ノストラダムスの大予言

人気の記事:

コメント

  1. エルモ より:

    ええ、僕が世界救いましたもん。あのときは大変だったですよ。

  2. yuka(柿) より:

    あなた、だったんですか!

    もしかして〜今思うと、2000年問題の事だったのかな〜?

    ちょうど30才の油がのった仕事頃だったから・・

  3. ぽぽえろん より:

    お子ちゃまの頃から信じていたんですよ。大予言。

    だから30歳〜のビジョン作ってなかったんですよ…

    _| ̄|○ ひどいわエルモさん、あたし自分の老けた顔みたくなかったのにぃぃ(マテ

  4. エルモ より:

    私も信じてました。。「ムー」見て。

    就職して、保険の勧誘も

    「世紀末が来るから。」って断ってました。

    いまは 入っときゃよかったと

    チト後悔。

  5. エルモ より:

    >ぽぽろん〜★さん

    あはは。僕も最近自分のおなかを見ると、ちょっと後悔しますね。あと、あれ以来腰痛がひどくて(笑)。

    僕の元上司も大予言信じてて、「どうせあと数年なら好きなことをやる」と会社興したりしちゃう人でした。まあ無闇にポジティブな人だから、21世紀は21世紀で「1999年で死んでいたと思えば」とか言ってそうな気はしますが。

  6. yuka(柿) より:

    はじめまして。

    全く関係ない話で恐縮ですが

    今このコミュニティ、69人ですね。

  7. yuka(柿) より:

    おおお!そうだった!

  8. tag より:

    うわ!すげーです!

  9. 匿名 より:

    いつの時代も”予言者モノ”みたいのが流行ったりするもんですね♪
    今なら”ダビンチ”でしょうか?

  10. みつき より:

    2004年6月18日のイライザさんの書き込み時点で

    コミュニティ参加者が69人。

    いまや1400人を超え。

    1969人も夢じゃないかも!

  11. 匿名 より:

    >みつき さん
    最下部にあったトピを掘り出してみたら、2年で20倍ですもんねぇ!
    ホント1969人目はお祝いモンですねっ
    (^-^)/

  12. 五島勉にはすっかり騙されてましたねぇ〜(><;)

    「恐怖の大王」ホントに降ってくると思ってた〜

  13. >>12

    そういえば、今のオカルト研究者の間で「1999年の7の月云々はずれたけど、2003年以降今に至る展開は五島勉の解釈が当たっているかもしれない」と言う人がちらほら出始めていますね。

    イラク戦争→イラク内戦→イスラエルのここ最近の攻撃…と言う展開はノストラダムスの予言やキリスト教の週末思想とマッチしているとか。らしいです(^^;

    # ちょっとオフトピでしたか(^^;

  14. 人類皆兄弟さん。

    そうなんですかぁ〜(汗)

    しかし、五島さんの扉写真が怖かった

  15. 「ノストラダムスの大予言」は、これはホンマにトラウマに

    なりましたね。

    何せ、初めて読んだのが小3くらいだったかな。

    「1999年7の月…」という例のフレーズが頭にこびりついて離れなかったですね。

    自分の半生を振り返ると「どうせ俺ぁ長生きできねぇんだからよ」という「諦観」から随分ムチャもしました。

    せめて中学生くらいのときに読んでれば、もう少し醒めた目で見られたんでしょうけど。

    作者に(密かに)殺意を抱いている人、実は多いんじゃないかなあ。

  16. FX より:

    五島勉は中学校の頃に友達に薦められて(!)読み始めました。ちょうど、大予言IIIが出る前あたりだったと思います(本屋で新刊のIIIを買った記憶があるので)。

    さすがに中学生だったので、予言自体は「そりゃねえだろ」って感じで読んでましたが、本自体は非常に面白かったですねえ、いろんな歴史的エピソード満載っぽくて。逆に言うと、予言の話自体はすごく少ないという(笑)。しかも歴史的エピソードだと思ってたのが後にかなりの部分がどうも氏の創作らしいと知ったときには「やられた」って感じでした。

    氏がノンブックスから出した本はほとんど買い揃えてますね。違う出版社から出てた「地球少年ジュン」というクソつまらない小説まで買いましたからw。

  17. より:

    1999年7の月に必ず滅亡すると信じていました(笑)思いきり遊んでから死のうと、やりたい事いっぱいしました(笑)30で死ぬなら老後の心配もしなくていいと思ったり…かなり単純バカですよね〜f^_^;

  18. より:

    大予言、恐かったですよね〜

    僕も30歳で死ぬものだと思ってました。

  19. より:

    五島勉の「ノストラダムスの大予言」シリーズ、高校3年のとき授業中に先生の目を盗んで読んでいたのがみつかってビンタされたことを懐かしく思い出します。

    結構信じている人多かったですね。私も半信半疑ながら少し信じかけてました。

    その後「と学会」の本読んだりして、内容がでたらめであることを知りましたが、おかげで中途半端な嘘より、徹底的なでたらめの方が一般的に信じられやすいことがよくわかりました(「ダビンチ・コード」なんかもそうですね)。

    おかげで物事を懐疑的に見るクセがつきました。おかげで友人は私のことを「ひねくれ者」と呼びます(^^)

  20. 匿名 より:

    大予言は確実にくると断言していたオカルト系のいんちきくさい連中は今何してるんでしょうね。

    責任を取れ、ばかもん!