オリーブと言えばコレ!

人気の記事:

コメント

  1. cica より:

    小沢健二くんのDOOWUTCHYALIKE

    だいすきでした

  2. 最新の より:

    岡尾美代子さんです!

  3. すゞ より:

    大森ようこさんのスタイリング!

    今は装苑で見れるけど・・

  4. すゞ より:

    大森仔佑子さんのコミュ作ってます。

    よろしければ来てみて下さい!!!!

  5. すゞ より:

    タイトルは忘れてしまいましたが、

    著名人が自分の学生時代の思い出を語る

    連載ページ(左側にあった)が好きでした。

    特にBONNIE PINKの回が印象に残っています。

  6. でふげ より:

    ジーンズプリンセスが懐かしい。

  7. Mmc より:

    おかし屋ケン太(泉麻人)

  8. ナツコ より:

    スイーツ特集!と

    小沢くん。

    キルフェボンを探し求めて

    代官山をぐるぐるしたものです。

  9. aiai より:

    はじめまして。

    オリーブといえば、おしゃれプリンセスかなぁ〜。

    あとは、佐藤雅彦さんの連載もけっこう楽しかった。

    わかぎえふさんの連載も好きだったなぁ〜。

    なつかしい…。久しぶりにいろいろ思い出しました。

  10. 宝島 より:

    こんにちは、はじめまして。

    オリーブとの付き合いはポパイの増刊号の時以来でした(遠い目)

    オリーブといえば、やっぱり、スタイリストさんのセンスはピカイチだったと思っています。岡尾さん、大森さん、木俣歩さん、大橋利枝子さん・・・。ホントにいつもステキなスタイリングで、うっとり眺めてました。

    それにオリーブの取り上げるバンドやミュージシャンもオリーブらしさがあってチェックしてました。

    ホントにオリーブってステキな雑誌でしたよね。

  11. たいこ山 より:

    宮森さんのヘアカットで、読者モデルを変身させる企画。

    ギザギザの前髪とか、クセ毛風パーマ、かわいかった〜

    オリーブの読者モデルは「普通」っぽいひとが多いので

    「これなら私にも!」って、毎回親近感わかせてました。

    表参道に宮森さんのお店が出来た時は、勇んで出掛けたものです。

  12. ほっしー より:

    はじめまして。

    いまや「負け犬の遠吠え」で大先生になられた酒井順子さんのコラムです。

    確かまだあのころは代理店に勤めてらしたような……。

    そしておもしろいのにブレイクまでいかないねって思ってたら、いまやです。

    誰かもう書かれてるかな?

  13. pu¨nktchen より:

    オザケン文章上手だったなあ。

    「オリーブ少女」では「少女」の部分に無理が生じるということで彼が「オリーバー」という呼び名を提案したのをすごくおぼえています。

    私はお人形の型紙の小さいのが載ってる連載が好きでした。

    かなり古いんだけど。

  14. miccyo より:

    はじめまして。

    何年前になるんでしょう?オリーブの創刊号を買いました。

    すでにその頃にはオリーブ世代を卒業しなくちゃならない年頃だったような気もしますが??

    以来オリーブの世界にはまってしまい、

    ファッションやリセエンヌのかわいいモデルや、小さな記事のかわいい雑貨の写真にさえもいちいちドキドキしていたものです。このスカートにこのブーツの組み合わせがたまらない・・・とか、そんな感じ。

    今ではまだオリーブがあるのかさえわからないこの頃なんですけど、このコミュに出会ってあの頃のときめきを思い出しました。

    私にとって忘れられないオリーブにまつわるできごとがあります。

    何年前のどの号かもわかりませんが、

    ページ半分ほどのモノクロ記事でフランスのマティス美術館を取材したものがありました・・・。

    そこには美術館の中の写真が一枚だけ載せられていました。

    皆長椅子に腰掛けたり思い思いのポーズでゆったり絵を鑑賞していて、

    柔らかい空気が伝わって来る写真だったように記憶しています。

    「絶対!いつか私もここに行きたい!!」とすごく強く思いました。

    そして時は流れ・・・そんなことがあったことも忘れ去った4年前、

    私は念願のヨーロッパ一人旅にあてもなく出発しました。

    明日どこの街に行くのかも気分次第の旅だったのですが

    なんとなくフランスのニースにたどりつきました。

    さてどこを見てまわろうか〜となにげにガイドブックを見ていて

    マティス美術館がその街にあることに気付きました。

    何年も前に絶対行きたい!!って強く願った思いが蘇りました。

    念願の美術館に足を踏み入れた時は

    “ジーン…(涙)”

    強く願えば夢は叶うものなんだなぁ〜。

    45RPMの洋服は今でも当時のオリーブの空気感を含んでいて大好きです。

  15. LGSK. より:

    岡尾サンはもちろんとして

    オザケン→カジヒデキのコラムと初心者向けギター講座☆

    あとはヴァネッサ・パラディかな?

  16. より:

    読者の投稿欄の常連さんで、名前を忘れちゃったけど、

    いつもクマかな?なんか動物のイラストでコラムのような投稿をしていた人いませんでしたか?

    私はそれがいつも楽しみでした。

    あとはやっぱり大森さんです♪

    大好き。

  17. masami より:

    はじめまして。

    私が買ってた頃は、毎号裏表紙がPERSON’Sの広告で飯田淳さんのイラストでした。懐かしいなぁ。

    あとはやっぱりかわいいコピーにジャンプ!の写真。

  18. 早起き鳥 より:

    岡尾さんも大好きだけど、

    ホロンの占いが好きでした。

    結構ズシリキラリと言葉が並べて

    あって、すっかり信じ込んでいた私です。

  19. マキ より:

    堀井さんのeatingと吉場さんのパリからのお便り(タイトル忘れました)!

    かなりがんばってoliveとっておいたのですが、さすがに?数年前捨てました。(今となってはすごーく後悔してますが。何て馬鹿な事をしたんでしょう…)

    でもこのページだけは切り抜きしてとってます。

    私の男友達でoliveを私より前に集めてた人がいて、しかも全号とっていた。彼は未だにもっているのだろうか?あるなら一日たっぷり浸りに伺いたい…。

    あと、すごく昔だけど、佐野洋子さんイラストの小説が後ろの方に載ってたはず。タイトル忘れた。あれも、好きだったな。

  20. きのこ先生 より:

    やはり、ちょっと興奮したのは

    栗尾さんがショートにした号です。

    「はだかのオリーブ」にもちょっとびっくりしました。

    いきなりオリーブの表紙がキュートな裸だったので。

    あと、初期のナナおばさんの占いコーナー。

    異常なほど凶兆が具体的に当たるので、怖かったです。

    分裂後はマッツを応援していました。

  21. トモコモコ より:

    はじめまして。

    今、思うとおもしろのがおやじの海(たぶん)の中島らも!

    もう読めないなあ…

  22. ぎゅう より:

    はじめまして。

    中島らも、よかったです。わかぎえふやチチ松村も連載していた梅ぼし新聞ですね。好きなコーナーでした。あれってオリーブっぽかったのかどうだか。。。でもよかったです。

    「秋の夜のぜいたく時間」っていう特集が気に入ってました。

    あとイサベル・キャンベルのインタビューとか。。。

  23. ぎゅう より:

    こんにちわ、はじめまして。

    ミクシィ初心者です。

    私がOliveを見始めたのはかなり最近で大森さんがスタイリングされていたころのはまだ見たことありません・・・(泣)

    古本探してるんですけどなかなか見つからないんです!

    なので、私にとってのOliveといえば「月刊エリの服飾手帖」です。エリちゃん、大好きで私の憧れの方です。

  24. ぎゅう より:

    代官山のママタルトと渋谷のムルソーダプレ★

  25. ぎゅう より:

    大森さん可愛いですよね〜

    いつまでも憧れです

    >きのこ先生

    栗尾さんがショートにした時はビックリしました。

    栗尾さんすっかり変わってしまった・・・

    よくみかけるけど、オリーブの頃の栗尾さんじゃあない。

    Σ(゚д゚lll)ガーン

  26. udapon より:

    オリーブといえば...

    代官山・恵比寿、カフェオレボウル、帰国子女、フランス映画、

    ヘアサロン特集、アツキオオニシ、栗尾さん....

    『わたしだってオリーブモデル』達のその後のデビュー!!や

    『おかしやケン太』の大人が楽しんで作っている雰囲気....。

    3日と18日、学校の教室で読んでいた10代の頃のオリーブが、

    私にとっていちばんの先生でした。

  27. ★aika★ より:

    はじめまして。

    オリーブといえば…専属モデルだったティアとケリかな。藤坂のりこさんのお人形レッスンA to Zも好きでした。

    パーソンズの広告は切り取って封筒にしたりして使ってました。

    今思うともったいない!

  28. ★aika★ より:

    小沢健二がエッセイ書いてたよね?

    懐かしい☆

  29. えみ より:

    はじめまして、こんにちは。

    「のんちゃんジャーナル」好きでした。

    ソール・バスやイームス、古い喫茶店が好きになったのも

    のんちゃんがきっかけ。こちょっと自分のルーツ入ってます。

  30. >★aika★さん

    なんだか気まぐれなエッセィだったみたいですねぇ。。。
    あたしが読みはじめた時には残念ながら終わってました…。

  31. アゲハ より:

    小沢健二の「ドゥ・ワッチャ・ライク」が好きでした。

    ひなのちゃんや、櫻田宗久君、市川美和子ちゃんとかが

    モデルをしていたような?

    あの頃(10代っすね)はOliveの発売が楽しみだったな。

    Olive世代の人達は、今どんな雑誌をファッションを

    しているんでしょうね。。

  32. アゲハ より:

    オザケンの連載最高でしたね!!

    いまでもオリーブとっておいてありますよ☆

    オザケンの連載の後任がカジギデキだったんですが、ファンながらオザケンの文章力の次に彼は正直キビシかった気が、、、。

    市川美果子&美和子LOVE♪

  33. notte veronika より:

    私も小沢くんにどっぷりでした!連載が本になるのをいまだに待っていたりします(^O^)

    小沢くんが姿をだんだん消しつつ、加地くんが台頭していったことが、オリーブの失速につながったのかなあなんて思ったり。ほんと、オザケンはオリーブ少女の王子だったな 私は今あの頃のオザケンの年令になってしまいました☆実和子ちゃんはオリーブの名残を今も残す数少ないモデルかも?

    私も、だから、オリーブ卒業後に読む雑誌も定まらず、着る服も迷いながら今にいたります。悩みます

  34. notte veronika より:

    中沢新一の人生相談。

    スタイリングは大森さん、岡尾さんが好きでした。

  35. notte veronika より:

    最初に、観月ありさがモデルとして初登場したときは、衝撃でした!

    世の中、こんなスタイルも良く、顔もかわいい子がいるのね、って。

    あの頃の観月ありさが一番好きです。

    後、オリーブっていったら、かわいい雑貨かなぁ。

    カフェオレボウル!今でも大好き。ご飯茶碗かわりにしてます♪

  36. Kao より:

    はじめまして。

    ワタシがOliveを愛読していたのはまだ中学生〜高校生だった

    80年代。

    あの頃はOliveの影響でフランスやフランスの雑貨に憧れて、

    渋谷や恵比寿、代官山の雑貨屋さんへほとんどナイに等しい

    お小遣いを握り締めてよく通ってました。

    S.G.コレットやオ.タンジャディス(でしたっけ?)はまだ

    あるんでしょうか?

    スペイン坂のWEEKENDS(テリアが目印)はだいぶ前になくなっ

    ちゃったみたいですね…。

    あのお店で買った白いマーガレットがペイントしてある黒い

    かごバッグが大のお気に入りでボロボロになるまで使っていた

    記憶があります。

    今の私にとって身近なフランスといえば、

    AGATHAのアクセサリーかSAINT JAMESのお洋服と小物くらい

    なものですが、

    いくつになってもフランスという国が持つ独特のオシャレ感

    に対する憧れは尽きません。

    それはやっぱりあの頃のOliveを読んで育った世代だから

    だろうなー。と、今つくづく思います。

  37. pomme より:

    私は毎回あるドゥ!ファミリーのページかな。
    後は1番最後のページの読者が
    テーマを提案して1日モデルになるもの。
    タイトル忘れてしまいましたが…。

    フランスに対する思いは私もOliveに植え付けられました。
    中学の時にOliveと出会って発売日には
    朝コンビニに行って買ってから学校で読む日々。
    で、そんな影響からか高校で
    念願のフランス語を始めました。
    大学に入りOliveが転向してからは読むのを辞めましたが

    今でもOlive少女の心意気!?は残っています。

  38. はじめまして

    ○notte veronikaさん

    >観月ありさがモデルとして初登場したときは、衝撃でした!

    たしか「村上春樹の世界」ですよね?

    わたしもありさちゃんに衝撃でした

    ページの空気もまさに春樹さんワールドで

    清潔感のある色気を

    まだあどけない少女(ありさちゃん)に感じました

    中・高生の頃は田舎でしたので F.O.B-COOPが憧れでした

    Oliveは86年くらいが大好きで

    厳選号のみ今も引越しのたびに

    押入れから押入れへと移動しています     とほほ

  39. 曜子 より:

    Mikaさん>

    >「秋の夜のぜいたく時間」っていう特集

    私も大好きで、切り抜いてとっておいてあります!

    秋になるといつも読み返しては、あのあったかい色彩に

    うっとりしてしまいます。いいですよね。

    はじめてOliveを買ったのは、吉川ひなのちゃん表紙の

    冬のコート特集でした・・・

    ああ、古いOliveあつめたいなあ!

  40. 菜美 より:

    >カナさん

    中野のブロードウェイにある『まんだらけ』の雑誌売り場のところに、昔のオリーブがずらーッと揃っていますよ!!

    私も中高とオリーブ大好きっこでした

    写真やレイアウトにもすごく影響をうけて、コラージュに凝ったりしていた時期もあります

    オリーブのすべてが好きでした

    酒井景都ちゃん、実日子ちゃん、が大好きで、憧れていました

    一昨年は偶然に景都にあって、今は大の仲良しです

    ミクシィに彼女のブランド『コルキニカ』のコミュニティもありますよ

  41. ぱすこ より:

    はじめまして。

    オリーブは、憧れの職業特集というのが最初でした。

    職業紹介コーナーに漫画家アシスタント紹介で、

    安野モヨコさんが岡崎京子さんのアシで出ていたのを

    今でも覚えています。

    安野モヨコというペンネームで

    がんばっています、みたいな記事でした。

    時代を感じるね。

    あと、市川姉妹のはじめてのシューティング。

    美和子が、実日子にリラックスしなみたいな、

    アドバイスしているのも、今ではスゴイ競演だなぁと

    しみじみです。

    うーん、偉大な雑誌だったよねぇ。

  42. 泉麻人のおかしの連載。

    酒井順子の「リセンヌの……」

    小沢健二の「ドゥ・ワチャ……」

    あと、星占いが妙に当たると評判でした。

  43. めぐみ より:

    はじめまして*

    3日と18日。

    酒井景都ちゃんのメーク日記。

    ホロンの星占い。

    Rock&Rolly。

    岡尾美代子さん。小沢くん。加地くん。です♪

                      

  44. eri より:

    こんばんは。初めて書き込みします!
    オリーブは姉が買っていて盗み読みしていたのですが、あの独特な空気感みたいなのが好きでした!
    それで、オリーブを読み返したいのですが、古本屋さんなどで見当たりません。
    仙台市内の古本屋さんなどで見かけた方いらっしゃらないでしょうか?

  45. p より:

    はじめまして!

    オリーブ…高校時代の青春、現時点の私をつくった

    教科書ですね。

     

    市川実日子さん、加地くん、小沢くん、景都ちゃん

    ヘアメイク宮森さんのメイク、ボーダー、ギンガムチェック、

    かわいい外人モデルさん。

    全てがステキ☆でしたよねー。

    ちなみに、1999年の6月18日号が大好きでした。

  46. えの より:

    おしゃれプリンセスで、ジーンズを裏返しに履くという高等テクニックを知りました。やってみたら母親に「裏返しだよ」と注意されましたが。あわせてサボ履いて、オザケンやカジくんのライブに行きました。懐かしいな…

    大好きだったのは最後のページのあなたもオリーブモデル(でしたっけ?)。出てみたかったけど、ついに勇気が出ませんでした。

  47. はじめまして!

    初めて書き込みします。

    オリーブといえば、やはり

    ボーターTでしょうか。

    リセエンヌ・・・リセという言葉の響きに

    猛烈に憧れたものです。

  48. はじめまして。

    堀井和子さんのEatingが好きでスクラップしてました。

    板井典夫を知ったのもオリーブでした。

    あんなキャラとは知らずにひそかにあこがれてました。

  49. opty より:

    はじめまして

    オリーブ・・・イコールDo!Family サボ 自由が丘 って感じかな?とても東京にあこがれを持つ雑誌という感じでした

    Do!FamilyよりMILKかなーちょっとだけMC Sisterとかぶってしまいましたー

  50. opty より:

    はじめまして☆

    オリーブ→1994年2/18号より入学

         雑貨、フレンチ、に目覚める。

    お気に入り→1994年11/3号パリ発おしゃれ最新ニュース!

          高校生時代教科書よりも大事に持ち歩いたかも?!

        

       大学、専門学校時代、オリーブがきっかけで友達ができまし   た。もう28歳。オリーブ少女からオリーブおばさんやね。

    paris sketchsuki好きでした。

    一冊の本にならないかなあ〜??

  51. aibon より:

    oliveといえば、のんちゃんジャーナルです。

    すごーく好きで、単行本も発売されていましたが

    もう既に生産中止。

    がっ!!!なんと!友達の子供部屋の本棚に発見??!!!!

    貸してもらいカラーコピーしました!

  52. 機能別ヘ より:

    はじめまして☆

    わたしにとってオリーブといえばオザケン、ドゥファミリー!

    でも今、好きなもののベースはたいていオリーブからきている気がします。

  53. さとちゃん より:

    はじめまして。

    高校の頃から読み始めて,休刊になるまで

    (昔の判型の方)読み続け,もう三十路半ばです。

    でもいまだにドゥファミリーのチェックは欠かせません。

    >petitさん

    99年6月18日号は

    おしゃれリゾート宣言!

    ですね。

    私も持ってます。

  54. さとちゃん より:

     はじめまして。oliveと言えば、ドゥファミリー、大森さん、市川実日子さん、外人モデルかな。あ、あとボーダー。

     ギターポップで、お菓子とかレースが大好き?そんなイメージですね。

     個人的に好きだったのは、一時休刊する前のOlive.あの当時、紹介されていた古着屋さんは、今でも好きで、私のルーツになっています。  

  55. さとちゃん より:

    はじめまして。

    オリーブといえば、

    S氏に挑む!です。途中でコーナー自体なくなっちゃいましたが。笑。

    「たくましい、宅間伸」とか。

    チビでバカでブーとか。(ビビデ・バビデ・ブ)

    ダジャレコーナーです。

    真剣に毎日ダジャレを考えて、投稿しようと思っていました。

    そういう、些細なくだらなさが大スキでした。

    もちろん、ファッションのセンスも。

  56. ceremonie* より:

    私、なにげに星人ホロンの占いです…。

    真っ先に占い読んでました。レジに持ってく前に読んでました。

    そして信じていました。

    当たっているような気がするし、不思議だけど前向きな言葉が綴られていて、それは私にとってすでに「詩」でしたね(*^_^*)

  57. ceremonie* より:

    S氏に挑む!ありましたね!「ぶどうひとつぶ、どう?」とか。

    山田詠美の「放課後の音符たち」、のんちゃんジャーナル、中島らも&わかぎえふ、など巻末の特集が実はいちばん楽しみだったかも。おこずかいの少ない小中学生の頃は特に、ファッションページはただただ憧れでした。

  58. まゆ太 より:

    S氏に挑む!懐かしいです。

    私が覚えているのは

    「フランスの天気予報 さっぱり降らんす」

    「パジャマのパパ邪魔」

    なんていうのでした。

    大学時代「ギンザ」編集部でバイトしていたのですが、オリーブ編集部には近寄れずじまいでした。編集部の人にでも聞いてみればよかったなぁ!

  59. Ling Ring より:

    宮沢りえさんの1日、みたいな特集記事が可愛かったです。

    ティア・ケリも健在の頃。

    リセエンヌを目指したなぁ〜〜。

    中学・高校と、広尾と自由が丘ばかり行ってました。

  60. ぴちか より:

    初書き込みです。

    >あきらさん

    わたしも、山田詠美の「放課後の音符たち」、のんちゃんジャーナル、

    中島らも&わかぎえふ、など巻末の特集が実はいちばん楽しみだったかも!です。

    タイトルが出てこないのですが、

    あこちゃんという女の子が主人公の話も好きでした。

    (放課後の音符たちの後ぐらいに始まったやつだったかな)

    らもさんの「せいかくのふいっち」は本も買いました、へへ。

    オリーブ独特の紙の感じも好きでした。

    ちょっと破けやすいんだけど、柔らかくて触り心地がよくて。

    今ああいう紙の感じの雑誌ってない気がします。

  61. くりくり より:

    私が高校生の途中位から、巻末に小特集があって、それの

    「カレッジスタイル宣言」ていうのと「1990ねんのハルキスタイル」というのが、とっても好きでした。

    カレッジスタイルは、アメリカのuniversityに通う子達の寮生活のイメージのグラビアですごくかわいかったんです。

    ハルキスタイルの方は、村上春樹さんの小説世界のグラビアで、まだ無名の観月ありさちゃんが、ジーンズとコンバースのスニーカーに、フェイクファーのコートで登場して、とても鮮烈な印象を受けました。

  62. 機能別ヘ より:

    私も、初書き込みです。

    >ぴちかさん

    「あこちゃん」が主人公の話は、佐野洋子さんの「コッコロから」じゃないですか?顔はかわいくない「あこちゃん」が、なぜかモテモテ、という話で、大好きでした。

    講談社文庫から本が出てます。私もリピート読みしよっと。

    私はオリーブといえば、栗尾美恵子さん。

    年が栗尾さんのひとつ下なので、どっぷり、はまりました。

    今でも、街で見かけて一番うれしかった有名人は栗尾さんです!

  63. 機能別ヘ より:

    オリーブの影響で好きになったものたちを羅列します。

    「悲しみよこんにちは」フランソワーズ・サガン、

    FOB.COOP、クードゥーピエ、

    シャーリーテンプル、嶋田洋書、

    それいゆ(中原淳一)、仲世朝子さん

    堀越絹江さん、恩田義則さん、

    宮森さん、堀井和子さん、バービー、

    リーバイス501、霜降りグレーのTシャツ、

    ダンガリーシャツ、バレリーナ、

    FLAXという文房具店、カドゥリーブラウン、

    アニエスb.などの黒いタートルニット、

    「パリの空の下、オムレツは流れる」

    「すてきなあなたに」、

    マリアージュフレールの紅茶、

    紀伊国屋、ナショナル等の輸入食品

    神保町、チープおしゃれ、ゴダール、

    地下鉄のザジ、BRAUNの目覚まし時計など!

    書ききれない&思い出せない!!

  64. sikamari より:

    オリーブで好きだったもの...沢山ありすぎて全ては書ききれませんが、私は結構しまおまほの一人オリーブ調査団が好きでした。そこで彼女がが取材する小山田さんや、モデルさんたちを見て、なんて交流の多い人なんだ!と、うらやましがっていました。

    あのオリーブならではの紙質や、世界観がが大好きで、今ではグラフィックデザイナーになりました。

  65. 機能別ヘ より:

    かわいい雑貨や、洋服のページももちろん好きだったけど、

    小沢健二の「ドゥーワッチャライク」が、大好きでした。

    本にならないかなーと、ずっと思ってますが、なる気配も感じられずさみしいです。雑誌全部とっておけばよかったなーと、後悔しています。

  66. ひーちゃん より:

    はじめて書き込みします。

    中学校で読み始め、外人ばかりのモデルと

    紙質や丸めて持てるあの柔らかさ。

    とにかく憧れでした。

    小泉薫さん、ZUCCaの耳がついたニット帽、

    ケサランパサランの化粧品、

    ベレー帽にLEEのベージュのGジャンと

    プリーツスカート、

    今の私へとつながるものは

    すべて「Olive」からです。

    結構雑誌は取ってあるのですが

    今見ても十分楽しめますよね!

  67. sugar より:

    オザケンが昔、おしゃれ関係に出演してた。。。



  68. くろりん より:

    オリーブというと、雑誌そのものの匂いを思い出す・・・。

  69. KG2 より:

    ぴちかさん

    のコメントで、オリーブ少女に憧れながらも中島らもを読破していた過去を思い出しました!!そして大芸を受験しました。

  70. 匿名 より:

    黒髪の日本の女の子と、金髪の外国の女の子たち。

  71. 匿名 より:

    オリーブといえば!

    なんといっても市川実日子。

    それからesperの宮森さん。

    あとはスタイリストの大森さん。

    みんなかわいかったよー。

    独特の世界観がありました。

    ちなみに私はわかぎえふと

    中島らものエッセイが大好きでした。

    あとはチチ松村(笑)。

    マニアック?

    らもちゃん死んじゃったけど、

    すごい面白いですよ。

    オリーブ少女には毒が強いかもだけど、

    でもいつまでも少年っぽくって

    そこが良かったのです。

  72. 機能別ヘ より:

    私はオリーブを通じて、音楽と一生モノの出会いがありました。

    よしもとばななさんが紹介してたビョーク!!

    市川実日子さんのスティーナ・ノーデンスタム!!

    今でも聴いてる。。。