なぜイヤなのか

人気の記事:

コメント

  1. 辻狂い より:

    別にばら撒くわけでもないのに

    好きなようにMP3やOggにしたりできないのが不便極まりないので。

    CDレンタルしないので、全て購入したCDなんです。

    パソコンでアクセスしやすくして使うためにMP3等にしてます。

    なのにそれすらできないってどういうこと?と。

    そういうCDはわざわざ原盤を扱うのが面倒になり、

    しだいに聞かなくなっていきますね・・・。

    輸入盤禁止の件もそうですが、ああいうことばっか

    されるとCD買う気が失せてきます・・・

  2. ohta より:

    私の持ってる NetMD や ATRAC3/MP3 対応 CD WALKMAN で

    聴こうとした時に、CD なら簡単にできるところが

    余計な手間を強いられるから、というのがまず1つです。

    (後者は CCCD を直接再生することはできますが)

    他にもあるけど、それは他の方からも出てくるでしょう。

  3. 意見がかぶっているかもしれないですが、俺が「イヤだなあ」と思うのは

    ・売れないのをコピーのせいにしているから

    ・著作者の意向を無視してCCCDになっている場合があるから

    というのが大きいですね。

  4. そもそもこういった問題に対するレコード会社の皆さまの態度がですね、既得権を手放したくないぜー、的な、いわゆる官僚的に見えてしまうという、とすると僕にとっては感情的なもんだいみたいです。

  5. ruby より:

    CCCDはコンパクトディスク(CD)ではないから。

    CCCDを入れて壊れたデッキは保証対象外ですからね。だって、CCCDはコンパクトディスクマークがついていない。CD以外のものを入れて壊したのは入れた人の所為。

    そんなもん、売るなっ!

  6. ミゾブチ より:

    まず「消費者が悪い」という観点からしか不況の原因が見られてないのが気に入らない。

    違法コピーはそりゃ悪いけど、それがすべてじゃないなんてことは子供でもわかる。

    そこで出てきたCCCDは「まともな」リスナーが一番ダメージを受け、ターゲットにしたはずの「違法コピー」にはまったくダメージがない。

    賛同できるはずがないです。

    問題提起としては評価できるという意見もありますが、それにしても安易過ぎるやり方だと思います。

    これだけレコード会社に(ミュージシャンに強制させるだけの)影響力があるんならもっと上手く違法コピー対策のキャンペーンだってできたはず。

    ところで、このコミュニティの説明文ではSACDもCCCDに加えられてますが、これは別物じゃないでしょうか?(コピープロテクトがかけられてるという点では一緒かもしれませんが)

    CCCDとLGCDは確かCDS使ってるのでほぼ同じだったと思いますが…

    個人的にSACD普及には賛成の立場です。

    CDSより遥かに高いプロテクト性能に加えて、音質だって格段に上がっているらしいし。

    CCCDのような欠陥製品よりよっぽどしっかりした次世代メディアだと思います。

  7. あやの♪ より:

    CCCDについてはかなり初期から問題提起をし、自分の雑誌の記事で取り上げ、推進派のメーカーと戦ってきた一編集者です。思うところはいろいろあります。本当にいろいろ。

    2003年の秋にまとめたもので、それ以降の新しい情報は入っていませんが、よかったらこちらをご覧ください。

    http://www.ayanosuke.net/cccd.html

  8. m より:

    CD販売店でバイトをしているが、お客さんからクレームが多い!

    「カーステレオで聞けない」

    「音が飛ぶ」

    注意書きを読まないお客さんも確かに悪いが、そもそもそんなCDを作んな!

  9. 俺のMacで聴けない

  10. より:

    大変興味深く拝見しました>よしおか あやの様

  11. u-ki より:

    やはりきちんと規格化されていないところでしょうか。

    再生可能機器と不可能な機器の判別が買って試す以外方法がない、というのはどう考えてもおかしいです。同じレーベルから出ているCDでもエラー信号の入れ方によっては同じ機器で再生できたりできなかったりするのは問題でしょう。再生できなかったときに返品を許さないなど、通常では考えられないレコード会社側の対応も気になります。

    また、私は特別なソフトや装置なしでCCCDをリッピングしていますが、コピーガードを謳いながらコピーできる機械(手法)が存在するというのがおかしいと思います。一つでも抜け道があれば、レコード会社の懸念しているファイル交換の場に流れてしまうわけで、まったく意味が無く、正規にお金を払ったユーザーに不便が生じるだけ、ということになってしまいます。

    高音質でコピーガードの機構もしっかりした規格であるSACDやDVD-Audioといった規格が既にあるわけで、レコードからCDへ移行した時のようにそれらへシフトするまでの過渡的な(あるいは氾濫する違法コピーに対する暫定的な)対策がCCCDだと思っていたのですが、レコード会社はどう考えているんでしょうね?

  12. あやの♪ より:

    読んで頂いて,ありがとうございます>ホソイさま

    何が悲しいって,あの赤いマークを見ると購買意欲が萎えることが悲しいのです。

    よっぽど聞きたいCDじゃなければ,あのマークが付いてると買いません。

    一般論として,音楽CDがなくても生きていけるわけで,なくてもいいもの,趣味嗜好品なわけではないですか。ほかにお金を払わなくちゃいけないものは世の中にいっぱいあるのに,商品を売る側が,消費者の購買意欲を殺ぐようなことをしてどうすんだ,と,しみじみ悲しい気持ちになります。

  13. m より:

    >よしおか あやの(^^) さん

    僕も大変興味深く拝見しました。

    今までは販売店にクレームがあっても

    「レコード会社に問い合わせください」

    と対応していたのですが、もう少しお客さんの立場に立った接客ができそうです。それでも現状の問題を提示しお客さんの気持ちをくむだけで、結局は同じ対応になってしまうのですが…。

    ただ、最近は以前に比べてクレームが少なくなったと思います。技術向上で音質があがったのか、CCCDの(悪い)認識が広まったのか…。

  14. つじ より:

    ミゾブチさんとまったくの同意見です。

    >「まともな」リスナーが一番ダメージを受け、

    >ターゲットにしたはずの「違法コピー」には

    >まったくダメージがない。

    ホント、どうなってるんでしょ?この島は。

    ちなみに私もCCCDとSACDは別物と認識しています。

    SACDにスムーズに移行できるよう努力してほしい。

  15. TK より:

    私の音楽へのプライオリティーは多分

    ここにいる人ほど高くない「普通」のユーザーだと思います。

    私は音の違いなんてわからないし

    企業からどう思われてようが別にいいんだけど

    CCCDを入れたら家にあった唯一の

    プレーヤーが壊れました。

    許せません。

    こんな普通の人にすら嫌悪感をもたらし、迷惑をかける規格ってなんなんでしょう。

  16. TK より:

    ちなみにコピーしたものを営利目的で使用したり

    あまりに多数の人に配信して版元に不利益をもたらすのが

    違法なのであって、「違法コピー」というものは

    そもそも存在しないのでは。

    この言葉がそもそもコピー自体を違法と思わせるための

    イメージ戦略の一環なのではないかと思えます。

  17. しお より:

    せっかく金出して買ったCDが、自宅で再生できなかったときの悲しさ。

    聞けないだけならまだしも、プレーヤーを破壊することもあるなんてひどすぎるじゃないですか。

    まだレンタル屋に置くやつだけはCCCDにするとかいうならわかるんだけど、正規品買おうとしている人間にまで不便を強要するなーといいたい。

  18. TaKUROW@ >>1 より:

    iTunesで聴けないからイヤ

  19. TaKUROW@ >>1 より:

    死んだじっちゃんの遺言で「レッドブックに準拠していないメディアなんか買うな」といわれた、じゃなかった。

    「挨拶代わりに、ドライブとプレイヤー1台ずつ破壊してくれた」ので。

    レンタルの普及で安易なコピーが増えただのゴタク並べているけれど、レンタル料金に著作権使用料が「含まれている」ことを知りつつ、さらに暴利をむさぼろうとする姿勢も何だか許せん。

    もっと言うとここ数年、本気で欲しいと思ったアルバムもありゃしないしね。せいぜい、自分たちの首絞めてくれや、ってカンジでしょか?

  20. 羽月 より:

    お初です。

    ・音楽家の意向を無視し、レコード会社の傲慢なエゴのみで

     無理やりユーザに押し付けようとしている態度。

    ・個人的な意見だけど「Macに非対応」と臆面もなく謳ってる点。

     バカにするんじゃねえぞ。

    ・Macに限らず、通常の音楽プレイヤーを破損しかねない粗悪品。

    不満を言い出すとキリがないんですが、主なところはこの辺。

    俺が聴く音楽家では幸いあまりCCCDに移行してる人は

    少ないんですが、テイトウワとか、CCCDのせいで買わなく

    なりましたね。ユーザ感情を逆撫でて逆効果だと思います。

  21. 羽月 より:

    自分のプレーヤーが対応してないっぽい(たぶん壊れる)ので嫌いです。

    CD再生するのにびくびくするのとか、なんか間違ってる。

  22. micky より:

    はじめまして。

    正直、音質の劣化は良くわかりません。

    ただ、毎日MP3プレイヤーを使ってるので、せっかく買っても家でしか聞けないから、けっきょくそんなに聞かないまま山積みCDの一番したで腐ってます。

    たとえネットでダウンロードしたとしても、結局好きなアーティストや気に入った曲は絶対CDを買ってるので、レコード会社はそんなにケチケチしなくても・・・・って思います。

    どんなにコピーブロックしてても、ネットで出回ってるのを見るとイタチごっこというか・・・・。

    ネットで落として聞いて、それで飽きられてしまう音楽ってどうなんだろう・・・・。

  23. さだ より:

    CCCDに限らず、「制作者側」のメリットのみ追いかけ、「顧客満足向上」に寄与しない技術には全て嫌悪感あり。

    白メモリースティックってどうなったんだろう・・

  24. master-panda より:

    はじめまして。

    なんとなく好きじゃないです、CCCD。

    こういうのにはとりあえず反対してます。

    ↓理由は彼が教えてくれました。

    ソース:http://www.glocom.ac.jp/top/2003_12_04news.html

    ちなみに、僕はすぐ飽きる曲が好きです。(^_^)

  25. エディー より:

    自分も仮にも著作物でメシを食っている人間なので、著作権は尊重したいと思いますが、CCCDは客をナメ過ぎ。

    そもそも、最近CDを新品で買ったことがほとんど無い。かったらクラシックだったりジャズだったり、古いロックだったり。

    それは年を取ったせいかもしれないけれど、やっぱり最近の音楽には魅力がないんだと思う。モーニング娘。を次々とチャートのトップに送り込んでしまうような音楽業界が音楽自体を堕落させているんではないかと疑っているんだけど、それをCCCDと言う形で帳尻あわせしないで欲しい。

    コピーのせいで販売が減ったというなら、CCCDにして売り上げが伸びたかというとそういうわけでもなさそうだし。

    そもそも再販売価格法で守られている上に、こんなけったいなものまでくっつけて、さらには環流CD禁止の法律まで作って。

    日本のレコード会社の経営者って守られすぎです。(経営者って限定するのは現場の制作者やアーティストの中には、汗水垂らして突き詰めた音質をわざわざCDに誤情報を入れることで欠けるプロテクトに反感を感じている人は多いでしょうから)

    ちょっと前もキムタクの「プライド」のおかげで、QUEENのベスト版的、比較的好みの曲ばっかりが集まったと思えるジュエルズを買おうかと思ったんですが、CCCDのマークを見た瞬間にやめました。

    MP3にしてポータブルプレーヤーにつっこんで持ち歩けないならあんまり意味無いし。

    そういえば、日本でiTuneのネット音楽ショップをやらないのもやっぱり日本のレコード会社が著作権にうるさすぎるからでしょうか?

    まるで、小学生が夏休みに書いたミッキーマウスの絵まで著作権侵害だからって消させたディズニーみたいです。

  26. ポン子 より:

    >まるで、小学生が夏休みに書いたミッキーマウスの絵まで

    >著作権侵害だからって消させたディズニーみたいです。

    もちろんエディーさんに悪意がないのは理解していますが、

    いちおう念のために訂正させてください。

    引用した部分は、実際にそういう話があったので

    有名な話として流布していますが、

    ディズニー社勤務の友人からきいたところによると、

    現在は個人が楽しむために描いた絵に関しては

    かなり規制をゆるくしているとのことです。

    むしろ、そうした噂が蔓延しているがために、

    「子供が家の壁にキャラクターの絵を描いたんですが……」

    みたいな問い合わせが頻繁にかかってきて大変だそうです。

    えーと何が言いたいかというとですね、

    著作権者が、権利を守るためにある程度の規制をするのは

    当然のことだとは思いますが、

    締め付けすぎたかな、やりすぎたかな、と気がついたら

    すみやかにそれを緩めるなり撤回することが大事ではないか、

    ということです。

    CCCDなんて、音楽ファンに反感こそ買いはしても、

    どう考えたって音楽著作権者の得にはなっていないですよねえ。

  27. さだ より:

    とりあえずCCCDは早晩なくなるでしょうね。

    でも次のプロテクトを盛り込んでくるんだろうなぁ。

    winny開発者も提唱していたけど、ネットで個人同士簡単にデータ交換できる時代なんだから、

    旧態然とした現行著作権に代わる、ネットP2P前提のビジネスモデルなり規制が不可欠でしょう。

    権利者側に一言いいたい、

    「売れないのはおまえらの努力が足りんのじゃ!客にツケを押しつけるな!」

  28. ubu@FreeTibet より:

    ちょっとずれるんですが最近自分の好きなアーティストからCDをいただきました。

    で、それは旧作の再発だったんですけれどジャケットデザイン変更24bitリマスターでの発売でした。

    グラミー受賞者のリマスタリングだったので驚きだったのですがアーティストの良い環境で聴いてほしいという気持ちを凄く感じたしだいです。

    買ってから聴いてないCCCDが一枚ありますけどマック否対応ではね。。。

  29. ubu@FreeTibet より:

    売り手側の一方的な態度とフォローの無さが癪に障ったので。

    というのは半分冗談で、我が偉大なるパナソニックのCDMDコンポがCCCD再生と同時に不慮の事故で帰らぬモノとなったから。

    スカパラはCCCDにして欲しくなかったなぁ・・・。

  30. ubu@FreeTibet より:

    CCCD、いろんな事を横に置いておいても、再生するとCDプレーヤーが壊れるかも知れない、という、そんなウイルスみたいなソフトを売って、金取ってはイカンと思うのであります。

    >「売れないのはおまえらの努力が足りんのじゃ!客にツケを押しつけるな!」

     全く同感です。売れないのをコピーのせいにして、ホントの理由から目をそらしているだけだと思いますね。

  31. たくや より:

    みなさまはじめまして。

    私も反対派?の一人でありますです。

    しっかし、CCCD。

    増えてきましたよね。

    おかげで新作のCDはまず買わないと言うことが増えてきました。

    つい最近(といっても2〜3ヶ月ぐらい前ですが)、rin’のCD買おうと思ったらCCCD。そのマークをみた瞬間にやめました。

    PC非対応も平然と謳い、Macも駄目。普通のプレーヤーも壊れるかも。と来たらもう購入なんてできませんよね。

    さらには、音質イマイチ良くないですし…。

    他のメーカーも追随するのではなく、きちんと駄目な物は駄目だと言うぐらいしてほしいものです。

    こんな事で音楽業界が衰退していくのは本当にもったい無いですよね。

  32. エディー より:

    >野球カード男さん

    ディズニー話、実話だったんですね。

    実は、書き込みボタンを押す前に確認だけしようと思いつつ、確認せずに書き込んでしまったんで、ちょっとどきどきしていました。

    とはいえ、その後姿勢が変わったことまでは知りませんでした。私の不徳の致すところです。

    まあ、ディズニーなんかは客商売ですから、権利とビジネスと冷静にはかって判断すればそうなるのは当然でしょうね。

    それとそういった体質を作ったであろうアイズナーも更迭されそうな雰囲気ですし。(もうされたのかな)

    ただ、ディズニーに関しては、どう考えてもジャングル大帝のパクリのライオンキング、かなり怪しく不思議の海のナディアをパクったのではないかと疑われるアトランティスとか、自分の権利を声高に主張する割には他人の権利は無視できれば無視する体質があるのでは・・・とやや疑いの目を向けているのも事実です。

    とはいえ、これはこのコミュニティーには関係のない話しですね。

    でも、さっきの権利と社会イメージのバランスの問題ではないですけれどCCCDだと却って売れない位になればやめるんでしょうね。

    デジタル放送のコピーワンス問題も含めて、日本の会社は意外と、アメリカよりも著作権にうるさい部分もあるようですね。

    アメリカはシステムで縛らず、個人の使用の範囲は広めにもって、逸脱した人には訴追も辞さず、と言う姿勢を取るようですね。

    一方、日本はシステムで縛ってそもそも個人の使用もできなくしてしまう・・・。日本社会の体質なのかもしれませんね。

  33. さだ より:

    あくまであちきの感想ですが。。

    日本では、他の業界と違って音楽(芸能系)って特殊な世界で、完全なる「既得権」ビジネスです。

    要は、自分たちが立ち上げてきたんだから、未来永劫権利を保障しろという考え方。

    立ち上げてきたのは事実だとしても、時代の変化に対応できないのは問題どころか時代錯誤です。

    ましてやデータを曲解して、あたかも売れない原因が不正コピーにあるような雰囲気を醸しだし、

    その「コピー絶滅運動」教義を状況も把握できない馬鹿役人に洗脳教育して法改正を迫る、

    このような構図がまさに現実なのですよ!みなさま!

    みなさまの意識こそ、次なるステップを左右するカギとなります。

    ギョウカイがどれだけ終わってるかを笑う会でも設けると意外といいかも、ですね。

  34. こんばんわ。はじめまして。

    いろいろと、意見があって、納得もしつつ。

    もう僕は書く事ないな。とも思いつつ。。

    僕の場合は結局は感情論です。

    お金を出すから、気に入らないものは買わない。

    CCCDは買わない、と始めに決めてしまっているので、

    大人事情で、どうしようもないものとしても買わない。

    それだけだし、悲しい・残念でも買わないです。

    だってお金出すんですから。

    色々と事情もあるでしょうが。買わないので、あまりそれ以上当人(ミュージシャン)に対してガッカリしてもなんでも買わないのでそれ以上でも以下でもないです。

    買わないという行為が一番はっきりとした態度だと思っています。

    先日“著作権大事派”と口論になりました。

    CCCDに対して熱くなっている自分のオーラ不足で、ますますこじれてしまったような気がします。

    ここぞと言う時に有効な一言というのが無いと同時に、うまく言えない自分に対して情けなくなったり。

    ・デッキが壊れない人

    ・IPOD等で、聴く機会がない人

    な人はやっぱどうでもいいんだなぁ。と思いました。

    僕が感情的になればなるほど、“ウザク”て、順を追って知識をひけらかしても、デッキが壊れるなどの経験をしてないから興味なくて。というイタチ遊びなのかもしれません。

  35. 津田大介 より:

    チョコドック(犬)さんに同意します。

    うちはiTunesの登場と同時にサーバに置いたファイルの

    ライブラリから音楽を聴くというスタイルが出来上がって

    しまったので、今さらCDを一枚ずつ入れ直したり、MDで

    好きな曲をダビングしたりという生活には戻れないですね。

  36. 津田大介 より:

    ディズニーは正面から「堂々と使わせてください」って頼めば柔軟に対応してくれるらしいですよ。これは僕も聞いた話ですし、下記でも話題になってますね。

    http://redhell.cocolog-nifty.com/misoji/2004/03/post_9.html

    http://redhell.cocolog-nifty.com/misoji/2004/03/post_11.html

  37. べるうし より:

    「べるうし」というものです。おはつです。よろしゅうにm(__)m

    嫌な理由:

    音質が劣化することが判ってるものを付加して

    平気で商売している点。

    上記が嫌な理由の最大のものです。

    そんなに耳がよい訳じゃないんで、

    CCCDとCDの差というか

    音質の劣化は

    聞き分けられないですけど、

    食べ物屋でいえば、毒を盛るようなもんじゃないでしょうか?

    CDショップというなら、CCCDは売らないでほしいです。

    CDとCCCDは似て非なるものですから・・・

    別個にCCCDショップというのを作ってほしいものです。

    そうすれば、アルバムを手にとってから

    CCCDだとがっかりすることもないでしょうし。

    あと、CCCDを出すアーチストが嫌いになりますです。

    「T京SカPラダイスOケストラ」好きやけど、

    CCCD出すので最近は全然買っていません。

    乱文かつ建設的な意見じゃなくてすみません。

  38. より:

    音楽を文化と位置付けたとき、発展こそすれ、退化してはいかんでしょう、と思っています。

    蓄音機、テープレコーダ、レコード盤、カセット、DAT、音楽は高音質化を歩んできました。

    レコード盤がCDに置き変わったあたりから音質は劣化していきました。同時に音楽ファンが拡散していったころですね。

    普通の人はそれほど音質に拘らない、というのは事実でしょう。

    かといって、作り手がそれに合わせて音楽を劣化させていいとは思えません。

    音楽をただの商品だとすれば、拘った音質も不要だし、一般の緩い耳に合わせてどうでもいいものを売りさばけばいいでしょう。

    でも文化だとすれば、より高次なものを目指すべきです。

    音楽家や音楽業界が、商人ではなくクリエーターの自覚があればCCCDのような劣悪な仕組みに取り入ってはいけません。

    そして、お客さんはこんなものを買ってはいけません。

    ちょっと物言いがきつかったすか。すいません。

  39. ねこねこ より:

    デジタルコピー不可のSACDが普及すれば、パッケージ派はSACD、非パッケージ派はAppleから買ってiPodで、という住み分けが出来ていくんでしょうかね。それならそれで、高音質化の流れも残りますし。

    アーティストサイドとしてはできればパッケージで買ってほしいだろうけどね。CCCD通り越して、MP3だもん・・・。

  40. マサトク より:

    シンプルに「音が悪いから」です。個人的には。あと、CDトランスポートの駆動系に無駄な負荷を掛けて寿命を縮めそうなのが怖いです。

    ……っていうかSACDかDVD-Audioにしてほしいなあ。あるいはせめて、CCCDを出したら、DVD-Aも出す、とか。買う気が失せまくりでレコ屋にも行けなくなりつつあります。

  41. リエ より:

    保証できないものを売り続ける、というのが一番問題があると思う。

    再生したプレーヤーが壊れても自己責任になるなんて、おかしい。

    例えるなら、毒入りの食品を「これは毒入りです」と記載して販売して、買った消費者が毒にあたっても買った方が悪いと。そしてそれでも売り続けている。

    極端な言い方ですけど、こんなイメージを持ってます。

  42. クリエイター側が今のCCCDでもOK出すのが信じられないですね。

    サンレコなんか見てるとみんないい音を大事にしてるじゃないですか。

    中には電源までこだわってる人もいるくらいですし。

    作ってる最中はいい音を心がけて作ってるのに、

    最後の段階で音を悪くするということに納得はできないと思います。

    ある意味、レコード会社の暴挙じゃないかなと思います。

    矢野顕子さんはそれでそれまでのレコード会社から離れてしまいましたし。

  43. Alexander より:

    アーティストでも知らない人が多いし、レコード会社に逆らえない人もいるのが悲しいよね

  44. Tak. より:

    音質云々以前の問題として、購入者(お客様)を犯罪者と決めつけるその態度が許せない。

    「海賊行為に対する消費者への啓蒙活動」だそうだが、その消費者不在のものの考え方が、業界全体をダメにしてしまうのだぞ、と啓蒙してやりたい。

  45. master-panda より:

    CCCDなんて、大っ嫌いだ!

  46. 「このアーティストが好きでCDずっと買ってきたのに、CCCDだから買いたくない。ほしいけど買いたくない。どうしたらよいのだろう・・・。」

    ユーザーにこのような無用の悩みをさせる時点で、CCCDは嫌いです。好きなものや欲しいもの(しかも金銭的にも無理がないもの)をすんなり買えないって、すごい不幸だと思います。

  47. Tak. より:

    CDは買ってもらってるという前提を忘れてはいないだろうか?

    音楽は聴いてもらっているのだ。お金を払ってまでして。

    アーティスト気取りのミュージシャンは、

    すべからく初心に返るべきだ。

    音楽は作品であると同時に、商品だ。

    商品じゃないと言い切れるのであれば、

    CD収入に支えられずとも、

    自分の好きな音楽を追求すればいい。

    路上で演奏でもして、

    無理やり聞かせればいいじゃないか。

    あるいは自分の楽曲に自信があれば、

    お金を出してでも買う人が必ず居ることを

    信じられるはずだ。

    世界的に見ても2〜3倍というボッタクリ価格で、

    なおかつ聞き手の所有物を破壊する恐れがあるCCCD。

    そんなものを売ってる奴らの性根を疑う。

    音楽を聴かせてやってるとでも思ってるのだろうか?

    聴かせてやってるんじゃない、聴いてもらってるんだ。

    僕は雑誌を作っているけど、

    一度でも読ませてるなんて思ったことはない。

    読者に読んでもらってるんだ。

    読んでくれてる人がデジタル万引きして

    お金を払わなかろうが、

    それは買わせるだけの魅力を持つ雑誌を作れなかった

    自分の責任だと思ってる。

    サービス精神を忘れた表現者全てに鉄槌が下れば良い。

    電気グルーヴも、スカパラも嫌いになった。

    僕はあなたたちに、

    「音楽を聞かせてやってる」なんて驕りを、

    持って欲しくなかった。

    極論&長文でスミマセン。

  48. Tak. より:

    国内流通大手の利権に対する固執

    CCCDによって個人の複製を制限し、著作権法改正(輸入権の設定)によって海外からの楽曲流入を制限し、そのようにして国内全てのユーザーが、自分たちの製品を「イヤでも買うしかない」ように仕向けているのだと思います。

    だから、現在米国や欧州で大ブレークを引き起こしているiTunes Music Storeなどに日本上陸されては、彼らとしては非常に都合が悪い。当然、潰しに掛かるわけで、著作権法改正もその切り札の一つでしょう。

    「北風」(国内メジャー)と「太陽」(iTMS)

    iTunes Music Storeが大成功した理由は単純明快。便利、安い、安心だから。

    そもそもオンラインミュージックなんてものは、便利でなければ意味がない。

    だから、iTunes Music StoreのDRM(著作権保護機能)はゆるい。(弱いのではない)

    買った楽曲は、最大5台までのPCで利用でき、CD-Rに無制限に焼ける。

    価格も一曲$0.99と安い。

    しかも、これは違法ではない。

    ユーザーは自らその製品に価格相応の価値があると判断すれば、ちゃんとそれを買う。

    借りてコピーして済ませたいと思うのは、そもそもユーザーの求めるC/P(価格/価値)が実現できていないからだ。

    そのことを見事に実証して見せたのがiTunes Music Storeだ。

    このビジネスモデルが成功していると言うことは、「ユーザーニーズに応えることが出来れば、ユーザーはきちんと代価を支払って楽曲を購入する」のだということに他ならない。

    P2Pソフトで違法にコンテンツを入手したり、借りたものをコピーしたりすることについては誰だって後ろめたさがある。

    ユーザーが納得できるような価格設定が出来ていれば、そもそも海賊行為が(無くなるとは言わないが)蔓延するはずなど無いのである。

    そのことを解決せずに、ユーザーに一方的に(自分たちが勝手に作った)モラルだけを押し付けようとしたって無駄だ。

    だが、国内メジャーはそのことに気付かず(あるいは気付いていても)対策を採ろうとはしない。

    それは、彼らにとって「痛みを伴う」ことだからだ。彼らは今までのように「楽をして」儲けたい。

    だから自らは努力することなく、安易にユーザーに不便(CCCD)を押し付ける。

    国内外価格差が問題になれば、政府に働きかけ「法律を改正してまで」鎖国政策を推進する。

    そして、その全ての行為を正当化するために、「著作権保護」を掲げているのだ。

    私は国内メジャーに対して言いたい。 「自ら改革しろ」と。

    国内外価格差がある限り、密輸入は無くならない。

    ならば、国内価格差を無くせ。

    CD-Rにコピーするのがバカバカしくなるほどに、コンテンツをもっと魅力的に、かつ低価格にしろ。

    欲しい本があるからと言って、それを図書館で借りて全部コピーするヤツなんていない。

    (もしいるなら、それはその本の内容か価格に問題があると言うことだ)

    CDだって同じ事だ。

    海賊行為をしようと思わなくなるような、魅力的な製品、魅力的なサービス、魅力的な価格、を実現したまえ!

    少なくともオレは北風ではコートを脱がないぜ。

  49. かずのり より:

    CCCDのイヤな所。

    1)Mac、ipodで非対応な所。

      そもそも、わしはCDが聴けるプレイヤーは

      Macしか持っていないので

      CCCDを聴こうと思ったら、

      そのために新たなプレイヤーを買わなければならない。

    2)今までのCDにできていたことができない

      CDの機能限定版なのに値段がCDと同じ所。

    で、結局の所CCCDが普及して

    レコード業界の売り上げは回復したんでしょうかねぇ。

  50. たなさえ より:

    音質にこだわりをもってそろえたオーディオ機器で聞くことができない。

    ↑この前提があるせいかもしれないけれど、購入者への配慮がなさすぎると感じる。

  51. ヘナタワ より:

    かずのりさん>こんばんは。

    誤解があるといけないので、ちょっとフォローさせていただきますと、Mac でも CCCD を聴けます(でも、ハードによったりするのかな? その点については自信がないのですが、自分の iBook では聴けてますので、以下もその範囲内でのことではあります)

    モノによってはなにも意識せずに再生できますが、モノによってはトラック1の冒頭部分が聴こえない場合もあるようですが、再生位置が聴こえる位置まで行ったら、再生位置を先頭に戻せば、初めから聴くことができます。

    iTunes への取り込みも、トラック1(問題なのはトラック1だけ)が失敗しても何回か試せば、取り込めます。──その何回か、っていうのが面倒でイヤ。

  52. Jake より:

    私は著作権で利益を得ている人間です。

    私はCCCDを買った事がありませんし、今後も買うつもりはありません。

    いくら好きなアーティストでも、わざわざ音質の落ちた偽CDを買う気にはなれません。

    環境の整ったスタジオでCDとCCCDを聴き比べれば、こんな規格で作品を発表しようとは思えません。(自分はCCCDリリースを持ちかけられる程売れてませんが・・)

    CDでも圧縮され音質は変わっているのですが、CCCDの音質を体感した時の脱力感ときたら・・。

    勿論音質と作品の出来とは別の問題だと思いますが、品質を下げて商品を売っている事に対しては多くの疑問が浮かんでいます。

    仕事柄、売る方の方々とお会いする事が多いのですがまだ納得出来る答えは見つけられません。勿論納得出来る訳はないのですが。

    アーティストが知らないうちに(というか音楽には真剣だけど、それ以外には疎い方々が)作品をCCCDでリリースされる事もあるのです。

    もっともっと知るべき事があると思います。私はまだ「戦う」という程多くの事を知らないし、力もありません。

    それでも、音楽が好きでこの業界に入った人間として少しでも多くの事を知りたいと思います。

  53. sokada、。 より:

    ワタシは音楽が大好きだ。音楽無しでは生きていけないくらいに。

    好きな音楽は、やっぱる少しでも良い音質で聴きたいと思う。

    だからオーディオ機器にも、それなりにお金をかけてきた。

    CCCDの音質の悪さが指摘されているが、確かにミニコンポレベルではその音質の差異は気づきにくいが、確かにマトモなオーディオで聴いてみると音が薄っぺらいことに気づかされる。

    昨日、クラプトンの新譜を買ってきた。好きなアーティストの新譜が出たということだけで喜び勇んで買ってきたものの、プレーヤーにかけてみて、がっくり。よくよくジャケットを見るとCCCDのマークが・・・。くそぅ。

  54. かずのり より:

    ヘナタワさん>

    Macでも聴けるというのは自分も承知していますが

    CDと同じように使えない以上

    やっぱり「対応してる」とは言えないと思うんです。

    そもそもCCCDが「Mac非対応」をうたってますし。

    MacにCCCDを挿入して

    ハードが壊れたって話も以前は良く聞きましたし

    仕事でMacを使ってるわしには

    CCCDは「Macで使えないもの」って認識なんです。

    あと自分のMacはCDの挿入口が

    スロットローディング式なんですが

    あのスリットにCCCDを滑り込ませる勇気はありません。

  55. Alexander より:

    CCCD最高って言うアーティストの知り合いはいないなぁ

    レコード会社が単純に採用しているだけですからね。

    ポルノグラフティぐらいかな?

    「コピーされるぐらいならCCCDの方がマシ」

    と暴言はいちゃったの。

    その後買わなくなりましたが…

    ちなみに、すでに休刊してしまっているパソコン批評で批判記事を1年ほど書いていたものの、影響力がないことが災いして

    未だに真相を知らない人が多いのが残念。

  56. ヘナタワ より:

    かずのりさん>

    なるほどご尤もです。(じぶんは、非対応というのは、プレイヤーアプリがついていないためのことかと思っていました。)

    たしかに壊れたりするような噂もよく聞いたり見たりします。そんな高いリスクが付いてくるっていうのは、「非対応」なんて曖昧な表現でなく、「再生しようとすると破損する可能性があります」などと明示して、間違っても買わせないようにしてくれないと、いかんですね。

  57. ユーザーに選択肢を持たさないことにも問題があるわけですから、

    試しにメーカーは同じタイトルでCCCDとCDDAを併売してみればいいのに。

    もちろんCCCDは安くして、CDDAは今のと同じ値段。

    そしてどちらが売れるのかをリサーチしてみればいいと思います。

    音質が悪くても安ければいいやと言う人はCCCDを買うだろうし、

    値段は高くても音質優先を考えるのならCDDAを買うだろうし。

    またはコピーされる事を前提に一般売りには著作権料を上乗せするという手も無きにしもあらず。

    レンタルCDは著作権協会に一定の著作権料を支払うことで成立してるわけですからね。

    どうでしょうか。

  58. すらにー より:

    Macをメインに使っているので、蔑ろにされると困ります。

    既出ですが、コピーガードの方法は色々あるはずで、CCCDなどというある意味「反則技」でごり押しする必要は無かったのではないか、と感じているわけです。

    何れにせよ消費者を無視して、著作権保護の名の下、一方的に販売側の都合を押しつけられてはかないません。

    CDの売り上げが落ちている要因は、もっと別の所にあると思うわけですよ。

  59. たーちゃん より:

    CCCDのMac非対応というのはMac用のアプリケーションが入っていないことを指しています。

    ただし、Windowsに対応しているといってもWindowsマシンで聞けるのはオーディオトラックに記録されているのとは別のオーディオファイルです。

    CCCDが再生できるかどうかはOSではなくてドライブによります。おなじMac OS Xでもドライブが「PIONEER DVD-RW DVR-106D」などだとオーディオ部を再生することができます。

  60. のむけん より:

    やっぱ「お金を払って買ってる」=「お客様」なはずなのに、「泥棒」扱いされているっていうのがとにかく気に入らないです。

    DVDだって、そういう意味ではプロテクトされているけれども。

    あれは「コピーできない代わりに安く売るし、画質もいいよ」ってメリットわかるけど。

    CCCDって「安くない」「音質よくない」でメリットなし。

    商売としてこんなヒドイ理屈がまかり通る、それでのうのうとしてられる連中。

    そーいうのが頭にくるっす。

  61. ねこねこ より:

    はじめまして。コミュ繋がりでこちらを知りました。もう一も二もなく参加させていただきます。

    なにが気にいらないって

     「客を 『あ ら か じ め』 泥棒あつかい」

    って時点でもう気に入らない。

    業界の人だってアーティストの皆さんだって、若い頃には友達と貸し借りしたでしょうに?それでいろいろ幅ひろがったでしょうに?その蓄積あって今その仕事してるのでしょうに?

    自分がそれでメシ食って家族を養うよーになったんで後に続く連中のことはもういいや、あの頃の自分はほったらかしってワケなんでしょうか?

    そんなわけで参加させていただきます。

    −−ところで、音質に言及されている皆さんは音質の劣化がないフォーマットができればコピーコントロールにご賛成なのでしょうか?あるいはiPodにトランスファできればべつにいいや、って方は大勢いらっしゃるのでしょうか?このへんお聞きしてみたいんですが。

  62. ねこねこ より:

    コピーコントロールの主旨自体には、基本的に賛成です。今のCCCDの問題は、音質面のほかに、プレイヤーへの過度な負荷を与えることとか、メーカーによる補償がないことといった部分も見逃せません。

    CCCDは過渡的なフォーマットということで、ゆくゆくSACDとかになってくれるのであればいいなと。別にデータでばら撒いたりしたいわけでもないし、アナログコピーだったらSACDだろうとなんだろうと出来るわけですしね。

  63. 「ユーザー置き去りの著作権攻防戦」という記事がasahi.comに掲載されていました。

    http://www.asahi.com/tech/apc/040729.html

    ぜひご一読を。

  64. mi-xi より:

    >「ユーザー置き去りの著作権攻防戦」

    興味深く読ませていただきました。

    もう、レコード会社とかJASRACとかヤクザな利権団体は抜きにして、制作者から直接楽曲データなりなんなり購入できるような環境になって欲しいです。

  65. シンドウ より:

    いや、もうね、「業界の体質への嫌悪」が最たるものでしょう

    利権だけ守ろうとしたり、言いづらいことは包み隠したり

    音楽業界だけに限った話じゃありませんけどね

    「音質が悪い」ということはあるかもしれませんが

    それは突き詰めていけば好みの問題かもしれません

    日本のポップスのコンプバリバリの音がカッコイイ!

    と言う人もいれば、

    クラシック音楽のダイナミクスがダマランという人もいるし

    MDの音の感じが好き、という人もいるし(それは理解できませんが)

    だってCD自体アナログレコードに比べれば音良くないじゃない

    と、個人的には思います

    ということで

    理屈ではなく、生理的に嫌悪します。

    あるいは細胞が。あるいは無意識が。

  66. udidas より:

    CDっていうフォーマットが便利で流通させやすい(プレス代安いとか色々な理由で)から業界が主導で流通させたくせにいざ自分達が困ると劣化したフォーマットに勝手に変えていることに腹が立つので嫌いです。

    音楽のビジネススタイルそのものが問われている過渡期なんでしょうね、今は。だからCCCDという後ろ向きなビジネスに乗れないんですよ。未来志向なんで。

  67. のむけん より:

    CCCDを再生しようとしたら音飛びが激しく、コレはまずいと思って止めたが、その日からコンポの調子がおかしくなり、最終的には壊れた。

    規格外の品を無保証で堂々と売ってるってのがおかしいと思う。アルバム一枚でイチイチ一か八か賭けろっつーのか。「どうせファンなら買うだろ」という態度が感じ取れて腹立つ。

    レーベルというのは(奇麗事で言えば)本来アーティストとリスナーとの距離を近づけるための物であるべきなのに、アーティストとリスナーの間に立ちふさがるものになってしまっている気がする。

    その気になれば外せてしまうプロテクトのせいで音質が下がるってのも馬鹿馬鹿しい話だと思う。

  68. のむけん より:

    俺のPC CCCD入れたらハングするんです。

    オーディオとかもってないから唯一PCでしかきけないのに

  69. のむけん より:

    正直言って、音質が悪いかどうかなんてわからない。

    でも、再生できるっていう保証がないものを売るってのが

    気にくわない。

  70. のむけん より:

    そういえば、日本のCCCD導入の口火を切って、その後、レコ協の会長になったのがavexと、その会長の依田氏。

    依田氏の一連のCCCDや、輸入権に関しての言動を見てると、1リーグ制に絡んだ巨人の渡辺オーナーと同じような傲慢さを感じていて、「レコード業界のネベツネ」と個人的に思ってたんですが。w

    そんな中、avexで「お家騒動」が巻き起こって、会社が割れそうとかなんとか・・・。

    これでCCCDやら、輸入権やら、既得権益に固執して消費者ないがしろにしてる流れの風向きが、少しは変わればいいんですけどね。

  71. DJ-K より:

    何度か、ためらう、、、、、、

    もう、何度か。。。。

    BeastieBoysのニューアルバム買いたいんですよ。すんごく。

    CDショップの視聴機で聴いては、商品を手に取りつつ、、、また考え込む。。。。。

    でもなぁ、、、これ買っても、うちのMusicサーバーとして使ってるMacに取り込めないかも、、、とか、、、

    iPodを買おうと思ってるんだけど、iPodでは聴けないのかぁ、、、とか、、、

    そもそも自分のクルマのカーステレオで聴くためにMDにもダビングできないのかぁ、、、、とか、、、、

    考えちゃうんですよ、、、、

    でも、Beastieの新譜にカネ払うのは、全く不満は無い。

    それで思いっきり聴き込むCDが買えるんなら買うサ。

    けども、『CDではない何か』には正直カネ払いたいとは思えない、、、

    しかも、やたら口うるさい注意書きだらけで、やたらめったら購買(予定)者にプレッシャーかけてくる、、、、

    「お宅のプレーヤーで鳴らなくても知りませんから」みたいな脅し文句なんて、どこの誰が言える身分なんでしょうかね。

    この国には製造者責任ってないんですかね? 詐欺行為がまかり通っていいんですかね?

    自分もいち著作物製作者ですが、うちの業界ではそんな屁理屈通用しませんよ。ちゃんちゃらおかしい。

    ちなみに会社の本業はぶっちゃけ、テレビ番組制作です。

    テレビ放送って言う物は、現存するどんなテレビ受像機にもちゃんと映らなければいけないんですよ。そのために各放送局では放送コードとか放送基準とかを制定して、各番組の品質を管理しています。

    音質とか、音量とか、映像レベルとか、テロップの表示範囲とか。。。。

    音楽業界さんは、そういう品質管理をないがしろにして自分の会社を守ろうとしている訳ですか。

    テレビも昨今は違法コピー対策をいろいろ施してますけど、画質や互換性などをスポイルするような方式にはしてないと思います。テレビ放送は、免許事業ですからね。一部の人が今まで正常に見れた放送を一方的に見れない『ことがある』ような事はしてはいけないんですよ。

    ホント、悲しいです。

    一方的に消費者を敵に回して、消費者から「感じワル〜〜イ」って言われてしまうのを承知でやる業界さんは、僕から見れば、完全に詐欺集団だとしか言えないですね。

    一度全滅してください。

  72. >うちのMusicサーバーとして使ってるMacに取り込めないかも、、、

    絶対とは断言できませんが、まず間違いなく取り込めます。なので、そのままiPodにも落とせます。

    すぐにやぶれる無意味なコピーガードなど、単なる無駄。愚の骨頂。

    >一度全滅してください。

    同意。

    エイベックスのCDなんぞ、ハナから買う予定はないんですけど、他のメーカーまで歩調を合わせるとなるとな〜。

  73. Tak. より:

    利用者に嫌悪感を与える商売って時点で駄目ですね。

    別にコピーガードとかは良いんですよ。にしてももっとやり方ってあるんじゃないでしょうかって。

    ituneみたいなのは日本では実現しないモノなんでしょうかね・・・。

  74. Tak. より:

    全くその通りだと思います。

    「ユーザー置き去りの著作権攻防戦」

    http://www.asahi.com/tech/apc/040729.html

  75. Tak. より:

    「日本のコンテンツ保護は厳しすぎる――なぜ戦わないのか?」

    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0406/21/news003.html

    著作権にはうるさい米国の著作権政策責任者でさえそう思うのですからねぇ…

    私はこう思います。

     「日本の消費者はナメられている」と。

    「なぜか日本よりゆるいアメリカのデジタルTVコピー規制」

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1226/high36.htm

    私たちはどうも理不尽な国に生まれついたようです。

  76. Tak. より:

    「編集」できない次世代MD「Hi-MD」

    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040802/dal155.htm

    う〜ん、こんな不便なシステム、欲しくないですね。

    おまけに「VAIO縛り」漏れなく付属ですか…

  77. Tak. より:

    > DJ-Kさん

    実は私、今のデジタルテレビ放送のコピーワンス方式には反対なのですよ。

    HDDにしろ、DVDメディアにしろ、いつかはダメになるものです。

    (パソコン使っている方ならわかると思いますが)

    にも関わらず、デジタルテレビ放送は個人利用目的の私的複製すらも許さない、そんな管理システムを導入してますよね。

    考えようによってはCCCDより始末が悪いです。

    もちろん、パソコンには一切取り込めない。

    せっかくのデジタル放送なのに、です。

    > 一部の人が今まで正常に見れた放送を一方的に見れない『ことがある』ような事はしてはいけないんですよ。

    でも、今まで当たり前のようにできた、HDDから他のメディアへの移動ができなくなりましたよ。(Move非対応HDD)これはハイビジョン放送の発展を身銭を支払って支えてきた先進ユーザーに対する明らかな裏切り行為だと私は捉えています。

    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040412/copy1.htm

  78. DJ-K より:

    ? ?76:?Tak.

    >デジタルテレビ放送は個人利用目的の私的複製すらも許さない、>そんな管理システムを導入してますよね。

    >考えようによってはCCCDより始末が悪いです。

    まあ、ちょっと誤解があるかも知れませんね。

    テレビ放送は、そもそも、録画することは認めてなかったんですよ。(と言うか、始まった当初は録画が不可能だったし)

    テレビの存在価値は、ご存知の通り、民放はCMの広告料で成り立ってます。

    だから、テレビ放送は、『オンエアを見てもらう』ことが第1条件なんですよ。録画はしてもらいたくない、と言うのが元々の本音です。

    で、ご指摘の管理システム等なんですが、

    この仕組みによって、ある一部の視聴者が『放送が見れない』ことは起きていないはずです。もちろん、オンエアを、ですよ。録画じゃなく。

    『録画ではなく、オンエアを』不公平なくちゃんと見れるように仕組みを作っているはずです。

    そもそも、皆さんは、通常の(地上波の)民放に直接おカネを払ってる人は居ないはずです。すべて、見ている番組を支援するスポンサーの広告料などでペイされてるはずです。

    だから、極端な事を言えば、「みなさんは、CMを見なくてはいけない。」これが、テレビ放送(民放)のそもそもの存在理由です。

    で、

    だいぶ話がくどくなりましたが、

    テレビ放送では、「誰でもテレビで放送が見られる」ようにしているのに対し、

    CD業界では、『直接対価を払ってるのにも関わらず、自分の所有する音楽プレーヤーで見れるか見れないかも保証されない』というような行為がまかりとおっていることにまずは疑問を感じている次第です。

    これは、別の表現で言えば、まるっきり『詐欺行為』だと私は感じますが、何か間違ってますかねェ???

    しかも、一握りの違反者のために、大多数の消費者をも『敵』と見なすやり方には、とうてい納得ができない、という至極真っ当な意見を述べているだけのことなんですよね。

    そもそも、MDディスクとか音楽用CD-Rとかには、すでに著作権保護のための代金が含められているのに、(ビデオ用も然り)この上「まだ売れないまだ売れない」といって、さらに消費者ばかりを責めるやり方を続けさせていいのでしょうかね?

    日本のCD業界は生温すぎはしませんか?

    ここまでやっても売上が回復しないんだったら、それはもう、消費者のせいじゃなくて、明らかに、コンテンツ供給側の魅力不足としか説明がつかないんじゃないでしょうかね???

    売れているアーティストはちゃんと儲けが出てるんでしょ?

    おかしいと思いませんか?

    この先いったい、どうなるんでしょうかね。

    いっそのこと、日本の音楽業界は自分の死に目を見る必要があるんじゃないでしょうかね。

  79. Tak. より:

    私自身も、以下の点には同意です。

    ・CCCDは販売されている商品である

    ・しかしながら、その最低条件である「どのCDプレーヤーでも再生できる」という条件を満たしていない

    ・再生できなくても返品に応じない

    従って、CCCDは欠陥商品であり、その販売は詐欺行為に匹敵する。

    過去ログを読んで頂ければわかると思いますが、私もCCCDには強く反対の立場です。

    但し、以下の点には合意しかねます。

    > テレビ放送は、そもそも、録画することは認めてなかったんですよ。

    もし、それが事実であったとして、そのことを視聴者にちゃんとアピールしていますか?

    それがコンテンツを提供する側の権利であることを、です。

    また、テレビ放送の録画が違法行為とするのであれば、それを防ぐための手だてを講じてきましたか?

    それをしていないのであれば、(放送の録画を)認めているのと同じです。

    > テレビの存在価値は、ご存知の通り、民放はCMの広告料で成り立ってます。

    それは承知しています。

    私だって、CMを見るのがイヤで録画しているのではありません。

    (そう言う人がいることについては否定はしませんけれど)

    でも、実際には、ビデオデッキやDVDレコーダーなどのCMを流して、それらの広告収入をも使って番組が制作されているのであれば、これはもう、暗に「録画を認めている」としか言えないのではないでしょうか?

    それでもテレビ業界の対応を「正しい」と主張されるのであれば、「灯台もと暗し」と言わざるを得ません。

    「見られれば問題ない」というのは、ユーザー不在のものの考え方だと思いますよ。

    まさか、「視聴者は一銭も払っていないから顧客ではない」とはおっしゃいますまい?

  80. u-ki より:

    CCCDではなくてデジタル放送の話題で申し訳ないですが、少し。

    私もコピーワンス信号には反対しています。そもそもBSデジタル放送の検討会が行われていたころは「コピーワンス」などという名前ではなく、何回までのコピーを許すかを検討していました。しかし、結局は制限の妥当性を誰も検討できず、地上デジタル放送が始まってしまったのでとりあえず制限はかけねばらなん、ということで1回きり、というのにほぼ考え無しに決まってしまったようです。それと録画機械の制限を広く告知していないことも悪いと思いますが、やはり放送局側からすれば、デジタル放送コンテンツをDVDで販売してそれで利益を得るようなスタイルになっている以上、無制限の「本物と同等のモノ」が出回るのを制限する必要はあるので仕方がないとは思います。

    録画用DVDメディアには著作権料が上乗せされていますので、従来のようにそれらに回数制限して録画できるようにしなくてはいけないと思うのですが、こままCCCDのときと同じように「とりあえず暫定的に」と導入されたコピーワンス信号がそのままになるのか、もう少し緩くなるように検討されているのかはわかりませんが、今のままではいけないとは思います。

    というわけで、デジタル放送のコピーワンスに関しては、思うところはTak.さんに近い心境なのですが、DJ-Kさんの方が正しいと思います。録画機から書き出せないだけで録画は出来るわけですから「録画が出来ない」という論調では駄目だと思いますし、CCCDと似た問題だとは思いますが「同じ」としてここで扱うのは不適切かと思います。

    あと残念ですけど、TV局の顧客は視聴者ではなく、広告主です。そういう姿勢が視聴者から批判されたとしても実際そうなので、不景気になればシビアにならざるを得ません。録画機械や受像器がいくら売れても放送局の利益にはなりませんので。以前VTRにCMキャンセル機能が付いたとき、放送局側はその録画機械のCMを流すのをやめ、音声信号の制御にもCMキャンセルガードというのをつけましたし、現場では番組本編よりもCMのオンエアが優先されるのが普通ですので地震速報などのテロップもCMにかかるケースはほとんどありません。一般視聴者にはわかりにくいですけど。

    デジタル化も局側が望んだり視聴者のことを考えているわけではなく総務省がそうせよ、と命令しているのでしかたがなくやっているに過ぎません。自分のページで以前書いたのですが、首都圏以外の地方ではアナログとデジタルの放送機器を両方維持できる「体力」のある放送局がなくて、受像器の普及率によらず早期にアナログ放送を打ち切る可能性が懸念されています。そういう地方の人達は今まで視聴できていたものが(受像器の買い換え無しには)視聴できなくなるわけですが、直接受信料を払っているNHK以外の局に対して怒る権利はないのです(って、私は放送局の人ではないのでこんなに断言してはいけないのですが)。いや、怒って当然なのですけど。放送局からすれば無理なデジタル化を進めた総務省=国の無策を怒って下さいという感じでしょう。長くなりましたが、直接購入しているCCCDと民間放送はちょっと違うという話をしたかったのでした。

    なんにせよ、音楽もそうですが、コピーに制限を付けなくては、と騒ぎ出したのは「デジタルによる複製はどれくらい本物と同じか」ということに起因すると思うのですが、それについては凄く長くなるのでここに書くのはやめておきます。

    無駄に熱く語ってしまってすみません。

  81. ダリ夫 より:

    で、結局、CCCDにして売り上げは伸びたんですか?

    本当に伸びたというデータがあるならば、

    CCCDやむなし、という気分もあります。

    でも、伸びてないんだったら、

    なんのためにこんな無茶なことするんでしょうねぇ。

  82. Tak. より:

    あ、すみません。

    私もついつい熱くなりました。

    お許しを。>DJ-Kさん、u-kiさん、皆さん

    もちろん、CCCDが侵しているユーザーの権利と、テレビ放送のそれが同じだとは思っていません。

    テレビ放送(民放)はあくまで無料放送であり、コンテンツそのものを商品にしているCCCDとは異質だと思います。

    ただ、どちらもユーザーサイドから見た場合に「ユーザーに不便を強いる」「それまでの利便性が損なわれる」という点に於いては共通性があるのでは、ということが言いたかったのです。

    さらに、CCCDと共通している点として、コンテンツ提供側が一斉に対応を行っている(デジタルテレビ放送のコピーワンス化は2004年4月5日から衛星放送・地上波両方で一斉施行)こともあげられます。つまり、ユーザーは「その施行に反対(抗議)するためにその局の番組を見ない」という選択肢を選べなかったのです。

    > あと残念ですけど、TV局の顧客は視聴者ではなく、広告主です。

    放送局の表向きの顧客はあくまでスポンサーでしょうが、真の顧客は視聴者でしょう。なぜなら、視聴者が見ない番組にスポンサーは付かないのですから。

    > 録画機から書き出せないだけで録画は出来るわけですから「録画が出来ない」という論調では駄目

    それは一理あると思います。

    ですが、例えばデジタルテレビ放送を録画しようとしたとします。もし、手持ちのDVDレコーダーがCPRM非対応なら、録画できません。(CPRM対応機が出揃ったのはここ1年ほどのことです)DTCP非対応のHDDレコーダー、DVデッキも同様です。録画できるのは、DVHSデッキとCPRM対応のDVDレコーダー、HDDレコーダーとアナログ録画機だけです。

    また、DVDレコーダーでデジタル放送を録画するには、DVD-RW(CPRM対応)またはDVD-RAM(CPRM対応)メディアが必要です。

    他のメディア(DVD-R、DVD+R、DVD+RW)には録画できません。

    DVDレコーダーで録画したデジタル放送のDVD-RW/DVD-RAM(CPRM)メディアは、PlayStation2では再生できません。もちろん既に普及しているほとんどのDVDプレーヤーで再生できません。(ここ1年のモデルを除く)

    詳細を書くとこうなりますが、要するに「今まで使ってきた機械では録画できない」可能性が高い、という点では変わりはないと思っています。

    このような状況になることを、放送局は、家電機器メーカーは、ユーザーにきちんと説明してきましたか?

    確かにデジタルテレビの視聴にB-CASカードが必要になることは告知されていましたが、それ以外のことについては私の知る限りほとんど何の告知も無かったはずです。

    そう言う部分に於いては、「再生できない可能性が告知されている」CCCDよりも、対応的にまずいのではないかと思うのです。

    > 総務省がそうせよ、と命令しているのでしかたがなくやっているに過ぎません。

    私はそのことを知っています。

    ですが、それってユーザーからは見えません。

    普通の視聴者から見たら、なぜそのようなことになってしまったのか、わからないと思うのです。

    「言われたからやっているだけ」では「CCCDと同じ」と勘違いされても仕方がありません。

    さて、本来のCCCDの話からはずいぶん脱線してしまいました。

    ここは別のトピック(「WE HATE COPY-ONCE」?)を立てるべきかも知れませんね。

    皆さんのご意見をお聞きしたいと思います。

  83. u-ki より:

    お目汚しついでにもう少し。

    > 放送局の表向きの顧客はあくまでスポンサーでしょうが、真の顧客は視聴者でしょう。なぜなら、視聴者が見ない番組にスポンサーは付かないのですから。

    まったくその通りです。放送は「公共のもの」という考えのもとに運営しているわけで、まずは視聴者ありきですし、普通の企業のように利益優先主義だけではないですから。まぁ、視聴者を顧客やユーザーと呼ぶこと、に対して個人的に違和感があるだけですのでこれについてはお終いにします。

    で、DVD録画機械についてなんですが、結局は家電メーカーと顧客の問題で閉じてるような気がします。売りたい者が売り、買いたい者が買っている、という。実際、店頭での販売方法を見ていると腹立たしくもありますが、これはアナログハイビジョンの受像器の時と同じで、買った者だけが文句を云えるということのように思えます。(アナログハイビジョンがぽしゃった時は誰が怒られたんでしょう?)

    で、売り方のまずさを思うとき、ソニーや東芝といった名前が浮かぶわけで、CCCDを売っているところと結局は同根ではないか、とは思うので家電メーカーは責められて然りだと思いますが、あんまり放送局は関係ないかな、と(判官贔屓ですが)。

  84. Tak. より:

    確かに、放送の送り出し機器も設備も、それを受信するシステムも全て家電メーカーの開発ですから、その責が一番重いのは確かです。

    でも「コピー制御キー」という鍵を持っているのが放送局である以上、無関係とは言えません。

    このスイッチを従来(2004.4.5まで)の「コピーフリー」から「コピーワンス」に切り替えると視聴者サイドで何が起きるのか、3月上旬から始まっていた深夜の試験放送で気付いていなかったとは言わせません。

    アナログハイビジョンも酷い政策だと思っています。

    あれは価格が高かったですし、NHKしか放送を持っていなかったので、怒るユーザーの総数が絶対的に少なかったですが。

    (私自身は最初にMUSEの絵を見て、こりゃダメだと踏んだクチですが)

    しかし、デジタルテレビは違う。いずれアナログテレビ放送は無くなり、2011年にはデジタルに置き換わるシナリオになっているわけです。(実現するかどうかは別にして)

    これが一番日本の悪いところですが、こういう政策の大失敗があっても、誰も責任をとらないのです。結局泣くのはいつもユーザーだったりする。今の年金改革や著作権法改正、自衛隊法改正も同じだと思っています。

    またまた脱線しました。

    ここでCCCDに話を戻します。

    結局のところ、国内のレーベルメジャーは、音楽業界全体を手の内にコントロールできる権限を維持したいのだと思います。

    輸入盤を排除し、ネットワーク配信を否定し、本来ならレンタルCDも根絶したいと考えているのでしょう。

    そのために一番手っ取り早い方法がCCCDだった、ということではないかと私は考えています。

    結局、メジャーレーベルを介さなければ、制作者サイドも曲を売れない、消費者も音楽を聴けない、そんな状態を維持するために、CD規格を歪め、法律をも書き換えているのです。

  85. >買った者だけが文句を云えるということのように思えます。

    これは全くその通り。買った人がいるからこそ低価格化が実現でき、そして次世代機へと進化して行くのです。何百万円も出してプラズマDSPを買った人がいたから、今の値段になっていますもの。

    で、話をCCCDに戻します。

    CCCDを買った人は当然文句を言える立場にいる訳ですが、CCCDしか売られていないと言う現状にCDを買いたい人が怒っているんですよ。

    CCCDを売りたきゃ売ればイイ。でも、CDも売って欲しい。価格は少しぐらい高めでもイイですよ。

    もっと言えば、とっととiTMSが国内でも実現して欲しいわけで。

  86. Tak. より:

    > もっと言えば、とっととiTMSが国内でも実現して欲しいわけで。

    大賛成です!

    もっとも国内では「メジャーレーベル=家電業界」なので、大手メジャーからの楽曲提供はまず無理でしょう。でも、それでもいいからスタートさせて欲しいですね。洋楽だけでも購入できるように。

    (そうなると、改正された著作権法の輸入権に抵触する?)

    あと、フリーのミュージシャンにも門戸を開いて頂いて。

    そすればCCCDに反対なミュージシャンが参加してくれるでしょうし、iTMS Japanがビジネス的にうまく行き始めれば、メジャーレーベルの中にも焦りと混乱が起きて、そのうち離反するレーベルが出てくることも期待できると思うのですが。

    いずれにせよ、自由競争のない閉塞的な市場なんて、さっさとぶち壊して欲しいものです。

  87. より:

    たいへん興味深く拝読させていただきました。

  88. u-ki より:

    個人的にはiTMSのメディアへのコピー回数が7回(最初は10回だった)、とかが実験的ではあるけど適度に緩い制限であることも人気の理由だと思うのですが。

    ソニーのレーベルゲートは当初3回だったのをレーベルゲート2で1回にしてしまいました(それ以上は課金)。それと同じDRM技術でオンラインストアを始めても全然勝ち目がないと思うんですけど、良いと思ってるんでしょうねぇ、きっと。

    真面目に5箇所で5つの機械で聞くとき、iTMSは百円で済むけど、ソニー系の音楽ダウンロード販売サービス(沢山あります)は二百円×5=千円かかるわけで、その差は歴然でしょう。

  89. >適度に緩い制限であることも人気の理由だと思うのですが。

    でしょうねえ。

    しかしながら、iPodに転送できれば十分なので、実際にCDに焼いたコトってほとんど無いんですよね〜。

  90. ねこねこ より:

    依田巽氏が、エイベックスの社長・会長を退きましたね。

    今回のもう一方の主役の松浦・千葉両氏がCCCDについてどういうスタンスなのか知りませんが、彼らが動くことで事態が好転することを、今は期待したいと思います。

  91. Tak. より:

    iTMSとmoreのDRM仕様の違いは、そのまま日米の消費者の権利に対する考え方の違いだと思ってます。

    米国の場合、基本的に私的複製は認められている(というか消費者の権利である)のに対して、日本の場合は何とかして私的複製を禁止しようと言う動きですよね。

    ワールドワイドで見た場合、真に市場にダメージを与えるのは、いわゆる複製品の販売(ブラックマーケット)であり、ネット上でのファイル交換である、という部分はほぼ万国共通認識なのですが、こと個人の複製権についてはあまりにも温度差がありすぎると思うのです。

    そして、世界で最も消費者が虐げられていると感じるのが日本だったりするのですが…

  92. ナ カ ム ラ より:

    レーベルゲートCDとSonyMusicの音楽配信について誤解があるようですのでフォローさせてください。

    まず、「レーベルゲートCD」も「レーベルゲートCD2」も、Windows PCへの音源コピーは1回だけです。

    Windows PCにコピーした音源については、OpenMG対応機器へ3回のチェックアウト(転送)が可能です。「Mora」(旧称レーベルゲート)で販売されている音源も同様にOpenMG対応機器へ3回チェックアウトができます。聴かなくなった楽曲は、PCにチェックインすることで、再びチェックアウト可能な回数にカウントされます。

    http://www.sonymusic.co.jp/cccd/

    http://mora.jp/

  93. u-ki より:

    ナカムラさん、指摘ありがとうございます。一応両方使用したことがあるのですが、レーベルゲートCDは1つしか持っていないために誤解していたようです。

    OpenMG対応機器(メモリースティック)を使用していますが、チェックイン・チェックアウトの概念は理解できるのですが、実際煩雑すぎて困ります。

    また、OpenMGに対応していない媒体へはコピーできませんので対応したCD-Rメディアでも出してくれない限りはそのあとで示した例の様に、5箇所で聞くには5枚買え、という指針である、ということに間違いはないですよね?

  94. Tak. より:

    そう言えば、音楽用MD/CD-R/CD-RWや、録音可能機器には、私的録音保証金が課せられてますよね。なのにCCCDを全面普及させるというのはどういうことですかね。

    ちゃんと個人的複製から著作権補償金を回収するシステムを構築しておきながら(そして実際にそれを運営して代金を回収しておきながら)、その一方でCCCDのようなそのシステムを阻害するような製品に置き換えていく…

    消費者を何だと思っているのやら…

    この図を見ると、私的録音補償金の流れってすごく不透明で気持ち悪いんですけど…

    本当に著作権者の元に公平に分配されているんでしょうかねぇ。

     ↓

    http://www.jasrac.or.jp/info/private/

  95. u-ki より:

    Tak.さんの73番発言のリンク先にもあるんですが、

    私的録音保証金はMDやCD-Rなどの録音メディアにも課金されてて、それでレンタル屋などはどうどうとそういったものを置いて売っていると思うんですが、まったくそれとCCCDは矛盾してると思うんですよね。CCCDの考えであれば録音用の機器やメディアを販売したりレンタル店を看過することはできないはずなんですが。どこかのだれかがデジタルコピーとアナログコピー(ダビング)と違って怖ろしいものだということを売り上げ不振の理由として強力に吹聴したからだとしか思えないんですが。

    それと再販制度に守られているというのも矛盾していると思います。CCCDはもはやCDではないので再販制度を適用するべきかどうか審議すべき、というニュースがあったと思いますがまさにそうすべきだと思います。

    時々、楽曲を買っているのか、それが収録されている器(媒体)にお金を払っているのかわからなくなることがあります。カラオケや着メロのようなものだと媒体にではなくて楽曲にお金を払って著作権料も含まれている、というのには納得できるんですが。オンラインミュージックストアもそういう感覚なんですが。

  96. シンドウ より:

    わたしはMidiCreativeというレーベルからCDを1枚リリースしていますが

    先日送られてきた著作権使用料計算書(印税のお知らせ)の中に

    「私的録音補償金」という種目があり幾ばくかの金額が記載されておりました

    その時はその種目がどういうことに対して支払われているのか分からなかったので

    レーベルに問い合わせたところ、

    「消費者が私的に録音したものが広まることにより録音物の売り上げが落ちることを補償するためにハードメーカーなどがCDの売り上げ枚数に応じてお金を出す」

    ということでした。

    わたしのCDの売り上げ枚数など微々たるものなので金額も少ないですが、何万枚もの売り上げがあるアーティストにはそれなりのお金が入っているはずです。

    さて、わたしは著作権者ではありますがリスナーの立場の方でいることの方が多いので言いますが、

    そんな金が出ている上にCCCDを推奨する輩(アーティスト)は信用できません

    ミュージシャンもビジネスですから自分が損することをあえてやりはしないでしょうから、

    CCCDを推奨しているレーベルのアーティストにとやかく言うつもりはありませんが、

    わたしは信用しません。

  97. fool より:

    CCCDが嫌いな理由

     私がCCCDを嫌いな理由として、

    1.red bookで定められたCD(CD-DA)の規格破壊であるということ。

    2.レコード各社が売上の低下の全てを違法コピーの責任にし、責任逃れの言い訳をする為に導入されたものであるということ。

    の2点。

     一つ目に付いて、折角取り決めた規格とはいったいなんなのであろう。CCCDのような規格破壊すると云う行為は、元の規格というものを蔑ろにしても構わないと云うことであろうか。

     そのようなことが今後行われるのであれば、そもそもの同一の規格と言うものを無意味にしかねず、規格を定めること自体が無価値であろう。

     同一の規格によって作られた音楽ソフトと再生ハードがあって初めて成り立つ音楽業界なのであって、今後も規格を軽視した多種多様のCCCDを出すということは、音楽ソフトを売るレコード会社の行動として本末転倒であり、このプレイヤーでは再生できるけど、このプレイヤーでは再生できないという状況を作ってはいけない。

     二つ目について、あるレコード会社は売上の低下を「違法コピーによる利益侵害」として、その違法コピーを防止するためにCCCDと云うものを導入したが、この決定は盲目的である言わずに得ない。

     違法コピーによる利益侵害はファイル交換ソフトの台頭に伴い急激に増えているのは確かだろう。しかし、かつて80-90年代の音楽業界を支えた若者の購入層は少子化に伴い減少を続け、その若者の財布の金の行く先は今では携帯料金が大きく占めており、かつてのような売上を見込むことはできないはずであり、違法コピーだけの責任ではないだろう。

     また、違法コピーを防止する努力として、何故DVD-AudioやSACDと言った、コピー防止機構が基より定められた次世代高音質メディアや著作権保護機構を持った音楽配信などではなく、規格外であるCCCDを採用し、安くは無いライセンス料を支払うのか。

    以下嫌いな理由とは関係無い個人的な主義・主張。

     むしろいっそ消費者がコピーで聞くに済ますような価値でしかない音楽ソフトではなく、オリジナルを購入し聞くことが価値と成るような戦略をとるべきではなかったのか。

     販売されるオリジナルがCCCDでしかないと言うのは(一部のでしかないとしても)消費者の購入する価値を下げしめている。

     極論としては、いかなるコピー防止機構であったとしても、再生できると言う事はすなわち(質はどうであれ)コピーすることが可能であると云うことである。

    自分の聴きたい音楽というものは自分で買って聴く。私はCCCDが嫌いであり、購入しないつもりだ。

  98. そもそも、CCCDだってコピーできちゃいます。

    コピーしたものを元にCD-Rに焼く事だって可能です。

    CCCDなんて意味ないですよ。

    >安くは無いライセンス料を支払うのか。

    裏で金が動いているのかなあと勘ぐりたくもなります。ライセンス料を支払って、どこぞの誰かの懐にペイバック。なんてことじゃないんですかねえ。

  99. fool より:

    > そもそも、CCCDだってコピーできちゃいます。

    > コピーしたものを元にCD-Rに焼く事だって可能です。

    > CCCDなんて意味ないですよ。

    ですね。SACDだDVD-Aでもこの手の議論は再び行われかねないということを留意する必要があるということで。

    ライセンス料の行き先はあるところでは中東だったり、関連企業だったり。ペイバックまで私は勘ぐって無いですけれど。

  100. >ペイバックまで私は勘ぐって無いですけれど

    これは単なる私の妄想でしかありませんが、こう言う事はあっても不思議じゃないと思います。

    でなければ、こんな下らないコピーガードごっこに奔走している日本のCD業界のお偉方って、単なるバカです。

    もしオイラだったら、自らの懐が温まらないならやりません。だって、無意味なんですから。

    下手したら、CDプレイヤーを壊してしまうかも知れないんでしょ?

    あ、そうか!! CDプレイヤーを壊して新しいヤツを買わせようって戦略なのか???

    すんません、ゴミレスでした。

  101. u-ki より:

    > SACDだDVD-Aでもこの手の議論は再び行われかねないということを留意する必要があるということで。

    うーん、個人的には何ら特殊な(違法な)装置やソフトなしにコピーガードが無視できてしまう&明確な規格がないという点でSACDやDVD-Audioとは別次元だと思うのですが。

    今、映像のDVDのコピーについては違法か合法かでもめていますし、コピーガードはクラックされるであろうものでしょうが…。コピー(ダビング)を一切許さないという方針であればCCCDではなくそれらを採用すべきだと思うんですけど。結果、再生できる機械を持っていないユーザーの反感を買うとしても今のCCCDの賛否両論みたいな状態よりはスッキリすると思うんですが。

    少し感情的な意見かもしれませんです、はい。

  102. あち より:

     なぜイヤなのか、一人一票で投票してみましょう。

    1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    2)音質が悪いから

    3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    4)レコード会社の態度が気に食わないから

     その他項目を追加した人は、その旨を書き込んで見てください。

  103. あち より:

     とりあえず、私は1です。

     折角z919(日本初の車載mp3対応CDプレーヤ)買ったのに…。

     z919でCCCD入れれば聞けるみたいだけど、一人のアーティストの曲を聞きつづけるのは飽きるし(でも、B’zなら飽きない:D)、運転中にCDころころ入れ替えるのは危険だし…。そういえば、CCCD入れてからz919の調子が悪いような…。

  104. Alexander より:

    違法?

    手持ちの音源をMP3にするのは合法なんだけど…

    Macでは違法になるって法律はないよね?

    ちょっと気になったのでMP3にすることに関して

     所有しているレコードやCDの複製は個人使用に限り認められています

    「私的複製権」といい著作憲法にも明記されています

    その認められているはずの権利を侵害するから反対ってなら一票かな。もちろん音の違いがハッキリとわかるからってのもある。ドライブも2台壊したし。こっちにも一票入れたいなぁ

    複数投票あり?

  105. ねこねこ より:

    CCCDやDVDみたいに、複製できないようになっている仕様のものを、ガードを外してムリに複製するのは、個人使用でも違法だったんじゃなかったでしたっけ(著作権法上)。

    http://www.nobukuni.com/jp/dv/mpg_ripping.html

    刑事罰の対象じゃないけど、民事では違法ということだそうで。

  106. より:

    ONKYOのコンポを使っているのですが、

    CCCDを再生しようとすると、

    チュイィィー…キッキッ…

    と無理してそうな動作音がするので、

    好きなアーティストの新譜をやむなくCCCDで買っても、

    恐くてほとんど聴き込めません。

    音楽生活が貧しくされているようで、嫌いです。

  107. より:

    突然ごめんなさい。

    はじめまして。

    3に一票です。

  108. さだ より:

    >104

    民事なら、具体的に発生した損害があるなら損害賠償の対象になるかも

    しれないけど、自分で買ったモノをいくらコピーしようが、損害は

    事実上発生し得ないので損害賠償の対象にはならないと思われます。

    #コピーしないと聞けないのでしょうがない

  109. TKT より:

    はじめまして。

    CCCDからリッピングすることが私的複製の範囲内なのかそうではないのかについて書いております。拙文ですが興味のある方はお読みください。http://kbng.jugem.cc/?eid=19

    私は法律の専門家ではありませんので違法か合法か判断できませんが、レコード業界は私的複製ではないとしたがっていることは確かです。

    私は規格外の製品を売っておきながら返品に応じないという姿勢を取ったことが許せないので、3か4かで迷いましたが、4に一票入れます。

  110. TKT より:

    1に1票。

    だって、コンピュータ以外のCDプレーヤーを持っていないので、間違って買っちゃうと、フリスビー以外の用途がないので。

    あ、鳥避けに使えるか。

  111. 最新の より:

    初めまして。

    なかなか熱い議論になってて興味深いですね。

    オレは4に1票入れさせてもらいます。

    「態度が気に食わない」という言葉では語弊がありますが、

    要は業界の考え方が大きく間違っていると思うからです。

    CCCDが嫌いな理由は以下の4点です。

    1.規格外であり「CDではない妙な物体」なのに、「CD」と名をつけ、通常のCDと大差ない商品のように見せかけている事。

    2.まがい品であるにも関わらず、通常のCDとほぼ同額で売られている事。

    3.ユーザー側が自分の所持しているプレイヤーで再生可能か不可能か、事前に確認出来ない事。

    4.プレイヤーの破損、および再生が不可能でも返品や賠償に一切応じない事。

    ありきたりな理由ではありますが。

  112. Alexander より:

    こんにちわ。4に1票いれさせてください。

    お初のときにも書きましたけれども、

          客をあらかじめ泥棒あつかい

                   ってのがもうダメです。

  113. Alexander より:

    流れと関係のない追記

    >複製できないようになっている仕様のものを、ガードを外してムリに複製するの違法

    CCCDに関しては特に「プロテクトを解除」もしませんし、プロテクトをリバースエンジニアリングも不要。

    「偶然に読み込むことができるドライブを使用するだけ」なので、合法なんです。DVDはダメですけどね。

    CCCDの複製は解析ソフトなんかは必要ではなく、単純にドライブが対応しているかどうかでしかないですから。

    っていうか、自分で持っているものなんだから好きにさせてくれよって話ですよね。

  114. 1以外に全部入れさせてもらいます。

    CCCDも、Macでは問題なく聞けますし、iTunesにも取り込めます。当然、iPodにも転送可能です。これを違法と言うのならば、法律なんざ守る必要のないものと認識します。

    2、4は言わずもがな。

    3。壊したくない人は、iTunesはiTunesなどでCDを「作成」しましょう。

  115. >3。壊したくない人は、iTunesはiTunesなどでCDを「作成」しましょう。

    ただし、自分で買ってからね。

    お、そうだった。CCCDは買わないんだ(笑)

  116. Tak. より:

    4 に尽きますな…(考えただけでも腹が立つ)

  117. さだ より:

    総論として、あちきが断固訴えたいのは(そして昔から細々と訴えているのは)

    「権利者の利益を守るためのツケを(善良なる)消費者に回すな!」

    ってことに尽きます。

    音楽が好きな人って、CDやDVDってそのアーティストの「作品」であって、

    プログラムやデータみたいに単なる「デジタルデータ」ではなく、

    対価を支払ってでも手に入れたい「価値」なワケです。

    その価値に、(ごく)一部の不正コピー実行者を閉め出すための

    仕組み、しかも「価値」を(いくぶんかでも)損なう可能性のある

    仕組みを導入するってことは、価値に対価を払っている「最上の顧客」を

    ないがしろにしているとしかあちきには考えられません。

    白MSにしろ、CCCDにしろ、価値を愛でる多数のDEMANDを無視した方策には

    断固反対し続けるつもりです。

  118. きむさと より:

    はじめまして。2と3に0.5票ずつ入れさせてもらいます。

    1は、そもそもパソコンの音質で音楽を聴く気はしないので関係ありません。

    4は、アーティストの態度ならともかく、会社の態度に怒ってもねぇ。

  119. こたろ より:

    はじめまして

    3.に近いけど厳密には

    「再生できるCCCDプレイヤーを持っていないから聴けない」。

    リンで対応していると謳ってるやつは100万円台なので買えません。

    DVDについては古いけどこういうのが

    http://xtc.bz/article/click2003-10dvd.html

  120. べるうし より:

    CCCDの好き嫌いの問題から少々それますが、

    放送局のCDプレーヤ−ってCCCDが無事にかかるようなものなのでしょうか?

    それとも、CCCDではない、CDもしくはMDその他の媒体で楽曲が提供されているのでしょうか?

    一般民生機のようにちょくちょく壊れるのなら

    放送局の機器は高価であろうと想像しますので、

    局側がだまっていないと思いますが。。。

    識者・事情に明るい方、このあたり、ご教示いただければ幸いです。

  121. すらにー より:

    古い記事で申し訳ないんですが…

    http://www.itmedia.co.jp/news/0203/13/cdswhy.html

    この時(2年前)と比較して、技術的に変化あるでしょうかねぇ。基本的には変わっていないと考えて良いのかな?

    すいません、それと私事で恐縮ですが、Macを3台所有してますが、どのドライブでもCCCDが読み込めません。「偶然読み込めるドライブ」に交換する気にもなれません:D

    このような場合、サポートされていないと主張してもいいですよね?w

  122. K0B-AKEN より:

    はじめまして。僕もこの問題に大きく関心を持っているのですが、票を入れさせていただくと、

    1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    ちょっとニュアンス違いますが、プラットフォームによって聴ける聴けないがある時点でメディアとしてダメです。

    規格外だから、っていうところで相当安心感ないです。

    4)レコード会社の態度が気に食わないから

    どなたかも書いていましたが、泥棒扱い、というのに抵抗があるのと、CCCDを本気で普及させようというには、あまりにも場当たり的でいい加減なサポート体制にうんざりだからです。「聴けなくっても知らないよん」なんていうものに、お金を払うわけがないでしょうと。

  123. * あがさ * より:

    1です。

    音にこだわりないライトユーザーなのでmp3プレーヤーで聞くことが多いですが、それは音楽の楽しみ方として認めてくれないのね…

  124. あち より:

    3.83票:1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    1.17票:2)音質が悪いから

    3.17票:3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    5.83票:4)レコード会社の態度が気に食わないから

    ※この書き込みは気が付いた都度削除して書き直します。

  125. そらみみ より:

    コミュニティの説明欄の,

    > CCCD/SACD/レーベルゲートなど…(略)

    というのがどうしても気になります。

    やっぱり,CCCDとSACDを一緒にしてほしくないです。

    あちゅやさんが,101で書かれた中でいえば,私は1以外の全てなんですが,1の理由で反対してる方と,それ以外を理由に反対してる方は,本質的に相容れないのではないかと。

    SACD化はむしろ大賛成なので,もしコミュ主さんがSACDにも反対の立場をとられるとすれば,私個人的にはちょっと居心地が悪いなぁと...

  126. 028 より:

    私が嫌いな理由は、

    やはりipodで聞けるように出来ていないからです。

    特定のハードでしか利用できないのは、ちょっと恐いのです。

    「すべてのゲームがここに集まる」

    といって、本当に集めかねない勢いで勢力を広げた

    ソニーが協賛メーカを集めて「すべての音楽をここに集める」

    といわんばかりに、「ネット配信+レーベルゲート」。

    これっていいことなのか悪いことなのか。

    私にもわかりませんが、なんか、生理的にいやです。

    特定のハードでしか利用できないソフト。

    大手ソフトメーカが、特定のハードでのみソフトを販売。

    こういうゲーム業界のような構造にはなって欲しくないな

    と思うわけです。

    うーんと。なんか勘違いしてますかね・・・私。

  127. さきっちょ より:

    Macで聴けるという噂を聞いたのですが

    それはOSX以降の話なのでしょうか。

    (ちなみに私はOS9.2使いなのですが)

    何故イヤなのか。

    それは今使ってるMacで聴けるかどうか分からないから。

    それに尽きます。

    mp3がこれだけ世の中に普及してるのに何だかおかしいですよね。

  128. さきっちょ より:

    私の環境では、PCとMACでは聴けるのにコンポだと再生されません。

    本末転倒じゃん!

  129. shusaku より:

    4)です。理由は既に皆さんが書かれている内容に等しく。

    音源をMP3化するというプロセスを、単純に「違法」としか見れていないのでしょう。

    日本でiPodがどれだけ売れていくか楽しみです。

  130. shusaku より:

    単純に不具合が出てる物、嫌です。

    今まで通り楽しめないのですから。

  131. だいすけ より:

    一度コピーしてから楽しまないと、マスターCDに傷が付く可能性が高いからです。

    神経質なものでι

  132. より:

    何故嫌なのか。

    友人のCCCDを再生したら修理から治ってきたばかりのコンポが壊れたから。(第一理由)

    再生を保障してない製品なのに、そんな事は些細なことであるかのように売ってるから。(第二理由)

  133. marbowt より:

    (;´Д`)y─┛~~ 著作権の問題でというのならまず海賊版を何とかすればいいのにと思ってます。音悪いし、聴けないメディアを高い金出して買うのは馬鹿らしい。(ミュージシャンサイドから)それはお客様に失礼に当たります。

  134. >なぜイヤなのか、一人一票で投票してみましょう。

    >1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    >2)音質が悪いから

    >3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

    私は2,3,4に3/1票ずつ。

    せっかくいいオーディオを持っていてもCCCDでは台無し。

    うちのマランツのプレーヤーでは絶対にかからないです。

    なぜかマランツのDVDでは聞けるのでそちらで聞いていますが。

    CCCDは買いたくないけれど、どうしても聞きたい曲がCCCDだったりすると本当にショック。みんなで発売元に文句言いましょう。

    アーティスト側も弱い立場の人はきっと言えないとか、言っても聞き入れてもらえないのでしょうね。アーティスト側も結束して、ストライキでもおこせるといいのかな?

  135. いなぞー より:

     はじめまして。いなぞーです。

    >なぜイヤなのか、一人一票で投票してみましょう。

    >1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    >2)音質が悪いから

    >3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

     1)に一票。

     普段はmp3にして携帯で聞いていますので。

     あと、この選択肢には無いのですが、手持ちのCDプレイヤーで再生できないかも?という不安要素もあるので、買いません。

     話はそれますが、CCCDって買う気しないのでよく調べていないのですが、リッピング防止が目的なんでしょうか。

     万が一w手持ちのプレイヤーで再生できた場合、CDプレイヤーからのデジタル出力をMDやDAT等に録音するのは従来通りの扱いで良いのでしょうか??

  136. >mp3がこれだけ世の中に普及してるのに何だかおかしいですよね。

    おかしいかどうかは別にして、、、結局、出す側の論理としてはおかしくないんでしょうよ。

    100%断言はできませんが、Macで聞けます。したがってリッピングもで来ます。iTunes経由でiPodにも転送できます。

    欲しくもないCCCDをテスト用に買って来て検証してみました。

    CCCDなんて買う価値ナシ。

  137. Fahrenheit 331 より:

    2)音質が悪いから

    3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    4)レコード会社の態度が気に食わないから

    に各一票ずつです。

    CDの規格から外れた、CDとは似て非なるものを、あたかもCDの代替品であるかのような扱いで市場に投入し、それに付随する不具合(再生できないことがある、音質が落ちる、最大収録時間も短くなる)について有効な対策を何もうっていない点が納得できません。

    こんなものはただの欠陥品で、商品に貼り付けてある但し書きのシールも、「欠陥があることを承知の上で買ってください。それで不具合が起きても知りませんよ」と言っているようにしか見えない。

    それと、124番のそらみみさんの発言

    > やっぱり,CCCDとSACDを一緒にしてほしくないです。

    には私も賛成です。このコミュニティに参加することで、SACDにまで反対の立場をとっているとは思われたくないです。

    この点について、私もコミュ主さんのご意見を伺ってみたいのですが・・・

  138. Tak. より:

    非常にわかりやすい解説があります。

    CCCDも球団合併も同じレベルと言うことですね。

    http://www.st.rim.or.jp/~kenta/

  139. なかむら より:

    CCCDじゃないCDを販売しないのは

     なぜ?

    きっとみんなCDを買うから・・・

    きっと、レーベルもそう思っているので、CDは出さないのですよね?

    つまりCDとCCCDのどちらが好まれるか、答えは明白。

    それでも強行する態度が腹立たしいです。(しかも再販制度で保護されているし)

     弱い立場の消費者に選択の自由を

    手元には、6-7枚のCCCDがあります。

    これ以上増やしたくないので、今後CCCDはレンタルにすることにします。(意味ないのかな?でも音楽は聴きたい)

    せめてCCCDは再販制度から外してほしいなぁ。

    もう少し安ければ、許せる気もする。

    きっと、安くなった頃に買うと思う。

  140. Tak. より:

    懇談会なんて強制力のない甘っちょろいものじゃダメだよ。

    まったく!

    せめて審議会くらい立てられないかねぇ。>公取

    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040907/jftc.htm

  141. 8ch. より:

    消費者としてバックアップを取るのは当たり前の権利だ。

    永久保証で傷が付いても無償交換してくれるなら良いが。

  142. iPod使ってます。CCCDアホか。

    余計に購買意欲なくなるわ。

    音質は素人の私には分かりかねますが

    機械を壊しちゃあかん!

    怒るでしかし!!

  143. コウ より:

     はじめまして。コウです。

    >1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    >2)音質が悪いから

    >3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

    2)ですね。

    カーオーディオで東京スカパラ聞いてたら

    8秒ごとに音が飛んでしまいました。

    にしてもノラジョーンズ、あんたもか…(苦)。

  144. Ikke より:

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

    これになります。CCCDは基本的に買いません。不幸にして、どうしても欲しいものが出た場合は、中古品を買うことにしています。もっとも、今まで買ったCCCDは何もしなくてもリッピング出来ちゃったりするのですが・・・。

  145. でび☢ฺ より:

    >8chさん

    確かにバックアップを取る権利は完全に侵害されてますね。MDには落とせるけど、クォリティを落とした物を聞いてユーザーが満足するわけが無いという事が解って居ないんでしょうかね・・・

    アナログレコードの頃はバックアップなんて無いじゃないか、と言われた事がありますが、あの頃とは時代が違うわけで、善し悪しは別として、現状バックアップの取れないメディアというのは出す側の態度としてどうかと思います。

    というか、アナログレコードの音質に追いついてから言えよ・・・

  146. はじめまして

    >音質がわるい

    悪すぎます。普通のスピーカーでもシャリシャリ、ピーピー、キーキー

    聞こえます。

    >ドライブ・プレーヤーの破壊

    壊れました。完膚なきまでに。

    >レコード会社の態度

    いいかげんに売れないのは根本的なクオリティのせいだと

    気が付いてほしい

    CCCD登場以前からリテールのCD自体のマスタリング精度が

    非常に悪くなってきていた。(と個人的に思ってます

    現状はCCCDで余計に酷くなってますが。)

    それに高い値段を支払いたくないのは必定と。

    売れない状況を作ってるのは自分たちだときがつかないんでしょうか・・・

    DL販売も単価高すぎ。

    コンテンツ単位よりも再生回数単位で課金したほうが

    よっぽど合理的だと思うんだけど。

    圧縮フォーマットよりも再生フォーマットをいじるほうが

    課金管理とか著作権保護は簡単なんだけどなー

  147. 8ch. より:

    CCCDプレーヤー持ってないから。

  148. 8ch. より:

    CDプレーヤーが壊れる可能性があるし

    レコード会社の態度が悪いから。

    レンタルが違法コピーの温床だと思うんですけど

    それは放置で、わざわざ買うユーザーに

    嫌がらせのようなものを売ろうとする態度が

    気に入りません。

  149. 8ch. より:

    >でびーさん

    レスどうもです。

    禿同!

    http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/technology/story/20040514305.html

    追記するならそのPC専用領域を

    他のことに使えば?って。

  150. えっくす より:

    4)レコード会社の態度が気に食わないから

    です。

    友人から借りたりレンタルすることもあるけれど、聴いてみて本当に好きだと思った曲はちゃんと自分で買います。買わずにコピーで済まされるのは、やはりそこまで魅力がないからでしょう。

    うちはMacだけどPCで音楽聴く気はなかったし、ミニコンポ使用のせいか耳がそれほど良くないせいなのか音質の差もよくわからないし、さいわいCCCDを入れてプレイヤーが壊れた事もないので1)〜3)は実感がなかったのですが、ここを読んで本当にそんなにひどい物なんだと勉強になりました。

  151. なかむら より:

    Avexのニュースリリースです

    http://www.avex.co.jp/j_site/press/2005/press040917.html

    少し前進。大きな一歩。

  152. #同じ内容があったので新規トピ消しました(f^^)

    欲しいソフトが「音楽 CD」として出るなら買いますもんね。

  153. Yoz. より:

    >なかむらさん

    このネタで新スレ立てさせていただきました!

  154. ただでさえ買いたいと思う程魅力的でない曲が多いのに、更に音を劣化させてどうするんでしょうか?

    マイナスの要素ばかりだと思います。

  155. ゆゆ より:

    過去に一度だけCCCDのCDを購入したことがありますが、その1枚でCCCDに対する考え方が大きく変わりました。

    ■1

    パソコンで聞こうと思ってCDドライブに入れたところ、異音がしてCDドライブが変になりました。

    それ以降、普通のCDもなかなか読んでくれないようになりました・・・。

    ■2

    そのCDはアルバムだったんですけど、シングルでリリースされている曲が入っていたので比較してみると、CCCDのほうは明らかに音が曇っているような感じの印象を受けました。

    ■3

    ポータブルのCDプレーヤーで再生すると、再生はしてくれるものの、再生中ににガリガリと変な音がします。

    たぶん、ピックアップが変な動きをしているせいだと思います。

    それ以来、怖くてポータブルCDプレーヤーでは聞いていません。

    こんな事があったせいで私は、CCCDと書かれているCDは、いくら好きなアーティストの物でも買わなくなりました。

    「音が悪い」、「CDの規格からはずれている」、「機器を壊す可能性がある」、こういう要素があるのをわかっていながら、音楽CDとして販売を続ける各レコード会社に嫌悪感を感じます。

  156. より:

    1)

    CDが売れない売れないと言われているけど。

    音楽業界が一般企業のように倍倍で成長する業界じゃないだろう?とか思っているから。

    2)

    リッピングしたCDの方が扱いやすい現状にオリジナルの意味を感じれないから。

    3)

    SACDに期待してるから。

  157. より:

    持っているコンポでは絶対にかからないから。

    試してはいないけど説明書にはっきり書いてありますので無理でしょう。

    激安CDラジカセからコンポまで負荷がかからないで聞なければ、まず話にならない代物ですCCCDは。こんなものよく発売したと呆れてしまいます。

  158. さぃ… より:

    個人的にはCCCDに気にせず買って(別にリッピングして違法シェアしているわけでもないし)、CD/MD一体型のコンポでMDに移そうとしたらコピーが出来なかった!

    自分が金出した買った音楽を携帯出来ないなんて、全く納得行きませんでした。コンポのメーカのサポートページはCCCDは音楽CDの規格を満たしていないと書いてあるし、CCCDのサポートページにはその逆の事が書いてあって、無責任さの丸出しなのにもっとイラついた。

  159. 青空俯角 より:

    はじめまして。

    エイベックスもソニーもやっと、やっと行動を起こしてくれましたが、EMIはまだ暴走中のようですね。しっかり見張っておきたいと思います。そして、今までCCCDで発売されてしまった音源を別メディアで再販させてやりたいものです。

    >なぜイヤなのか、一人一票で投票してみましょう。

    >1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    >2)音質が悪いから

    >3)CDプレーヤが(壊れる|壊れた|壊れるかもしれない)から

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

    全部頷けますが、根本の原因である4に1票入れさせて貰います。アホなTOPが居なかったらそもそもCCCDなんて採用されなかったでしょう。1/4歩先ぐらいしか見えてない人がどうしてトップに立てるのか、日本の社会ってほんと変です。

  160. qoodelka より:

    はじめましてよろしく

    だいたい皆と変わらないと思いますが

    嫌いになった経緯

    ツタヤに行く→radioheadのCD(アルバム)を買う→車に戻る→速攻聴こうとしてみる→かからない…→うちに帰る→コンポで聴こうとしてみる→音飛び&変なラップみたいになる→こんなの出したんだと勘違い→恥ずかしい。→終了

    パソでもダメ…でよくみたら洋楽なのになぜかCCCD…

    そんな感じDEATH

  161. シ ロ より:

    初めまして。

    シロと申します。

    ボクも

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

    に一票です。

    みなさん発言してらっしゃるようにCCCD≠CDです。

    あまりの無責任さに憤慨なのだ。

  162. barebear より:

     はじめまして。

    CCCDに長年大事に使っていたコンポを壊されました。

    前日までは普通に動いてたのに! バカー!

  163. barebear より:

    複数のCD(CCCD)から自作コンピを組む際に、パソコン上で編集出来ない(し辛い)のは嫌だから。

  164. >2)音質が悪いから

    同じ時期に仕事したモノを聞き比べたらインディーズの方が音が良かったという。。残念です。

  165. 藤代千尋 より:

    はじめまして藤代といいます。(^^)/

    ちょっと CCCD について日記を書いたら、このコミュがあると教わったので書き込みさせていただきます(日記はこちら:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=3187970)。

    嫌いな理由は、

     新設(5)バックアップできない。

    です。

    142: の 8ch. さんの「バックアップ取る権利」、77:Tak さんの「メディアはいずれダメになる」と同じだと思います。

    私はこう思うんです。

    「この曲が大好きだ! 棺桶に片足つっこんだジジイになっても聞きたい!」

    すると、50 年後のような将来でも、その楽曲が聴ける保証が欲しくなります。

    保証は、次のどちらかになります。

    1.自分でバックアップを取って保証する(このとき Copy Control がジャマになる)

    2.法律や制度、メーカーが半永久的に提供しつづけると保証する

    2. があれば Copy Control には反対しません。自分が、CD を踏んで割ってしまったら、よろこんで 3,000 円払って買います。しかし、2. が無いなら、1. でやるしかありません。

    それもダメだというのなら、日記の最後の書いた次の結論になります。(^^;

    「CCCD で販売される楽曲は、50 年後には聴けない、聴く価値がない。販売後、数ヶ月間だけ聴いてくれればいい、売り上げを稼ぐためだけのどうしようもない楽曲なんだよ!」

  166. あひる より:

    嫌いな理由は、「音楽の聴き方」の自由を奪われるから。

    問題なのは音楽の中身であって、メディアなんて本来なんでもいいはず。

    どこでどう音楽を聴こうと構わんでしょ?

    地上波デジタルのコピーワンスについてもでもそもそもTVは家で見るものだからとか行ってたTVマンがいたけど、あほかと・・

    後は、本来の目的や理由とは別の理由でコピーコントロールを正当化しようとしている業界の体質のいやらしさかな。

    まるでリスナーは全員犯罪者予備軍のように扱ってる点。

  167. あひる より:

    そして、嫌いな理由の投票を忘れてた(^^;

    >1)mp3プレーヤやMacで聞けない(こともないけど違法)だから

    >4)レコード会社の態度が気に食わないから

    ですかね。(うちのカーステmp3対応なので1できないのはほんとにブルーになります。まぁそういう物は買ったことないのですが)

  168. eco より:

    はじめまして。

    ここで初めて知ったのですが、

    CCCDでデッキが壊れたりするんですね。

    私はPCで音楽を聴いているので知らなかったのですが。

    ちなみに私もCCCDは嫌いです。

    基本的にCDはPCに取り込んで、

    ポータブルで聞くときはCD-R等に焼いて聴いているのですが。

    (↑CD自体が傷むのが嫌いなので)

    コピーが出来ず、結局持っているCDを傷めることになるからです。

    CCCDについては詳しくは分からないですが、

    本当にやめてほしいです。

  169. Toshix より:

    初めまして、好きなアーティストのCDをCCCDになったと知らずAmazonで購入してしまい、音質の劣化に萎えてから一切CCCDは買わなくなりました。

    でも、CDそのものの買う気が失せたというか、欲しいCDが激減してるってのも理由の一つかもしれません。

    ついでに、先日妹のコンポが故障しました。

    CCCDばかり再生していたせいかなぁ…。

  170. fj より:

    はじめまして。

    CCCDは、ipodにいれられないのと。

    ぼくのまわりでCCCDコンポに入れた事によって

    壊れたと言う話をよく聞くので…

  171. ども。

    3年間VAIOを何不自由なく使ってまして。

    地元の図書館にもCCCDが並ぶようになりまして。

    CCCD3枚目入れた途端 あれですよ 反応悪くなりましたよ

    最近では普通のCDでも 入れる、勝手に出てくる、を何度も繰り返す羽目に。

  172. まぁ坊 より:

    CCCDはCD-DA(COMPACT DISC DIGITAL AUDIO)の

    規格から完全に外れているから嫌いです

  173. まぁ坊 より:

    iTunesで聞けない。

    外でも聞けない、CD-R/RWドライブが壊れるかもしれない。

    そんなことになっても買い換えるお金がない。

    WEBからDLしても備え付けのプレーヤーで、SMEの曲しか聴けない。

    他の曲と一緒に聞けない。あーもう苛々。

  174. まぁ坊 より:

    1.利用者側にとっての利点が無いから

    2.利用者側にとっての欠点が多いから

    3.あえて似非CDを買う理由が無いから

  175. 櫻子。 より:

    はじめまして。

    理由としては3ですね。

    冒険してまで聞きたいCDはあまりないし。

    (よく聞いてるミュージシャンは音フェチなのでインディーズになってしまった)

    音質は、「CDとレーベルゲートに焼く直前までは同じデータでした」と称するサンプルが手元にあるのですが、冒険してまで確かめたくない(笑)

    家で聞くなら良い音質で聞きたい。そんなデッキにヘンな円盤入れたくない。

    通勤で聞くならMP3に落とすわけですが、大事なパソコンのドライブにヘンな円盤入れたくないです。

    というわけで、3。

  176. ナギサ より:

    iPodユーザーの私はCCCDにだいぶ、いじめられました…。

    CDexなどでmp3に変換してから、iTunesに入れてますよ☆彡

    この方法を覚えるとかなーり便利ですよ(f^^)

    これで何事も問題なく、快適に音楽を聴いております♪

  177. そうすけ より:

    CCCDは、実質的に意味があるのか考えてしまいます。

    理由は、リッピング可能なアプリケーションが普通に出回っているので、私の目には無駄な努力、と映ります。

    今のCCCDでは規制にもならないし、音質劣化するだけ・・・。

    私は、Music Match でMP3にしています。

  178. ロキピー より:

    どうもハジメマシテ。

    いまのところCCCDは1回しか買った事無いのですが、myPCのマルチドライブは難なく読み、ナギサさんと同じくCDexでリップしてHDD上に保存→CDは半ば封印→iPod 4G 20GBを愛用中なんですが、そちらもHDDのmp3から…。

    あえて言うなら結希さんの仰る通り、規格を逸脱してまで市場に出回るその傲慢さ(?)がムカつくくらいですね。

    基本的スタンスは”CCCD喧嘩上等”ですが。

    でもやっぱりネットにmp3を垂れ流すような事はしません(´ー` )

  179. 極楽鮫 より:

    なぜ嫌いなのか?

    うーん、単純な話、

    音楽を聴く楽しみを奪われるからかなぁ。

    あと、もしかしたら自分と同じアーティストが

    好きだったであろう人と、音楽を共有できなくなるから。

    音楽って聴くものなんですよね。知ってた??

    まあでも一番気に食わんのは業界の体質なので、

    4に一票。

  180. どうした より:

    CCCDのせいで うちの愛用コンポ ぶっ壊れた

    CCCDって CDじゃないよね 大キライだ 俺のコンポを返せー凸(゚Д゚#)

  181. どうした より:

    CCCDって、CDじゃないんですよね。

    そんな事やるより、買いたくなるような、楽曲を作ってほしいものです。

  182. あち より:

    CDじゃないのに、CDっぽく売ってる店は詐欺っぽい!

    ちゃんとCDとCCCDの売り場別けて欲しい!

  183. 嵐羽 より:

    私は、ただの音楽系専門学校に通う学生ですけど、そんなただの学生ですら、少しでも良い音を作ろうと、少しでも多くの人に良い作品だと思ってもらえるような物を作ろうと、すごく神経を使ってるんです。

    音造りを職業となさってる方の中には、それに魂を使ってるって言える人も多いと思います。

    CCCDは、「そういう姿勢」すらも否定されているようで大嫌いです。

    っていうか、CCCDっていうのは、「音楽」それ自体に対する侮辱だと、私は思っています。

    でも、CCCDが未だに流通してるのは、レコード会社側だけの問題じゃ無いと思います。

    あんな粗悪品を出されて、怒って大きな行動に出ない消費者側にも問題がありますよ。

    日本人は、変なところで穏やかというか何というか。

    まぁ、私も行動に出てない穏やかな日本人の一人なんですが。

    そもそも、音楽CDって高すぎると思います。

    これじゃぁコピーが横行するのも当然です。

    (決してコピーを推奨はしてる訳じゃありませんよ)

    日本は、アメリカのような「著作権後進国」と違い、“非常に進んだ素晴らしい著作権”に保護されているため、何10年前のCDであろうと、1枚も売れてないCDであろうと、始めに設定した市場価格が変わることはないそうです。

    名前も知らないようなアーティストのCDや、何年も前に出て、CD屋の棚の隅でホコリを被っているようなCDに、1000円とか3000円とか、景気よく払える程、日本は好景気じゃありませんよ。

    音楽みたいな「娯楽」に分類されるものって、不況の世の中では真っ先に切りつめられる分野ですし。

    CDが気軽に買える値段だったら、名前も知られていないアーティストも、有名になるチャンスが増えるはずなんですが。

    自分たちのやり方にも問題があると少しも思わずに、架空損失を掲げ、顧客を盗人扱いするような、まるで子供のような人達が動かしている音楽業界。

    CCCDは、音楽業界の未来への不安の象徴です…

  184. torimono より:

    はじめまして。

    私がCCCDを嫌っている理由は2つあります。

    1つ目は、業界はCDを買ってもらう立場にあるのにCCCDをつけることによって音質を劣化させてしまっていること。

    誰も音質の損なったものを買おうとは思わないでしょう?

    2つ目は、レコーディングエンジニアなど陰で支えてる人たちの苦労を全く無視していることです。

    特にレコーディングエンジニアの人たちは、「どういう風にしたら最高の音質になるのか」と神経を使っていると思います。

    (マイクの置き方などいろいろあるとは思いますが、詳しくは分かりません…。)

    神経を使ってようやくできたCDがCCCDによって音質が劣化するのです。エンジニアにとっては今までの苦労が水の泡になってしまいます。それではあまりにもエンジニアの人がかわいそうです。

    以上の2点で、私はCCCDが嫌いです。

  185. torimono より:

    >あちゅや(aCHUya) さん

    のご意見に一票です

    わりと気をつけて買っているつもりなのに

    CCCD、2枚目ゲットしてしまいました

    相当反対しているのに…

    判りにくいのダメだと思います

  186. 良い作品でもCCCDってだけでガッカリする。

    買った人間をバカにしてる。

    音のこともあるけど、あんなアホみたいな表記でジャケットのデザインを汚すな。

    と思う。

  187. おねいちん より:

    以前CCCDをコンポで再生してしまったせいで(結局そのアルバムも音飛びで聞けなかった)、今では普通のCDすら再生してくれなくなってしまいました・・・orz

    結構前に買ったとはいえ、まだ殆ど使ってないのに!

    ソ○ーを訴えたいです。もう泣きたい・・・

  188. はろ より:

    はじめまして。

    嫌いな理由は断然4.ですね。CDが売れなくなった理由を全部
    CD-Rに押しつけて、じゃコピー出来なきゃ売れるはずだ、って
    考え方が気に食わないです。

    その前に、コンテンツに魅力がなくなってる、飽きられてるという
    可能性は考えられないの?と問いたいです。

    まぁ実際は当然そんな訳ないのは数字が何よりも語ってますけど。

  189. drowningwitch より:

    はじめまして。

    以前勤務していた会社(音楽業界でもなんでもないけどサービス業)の朝礼で本社全社員を前に、CCCDを例に挙げて「消費者に対するサービス業の姿勢」なんて事を偉そうに吠えた経験を持つ者です(笑)。

    って事で、CCCDに関する問題には興味があります。著作権業に従事もしていなければ音響関係の仕事もしていない僕は、一般消費者に過ぎませんので、ここに書き込みされてる方々のCCCDに関する突っ込んだ話はポンッと膝を打ったり唸ったりの連続で勉強になります。

    3に一票、そして3ゆえに4に力強く一票、って感じです。

    例えば『この料理にはあなたの健康を損う恐れのある成分が含まれております』なんて書いてある料理がメニューに載ってて、「なんでそんな事すんのぉ〜、食べたいのに」って聞くと「だってそうしなきゃ材料がぜんぶ解っちゃうからウチの味盗まれちゃうじゃない」って店長。僕にはこんな感じの印象です、CCCDって。

    こんな店(レーベル)で働いている料理人(アーティスト)も可哀想ですし、もし仮に納得して料理作ってるなら、そんな料理人、料理人と認めたくありませんねぇ。

  190. せさみ より:

    そんなにコピーガードしたいんなら、さっさとDVDオーディオを開発して、家電メーカーとも話し合ってしっかりと対応しろって言いたい。

    やることが中途半端だから、業界保護にしか見えない。(じっさいそうだけど)。

    再販制度(時限)があって、還流CD防止策があって、CCCDがあって、音楽配信は以前として高値で、それでもCDの売上が上がらないってことは、それは時代が求めていないのだってことなんだけどね。認めたくないのは分かるけど、みっともない。音楽業界は自分で自分の首を絞めているのがわからないのかね。

    とりあえず、プレイヤーが壊れるのが怖くて買いません。

    CCCDは段階的に生産中止の方向(エイベックスとソニー)らしいですが、もう少し音楽ファンとの対話の仕方を考えて欲しいものです。

  191. 0shun より:

    お初にお目にかかります。

    はろさんのおっしゃるとおり、売れなくなった理由をコピーに押しつけるのは間違いだと思う。

    他にも、シングル→約1000円、アルバム→約3000円ともう何年も変わっていない値段などにも問題があるのではないかと。

    正直、どんなに自分の好きな曲でもシングル1000円もすると買う気にはなれない。

    各レコード会社にも、いろんなところから意見を取り入れてもっと変わっていくべきではないでしょうか?

  192. 賛同です。

    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0408/26/news033.html

    何もかも否定し、実力行使みたいなのはよくないっすよ、a○○xさん。

  193. ・欠陥品を売っている。

    ・不具合が生じても、責任を取る気がない。

    ・一部の悪意者のために、多くの善意者を犠牲にしようとしている。

    ・企業努力を怠ったまま、いきなり最終手段へと打って出た。

    ・CCCDだと安い、CDDAだと異常に高いという差別&異常性。

    ・CCCDを販売している裏で、ちゃっかりMP3プレイヤーも販売。

    ・「CCCDが受け入れられている」と勘違いしていた経営陣。

    ・未だにCCCDから撤退する気がない一部経営陣。

  194. こんにちは、じゃなくてこんばんわ。

    初カキコになりますぺけです。

    ドライブの性能も悪くしてしまうCCCDなんか誰が買うか!と。

    でもたまに間違って(ってか、わからなくて)買っちゃうんだよ、コレが

    そもそも、自分のベストCD作ったり、iPod に取り込んだり、はたまたPCで楽に聴けるのも音楽の魅力なのに・・・

    それをつぶすCCCDは許せん!!!

    あんたら、自分でCD売れなくしてんだよ!と怒鳴りつけたい気持ちでいっぱいです。

  195. OKEISUKE より:

    はじめまして。

    CCCDはとりあえず絶滅しそうだからほっとしました。

    CCCDのわるいところ

    ■とにかく音質が悪い

    CCCDしか出ていないディスクの場合は比較対象しようがないので、あくまでも想像の域でしかなく思い込みもあるだろうが、でも、やっぱり、間違いなく音質は悪い!

    MDより断然ひどい。

    倍音が出ないのでギターとか声とか、あっ、シンセもそうや、なんか不自然で変な感じ。

    レンジが狭いから、ハイハットなどの細かい描写が困難。

    スネアのヌケも悪い。

    全体的に、なんか霧がかかったような感じ。

    音色不足、音像不明瞭、全体的に薄っぺらでスカスカで荒い音。

    しかも、ノイズっぽい感じがすごくする。

    とにかく音楽に‘感動’がないねんっ!!!!!

    あぁーーーー、腹立ってくる。

  196. Dr.ヵゞぁも より:

    音質は言及するまでもないですが、

    「お客を疑ってかかる」という信条が嫌いです・・。

    楽曲コピーによる音楽業界の損失は認めますし、

    それを知りつつレンタルCDをダビングしたことがあるのも認めます。

    でも、それなら図書館はどうなるんだろう・・と。

    あれも「一つのものをまわし読みする」という点で同じことですよね?

    話を摩り替えるつもりはないのですが、

    例えば、コピーできない紙に印刷された本が出版されたなら

    それに賛同する人はCCCDに賛同する人とは比べ物にならない位少ないでしょう。

    言いたいことが山ほどありますが、CCCDの考え方には

    どうしても賛同出来ないのです。

  197. Dr.ヵゞぁも より:

    >>ようじさん

    やや揚げ足的になってしまいますので、最初に申し上げますと、レンタルCDをダビングする行為に関しては、私的録音補償金の関係でまったく問題はないかと。

    ただ、(以降は賛同です)

    コピーする行為が問題なのだとすれば、それは単に、目先の利益に目がくらんで、レンタルCDを合法化したレコード会社に問題があるのではないかと思います。

    つまり、レコード会社のいうように、前提としてコピーが本質的に悪い行為なのだとすれば、未来を読めなかったレコード会社の能力不足が問題なのだろうと。

    レコード会社からすれば、金をかけて育てた新人がすぐに廃れていくというかもしれないですが、その新人の価値は、音質劣化を前提としたMD程度しかないのだと、わかってやっているのでしょうか。常々疑問です。

    (あくまで私感ですが、音質を気にしているようには、どうしても思えませんし。特に女性アイドルとアニソン。)

    「レンタル」を利益回収のもっともたる手段として扱ってきたのは、何を隠そう音楽業界自身なのだと肝に銘じてもらいたい。

    正直にいって、1枚3000円もするCDはおろか、3000円もする欠陥円盤に購買意欲を呼び起こさせるほどの価値はないです。

    そんなにダビングが怖いのなら、許諾権を使って1年間レンタル禁止にすればいい。

    まぁ、「レンタル→ダビング」が日常になっている消費者が黙っちゃいないでしょうが。

    それでも欠陥品を流通させるよりは、まだマシだ。

  198. Dr.ヵゞぁも より:

    Winだと壊れる

  199. sasa より:

    今までっだってカセットテープ→MD→CD-Rとコピーは暗黙のものだった。そこを推奨するわけではないが、売り上げが悪くなったからっていきなり「コピーのせい」「ファイル共有のせい」にするのはどうなのか。

    事実、ここ数年「買う!!!!」と思った音楽もあまりなかった。音楽業界の音楽の質の落ち込みを消費者のせいにしないでほしい。

    特にPCが普及している今、コピーガードどころかPCで聴けないのはとても不便だ。

    それではせっかく見つけた「聴きたい」と思ったCDさえもコピーガードだと聴けないから買えなくなってしまう。

    CDの売り上げを激減させているのは「とにかくCDをだせばいい」と誰にでも簡単に人気アイドルなどに歌わせたり、PCユーザーが聴けない音源を出したり、音質を気にする音楽マニアの気持ちを考えていないからじゃないだろうか。

    使えない円盤を作る前に、表に出ていないもっといい音楽を普及させるべきだと思う。

  200. sasa より:

    エイベックスが音楽配信の高音質化プロジェクトを発足した。

    参照「http://www.avex.co.jp/j_site/press/2006/050411.pdf

    #PDFなので注意

    「着メロから着うた、着うたフルに消費者の関心が移行するとともに、現状の音質への不満が高まっている。こうしたニーズに応えることが急務であると判断したため」

    と。。。

    よくそんなことが言えるな、と関心

    まあ、トップが替わったからなのかな

    CCCDへの反省と前向きに捉えましょう。

  201. Dr.Rio より:

    Wired04、友達とみんなで参加した思い出のパーティだった。

    そのCDが出たので早速購入したらCCCD。

    コンピュータ再生が基本の我が家で聞くことが出来ない。

    ぶち切れながらHD録音→MP3化の

    しちめんどうくさいプロセス。音質の劣化。

    金返せよ。

  202. mp3プレーヤーで使えん。

    これのせいでPC調子悪なって壊れた。

  203. きるしゅ より:

    再生したら、大事に使っていたプレーヤーの調子が悪くなりました。

    それ以来拒否反応です。

    でも、ネットで購入する時にはCCCDと書いていないことがあるので、腹が立ちます。

  204. きるしゅ より:

    ・著作権範囲内であるはずの私的な複製までシャットアウトしていること。

    ・CDじゃない上に、購入者への保障がまったくないこと。

    ・音質<企業利益の図式。

    ・上記のように購入者へ負担を強いているにも関わらず、複製防止が未熟な点。ユーザーにここまで重荷を背負わせておいて完全にプロテクトできてないなんて、企業側の商品価値的に見ても、ただの無駄商品。

    …僕の理由はこんなところでしょうか。

    東芝、早くやめてくれないかな。

    おかげでコールドプレイの新譜がまだ聴けていない。泣

  205. きるしゅ より:

    根本的に、音楽用CDプレイヤーでさえ、動作保証を

    行わないモノを「CD」ですって我が物顔で売ってる事が

    気に入りません。

    それに今でこそ、Windowsマシンを持っていますが、

    当時CCCDが出た頃、マックしか使っていませんでした。

    そしてCCCDに「Macintoshでは再生出来ません」って

    (結果的に出来たものの)うたってる時点で

    じゃぁ何かい?

    マックユーザーには音楽を聴く権利すらナイというのか!?

    差別感を感じました。

    しかもいまだに、「CCCD・コピー出来ません」とか

    偉そうに書いてありながら特別なソフトなしで、

    MP3化出来てるし・・・

    技術の無駄遣いだ。

  206. domdom より:

    はじめまして、CDじゃないモノがCD屋さんで売ってるのが気に食わないです。

    動作保障しない、…ってそれは不良品では?値段が半額以下ならまだ納得しますが。

  207. 斉藤 より:

    音楽をパソコンで聞かせたいのか、パソコンで聞かせたくないのかはっきりしてないのがイヤですね。

    iPodのCM曲がCCCD。

    笑い話にしかなりません。

  208. アルコ より:

    斎右衛門さん、うまいね

    あたし昨日購入した最愛のアーティストがCCCD

    脳内で超流れてる

    聞きたいって思ってもipodいれられない

    CDうぉーくめんみあたらない

    明日会社いきたくない

    (通勤時つらい

  209. あち より:

    初めまして、今回より参入させていただきます。

    まず非常に疑問なのが、CCCDだから抑制できるのでしょうか?

    この答えはNOと言えると思います。

    色々なトピックや記事を読ませていただきましたが、こんなので不正コピーを撲滅できるとは思えませんねぇ。

    MDのシステムだってCDからいくらでもMDにコピーすることは可能でしょ?

    それにデジタル録音しなければいくらだって録音できるじゃないですか…

    デジタルからデジタル方式でデジタル録音したものとデジタルからアナログ方式でデジタル録音したもの(わかりやすく言うとCDからオプティカル端子を通さずにRCAなどの一般的なオーディオケーブルで接続)の音の差が果たして素人にわかるものでしょうか?

    第一CDからMDへの録音ですら音質劣化を起こすわけですよ。

    それに、ここ最近はメモリープレイヤーやハードディスクレコーダーなどといった媒介が出てきましたが、これも完全デジタルコピーでしょうか?

    まずCDは44.1KHz PCMという録音方式です。

    つまりWAVEファイルの44.1KHz PCMと同じです。

    ですが、皆さんAACやMP3…もしくはWMAに変換しますよね。

    そのビットレートはだいたい128Kbps〜160Kbpsですよね。

    この時点でも既に音質は劣化しているわけです。

    つまり本当にいい音で聞きたい人はCD買うでしょうって事なんですよね。

    CDの売り上げが低下しているそもそもの原因って言うのは、我々ユーザー側にあるのではなく、作り手側にある。

    そう思うのですが…

    私は楽曲を制作している立場の人間ですから、著作権に対して興味はあります。

    しかしながらJASRACの行っている活動には疑問点が多いです。

    まずカラオケ…これはJASRACに加入していない店舗では設置できません。つまりあのカラオケの部屋代とかにはこのJASRAC管理費が…

    MIDI…全く一緒でもないのになんでこれもWeb等で公開する場合はJASRACにお金を払わなくてはならないのでしょうか?

    本来著作権や録音権、演奏権などといったものを管理する機構のJASRACがお金儲けに走っているのは事実です。

    その上で出てきたCCCD。

    パソコンで再生できないなんてもってのほかです。

    そんなにお金儲けが大事ですか?

    ちなみにCCCDが原因でドライブに異常をきたした仲間は沢山います。

    廃止の動きがあるみたいですが、他のコピー抑制を行うのであれば、音楽離れはますます進むことでしょう。

  210. あち より:

    色々理由はあるけど、最終的にもとを辿ると、規格外だから、ですね。

  211. あち より:

    CD規格ではないものをCDとして売り、もしコンポが壊れたりしても

    補償はしません。

    これってPL法(製造物責任法)にひっかからないんですかね。

     CD規格ではないCD(欠陥商品)

     コンポが壊れる(消費者の損害)

  212. あち より:

    AmazonでCDじゃないのに、CDって書いてあるのって違法じゃないんかしらん…

    > このCDについてのカスタマーレビューを書きませんか?

    > このCDを買った人はこんなCDも買っています

    > このCDについて

    だから、CDじゃないでしょう!

  213. starsailor より:

    CDTVとCCCDTVにわけよう、ってね。

  214. starsailor より:

    あ、でもあれはカウントダウンの略か 汗

  215. starsailor より:

    明らかに音質が低下してるので。。

    同じ曲をCDDAとCCCDで聞き比べると、CCCDはスピーカーの前に

    厚いカーテンをひいてるみたい。。

    音がくぐもってます。

  216. 和音 [ o_o]/ より:

    iPodに入れられない、マックで聞けないのが嫌(というか僕にとっては致命的)

  217. CDDAと同じ代金を払っているにも関わらず,

    ・音質低下

    ・PCで(通常手順では)聞けない

    ・機械が壊れやしないかという不安を常々感じさせる

    という点ですかね。

    おかげさまでわざわざCD-Rに焼いてから聞くという

    無駄な手間を強いられているのが嫌。

    CDが売れなくなった原因はコピーではない

    (影響はせいぜい1〜2割程度)

    のに,その事実を直視せず,

    ユーザーに迷惑かけても平気という姿勢が尚更腹立たしい。

  218. 9101 より:

    >ドラゴンボルテスさん

    >CDが売れなくなった原因はコピーではない

    >(影響はせいぜい1〜2割程度)

    >のに,その事実を直視せず,

    >ユーザーに迷惑かけても平気という姿勢が尚更腹立たしい。

    その通りだと思います。

    コピーが原因ではありません。

    P2Pが原因でもありません。

    他人にもらったとしてもCDを買うことだってあります。

    Webでデータ音楽(MP3など)を買えるようにする動きもあるみたいですが…あまりはやらないと思うなぁ…

    CDにはCDの良さがあると思いますが…

    CCCDになってから音は悪い…パソコンでは聞けない…機械の故障の原因になる可能性まである。

    海外でもいろんな動きがあるみたいですが、音質劣化無し・パソコンでも聞ける・100%故障の心配ない・但しパソコンによる完全コピーは駄目だが、MP3への変換(ipodへの送信など)及びMD・DAT・MUSIC CD-R(音楽専用のCDレコーダー)での録音は許可する形なら誰もがまだ納得すると思います。

  219. 9101 より:

    Mixi内ではないのですが、最近2ちゃんねるのいろいろなところでのCCCD関連スレで、社員と思われる組織的なCCCD擁護の書き込みが目立ちます。かなりの数の書き込みで、一見消費者の立場に立っているように見えて、社員でなければメリットがないだろうに、と思われる内容です。

    そこまでやるか、普通、と思いますが、皆さんどう思われますか?

  220. りんご。 より:

    9101snow 様

    やるでしょうね、某S○NYのゲートキーパー事件(PS2)の例もありますし。(笑)SMEはレーベルゲートCD辞めちゃいましたから、そちらの方の可能性は薄いでしょう。mixiも100万人突破したようなので、関連の方がおいでになっていつこちらで活動を開始しても何の不思議もありません。

    CCCDがどんなひどいものか、わかってる人間にとってそんな書き込みは屁でもありませんが、何も知らない人に一方的なCCCD擁護の文章を読んでほしくないと個人的には思っています。

  221. オカズ より:

    S社のゲートキーパーみたいですね(笑)

    どうせ2ch見てる連中はそういう社員の書き込みを見たら叩くかスルーするかなので企業側にとってプラスにはならないでしょう。

    むしろCCCDの印象が悪くなる一方です。スルーが一番!

    ドライブが異音を発して以来、CCCDは買っていません。

    買ったCCCDは放置してます。

  222. 9101 より:

    ここには2ちゃんねるを見ない方も多いと思いますので、私の知っているソースを書いておきますね。たぶんもっと多いと思いますけれど。笑えるのはCCCDスレでない、ジャズの「Blue Note」スレにまで進出していることですね。これでメーカーがある程度特定できるわけで(笑)。

    「ついに出た!ジャズCCCD」

    http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classic/1044089928/l50

    「Blue Note RVG Edition — Part 3 –」

    http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classic/1117093844/l50

    「CCCDに固執する東芝EMI part2」

    http://music4.2ch.net/test/read.cgi/musice/1119738361/l50

    など

  223. まぁ坊 より:

    暇な人です事。

    ま、CCCDに固執したければそれで良いんじゃないでしょうか。私は買いませんし。

  224. 機能別ヘ より:

    プレーヤーを破壊する。

    PCで聞くのが面倒。ネットワークウォークマンに録音するのにこれは致命的。

  225. 機能別ヘ より:

    ピックアップ破壊

    これが致命的。

  226. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    私は以前レコード屋に勤務していたのですが、

    メーカーの人々と仕入れの際、話をしておりましたところ、

    メーカーの人々の観点はやはり「利益保護」がベースでした。

    確かに彼らもメシ喰わないかんので大変でしょうが、

    ユーザーにツケ払わしてどうすんだって。

    そんなことする前にムダな広告費削れよ。

    メーカー同士で足並み揃えて価格維持してんじゃねえ。

    ・・・とか、その時に言いそうになったのですが、

    自分もそんな奴らの片棒かついどるようなもんだったので

    何も言えませんでした。弱っ子でした。反省してます。

  227. 電波太郎 より:

    買ったものが自分の思い通りにならないのは

    我慢ならない。

  228. とをる より:

    MDに録音できないから。

    そこまで制限するな。

  229. とをる より:

    僕もCCCDは大反対です。

    音楽を作る側としては、何でそんな事をしてまで利益を確保するのでしょうか?ってな感じです。

    まず今なぜCDが売れないか?価格設定は?お金を出してCDを買ってくれてるユーザーに対して凄く失礼じゃないかと思います。

    CCCDにした所でコピーする人はしますし、それよりも本当に好きなアーティストのCDはお金を出して買いませんか?

    現物を買う事によって好きなアーティーストの収入になる。

    それによってアーティストは次の作品を作る。

    僕も過去に一枚だけ仕方なくCCCDを購入した事があります。

    そのCDは当日にコピーして複製を作り、聞くときはそのコピーしたCDを聞いていました。

    なぜお金を出して買ったCDをこんな事までして聞かなくてはならないのかとても疑問に思いました。

    話がチグハグになってしまいましたが(当初を思い出して頭にきてましたw)賛成派の方の意見をお聞きしたいですね。

    突然お邪魔して失礼致しました。

  230. とをる より:

    CCCDはCDではないのです。

    CD再生機器で再生しようとすると壊れることがあると。

    問題外です。

  231. CDロゴ、付いてないですもんね?>CCCD

    不正な規格は、再生機器に負担がかかり、壊れていく。

    再生機器がかわいそう!

  232. Winston より:

    ユーザのPCに 

    無断でソフトウェアを突っ込む。

    そんなの許されるの?

  233. まさらっき より:

    正規の規格じゃない

    自分が買った物が自分の自由にできない

    たかが音楽を聴くだけにWindowsにゴミ(専用再生ソフト)を残したくない

    というかメディアがプレイヤーに細工をするという根性が許せん

    むしろCCCDにしたせいで

    「自分でリッピングするのは怖いから人柱神がやってくれたのをダウンロードしよう」

    ッて人がかなりいるんじゃないかと思う

    俺はCCCDがついた物で欲しいと思う物がなかったからやらなかったけど

    どうしても聞きたい曲がCCCDになったらたぶん(不正に)ダウンロードしてたと思う

  234. ピュー より:

    音質がクソ。

    聞いてるだけでストレスがたまってゆく。

    何ゆえ音楽を供給する側が音を悪くさせて売りに出しているのかわからない。

  235. Fullmoon より:

    CCCDは音が悪いのでキライです。

    自分は聞ければいいや♬という耳のレベルの

    人間なのですが、そんな自分でもこの音質の悪さは

    どうかと思います。

    どうせマイク端子使えば録音できるのに・・・

  236. Fullmoon より:

    皆様、はじめまして!

    書き込みをさせてください。

    なぜCCCDがイヤなのか

    1.とをる さんの意見

    「CD再生機器で再生しようとすると壊れることがある」

    2.Winston さん意見

    「ユーザのPCに無断でソフトウェアを突っ込む 」

    に尽きます。

    それと、コピーしたものを売る、不正商売人にも腹が立ちます。

    うちの会社の隣の携帯電話ショップ選曲でJ-POPベストらしきCDを売ってました。そくJASRACに通報しました!大激怒です。

    こんなヤツがいるから、アスベスト以下のCCCDが存在する。

    明日ベストにならずに未来にはワーストな音楽環境になっちゃいます!

  237. CDプレイヤーで聴けないCDなんてCDじゃない!

    ま、実際規格上はCDじゃないんですが・・・。

    いわゆるCD再生機や、PC上のCPプレイヤーで滞りなく再生できないようなCDはもう買いません。

  238. メーカーは「音質の劣化はない」としていますが、800MBの内の数十MBをPC再生用の容量として利用してるんだから、音質の劣化がない訳がない。なのにいけしゃあしゃあと「音質に変化はありません」と言ってのけるメーカーの態度にむかつきます。

  239. ちゃと より:

    アーティストが何のために曲を作っているのかと言ったら、それは当然、多くの人に聴いてもらいたいからですよね。

    聴けるかどうかも分からない、音質も劣るような媒体で発売するというのは、アーティストの「曲を多くの人に聴いてもらう」という権利の侵害でもあります。

    そんな事をするレコード会社が、いくらアーティストの権利保護が目的だと主張したところで、なんの説得力もありませんね。

  240. SEIYA より:

    ちゃとさんの意見に同意します。

    アーティストが心血を注いで生み出した曲。

    「多くの人に聴いてもらいたい」と願って生み出した曲。

    それを、再生機器が壊れるかもしれないCCCDに収録するなんて、アーティストに対する冒涜ですよ。

  241. タカハシ より:

    はじめまして。CCCDは一枚も持っていません。

    キライな理由

    「レコード会社が顧客満足おろかアーティストの利益保護すらマトモに考えていないから」

  242. まっちゃ より:

    はじめましてー。

    CCCDとレベルゲートCDを1枚ずつ持ってます。

    確かな知識の無いときに安易に購入してしまいました。

    「音楽を聴く」というそもそもの目的を満たして

    くれないなんて酷いですよね。

    (再生機器破壊の恐れあり。安全でない!)

    アーチストに対しても消費者に対しても失礼極まりない行為だと思うのです。

  243. MACだとそもそも再生できなかったり、機械破損の恐れとか、もう、消費者に対して態度でかすぎですよって話で・・・。

    皆の意見にだいたい同意ですね。

  244. れん より:

    ワタシの場合、再生機器に支障が出たからですかね。

    元々CCCDは視聴環境になくても済むものだから、存在しないってことにしていますw

  245. ふぁう より:

    こんなことを続ける東芝は本当に不買運動ですよ

    このIPodが大ブームの中パソコンで聞けないって・・・

    もはや消費者をなめてるとしか思えないですね

    だけど東芝EMIって良い洋楽アーティストいっぱいいるんだよね・・・

    (‘A`)あぁ・・世の中ってホントにつらい

  246. サロン66 より:

    iPodでシャッフル三昧の私としてはCCCDでのリリースが

    本当に悔しいです。

    幸いな事にUS盤は普通のCDだったりするので

    輸入盤を買ってますが、Royksoppみたいに日本盤が特別仕様

    だったりすると対応不可です–;

    絶対に売り上げ落ちてると思うんだけどなぁ。。。

  247. サロン66 より:

    >239 いがらし様

    水をさすようですが、CD−DAは容量を変化させる事は出来ません。例えば5曲700MBも10曲700MBも音質は同じです。CCCDはPC用圧縮音源とコピーガードのファイルが組み込まれていますが、その分音質が下がるのでは無いという事です。業者に対するクレームをつける消費者は弱い立場になりがちです。であるなら尚更CCCDに対して正確な情報をもって意見を言った方が建設的と考えます。

  248. Mr K より:

    あまりに音が悪くて、製作者の意図が伝わらないから。

    サウンドの質が悪ければIpodになるわな。

    あほですな。

  249. 夏海 より:

    音質が劣るから

    好きなアーティストがCCCDだと聞く気失せます・゚・(ノд`)・゚・。

  250. coz-Rhythm より:

    CCCD売れないからって、iTMSでの提供音源まで

    劣化音質で供給してくる某A社はふざけているとしか。

    CD買う気すら失せますがな。

  251. coz-Rhythm より:

    CDに似せたうそっこ盤だから。

    音楽を聴いてるすべての人に対して失礼。

    アーティストそのものも好きじゃなくなってしまう…

  252. 〓にくまる より:

    なんだかんだでドライブ4台破壊されました(泣)

    レーベルからの「CCCD縛り」は無くなったはずなのに,

    いまだに新譜をCCCDで出してくるアーティスト...

    自 分 で 販 売 数 減 ら し て ど う す る 気 よ ?

    # 怖くて買えないってば(汗)

  253. アルフ より:

    つまりCCCDって消費者を泥棒扱いしているわけでしょ?そんなこと思われてたら買う気がうせてしまいます。PCでも聴けないときがあるし、車でもCCCDは聴けないことが多い。

  254. Will=North/栞 より:

    基本的にPCをプレイヤー代わりにしてるのでCCCDは非常に厄介です。

    ・・・まあ、CCCDでもmp3化できてしまう場合は多いのですけれど。

    もう1つ言えば、CCCDでプレイヤーを破壊しても「われ関せず」な業界の態度が非常に不愉快です。誰がこんな欠陥品に金をだすかと。