春コン感想スレ(ネタバレあり)

人気の記事:

コメント

  1. まゆ毛 より:

    さいたまでも『激しく同感』by道重。

    よっすぃ〜がレスしまくり(私にじゃないけど)で好きになっちゃった。

    梨華ちゃんがかわいすぎて困った。

  2. 石川の人間ポンプから始まった今回の春コンですが

    最後のミカの磔まで目が離せない内容でした。

    藤本がミカの背中に鞭を打つ場面では、自分の身体に得たいの知れない快感と興奮が湧き起こり、辻が木馬から飛び出してイリオス市内を暴れ回る頃には、自分も、会場のテンションも、ピークに達していたかと思われます。

    個人的なMVPは飯田でしょうか。吹越満のロボコップ演芸を再現するだけならまだしも、右手に仕込んだサイコガンで、最前でボードを持っている一団をまとめて滅却した時の爽快感ったらなかったなあ・・・。

    やっぱりモーニング娘。は最高です。

  3.  あの誰も真面目に感想書いてないから僕が書きますけどね。

     今回のツアー、身内ではすこぶる評判が良いのだけど現場系、特に推しメンまっしぐら系や良席系のひとにはすごく評判が悪い。

     それは要するにセンターステージの功罪といった所から来ているのだろうけど、我々が確認せねばならんのはそんな所じゃない。

     今回、センターステージ導入ということで大幅な演出の変更がなされ、ダンスフォーメーションや移動、メンバーの出ハケなどは相当激しいものになっていたし、いつもの(悪い意味での)台本MCは排除、代わりに小技を効かせたメンバー紹介を導入したりもしていた。

     もちろんそれらを含む数多くの演出の変更点すべては手放しで喜べるものではないけれど、制作サイドが今までまかり通っていたルーチンワークを否定したという所に大きな意義があるし、何よりメンバー自身が今回のリハーサルでは相当キツい思いをしたはずで、本番に望むにあたってはいつものツアーとは違う緊張感を持っていたのではないかと思う。

     少なくとも今回、僕にはその緊張感が伝わって来たし、それは良い意味でパフォーマンスに影響していたのだ。いつだったか忘れたけど夏先生のエッセイにも書いていた「年末大忙し」の年と似たような種類の緊張感だったのかもしれない。

     我々が心配せずともメンバー自信が、制作スタッフがわかっていたのだ、「このままではモーニング娘。はヤバい」と。

     結果、今回のツアーは素晴らしいものになっていたと思う。追い込まれなければ動かないというスタッフの姿勢には今まで何度もイヤな思いをさせられてきたけど、動いたんだから結果オーライ。

     もっと高い評価下してもいいと思うんだけどなぁ、今回のツアー。モーヲタだけじゃなくて色んな人に観てもらいたい感じ。「ヲタク向けのアイドルパーティ(求心力)」じゃなくて立派な「エンターテイメント(遠心力)」だったと思うよ。

     

     まぁ、そうは言っても今回さいたまには行ってないんですけどね……。大阪と名古屋のみ。矢口じゃんけんぴょん&ココナッツ・ミカラスト見たかったよ……。

     長文失礼。

  4.  祐子 より:

    ↑キショイ

  5. ( ^▽^)<ヒロシさんキモいのら♪

  6.  祐子 より:

    アヤカのハケ水車について言及していない刑は逝ってヨシ

    なんてぇ死語を使ってみる

  7.  祐子 より:

    アヤカのハケ水車はヤオガチ論争まで巻き起こってるからなあ。

    にしても小川は太い。どうなってんだ。

  8.  祐子 より:

    けやき広場での馴れ合いが楽しかった