ひょうたん島かく語り

人気の記事:

コメント

  1. tarumi より:

    はじめまして☆

    トーラボーイ♪トーラボーイ♪かわいそうなトラヒゲ♪

    ひょっこりひょうたん島は歌も良いですよね☆

    でも第1期放送のは観れないから…

    リメイクしか見てないけれど

    私も大好きです☆

    宜しくお願いします☆

  2. tarumi より:

    はじめまして。

    オリジナル版のリアルタイム世代です。

    ハカセの研究熱心、ガバチョのスーパーオプティミズム、トラヒゲの商魂、サンデー先生の教育熱心、すべて私のお手本です。

  3. tarumi より:

    ちなみに、トラヒゲの唄は poor boy 〜 だと思います。

  4. なつみ より:

    そうなんですかっ?

    しらなかった?

    はずかしい(>_<)

    海賊の歌は…?

    俺たちゃ海賊!はっはっ☆

  5. なつみ より:

    はじめまして。

    リメイク版での話ですが、

    クールの終わりに、オープニングテーマの2番を皆で歌いますよね?

    どんな歌詞だったか思い出せないのですが、「なんかレアなもの見た」と嬉しくなった思いでがあります。

    子供ながらに、生徒たちの中でのハカセの重用されぶりが目について、ハラハラしてました。「ハカセ頭よすぎ! 目立ちすぎ! 早く他の子らにも出番をあげてくれ!」と気をもんでいた。

  6. たいじ より:

    わー書き込みありがとうございます、感謝せずにはいられない♪です。

    今後も語り合いましょう〜

    >なほさん 

    そうそう、歌もよいですな、当時(オリジナル)としては随分ハイカラと言うか…色んな曲調のパロディーみたいのがあって楽しいです。(コミュに使ってる写真がカバーの)ヒットソング集は必聴でございますよん

    海賊の歌は、リメイクだと声優さんが歌ってるんですけど、オリジナルではボーカルショップのみなさんが歌ってるんですよね、ワタシはどっちも好きです。

    >tarumiさん

    うわぁ、オリジナル見てらしたんですか!? う・羨ましいです。

    あの藤村ガバチョの名調子を聞けたんですよね、ああ、本当に羨ましいです。(名古屋さんのおっとりガバチョも勿論大好きです)

    リメイクされていないオリジナル時代のエピソードの思い出とか沢山お聞きしたいです!

    そうなんですよね、みんな欠点を持ってるけど、それを補ってあまりある長所が彼等にはあって、なんか憧れます。

    そして彼等の欠点もまた、愛しい部分ですよね

    >静代さん

    シリーズ最終回に歌うやつですよね、「テレビの前のみなさんさようなら〜」と皆で揺れながら(もう少しマシな言い方が…)歌うヤツ。 アレ、ワタシも大好きで、ヒットソングコレクションに入っているのかと思いきや未収録なんですよねぇ・・・確かに今はレアなものかも…?

    博士さんはやっぱり関連書籍とかの解説でみると主役っぽい扱いんみたいですね、ウン、ワタシも他の子供達の活躍がもっとみたかったです。(折角いい、個性付けしてるんだし なんて)

  7. たいじ より:

    個人的に…

    この二人がなんか仲良さそうにしている(妄想)のが好きだったりします

    去年の秋に発売された後姿の二人が星空を眺めているポストカードが宝物です うふふのふ

  8. tarumi より:

    > 胎子さん

    オリジナル版のエピソードと言われましても、もうリメイク版の印象の方が強くインプットされてしまったので、記憶がほとんど辿れないです。残念。

    ひょうたん島の前にやっていたチロリン村の時代からあの時間の人形劇は見ていたのですが、比較的記憶に残っているのはひょうたん島の後期からです。

    といいつつ、一つ思い出しました。リメイク版アラビアン・ナイトの巻に出て来る兵隊の「オッサン、ケッサン、タクサン」のタクサンの声優は高松しげおでしたが、当時は晴野チック・タックという漫才コンビの晴野タックを名乗っていました。(つまり同一人物です。)オッサンとケッサンのどちらかを晴野チックさんが担当していたものと思います。

    タックさんが声を担当したから「タクサン」(これは推測)

    「いーじゃな〜い」は、晴野タックの漫才ギャグです。

    藤村ガバチョ、名古屋さんよりかなり威勢が良かったと思います。特に「みなさ〜ん」という呼びかけ、名古屋さんよりキレがありました。オリジナル世代としては、あのセリフに一番落差を感じます。

  9. あやら より:

    ♪俺ちゃ海賊!ほほぉ〜い!

    海賊ガラクータ、海賊とうへんぼく、海賊ドタバータ、海賊ヤッホー!

    ライオンさんの尻尾で、カジキマグロが釣れたエピソードは

    楽しくて好きです。いかだで流された、サンデー先生たち。

  10. たいじ より:

    >tarumiさん

    返信遅くなってしまってすみませんでした、折角貴重な情報を

    お聞きできたのに…

    >チロリン村

    これ、私は学生の頃アニメでやってました。

    当時見ていたら母親が「あれ、これ人形劇じゃないの?」とか

    聞いてきたりしてましたね、そう言えば。

    怪盗ブラックバット親分がいかにも「悪党なんだが憎めない」キャラ

    で大好きだったのを覚えています。(オリジナルでもいたのかなぁ)

    >オッサン、ケッサン、タクサン

    そうらしいですねぇ、い〜んじゃなぁ〜いはリメイクでもやってましたが、

    結構あのきめセリフ、病み付きになります。 い〜んじゃなぁ〜い。

    >名古屋さんよりキレがありました

    ヒットソングコレクションや、クロニクルのDVDで出ている貴重な

    オリジナル版映像なんかを見ると、本当にそんな感じですね。

    名古屋ガバチョはのほほんとしたみんなのマスコット的存在。

    藤村ガバチョは飄々とした、しかし凛とした皆のリーダーって感じ

    がしました。 勿論どちらのガバチョも大好きです。

    惜しむらくはもうどちらのガバチョの声の方も、この世にはおらず、

    二度と新作であの名調子を聞けない事ですね。

    もしからしたら、天国で二人が出会って、「ハタハッタ!」「ブフブハ」

    とか笑い合ってるかもしれないなぁ、なぁんて思ったりしますです。

    >あやらさん

    始めまして、尻尾で魚釣りのシーンは私も大好きです!

    その前のいかだで流され嵐の中を狂った様に歌い出し、

    「泣くのはいやだぁ、わらっちゃおう」と唐突に笑い出すシーンは

    結構強烈でしたねぇ…。

    「皆さん元気を出して!」って歌い出すサンデー先生…ステキです

  11. tarumi より:

    実家に来たので久しぶりに。ちくま文庫のひょっこりひょうたん島シリーズをながめてみました。

    1, 2 ライオン王国の巻

    3, 4, 5 ブルドキアの巻 (持ってないんです)

    6, 7 海賊キッドの宝の巻

    8, 9 魔女リカの巻

    ちなみに、7巻を見ると、1991年発売。BS版初放送の時期です。本の中身はオリジナルの脚本の再現です。

    オリジナル当時の声優:

    藤村有弘(ガバチョ)、熊倉一雄(トラヒゲ)、小林恭治(ダンディ)、はせさんじ(ムマモメム)、中山千夏(博士)、伊藤牧子(ダンプ)、増山江威子(テケ)、江美京子(チャッピ)、堀絢子(プリン)、楠トシエ(サンデー)、滝口順平(ライオン)、若山弦蔵(ガラクータ)、柳沢真一(トウヘンボク)、谷幹一(ドタバタ)、千葉信男(ヤッホー)、藤田淑子(キッド)、松岡圭子(魔女リカ)など

  12. あやら より:

    歌が好きなので、書いちゃいます。

    ♪えぃほっほ〜えぃほっほぉ〜

    きじるしキッド言いました〜ぁ、バビロンまでは何センチ?

    ♪ふっふぅ〜ふぅ〜ふっ

    20センチ、10センチ蝋燭ともしていけますかぁ〜

    ぁっ!立派に行って戻れます。

    ♪ふっふぅ〜ふぅ〜ふっ

    ひょ〜た〜ん山の ふもとから 南風さえ吹いてれば〜

    ぁっ!立派に行って戻れます〜

    ♪♪ふっふぅ〜ふぅ〜ふっ

  13. ウツボ より:

    http://www.sunfield.ne.jp/~kawasima/hyoutan/audio/cdrom/cd1.html

    シリーズ最終回に歌われる主題歌はこちらのCDに収録されてます。

    このアルバムは夜寝る前に聞くととても落ち着いてよく眠れます。

  14. nicki より:

    初です。

    随分書き込みが少ないですね。。。

    私は最近になってひょうたん島のファミカセ買いました。

    しかも箱付き☆

  15. 此夜 より:

    いわゆる「雑談トピ」はここかしら?とサルベージ。

    きのう14日NHKーBS2で放送された「週刊お宝TV」

    ひょっこりひょうたん島   ご覧になった方いますか?

    僅か8本残されていたオリジナル版の一部

    当時の撮影現場の様子の映像、

    井上ひさし氏、中山千夏氏、熊倉一雄氏のコメント、

    登場人物の紹介等を交えながら

    ゲストの萩尾みどりさんが番組の思い出を熱く語り、

    番組アナリストが高度成長期の子ども番組にみる時代性について

    コメントする、30分の番組ながらなかなか盛りだくさん。

    個人的には、録音シーンの声優さんたちのテンションの高さ、お人形が走り回るシーンで操演者の方が膝立ちでダッシュする姿に圧倒され、熊倉氏のお元気そうな姿に一安心。オリジナル映像もDVDで繰り返し観ているのに、今リアルタイムで全国にコレが流れているというのは妙に新鮮で「この先どうなるんだろう」感にたびたび落っこちかけました。

    (再放送は7月17日、月曜夜11時半ですよ♪)

  16. 小学生の頃に、市立図書館でよくCD聴いてました(´∀`)

  17. 匿名 より:

    果汁3%と言います。

    自分の日記に2007年1月31日から

    ぼちぼちひょっこりの魅力について

    書いていこうと考えております( ゚_ゝ゚)

    もしよろしければのぞいてみてくださいね〜

  18. 匿名 より:

    ガバチョの適当さ加減が大好きです。

    そしてホースケの歌に和みます。

    よなきらーめん たべたいなー