軽井沢シンドロームSPROUTといえば

人気の記事:

コメント

  1. macMAC より:

    確実に女性陣は美女になっているのに、田口の娘くらいかなあ、魅力的っていうのは。。。

  2. macMAC より:

    画調は昔のタッチの方が好きですが、

    (作者自身でヘタになってると書いてるようですが)

    独特のせりふまわしは変わってないようですね > SPROUT

    ただ昔ほどリアルに感じないのは自分が

    耕平と同じく年月を取りこし過ぎたかなぁ(笑

    ”この好天に動かないMBを洗う人生とは…

    おれも思わなかったな…………”

    このセリフは妙にリアルだったが。

  3. alpha2 より:

    リアルを感じないってよくきくんですけど、

    みんな世代のせいにしてますが、

    実際自分は今32という、どっちの世代にも属さない年代。

    んでも、初代はこどもでしたがすっごいリアルだったのね。

    謎だなあ、まったく。

  4. alpha2 より:

    連載当時はちょっと大人に感じた耕平ちゃんの歳をいつのまにか追い越してしまい、いまや耕平ちゃんを「若いな〜」と感じてしまう。今読み返してみても面白いのは変わらない。

    SPROUTはスピード感に欠けててなんかイマイチ?

  5. スプラウト、遠い親戚の話を聞いているおばちゃんみたいな感覚になりました。

    「あらー○○ちゃん、すっかり大きくなって立派になってぇ〜」みたいな。

    すごく不思議。

  6. macMAC より:

    友子さんですか?(;P

  7. やっぱりそれはパート2物の醍醐味ですよね。

    かいてる本人は忘れてること多そうですが。

    パンプはいつ出てくるのかなー。

  8. 碧羅 より:

    久美子は変わんなかったりして、ぜんぜん。

  9. 友子さんも「大きくなったわねえ」とびっくりしたけど、スプラウトの存在を最初に知ったきっかけが、友人に「軽シンの続き連載してるよ!ほら、この雑誌!」とビロンと見せられたページが薫平ちゃんのベッドシーンで・・・

    あらあらあら叔母ちゃん困っちゃうわぁ、ついこの間までやー!たー!しか言えなかったのに^^;

    久美子さん、ほぼあの見かけのままで目じりと口元にちょこっとシワ?相変わらず年齢不詳?って感じでしょうか?

  10. やっと実家から全巻持ってきて読んで気がついたんですが、

    成瀬光くん(軍服のカメラマン)って、

    旧4巻のPart6の「いつか夜の雨が」で

    ダイの(というか真理子さんとこ)に転がり込んだとき

    おもちゃのドルギランおみやげに買ってきてもらって

    遊んでた男の子だったんですね・・・

    読み直すまで全然記憶から消えていた・・・

  11. OKO より:

    この時期になると毎年

    「あ〜 耕平ちゃんの誕生日だ〜」としみじみしてます

    何歳になったか、は最近数えなくなったけど(笑)

    そういえばたがみ先生も12月でしたよね?

  12. 光太郎 より:

    今日6巻買いました。

    なんていうか・・・・随分と辛い状況で書いてらっしゃるようですね・・・・厳しいな〜。

  13. 6巻購入したのは良いけど、間が長すぎてその前に5巻を読み直してから読みました。

    うぅ〜ん???

    あとはノンに期待したいですね。

  14. 冴子 より:

    ここ見て本屋にとりおきしてもらいました
    あと一冊だったというので危ないところでした(^_^;)

  15. なる より:

    七巻で終わっちゃうのかな。

  16. flyingkiwi より:

    7巻で終わりのようですね。

  17. 光太郎 より:

    「終わり」というより「打ち切り」というほうが正しいようですね〜。(;´д`)ノ

  18. たがみ氏の健康&精神状態では7巻で終了は

    安全策だと。

    このまま書き続けたら本当に危ない気がしますし。

  19. 阿川省吾とまなみの姿を拝みたい。。。

  20. Pooh兄 より:

    7巻で終わりなんですか?どこかに書いてました?

    なんか、いま発売中のヤンチャンみると、次の号から毎号連載と書いてあったのでようやく復活してきたのかと思ったのですが。(実は2回連続してまたダウンしやしないかと心配なんですけど(^_^;)

  21. 7巻打ち切り説が濃厚になってますが

    ボク後一巻で終わりの場合

    次の巻で終わりって書き方すると思うんですね。

    (6巻巻末)

    連載開始から前作とおなじ9巻完結を狙ってるんだろうなって

    思ってたのでいまでも9巻まで続いてほしい感がありますが

    (たがみ氏の思惑ストーリをきくにつれ)

    んで結論としては8巻ぐらいまでにがんばって

    話をまとめてほしいってことでしょうか^^;

  22. macMAC より:

    うーん、なんとなく連載の流れも

    7巻分で無理矢理に収束に持って行く様な感じですねぇ。

    旧軽シンの時も最後は一気に

    大円団に持って行った事もあり…

    ネタバレになりそうなので詳しくは書かないけど

    ストーリーはあの感じと似た雰囲気が(笑

    全てのエピソードを完結するのは

    ほぼ不可能な展開になっているので

    耕平—薫平が直接関わる所だけ押さえて終わるとか。

    (個人的にはまなみと阿川は今どうしてるぐらいは欲しいけど)

  23. 単行本のあとがきみると

    始まった紀子(ノン)のエピソードで終わりのような気がしますね

  24. 後書き見直してみたけど

    ○巻で終わるとか書いてあるけど

    7巻とは具体的には書いてないですね。

    できれば9巻までいってほしいものです。

  25. 墨東邸主人 より:

    『なあばすぶれいくだうん』で耕平ちゃんと親交を結んでいた安堂一意(と、その息子)と三輪青午が登場するのをひそかに心待ちにしていたのですが、難しげですね。(^^;

    #そもそも、たがみ氏はここのリンケージを覚えておいでなのでしょうか。