ほのぼの

人気の記事:

コメント

  1. やよい より:

    私は、お散歩しているワンとすれ違ったとき、とってもほのぼの気分になります。

    あれこそ、大好きなことに熱中してる顔だもんねえ〜。

    思わず「お散歩?ヨカッタね!!」と声をかけてしまいます。

    それから、赤ちゃんの寝顔も好きです。あんな、無防備な姿はないですよ〜。

    無防備って、素晴らしいことなのかもしれませんね〜。

  2. やよい より:

    友人とほのぼの気分の話をしていたら、「ワタシにはない世界!」といわれました。

    別の友人とは、さびしい気分お話をしていたら、「ワタシにはない世界!」といわれました。

    コレって、ど〜ゆ〜ことなのかな〜?と

    考えれば考えるほど分からなくなってしまうのですが・・・。

  3. ツキヌ より:

    「友人さんは、やよいさんと同一人物ではない」

    ということだと思います。

    きっと、友人さんの指摘した部分は

    とっても、やよいさんらしい部分だったんじゃないかなぁと思います。日本国でいう、刀や武士がとっても日本らしい部分であるように。

    友人さんもやよいさんも、それぞれ独自の世界(国)を持っているという証拠っぽいっすね。

    ははーん、

    私達の言葉は、まるで外国に派遣された外交官!

  4. やよい より:

    毛痛さん!

    うん!確かにそうだ、彼女たちは独自の世界を持っていて、とってもスピリチュアル。

    でもさ、人間って、ほのぼのってなったり、さびしいな〜って思ったりしないのかな?

    そういう気分になる条件(?)は個人差があるのはよく分かるのですが・・・。

    毛痛さんは、ど〜ですか?ほのぼのってなったり、さびしいなあ〜って思ったりしませんか〜?

  5. ツキヌ より:

    とてもしちゃいます、僕。

    僕の心はきっといつもほのぼのしています。慢性です。僕って奴は周りの人がイライラするくらいスロウリーです。これはきっと治らないでしょう。ときどき体がトロけそうなくらいにほのぼのする時もあります。

    さみしさは一日一回はやってきます。

    こっちの方ものんびり緩やか波としてやって来ます。ジワーッと体の芯まで染み込むのです。ときどき発作のように急激な波が来ますけど、一週間に二回くらいです。

    僕の場合は何をすればほのぼのになる、とかって言うよりは、見えない波があって、その波の力には、どんな楽しい趣味も、悲しい映画も飲み込まれてしまいます。波まかせです。きっと。

    こっちは上手に波乗りしているつもりでも、本当は自然の力にただ振り回されているだけかもしれないです。

  6. やよい より:

    私の友人には、二人、さびしいという感情はもちあわせていない!というのがいます(笑)。

    極端な話ですが、例えば、ある日突然、地球上に動物が自分一人きりになったらどうする?というはなしになったら、全然平気なんだって(笑)。

    そういう人は結構居るのかも知れませんね〜。なんか、ちょっと羨ましいかも・・・と思いました。

    私は、そのような事態が起きてしまったら、寂しくて気が狂います。きっと(笑)。

  7. ツキヌ より:

    さみしくないのはすごいですね。

    僕も無理っす。