きなんです。

    音楽と映像が鮮烈に思い起こす事ができます。

    ブエノスアイレスも花様年花も大好き。

    私は始めて見た『恋する惑星』からのファンですが、

    彼の映像の美しさと雰囲気はその作品ごとに、

    どんどん深みを増していっている様です。

    益々はまってます。

  36. びゅうこ より:

    はじめまして!私も参加させていただきます。

    「恋する惑星」でのフェイの台詞で「思いは伝わらないものね」っていうのが、すごくジーンと来てしまいます。

    丁度ビデオで初めて見た頃、片思いしていたので共感してしまいました(笑)

    これからもよろしくお願いします!!

  37. びゅうこ より:

    みなさんがこれまでに挙げたシーン、私も全部好きです!

    でも、「楽園の瑕」「ブエノスアイレス」のシーンを誰もあげないのが不思議です。ちなみに、私の好きなシーン、

    「楽園の瑕」では、マギーチャンの泣くシーン。ラストシーン(家が燃える)もかなり好き。鳥かごみたいなのが回ってるのも好き。

    「ブエノスアイレス」では……ラストシーン「逢おうと思えばいつでも逢える」。あれで生きるエネルギーを得た気がします。それと、最後の方で、レスリーがタバコをたくさん買ってきて部屋に置いて、トニーを思って泣くシーン、2人でタンゴを踊るシーンとか。

  38. Sana-Exupery より:

    私は最近、「旺角卞門」(いますぐ抱きしめたい)ばかり見返してしまうのですが、

    マギーとアンディの電話ボックスのキスシーンはすごいです。

    音楽も合ってるし、切なーい真愛な気持ちにさせられます。

     マギーがアンディの乗るバスを見送るシーンも歌とぴったりマッチしてて好きです。セリフは無くても十分伝わってきます。ああゆう、やくざな男に女は惹かれるんですよねー。

  39. さ☆り より:

    はじめまして。mixi初心者ですが、こんなコミュニティがあったなんてステキ☆

    ウォン・カーウァイは、片思いの方が教えてくれた監督さんで、はじめて見たのは「恋する惑星」。

    映像がオシャレでイッキにハマりました。

    スキなシーンは「花様年華」で、マギーが水筒みたいなのを持って出かける場面です。

    チャイナ服と腰の曲線が頭から離れません

  40. はじめまして、ベビーリーフといいます。

    王家衛監督作品が大好きで、特にすきなのは「花様年華」

    マギーがトニーのホテルに行くには行ったものの、

    ドアをノックすべきがしないべきか、

    感情と理性の間を揺れて、赤いコートを翻しながら

    ホテルを歩き回るシーンが印象的です。

    感情と理性の間を揺れることってありますよね!?

    私はいつも迷ったあげく、どちらを優先させても

    失敗しちゃうタイプですが・・・とほ。

    どれも「想い」が伝わってくる映画だから

    王家衛監督作は全部大好き!!

  41. 小栗 より:

    『天使の涙』
    乱闘シーンの後の金城武の台詞。
    「女は水でできているそうだ」「僕は自分が店になった気がした」
    …むぅ。わかる。わかってしまう。

    『欲望の翼』
    レスリーがストリップ劇場のトイレで男をボコボコにしたあと、普通に櫛で髪を整えるシーン。鬼カッコいい。

  42. 小栗 より:

     はじめまして。

    みなさん、王家衛に惚れまくってますね。

    香港映画って全く興味なかったのですが「恋する惑星」で、がつーんと来て、あ、行かなきゃ香港に・・・と駆り立てられてしまいました。

    王家衛作品の60年代の香港が舞台になっているのが特に好きであの時代の香港の街に行ってみたいのですが、そんなことは実際無理なわけで・・・。

    中国の横店影視城っていうところが昔の香港の街を再現しているらしいのですが、もうそこしかないかな?と、とても気になっています。どなたか行かれた方いらっしゃいますか?

  43. しらこ より:

    はじめまして。

    すてきなコミュニティですね!

    ウォンカーウァイは台詞ももちろんのこと

    カメラワークであったり

    俳優さん独特の表情だったり

    「間合い」の取り方だったり

    魅力が本当に満載で。

    好きな作品は「いますぐ抱きしめたい」「ブエノスアイレス」

    「恋する惑星」かな。

    それ以外も遜色全く無いんですけどね!

    個人的にはマギーチャンとアンディラウでもう一度作品を作ってほしいな。

  44. ALAN より:

    確かに「旺角卞門」(いますぐ抱きしめたい)中、マギーとアンディの電話ボックスのキスシーンはすごかった。

    個人的は一番好きなのは「欲望の翼」、みんなさんの意見は聞きたいなぁ。

  45. 私も「欲望の翼」好きですねぇ。

    音楽の使い方が好きです。

    レスリーが自分の部屋で音楽に合わせて踊るところ!

    全体にノスタルジックな、そして軽いリズムの曲が

    絶妙なタイミングで随所に配置されていますよね。

  46. さくら より:

    「天使の涙」がいちばんすきです。この映画に関しては全シーンすきです。

    「恋する惑星」だと部屋からエスカレーターで昇ってくるスッチーの彼女をみる(見送る?)ところ。

  47. さくら より:

    やはり初めて見た作品は思い入れが深いですね。

    皆様が書いているのを読みながら「ウン、ウン」とつぶやいてしまいました。

    私は「欲望の翼」。やられましたね。

    雨のシーンが美しい。

    最新では「花様年華」。あの映画でのトニーが好きなので全編口空けて見てしまいます。よだれがでそうです。

  48. mu より:

    初めまして!

    私が始めてみたのは「恋する惑星」で、王家衛と金城武のファンになってしまいました。私は変なところが好きなのかもしれませんが、映画が始まって少しして出てくる建物と煙突のシルエットの背景の、群青色の空を流れる雲のシーンとその音楽のミスマッチ、金城武がホテルを出て、グラウンドを走るときの同じ空とグラマラスな音楽のミスマッチが好きなシーンのひとつです。若い男の子にグラマラスな音楽は、若いと言えどもひとりの男として、王が敬意を払っているように受け止めました。

    それから「天使の涙」の殺し屋の音楽とかラストのOnly youはじめ、音楽全部カッコよくて好き!金城とお父さんの関係もすごく好きです。

    あと「花様年華」のマギーチャンが水筒みたいな弁当箱を下げて、路地の階段を上り下りするシーンとか。。。

    でも、なんと言っても、全作品に渡って王家衛の色は綺麗で本当に好きです。

  49. meg より:

    はじめまして!

    「ブエノスアイレス」がいちばん好き

    『帰りの際にチャンの写真を1枚盗んだ

     俺は確信した

     会いたいとさえ思えば

     いつでも どこでも

     会えることを』

    というセリフにやられました。

    >Mu さん

    >金城とお父さんの関係〜

    同じく好きです。

    ハンディカムを使ってお父さんを撮っているシーンがとくに

  50. mu より:

    >megさん

    そうそう、そういうとこが好きです。ステーキ焼いてるお父さんを撮っているシーンも好きだし、もっと好きなのは、いやがるお父さんの部屋(?)に進入して撮ったり、もうお父さん寝てるのに、横に入りこんで二人とも仲良く寝てるようなシーンを取ろうとしたりするところなんかが、いじらしくて好きです(笑)。お父さんがお腹を壊してトイレに入ったところを、ハンガーで閉じ込めてしまうその動作の速さと、その後の知らんぷりとかは笑える。うん、そういうところに参りました。

  51. meg より:

    >Muさん

    そのあとに録画した映像を一人で見てるお父さんもいいですよね。あと、ちょっと違うシーンで金城がソフトクリーム(アイスクリーム?)を無理矢理売っているシーンも笑える。というか好き

  52. もとき より:

    『天使の涙』が好きなんですが、

    モウ(金城武)がエージェント(ミシェル・リー)

    をバイクで送ってくシーン。

    「すぐ着いて降りるのは分かってたけど、今のこの

    暖かさは永遠だった」ってとこ。

    なんかキュンってしました♪

  53. mu より:

    >megさん

    うんうん、それも好き。

    ていうか、モウのシーンはほとんど全部好き・笑。

    シャンプー強要したり、居酒屋の斉藤さんのビデオとってあげて一緒に見るとことか、初恋の彼女がmidnight expressに現れたときの変なパフォーマンスとか。。。。

    金城武って、他の映画じゃここまでこんな味出してないから、

    王家衛X金城マジックだったのかな。

    局所的なことしつこく書いてすみません。。。

  54. meg より:

    >Muさん

    いえいえ、しつこいなんて思ってませんよ。

    はじめてみた王家衛の映画が『天使の涙』だったから、思い入れが深いのかしれないけど『天使の涙』のモウは好き

    ↑のシーン全部わかりますよ(笑)

    >もときさん

    もちろん、

    スローモーションになって

    タバコの煙が消えてなくなる

    ラストシーンも