新刊「ブラック・キャット4」

人気の記事:

コメント

  1. mikiT より:

    ま、ま、ま、まじですか?

    買わなくちゃ。

    情報ありがとうございます。

  2. 一番の問題は

    すでに3までの話が綺麗すっぱり消えてるところですね(苦笑)

    ・・・・実家のどこかには埋まってるはずなのですが

    発掘不可能(苦笑)

    #仕方ないので今ブックオフとかで探しています(1〜3)

  3. みかん より:

    3までの文庫は私も実家にありますが、諦めて4を読みます。

    後、以下の著書も知らなかったので一緒に探してみようと思います。

    2002年9月発売「ハッピー・バースディ」角川書店(小説)

    2000年11月発売「素子の読書あらかると」中央公論新社(エッセイ)

    2004年2月発売「明日も元気にいきましょう」角川文庫(エッセイ)

    結構見落とし多し(^^;)

  4. ハッピーバースデーはわたしも見落としというか、

    買って読んでいたにもかかわらず、

    こないだ友達に言われるまで

    ずっとブラックキャットの前の最新刊が

    チグリスとユーフラテスだと勘違いしてました。

    #その後にアンソロジーとして

     チグリスとユーフラテス外伝が載ってる本があったけど

     何だったかなあ・・・早川から出てる「2001」でしたっけ?

    アレも日常の中の他愛もないことから始まるホラーで

    ちょっと怖かったです・・・>ハッピーバースデー

  5. io より:

    2までは覚えてるんだけど、3はどうだったろう。買わなきゃー。

  6. io より:

    「ブラックキャット4」、読んでみました。

    3までの物語全然覚えてなかったけど楽しめましたよ。久々の素子節全開で嬉しかったです。くれぐれも電車の中とかでは読まないようにしましょう。(吹き出すので)

    「ハッピーバースディ」はおしまいの日直系の作風でした。個人的にはもっとドロドロしてたほうが良かったなー。

  7. mikiT より:

    アマゾンで注文しようと思って、見ていたら3までの話思い出しました。新刊嬉しいなあ。買わなきゃー。電車では読まないようにします。

  8. mikiT より:

    1 で買うと書いておきながら、すっかり忘れていました。

    今 1-click したので、数日後には届くかな。楽しみ。

  9. みお より:

    ブラックキャットって、読んだ事ないんだけど(不覚!)コバルト文庫だったのですねー。

    面白いのかなぁ。

    ちょっと少女文体なのかしら。

    今度本屋で探してみたいと思います。

    今まで全然知りませんでした。ファンなのに!

  10. みお より:

    遅まきながら、ブラックキャット、完結してうれしかったです。

    コバルトの新刊を見るたびにため息をついて待っていたのがうそみたい(笑)

    読み応えもあって、幸せな二冊でした♪

    >つばきさま

    はじめまして。

    かなり面白いとは思いますよ〜

    ただ、設定などが「少女小説」なので、読み慣れない方だとちょっと特殊(?)な感じがするかもしれませんが…文体はいつもの新井さんのあの文章です。初期のころの数冊はかなり若い感じですが…

  11. SHINO より:

    返信有難うございます。

    少女小説は、思いっきり免疫あるので、大丈夫だと思います。

    本屋で探してみますね。

    新井さんの新刊ちょっと飢えてるので。笑。

    初期の頃の新井さんは、読んだ事ないのですよ。

    よく100円で売ってるんだけど買ってみようかな。

  12. SHINO より:

    はじめまして。

    ココのおかげで無事チェックメイト読む事が出来ました(^^)

    ありがとうございました〜。

  13. mikiT より:

    読みました。

    完結してましたね。

    オチは途中からかなり読めてましたが、それはそれということで。

    1〜3 も読み直してみようと思っています。

    ハッピーバースデーも買ったので、読まないと。

  14. かっちゃん より:

    「チェックメイト」やっと読みました。はじめて読んだ新井素子の小説が十数年前に読んだ「ブラックキャット」だったので感慨深いものがあります。

  15. 19年ぶり完結とはすごい世界です。3巻を読んだのはずいぶん昔で、4巻が出ていた事も知りませんでした。

    研究会サイトもすごいですね〜情報ありがとうございます。

    早速買ってきます〜

  16. 【RIKI】 より:

    あ、買ったんですがまだ積ん読でした。

    読まなきゃ^^;

  17. ふみふみ より:

    こちらのトピックで「チェックメイト」の事を知り、

    本屋で調べてみたら「ブラックキャット4」となってるでは

    ありませんか!?

    私の中では「ナイトフォーク」で止まっていたシリーズなのに、

    既に続きが出ていたとは、、、

    とりあえず注文しました。

    「キャスリング」と「チェックメイト」の前後編で計4冊!

  18. みずちゃん より:

    山崎ひろふみ、恐るべし……なシリーズでした。

    主人公でもないのにこんなに活躍していいんだろうか。

  19. みずちゃん より:

    いまさらながら、ブラックキャットが発刊されていることを知りました(;´Д`)

    私の中でブラックキャットはもう完結しないんじゃないか?と思ってました(笑)

    とりあえず、注文して読みますー!

  20. shoda より:

    うわ。続刊が出てたんですか。

    > 私の中では「ナイトフォーク」で止まっていたシリーズ

    私的にも、まさしく、そんな感じです。

    せっかくなので、シリーズ全巻発注してみました。

    引っ越しのときのダンボールの中にはあるはず

    なのですが、発掘する自信がないのです(汗;

  21. kaname より:

    素研ってけっこう古くからあったような気も。

    (とはいっても時間は人それぞれだからなぁ。)

    けっこう良い情報源です。

    「ナイトフォーク」は「お〜終わったぁ〜」という感じでした。

    あと、個人的には新刊というわけではないですが、

    「季節のお話」が手に入れ損なったまま廃刊となり

    そういう意味での(復刊)待望作品となっています。

    (似たような話がどこかに立っていたらごめんなさいね。)

  22. 水茄 より:

    チェックメイト読みました〜。

    面白かったのですが、それ以上に郷愁のようなものを感じましたw

    だって前作を読んだのがもう9年前だったんですからね(^^;

    ブラックキャットらしい話の展開で良かったですv

    内容にも触れたいのですが、ネタバレになるといけないのでこの辺で。

  23. キリナ より:

    19年と言うか、ぎりぎり20年未満という年月かかってますからねぇ ^^;

    気が長くなったなぁ。

    ひろふみ君の今後のご活躍(と言って良いんだろうなぁ?)に期待ですね。(少なくとも、その子孫は大活躍しているわけで……)

    キャットの台詞にはとある漫画というか映画というか(見てないけど)の影響を勝手に感じてしまったりもしました(謎

    どう思われます?「○○○○さい!」

  24. 水茄 より:

    >キリナさん

    私もすごく思いました! 釈ちゃんですよね?w

    あとひろふみ君の台詞にもちょっとあるゲームの主人公の台詞を

    思い出したのですが、それは私の深読みだと思います(^^;

  25. てひざる より:

    書店でもコバルト文庫の前にたつことがなくなって

    久しかったので、このコミュをみてよかった♪感謝です♪

    今日、読み終えました。

    小中学校の時の読んだ物語はなかなか忘れないものですね。

  26. キリナ より:

    おぉ、千秋ファンがまた一人 (キャットファン?)

    レイディ=キャットの子孫説を私は持っているんですが、賛同する人ぉ (ぉ

    #と、他作品を混ぜてみる。

  27. こきみ より:

    キャットとレイディの名台詞がごちゃまぜになる阿呆です。

    「女の子はいるだけでいいのよ」

    はキャットでしたよね〜

    >キリナさん、同感ですが、

     確かレイディは優良遺伝子の組み合わせで生まれたはず…

     (すみません、不確かですが)

     ただ、キャットの遺伝子の末裔って気はとてもします。

     キャットとあの人の子供の遺伝子か…

     スーパーマンorスーパーレイディだな〜

  28. すみません。便乗です。

    新井素子MLって、最近どうなっているかご存知の方、いらっしゃいますか?

  29. ムーニー より:

    >「チェックメイト」

     自分の中で考えていた結末とほぼ同じで嬉しいような寂しいような悲しいような。でも、9年という時間のせいか、キャラクターの性格さえ変わっててしまってるような気がするのは気のせいかな?私が年をとったせいでしょうか?語り手のツッコミが多いのと、祥子ちゃんの扱いが小さい(あっけない)のも気になりました。

    >レイディ

     「星から来た船」(下)に詳しく書いてありますよ。遺伝子上の親は山東博士と相馬さやか博士です。

     そうそう、「星から来た船」の赤ちゃんも祥子ちゃんでしたね。

  30. キリナ より:

    > 27:こきみ様

    山東博士か相馬博士の先祖がキャットではないかと思っているわけです。

    >28:さんじろー様

    あ、ありますよ?>新井素子ML

    問題は、メールが全く流れていないだけで^^;

    新らしい風となってくれる人を密かに期待しています。

    # 昔は、新しい風だったらしい人より ……

  31. 匿名 より:

    ブラックキャットシリーズの続きが出ていたなんて

    びっくり!!!!

    まだ読んでないので

    買わなくっちゃ!!