朗読を始めたきっかけは?

人気の記事:

コメント

  1. たま より:

    今日は朗読入門講座の第一回めだったんですが、参加者に聞いた朗読を始めたきっかけは……

    「甥っ子に読みきかせをしてやりたい」という男性。

    「日本語教師をしているが、日本語表現の幅を広げたい」という女性。

    「出版社に勤めているが、仕事で扱っている活字を朗読をしてみたい」という男性。

    「声優をめざしていて、朗読も学びたい」という女性。

    声優学校ではナレーションは教えるけれど、朗読表現については深く教えてくれないみたいですね。

  2. たま より:

    はじめまして。

    こちらの存在は知っていたのですが、対面朗読でなく音訳(テープ図書)

    のみなので、どうしようかなと思っていました。

    対面朗読とは違う部分もありますが、正しく読むという点は

    同じだと思いますので、いろいろ参考にさせて頂けたらと思います。

    音訳はあんまり表現しすぎてはいけないんですが、私は長いこと

    演劇をやっていたので、、、抑えるのに苦労しています(^_^;)

  3. 匿名 より:

    たまさん、はじめまして。

    音訳(ご苦労さまです)と、表現を第一の目的にした朗読とは、まったく異なる世界ですよね。表面的には似ていることをやってはいるんですが。

    私のところにも音訳の世界から来られた方が何人かいらっしゃいます。ゼロからスタートしていただくことになりますけど。

    むしろ演劇のほうが朗読にごく近いといえるでしょうね。というか、私は演劇と朗読のあいだに境界線を引かないようにしています。