人生折り返し・・

人気の記事:

コメント

  1. エルモ より:

    自分的にはたぶん寿命は45歳ぐらいではないかと思っとります。

    よって、あと10年。今のところ自分の人生的には悔いはなさそう。

    ただ、息子の嫁は見てから死にたい。

  2. だいろ より:

    すみません,yukaさんのコメントを見るまでは「まだまだたくさん時間があってラッキー」と思っていました……。あとは,「そろそろ中年かも」と。もう「とっくに」ですかね?

  3. yuka(柿) より:

    ま、大変失礼しました。女の場合違うリミッターだからだと思います。もちろん、まだまだなんですけど(笑)

  4. RIK より:

    35歳ってもう中年かな?あまり自分で自覚がありません。

    身なりが若作りってことはないんですけどね。

    (引力のせいか、たるみ・むくみは感じられます)

    私の場合、すてきな40代・50代の人を結構見ているので、はやくああなりたいなあとは思っています。

    まだまだひよっこだと。

  5. だいろ より:

    あ,そうか,男女で感覚が違うかも。確かに。でも,まだまだでしょー! とか(笑)。

    RIKさん,僕も中年って感覚,全然なしで,逆になんだかまだ20代と同じカテゴリにいる気分で毎日を過ごしています。でも,なんというか,30を超えたあたりで自分の年齢に対してすごく鈍感になってたりしません? 以前は考えられなかったのですが,最近自分の年を忘れていたりします(多分アタマは大丈夫)。

    で,実はmixiのプロフィール表示のおかげで「自分は今34なんだな」って自覚できるという(笑)。

  6. ぽんぽこ より:

    こんにちわ。初参加です。

    私も自覚全然なかったんですが、30過ぎた頃からお酒を飲むと記憶がばんばん飛びまくります。

    日常の正常な状態の時にはカテゴリは『20代』、疲れがたまってくると『30代』、ストレスがたまってるときにお酒を飲むと『中年』になってる私です。

  7. RIK より:

    >だいろさん

    そうですねー。あまり年齢を気にしなくなったのかもしれません。20代の頃はやたら年にこだわっていた気がする。

    何か強迫観念によりつかれていたのでしょうか(^_^;。

    >あきさん

    あ、身体的な衰えっていうのは感じてますね。

    お酒、弱くなりました。ものすごく。

    飲みに行く機会が減ったせいもありますけど、たぶん体力的なものもあると思います。

  8. ☆あみ より:

    こんにちは、初めまして。

    母親が35歳の時には自分は中学生だったことを思うと、当時母って立派な「中年のおばちゃん」に見えていました。(涙)

    でも時代が変わったのか、年配の方は若々しく見えますし、自分もなんだか年の割りに若いかなあ(といいな)と思ったり。

    でも免許更新した写真は如実に・・・・。(滝涙)

  9. yuka(柿) より:

    仕事がら、上も下年もの齢の方達と組みますが。実家に帰り、親戚や姉弟にあうと、急にいろいろ不安になるのです。ま〜自分自身はそんなに気にしちゃいないんだけど・・ま、愚問でしたね。振り返り方は人それぞれですもんね。

  10. ウッチー より:

    あまり年齢を意識したことないんですが、振り返って「もう35なんだ」っと思うと、いろいろと先行きのことを考えたくなります。

  11. ぽぽえろん より:

    先日まで「29歳」と言い張ってました。。。

    現実逃避だったのかもしれません。

    カミングアウトしたら 気が楽になりました^^;

  12. ぽぽえろん より:

    「70年代生まれです♪」

    とたった数ヶ月差で言えなかった人生を少々悔やんでいる私です。

    お仲間に入れてくださいね。

  13. ぽぽえろん より:

    はじめまして

    32歳を過ぎたあたりから、10進数で年齢を言わないようにしています。私の業界は16進数でものを数えることがあるからです。

    ですので今22歳と職場では自称しています(桜桃忌で23歳)。

    人生折り返しという気分はありません。まだまだ仕事でもプライベートでもやりたいことがいっぱいあるので.....

  14. ぽぽえろん より:

    永遠に…脳内20歳!

    だって・・・・・・指は20本しかないんですよ?

    それ以上は数える気なっしんぐ。ええ、数えませんよ数えませんともさ。

    ヽ(`д´)ノ 誰がなんていったってはたちよおぉぉぉぉ!!

  15. アポロ より:

    はじめまして。

    あたしゃ老け顔でして,中学時代から35歳でした。ようやく追いついてきたのでこれからは若く見られるのかな・・・と楽しみにしています。が,取引先においくつですが?と聞かれて即答できない自分の記憶容量の衰えに漠然とした不安を感じます。30過ぎてから数えてないもんなぁ。。たまにさば読むことあります。無意識で。。。

  16. タマラ より:

    はじめまして、

    私も35になって人生の折り返し地点かと思ってジムに通いだしました。

    というか、あと数日で35になるというときに原因不明の高熱と腹痛に襲われまして...。その朦朧とした頭の中で「これはやはり人生前半のつけがきたか」と思い、熱が引くとすぐさま健康診断とジムに入会。

    素敵な40代50代〜になるべく日々精進しております。

    でもまだまだだな。と思う今日この頃。

    これからよろしくお願いします。

  17. 佐野電磁 より:

    昨日

    とうとう35歳になりました。

    OL進化論の某コーナーを地でいってます(爆

  18. 佐野電磁 より:

    なにげに楽しくないですか?30代。

    しかももっと楽しそうな40代もいるし。

    なんか子供の頃のこの世代の印象とは真逆ですよ。

    あ、当時も子供に分からないように楽しんでたのかなもしかして。

  19. >tmz さん、お誕生日おめでとうございます♪

    日々、何か思うこと・・・

    若い頃は時間がたつのがゆっくりだった。

    歳をとるにつれて、時間があっという間に過ぎるような

    気がする。

    体の動きの機敏さがなくなってきた。

    なんか、体のあちこちが歳をとってきてると実感する。

    学生の頃は体の痛みもなく、よく動いてたなぁ。

  20. 私も、人生のおり返し地点だとは、思っていません。

    まだまだやりたいこと沢山あるし。。。

    それに、まだ、20代のつもりでいます。

    20歳を過ぎた頃から、年を取るのが早く感じられるようになりました。だから、あっという間の15年だったと思います。そう思うともっと、時間を大切にしないといけないと思いますね。

    私は、カナダに住んでいるので、学問の場はいくらでも開かれています。だから、学位とって、頑張って、自分の人生を切り開いていきたいと思います。19歳の頃友達が、『人生は自分で切り開いてゆくものなんだよ」と言っていました。あの頃は、どうやって切り開いてゆくのか分からなかったです。でも、今は分かります。だから、頑張ってみたいです。

  21. らひーむ より:

    体力は衰えますよね。

    都内に住んでいると、好きなことをやり続けている「先輩」も多いので、心強いですが。

  22. やる気があるかどうかで、体力はついてきます。

  23. まだまだ1/3のつもり!

    気負わず無理せず頑張らねば!

  24. ♡まぎ♡ より:

    どこで 折り返しなんて 決めてないです

    自分では まだ 半分も到達してない気で あせってばかり

    (┯_┯)うるる

    もう40歳が 近くには感じますよね

  25. 私は今の時点でも,子供のような30代です. だから,自分が40歳になるのが信じられないですね。松田聖子ちゃんのような少女のような40歳になりそう。もうちょっとしっかりしないとなあ。。。

  26. 友達に,22歳の人がいて,その友達の友達が19歳だったのね。ずっと半日くらい一緒に過ごして、年齢の話しになった時,私が,34歳って言ったら、凄く吃驚されました。自分達と同じ年齢くらいだと思われていたようです。

    忘れっぽさを歳のせいにするのはやめましょう。

    歳のせいにするから,忘れっぽくなるのです。

    40代で、博士号を取ろうとしている人もいます。

    がんばりましょう。

  27. ♡まぎ♡ より:

    年を重ねることは 仕方ないですよね

    自分に言い聞かせてます

    周りが ちゃんと年相応にみえたりするけど

    自分は自分と思うようにしてます

    忘れっぽいのは キャラクターだと 思うようにしてます

    (〃^∇^)o_彡☆あははははっ

    まぁ 流れにまかせているってとこかな

    いろんな 30代の人がいるから ある意味 楽しい世代かなぁと 思ったりしてます

  28. jedioki より:

    ちょっと前に

    「海馬〜脳は疲れない」という本を読みました。

    脳生理学に関することを

    とってもわかりやすくまとめた名著です。

    その本によりますと・・・

    僕らは物事を忘れることはなく

    思い出せないだけだそうです。

    様々な知識や情報が

    徐々に脳に蓄積されていくので

    ハードディスクの読み出しのごとく

    検索に時間がかかるようになるだけだと。

    そう考えれば、

    自分の情報量がどんどん大きくなっていて

    より引き出しの多い、幅の広い自分へと

    成長できているということなんでしょうね。

    すごく元気になれちゃう本です、その意味で。

    ぜひぜひご一読をおすすめしますよ。

  29. mi- より:

    それなりに快適に過ごす毎日、

    でも消費だけではなく 

    何かを生産したり世の中に残したりとか、

    仕事はしているけれど

    もっと世の中に貢献したり 人に心をつくしたり

    十分にできるだろうかと

    漠然と不安になったり どう工夫するかと

    考える近頃です。

  30. mi- さんはしっかりと物事を考える人のようですね。

    私も母親に言われました。社会に貢献しなくては,駄目だと。。。

    jediokiさん

    良い本をかいつまんで説明してくださってありがとうございます。

    私も心に元気が出てきました。

  31.  実は,私は,精神科に通院しています。今年の4月に又、3週間ほど、入院しました。そのとき普段は思い出さないような過去のことを、色々とおもいだしました。

     卓球台が病院にあるのですが、それをすると,小学生の頃下関にある海の近くで、卓球したなあと思い出しました。あの時は,もっと卓球して遊びたかったんだけど、時間がそんなになくて、あまり遊べなくて残念だったなあとか。。。

     ぬりえをして遊んでは、小学生の頃、もう高学年にもなるのに、幼稚園の園児がお遊びで塗るようなぬりえの本を買ってきては、丁寧に色を塗っていったっけとか。。。

     シャワーを浴びてるときに、何故か幻聴が聞こえてきたんだけど、従妹に、夜一人でお風呂に入ってるとき、赤ちゃんの泣き声が聞こえてくるんだという話を思い出したり、他にも過去のいろんな事を、思い出しました。

     jediokiさんの読んだ本に書いてあるのは,ただの気休めではなく,本当のことが書いてあると言うことが良く分かります。普段は思い出せないようなこと,思い出すのにかなり時間のかかりそうなことでも,病院にいる間は、昨日のことを思い出すように思い出せて、不思議でした。

     病院の壁にかかってる絵をみて、従弟に絵の描ける人がいるのですが、その従弟が腰に手を当てて、美術館で,絵を見てる姿を思い出して、私もその人のように,絵を見てみました。でも,あまり効果はなかったですね。何か絵を見て分かるかなとおもったんだど。。。

    それとも、私がその絵を好きじゃなかったのかな?

  32. 功刀 より:

    ん〜

    正確には(無粋でスミマセン)男性の平均寿命的は約78歳なので、まだあまり折り返し点は意識したことなかったっす。

    でも、相方がふとしたときに「そっかー、あと50年一緒にいられないかもしれないんだー」と言った時には、ぐっと来るものがありましたが。

  33. jedioki より:

    本日、折り返しました(笑)

    この1日かけて、じっくり自分のあり方、

    考えてみたいと思います。

  34. かいぴ より:

    おめでとうございます♪