イタ車のイタい故障トピ

人気の記事:

コメント

  1. エルモ より:

    >りゅうじろう先生

    トピックつくりました!

    今乗ってるSS750ieはほぼノントラブルです。電装系はすぐイカれてウィンカーとかおかしくなるけど、これはremostarつけてるから仕方ないかな、と。

    あ、そうだ。マフラーをパフォーマンスのに交換して最初の頃はミスファイアしまくりだったんですよ。で、何度も調整してもらったのに治らなくて、結局エアクリーナーボックスに「フタ」したら治った、ということがあります。

    今もちょっとエンジンの調子がよくないので、定期点検兼ねてドック入りしてます。帰ってきたらまたレポートしますね。

  2. にや→ より:

    タイヤが昨日パンクした…(涙)

  3. kamba より:

    900SS(94)です。中古で買って2年半。

    キャブのオーバーフロー(2回)。いずれも信号待ちでガソリン臭いなと思ったら、漏れたガソリンがヘッドに(汗)。

    走行中に片肺になったと思ったら、スタッドボルト折れてました。

    走行中に過充電でバッテリー破裂。すぐ止めたものの、カウルに引火。近くの雑居ビルから消火器を持ってきて鎮火。後で気がついたらジーパンボロボロでした。

    他にも細々としたトラブル多々。それでも乗るぞ!

  4. エルモ より:

    >kambaさん

    引火!!怖えー!!

    94年ぐらいって、ドゥカティ本社はまだカジバ傘下なんでしたっけ?

    私が以前買った400SSは整備手数料を15万も取っておきながら、まったく無整備としか思えない状態で渡されました。別のバイク屋で5万出して治した途端に盗まれたので、本来の力を味わうこともなく・・・。覚えてろよ、ス●ーク●フト。

    盗まれてなかったらあげたのにね>アイナリ

  5. りゅう より:

    エルモさん、ありがとうございます。

    しかし、さすがイタ車、さすがドカティですね。期待を裏切らない壊れっぷり。というか、おそろしいっすね、引火って…。

    僕のは、幸か不幸か、バッテリーがすぐ上がる、ミラーが振動ですぐズレて後ろが見えなくなる、ぐらいのトラブルしかなく、特にお披露目するほどのもんじゃないのが残念です。ところで、電子インジェクションってエンジン押しがけ可能なんですかね? 僕は一度それなりにがんばってみてあきらめたんですが。

    ちなみに、友人の900SS(89年)が、「盗まれた996の代わりに乗らないか」という誘いを丁重に断らざるを得ないほどいろいろ問題があるマシーンで。たとえば走ってるうちにマフラーのサイレンサー部分が外れる、とか、始動用と走行用で別のプラグを用意しなければならない、とか、そんな感じでした。エンジン始動ひとつとっても、ブースターケーブルか押しがけが必須という困ったちゃんでしたが、ドカの、スタイリングや哲学やメカニズムだけでない実際的な魅力を僕に教えてくれたマシーンです。

  6. kamba より:

    >エルモさん

    94年はまだカジバ傘下の時ですね。像のマークついてます。このころを前後して信頼性が増していったのではないでしょうか。

    >りゅうさん

    まさに、「トラブルの総合商社(笑)」です。自分も換えのプラグはいつも携帯しております。

  7. エルモ より:

    あるバイク屋のオヤジ曰く、ドゥカティは94年あたりと98年あたりで「品質に反省」したらしいですね。今はMotoGP参戦一年目で結果を残せる技術力があるハズだけど、果たして市販車にそれが生きているかどうか・・・。

    あと、やっぱりドゥカティ・ジャパンがディーラーをちゃんと統率できてるかってのも長くつきあう上では重要かな、と思います。日本法人のないAlfaRomeoはディーラーが好き勝手やってて、アフターサービス最悪でしたから。

    >りゅうさん

    ミラーは今のSSもすぐ緩みます。私は緩んだら「ネジロック」で固めてます。ネジ用の接着剤なんですが、1本600円ぐらいのわりに重宝します。

  8. りゅう より:

    呼ばれたのでやってきましたが、まだオーナーじゃないので何も言及できません。強いて言うなら。

    こら、ギャル○ンのオヤジ!

    400SSが95年までしかないってウソをつくな!

    って全然関係なかったですねwww

    でもやっぱいいですね。不調でも愛しちゃってる。まるでmacユーザのよう。(も多いかも?)

  9. りゅう より:

    >kambaさん

    いいっすね、その、トラブルの総合商社ってコピー! 実にキャッチーです(笑)

    >エルモさん

    なるほどー。900SSの場合だとステーの角度がずれちゃうって感じですか? 996の場合(もう手元にないやつについて話すのもなんですが)ステーは固定で、ミラーボックス(?)の中の可動ミラーで微調整するんですが、この微調整が走り出すとすぐにデフォルト角にリセットされるっていうか。で、このミラーボックスからミラーをうまくひっぺがせれば内部のジョイントか何かの動きを渋めに設定したいなあとか思ってたんですが…。ちなみに、行きつけのバイク屋さん(昔からのドカティスト。しかしホンダのショップ)では「まあね、ドカだからね」と、一蹴されてしまいました。はは。

    >アイナリさん

    macユーザ、多いでしょうねー。僕は自宅mac、会社Windowsとunix系、なんですが、家族や友達や会社の仲間に、やんわりとmac推進運動も推進しています。「そりゃWindowsで十分かもしれないけど、服で言えばユニクロとヴィトン、クルマで言えばカローラとアルファロメオ、バイクで言えば○○○(内緒)とドカティ、そういう違いがわかるならWindowsとmacの持つ意味の違いもわかるはずだ」って、ここでもドカを引き合いに。あ、ちなみにユニクロには世話になりっぱなしです。へへ。

  10. エルモ より:

    りゅうさん、なんか他人と思えない・・・。

    Macメインだけど会社ではWin/Linux、そしてドカ乗りってのは完全に共通してますねー。

    更に。もうRX-8に買い換えちゃいましたが、その前はAlfa145に乗っていたのですよ。ま、簡単に言っちゃうとこだわる性格(性癖?)ということなんでしょうけれど。

    あ、ちなみに今冬はユニクロのエアテックパンツが手放せませんでしたな。あれはすごい。ダウンジャケットと共に冬の必需品です。

  11. 東條平八郎 より:

    ウチのシングルは元々は6Vでしたが、始動しない・バッテリーがあがる・ウインカー点かないなど最悪でした。国産のレギュレーターや英車用のコイルで12Vに改造してからは何とか調子よく走るようになりました。発電量そのものが少ないのか、夜間・低速でダラダラ走ると充電がイマイチなので、配線を全部引きなおすか、発電機のコイルを巻きなおすか、原チャリの発電機に載せかえるかを考えています。

  12. はらどん より:

    748R(02)です。ドカティ初心者です。

    冬になって気温が下がると、走行中にエンジンが止まります。

    具体的に言うと、信号とかで停止寸前のときなど、クラッチを切った瞬間「スコンッ!」っていう音と共にエンストします。

    たまに、信号待ちなどのアイドリング中にもエンスト。

    街乗り約一時間の走行で、だいたい4〜5回は止まります。水温は十分上がっています。

    然調の不具合なのはだいたい分かるのですが、ショップで4回ほど調整してもらったのですが一向に良くなりません。

    暖かいときはそうでもなかったんですけどね。

    友人の748R(02)にはそんな不具合は皆無だそうです。

    ただし回せばメチャクチャ気持ちいいし、快調です。

    個体差だと思って半ば諦めているのですが。

    「Rを街乗りに使うな」と怒られそうですが・・通勤にも使っちゃいます。

  13. Mr.KOUMORI より:

    前に乗っていた400SSはツーリング中にレギュレータのパンクで

    走行不能に陥り、置いて帰ろう!(泣)を経験しました。

    (バッテリーが亡くなってエンジンかけれなくなるは、しまいには

    押しがけもできなくなるは・・・)

    さらに煙をモクモクはくようになってドナドナされました。(大泣)

    (まるで2ストのように白い煙がシート下からも!(爆))

    お金があれば、また乗るぞ>DUCATI

  14. エルモ より:

    腰高なドカは、バッテリーが死ぬと押しがけも命がけ(ダジャレ?)ですからね。900SSの頃、あがったバッテリーだけはずして、ガソリンスタンドまで歩いて持ってって充電してもらったことがあります。無理に押しがけして立ちゴケするよりは・・・と。

  15. 兄貴 より:

    どうも初めまして

    ’97 M900に乗ってますが、特にトラブル無しで5万キロまでオイル漏もなく、5万キロ超えた時にオーバーホールしました。

    がしかし、シリンダーも無事で絶好調でした。

    しかし雨の日も雪の日も走っていたので、さすがに電装系は痛みが見られ、ある時バッテリーハーネスが燃えました。

    トラブルはそのくらいです。

  16. 某ショップワークスの全日本筑波用フルチューンエンジンのお下がりを、900SS(’94y)に積んでいます。自分で弄ります。大きなトラブルとしては、

    ・ドリブンスプロケットの填まっているアルミ鋳物のフランジ(=正式には何と言うか知らない)が、疲労破壊してバラバラになった

    ・走行中にRホィールベアリングが壊れて、車輪が斜めになりロックした

    ・乾式クラッチが終わってしまい、坂を上らなくなった(前に乗っていた750SSで)

    ことがありますが、辛うじて安全にカバーしました。そんなハイパワーマシンで街中走るからなんですけど。現在はFフォークのオイルシールがパンクして漏油、部品手配中につき冬眠中です。