フリートーク部屋

人気の記事:

コメント

  1. lee より:

    「ミルクマン」読み始めました。

    時間が無いから短編攻めです。

  2. lee より:

    はじめまして。

    よろしくおねがいします。

    スタンドの文庫増量版を読み始めています。

  3. lee より:

    こちらは映画の話じゃなくてもOKなんでしょうか?

    なぜかキングの作品は映画化されるとイマイチ・・・なものが多いのが悲しいですね。

    あの膨大な情報量を2〜3時間の映像にすること自体無理があるとは思うんですけれど。

  4. マミ より:

    本読んでから映画観ると、けっこう楽しめたりしませんか?

    普通、それじゃダメなパターンが多いけど、キングの映画だけは例外、って思いますw

    自分が本で読んだイメージを、映像を観て補強する感じかなー。

    やっぱ、映画としては邪道かなw

    本を読まずに観た「ドリーム・キャッチャー」、ひどかった。

    本を読む気すら奪われた・・・というケースでした。

  5. 匿名 より:

    私の初キングは学生の頃

    友人に借りた『ミザリー』でした。

    痛くて、痛くて、痛くて…。

    むずむずしました。

  6. mika より:

    映画「スタンド・バイ・ミー」がきっかけだったと思う。

    キング読むようになってから、長編がコワクなくなりました。

    「IT」を読み終えたときの、長い旅が終わってしまった

    かのような寂しさ、そして達成感で病みつきに。。

    だから「暗黒の塔」シリーズも、どんなに長くたって

    全然平気だぞーーーーー!!!

    マミさん、私は映画は先に観る派です。

    ストーリーを先に知ってしまっていると、

    映画の驚きが半減してしまうような気がして、

    また「あれ?あのシーンがない!」とか気になってしまいそうで。

    映画で描ききれなかった部分を、原作読んで納得するというか、

    そっちのパターンのほうが多いかな。

    「ドリーム・キャッチャー」は、原作のほうがずっといいですよ!

  7. マミ より:

    >映画で描ききれなかった部分を、原作読んで納得するというか、

    そうそう、普通の映画は絶対そうなのよねー。

    でもキングの映画は・・・w

    それでも、無視できないっていうか、原作読んでるとみんながダメ、しょーもないって映画でも、捨てきれないとこが、ファンのファンたる所以でしょうかねぇ。

    >「ドリーム・キャッチャー」は、原作のほうがずっといいですよ!

    良かったー。キングファンとして生きる希望が沸いてきたかもwありがとう♪

  8. アンダー より:

     どうもはじめまして。

     キングの短編集がいきなり出ていたらしいのですが、どなたか読まれた方はいらっしゃいますか?

    『幸運の25セント硬貨』─Everything’s Eventual ?─(新潮文庫)

    著者:スティーヴン・キング〔著〕浅倉 久志〔ほか〕訳

    『第四解剖室』─Everything’s Eventual ?─(新潮文庫)

    著者:スティーヴン・キング〔著〕白石 朗〔ほか〕訳

  9. まつ より:

    はじめまして。

    新たにトピックを作るのは気が引けるんで、ここで自己紹介がてら好きな作品を。

    キングは小説のほうを主に読んでます。「ミザリー」や「デッド・ゾーン」あたりがツボでした。

    映画はたまに観ますけど、ちょっといまいちなものが多いような。むしろ、海外でドラマ化されたものに良作が多いかなっと。「悪魔の嵐」とか「ランゴリアーズ」とか好きですね。

  10. こんにちは♪

    スティーヴン・キングの映画はかなり観ましたが、

    私の中ではずば抜けてNO.1の映画がありますッ!!

    原作は読んでいないのですが、「IT」です。

    前編はもう普通にどんどんのめり込んで行きましたが、

    後編、ちゃっちい怪物が出てきたのにはちょっぴりがっかり!

    そして、後編で、ITが現れたと聞いたメンバーの一人が

    シャワールームで自殺しましたね。

    …確かに子供の頃に体験した事って強烈に頭に強く残るけど

    ITが現れたと聞いた大人になった男性は、そんなにもITが

    怖かったの?!自殺するほど?!と疑問に思う一部。

    (そんなシビアな目で見ちゃいけないのかな…汗)

    最後、巻き添えをくった心を無くしてしまった奥様が

    自転車に乗りながら記憶を取り戻していくシーンは

    何度観てもジーンとしちゃいます!!

    この映画は「友情」「団結力」の二つで構成されてる気が

    しますが、こんなにシンプルなのに、

    観るたび子供心を思い出したり、凄く心洗われる気がするのは

    なんでなんでしょうね?

    いい映画です・・・

  11. こんにちわ〜。

    たしかに映画化されるといまいちなもの多いですよね。

    デッドゾーンやペットセメタリーなんか好きだったんですが

    映画版見てちょっとがっかりしました。

    やっぱり2時間弱にまとめるのは難しいのかな?って感じです。

    でもこの間のドリームキャッチャーは映画の方も大変よくできてましたよ!久々に爆笑させられました。

    キング自身もお気に入りのようでDVDの映像特典で

    いい〜顔してほめてましたよw

  12. manow より:

    はじめまして。キングと村上春樹の大ファンです。よろしくお願いします

    最近翻訳されたものでは「骨の袋」もなかなか良かったです。「ドリームキャッチャー」もかなり面白かったですが「トミーノッカーズ」と比較してしまいます。映画化されたものでは「ドロレス・クレイボーン」が好きでした。キング作品は映画化されるとどうしても肝心な部分が省かれたり映像化されないと感じませんか?映画である以上しょうがないのは判っているのですが「IT」のクモのおもちゃみたいなの以後あまり映画化されたものは見ていません。『幸運の25セント硬貨』早速読みました。

  13. manow より:

    はじめまして。

    やっぱり最近のキングは「暗黒の塔」シリーズに限ります。

    キング版「ロード・オブ・ザ・リング」ですよね。

    でもたぶん映画化は無理だろうなあ。

  14. kumajet より:

    はじめまして。

    本日、遅ればせながら「ローズ・レッド」を観ました。

    あれはウィンチェスターの家が題材なのでしょうか。

    限られた時間でうまく描ききれないのはもう既にキングのお約束みたいなものなのでしょうか。

    それでもダイスキです。

    小説は、長編よりも短編のほうがうまくまとまっていて、じわっとした恐怖が感じられるのは私だけでしょうか。

    一番好きなのはトウモロコシ畑シリーズです。

    また、アメージングストーリー(クリープショーだったかも)に含まれていた、湖のオイルのようなものにじわじわと食べられていく話が印象的です。

  15. まつ より:

     たしか、スティーブン・キングだったと思うのですが、「湖から霧が発生し、街が包まれる。自分の手も見えないような濃霧の中、銃声が響く」という感じのあらすじを何かの本で読んで気になってました。どなたかタイトルわかれば教えてください。

     キングじゃなかったら、すまんです。 

    >chiruさん

     はじめまして。ローズ・レッド気になってたんですが、どうやらよさげなようですね。今度観てみます。

  16. snow より:

    >> chiru さん

      >湖のオイルのようなものにじわじわと食べられていく

      >話が印象的です。

      the raft ですね。邦題忘れましたが。あれのおかげで

      しばらく海に行けませんでした。。

    >> まちゅふでさん

      >湖から霧が発生し、街が包まれる。自分の手も見え

      >ないような濃霧の中、銃声が響く

      霧といえば、そのまま「霧」というストーリーがあり

      ました。多分「スケルトンクルー」の中かと。

  17. Mio より:

    「霧」がキングの作品の中で一番好きでした!

    あの、なんとも言えない雰囲気がとってもキングらしくて。

    あ、初めまして。

    皆様よろしくです。

  18. 味好みぃ より:

    初めまして。キングを初めて読んだのは、アメリカから帰国する時に買った「INSOMNIA」でした。それももう10年も前の話ですが。一気に読んだ記憶がありますね。その後、偶然ビデオをキングとは知らず借りたのが「IT」でしたが。当時はキングといっても、かなり無知でしたが、それぞれの作品をバラバラでみても、印象に残っているのは「スタンド・バイ・ミー」ですね。どうしても原作と映画を比較すると削られている部分があるのは、悲しいですが仕方ないですね。どうしても未だ読めてないのは「暗黒の塔」シリーズ。「第四解剖室」でも外伝としてありましたが、何せ長い。いつか、挑戦しようと思います。「幸運の25セント硬貨」も、読み応えありましたね。普段は長編派ですが、これらの短編もなかなかでした。最近読み終えた「ブラック・ハウス」。かなりの読み応えあり!「タリスマン」に継ぐ長編作P・ストラウブ合作。かなりの読み応えあり!!すでに3回目です。かなり、長々書いてすみません。今後もよろしくお願いします。

  19. mika より:

    今まで一番好きだったのは「IT」でしたが、

    今では「暗黒の塔」シリーズです。

    次に文庫が出るのはいつだろうか。。。

    文庫新刊が出るたびに、まず1巻から読み返して、

    最新刊を読む、というのを最上の楽しみとしています。

    「キャリー」も好き、「ペット・セメタリー」も好き、

    「ローズ・マダー」も好き!

    映画化されたのでは、「キャリー」「シャイニング」

    「スタンド・バイ・ミー」が秀逸だと思いますー。

  20. まつ より:

    いきなり!

    「スタンド・バイ・ミー」「ショ−シャンクの空に」が大好きです。

    本もよかったです。

  21. まつ より:

    あわわ、質問しといて返信遅くなりました。

    snowさん、Mioさん、情報提供ありがとうございます。

    そのまんまのタイトルでしたか。短編集の中の一作だったんですね。どうりで本屋で気づかなかったわけです。今度見かけたら買ってみます。

  22. 223 より:

    「ランゴリアーズ」!

    が好きです。じぃんときました。

    でもなぜか一番記憶に残っているのは、

    机の下にもぐって、紙をちいさくちいさく裂いていた男。

    「トム・ゴードンに恋した少女」

    を一番最近読んで、おおお・・・となりました。

    あれ、最後は結局どうなっちゃたのかいまいちわからない

    のですが・・。

  23. ほしの より:

    10代の頃「クージョ」を読んで頭痛がしばらくとれなかったのを思い出しました。

    日射病か狂犬病を脳内で再現?してしまって。

    その意味では衝撃…

  24. はじめまして。

    「クージョ」は文体のせいもあるのか、かなりダークな気分になりますよね。

    「死のロングウォーク」って確かキングのデビュー作くらいの奴だったと思うんですけど、それも凄く重い気分になるのに実家に帰るたび読んでしまいます。

    ところで、映画版「シャイニング」でキング自身が監督したものがありますけど、キューブリックのと比べてどうなんでしょう?

    どなたか観た人いたら、教えてください。

  25. あのー、どうでもいいことなのかもしれないですけど。

    なんでカテゴリが『本・マンガ』じゃなくて『映画』なんですか?探すの苦労して、もすこしで新コミュニティ作りそうになってしまいました^^)

    ともあれ、どぞよろしくです。『ミザリー』がいちばんお気に入りです。339ページで読む手が止まります。おーこわ。映画の方はキャシー・ベイツがすごすぎ。この女、『ドロレスクレイボーン』では全然違うキャラ演じてます。映画としての出来は後者が上。話題にならなかったけど。

  26. snow より:

    >> キラさん

      後者のシャイニングの方が、より原作に近いです。

      テーマ自体も違います。

      映像はキューブリックの方が上かもしれませんが、

      ストーリーとして忠実なのは後者ですので、原作が

      好きな方にはお勧めです。

      ただ、ダニー坊やは前者の方がいいかもw

    >> 瓜実薫さん

      ドロレスクレイボーンは原作を英語で買ったのですが、

      とにかく読みづらくて放置してました。でも映画を観て

      びっくり、慌てて原作も読み返した覚えがあります。

      キャシーベイツ凄すぎですね、両方とも。

  27. masako より:

    今「ザ・スタンド3」を読書中。

    なんだかすごいです。いつも設定には驚きなのですが、

    どうなっていくのか興味深々!

    「このご機嫌なごたくをよォ」というフレーズが

    頭から離れないんですけど。

  28. masako より:

    「ザ・スタンド」全巻読み終えてぼんやり〜としてます。

    長い話は終わりに近付いてくると、読み終わるのが

    もったいなくなってきます。本と一緒に長い旅に行っていた

    ような感じ。

    まだ余韻を引きずっていたいので、もういちど最初から

    読もうと思ってます。テレビ版を以前ビデオで見ましたが

    後半が全然頭に残ってなく思い出せなかったけれど、本のように

    描かれていたのでしょうか?なんか違う感じがするのだけど。

  29. あずき より:

    初めまして!

    今『暗黒の塔』にハマってます!

    魔道師の虹をゆーっくり読んでるんですけど、、、

    早く早く次 翻訳してほしーです。

    エビザリガニの鳴き声、実は好きです・・・。

    ドリーム・キャッチャー、グリーンマイル、刑務所のリタ・ヘイワース、大好きです。

    映画化されて何も言うことなかったのは『ショーシャンクの空に』だけ、、、かな?

    未読のザ・スタンドの評判が良さそうなんで、次はコレを読もうかしら。

  30. NALU より:

    はじめまして。

    原作も映像化作品も好きで読んで(見て)います。

    原作で一番好きなのは、未だに「IT」かな。読むまでは「ザ・スタンド」とどっちが上かな?って思ったりもしたのですが、あっちは宗教が絡んでくるので、ちょっと解り辛く、「IT」に軍配!

    映像化作品では「グリーン・マイル」が一番好きです。F・ダラボンはキングを一番理解している監督さんでは?と思っています。

    読書時間が前ほど取れず、未読な本もあって、話についていけないかも知れませんが、よろしくです。m(__)m

  31. ごすけ より:

    はじめまして!

    私もこちらで「暗黒の塔」の評判のよさにつられて図書館で一気借りをしました!

    まだまだ序盤なのですが読む時間がとれそうな週末が今から楽しみです。

    刑務所のリタ・ヘイワース。私もイチオシです。

    読んだのはもうだいぶ前ですが、手紙を見つける所あたりで

    バスに乗ってたのにもかかわらず、おいおい泣いてしまいました。

    キングの作品はなかなかハッピーエンド系が少ないので

    たまにこの手にあたると免疫薄いので大変です。

    デットゾーンとかバトルランナー(映画はあんまりなのでみていませんが)とかもラストぐっときちゃった作品ですね。

  32. NALU より:

    現在公開中の映画「クライモリ」。なんでもキングが絶賛したとか・・・それを知らずに初日に見て来たのですが、内容は、広大な森を舞台にしたB級スラッシャー映画。

    この年の1番!と言ってるみたいなんですが、それほど絶賛するほどじゃ無いような・・・(^^; たぶんですが、「トム・ゴードンに恋した少女」と似たような舞台設定が気にいったのかも知れませんね。

    興味のある方は、劇場でご覧になってみてください。

  33. NALU より:

    ちょいと間が開いてしまいましたが、上で書いた「トム・ゴードン〜」ですが、キングが書いてるんじゃないみたいですが、飛び出す絵本として販売されています。もちろん、輸入版だけど。(^^;

    これが結構良く出来てる!最初、表紙の絵だけしか解らず、注文しちゃったのですが、買って正解!と思えるほどの楽しい出来!って子供にはどうか?と言うと、ちょっと微妙〜(^^;

    詳しいレポは、私のプロフィールのところに書かれたHPをクリックしてください。最新の記事「★お気に入りに追加!」の題名で書いています。

  34. あこ より:

    初めまして

    と、何書いていいかよくわかんないんですが。

    映画は『デッドゾーン』が一番好きで、

    本は毎日、ころころ変わりますが、

    今は『ファイヤースターター』かなあ。

    よろしくお願いします。

  35. ほしの より:

    私もファイヤスターターいちばん好きです。

    ドリューバリモア(子役当時)主演で映画化されたのは納得行きませんでした。

    血色良くてころころ太ってたからなあ。

    ぜんぜんイメージが違う。

  36. NALU より:

    はじめまして

    どの本がキッカケでファンになったのか

    よく覚えてないのですけど

    たぶんクージョだったと思います。

    映像・本ともに

    ランゴリアーズと痩せゆく男が好きです。

  37. NALU より:

    >あこさん

    映画「デッドゾーン」は、「グリーンマイル」を見るまでキング映画No.1でした。「ショーシャンク〜」や「スタンド〜」が一般的に人気があったのですが、それでも「デッド〜」の方が好きでしたね。時間的な長さがネックでしたが、それでも作品をうまく構成できた上、映画的な演出もあった「グリーン〜」に私は脱帽してしまいました。

    小説「ファイアスターター」は、読んだ当初はキングって子供に容赦無いのかなぁ〜なんて思ったりもしましたね。「シャイニング」とか「クージョ」もそうでしたし。もちろん、そんなつもりは無いんでしょうが、子供が酷い目に遭う作品って多いような気がします。

    >ほしのさん

    映画「ファイアスターター」でのドリュー・バリモアは、プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスがかなりのお気に入りだったせいだと、どっかで読みました。ま、それは無くてもあの当時の子役って事を考えれば、演技が出来るドリューは正解だったと私は思います。ただ、それ以前に作品自体の出来に問題があったのでは?とは思いますが・・・(^^;

    >bukabinさん

    「クージョ」からキングに入るとは結構なツワモノですね?(^^;私は女友達に「クージョ」を貸したら怒られました!(^^;(笑!)

    そう言えば「ランゴリアーズ」は、まだDVD化してないんですよね。ミニシリーズとしては結構良く出来た作品だと思うだけに、早くDVD化してもらいたいものです。ちなみにミニシリーズで私が好きなのは、「悪魔の嵐」(ストーム・オブ・ザ・センチュリー)!これもまだDVD化されてませんね。(T_T

  38. あこ より:

    >NALUさん

    コメントありがとうございます。

    子供に容赦ない、そうですね。でも、それは子供を「大人扱いしている」という感じがして、好きなんです。

    「お子様コース」をあてがってない、という感じで。彼自身、子供時代、とても苦労した人なので、「子供だからセーフ」なんてことは認められないんでしょうね。でも、それだからこそ、子供を見る眼は本当に強い愛情に満ちていると思います。 

  39. KAZZ より:

    はじめまして。

    中学3年で初めてキング体験。

    映画「キャリー」の初日でした。入れ替えを待っている混雑した待合室に、館内から絶叫とため息が・・・。な、何だ?何が起こってんだ?

    2時間後、私の心臓が凍りついていました。

    最近は余り追っかけてませんが「IT」は国営海老沢放送局で見ました。

    個人的にbestは「呪われた町」小説版です。

    小野不由美がオマージュ小説書いてましたが・・・。

    どうぞ宜しく。

  40. KAZZ より:

    >NALU さん

    クージョでキングデビューはツワモノなんですか!(笑)

    お友達はきっと怖がりさんだったんですね.

    ランゴリアーズもグリーンマイルも

    デヴィット・モース出てますよねー。

    >KAZZさん

    キャリー!!!

    そうだった.忘れてた!

    これはインパクトありましたよね〜〜〜〜〜。

    うわ〜、いま突然 初めて見たときの感動が蘇ってきた・・・。

    うーん.凄まじい映画だった。

  41. KAZZ より:

    >bukabinさん

    一発勝負の大ネタですが、見事はまりましたよね!!

    まだ見てない人(このコミュにはおらへんと思うけど)がいるので、詳しくは書けないけど、大画面で味わって欲しいっす。

    絶叫の前に館内の300人全員の「息を吸う」音が聞こえました。

    傑作と言うより、怪作ですか?ま、ブライアン・デ・パルマだしね。

    30才過ぎたシシー・スペイセクが女子高生だし・・・^^;

  42. NALU より:

    >あこさん

    お子様コースは、確かにキング作品にはあり得ませんね。(^^; 「呪われた町」で子供を平気で吸血鬼にしてしまうあたりはゾ〜っとしましたね。でも、だからこそ面白い!ってのもあるわけですよね。「IT」なんかその集大成みたいで大好きです。v(^^)

    >KAZZさん

    もちろん最初の公開時ですよね?(^^;

    と言うのも、「キャリー2」公開記念って事で、「キャリー」をリバイバル上映した時があって観に行ったのですが、その時でさえ悲鳴が上がったのでした。これにはビックリ!定番となってるはずでも、やはり怖いか〜っ!ってところですね。さすがデパルマ!

    >bukabin さん

    女友達はあれでキング本から遠ざかりましたから。(^^; やはり、あの”救いの無い”作品を最初に・・・ってのは、凄いなぁと正直思ってしまいました。(6^_^)ポリポリ

    キング映画って同じ映画会社じゃなくても、2回とか出演してる人いますよね。好きなのかな?(^^;

  43. KAZZ より:

    >NALUさん

    1作目の公開初日です。たまたま昼からの2回目だったんだけど、当然事前情報はなし。何かの併映でナメてかかってたんです。

    待合室で待ってた時のあの変な感じ、忘れられません。

    「クージョ」を当時好きだった女の子に読ませたら、激怒してしばらく口をきいてくれませんでした。彼女、セントバーナード飼ってたんです・・・

  44. あこ より:

    >KAZZさん

    館内全員の息を吸う音、ああ、それは是非、その場に居たかった(笑)。あれ以来、「キャリー・パターン」というのがあらゆるサスペンス、ホラー映画に出来ちゃいましたからねー。あのラストは来ました。

    >NALUさん

    そうかー、「クージョ」は女の人、嫌いなんだ。

    じゃあ、私は女じゃないんだ、きっと(笑)。

  45. KAZZ より:

    >あこさん

    何と宝塚!お近くですね。

    結構前の話ですが、かなりリアルに覚えてます。

    TVでやった時(淀川長治の日曜洋画劇場?)、劇場で見てなかったオヤジや妹はぶっ飛んでました。

    お〜、そう言えばウィリアム・カットが出ていた・・・って誰も知らんか。

  46. あこ より:

    >ウィリアム・カット

    ビッグウェンズデーのブロンドガイですね〜〜〜.

    彼はストーリー後半になってから一瞬

    キャリーをかばってくれそうだったけど・・・でも・・・モゴモゴ。

    >セントバーナード

    飼ってる人にクージョは・・・(笑)

    わたしも,セントバーナードのイメージは

    ずっとハイジのヨーゼフだったのに,

    クージョを読んで以来,ヨーゼフなんか

    ぶっ飛んじゃいましたよ〜んw

    >”救いの無い”作品

    ス キ デ ス

  47. あこ より:

    >KAZZさん

    あらほんとだ、ご近所(笑)。

    ウィリアム・カットの役は、

    原作ではかなりいい奴ですな。

    >bukabinさん

    「救いの無い作品」

    女じゃない私も、好きです(笑)。

     

  48. ジョニー より:

    はじめまして

    今、「ドリームキャッチャー」を読んでいます。

    僕は彼の書く、男の友情とか少年時代のキラキラとした思い出の描写とかの部分が好きです。

    怖いのはどちらかというと苦手…

    そんな人います?

  49. NALU より:

    >KAZZさん

    事前情報ありませんでしたか?私は、当時は赤貧チルドレンでしたので、ロードショーを読むぐらいが楽しみでした。それなので「キャリー」の評判は知ってて観に行きて〜!とは思ってたのですが、念願は叶いませんでした。(T_T

    「クージョ」に関しては、その娘の反応は当然と言えば当然でしょうね。(^^;貸す前に一言言わなきゃ!「セントバーナードが人を食い殺す小説なんだ!面白いから読んで!」(><;)?(`◇´メ)・・・あ、同じ結末だ!(^^;(爆!) 私の場合は「ホラーOK!」って言うんで貸したら「救いの無い小説なんて貸すんじゃねぇ!(><;)?(`◇´メ)」でしたからねぇ。そんな〜!それが面白いのに〜!(T_T(爆!)

    >あこ さん

    >bukabin さん

    いや〜私は、”救いのない話”をケケケと笑いながら話す女性は、大好きですよ!(^^;(爆!)お目にかかった事が無いだけで・・・

    今度、”救いの無い”キング作品を楽しく語るOFF・・・でも企画しましょう!(><;)?(`◇´メ)やめんか!(爆!)

    >ジョニー さん

    >>そんな人います?

    いませんっ!( ̄^ ̄)キッパリ!

     (><;)?(`◇´メ) やめなさいって!(爆!)

    キングの作品でおっしゃってるような部分のシーンはありますけど、私はその裏にあるだろう”嫌な部分”を読み取って楽しんでる悪質な野郎なので、きっと「少年時代って懐かしいな〜」なんて思って読んだ事は1度もありません。(^^; そういうのを感じたい場合は、映画の方が良いかも知れませんね。もちろん、私のような読み方が正解!ってわけではありませんので、きっとジョニーさんと同じ気持ちで読まれてる方もいらっしゃるとは思います。ゴメンなさいね。最初のレスがこんな奴ので。(6^_^)ポリポリ

  50. ジョニー より:

    >>NALU

    そうっすか。僕は「スタンド バイ ミー」から入った口なのでそういう系統の作品の見方や選び方になっちゃいますね。

    映画のほうはほとんど見ません。文章ならまだしも、映画のホラーってほんと怖いし…

  51. すみません。話の流れと全く関係ありませんが、フリートークということでご勘弁ねがいます。

    私の住んでいる県内に、「Shining」という

    小さな車屋さん(板金塗装屋さん?)があるんです。

    看板のフォントもホラーっぽくされてて…。

    「もしかしてスノーモービルが置いてあったりするのかな?」

    なんて、前を素通りするたび思ってしまいます。

    ああすっきりした。それだけです。お粗末さまでした。

  52. NALU より:

    >ジョニーさん

    「スタンド・バイ・ミー」にしても、書かれてる内容は”さわやか”な話では無いので、そういうところを勘ぐってしまったりするんで、性悪です>私(^^;

    映画の方が怖いですか?他はよぉ解りませんが、私はキングの小説は映像化されたもの以上に”怖さ”を感じてます。映像の場合、結局はビジュアルだけになってしまい、それぞれのキャラクターを掘り下げた作品ってあまり無いので、細かい設定の元、本当にいるか?の如く描かれる登場人物たちが”あんなこと”や”こんなこと”になってしまうって方が怖さを感じますね。

    ちなみに、「ストーム・オブ・ザ・センチュリー」はキングのオリジナル脚本ですから、こればっかりはビデオを見ないとダメですけど・・・あ!怖いのは観ないんですよね?(6^_^)ポリポリ

    「ショーシャンクの空に」や「スタンド・バイ・ミー」などは、ジョニーさんが見ても大丈夫だと思いますので、まだでしたら是非!

    >solitaさん

    今住んでいる近所に、その名もズバリな、

      「シャイニング・マンション」

    ってのが立ってます。(^^;(爆!) さすがに大きなマンションではないので、217号室は存在しないみたいですが、ちょっと2階に住んでみたい衝動にはかられました。(^^;

    ま、ここは普通のマンションみたいですけどね。(^^;(爆!)

    ではでは。

  53. あこ より:

    >NALUさん

    >>私はその裏にあるだろう”嫌な部分”を読み取って楽しんでる悪質な野郎なので、

    ……私もそういう腹黒な人間です。だもんで大顰蹙を覚悟で言いますが、映画版『スタンド・バイ・ミー』はちょっと……いえ、リヴァーいいんですよ。映画としてあれをお好きな方が多いのはそうだろうなと思います。

     私も映画で原作以上に怖かったのは、キャリーのラストだけです(笑)。

    『シャイニング』ですが、うちの同居人が出張でアメリカとカナダ行った時、泊まったホテルが撮影だかロケハンだかに使った分だったそうです。双子の姉妹が廊下に立ってたりはしなかったのが残念だと言っておりました。ああ、あの双子の場面だけは怖かったわ(笑)。

  54. NALU より:

    >あこさん

    「スタンド〜」は、年取ってから見たら結構味わいある作品に思えたんでビックリ!(^^;

    これや「ショーシャンク〜」が好きな人が、同じモーガン・フリーマンが出てるから・・・と言う理由で「ドリームキャッチャー」観て、「サイテ〜!」って言うのはいかが?とか思ったり。(^^;

    ま。どう感じるのもその人の好き好きですが、私は映画の「グリーン・マイル」も「アトランティスの心」も心温まる物語だとは、ちぃ〜っとも思って無かったりします。(6^_^)ポリポリ

    んでホテルですが、それってもしかしてココ?

    http://www.stanleyhotel.com/

    ここだとすると「シャイニング」のモデルとなったスタンリー・ホテルですね。ちなみに、TV版ではここを撮影で使ってましたが、映画版の方は全部セットだとか!さすがキューブリック!でしたね。出来はさておき・・・(^^;(爆!)

    なんでも撮影中に火ぃ出してしまって、隣だか近所で撮影してた「スターウォーズ帝国の逆襲」に迷惑をかけてしまったとか・・・(^^;

  55. あこ より:

    わたしも腹黒同盟に入れてください(笑)

    キングOFFというより,腹黒OFFw

    ところで,わたしは昔 ティモシー・ハットンの

    ファンだっという恥ずかしい過去があるのですけど,

    彼が主演でキング原作ロメロ監督という

    アンビリーバボー豪華作品『ダーク・ハーフ』は

    イマイチでしたね.キングファンサイトでは

    意外に評価が良かったのでちと驚きました。

    >「もしかしてスノーモービルが置いてあったりするのかな?」

    あはははははははっはははははははは!

    置いてあってほしい!!!

    そこの経営者のかたは絶対キングファンですよ(断言

    今度どんな人がやってるかチェックしてみてくださいw

    ちなみに映画のシャイニングはキューブリックに1票w

    >ジョニーさん

    「スタンド〜」は,子供が大人になってゆく過程とか

    うまく描かれていて良かったですね〜〜〜.

    読み終わる頃には,少年達は確実に成長した.って

    こちらに伝わってくるのがスゴイと思いました。

    ホラーじゃないキングもいいですね.

    腹黒同盟のわたしが言うのも何なんですけど(笑)

  56. あこ より:

    >bukabinさん NALUさん

     そうすると私だけ、生粋の腹黒で悪者かい(笑)。

    『ダークハーフ』は私も今いちかなあ。

    ロメロなんで期待値すごかったせいか。

    シャイニングのホテルの件は、

    さっき電話で聞きましたが、

    当人、半分忘れておりました(笑)。

    今度、写真探してみます。

  57. ジョニー より:

    どうもみなさんコメントありがとうございました。

    「ショーシャンクの空に」読んでみます。

    思うに、映画の恐怖と文章の恐怖って性質が違いますね。

    映画の場合だと、突然なにかが出てきて驚かせる恐怖というイメージなんですよね。あれがいや…

    「ドリームキャッチャー」はおもろいです。宇宙人に超能力、人体に生えるカビなど、盛りだくさん

  58. NALU より:

    >bukabin さん

    腹黒OFFですか?じゃ、食べるのはイカスミパスタかな?(^^;(爆!)

    でも、そんなOFFやって、「やっぱ、あそこのシーンは子供の殺し方に甘さが見えたよね!」「でも、卑怯と言えばやっぱ後ろからグサッ!でしょ!」「奴ももっと子供を殺してくれないと!もうすぐ23年目になるんでしょ!」とか話してたら、きっと警察に通報されちゃうかも?(^^;(爆!)

    (あ、上のセリフ別に元ネタ無いんで、どの作品の話だろう〜?とか思わないでくださいね。(爆!))

    「ダーク・ハーフ」は私もOKな人です。(6^_^)ポリポリ スズメのシーンとか結構燃えたんですが・・・ それと、マイケル・ルーカーがアラン・パンクボーンだってのも笑っちゃった。知らない人が見たら「こいつが真犯人だ!」とか思っちゃったんじゃないかな?(><;)?(`◇´メ)思わないって!(爆!)

    >あこ さん

    腹黒なのは一緒!(^^; 今でも「クージョ」は子供殺して正解っ!って思ってる人だし。(^^;(爆!) 今のところ2度は読みたくない作品なんて1冊も無いしね。(6^_^)ポリポリ 映画「クリープショー」の5作目だけは見たくないけど。(^^;(大爆!)

    ホテルの件、待ってま〜す!きっと、ドラマ版で出てきたホテルだと思います。

    >ジョニー さん

    映画の場合は、やっぱ映像ですから、そちらで怖がらせるってのは1つの手段だと思います。ただ、キング作品の場合、そういうシーンもあれば、その物語自体が怖いものとか色々あって、面白いですね。前に書いた「ストーム〜」なんかは、TV物だけあって映像よりストーリー自体の怖さの方が際立ってましたね。お勧めです!

  59. あこ より:

    >NALUさん

     おっほっほ。わたくしったら骨の髄まで腹黒い(変な日本語w)ですから、やばいと思ったら、そっとパーティから離れましてよ。そして、遠ざかるパトカーに手を振って差し上げますわ……って、もはやキングの話でなくなってる(大藁)。ゴメンナサイ、止めます。

    >ジョニーさん

     ↑のような腹黒い発言はお気になさらず、「ショーシャンク」お楽しみください。あれはキングにしては珍しく(藁)、タイトにびしっと決めた一作です。

  60. NALU より:

    >あこさん

    うん。確かに止めないと、どうRESして良いものか?(^^;(爆!)

    「ショーシャンク〜」の話が出てるところで、「恐怖の四季」の話題でも・・・

    あの翻訳本、結構評判悪いの知ってましたか?内容ではなく、翻訳が酷いらしい。確かに文章がヘンなところがあるんです。で、直さないのかなぁ〜?と思ってるんですが、いまだに直す気配すらない。こういうのって、どうよ?って感じで、誤訳がわかってから、あまり読み返してなかったりします。(^^;最近では「ザ・スタンド」にも誤訳があったしなぁ〜。どうせ解らねぇ〜よ!・・・とか思われてるのかな?(T_Tま。当たってない事もないけど。(^^;(爆!)

  61. あこ より:

    >NALUさん

     あれは新潮でしたよね。新潮はプライド高いから、どうでしょうねえ。新訳って形になれば直すでしょうが。最近、読み返してないからぱっと思い出さないけど、誤訳ってそれ、浅倉久志さんの方ですか?(「ゴールデンボーイ」の入ってる方)

     キングは、翻訳者に文芸も訳してる人が当てられたことで、随分日本では得してたとは、よく言われますね。

  62. NALU より:

    >あこさん

    作品はズバリ「スタンド・バイ・ミー」で、訳者は山田 順子さん。

    ま。キング作品に親しんでいないから・・・ってのも理由にはならない事も無いんですが、「ジェルサレムズ・ロット」を「エルサレムのロト」は無いでしょ〜!これだけで”死”に値するっ!凸(`へ´(爆!) ま。だから、間違いは間違いで良いとは思うんだけど、直してよね〜〜〜!って気持ちなわけです。私も読んだ当初は、そんなに気づかなかったのですが、ファンサイトで誤訳一覧見たら、出てくる出てくる!こりゃ〜、ダメじゃん!って感じ。なもんで、それ以来、「スタンド〜」は封印状態。たまに本屋で版数が新しくなると直ってるか?立ち読みするんですが、まだ直してないみたいです。ムリなのかなぁ〜(^^;

  63. あこ より:

    >NALUさん

     気づかなかった己に深く恥じ入るのみですが、浅倉さんじゃなくてよかたなと、ファンだから。

     あ、でも、そりゃ無理ですよ。天下の新潮様が、集英社に合わせるわけがない(藁)。んでもねー、キングは一時あちこちから出たでしょう。そういう呼称の統一ってずたずただと思いますよ、きっと。

  64. NALU より:

    >あこさん

    それがね。名称だけじゃないのよ。文法的にも結構ミスあるみたい。意味がぜ〜んぜん違うんです。お金出して買った本なのに、誤訳ばっかだと萎えちゃいますね。(__; だから、ミスはミスで言いから、直せ!って感じです。

  65. あこ より:

    >NALUさん

     あちゃー。

     それはひどいです。誰かこれを見ている人で、

     新潮の関係者はいないのかしら(藁)。

  66. NALU より:

    某所で「一枚買ったら一枚タダ」という

    DVD祭りをやっていて,3枚ゲットが一番お得コースに

    なっていたのでチェックしたのですけど,キング原作のは

    『クリスティーン』と『ニードフル〜』しかなくて

    買おうか迷いましたけど,ニードフル〜は買うほどスキでも

    ないしな〜と思って,とりあえず走って逃げてきました☆

    >翻訳

    そんなところにもこだわりがあるんですねー!

    わたしなんて,日本語ならいいやって感じですw

    でも,違う訳だったらもっと売れてたろうにな.

    って作品もあるんでしょうね〜〜〜〜〜。

  67. NALU より:

    >あこさん

    誰も言わない・・・なんて事は無いから、新潮の人は知ってて何もしてないような気がします。金かけても儲かりそうにないしね。(^^;せめて、「ゴールデン・ボーイ」公開時に直してくれててば・・・もう遅いな。(T_T

    >bukabinさん

    映画「ニードフル〜」は、佳作って感じ。あれでキャッスルロックものがお終い・・・ってのは、ちょっと納得行かないから、誰かリメイクして〜!って感じだけど、ムリだろうなぁ。(^^;だいたい、エースが出てない時点でダメでしょ!(爆!) ま。私としては、アマンダ・プラマーとかJ・T・ウォルシュとか(部分的に親近感のある(^^;)エド・ハリスが出てるんで、DVD持ってます!っつ〜かキングなんで持ってます。(^^;(爆!)

    翻訳はこだわりは無いです。私、英語力ないし。でも、知らないままならまだしも、知っちゃうと、ね。(^^; 間違いは誰にでもあるんだから、その後のフォロー次第ってありますよね。

  68. あこ より:

    >NALUさん

    >>っつ〜かキングなんで持ってます。(^^;(爆!)

    これが本音ですな(藁)。

    「ニードフルシング」は、誰かが「これは原作はきっと面白いだろうが、映画は……」と書いてるの見て、ううん、映画はああだし、原作も面白いけど、キャッスルロックものとしてはもっと面白いものが……と思ってしまう、腹黒い私です(藁)。

    >bukabinさん

     翻訳はね、読むときに意識してないだけで、ビミューにその作品の好き嫌いを決める要素になってますよ、ホント(藁)。

  69. ぷにぃ@KR より:

    初めまして♪

    ITのペニーワイズのXPスキンを見つけたので、お好きな方は使ってみてください。ちなみに私は、

    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    なので怖くて使えません。ちなみに英語です。

    http://www.themexp.org/preview.php?mid=40362&type=vs&view=date&page=&cat=&name=Pennywise+the+clown+-+IT.zip

  70. NALU より:

    わたしも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルww>スキン

    さあ,だれが最初に試してくれるのでしょうか(笑)

    >NALUしゃん

    J・T・ウォルシュは惜しかったですね〜.いい俳優さんだったので残念ですぅ

  71. NALU より:

    >あこさん

    深いですね〜〜〜〜(笑)言葉に重みがw 

  72. NALU より:

    よっしゃ〜!私が最初に試してやる〜!・・・と思ったけど、XPじゃないんだな。(T_T(爆!)

    >あこさん

    「ニードフル〜」は、私は結構楽しめましたね。なんか同窓会みたいで、知った顔が色々出てきたし。(^^;ゴーントさん(リーランドさん?原作はどっちだったっけ〜?(爆!))は、映画見てからは、マックス・フォン・シドーの顔しか思い浮かべられなくなってます。(6^_^)ポリポリちなみに、原作読む時のエースは、やっぱキーファーくんです!「24」なんか見てても、絶対こいつワルだぜ!とか思っちゃいます。(^^;(爆!)

    >bukabinさん

    あまりに急にだったんで、ビックリしました。こう言っちゃなんですが、主役って人じゃないけど、こういう俳優さんが出てると、ビシッとなるから絶対に必要な人!って感じ。本当、残念でした。(;_;

  73. あこ より:

    >NALUさん bukabinさん

     J・T・ウォルシュ、私も好きです〜。

    >くれくれりーさん

     私も観た途端、後退りでした(笑)。

     腹黒だけど、へたれなんです。

  74. NALU より:

    J・T・ウォルシュは腹黒い人に人気がありますね(笑)

  75. NALU より:

    それは、腹黒い役が多かったりするからでしょう!(嘘 爆!!)

  76. あこ より:

    腹黒い人をやると腹黒い人に好かれるんだな。

    それで、S・キングの話はどうなった(藁)。

  77. NALU より:

    >あこさん

    ・・・・あ、忘れてた!きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!

    さっき、「ゴーサムカフェで昼食を」を読み終えたばかりです。(^^;

  78. あこ より:

    >NALUさん

    あ、あの短編好きだあ。

    解説はお馴染み風間さんだしさ。

  79. NALU より:

    >あこさん

    「ゴーサムカフェ〜」って、「Blood and Smoke」に収録されている作品なんですよね。で、これってオーディオブックで、キング本人が朗読してるんです。

    って事で、早速注文する事にしちゃいました!v(^^)

    もち、キングの「きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」が聞きたいから!(爆!)

  80. NALU より:

    で、注文完了!届くのが楽しみ楽しみ!あ、あの声、携帯の着信に出来ないかな?(^^;(爆!)

  81. NALU より:

    そういえば,キングってよく映画にエキストラっぽく

    出てますよね.

  82. NALU より:

    >bukabinさん

    エキストラどころか、「クリープショー」では主役までやってましたよね。(^^;

    どういう基準でキングがカメオ出演してるのか?までは解りませんが、何本もの作品にチョイ役で出演してるのは事実。最近では、TVのミニシリーズ物に出演する確立が高いですね。「ローズ・レッド」「ストーム・オブ・ザ・センチュリー」「シャイニング」「ザ・スタンド」「ランゴリアーズ」などなど。

  83. あこ より:

    >NALUさん、bukabinさん

    んでも、例の事故以来がくーっと老けたでしょ。

    こないだ、「キング・ホスピタル」のプロモ見て、

    びっくりしました。

  84. あこ より:

    え、事故って?なになに

  85. あこ より:

    キングダムホスピタルおもしろかった!(前半)

    続きが来週あるからネタバレしないでくれぇー(笑)

  86. あこ より:

    >buakabinさん

    なんかね、家の側で散歩してて、

    車にはねられたそうでね。

    キング版「キングダム」の冒頭ってのは、

    体験を元にしてるそうだわ。

    ……詳しいことは後、誰かよろすく。

  87. NALU より:

    キングは退院後、自分を轢いた車を引き取って叩き壊したとか壊さなかったとか・・・(^^;

    それと、事故後書いたのが「ドリーム・キャッチャー」で、体験を元にした内容があるのは、読めばお分かりの通り!

    事故もそうですが、目は元々悪いらしく、どんどん視力が低下してるみたいです。(;_;

    キングダム〜は、録画したビデオ持ってるんですが、見る暇なし!来週にはDVD出るっちゅ〜のに!(−_−;

    ちなみに、予約していま〜す!v(^_^)

  88. NALU より:

    「Blood and Smoke」のCD本日到着〜!v(^^)

    朝だったので、聴くのは今夜帰ってから!もちろん最初に聴くのは、「ゴーサムカフェで昼食を」!あのセリフが聴けるぅぅぅぅ〜!(爆!)

    たぁだぁ!アマゾンで頼んだのですが、注文した覚えの無い本が1冊紛れ込んでいた!なぜ?しかも高い!(T_T

    ま、ファウンデーション物なので、あっても苦にはならんけど、読む機会ないし、アシモフじゃないからなぁ。(^^;(爆!)

    帰ってから、注文メールをチェックしなきゃ!

  89. しおさば より:

    はじめましてー

    ついさっき「スタンド」を読み終わりました。

    力作でしたね。

    人間描写が凄かったです。トミーノッカーズとか

    レギュレーターズ等では、人間の暗い面が

    やけに印象的に書かれていた印象を受けたので

    「スタンド」は「明」「暗」に分かれているので

    正義やら善の面もしっかり書かれていて読み応え

    ありました。

    さて、これから「ドリームキャッチャー」読みます(笑)

  90. ごすけ より:

    『ドリームキャッチャー』の映画観ました!

    おぞましい映画でした(笑)

    原作では,あの生き物はどういう表現されてるのかな(;’д`)

  91. ごすけ より:

    やっと暗黒の塔、4巻まで読みました!

    ああ早く続きを読ませてください〜。

    グリーンマイルの時にも味わったこの感じ・・(辛)

    4巻の後半は涙腺注意な場所が沢山あって車中読書派には困りものでした。ハードカバーで読んでいたので久しぶりに鞄が軽くなって嬉しいんですが、さて次ぎは何を読もうかなぁ。

  92. KIYOぷ より:

    はじめましてーお邪魔いたします。

    先日キングダムホスピタルの残り3本買いました。

    収納ケースが本みたいになっててなかなかいい感じだったです。

    まだ結末まで見れてないんですが

    各役者さんがそれぞれいい味だしていて好感触。

    映画じゃなくてドラマでやって成功してるなと思いました。

    キング独特の世界観に引き込まれつつ残りみてきますw

    TOPの画像、何が映ってるのかと思ったら

    ITのピエロなのですね(笑)。

  93. てつや より:

    はじめまして、通りがかりの者です(笑)

    結城浩氏のwww.textfile.orgでキングのエッセイが紹介されていました。題して「物書きとして成功するための全てを教えます:10分間で」だそうです。なんだか、怪しげな宣伝文句みたいですがなかなか興味深い内容でした。

    英語ですが、キングが物書きになるきっかけとなった高校時代の話しが紹介されていてファン必読?の内容です。

    Everything You Need to Know About Writing Successfully: in Ten Minutes

    http://www.icestormcity.com/rumble/king.html

    高校時代に良い師匠に出会ったようですね>キングさん

    所でどうしてスティーブンなんでしょうか?ステッフェンじゃなくて(笑)

  94. とさ より:

    はじめまして。

    キング大好きです。でも最近はお金がなくて本を買えないので、図書館で借りたりしてます。「ブラック・ハウス」を借りて読みました。とても面白かったです。でも読む前に一度「タリスマン」をおさらいすればよかったと後悔しました。

    一番好きな映画は「キャリー」です。一番の小説はまだ途中ですが「ダークタワー」です。

    一番好きなキャラは「タリスマン」の「ウルフ」ですかね。死んじゃった時泣きました。生まれて初めて小説で泣きましたね。

  95. katy より:

    はじめて読んだキングがシャイニングで小説で初泣きです。

    タリスマンもとささんと同じとこで泣きました。

    リタヘイワースのラストでも泣いて

    泣かされっぱなしです。

  96. 「クージョ」で子供が結局死んだ時は、電車で読んでたのに

    「何で!?」って声を上げそうになって、涙がうっすら滲んだw

  97. ちゅん より:

    ぉ初ですw

    今年は「骨の袋」や「タリスマン」等が公開予定らしいです。

    さて?、僕は最近「暗黒の塔」以外はキングの作品を読んではいないのですが、

    何かお薦めがあれば良かったら教えてください。

  98. ちゅん より:

    今丁度「骨の袋」上巻の2/3程のところを読んでます。状況描写が物凄く細かく書かれていてとてもキングらしいなと思いつつ楽しんでいます。

    瀧さん 公開予定の情報ありがとうございました。公開されたら是非見てみたいです。

  99. みす より:

    「骨の袋」は切なくて。
    映画にするなら相当頑張ってもらわないと。

  100. ペット・セマタリーの「夢」の部分で泣く、こともある。

  101. はじめますて・・

    初めて読んだキングは「呪われた町」。その後キング熱が高まり、今に至ります。

  102. TK-DRAGON より:

    こんばんは。

    個人的に言いたい事があるんで書かせて下さい。

    「ザ・スタンド」のハロルドがカッコよくて好きなんです。

    「ホーク」って呼ばれて喜んでいるあたり、最高に好きです。

    所詮悪役なんですが、悪役になってしまったのは、完全にフラニーのせいだと思ってます。

    悪とは人間が作るものなのだなぁと・・・。

  103. はじめまして。

    キング作品では泣く事が多いです。

    「グリーンマイル」は新刊が出るたびに早く読みたくてガマンできず歩きながら読んでいたら、どんどん涙が溢れ出してしまい、それでも読むのをやめられず、文庫本片手に歩きながら泣いている所を当時の会社の同僚に目撃され、誤解されたこともありました。

  104. TK-DRAGON より:

    「回想のビュイック8」の文庫本を本屋で偶然発見しました。

    私は文庫本専門なので未見。

    即購入。

    まだ全然読みはじめですが、冒頭からやられてます・・・。

  105. BAOH!! より:

    「回想のビュイック8」を読了。きちんと水準に達していて、熱中して読んだのですが、キングの最善の作品とはいいがたいものがありますね。

    なによりもなんとかしてほしかったのは、新潮社がつけた帯です。これは、「少年の開眼、大人の勇気。」や「少年の純真、大人の叡智。」のドラマじゃないし、「グチャグチャホラーは好きじゃない」方に薦めちゃいかんでしょう。じゅうぶんにグチャグチャなものが出てきます。

  106. 機能別ヘ より:

    初めまして。

    まだまだ彼の作品の旧譜を読んでないものが多いので

    これから新刊のような扱いで、たくさん読めるのを楽しみに

    してるものです!

    きっとそれが羨ましい方もいらっしゃるのでは・・・って

    思ったりもします(笑)!

    と言いつつ、何冊かは読んでますが、

    中でも「IT」は、King Of Novelではないでしょうか?

    単行本(文芸春秋社)の装丁は大好きで、外装も雰囲気ですしね(笑)?

    「IT」や「アトランティスのこころ」や「図書館警察」や「サンドック」などなど、、、のような、日常の中に平行して存在してる狂気を、病的なまでな文字量で圧倒してくる彼のエネルギーに

    やられまくってます!

    さて、、今夜は何を。。。。

  107. ぬら より:

     ちょっとシリアスな話題なんですけども。

     最初に簡単に自己紹介しておきますと、わたしはキングと同世代であり、デビューからずっと追っかけてます。「キャリー」はともかく「呪われた町」で打ちのめされて以来ですね。当時はまだ翻訳権獲得競争みたいなのもなく、たまりにたまった未訳作品はさほど英語得意なわけでもないのにしようがなしに原書で結構読みました。「IT」なんてね、原書で読んでる途中で来月発売なんてニュース聞き「罠にはまった罠」と思いましたね(^^;)。

     で、本題なんですが、どうも例の事故以降のキング作品が面白くないとは言わないが、以前ほどではない、という気持ちがすごくあります。具体的には「トミーノッカーズ」がさほど面白いと思えずに(正直に言うと全然面白くなかった)、追っかけを一時中断しました。

     2、3年前から再びキングを読み始めたわけなのですが、なんだか?感がつきまといますね。これは自分が変化したせいで、キングをさほど楽しめない体質になった、ということなのかも知れません。もちろんディテールの魅力は昔と全然変わってないとは思うんですけどね。

     なんか初期キング作品の圧倒的とも言える力が感じられないんですよ。ちなみに「デッドゾーン」はここ数十年のわたしの個人的ベストノベル。

     こんな感じかたはわたしひとりなんでしょうか。このへんどうか皆さんのご意見なんぞもお聞きできればと思ってるんですけども。

  108. 機能別ヘ より:

    今日から参加します。

    中学生で小説版ミザリーを読んで以来、文庫で彼の作品を集めてます。

    個人的にはバックマン名義で出されたものや、短編集(第四解剖室は久々のヒット)をリピートしてます。

    私は、彼の作品の人物描写やロックへの愛が好きなファンなので、ホラー好きなかたから見ると邪道かも知れませんが・・・。

    よろしくおねがいします!

  109. まび より:

    ここを「全てを表示」にして皆さんの書き込みを読んでいたら再読の炎がめらめらと燃え上がってきました。何回読んでもいいというのはやはりキングの凄さですね。

    最初はまずストーリーを追いますけど、作中の小物に注目したり、空想で映画化したり。楽しみ方色々!

    ライディング・ザ・ブレット泣けます。

    ストーム・オブ・ザ・センチュリーも又見たいなぁ。

  110. ポポンX嬢 より:

    >masakoさん、

    >「ザ・スタンド」全巻読み終えてぼんやり〜としてます。

    >長い話は終わりに近付いてくると、読み終わるのが

    >もったいなくなってきます。本と一緒に長い旅に行っていた

    >ような感じ。

    わかります。キング氏のTVドラマってアメリカではだいたい3日かけて夜のゴールデンタイムにやるんですけど、次の日が待ち遠しかったのを覚えています。

    英語では「ゴミ箱男」と呼ばれる放火魔が「火」を見て

    My life for you—-!!

    と叫ぶシーンにウケました。日本語版だとどう訳されてるんでしょう??

    他にはショーシャンクやミザリーも大好きです。

    これは私の印象ですが、キング氏の作品って日本で言ったら

    星新一みたいに、あまり他の文学作家からは敬意をはらわれてないように思います。でもおもしろいですよねー

  111. TAKE より:

    はじめまして。

    「ザ・スタンド」マジ好きでした!!

    高校の図書館に取り寄せてもらいましたもん(笑)

    ちなみに俺が読み終わった後は誰も借りる様子がなかった(泣)

    今「ダークタワー」読んでます。

    一巻読み終わったとこですが、何が待ってるんだろう、と興奮させられてます☆

  112. derry より:

    初めて書き込みします。。

    ダークタワーシリーズを読んでいて気になったのですが、

    帯の所にキングの幻?の本をプレゼントとあるんですけど、

    どんな本なのかな・・・と気になってしまって。。

    まだ日本で和訳されていない幻の本っていったい・・・?

  113. derry より:

    ダークタワー付録。

    とにかくマニア必見でしょう。手に入れなければあ

    ザ・スタンドまだ読んでませんが(>_<)

    早く読むべきですかね??

  114. middle より:

    はじめまして!

    キング様にゎ

    長生きしてもらぃたぃですw

    彼の少年時代を読むのが大好き★

    もちろん

    全て好きです♪

    まだ 「回想のビュイック8」を

    読んでません (買ってぁるんだけど・・・)

    皆様 宜しくぉ願いします♪

  115. middle より:

    はじめまして!

    自分は中学生の時、とある作家のインタビューに出てきた『IT』についての話に影響され、いきなり『IT』を読んでキングの作品にハマり、ファンとなったしだいです。

    それからというものキングの作品(主に文庫)を買いあさり、今では邦訳の文庫作品の多くは手元にある状態。

    ただ、何故かまだ読んでいない作品もかなり多いのですが・・・。

    ちなみに今は『ニードフル・シングス』を読んでいるところです。

    まだキングについてはそんなに詳しくない方なんで皆さんよろしくお願いします!!

  116. 匿名 より:

    はじめまして。

    通勤途中に本を読むのが日課で、たまたま本屋で手に取ったランゴリアーズを読んで以来、一番好きな作家がキングとなり、現在出ているキング作品(日本語)のほぼ全部を読破しました。

    どの作品も大好きなのですが、なぜかどうしようもなく好きなのが『戦場』(深夜勤務)と『生きのびるやつ』(ミルクマン)でしす。もうこれはキング以外あり得ない作品だと思います!!

  117. 匿名 より:

    はじめまして。

    先日“ミザリー”を読んでスティーヴンキングがとても気になっています!

    こういう、現実に起こりえそうなホラーがすきです。

    次に何を読もうか、調べているのですが、お勧めがあれば教えていただきたいです(^ω^)

  118. 匿名 より:

    >ミニー♪さん

    「ミザリー」いいですよね〜。

    ワタシは以前、文庫版の「ミザリー」をバスルーム常駐本にしてたくらい気に入っていて、水分でボロボロにして、すでに3冊目です(笑)

    現実に起こりえそうな、というと「クージョ」なんてどうですかね?

    「最後の抵抗」はホラーじゃないし…。

    長いのが気にならなければ「ザ・スタンド」もリアリティあっていいですよ〜。

  119. 匿名 より:

    めぐさん

    コメントありがとうございます(^ω^)!

    「クージョ」と「ザ・スタンド」ですね★チェックしてみます!

    ジョニーデップ主演の“シークレットウィンドウ”の原作になっている「秘密の窓、秘密の庭」が書かれている「ランゴリアーズ」はどうでしょうか??

    ミザリーは、最初に映画をみていたのでなんとなく内容はわかっていましたが、原作はかなり恐ろしくて楽しめました(笑)

  120. 匿名 より:

    >ミニー♪さん

    ああ、「秘密の窓、秘密の庭」もいいかも!

    表題になってる「ランゴリアーズ」は、あんまりリアリティはないですけど、それをリアルに読ませるキングの筆致はサスガってカンジですよ。

  121. 匿名 より:

    めぐさん、ありがとうございました(^ω^)

    少しつず読んでいきたいと思います!

  122. ひのき より:

    >ミニーさん

    はじめまして! 私もキングには「ミザリー」から入ったクチです。
    現実に起こり得そうな作品なら「図書館警察」を私はオススメしたいです。
    しょっちゅう貸し出し図書返却の期限を超過している私は恐怖のどん底でした。
    タイトルからしてなかなか良く怖さを誘うなー、と思うので一票です。

  123. 匿名 より:

    ひのきさん、ありがとうございます★

    「図書館警察」はすごく厚いものですよね(^ω^

    チェックしてみます!

    ミザリーを見て、キャシーベイツがとてもスキになりました!

    演技派ですね。ですので、「ドロレスクレイボーン」を読んで映画もみてみたいです。

    私にとっては、まだまだ読むものがあってすごく楽しみです!

  124. 匿名 より:

    はじめまして♪

    映画の「キャリー」にはまって、サントラ盤を購入したり、原作を読んで、キングファンになりました。

    「IT」位まで続けて読んでいたけど、最近はさっぱりなので、コミュに入ったきっかけで、また読んでみます。よろしくお願いします。

  125. 匿名 より:

    はじめまして.

    かれこれキング歴12年ほどの,t-crossと申します.

    初めて読んだ作品:「スタンド・バイ・ミー」

    一番怖かった作品:「ペット・セマタリー」

    一番好きな作品 :「IT」

    といった感じです.最近「ダーク・タワー」をようやく読み終わったのですが,早くももう1回読んでみたい気持ちになっています.

  126. 匿名 より:

    し失礼します!

    わ私も絶対に原作を読むのがす好きす。

  127. 匿名 より:

    はじめまして。かれこれ15年ほど、キングを読んでいます。

    「スタンド・バイ・ミー」は何度読んでも涙が出ます。

    最近文庫になった「トム・ゴードンに恋した少女」。たまらなくしびれました。

  128. 匿名 より:

    宜しくお願いします。

    8年くらい前に「深夜勤務」から始めました。

    以来ストーカーのようにキングにはりついています。

    いつかメインを旅してみたいと思います。

    私が思うにキングは足フェチじゃないかと。

    皆さんどう思います?

    緑内障、心配です…

  129. 匿名 より:

    はじめまして。ぱふぇおといいます。

    よろしくお願いします。

    僕は三年前からキングにはまリました。

    最初に読んだのは「ミザリー」でした。

    僕は、最初にキングの作品(日本語で出てるもの)を全て買っておいて、それから順番に読んでいく・・・っていう読み方をしています。(コロラドキッドも持ってます)

    だから、持ってるのに読んでないっていう作品がまだけっこうあります(笑)。

    今は死のロングウォークを読んでます。

    この作品には足についての文章がたくさん出てきますね(笑)

  130. もげ より:

    今晩は。

    今日、やっと「セル」を購入しました。

    これから読み出すと…明日の朝起きれなさそうですね。裏表紙のあらすじ文を読んだだけで期待に胸が膨らみます。楽しみだなぁ。

  131. うーこ より:

    キングの作品がすごいと思うのは、

    精神的に残酷な描写がある作品でも嫌な気分で終わらないですよね。

    熱烈なファンになるというより、また観たいと思う作品が多数でするんるん

    海外ドラマの『デッド・ゾーン』もクローネン・バーグが撮った映画とはまた違い

    ジョニー・スミスを演じてるアンソニー・マイケル・ホールがとっても良いですムード

    今放送してるのがシーズン5だけど、これだけ続くのは原作の力が大きいんだろうなー。

    来週の金曜からシーズン4のレンタルがはじまるので

    レンタルしに行くたび、ジョニーに見つめられてちょっとドキドキです目がハート