脇役・古今東西☆ やりましょう〜〜♪

人気の記事:

コメント

  1. ふみ より:

    サコーやったかサコやったかな?

    スチュワートがバカ受けしてた。

    募金して歩く会の時に出てた!

  2. NO,945★ より:

    スチュは 目立たないが 標準の子供の見本ですね?^^

    バズカット先生は 厳しい 軍人のような人・・・

    いましたね〜 ハイランド高校の先生です。

  3. ふみ より:

    え〜っと、トッド!

    居ましたよね?同じスクールで不良の。二人が憧れてるトッド。

  4. NO,945★ より:

    ウハハハハ!!!(o_ _)ノ彡☆

    そうそう!!トッド!! 思いだせませんでした〜〜_| ̄|○

    なんだっけ・・後、レズビアン・シドを歌った先生ww・・

  5. ☺LAZY☺ より:

    ダリア クラスメイトの地味な女の子

    たまにゲリ子って呼ばれてます。

  6. ふみ より:

    ミス・コーラ

    募金活動で出会ったSMの女王様? (あれはおっさんだな)

  7. はじめまして。

    名前がどうしても思い出せないのですが、

    日本人留学生の男の子が登場したこともありましたね。

    日本の彼の自宅が、シャチホコ付きのいかにも「アメリカ視点の間違った日本の家」で大笑いしました。

  8. NO,945★ より:

    コワルスキー>

    マジですか!! その回見たい・・

    (ッテ、そういう質問無しですよね^^;)

  9. tommie より:

    ども。

    俺もトッドには憧れてましたよ(*^_^*)

    トップ画面を「LIFE SUCK」にしてた時も有りましたんで!

  10. オッキー より:

    はじめましてデス。

    7コワルスキーさん>私も観ました!!!すっごくおかしかったです。名前、もう忘れてしまいましたけど、普通にありがちな名前だったような…。

    誰か覚えてませんかね???

  11. オッキー より:

    日本人留学生の名前は、ヒロシ・ナキヤマ!!!

    録画していたビデオが出てきて判明しました〜♪

  12. >オッキーさん

    うは! ありがとうございます、めっちゃすっきりしました。

    ヒロシだったかタカシだったかケンジだったかでモヤモヤしてました(笑)

    そういえばたしか最後の方には意気投合して、「ヒロ」って愛称で呼ばれてたりしてましたね。

  13. おじいさん より:

    やっぱあの親父でしょう?

    う・・・・・・ん、名前が出ない。

    いつも庭を破壊されたり、車を壊されたりする親父。

  14. おじいさん より:

    スチュのおやじ?

  15. テコマ より:

    はじめまして♪

    ヒロシ君おもしろいね でっかいツバ吐いたりして(覚えてます?)

    あとヒッピーな先生がいたでしょ? 何ていったっけ?

  16. オッキー より:

    >てこまさん

    はじめまして!ヒロシのでっかいツバ覚えてますよ〜

    陸橋の上から吐くんですよね。ドベーって。

    ヒッピーな先生いましたね、名前調べてみますぅ♪

  17. はじめまして。

    ヒッピーな先生、ピース先生だったような気が….

  18. きん枝 より:

    スチュは既出?

  19. テコマ より:

    >オッキーさん

    そうそう!!

    MOFFYさん

    アンダーソンでしょ! B&Bにお手伝いを頼んだりするアホなおっさんね。

    庭の大木をチェンソーで切り倒されたり、生コンクリートのプールにブルドーザーで突っ込まれたり。

  20. Luki より:

    アンダーソン!そうそう!!(;゚∀゚)=3ムッハー!!!

    下水をドラム缶に入れて売りつけられそうになったりね?

    でもとて〜も奥さんとラブラブだった気が。

    夕日に向かって手を繋いで歩くアンダーソン夫妻。

    そんなシーンがあったよね?

  21. けろよん より:

    ダリアって眼鏡の女の子がMTVで主役のアニメになってましたな。

  22. 匿名 より:

    初めまして。

    kooooooooooooooooooooooooool!!!!

    ってことでヨロシクお願いします。

    B&BのVHSは昔持ってたんだけど人にあげてしまって

    手元に残ってるのはこの笑えるCD。

    「The B&B experience」。

    だから僕にとっての脇役は・・・ニルヴァーナ。