mixiのセキュリティについて思うこと

人気の記事:

コメント

  1. 犬野すずき より:

    セキュリティって、オプションであって、

    なんのオプションかといえば、

    リスクのオプションなのです。

    リスクを考えるときに、セキュリティ機能という

    オプションを考えに入れて、

    受け入れるなら使えばいい。

    受け入れないなら使わなければいい。

    というものだと思いますよ。

    なんでもかんでもガチガチのセキュリティがあればいい。

    というのでは、コスト、合いませんよ(w

  2. ごだっく より:

    orkut, mixi, gree, friendmap, echoo と最近よくみかけるところを確認してみましたけど、friendmapだけhttpsで通信できるみたいですね。

    ユーザの自己責任というのは当然ですが、アドレス欄が http://〜https://〜 だった時の差を理解している人って、どれくらいいるものでしょうかね?

  3. ぽん少佐 より:

    んですねぇ

    安全性は利便性とのトレードオフなのでそこらへんは設計者によるところかもしれません

    ついでに安全性の確保はこれもまた費用とのトレードオフなのでこっちは運用者とか管理者とか経営者とかその辺の人によるのでしょう

    オプションとはいい表現なので今後利用させてもらいます^^

    ちなみに私は常時接続になって

    「進入されないかな?」と心配して質問してくる友人に

    「電源切っとけ」と切れた経験があります

    皆さんスキル高そうなので実はびびり気味です・・・英語ほとんど読めないし_no

  4. mikiT より:

    https で通信してても、通信相手の IPアドレスはわかっちゃうわけで。

    パケットダンプしてれば、ああ hogefugaさんって mixi やってるのか、とわかりますよね。

    それが嫌な人は、おうちマシンの SoftEther 経由ででもやるのがいいんじゃない?