心に残る名言・名シーン

人気の記事:

コメント

  1. カニコンブ より:

    ネタバレかつベタかもしれませんが…

    やっぱり

    「でも愛し合うことだけがどうしてもやめられない」

    電車の中で泣きそうになりました。不意打ちです。

  2. 犬野すずき より:

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も後悔も

     もったいなくてタナベなんかやれるかってんだよ 」

    が好きです。

  3. ダ より:

    ベタもベタ、大ベタですが「ユーリを守って」ですね。判っていても、涙腺がぶわっときました。

  4. ダ より:

    あぁ、いいですねぇ、「Please, Save Yuri」

    あのエピソードと

    コンパスをロケットで打ち上げる話、

    すごく好きです。

  5. ダ より:

    アニメですが国際基準チェック終了後、エルタニカのおっちゃん「国境線なんてどこにもないのに…!」でやられました。 まさかこんなベタな台詞で泣くとは…。 それまでの盛り上げ演出が良かったせいかな。

  6. TR2HG:F より:

    コミックのほうで、

    タナベの「女のカン」ってのが

    結構グッときた。

    頭でっかちぢゃない感じがステキです。

  7. ども、はじめまして。

    最近一番ハマっているアニメ&コミックなので、

    つい参加してしまいました。よろしくおねがいします。

    ダイジさん>

    >アニメですが国際基準チェック終了後、エルタニカのおっち

    >ゃん「国境線なんてどこにもないのに…!」(略)

    このセリフは、私もグっときました(^^;

    こんな世界情勢の今だからこそ、結構重みがあるというか、

    意味深いセリフですよね。

    アニメも原作もそれぞれ、いろんなことを考えさせてくれた

    作品でした。

  8. Trinity-M3 より:

    はじめまして,鳥です。

    Please,Save Yuri!

    は,かなりヤバかったです。あの話は悲しすぎる…

    ただ,その後にユーリがココロの整理をするまで描かれていたのが,

    非常に印象的だったかも。

    普通のドラマとかだったら,流しちゃいますからね…

    ユーリの口調も変わるし(w

    人を心から愛する,信頼するってのを見直させられる,

    非常に良いストーリー展開に参りました(w

  9. テレビ版なら、皆さんも言われてる10話でユーリが言った、「大切な人がいなくなるとね。悲しくも、辛くもないんですよ。何にもないんです、気持ちが。」ってのが一番堪えました。

    1話後半と、11話の最後の台詞は、確かにタイムリーでした。今の世界を見渡してみるとねー。別にイラクとかイスラエルとかに限らず考えちゃいますねー。

    漫画のほうは、PHASE4の「太陽系規模の一家離散だなあ」とか、PHASE5の「宇宙を望んだ人間はみんな始めはウソつきだったんだよ〜そいつはじきにウソつきじゃなくなるんだ」とか、もう各一話毎に気になるフレーズやシチュエーションがあって書ききれないです、ハイ。4巻で一旦打ち止めなんて、やっとこれから話が広がっていこうかって時なのに残念です。

  10. だーます より:

    「阪神V8だし」

    3巻の一番最後の話の五郎の台詞。

    なぜか心に残ります。

  11. ネジ より:

    初めまして、ネジと申します。

    プラネテスコミュニティ、あったんですね。

    感激。

    ハチのタナベへのプロポーズがたまんないです。

    何度も読み返して、ぽわ〜(*~~*)としております。

  12. ヒロポン® より:

    あなたの愛は薄っぺらいのよ!!

    クレアさん大好きなもので。

    みんな幸せになってもらいたいなあ。。

  13. ヒロポン® より:

    ちょっとの間

    自分の中だけで「アイコピー」と言うのが

    流行りました。。。皆さんはどうですかね???

  14. さう より:

    Phase.15の『“エーデル”でいいよ』

    Phase.16『忍者さんたち、就職決まったんだって。月の裏側でフォン・ブラウン号のエンジンの実験場……』

    聞いた瞬間、思わず「なにー!」

    Phase.12 オペレータの「DS-12 デブリ回収船です!」の

    あとに続くハキムの漏らした台詞『トイボックスか……!』

    その後の展開を知っているだけにストーリー上の重みがあり、

    知らないなりに筋の通る台詞というのは、芸が細かい。

    こういう、ささやかだけど世界に厚みの出る

    台詞ってのが好きです。

  15. より:

    「さて

     行くかァ木星」

    二巻の話は何から何まで好きです。

    (思いきり星を間違えてました恥ずかしい)

  16. 地上波放映はじまりましたねー。

    私は原作しか知らないので、草さんと同じく原作二巻全部。

    「オレ達はな、もうゴメンじゃ済まねえんだよ!」とか。

  17. TAKANO より:

    「この宇宙に 俺に関係のない人間なんて 一人もいねーんだ」

    あれはなかなかよかった。(ゴロー風)

  18. !!! より:

    ジャストミートおおおおおおおおおお!

  19. アニメ最終話の例のプロポーズが最高です!!

    漫画でもスゴイ!と思ったが、映像になるとさらに相まって

    あの音楽にあの演出。すばらしい。。

  20. けい より:

    お初です。

    僕も犬野すずきさんと同じで、

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も後悔も」が

    一番です。あとは、ロックスミスの

    「真理の探求は科学者が自らに課した使命です」

    ですかね。アニメでは、フィーの

    「最後に課長!何もしないで」が爆笑でした。

  21. 原作PHASE.24「咆える犬」のロイ君の大ゴマでの「ワンッ」

  22. ayumew より:

    はじめまして!やっぱ一番の名台詞は

    コミック第一話の、ユーリのコンパスの台詞ではないでしょうか?

    あのシーンを見てこの漫画は、ただものではない!と

    思いました。

    アニメ版ってなんか微妙に設定がおかしいんですけど

    実際、面白いんですか?

  23. ayumew より:

    台詞じゃないけど、宮沢賢治のサキノハカが出てきときは

    何か来るものがありました。

    シーンでは、キュータローの、コマ変わって成長してるやつ。

    ああいう話は序盤じゃないとできないですね。

    >実際、面白いんですか?

    全く面白いとは思わなかったけど、楽しんだ人がいるのは

    なんとなく理解できます。

  24. ISUZU より:

    覚悟なら、もうできてるよ。

    広い海だな、しかし。

    アニメでも原作でも好きです。

  25. キリエ より:

    コミック4巻のハチ親子が木星に向かって言った、

    「シューメーカーレビー彗星かえせー!」

    久し振りに腹抱えて笑いました。

  26. しむしむ より:

    ゴローさんの

    「参ったな、もう帰れない所には行けねーや」(だったかな?)

    ハチが産まれた時の台詞ですね。

    ちょっとグッときました。

  27. カメイ より:

    >TAKANO さん

    「この宇宙に 俺に関係のない人間なんて 一人もいねーんだ」

    やっぱこれでしょう。

    これは僕の中での格言にもなってますよ。

  28. より:

    台詞ではないのですが、タナベの遺書。

    この作品の恐ろしさを思い知らされました。

  29. Y041 より:

    「とにかくその時

    このタナベが宇宙へはいりこんでくるのを

    オレは阻止できなかったんだ」

    全部読んでこの後の二人の展開を知っていると、読み返したとき感慨深いものがあります。名言ってほどではないですけど。

    >草さん

    そこに注目するとはw。無言の名言、というところですね。

    書き損じの痕がリアリティあります。

  30. まちきち より:

    PHASE 4:「無いんだ 世界のさかい目が   

                 なんか……それでいいと今は思うよ」

    PHASE11:「この世に 宇宙の一部じゃないものなんてないのか

         オレですらつながっていて

         それではじめて宇宙なのか」

     

  31. はお より:

    いま、DVD4巻を見終わりました。

    ユーリの話で泣きました。あの刻まれた台詞だけで泣きました。

    私は中学生のときにオネアミスの翼を見て、Zガンダムのノベライズ版を読んでいた世代です。

    あのころは、いつか必ず行ってやるとほざいてました。

    で、行ってやると思っていました。

    で、今はしがないサラリーマンやってます。

    昨日、ニュースで1200万円払えば、宇宙の近くまでいける時代が来たそうです。

    あぁ、百歳まで生きてやる。

    絶対、生きてやる。

    年金だって払ってやるさ。もらってやるさ。

    で、観光旅行で年をごまかして月まで行ってやる。

    ロマンですな。

    ある意味ロマンスかも。

  32. はじめまして。

    地上波アニメから、はまりました。

    先々週・先週分と続けて見ました。

    先々週放送分の「Please,save,Yuri」、

    そして先週分の「国境線なんてどこにもないのに…!」に大泣きしました。

    もともと、フィー姉御目当てで見ていた作品ですが、

    最近はストーリーそのものに凄くはまっています。

  33. 8◎ より:

    「・・・・気安く愛を口にするんじゃねェ」

    ロックスミスが大好きです。

    アニメもコミックもどっちも好きですが、アニメではロックスミスのコミック4巻のような面がほとんど出てこなかったのが少し残念です。

  34. JAGI より:

    名言ではないのですが、、

    オープニングの『光がー』というところで

    歌詞とムービーの光りがシンクロするところが

    何か感動的で好きです。

    あと、シーンでいえば

    PHASE12の宇宙防衛戦線によるセブンへのテロ敢行時の

    セブン管制室でのやり取り

    「3機迎撃に上がっています!目標到達まで後150秒!」

    『間に合わんではないか!!!』

    あたりが好きです(フィー姉さんの切れっぷりもグー(^^ゞ)

  35. MYO より:

    前後の演出があって生きてくるセルフだとは思うのですが、やっぱり一番心に残ったのはハチの「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も後悔も、もったいなくってなぁ、てめぇなんかにやれるかよぉ!」が一番心に残っています。

    でも、それは24話の中でのハチの台詞です。タナベの回想で流れるあの瞬間です。

    24話でのタナベがクレアを背負って喋る台詞は、全部がなんだか心に残ります。あの台詞を通して彼女の葛藤が見れたから、ハチのあの台詞が生きてきたのかなぁと感じたりします。

    そう考えると、一番心に残っているのは、タナベの「そんなの、愛がありません」かも知れません。(笑)

    愛を持ってる女性って強いなぁとか思いました。頭上がりません。

  36. JiJu より:

    フィーのおじさんの話。

    すごく泣きました。

  37. JiJu より:

    初めまして

    僕も「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も

        もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ」

    と、

    コミック最後のPHASEの

    ハチの言葉に鳥肌が立ちました。

    全体を通してかなりやられたんですが、

    この二つは特に。

  38. 宗谷司 より:

    アニメ版18話の「オーケー ベイビー」が好きです。ハイ。

  39. 宗谷司 より:

    なぜか出てきてない。

    「次は失敗しません。ご期待ください」

  40. はじめまして。

    先ほど登録しました。皆さんどうぞよろしく。

    私は、番外編でおやっさん(若)の呟いた言葉が好きですねぇ。

    「まいったね。帰りのキップの無いところにはもう行けねぇや。」

    港があってこその船乗り。

    紆余曲折があっても、最後には港にたどり着かなきゃ。

    なんとなくそう思います。

  41. 私が好きなのはハルコさん(ハチの母ちゃん)のセリフ

    「言いかえればね、どこに行っても何してても構わないけど私のトンカツの絶妙な美味しさ忘れないでいろってことよ。シンプルでしょ?」

    この人も愛がありますね。

    強い。

  42. あきら より:

    “I Copy!” ですね。(笑)

  43. あきら より:

    はじめまして〜。漫画版しか知らない、にわかファンですがよろしくお願いします。

    一番初めの話の「ユーリを守って」でハマってしまったので、

    これだけははずせません。

    色々考えさせられる台詞がある中で、感情だけで理解できてしまうあたり。たまりません。

  44. あきら より:

    はじめまして。登録初回書き込みです。

    コミックでは、やっぱりラストのハチの木星到達演説と、それにロック・スミスがつぶやくシーンが入っているところが、絶妙と思います。

    アニメでは、ユーリが探し物を見つけるphaseです。あのシーンの描かれ方と音楽のかぶさり方が良くて、見ていて感動します。

  45. 何巻か忘れたんですが

    「闇を見ることが出来るのなら、光を見ることも出来るはずさ。呼び名がちがうだけのことだからな」

    ってのが好きです。

  46. こむもふ より:

    人間の言葉を話さない幼いタナベに対して、お父さんが

    「ごめんね。本当はお父さんとお母さんが人間以外の

    言葉をわかるようになればいいんだけどね。」

    タナベ父、大好きです。

  47. あつし+β より:

    初めて雑誌で見たPHASE.16の

    「独りじゃないから、オレは生きていられるんだ」

    この台詞でプラネテスのコミック揃えようと思いました。

    白猫の言う通りありきたりなんだけど、この台詞にはやられました。

  48. K2nd より:

    はじめまして!

    最終回の最後の最後のタナベのセリフ

    「大丈夫!約束したから。必ず帰ってくるって」

    のセリフになんだか、全部ストンって、そっか。って納得できた気がします。

    みなさんはどうなんでしょ?

  49. K2nd より:

    コミックは一切無駄がなく、全てが心に残る名場面名セリフのオンパレードですね。

    私が今まで出会った作品の中でNo.1級の作品となりました。もちろんDVDも全巻買います!

  50. まるやま より:

    はじめまして。

    アニメのは見てなくて漫画の方しか知りませんが

    よろしくお願いします。

    男爵

    「先日はごめん でも 君の胸部の感触はとてもステキだった ありがとう」

    ロックスミス

    「….心配ない  かなしくなっただけだ」

    学校帰りのバスの中で読んでたんだけど

    男爵で声出して笑いそうになり、ロックスミスで泣きそうになりました。

    本当素晴らしい漫画ですよね〜。

  51. +15 より:

    プラネテスみたいに原作読まなければもっとアニメをたのしめただろうなぁ!と思ったものはありませんでした

    好きな台詞は四巻のロックスミス

    「君のその愛が 彼の心をとらえた事などないのだよ」

    です

    なにかわからないんですけど、とんでもなく衝撃を受けました 好きです ラブです

    シーンはやっぱり、しりとりのプロポーズですかね。

    体をふるえが駆け巡りました

  52. 犬脚 より:

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ」

    ハチの凶相が素敵。

    宮沢賢治もいい。

    幸村先生のあとがきも好きです。

    ほかにもいっぱいあるけどね。

    あげてたらきりないや。

    好きだぜロック・スミス&男爵。

    神の愛のセリフにタナベが入ってくるのは象徴的ですね。

  53. ばやし より:

    っ[Please save Yuri.]

    。・゚・(ノД`)・゚・。

  54.  ハチとタナベがしりとりをしてるシーン。

     「結婚しよう・・・・・う、だよ?」

     「うん」

     二人の仲の良さがよく見えて、あぁ、こんなのいいなぁと

     思った。

     あとは、フィー姐さんの

     「はっはーーっ!ジャストミートッ」

     笑った笑った。

  55. 葛湯 より:

    初めまして!原作ファンなもので参加させてもらいます♪

    やはり一番好きなシーンはしりとりプロポーズですね。

    愛がいっぱい。

    そして3巻の巻末あとがき。

    きっとあれが幸村先生の原動力なのかな…すごいパワーですよね。あれも。

  56. ほりぞー より:

    はじめまして、原作のほうはすでに出つくしているので

    プラネテス超外伝(4コマ)の

    「…宇宙人グレイの好んで食べるものは」

    「マッシュルーム」怖ぇー1UPする気だ

    とか

    ナマコをみて

    「日本人はそれ食べるぞ」

    「罰ゲームか何か?」

    が笑えました。

  57. ほりぞー より:

    セリフじゃ無いのですが、フィー姐さんの過去話が

    モーニングに連載されてた時にタイトルと一緒に書いてあった

    多分編集者の煽り文句「私は野良猫・・・」ってのが妙に心に残りました。

    ですが、「・・・」になんて書いてあったのか忘れてしまったんです orz

    だれか知ってる人がいたら教えてください

  58. fox より:

    はじめまして

    お邪魔します

    プラネテス、ユーリのあの文字が読めた時、

    すごく泣けました。

    オープニングも話の内容にあわせて細かく変わっていたのも

    ふと、思い出してなけました・・・。

    あだなの付け方も絶妙で、ほんとうに、

    後からじわっと泣けました。

    続編の話はほんとうなのかな?

  59. ども、お初にてお邪魔します。

    ppシンドロームです

    飛び飛びで見ててNHKアニメの存在は知ってたんですが・・・

    プラネテスの漫画本の存在を一昨日知って(「オソッ」でしょうか?笑)、昨日全4巻とも買ってきて、今日第一巻を楽しみながら読み終えました。

    続きが楽しみです。ここはネタバレなんで余り見ないようにしましたー

    一巻ので(・∀・)キュンキュンきたのは、

    ノノ「いいでしょ 私の海」

    ハチ「広い海だな しかし」

    のハチの台詞でカラダの中からパァーと開放した感じがしました。

               にゃるほどっ、って!!

    パワフルかつ笑えるし、面白いです

    「はっはー!ジャストミートッ」(1巻より)

    いい味(カオも)だよ(≧∇≦)b 、フィーねえさんっ

    まだ一巻しか見ていないんでこの辺です( ´,_ゝ`)イ ヒ

    >58 たーの様

    続編の噂があるのですか、もしそうならば楽しみですね。

    大晦日はNHKスペシャル番組も有るようですし

    2,3,4巻とアニメで年末は

    プラネテスで楽しませてもらいます。

    それではみなさまよい年末をー

    でわでわー

  60. いねんこ より:

    ローランドさんの「俺ほど・・・宇宙を愛してる者はいないと言うのにずいぶんな仕打ちじゃないか」

  61. より:

    タナベの

    「1人で生きて1人で死んでひとりで・・・なんで満足できるんですか!? 馬鹿みたい・・宇宙は1人きりじゃ広すぎるのに」

    これ最高っす・・・

  62. えみち より:

    作品殆ど大好きシーン・名台詞ばっかりですが、一番好きなのが、原作のしかも台詞じゃないんですが、4巻の幸村誠さんの言葉に心打たれました。多分今まででTOP3に入る勢いで。

  63. S・tossy より:

    はじめまして。

    やはり一番強烈だったのは

    「はっはー。ジャストミート!!」

    ですかねぇ。

    かっこいいです…。

  64. S・tossy より:

    いくつもいくつもあるけれど、ロックスミスの

    「……気安く愛を口にするんじゃねェ」

    なんつーか、カッコ良いの一言。

  65. 平作 より:

    はじめまして、平作と申します。

    オイラが感動したのは原作の方のこの台詞ですね。

    第4巻304P

    人類初の有人木星探査船計画主任ロックスミス氏の台詞

    「真理の探究は科学者が自らに課した使命です。

    「本物」の神はこの広い宇宙のどこかに隠れ我々の苦しみを

    傍観している。

    いつまでもそれを許しておけるほど私は寛容な人間ではない。

    神が愛だと言うなら我々が神になるべきだ。

    さもなくば・・・・

    我々人類はこれから先も永久に・・・

    真の愛を知らないままだ。」

    オイラはこの台詞に激しく感情移入してしまいました。(^^)

  66. 雪達磨 より:

    初カキコです。

    私はフィーさん話が好きなんですが、あの子犬用の首輪を外した犬の吼え声セリフ(?)が心に残ります。

    「ワン!」だけなんだけど(汗。

    おいちゃんの事は、フィーにとってこの首輪のように、心締め付けられる事だったんだな、と解釈しました。

  67. 「エーデルでいいよ」

    あの笑顔には、やられました!

    その勢いでコスプレもしちゃいました(‘A`)

  68. 平作 より:

    特命係長 只野仁美 殿

    オイラもエーデルは好きなキャラであります。

    普段は黙って黙々と仕事をこなし、随所にピリっとした突っ込みを入れる彼女はデプリ課になくてはならない存在であると思います。

    つか、エーデルこそフィー姉さんと並ぶデプリ課の「大黒柱」ともいえる存在ではないでしょうか?

    (実務は実質ほとんど彼女が取り仕切っているみたいだし。)

    ps

    貴殿のお写真を見せていただきました。

    似てます。(^^)

    まさにエーデルそのものであります。

  69. ゆうじ より:

    はじめまして。今日から参加させてもらいました。

    「スッゲーがんばんないと宇宙船なんか手に入らない。マジにならないとダメなんだ。

    だからオレは、それ以外のことはいっさいしないと決めた。それ以外のことを考えるのもやめようと思った。

    でも

    でも、愛し合うことだけがどうしてもやめられない。」

    これにブワっときちゃいました。ちなみにプラネテスにはまったキッカケはやっぱりコンパスの話です。

  70. 特命係長 只野仁美 さま

    お写真を見させていただきました。

    プラネテス実写版ですか?・・・似てます。

    トテモ(.A.)イイ感じです

    まさにエーデルそのものであります。

    これからもドンドン出没してください(期待w

  71. >平作さん、PPシンドロームさん

    原作にいなかったので??と思ったらメインの話あるとは…

    と、油断していてヤラレター!って感じでした<エーデル

    お褒めいただいて恐縮です(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    顔つき的に攻撃的か無機質な表情なキャラだと褒められますw

    コスプレ広場なんて寒くて出られなかったのですが…

    すれ違う方々に多少反応があって面白かったです。

    社会生活がある為、金髪は即止めたのでヅラ買ったら

    コミケ以外でリベンジしようと思ってます。

    話がそれてしまったので…

    好きな台詞、というか原作3巻69pの田名部親子が

    三人で台風の日に窓から外を眺めるシーン大好きです。

  72. さとみ より:

    はじめまして。

    BS放映時におもいっきりはまって、

    最終回の後は1週間くらい脱力状態になってました

    やはり最終話のドルフ社長のテクノーラの経営陣とのやりとりで、

    「社長から常務。つまり降格ということですか」

    のところはよかったですね。

    あとは、エピローグの「Planetes」が流れてるときは

    最高ですね。本放送の時ちょっと泣いてたし。

  73. S・tossy より:

    改めて。各キャラの個人的名セリフ(アニメ版)

    ハチ

    「愛し合う事だけが、どうしてもやめられない」

    「独りじゃないから、オレは生きていられるんだ」

    タナベ

    「独りで生きて、独りで死んで、独りで…

     何で満足できるんですか、バカみたいよ!」

    フィー

    「はっはァー!!ジャストミィーートォォ!!」

    「そうとも、暖かい所に引き篭もって居ても、何の解決にもなりゃしないんだ」

    ユーリ

    「無いんだ。世界の境目が。なんか…それでいいと、今は思うよ」

    ユーリの奥さん

    「Please save Yuri.」

    エーデル

    「エーデルで…良いよ」

    「…デブリコンビ(ボソ」

    エルタニカのおっちゃん

    「此処からは、国境線なんて見えないのに…ッ!」

    ノノ

    「どう?いいでしょ。わたしの海」

    ロックスミス

    「…気安く愛を口にするんじゃねェ」

    白猫

    「闇を見る事が出来るのなら、光を見る事も出来るはずさ。

     呼び名が違うだけの事だからな」

    いっぱい書いちゃった。ごめんなさい(死

  74. テマラ より:

    初めまして。

    約1年前の土曜の朝、「ベル薔薇」を見ていて偶然このアニメの存在を知り、

    トリコになってしまった者です。

    その後は、コミック、DVDと順調に買いあさってしまいましたw

    私の好きなシーンを書かせてください。

    コミック版でのお話です。

    木星往還船搭載機の試運転中の事故により正規クルーチームから降ろされたレオーノフ。

    そのレオーノフを見舞った帰り際、

    ハチマキは病室のドアの前で彼の母親らしき人物と出くわした。

    彼女はハチマキの手を取り、ロシア語で涙ながらに何かを語りかけている。

    ロシア語のわからないハチマキは最初は戸惑った様子を見せたが、

    やがて彼女の言わんとしている事がなんとなく伝わったようだ。

    私はこのシーンで泣いてしまいましたね。

    読者の大半の方ももロシア語がわからないでしょうから

    このシーンはそれぞれとらえ方が違うと思いますが、

    私は,安堵感と感謝の気持ちがにじみ出たような彼女の複雑な表情にやられました。

    その後のコマのハチマキの表情も印象的です。

    つたない文章で申し訳ありませんm(__)m

  75. oneone より:

    初めまして、まさかプラネテスのコミュニティーが存在するとは思いませんでした。

    ところで、話題に上がっていないみたいですが、1週間ほど前にアマゾンでプラネテス4巻を買おうと思いサイトを見ていたら、ドラマCDなるものがあるじゃないですか、即購入・・・

    感想としては、1〜10話当りの明るい感じのプラネテスが好きな方にはお勧めです。

    とっくり・ペティクル座星人

    の話はかなり笑えます。

    本題の好きなセリフですが

    「I Copy」「You Copy」

    です。

  76. カテキン より:

    ユーリとインディアン(かな?)のおじいさんとの会話。

    「ここも宇宙じゃよ」

    というのがたまらなく好きです。

    この言葉を実感したくて、

    旅に出てしまいました。

    実は今メキシコのティファナから書きこんどります。

  77. みずくらげ より:

    はじめまして。

    モーニングに初掲載された時からのファンです。

    で、心に残るシーンはやっぱり

    フィー姐さんの

    「はっはーっ! ジャストミートッ」でしょう!これしかないですっ。

    あとは、ロックスミスの

    「……心配ない

    ただかなしくなっただけだ」と

    「……気安く愛を口にするんじゃねぇ」でしょうか。

    いろいろ考えさせられます。

    ここに至るまで彼になにがあったのでしょうね。気になります。

  78. もみじ より:

    はじめまして。

    前出の台詞も、みんな好きなんですけど、私がすごい好きなのは、

    ハチマキとタナベがしりとりをしていて、

    「また『け』かよ」「もうないでしょ」

    「あるよ」「結婚しよう」「うん」

    と言うくだりです。(そらで書いたので多少違うかも)

    あの自然体さがたまりません。

    あんなプロポーズされたら、「うん」って言っちゃいますよね。

    「プラネテス」に出てくる夫婦は、みんな素敵です。

  79. ひげ@VF5R より:

    やっぱりプロポーズシーンは最高ですよね。たまらないユーモアとウィットを感じます。

    あと、「Please save Yuri」も泣けますね〜。

    アニメだとナマコ実験施設を移動させる時のハチ、タナベ、フィーのやりとりがテンポ良くて好きです。「I copy」のタイミングとか絶妙!

    今思い出しましたが、アニメの忍者も最高に好きです。マクラホマミキサーとかw そして一人を除いて全員…><。

    思い返すと良いシーン、良いセリフが多いなあ。素晴らしい作品ですよ…(しみじみ)。

  80. ひまおう より:

    z-1さん>

    「気安く愛を口にするんじゃねェ」

    私もかっこいいと思います。ロックスミスやはりかっこいい。あの妙なカリスマチックな所はやはり惹かれてしまう。

    ハチ

    「愛し合う事だけが、どうしてもやめられない」

    ↑いつか言いたい。いやむしろ言うつもりだ。

  81. やま より:

    ボクの心に残っているのは、

    「おまえは地球の周りをはいずり回っていろ。

     木星にはオレが行く!」

    と言うトコロ(ドルフの発表〜エンディングまで)です。

    # 心に残っている割には、うろ覚え…

  82. くらっしゃ より:

    「おい、おまえの仕事でもあるんだぞ。」

    はじめまして。

    なんでもないセリフなのですが、アニメで一番ドキッっとしたセリフです。

    仕事の責任、って言葉がこもった先輩の一言だなあぁと。

    よくも悪くもハチマキのセリフは来る物が多いですよね・・・

    原作もアニメも。

  83. あおすみ より:

    はじめまして、昨日からプラネテス

    読み始めました。現在2巻まで読了〜。

    「はっはーっ! ジャストミートッ」

    「宇宙は独りじゃ広すぎるのに」

    彼女たちを説明するのには

    これ以上無い言葉だと思いました。

  84. 香袋 より:

    はじめまして。

    やっぱり、ロックスミスの

    「気安く愛を口にするんじゃねェ」

    は共感できますね。

    あとはハチの

    「孤独も、苦痛も、不安も後悔も〜」

    ってのもカッコイイですよねぇ。

    ここまでで出てきてない台詞では

    「さよならジュピターーーーー!」

    「来たばっかじゃーーーん!」

    で大爆笑しました。

    SF好きとしては『さよならジュピター』は読んどくべきでしょう。

  85. ゆうじ より:

    きーれちゃーうぞぉー!!

    言い方が好きです。

  86. ひろこ より:

    はじめまして。

    私が好きっつーか、泣いたセリフは、クレアの

    「あなたの愛は薄っぺらいのよっ!」

    (「あんた」でしたっけ?)

    なんか、自分が信じてたものを、この一言で否定されたような気がして、すんごいショックでした。

  87. たつみん より:

    はじめまして。今日から参加させて頂きました。
    どのセリフも大好きですが、やはりハチの「俺ですら繋がっていてそれで初めて宇宙なのか」が、スパーンと私の中でなにかが抜けました。
    アニメではやはり「ここからは国境なんて見えないのに。ただ地球があるだけなのに…」がグッときましたね〜

  88. ふぅふぅ より:

    私の中での名シーンは、ハチがバイクで海に落ちた後の、

    タナベとの再会でラストシーンに手を握り合う…

    このシーンでもーう!

    一人でテレビ見ながら身悶えました(←オイ!)

    これまでのハチの苦悩だとかそういったものが、

    海に落ちて気づいて、タナベによって昇華されるような…

    あの、吹っ切れたようなハチの笑顔が忘れられません。

    あとは刑務所(?)にいるクレアさんにハチとチェンシンが

    面会に行って、

    「好きの反対語は嫌いじゃなくて無関心だよね、

     好きでも嫌いでも相手が気になるってことだから」

    (うろ覚えですがこんな感じのせりふ)

    という事を言っていて、まさにそのとおり〜!!って

    思いました。

  89. れっど より:

    現在、プラネテス原作

    読み始め中。

    やっとこさアマゾンからとどいたので、

    しなきゃいけないこともそこそこに、ついつい…。

    名言、読破してから噛みしめつつ書き込みたいです(>w<)

  90. ゃゅ より:

    どうして独りにしてくれないんだ くそったれ こいつを助けてやってくれ by ハチ

    わがままになるのが怖いやつに宇宙は拓けねぇさ by ゴローさん

    (しりとり中) ハチ:結婚しよう タナベ:うん 

  91. ゆうじ より:

    「好きの反対は嫌いじゃなくて無関心」。マザーテレサの言葉でしたっけ?

    ハチ・チェンシン・クレアの同期3人組はとっても好きですー。フォン・ブラウンのときのチェンシンは格好良かったなぁ。

    「みんながいくからとか、そんなの関係あるんですか!」←うろ覚えです、すいません。

  92. あい より:

    「宇宙は独りじゃ広すぎるのに」 はキましたねー。

    母が(本気で)宇宙葬希望してるんで、ちょっと考えましたもん(笑)。

    個人的にフィー姐さんのファンなので、彼女の台詞が好き。

    カッコイイ〜!

  93. いお より:

    ハチマキがタナベを初めて「新入り」から「タナベ」と呼んだところよかったなぁ。

  94. いお より:

    ノノちゃんの、

    「ここが私の海!!」

    涙が止まりませんでした。

    既出だったらスイマセン。

  95. れっど より:

    原作で、出発前に星野家にタナベを連れて行った時のゴローさん。

    「へへっ」

    と言いながらものすごく嬉しそうにお酒を飲むゴローさんが

    ばり印象的です。顔からうれしさがにじみ出てるって感じで!

    ああいう両親への挨拶っていいな〜って思いました。

  96. MASA より:

    はじめまして。

    私は、(ギガルトさんの死を知った直後)

    ハチマキがタナベに向かって叫ぶ「孤独も苦痛も不安も後悔も!もったいなくてなあ!おまえにはやれねえよ!!」(すごく曖昧な記憶なんですが…;)

    アニメの台詞でこんなにグサっときたのは初めてだったかも、というくらいです…!

    その後ハチの凍り付いた心が溶けてゆく様も含めよかったです。

  97. MASA より:

    3歳の子どもに、「ユーコピー?」と話しかけたら

    「あいこぴー」と答えるように仕込みました。

    アニメ版は音楽もあるし、盛り上げ方、構成力がうまいですよね。毎回ホロリとなりました。

  98. そだ☆ より:

    ここも 宇宙だよ

    by ネイティブアメリカンのじーさん

    地に足の着いた、「人間」を描く(お涙頂戴でなく)SFなのだとオレの中ではっきりした瞬間。

  99. ゆう より:

    アニメのハチマキの

    「俺の宇宙はちっぽけだったんだ」

    「すべては繋がっていて、この俺ですら繋がっていて」

    (曖昧、スイマセン;)

    にきました。深く「人間」を描いた作品なのだなあ、と。(´ω`*)

  100. ゆう より:

    28:草さんと同じで、

    タナベの遺言状ですね、

    同じシーンかどうかわからないけど。

    ハチマキが遺言状を開いて、何も書いてなかったところ。

    タナベが、去年はちゃんと書いたけど今年は何も書けなかったって、

    泣きながら話してるところ。

  101. せら より:

    初めてカキコします。

    名セリフは、大体出尽くしてるっぽいんで、変化球気味にw

    ドラマCD ユーリのセリフ

    「あ〜いい感じのブルーだ・・、ブルーマウンテン♪」

    コミック2巻P194〜 ハチマキのセリフ

    「独りで生きて!独りで死ぬんだ!!オレ達は!!

     ・・・・どうして・・・・どうして助けにくるんだよ

     どうして優しくするんだ・・・・

     どうして・・・・独りにしてくれないんだ・・・・

     ・・・・クソッタレ・・・・

     こいつを・・・助けてやってくれ・・・・」

    ハチマキの心が溶けた瞬間のセリフじゃないでしょうか?

    その後のタナベの笑顔に愛の深さを感じます。 

  102. TAG より:

    初めまして。

    このトピック読んでて感動がぶり返してきて

    泣きそうになってしまいました。

    小粒ですが、ゴローさん火星編の一コマ、

    火星初のベースボールのシーンで

    「次振れ! 二盗すっから!」

    「口で言うなよ! サイン使え!」

    「アウトーッ!」

    「アホかーっ!」

    「ほんとにやるなーっ!!」

    (うろおぼえですが)

    宇宙服で野球って…しかも盗塁。

    モーニングを読んでいてにんまり笑ってしまった覚えが。

    男爵とか、この火星の話とか、木星編とか、

    追補として映画化でもしませんかねえ…切に願ってます。

  103. NIWATCH より:

    「はっ!

     試験あきらめてハンパ野郎に成り下がるくらいなら

     爆死してやる!」

    この頃のハチが好きやったんすけどねー。ギラギラしてて。

    だから僕はロックスミスも好きです。憧れます。

    自分の我儘を繕うそぶりなんて見せない生き方をしたい。

  104. Roki より:

    ロックスミス

    「君のその愛が 彼の心をとらえた事などないのだよ」

    本当のことに気づいていて、それに気づかないフリをさせるのは、優しさかもしれない。

    でもそれ以上に現実を知らせて解き放つことが大きな優しさなのだと思う。

    ロックスミスは愛に溢れた男だと、思う

  105. アニメの最終回

    ハキムとノノちゃんの会話がすきです。

    「あぁ・・ 確かに此処からだと国境線が見えないな・・」

    でしたっけ?

    すごい深いです。

    漫画も好きですが、アニメはいろいろな人が交差しているのでまた違った楽しみ方ができます。

  106. はじめまして。名シーン、名台詞は多くて挙げるときりがありませんが、

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も後悔も」

    「わがままになるのが怖い奴に宇宙は拓けねェさ」

    の二つは、挫けそうになった時にいつも決まって思い出します。

    そして上記と関係ないけどロックスミス最高。

  107. 「人間に限界なんて絶対にねェ」

    「行きてェーッ!!絶対必ずどうしても人間のクズと呼ばれようと 最低と言われようと前人未踏の世界まで行ってやるぞ!魂売るぜ 何を引き換えにしても全然かまわねーっ!!」

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も」

    「でも愛し合うことだけがどうしてもやめられない」

    この台詞の流れが好きです。

  108. なたく♪ より:

    はじめまして。

    私はなんといっても、

    「Please ssave Yuri ・・ユーリを護って」ですね。

    初めて観た時涙がぽろぽろ出て止まりませんでした。

    原作ではコンパスの回が1話目に来ているとか。

  109. PRA より:

    「ここも宇宙だよ」

    私の中の概念がぐらりと揺らいだ言葉。

    ガキのころはこんなことあたりまえだったのに、

    いつのまにか忘れていた。

  110. Carl look far より:

    ♪はっきりさせなくてもぉ いーい

     あやふやなまーんま で いーい

     ぼくたちはなんとなく 生きてるんだー

    実在する歌だとは知らなかったので、初めて聞いたときは気を失うかと思いました。

  111. Sho1 より:

    はじめまして

    12話「ささやかなる願いを」でしたっけ

    タバコを吸えていなかったフィー姐さんが とうとう、

    『それ以上アタシの邪魔をすると、キレちゃうぞぉー!!』

    というシーン。

    人間ヤル時は“おもいっきり”ヤラねばね。

  112. 害PON より:

    どうも、はじめまして。

    まさかこんなコミュニティがあったとは!とびっくりしています。

    好きな言葉…もちろん!

    「船には港が必要だ…」

    …シブイッス!!!

    カコイイっス!

  113. Torr より:

    そいつはツィオルコフスキーのついたウソだ、のあたり。

    「20世紀の初めに宇宙旅行を夢見たロシアのおっさんが、それを叶えるために一発吹いたのさ。大先輩は頭が良いから、自分の欲望を人類全体の問題にすり替えたんだ。」

    こういう自分のエゴをかなえるための大ウソを一生に一度でも吹いてみたいと思った。

    小さいウソはしょっちゅう吹いてるけどね。

  114. 麻績 より:

    はじめまして。

    私が好きな台詞、と言うか、シーンはフィーとタナベの会話です。

    フィー「ハチマキのこと、愛してる?タナベ」

    タナベ「はい、もちろん」

    タナベのこの台詞て、彼女の当たり前の、

    でもものすごく深い愛がよく判ると思うのです。

    というか、彼女のすべてが表されていると思うのです。

    彼女にとって愛て本当に当たり前なんだなー、と。

    こんな人間になりたいです。

    こんな人間と出会いたいです。

  115. クリ より:

    遅まきながらはじめまして。

    自分はアニメ版よりチェンシンの「僕だって人から奪ってでも欲しいものくらいあるさ!」「行きましょう!僕らだけでもできることがあるかもしれない!!」(うろ覚えでスミマセン)です。

    自分もいい人を演じてしまうタイプなので・・・。

    もっともあんなにヤサ男でもエリートでもありませんけれども(笑)。

  116. CROSSRIDER より:

    かなり遅いですけどはじめまして。

    プラネテスの中にある名言はたくさんありますけど、僕が一番好きなのはもう一人のハチマキでの言葉

    『忘れるな!宇宙に神はなく!

     お前が生命を余す所なく謳歌するためには!!

     ハチマキ!お前は絶対でなければならない!!』

    というせりふです。

    自分に妥協してはならないということを言っているのではないかなと思います。

    おれも、実はハチマキのようなバカといえばバカなんですよねw。

  117. ぽい­­­ より:

    はじめまして

    自分は最後のしりとりです

    バックの音楽も良いし心が洗われる感じがします

  118. ビシ より:

    やはり『けっこんしよう』『うん』『よしおまえのまけな』あのシーンにつきるとおもわれるのですが。

  119. はじめまして〜。

    自分はフィー姐さんが

    「それ以上アタシの邪魔をすると、キレちゃうぞぉー!!」

    と言うシーンですかね。

    原作でもこのシーンは大好きだったのですが、アニメを観て大興奮。

    ヤベ−!フィー姐さんかっこええー!!

    よって、このシーンが大好きです。

  120. SUNSHINE BABY より:

    はじめまして☆

    私もしりとりのプロポーズが好きです。

    ハチマキとタナベらしさがよく出てる!!

    原作の絵もすごくキレイでお気に入りです。

  121. メサ@ より:

    首輪をはずされた犬の叫び。

  122. 村崎蒼次 より:

    初めまして。

    自分は「デブリ課、最期の日」でのラスト、ラビィさんとデブリ課一同での

    「ちきしょう・・・今夜は飲むぞぉ! みんなも付き合え、良いな!」

    「ウィーコピー!」

    が大好きです。他にもたくさんありますけど、何度観ても感動してしまうシーンはこれですね。

  123. 才谷梅子 より:

    はじめましてみーまーです。

    「君のその愛が 彼の心をとらえた事などないのだよ」

    シチュエーション(好きな人を失った人に、亡くなった人の知人であるという立場から)といい言葉といい、一生に一度は経験したいです!勿論言う方!

    自分に酔った人間の横面を張り倒すの好きなんです〜。

  124. トラ より:

    おはつです。

    ↑の「メサ」さんと同じく、ワンちゃんの叫び!

  125. まさむー より:

    おはつです。

    ↑の「トラ」さんと同じく、ワンちゃんの叫び!(笑)

    あともう一つ。

    フィー姐さんの「悪いことはしてないよ。ただ法を破ってるだけ」というセリフ。

    今の仕事がほんの・・・ほんとほんのチョットだけそんな感じなので、このセリフを聞いて気が楽になったのを覚えてます。

  126. 初めまして!

    自分の写真がこのコミュの写真と被っていてびっくり・・

    ユーリのコンパスにしようかな。

    私の好きなセリフは

    「なんていうか繋がっているんだな。タナベの言いたかった事ってそういうことだろ?」(ちょっとアヤフヤですんません)

    もう号泣です

  127. ひとし萬 より:

     初めまして。

     私はゴローさんの「ロックスミスが面白いね、自分のわがままを繕うそぶりがまるで無い、ああ言う悪魔みたいな男は良い仕事するぞ」

    ワクワクしますね。

  128. はじめまして、皆さん

    私は、ハチマキさんの

    「こんな危ねぇモン!喧嘩で使うんじゃねえ!!俺の船がぶっ壊れちまうだろうが!!!」

    の部分ですね

    あの気合い、最も印象に残っていますよ

  129. Akatsuki より:

    どうも、はじめまして。

    ここって漫画もOKですか?

    一巻最後の「上等だ、何もかも思い通りにしてやるぜェ」

    が好きです。

    一番ハチらしいかと思うのですが・・・

  130. いちまつ より:

    はじめまして

    ハチの「全部 俺のモンだ!孤独も苦痛も不安も後悔も!…」

    にグッときました

    孤高な感じがステキ

  131. 考えずにはいられない

    ちゃんとした大人になれない人は

      どうしたらいいんだろう

    ホントどうしているんだろう?

  132. まさむー より:

    すんません。たまらず2度目の書き込みです。

    今、原作全巻を友人に貸してる都合で忠実ではないのですが、

    木星往還船の研修中の事故から戻ってきたハチにお母さんが話しかけるシーン。

    「ようするに、あたしの作るトンカツの絶妙な味わいを忘れるなって事よ」

    「・・・・むずかしーっすね」

    「そうね。アンタ、馬鹿だからね」

    原作とは違っちゃってると思いますが、ご容赦ください。

    このシーンって、絶妙な例え話の中で、親としての心境であるとか、宇宙船乗りを亭主にもつ奥さんの心意気だとか、これまでのゴローさんとの経験とかを集約させてますよね。そりゃあハチだって「むずかしい」って言いますよね。この母の問いかけの答えが出発前のタナベとの結婚。2巻とかの話だったと思いますが、それが巻を飛び越えるぐらい時間を飛ばして繋がる。たまらなく好きなシーンの一つです。

  133. TAKATASHI より:

    初めまして。心に残るシーンは、課長の髪の毛はかつらだったところですかね^^ 真面目に答えるとユーリが亡くなった奥さんのコンパスを見つけたシーンです。Please save Yuri

  134. てむぺー より:

    見返してみたら、だいぶ前に

    54: たけすいーぱー

    サンが書いてましたが。

    ハチマキとタナベが しりとりやってるとこですヵ。

    ―これが俺たちのやり方になった

    みたいなくだりで。

    「け…また!?

     …結婚しよう。」

    「う、だよ」

    「うん」

    「よっしゃ」

    宇宙のなかでしりとりか…やってみてえ。

  135. 富士チュ より:

    おはつですー。

    「わがままになるのが怖いヤツに宇宙は拓けねぇさ」

    身重の妻を地球において火星を目指したゴローさんの言い訳ともとれる一言。しかし、周囲からエゴの塊のように看做されても「良し」とするくらいの根性がなければ、夢なんて叶えられないのかもしれないっすね。周りの目を気にしてばかりの小市民には眩しいばかりっす。

  136. おさる より:

    はじめまして。

    2巻の「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ」の鬼気迫るシーンが好きです。

    ニンゲン、何かを追っている時、こういう気分になることってありますよね。

  137. おさる より:

    しかし、原作プラネテスに出てくる女性ってみんな”強い”ですよね。それがすごく気持ちいい。

  138. ナカムラ より:

    はじめまして。

    1巻のエンジン見学からラストまでのシーンに感動しました。

    「でも、アンタとのケンカを一生かけてするって腹を決めたなら、

     そいつはじきにウソつきじゃなくなるんだ。」

    は座右の銘になりました。(笑)

  139. 皆さん始めまして

    俺的に一番心に残る名言は

    単行本2巻より

    「人間の腹の一番底の方にはすべてを破壊しすべてを生み出す強烈なチカラがかくされている」BYハチマキ

    「人間のお腹の一番底の方には全てを受け入れる強烈なチカラがかくされているのに」BYタナベ

    破壊し生み出すチカラと

    受け入れるチカラ・・・

    争うチカラと愛のチカラ・・・

    プラネテスには大きなテーマに愛があると思います

  140. ゼキ寺 より:

    窒息直前の「ユーコピーーー!?」が

    すげー突き刺さりました

  141.  「わがままになるのが怖いやつに宇宙は拓けねぇさ」

    そうだ。もっとわがままでいいんだ。

    人の目なんて気にせずひとつのことに集中する感覚。

    羨ましい。

    135:富士チュさん うん うん わかりますぞ。

  142. アニメ版。幻覚のハチの

     「でも、ホントは救われる気がしたんだろ?」 

     「そうだ。お前の病はお前が望んだんだぜ。」

     「夜空の輝きを見上げながら。「あの病気さえ無ければ     今頃俺は・・・」そう言える権利をお前は欲したんだ。」

     

    あと、田名部の

    「先輩を救ったのは「あたし」じゃなかった・・・。先輩が愛したのは「あたし」じゃなかったんだ。」

    と言うところが印象的です。

  143. しんぷ より:

    はじめまして

    コミュをみつけて

    先程登録しました よろしくお願いします

    僕もTAKANOさんと一緒で

    「この宇宙に 俺に関係のない人間なんて 一人もいねーんだ」

    が一番好きです

    あと「この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか

       オレですらつながっていて それではじめて宇宙なのか」

    もいい言葉です

    「そうだ その目だ 蚊をつぶすのと同じ感覚で自分の邪魔をする

     者を排除できる 我々の敵 宇宙に魅入られた者たちの目だ

     その引き鉄を引いて君は生まれかわる 

     何の制約も受けず 万難を退け ただひたすら夢の完成のみを

     目指す生き物に。。。」

    ってとこも好き

    結構ぐっとくるシーンが多くて読みごたえのあるマンガだと思います

    でも4巻で打ち切りは寂し過ぎます

    もっと先が読みたかったです

  144. @2sh! より:

    どうも。BSでやってたのをちょくちょく見てて

    気になって原作買ってみたら泣かされた@tsushiです。

    やっぱり一巻でいきなりやってくれた

    「Please save Yuri」かなぁ。

    面白いとこでは三巻の四コマの

    「知識の泉」でゴローさんが

    「宇宙人グレイの好んで食べるものは・・・マッシュルーム」

    に対して

    「恐えー・・・1UPする気だ!」

    ってとこ。あ、四コマは違う?w

  145. es+ より:

    はじめま。

    [>アニメ編

    「てめェだけが不幸な積もりで……、

     俺が、俺だって、俺は……、

     ハキムー! 糞ったれぇぇぇ(爆音)」

    →ハチマキの全てと、現代と宇宙の関係と、この後に

    ハキムがルナリアンのたった一言で銃を下げちゃう事と

    まとめてしまうとココが一番好きです。

    [>漫画編

    「真理の探究は科学者が自らに課した使命です。

    「本物」の神はこの広い宇宙のどこかに隠れ我々の苦しみを

    傍観している。

    いつまでもそれを許しておけるほど私は寛容な人間ではない。

    神が愛だと言うなら我々が神になるべきだ。

    さもなくば・・・・

    我々人類はこれから先も永久に・・・

    真の愛を知らないままだ。」

    →気安くないロックスミス氏の愛の形。この狂い方が好きだが

    多分ハルコさん並の愛のある人に出会ったらたぶん

    土星に行こうなんて絶対思わなくなるだろうって展開を

    かんなり予見させて好きです。ハチマキだって溶けたわけで。

    5巻が出るなら彼の挫折話になると楽しいのかな。フフフ

  146. にゃ より:

    はじめましてです。

    個人的にはやはりプロポーズのシーン。

    回復したタナベとハチマキがデブリ課の計らいで内緒で

    二人きりの宇宙遊泳。

    何をするかと思えばしりとり。

    でも、タナベは「○○け」と、”け”で終わる言葉を続け、

    最後に悩むハチマキに向かって・・・

    「もうないでしょ」

    一拍置いて応えるハチマキ

    「あるよ」

    ゆっくり振り返り・・・

    「結婚しよう」

    応えるタナベ

    「うん」

    ・・・しりとりが完結する。

    このシーンが一番好きです。

    かっこいいと言うか何と言うか、

    元ネタもあるのかもしれませんが、良かったです。

    この二人だからこそのぴったりなシチュエーションですね♪

  147. カメ より:

    どうも。はじめましてm(_ _)m

    ↑の方と同意見です。

    「結婚しよう。…『う』だよ?」

    「うん。」

    超アツイと思います。

  148. 芙蓉 より:

    女だから思うのか分かりませんが、

    ハチマキ

    「なに気の抜けた仕事してやがるんだ!

    丘のOLならヘボでもいいけどな、

    宇宙のヘボは人殺しになるんだよ!!!! 」

    ぐっとキました!

  149. 飴ちゃん より:

    はじめましてー

    自分は1巻でユーリと話してるおじいさんの

    「ここも宇宙だよ」

    ですね。

    人間のちっぽけさを最大に表現した最高の一言だと思います。

    本来の意味は、後にユーリが言う

    「宇宙と地球のさかい目はないんだ」(今ある概念にとらわれすぎるなってことかな?)ってとこだと思いますが、最初に読んだ時そう感じたのでした。

  150. ダブマン より:

    『でかいなこのやろう!!勝ったとおもうなよ!?』

    『さよならジュピター!!』

    『来たばっかじゃーん!!』

    なんかほのぼの。

  151. より:

    はじめまして。

    今更で多くの人が書いておりますがぼくも

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も・・・」

    ですかね。あのシーンの前から自分が重なるような・・・

    ただ、ハチマキは自分に負けませんでしたが僕は負けたような。

    だから後悔の連続です。

    漫画だけでなく映画、小説、音楽・・・自分が気に入るもの(ぐっとくるシーン等)は、何かしら自分の気持ちや置かれた状況なんかが関係しているのかもしれませんね。

  152. ゆーた より:

    始めまして。

    思わず大興奮しております。

    やはり一番は、星野・父の

    「馬鹿野郎、乗ってみたくなったらどうすんだよ。」

    です。次点では、ロックスミス博士の

    「宇宙以外、何一つ愛せない逸材だからだよ。」

    ですな☆

  153. kef より:

    いろいろあるけど、

    アニメラストの方のノノとハキム。

    ノノはひなたに、ハキムは日陰に。

    あとは、みなさんに賛同!

  154. むら より:

    はじめまして。

    なんとなくですが、ギガルトの遺言の一部

    「男には帰るべき港が必要だ」

    アニメ版だけでしたが、これがあるかないかでハチマキもどこかで田辺の存在を認めたのかもしれない、とか思いました。

  155. tex000 より:

    最終話のハキムとノノの会話が一番好きです。ノノの正しさを認めつつ、それでも依然としてテロリストであることを辞められないハキム。自分が悪の方を向いていることが分かっていてもそれを変えられないところが人間くさくていいですね。

    あとクレアの「あなたの愛は薄っぺらいのよ!」も好きなセリフです。コンプレックスでひねくれてる陰のあるキャラの方が好きなんですよねぇ。

    まぁ前半のハチマキとタナベの微妙なラブラブ話も好きだったりするんですが。w

  156. 3105 より:

    ハチマキの

    「愛し合うことだけがどうしてもやめられない」

    あとその直後の

    「気安く愛をかたるんじゃねぇ」

    かな。

    きっとこの二つは一セットなんだと思う。表裏一体というか

    何と言うか。

    作者すげぇぇーーーーと感じました。

  157. koimo より:

    はじめまして。

    プラネテスは原作からはいりました。アニメ化されると知ったときは狂喜乱舞しました〜。実際アニメのクオリティも高くてますますハマりました!

    ハチのプロポーズの台詞とフォンブラウン号内での喧嘩の

    「無理やり関係してやった。この世で関係ないものなんて無いんだ、ざまあみろ」でしたっけ?

    この台詞がスキです!

  158. 10423 より:

    先ほど参加したとこです。

    俺は先にマンガ1巻読んでから

    アニメ全部見て

    そいからマンガの残り全部読みました。

    流石はNHKというか、アニメがすげー面白かった!

    んで、アニメのその後的なマンガが良かった。

    で、ぐっっとキタ台詞は数々ありますが、

    多くの方が言っておられるように

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も・・・」

    が、一番感動しました。

    プロポーズの台詞…俺も誰かに言ってみたい〜!!

  159. じろー より:

    はじめまして。マンガはこれでもかってほど読みましたが、アニメは途中の1話だけ見るのがいやなので、見てません。DVD狙ってますが、先立つものが…(汗)

    ここにあがってるのももちろん全部好きですが、あがってないのをあげるとすれば、

    ハチのお母さんのいいフナノリの条件

    「必ず生きて帰ってくることよ。言い換えればね、どこに行っても何してても構わないけど、私のトンカツの絶妙なおいしさを忘れないでいろってことよ。」

    なんてことない台詞なんだけど、すごい深いなぁ、って。

  160. 機能別ヘ より:

    あぁぁぁ、みなさん、どれもツボですよね!!!個人的にはあのプロポーズのシーンは何回見ても顔が緩んじゃいます。

    そして、そこから流れるEDとその続きですよ〜。あの曲が流れると本能的に泣き出します。

    未来に続くってカンジが本当にすばらしいと思います。

    本当に深いなぁ、プラネテス。

    でも、一番すごいと思うのは毎回絵が変わるOPかもしれない(笑)

  161. あっしー より:

    コミック版4巻のフィー、タナベ

    「ハチマキのこと愛してる?タネベ」のフィーのセリフの後の

    タネベ

    「?はい もちろん」

    このセリフの深い意味にぐっときました

    でもアニメ版のラストも泣けましたねぇ。

  162. 機能別ヘ より:

    心に残るシーンは山ほどありますが、4巻の最後のほうで牧師さんが

    「宇宙開発はその罰であり罪そのものだ」

    というところはとても心に残りました。

  163. ナツコ より:

    私もmamoさんと同じく、

    心に残るシーンも台詞もたくさんで迷います。

    とりあえず、「孤独も苦痛も不安も後悔も、もったいなくってタナベなんかにやれるかよ」という台詞でしょうか。

    (今手元にないので正確ではないですが)

    こういう感情に「もったいない」という表現、

    なかなかできないですよね。

  164. つってぃ〜 より:

    はじめまして。

    俺はそこまで思い入れがなくプラネテスを見てた(アニメ)んですが

    タナベの「一人で生きて、一人で死んで、バカみたい。宇宙は一人じゃ広すぎるのに・・・」に正直泣きました。

    久々アニメ見て泣きました。

    その後、漫画の方も読んだんですが、このエピソードはアニメの方が俺にはシックリきましたね。

    そもそもアニメと漫画での、タナベのキャラが違うので

    どちらがいいかってのナンセンスなんですが。

    ホント原作とは違う物語になっている、素晴らしい作品です。

  165. やっぱ 告白しりとりでしょ!!

  166. swinn より:

    はじめまして。

    プラネテス読んで、大袈裟でなく人生感変わったと思います。

    壮大さに感動です。

    宇宙って広いですね。こんなスバラシイ作品があるなんて!

    ラストの「愛することだけはどうしてもやめられないんだ」

    どうしようもなくそこら辺に転がってそうな台詞ですけど、ハチマキの心境の変化をトレースしてきてこの台詞を叩き付けられる。

    本気で震えたのを今でも覚えてます。

    人物が本当にイイキャラしてますよね。

    オヤジかっこよすぎです。

  167. もみじ より:

    最近、また読み返してみたのですが、

    フィーの旦那さん、いいですねー。

    「ママはママに戻ります。パパはパパをやります」って言うところで、かっこいいーと思いました。

    あんな理解のある旦那さん、なかなかいないよなあと。

  168. 機能別ヘ より:

    ハジメマシテ。

    僕はアニメが先で、最近漫画を読んだのですが、

    「サリーがハチを抱きしめてハチが眠りに就くシーン」

    が凄く印象的でした。

    小説家JDサリンジャーの、ある短編小説のラストに

    「エズミ、本当の眠気を覚える人間はだね、いいか、

    元のような、あらゆる機──あらゆるキ─ノ─ウがだ、

    無傷のままの人間に戻る可能性を必ず持っているからね。」

    というのがあって、それを思い出しました。

    幸村さんがサリンジャー好きならますます好きになりそう(*´Д`)

    そうじゃなくてもハマりまくってますがw

  169. ron より:

    はじめまして〜

    アニメ版の方でフィーの「切れちゃうぞー!」ヽ(`Д´)ノと

    「半径20メートル以内でタバコが吸えるのはあそこだけなんだよ!!」ってセリフが印象強かった、なんか声もあってて

    ああ〜フィーってこんな感じだ〜って笑ってしまいました

    マンガではハチパパの「亡きアンディーに捧げる〜」とか

    「鬼才ジョン・ウーに捧げる」ってあそこらへんが面白かった( ´∀`)

  170. 10423 より:

    昨日テレビで笑いの金メダルみてたら、

    スピードワゴンがネタの中でシリトリしてたのですが、

    「結婚しよう」

    「うん」

    甘ぁ〜〜〜〜〜い!!

    これってプラネテスのハチマキじゃないか!!?

    なんて思ったので書いてみました。

    他にも気付いた人いるハズと…

  171. WAM より:

    好きなセリフは沢山あるんだけれど、このセリフ。

    「…………クソッタレ!!

    最前線に立つ人間だけが!!

    車を作って

    ヒコーキ作って

    宇宙船作って!!

    そうやって未来を作ってきたんだろ!?

    クソッタレな今日を生きていけるのは!

    明日に期待するからだろ!?

    宇宙船員(オレタチ)が命がけで宇宙へ出て

    今日の限界を超えてみせるからだろうが!」

    頑張らなければいけないなぁと思い、泣いた.・゚・(ノд`)・゚・。

    あと「君のその愛が彼の心をとらえた事などないのだよ」も好き。

    妹がどうとかより、このセリフに象徴されるヤマガタの生き様にやられた。

  172. やしぼん より:

    初めまして。

    読んでからちょっと時間が経つので間違ってたらごめんなさい。

    確かフィーが

    「反抗はガキだけの特権じゃないんだぜ!」って叫ぶシーンがあったと思うのですが・・・。

    あそこで、うん・・・、そうだよなと心に沁みました

  173. チャコ より:

    好きな台詞はたくさんあるのですが

    あえて1つ選ぶなら、やはりコレ!

     「全部オレのもんだ

      孤独も苦痛も不安も後悔も

      もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ」

    この台詞に出会ってから

    負の感情に対する考え方が変わりました。

    孤独や苦痛とかを感じる時は、たいてい苦しい時なわけですが

    でも、その感情を感じることができるのは私だけなんだ!

    と思ったらその感情さえ愛おしいく感じます。

    捉えかたがおかしいかもしれませんが

    私はこの台詞を読むと元気が出ます!

  174. チンドルフ より:

    プラネテスはいいシーン、台詞がいっぱいですよね。

    木星往還船のクルーになるために自主トレを始めた

    ハチマキにフィーが

    「1万人もの中から本気で選ばれると思ってんの?」

    と言ったときのハチマキの返答

    「なんでよ?思ってるよ。

     やってやれないことでもないだろ?」

    臆せず自分もできると思える強い意志。

    しびれました。

  175. ぴよ より:

    微妙に、違うかも知れませんが、アニメ版のエルタニカの最後のほうでのことばで、

    「どうして、どうしてでしょう。

    ここから(宇宙)では、国境線なんてみえないのに。

    ・・・ただ・・・地球があるだけなのに・・・。」

    紛争なんて,人種、宗教、言葉、文化の違いなんて、くそくらえじゃーーーー。

  176. もり坊 より:

    再終話、二人が宇宙に出て「け」ばかりのしり取りを始めて

    最後に「結婚しよう」と言うシーンかな〜

    妙にジーンと来たなぁ

    f(^^:)

  177. もり坊 より:

    やっぱ、「愛です!!」

    愛だよなー。愛だよ。愛なんだよ九太郎…

  178. もり坊 より:

    はじめまして。

    自分はフィー姐さんの回想のおいちゃんですねぇ。

    ちょっぴり長めですが、

    「・・・・・・・・・・・・

     ・・・・・・・・・・・・

     なんなんだ?

     オレが

     いけないのか?

     本当にオレがいけないのか?

     どっちなんだ?

     オレと

     この世界と

     狂ってるのは

     どっちだ?」

    もう、コマ割も相まって、

    世間の不条理としがらみって何なんだろうって、

    考えさせられましたねぇ・・・

    あのおいちゃんの目だけは台詞とともに思い出しますねぇ。

  179. 笑ひ男 より:

    domo!

    自分は、フィーが掃除屋を辞めてママ役をするとときのアルの言葉

    アル「ママが朝食みたいなものを!朝食みたいなものを!!」と、「・・・・・・爆撃?」

    とかも好きですねw

  180. 笑ひ男 より:

    お初です。

    ちょっと昔なので記憶曖昧ですが、

    ラビィが上司に取り入って、デブリ屋辞めて

    昇進するかもって時の話(だったような・・・)

    手動のマニピュレイターを操作して機雷を壊すシーンかな。

    政治的な事で、機雷を壊す事は昇進を棒に振る事。

    家族の為に悩むんだけど、子供の言った一言。

    「なら、誰が宇宙を守るの?」

    その言葉を思い出して、決意するラビィ。

    「パパは宇宙を守るデブリ屋だ!!」

    (ドカーン)

    自分、まだ結婚してないし予定も無いけど。

    父親になりたい気持ちにさせられましたwww

  181. kumao より:

    漫画版3巻のタナベ父の

    「(クロに手を合わせて)

     ・・・いやなに いつか礼を言おうと思ってたんだクロには」

    「パパとお母さんに

     あーちゃんをゆずってくれたんだよ アイツ」

    と数ページ前の

    「ごめんね 本当はおとうさんとおかあさんが人間以外の

     言葉も解るようになるのがきっといちばんいいんだけどね・・・」

    タナベ父の優しさ、心の広さに感動。

  182. 猫あし より:

    好きなセリフはよく日常生活で流用します(笑)

    車を買うにあたり迷っている友達に対して

    ハキム「その(売買契約)印を押せばキミは生まれ変わる。まるでブレーキの壊れた・・・。(以下略)」

  183. プルケ より:

    フィー姉さんが、海岸線に煙草を指で立てて、

    「生きてるって素晴らしいね。」

    の一言。

    辛い事、面倒な事があっても、煙草一本で人生は素晴らしい。

  184. 死神げーて より:

    アニメ版の22話のギガルト先生の言葉。

    「船には港が必要だ。

    何時までも待ち続けてくれて、

    最後には自分を受け止めてくれる、

    そんな港がな。」

    この言葉は今でも心に秘めています。

  185. けんせー より:

    アニメ版23話の、ユーリの言葉を聞いて、

    この作品は本当にすばらしい作品だと思いました。

    「九太郎君、宇宙と地球の境目ってどの辺だと思う?

     うーん・・・私の感じでは・・・

     ない・・・んですよねぇ、境目が。

     うん、ないんだ。世界に境目なんて。

     それで良いと思うんですよ。」

    良い作品には心に響く名台詞がたくさんありますね。

  186. 8◎ より:

    前にも書いてる方がいましたが

    ロックスミスの

    「…気安く愛を口にするんじゃねェ」

    がすごい好きです。

    欲を言えばロックスミスが主役の話をもっと読みた?辰燭覆

  187. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    自分はハチのプロボーズの場面が好きです。

    「結婚しよう」

    「うん」

    「お前の負け」

    泣きました!!

  188. 機能別ヘ より:

    はじめまして。アニメと単行本を読みました。

    感動するシーンはいくつもありましたが、

    心に残る笑えるシーンを。

    ゴロー 「悪いなぁ、匿(かくま)ってもらって」

    ギガルト「いいってことよ。火星で一緒にソーセージ

         盗んだ仲だろうよ。」

    ハチマキ「正義のデブリ屋が(ガス!)」

         ( ; ゚Д゚)・・・よわ

    九太郎 「父ちゃんや兄ちゃんみたいなスチャラカ

         宇宙飛行士にはならない!エンジニアになる!」

    ハチマキ「かーちゃんに会いたいから丘に降りるってのか?」

    ゴロー 「そうだよ。俺、かーちゃん好きだもん。」

         言い切りましたね。カッコイッス

  189. 風車のある町@一番最初のシーンで、

    タナベの父親がブルーハーツの「夕暮れ」

    を歌ってたのが印象的でした!!

    なんたって自分、ブルーハーツの大ファンですからw。

    うーん、ロックンロールだねえ

  190. ダンハウス より:

    フィー姉さんが一番好きかも。

    おいちゃんの回とか犬の時とかとても葛藤しながら、けど自分の道を貫いて生きようとするフィー姉さん大好きです。

    てことであの辺のセリフだいたい!

    忘れたけど。

  191. 110 より:

    THE GREAT MAMA 朝食のワンシーン

    「・・・・・・・・・・・・・・・爆撃?」

  192. 110 より:

    色んな方が挙げていますが、

    やっぱりボクもプロポーズのしりとりがたまりません。

    微笑ましいっす。

    絶対将来プロポーズする時使います!

    しかも相手はそのこと知ってます!

    普段しりとりなんてしません!

    絶対気付かれる。。

    あぁ、何回目の『け』で言えばいいんだろう。。

    そして答えは「うん」なのだろうか。

  193. >>糸さん

    「よっしゃ、お前の負け」

    言ってみたいですよね〜♪

  194. メディア より:

    はじめまして。

    星野夫妻が好きですね(ゴロー&ハルコね)

    ゴローさん

    「わがままになるのが怖いやつに宇宙は拓けねぇさ」

    ハルコさん

    「必ず生きて帰ってくることよ」

    2巻は本当に最高。2〜3への流れを連載中に見たかった。

  195. メディア より:

    いい言葉、たくさんありましたよね。

    最終回のハキムの

    「ああ、確かに此処からだと国境線が見えないな・・・。」

    ですね。

    きっと、人が地上にとらわれている限り

    国境線を無くす事は出来ないんだろうなと思ってしまいました。

    深い作品じゃ・・・。

  196. 金シャリ より:

    初めて書き込みさせて戴きます。

    シリアスな作品の中で描かれている、他愛ない日常の描写が凄く魅力的で素敵だなと。

    「さよならジュピター!」のところの気負わない、自然な感じのハチマキとゴローさんのやり取りが好きだったりします。

    しかし、名ゼリフばかりな作品でどれも甲乙つけ難いですね。

  197. 機能別ヘ より:

    フィーのおいちゃんの話で「ちゃんとした大人になれなかった人は何処へ行けばいいんだろう…」

    何となく身につまされるような気分になりました。

  198. ベテランなんだろ!

    何でこんな初歩的ミスするんだよ!

    まさか、自殺?

  199. コトリ より:

    「愛してるぜ、アルバート」かなー。なんか良い。

  200. HIROZUKA より:

    初カキです。

    ボクまだ4巻だけ読み終わってないんですが、遅ればせながら

    心に残った名言を勝手に発表しますと、

    やっぱり、最初にキュンときたのが

    ジャストミートおおおおおおおおおお! のあとのフィーの

    「ハチ、生きてるって素晴らしいね。」 がきましたね。

    そいでもって、あとプロポーズしりとりもにやけちゃいました。

    それも、しびれながら。あれはいつか言ってみたいフレーズですよね。

    あと、九太郎が『愛か』ってくちずさんだときもよかったですね。

    愛ってすばらしい。

    最後にコミックス第1巻のカバーに書いてある

    『中国で紀元前2世紀頃に書かれた「淮南子」と

     いう書物に次の句があります。

     往古来今これを宙といい、

     四方上下これを宇という。

     これが「宇宙」の語源だそうです。過去も未来

     も、どこもかしこもひっくるめて「宇宙」。地球

     も宇宙。人間はみんな筋金入りの宇宙人です。

     だから大気層の内側だけが宇宙じゃなくて、し

     かも人間の世界はそこだけ、なんて風に考え

     るのは哀しいと思います。それがこの漫画を

     描き始めた本当の動機かもしれない。』

    長くなって、もうしわけありませんがこの作者の言葉が

    ジーンと心に響きました。

  201. 髭林 より:

    やっぱプロポーズです。

    「うん」でしりとりが終わったときは、鳥肌もんでした。

  202. Iwatobi より:

    3巻でフィー姐さんにクロを見つけられて怒られるタナベ

    「でもあの船事故で2人死んで定員割れで解散になったから」

    事故は、即、死につながる宇宙空間での仕事っていうのがこの一言でサラッと表している所に、グッときました。

  203. つとむ より:

    アニメ版から入りましたあとむです。

    ラビィがオトコになったシーンが好きです。

    「はは、だめだなぁ、何をやっても。

     ・・・

     お父さんは宇宙を守るんだぁ〜」

    かっこよかったです、お父さん。

  204. 小徹 より:

    初めましてです。原作連載開始から読んでて、アニメ版もひととおり見ました。

    一番震えたのは、原作一巻ラスト

    「・・・上等だ/何もかも思い通りにしてやるぜェ/勝つのはオレだ」

    自分が就職一・二年目で、思い通りの仕事ができなくて挫折しかけていたときに、コレで力をもらいました。

    結局この後、ハチマキ本人は新しい価値観に目覚めていくわけですが。私はまだまだです。

    いつかオイラを底抜けに愛してくれる人が見つかるといいねぇ。なんちて。

  205. 機能別ヘ より:

    ハチマキの

    「生きることならミジンコでも出来る!」

    が心に残りました。

  206. 4巻でラモン博士との会話でのロックスミスの台詞かな

    「『本物』の神はこの広い宇宙のどこかに隠れ、

    我々の苦しみを傍観している。

    いつまでも、それを許しておけるほど

    私は寛容な人間ではない。

    神が愛だと言うのなら、我々は神になるべきだ。

    さもなくば…。我々人間は、これから先も永久に…。

    真の愛を知らないままだ。」

    かな(長いけど

    あとは同じく4巻のヤマガタの妹との会話の後での

    ロックスミスの

    「心配ない。ただ、かなしくなっただけだ」が好きです。

    長くてスンマセン、ロックスミス好きなんですよ

  207. ノア より:

    私もラモン、ロックスミスの問答は好きです。アニメ版のラスト並に。

  208. XAX より:

    ラストのしりとりシーンかなぁ…

    「うん」で終わらせるのが凄く印象的でした

  209. ノアさん>いいですよね!

    その後のハチマキのフォンブラウンからのメッセージが

    ロックスミスへの返答みたいで(勝手に思ってる

    好っきゃわー

  210. 機能別ヘ より:

    初〜です。自分は単行本から始まりました。アニメのほうも見ました! 心に残っているのは(3巻去来の日)のタナベの「何もかも みんな 愛してる」です!!!! 理想なのかもしれないけど それができたらいいなぁ〜(^▽^)!

  211. A-hane より:

    「ここからは国境なんて見えないのに・・ただ地球があるだけなのに。」

    11話だったかな?

    エルタニカから来たメーカーの社長が最後に言ったセリフ。

    うろ覚えだけど

    この回は泣けた。

  212. 機能別ヘ より:

    >Ahaneさん 現実を考えると共感できる言葉ですよね。

  213. 機能別ヘ より:

    初めまして!初カキコです!!

    プラネテスはアニメから入りました。こんなにレベルの高いアニメがあったのかって、当時は驚愕しました。マンガもその後即行買って読みました。マンガも素晴らしい内容で、すごくいろいろなことを考えさせられました。

    印象に残った言葉は、アニメの(最終話の一話前だった気がしますが)ハチマキのセリフ「この世に宇宙の一部じゃないものなんてないんだ」(マンガにもあったかなこのセリフ)です。これすごく深いセリフだと思いました。何週間かずっとこの意味を考えてましたよ。

    お金をためて、早くDVDを全部揃えたいです。

  214. 初カキコです。

    原作よりハチが自分の亡霊に言われる「自分を鎧う事なく!…」のくだり、ハチの母ちゃんの「言いかえればね、どこに行っても何してても構わないけど私のトンカツの絶妙な美味しさ忘れないでいろってことよ。シンプルでしょ?」 、

    ユーリが若い時に遭遇したインディアンの「ここから(宇宙)だよ」。

    このあたりかな。

    タナベとハチの「しりとり」もいいね!

  215. ayumew より:

    >ハチマキのセリフ「この世に宇宙の一部じゃないものなんてないんだ」(マンガにもあったかなこのセリフ)

    漫画だと、溺れそうになった直後にそんなこと言ってたと思います。

  216. ろー より:

    初めまして。

    僕は漫画からですね。アニメ化しておもしろくなくなるのは結構あるのに、この作品はアニメのほうもたまらなくよかったですね。

    好きなセリフはハチが苦悩してもう一人ハチとの問答での

    「全部オレのもんだ、孤独も、苦痛も、不安も、後悔も

    もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ。」

    ってやつですかねぇ。

    真っ暗な宇宙空間で一人取り残されたらこんな強がりは僕には言えません。笑

  217. ろー より:

    初カキコです

    Ahaneさんのと一緒で

    アニメは

    「ここからは国境なんて見えないのに・・ただ地球があるだけなのに。」

    ですね。

    この回涙ぼろぼろでした。久々に映像作品で大粒の涙が頬から流れました

    マンガは

    「さよならジュピターーーーーーーーー!!」

    「きたばっかじゃーん」のやりとりと

    「あーゆーのがいるから戦争なんかおこるんスよ」

    かな、他いっぱいあるけどぱっと出たのをちょっとw

  218. はじめまして。

    アニメってどこでも評判いいですね!!!見たことないんですけど・・・。オレは「フォン・ブラウンの跡を継ぐ者にできないことなんて何もねぇェのさ」ってとこですね。かっこいい!でも「それはオレの遺伝子に対する挑戦だな!?」もすきです。

  219. Yoppi より:

    漫画4巻から

    ・フィーの台詞

    「…仕事しよ」

    泣けました。ぼろぼろと涙があふれてくる。

    ・ロックスミスの台詞

    「心理の探求は〜我々人間はこれから先も永久に…真の愛を知らないままだ」

    けっこーロックちゃん好きなんで。

    ・ハチの台詞

    「愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ」

    やっぱりこれが一番好きです。この作品の主題ですね。

  220. 「君のその愛が

     彼の心をとらえた事などないのだよ」

    このセリフが一番グサリと来ました。

    ツィオルコフスキーらが嘘つきだったのと同様、

    宮沢賢治の昔から、

    否、それよりも遥か以前から、

    自分自身しか愛せない者が、

    時代の先端を行っていたような、

    そんな衝撃を受けました。

  221. やっぱロックスミスの

    「気安く愛を口にするんじゃねぇ…」

    ですかねぇ。なんかやたらこのセリフとシーンだけ覚えてるンですよね。なんでだろう。

  222. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    アニメの最終話で「愛の反対は無関心」みたいな台詞が考えさせられました。

    自分の今の状況にそっくりなもんで…

  223. エヌ氏 より:

    はじめまして。

    手元に漫画もDVDも無く、

    うる覚えなのですが、

    はちまきが

    「喜びも、悲しも、全部自分の物だ。誰にもわけない」

    って感じのコトを言ってた場面が好きです。

    物語の最後にはその考えは間違えてると解るのですが、

    その時点では、自分ではそう考え、それを貫く、って言う、

    ハチマキの不器用ながらも、ひねくれながらも、

    まっすぐさが素敵だと思いました。

  224. ゴン氏 より:

    雑誌連載時の、PHASE6 走る男 から読み始めたので、この話のインパクトは抜群でしたね、自分の中で。

    ゴローの「とにかく飽きたんだョもぉ 地球(おか)に降りるわ、オレ てゆーか人類がどうとか重くてヤだしね  つまらん」

    おれはどっちかというとゴローの生き方に近いので、これのことばは「キ」ました。

    あと、PHASE.16ハチがタナベを実家に連れてきたときのゴロー、「なんにしろめでたい ハチ公これでお前も晴れて・・・・・・ 手前勝手にくたばれない身の上ってェワケだ」 ハチ「・・・・・・ おかげさまで」

    戻るところができたときの強さを知っているからこそ言える台詞だなと。

  225. ゴン氏 より:

    はじめまして。

    漫画もアニメもすべてが名台詞だと思います。でもフィーさんの「反抗はガキだけの特権じゃないんだよ」的な発言が結構ぐさりときました。

    なにより、この漫画が幸村誠氏の第一作目ということにも驚きました。一作目でこれほど感慨深いものを作れるなんてほんとにすごいと思います。今後に期待です。

  226. ゴン氏 より:

    コミックス3巻 却来の日 P151

    ハチマキがタナベに遺言書を呼んだ事を謝罪するシーン

    「わ 私 頭悪いからう まく書けないんですよ ありがとうとか! さようならとか! ごめんなさいとか!」

    実際 手紙を書こうと思っても何書いていいのかわからない…

    なんかタナベの気持ちわかるなぁ

  227. XAX より:

    原作しか読んでませんが、やっぱり名言は「しりとり」シーンかな。

    あとはフィーさんの「ジャストミートッ!」(笑)

    今原作4巻とも貸してて、このコミュ見てたら読みたくなったんだけど読めず、つらい(笑)

    ところでアニメを見たことない私は「プラネテス公式サイト」に行ってみたんですが、そこでのフィー姉御のキャラクター紹介で名言発見しました。

    (質問集があった)

    Q10: お風呂でどこから洗う?

      「宇宙一きれいだ」って、ダンナが褒めてくれるところさ。

    フィ、フィーさんかっこいい!!(*´∀`)

    公式サイトのキャラ紹介、結構必見かも?

  228. XAX より:

    >>とうがらしさん

    私は原作は読んでないんですが,アニメ版の出来は素晴らしいですよ。レンタルにもありますので,是非一度ご覧ください。

  229. ayumew より:

    >私は原作は読んでないんですが,アニメ版の出来は素晴らしいですよ。

    アニメの台詞って、漫画から借りてきたものばっかりですぜ。

    漫画読むほうが先っす。

  230. クマ より:

    「全部オレのもんだ

    孤独も 苦痛も 不安も 後悔も

    もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ」



    「この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか

    オレですらつながっていて それではじめて宇宙なのか」



    「なにも なにも要らない」



    「独りじゃないから オレは生きていられるんだ」



    「愛し合うことだけは どうしてもやめられないんだ」

    ハチの変遷です。一文で今ハチがどういう考えなのか、すんなり諒解できちゃいますね。

  231. たな科 より:

    >>クマさん

    ああ、いいまとめですね〜!

    ハチの生き方にはその時それぞれで納得させられてしまうんですよ。

    孤独に助けをはねのけて行こうとしたハチも、タナベに影響されて独りじゃないことに気づいていくハチも。

    普通なら初期のハチに「何様こいつ?」「何このキャラ」なんて思ってしまいそうですが、あれだけ一瞬一瞬を一途に描かれると、どのハチも生きることに向かってひた走っていて妙に納得させられてしまう。

    「登場人物」という枠を超えているような。

    ハチを通して、何だか自分自身も成長した気分にさせられてしまいます。

    (私の場合は本当に「気分」だけど…)

    私にとっての名シーンは、あとは原作第1エピソードの「ユーリを守って」ですね。

    アニメでは最初のエピソードではないようですが、あのエピソードが全巻衝動買いさせた1番の原因です。

    「この漫画ならはずれじゃないだろう」と。(すいません、ちらっとしか知識ない状態で見たもので)

  232. たな科 より:

    こんにちは。

    友達に薦められてアニメ見ました。

    僕は断然「エゴイスト結構!!」が好きです。

    ロックスミスです。

  233. 機能別ヘ より:

    はじめまして!

    留学中に海賊版DVD見てプラネテス知って(笑)、帰国後マンガ全巻買いしたジャガーです。

    好きなセリフ…

    「でかいなコノヤロウ!勝ったと思うなよ!」

    かな?

  234. 煙月 より:

    はじめまして

    やはりロックスミスですかね。

    コミックス4巻の

    「きやすく愛を語るな。」

    だったかな?ぐっときましたね。

  235. 機能別ヘ より:

    ぷるぷるふるえて着信お知らせ!

           マナーモード用チワワ

    ただ言ってみたかっただけ。らしいですが、完全に不意打ちですw

  236. チョンボ より:

    有名なシーンも好きなんですが

    フィーさんのおいちゃんの

    「・・・・・・・・なんなんだ?

     オレがいけないのか?

     本当にオレがいけないのか?

     どっちなんだ?

     オレと

     この世界と

     狂ってるのはどっちだ?」

    この前の「おいちゃん泣いてるの?」からのシーンでの台詞とあわせてやばかったですね。いろいろ考えさせられました。

    かなりきました。

  237. 黒鷹 より:

    >>チョンボさん

    俺も好きです、それ。すきってか心に刻まれてるというか。

    周囲に馴染めないというだけで排斥されなきゃいけないのですかね。仕事や人間関係でぶち当たり、妥協したくなる時に思い出す台詞です。

  238. (V)o\o(V)さ より:

    プレネテス、大好きです。

    心に残った場面ですが、

    4巻のカバーに書いてある作者挨拶。とても共感を覚えました・・・。

    あとは、4巻202ページの

    「・・・爆撃?」

    初めて料理を作ったときのことを思い出しました・・・^^;

    ところで、プラネテスって、続き出ないんですか??

  239. 機能別ヘ より:

    初めまして!

    最近、プラネテスをイッキ観しました。

    前半に比べて後半は観ていて気持ちが重くなったりしちゃったんですが、久々にアニメで感動しました☆

    私はアニメ版の「先輩が愛していたのは私じゃなかったんだぁ〜」ってタナベが気付いて倒れる場所に号泣でした。タナベはあまり好きじゃなかったんですが。。こんなにハチに愛を注げるタナベは強い女性ですよ!だからこそあの最後があるのかなぁって。

  240. けみ より:

    ええっと四巻の男爵が自分の身の上話して最後まで聞いてくれたホシノ(タナベ)になぜ信じてくれるの的なことをきいたときに「目をみればわかる」ってあれ。言われてみたいですね、嬉しくなるようなことで。ホンッとタナベは俺の理想です。

    あと

    フィーの小さい頃の話。回想録でナレーションで「考えずにはいられない」「ちゃんとした大人になれないひとはどうしたらいいんだろう」なんか考えちゃいます。同じく「このクソみたいな社会に馴染めなかったひとはどこに行けばいい?」って部分。ホントよく考えちゃいます。

    あと、おなじくフィー姉さんがバイクで事故って犬とバイ

    クひきながら休憩してるときにデブリの

    流星郡がおちてるときにフィーが手をあわせて祈りそうに

    なったときに犬がワンッ、て吠えてフィーに気づかせてあげるところ。何がどうイイってわけじゃないんだけど、

    人生でもああいう瞬間がいっぱいあってほしいな、っていうか

    誰かがフィーみたいになった時に、あのシーンの犬のようにワンッって吠えてあげたいなっつうか・・・そんな感じです。

  241. Xコア より:

    昨日初めてナマコの酢の物を食べました。(けっこうイケた)

    4コマの

    ユーリ「それ、日本人食べるぞ」

    フィー「罰ゲームとか・・・?」

    ユーリ「いや、酒の肴に」→(そしてある意味タナベを尊敬するフィー姉さん(笑)

    アニメの方ではやっぱりエンディングのしりとりで「結婚しよう→うん!!→おっしゃ、俺の勝ちって」とこでしょ(ありきたりですが…)

    みなさん、気づいていましたか?あのシーンはハチマキの後ろの太陽が眩しくなって振り向きざまにプロポーズをしていましたが、あそこって第一話のタナベの初仕事を終えた時のシーンと一緒だったんですね。

    私は、2004年の時の水曜の深夜の時の放送を途中から見ていたので1話を知りませんでした。2005年のハイビジョンで初めて1話を見て、製作スタッフの作り方のうまさにも感動しました。

  242. マオシュン より:

    私はハチの最後木星についた時のスピーチが

    心に残りました。

    「愛し合うことだけがどうしてもやめられないんだ」

    「いいか悪いかは知らないがとても強い力だ」

    「核融合なんて目じゃない」

    ハチ・・・言ってくれるじゃねぇか(*´д`)y-~~

    ってなりましたw

  243. qurter より:

    2巻の

    ハチ「地球から上がってくるだけで精一杯の奴らと

    足並みそろえてて何ができるってんだよバカヤロウが!」

    ビビッときましたよこれは。

    このセリフが口から出せるのって

    ものすごいエネルギーだと思います。

  244. 地球での試験で、

    「エゴイスト結構!!私もエゴイストだ!」

    ってのがキましたね。

    そのまえの、ハチの行動で既にキていたので、より一層キたのかもしれないです。

    かっちょ良かったです!w

  245. 考えるな

    足も止めるな

    景色を見るな

    そうすりゃ絶望しないですむ

    自分のコンディションだけを考えるんだ

    今までそうしてきたじゃないか

    仕方ねェんだ

    仕方ねェんだよ

    他にいいやり方なんてねェ

    オレに必要なのはあんた達じゃねェんだ

    必要なのは血の沸くような

    自分への怒り……

    ……すごく重い失恋をして、相手と、相手の属するグループから離れて独りぼっちでいた頃、2巻のこのセリフが、ずーっと頭の中をぐるぐると(w

  246. アニメ第4話のタナベ

    「なにわけわかんないこと言ってるんですか!

    デブリ屋は最高にカッコイイです!

    宇宙を安全にするんです!人の命を守ってるんです!

    縁の下の力持ちなんですよ!

    お父さんのことばっか言ってる人こそ宇宙のゴミです!

    だったらあたしが掃除してあげます!」

    もうタナベさん素敵。あの手つきもw

    このシーンで仕事についての考え方が変わりました

    1話目を見た次の日にDVDを揃えちゃったぐらいはまってます

    あとノノちゃんの「ハチマキ〜?変な名前〜!」もなぜか印象的

  247. はじめまして、アニメ再放送からハマッた新人ですがよろしくお願いいたします。

    第4巻最後のロックスミス博士の

    「……気安く愛を口にするんじゃねェ」

    です。

    深いです。

  248. はじめまして!マンガしか読んでない若造です。

    かなりベタだと思いますが、好きな言葉はしりとり中の「結婚しよう」です。

    ハチマキカッコいい!!

  249. ユジ より:

    はじめましてー

    wapsさんの「……気安く愛を口にするんじゃねェ」も好きですが、

    同じく4巻p64の「心配ないただかなしくなっただけだ」も好きです。

    「眼差しの先に、常に宇宙空間がある人」、ロックスミスが好きです!

  250. ユジ より:

    はじめましてー( ゚∀゚)

    ゴローさんの

    「わがままになるのが怖い奴に宇宙は拓ねェさ」

    が自分は大好きです。

    俺に足りないのはこれです。

    あとアニメのロックスミスの

    「エゴイスト結構!!!私もエゴイストだ!!!」

    も好きです。

    こういうことも人生において必要なんだなーと思いました。

  251. 機能別ヘ より:

    「友達100人作ること」

  252. 2×2=志 より:

    アニメでハチのお父さんが、

    宇宙船に乗るって決めたシーンで

    「こういう男はいい仕事するぞ」【うる覚え・・・】

    って所が男心に響きました。

    あとタナベがドレッドの女の人をかついで

    宇宙で迷子になるシーンで酸素が無くなる所が

    なんか心理的に、俺ならどうする?って考え

    させられました。

    あのシーンの曲も良かったです。

    誰の曲なんですかね・・・?

  253. tommy より:

    >褒め殺しさん
    hitomiって人の曲ですよ。
    たぶん。

  254. Xコア より:

    >褒め殺しさん

    「こういう男はいい仕事するぞ」【うる覚え・・・】

    は「こういう (悪魔みたいな) 男はいい仕事するぞ」が入っていたと思います。(もしかしたらマンガのほうと混同している可能性アリ!!)

    hitomiってたぶん石黒ひとみっていうこの曲の作詞している人といっしょと自分は思います。

    ちなみに曲名はたしか「PLANETES」だと思います。最終話のエンディングといっしょでしたよね。

    それが違うなら「A secret of the moon」 まぁこのアニメではこの2曲しかうたってないみたいですが・・・。

  255. 2×2=志 より:

    TOMMYさん、Xコアさん親切にも曲を教えていただき有難うございます!!!

    じつはずっと気になってたんですよ!!

    ちょっと調べてみます!ありがとうございました!!

  256. Xコア より:

    >褒め殺し

    自分はツタヤでCDを借りる事ができました。サントラが2枚あって1枚CDドラマがあります。

    CDドラマの方は原作のマンガとアニメの両方知ってる方にはかなり面白いですよ!!オススメです。

  257. 機能別ヘ より:

    「ここからは国境なんて見えないのに」です。

  258. うさぎ より:

    はじめまして。。

    僕は4巻のフィーの話が一番好きですが、

    「おいちゃん 今どこにいますか?・・・」

    のくだりが好きですね。。泣きそうになりました。

  259. OMEGAΩ より:

    はじめまして!!

    なんといっても残ったのは、アニメの方の、

    「それでも吠え続けたのは、いつまでも夢の途中でいたかったからさ」

    ですね。

    心にズンときました。

  260. ヘボカル より:

    はじめまして。最近このコミュニテイを知りテンション上がってます

    僕はコミック第一話で、ユーリが造花を手向て帰投するシーンが好きっすねー

  261. ヘボカル より:

    「ここからは国境なんて見えないのに・・・ただ地球があるだけなのに・・・。」

    涙があふれ出てきてしまいました。

  262. つくわとろ より:

    はじめまして!!

    俺はPhase19のハチの最後の台詞の「お前は地球の周りを這いずり回っていろ!木星には俺が行く!!」というとこが非常にかっこよかった!!

  263. つくわとろ より:

     愛し合うことだけは どうしてもやめられないんだ。

  264. ミッチー より:

    君のその愛が、彼の心を捉えたことなどないのだよ・・・

    ロックスミスいいねぇ。

    コミック版のハチマキは、タナベと会う前の尖がってたときのほうが好きだなぁ・・・不安定だけど。

  265. ayumew より:

    みなさんはじめまして!

    僕の印象に残ってるのは

    一話の「ユーリを守って」ですかね。あの言葉を見た瞬間に本屋に2巻も買いに行きました

    アニメは見てないんでわかんないですが、アニメもいいですか?

  266. ayumew より:

    >アニメは見てないんでわかんないですが、アニメもいいですか?

    よくないです。

  267. itasuto-king より:

    始めまして!

    俺もハチマキの『全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も

    不安も 後悔も もったいなくてタナベなんかに

    やれるかってんだよ』

    と言う台詞が一番印象に残ってます!

    後九太郎の

    『好きでガキやってんじゃねぇよ!』ってみたいな台詞も

    印象に残ってますね〜♪

  268. はじめまして

    「愛です!!!」

    プラネテスを全話みた今では、タナベのこれ程の名セリフは無いでしょう!!

  269. higu. より:

    はじめまして。

    いまさらかもしれませんが教えて下さい。

    「アイコピー」っていうのはニュアンスでは「了解しました」ってことですよね?「コピー」ってのは「copy」で「写す」って意味ですよね。英語圏で普通に使われてるんでしょうか?

  270. 今々 より:

    はじめまして。

    英語に詳しいわけでもなく仮説ですらないのですが、

    「I’m complete」と略だか変化形かな?なんて思ってます。

    でも「You complete?」はおかしいのか・・・

    ギョーカイ用語とか?w

  271. とーま より:

    「ここも宇宙だよ。」じいさん好きです。

  272. とーま より:

    FSS(five star stories)でダイバー(魔術師)同士がメッセージを伝えるときにコピーって言ってたなあ。

    って別の漫画のネタですいません(笑)

  273. ヒロポソ☆ より:

    “You copy?” “I copy”であってると思いますよ。意味は作品中でも出てきますよね、「わかった?」「了解」ですね。

    航空業界用語の”I have.”を意識して作られた造語かと思っていたんですけれど、何か他に意図があるんでしょうかね、多分普段使うような英語ではないと思いますが…。

    (※航空機のコックピットで、誰がその時の操縦責任者かを明確化するために、”You have (Control).” “I have (Control). “というやり取りを機長・副操縦士で行います)

  274. つとむ より:

    You copy? I copy.

    ってやり取りはNASAがアポロ宇宙船とヒューストンと

    交信する際に実際に使われているやり取りです。

    宇宙船を操作する手順は複雑でヒューストンから指示が

    アポロに行く際に完璧に再現できるか?という意味で

    使われていたんじゃないかと(ここは想像ですが)

    古くは軍で使用されていた言葉かもしれませんが・・・

    とりあえずこのやり取りはアポロ13とかその他有名な

    SF映画を見てると結構頻繁に出てきますよ〜

  275. higu. より:

    なるほど、NASAで使われてるんですか。

    なんにせよ「アイコピー」と「ユーコピー」が絶妙なタイミングで使われてると思います。だから「アイコピー」と「ユーコピー」が名言です。

    日本語的で「何も言わずともわかってるよ」って感じがしていいです。

  276. ayumew より:

    >航空業界用語の”I have.”を意識して作られた造語かと思っていたんですけれど、何か他に意図があるんでしょうかね、多分普段使うような英語ではないと思いますが…。

    航空業界(における通信)で使われないです?

    軍事方面に偏ってるのでしょうか。でも無線やってる人だと絶対に知ってる使い方だと想像しますが、どうだろう。

    個人的にはあの「アイコピー!」のはきはきとした言い方はプロっぽくないので、ちょっと萎えます。

  277. 好きなセリフ…

    『トックリ』

    CDドラマのギガルト×九太郎の話ですが、爆笑しました

    まあ、冗談(という訳でもないけど)はさておき、シリアスなシーンでは、やはり先生の

    『どうして…アイツのあだ名が思い浮かばなかったのだろう…』(うろ覚え)

    ハキムの事を聞き、ベッドの上で述懐するシーンです。

  278. hottoke より:

    僕はレオーノフが瀕死のときにタナベたちが来てくれたときにハチマキが言った、「どうして、独りにしてくれないんだよ」っていうのがハチマキのいろんな葛藤がうかがえて好きです。

    あと、ロックスミスの「気安く愛を口にするんじゃねェ」ですね!「愛することだけはやめられない」なんて気安く言って良いことじゃないですよ!!ハチマキは良く考えた結果でしょうけど☆

  279. ミッチー より:

    アニメ版ですが、コンパスに「please save yuri」と刻まれていたときに、ユーリが「くっ!」と顔を伏せる。

    アニメ版では屈指の名シーンだと思いますし、名言だと思います。

    あの

    「くっ!!」

    には色々な思いがつまっている。

    お互いが愛し合っていた喜びや、失った辛さ。

    デブリ屋で探しつづけてきた日々。

    あれをやられちゃ、泣くしかないなと思った。

  280. 私も感動して思わず書き込みました!!

    私は最後の最後のプロポーズ!!

    ・・・宇宙でしりとり。まなべが「け」でせめて

    ハチマキ「けんばんハーモニカ」

    マナベ 「髪の毛」

    ハチマキ「また”け”かよ〜」

    マナベ 「もうないでしょ??」

    ハチマキ「・・・・あるよ。」

        「結婚しよう・・・。”う”だよ?」

    マナベ 「・・・うん。」

    ハチマキ「ヨッシャ!俺の勝ち!」

    の掛け合いがカナリ好き!!

    マニア過ぎてごめんなさい笑

  281. Xコア より:

    >紅白かまぼこさん

    このトピならこの名シーンはマニア過ぎなんて事はないと思うな〜。どっちかというとメジャーかも…笑

    自分もあのシーンは好きです。原作の方でのプロポーズはあまりにもあっさりとしてしまって、次のページで星野家に挨拶に行ってましたし。

    アニメのオリジナルストーリでのテロなどの苦難を乗り越えてのプロポーズだからあんなに感動できたと自分では思ってます。BGMやオーロラとかも背景もきれいですしね。^^

  282. >Xコアさん

    そうですね^^書き込んでから感じました笑!

    アニメはホントよくできてますよね!!原作も好きですが、アニメのほうが登場人物も多く、気に入ってます^^

  283. 機能別ヘ より:

    ハキムを殺そうとするハチを止めるタナベ。

    あのシーンは完璧不意をつかれました。

    久しぶりに読み直そうかなぁ

  284. これはDVDになるんですが最終巻の田辺のいままでいろいろいってきたのに遺言になにもかけなかったって泣き崩れるシーン。いままで愛について強くかたってた田辺が自分の生き方に疑問をはじめてもってしまったその心境がすごくよく描かれていて感動しました。漫画も最高によくできとるけどDVDも原作のよいところを生かしながらも独自の味をだしててそれがすばらしいできなので見ていない人もみてみるとさらにプラネテスのファンになるとおもいますよ〜。

  285. 公務員試験を今度受ける僕にとっちゃ

    「はっ!

     試験あきらめてハンパ野郎に成り下がるくらいなら

     爆死してやる!」

    っていうハチの台詞が胸に刺さります

    爆死しないように頑張ります・・・。

    でも「はしか」にかかりそうで怖いな〜

  286. しげ より:

    はじめまして。

    sabuですみません。

    僕の心に残る名言は

    ナナ「どう?いいでしょ私の海」

    ハチマキ「(残念だがオレにはさっぱり砂漠だ)」

         ・  

         ・

    ハチマキ「広い海だなしかし」

    の一連の流れが大好きです。

  287. しげ より:

     はじめまして!

    オレは詳しく覚えてなくて申し訳ないんですが

    エルタニカの宇宙服をテストするストーリーで

    最後にエルタニカの所長さんが地球をみて、

    「なぜでしょう、線なんかみえないのに!

     ただの地球なのに…。」

    みたいなセリフを言ってたのが印象的です!

    アバウトでごめんなさい…。

  288. きん より:

    おじゃまします☆

    >しげさん

    ぼくもそのセリフはとても強く印象に残ってます!アニメの中では1番かもしれないですね〜。

    それと似た感じで最終話だったかな?月面でノノとハキムが遭遇したシーンのノノの

    「まだ国って見たことないんだー。」

    みたいなセリフ(ありましたよね?^^;)も印象に残ってます。

    カップヌードルじゃないですけど「NO BORDER」ってのはアニメ版で伝えたいメッセージの一つなんでしょうね。

  289. inaba より:

    はじめまして。今回このコミュに初めて書かせていただきます。

    過去の書き込み見てみたら、やっぱり他に同意見の方いたんですが、自分のにとっての一番の名言はハチマキの、

    「全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も後悔も

     もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ 」

    ですね。なんか原作、アニメ両方ともこの台詞を聞いた後は何故か必ず余韻に浸ってしまいますね。数分間停止してしまいますね。 ていうかアニメでは自分泣きましたね。

  290. ミッチー より:

    フェーズ4の「仕事として」

    で、コリン・クリフォードをタナベが殴るとき。

    実は、後ろでユーリも殴ろうと構えてた。

    おお!!と思った。

    さすが!

    ユーリいいなぁ。

  291. しげ より:

    >きんさん

    ノノちゃんのセリフのあとはエルタニカの所長さんの時

    と違っていい感じの余韻がありましたよね(^^)

    NO BORDERな世界になればいいなぁ☆

  292. うましか より:

    コミック2巻でタナベが出てくるところで、

    ハチマキが訓練前に言う言葉、

    「忘れちまえ重力なんて

    ありゃ世界をせまくする力だ」

    コミック中心ですが、ストーリー・言葉・人物ぜんぶホれた作品です。

    既出以外で↑が好きな場面です。

    大人になって(ただ年をとって)いくにつれ

    いろいろ「これはこういうもん」って

    自分の行動・考えをせまくしていってる気がします。

    生活の中のちょっとした1つの制限(先入観)を

    とっぱらえたら新たな可能性がある。

    新しい世界がある。

    「てなことで訓練開始だ」

  293. むうみん より:

    はじめまして。アニメから入って、漫画も読みましたけど、やっぱりアニメが好きです。

    「戦いきれないお前はようやく今頃になって言い訳を探し始めている」

    「俺は俺だけの為にフォンブラウンに乗る!人類とか会社とか仲間とか、いちいち何かを言い訳にするな!おまえは地球の周りを這いずりまわってろ。木星には、俺が行く」

    這いずり回ってろ!!」

    「我がままになる事を怖がってるヤツに宇宙なんて開けないのさ」

    「何も見えない暗闇の中で、手探りで道を探して、きっとみんなそういう思いをして来た筈なんだ。ツィオルコフスキーもゴダードもオーベルトもフォン・ブラウンも。でもあんたとの喧嘩を一生かけてするって腹を決めれば、いつか光は刺すんだ」

    「夜空の輝きを見上げながら、あの病気さえ無ければ今頃俺は…そういえる権利をお前は欲したんだ。諦めた訳じゃない。俺の所為じゃない。あの事故が悪いんだ。あれさえなければ、俺だってきっと」

    「だったら何故ハキムに腹を立てる。要するに、お前はハキムにすがってたんだ。一緒に木星行ってくれる奴が欲しかったんだ。」

    耳が痛い。

  294. るぱ より:

    >夢〜眠さん

    痛いね・・。痛い。

    言い訳はもうたくさん。行動行動。

  295. むうみん より:

    (>_<)

    「もっと速く・・・もっと力強く・・・もっと遠くへ!」

  296. buchi より:

    原作ではイグニッションの回のユーリの台詞

    「太陽系は変わるぞ」

    でしょうか。連載を立ち読みしていて震えました。

    こういう新たなステージへ進めGo!Go!な台詞は燃えます。

    あとはやはり「けっ、敬礼! 勇敢な船乗りに敬礼だっ!」

    アニメ版ではこれが削られていたことが唯一許せない(笑)。

    アニメ版では1話の「タナベ、聞こえる?」からの一連のシーケンスですね。

    “Jupiter Highway”が流れる中フィー垣間見せるデブリ屋としての矜持。

    そして宇宙での日の出から一瞬遅れて海面が日光を照り返してブァッと明るく光る演出には、宇宙モノ好きとしては涙が出ました。

    続くフィーとセブンの交信も格好良い。

    思い返せばタナベ同様、この場面で自分は一目惚れしたんだろうなぁと思います。アニメ版に。

  297. ヤマコウ より:

    愛し合うことだけがどうしてもやめられない

    気安く愛を語るんじゃねえ

    ハチマキとロックスミスが対照的。ロックスミスの後悔みたいなのを感じます。

  298. のぶくん より:

    アニメの第一話にて…
    管制課に乗り込んでケツを振るタナベがめっさ好きです!

    そ〜いった場面でのアニメーションの作りがとっても気に入ってます!

    あと漫画にて…

    阪神V8!(ハチの名前の由来)

    見たい!そんな光景見てみたい!月にいたとしても道頓堀まで帰ってきます!

  299. ケイティ より:

    タナベ「どうして奇跡が起きたんだと思います!?

    それはファドランさんがそう願ったからです!

    奇跡を起こすくらい強く願ったからです!!

    地球に帰りたい、家族の所に戻りたいって!!」

    タナベのパワーには誰も勝てませんね。

    彼女の力強さが好きですvv

    プラネは名台詞多すぎて選ぶのに迷う(>_<*)

  300. ハル より:

    俺はフィー姐さんの「ジャ〜ストミィ〜〜イトォ!!」
    が好きです☆
    いつも冷静なフィー姐さんの熱い気持ちがいいです
    ((o≧▽≦)o゛

  301. manzou より:

    「俺はなぁ、フォンブラウン号じゃなきゃ駄目なんだよ!」って部分。

    ワガママになれない〜の下りも好きだけど、やっぱこれじゃなきゃ駄目、これ以外駄目!って言えるってすげぇカッコいいよね。

  302. 機能別ヘ より:

    はじめまして!

    コミックスもアニメも見ました。

    どちらも、好きです☺

    仕事をしていると、デブリ屋の気持ちがよく分かります。

    コミックス4巻フィーの、

    毎日毎日デブリを拾う

    もう13年もこうやって

    毎日毎日

    明日もあさってもデブリを拾う

    ……ちくしょう

    なのに何でデブリが減らないンだよ

    というセリフにすごく共感しました。

    それと、アニメ版の最終話のエンディングテーマ

    黒石ひとみさんの「PLANETES」のメロディ&歌詞が大好きです。

    http://casia.itaiwan.net/music/dolce/PL_l_ost2_21.htm

    ストーリーにぴったしですね♡

  303. LOSTMAN より:

     プラネテスには名言が沢山あるけど、その中でもコミック4巻でハチが言った「ざまーみろ、無理やり関係してやった。この宇宙に俺に関係ない人間なんか一人もいねーんだ」です☆

     なんてアツいセリフなんだっ!!シビれるぅ〜★

  304. ひとむ より:

    フィーの「生きてるって素晴らしいね」

    死ぬかと思うような事故を共にした友人に、自分が言った言葉と一緒だったので・・・

    この言葉に込められたいろんな気持ちをいとおしく思います。

  305. J_N より:

    ベタやけど、しりとりプロポーズ!「おっしゃ!お前の負け」が!

    あと漫画の阪神V8!なんてうらやましい世界!って思った(笑)

  306. J_N より:

    「結婚しよう」

    「・・・・うん」

    「お前の負け」

    愛する事はやめられないんだ

    俺も

  307. スパイコ より:

    やはりラストでみんなが出てくるシーンです。

    エーちゃんの元旦那とか自主制作映画女優の人とかそういう人たちもみんな宇宙のどこかでつながってがんばっているのが垣間見えて直前のプロポーズとのダブルパンチを食らいました。

  308. miso36 より:

    やっぱり、4巻「無理やり関係してやった」が一番印象的です。

    あと、1巻ラストの「勝つのは俺だ」というのも。

  309. Squall より:

    四巻最終話にある、ロックスミスとラモン博士の会話です

    他にもロックスミスの言葉はあるけど

    共通して冷たい言い方をしているのが

    また意味があるのだと感じました

  310. 機能別ヘ より:

    テマラ・ポアチエの「ただ地球があるだけなのに。」

    これにはやられました。

    コミックでタナベの父ちゃんがブルーハーツを口ずさんでたのがなんとなく好きです。

  311. 光。 より:

    概出がなかったようなので。

    20話あたま、EVA試験の時の、

    ”もっと速く!

    もっと力強く!

    もっと遠くへ!

    フォンブラウンってのはそういう船なんだ!”

    ですね。

    何かしてるとき、つぶやいてしまいます。

    あと、試験管の、

    ”見ましたか?今の方向転換。”

    妙にガンダム的台詞に感じました。

  312. Z より:

    コミック第2巻のロックスミスを好きになるきっかけになった

    「私は宇宙船以外なにひとつ愛せないという逸材だからさ」

    という台詞が大好きです.

    技術者を目指す私にとって,とてもかっこいいと感じました.

    また,第4巻の

    「気安く愛を口にするんじゃねぇ」

    という台詞が妙に気に入っています.

  313. さやか より:

    やっぱ一番は...

    「でもスッゲーーーがんばんないと宇宙船なんか手に入らない

     だからそれ以外のことはいっさいしないときめた

     でも

     愛し合うことだけが どうしてもやめられない」

    この流れが好き。これと同じ事を言っていた人がいました。

    泣きそうになっちゃう。

  314. タマ7 より:

    初カキコです。

    やばいです。

    みなさんのカキコを読んでるうちにまた、読みたくなってき

    ました。

    あの感動をもう一度味わいたい。

    ということで、一番心に残ったというより考えた言葉

    詳しくは覚えてないのですが

    ノノ「地球は行ってみたいとこで住みたいとこじゃないよ、

     住む場所はここ」

    って感じの台詞ありましたよね?

    なですかね、自分に誇りを持っている、自分を持っている、

    正直すごいって思いました。

  315. タマ7 より:

    はじめまして。

    コミュ登録後、即カキコさせていただきます。

    原作の名シーンというか気になったシーンですが、

    4巻のロックスミスの自家用車がFIAT?だった事。

    ルパン(カリオストロの城)もそうなんですよね。

    私も憧れの車の1つ♪

    その他、名言・名シーンは言い尽くしても尽くせないです。

    原作もアニメも、どちらも1つのプラネテスとして

    楽しめました。(自分はアニメ→原作の順でした)

  316. ベジータ より:

    「地球で死んじゃうようなひとならいらないよ、木星でも死なないひとがほしいんだから‥」

    アニメのロックスミスが1次試験で言い放った名ゼリフです。

  317. 54th より:

    はじめまして!!(^○^)

    うろ覚えなんですけど・・・

    「…………なんなんだ?」

    「オレがいけないのか?」

    「本当にオレがいけないのか?」

    「どっちなんだ?」

    「オレと、この世界と」

    「狂ってるのはどっちだ?」

    初めて漫画で泣きました(ToT)

  318. 54th より:

    アニメ版ですがタナベの

    「宇宙は独りじゃ広すぎるのに…」

    なんだかジーンときます。

  319. やっくん より:

    漫画のラストに

    「愛を気安く語るんじゃねぇ」

    というロック=スミス。

    かっこよすぎ。

  320. totalframes より:

    「ユーリを守って・・・。」でガマンできなくて泣きました。

    「オーケー!ベイビー♪」

    「宇宙を守る、デブリ屋なんだぁ〜〜〜!!」

    も捨てがたいです。

  321. 虎助 より:

    アニメ版で、タナベとクレアが月に不時着し、漂流するところのシーン。

    「全ての命は尊いものなんです。愛すべきものなんです。

    それなのに生きる価値があるとかないとか!

    そんなの、全然わかりませんよ!!!」

    タナベの叫びに心打たれました。

    そしてその直後のシーンも。

    「わたし、バカだ・・・」

    タンデム・ミラーエンジンに手を触れるハチマキを思い出すタナベ。ここで、BGMに『PLANETES』がかかる。

    「先輩を救ったのは、私じゃなかったんだぁ・・・」

    脱力感とともに崩れるタナベ。酸素がなくなり、必死に助けを呼ぶ。しかし、誰も答えない。

    絶体絶命の状況下で、自分が主張する愛を手放しかけるが・・・

    あのシーンの『PLANETES』が絶妙なバランスで印象に残ってます。

  322. より:

    アニメ版でハチマキがタナベに

    「勿体無くてなぁ、お前なんかにやれっかよぉぉ!」

    と毒を吐くシーンは、絵も声も素晴らしかったです。

  323. ハチロータの台詞で

    ・月で・・・「もう・・・・二度と・・・・」

    ・ハキムの質問に・・・「ない」

    ・海の中で・・・「タナベ?」

    ・サリーの質問に・・・「なにも なにも要らない」

    ・木星への途中で・・・「ムリかなぁ・・・そうかなぁ・・・」

    深い意味なんてわかんないけど、「カッケーな」と思いました

    多い?

  324. より:

    ダントツで「咆える犬」。

    こういう漫画が読みたかった…!と思わせるほど名話。

    ほんと、しばらく鳥肌が治まらなかったなー。

  325. より:

    コミュニティ参加早々カキコします。

    お気に入りのセリフは

    ハチマキ

    「ありゃ〜…やりやがったあいつ」(テロとまちがわれっぞ)

    ユーリ

    「あれのフェアリングにな」

    「俺のコンパスが入ってるんだ」

    ハチマキ

    「ユーリお前かわった?」

    ユーリ

    「え?」

    不思議にというか…なぜかというか…自分の顔が勝手に笑顔になってました!(>▽<)

  326. えべそ より:

    初めまして

    私が一番カッコイイと思ったシーンはマンガで九太郎がフィーのコンパスをフェアリングに乗せて飛ばしたあと、
    九太郎「なぁに、すぐ追い付くさ。」
    って言って、大きくなるところがカッコよすぎです!

  327. えべそ より:

    すいません!フィーじゃなくてユーリでした!

  328. えべそ より:

    タナベ「先輩!逃げてください先輩!」

    ハチマキ「うるせえ!だったらシャトルはどうなる!今回ばかりは逃げも負けも許されねぇ、許されねえんだよ!」

    アニメ第2話、シャトル軌道に入ったデブリを命がけで軌道変更させるシーン. 変化の無い自分に自暴自棄になったが、目の前で起きた人命の懸かった出来事に迷いを捨て、自分を信じた、って感じが、!

  329. 本郷 より:

    初めまして、心にのこったシーンは、

    アニメの最終話で、、

    ノノ「ねぇ何してるの?ここで」

    ハキム「綺麗にするんだよ…」

    ノノ「えっ?」

    ハキム「みんなが汚した所を綺麗にするんだよ…」

    ハキム「宇宙はごく一部の国だけが独占する世界になってしまった!それは正すべきだろ!やり直すべきだろ!」

    ハキム「すべての国をあるべき姿に!」

    ノノ「国?うん!ちゃんと習ったよ。そういうので分かれてるんだってね、地球は。」

    ハキム「…」

    ノノ「私ルナリアンなの。月生まれの月育ち。」

    ノノ「だから、国とかってみたことないんだ。」

    ノノ「おじさんの国は地球の何処にあるの?」

    ハキム「……!」

    ノノ「ここから見える?」

    ハキム「……」

    ハキム「確かに…」

    ノノ「えっ?」

    ハキム「確かにみえないな…、そんなものは…。だがしかし…、それでも私は…」

  330. くひろ より:

    セリフうろ覚えなんですが、名言といえば星野家での結婚報告でのゴローさんとハチの・・・

    「これでお前も、手前勝手にくたばれねえ身の上ってわけだ」

    「おかげさまで」

    のやりとりが一番気に入ってます。割と近い時期に所帯を持ったので、染み入るように共感しました。

  331. あや坊 より:

    心に残るというか・・・アニメの最終話で、ハキムとノノが出会ったじゃないですか。。。あれって、その後どうなったんでしょうか???ハキムは思いとどまったということでしょうか??

    スミマセン。。。こんな質問しちゃって。。。

    みなさんはこんなのもうわかってますよね。。。

  332. やっくん より:

    あや坊さん>

    ハキムはノノを殺さずに去る。

    ハキムは、今までこだわってきた国や民族の仕切りが些細なことだということに気づいたので、ノノを殺さずに去る。

    が、それを認めることは今までの自分の信念と行動を否定することにつながるので、「それでも私は・・・」といって、自分を何とか肯定している。

    基本的に善人なハキムです。上記に気づいてしまった以上、もはや断固たる信念が崩れてしまったのですから、むげには爆弾で人を殺すことはできないかと。

    蛇足ですが、ハチマキがいつだかハキムを殺せなかったように、ハキムもノノを殺せなかった。それは、自らが信じ、生きる糧としてきた信念を裏切ることです。だから、この先ハキムは同じようにノノを殺せなかった事を悩み苦しむのでしょう。

    それでも、ハキムのその苦悩の先にはハチマキがたどり着いたような愛のある答えがあるのだと私は信じますが。

    上記が私の持論です。参考になれば幸い。

    私の心に残った一言は

    ロック・スミス「愛を気安く語るんじゃねぇ」(漫画4巻)

    です。

    なんか、ロック・スミスの人生観がすべてにじみ出てる感じがして印象的でした。

    感動とはまた違うんですが・・・

  333. 「ユーリを守って」

    333ゲッツ

  334. 「結婚しよう…う、だよ?」「うん」

    こんちくしょー(笑)

  335. ていごう より:

    3巻でタナベといっしょに星野家に結婚報告をしに行って、

    そのあと九太郎のロケットを見たハチの

     まっすぐ大気圏をつらぬいて

     ただひたすらに宇宙を目指す

     そのためだけに造られた機械

     なんて雄々しく なんて美しく

     意思の力に満ちた 哀しい機械

    その後の白猫が出てくるシーンで1セットなのかもしれませんが、

    九太郎、ロックスミス、昔のハチなど宇宙に向けてひたすら突き進む人間の哀愁を帯びたこの言葉が一番好きです。。あ〜、ロックスミス好きですわw

  336. 森野うま より:

    ロシアでロケットが実際作れる事を「理論上」証明した人の言葉を親父が評して「自分の欲望を人類の欲望に置き換えたんだ!」といった時。(とてつもなく正確でない説明、言葉でごめんなさい。)

    事前に「栄光なき天才たち」という漫画でロケット開発の歴史を見ていて「彼を認めるまでに他の人類が追いつけていなかったかわいそうな天才」と思ってみていてただけに衝撃でした。きっとそれが彼の本当の気持ちなのかなと、目からうろこでした。

  337. あや坊 より:

    やっくん>

    ありがとうございました!!!!!

    すごくスッキリしたカンジです。

    私もやっくんの言葉に同感です。。。

  338. ニシヤン より:

    コマンドサンボ・本郷さんとやっくんに強く同意ですw

    ノノとハキムのやり取りのセリフはプラネテスの根底にあるメッセージだと私は思っていますw

    ロック・スミスさんは憎めないキャラですよね〜

    「愛を気安く語るんじゃねぇ」

    は今でも強く残るセリフですよね〜

  339. ニシヤン より:

    はじめまして。

    この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか

    オレですらつながっていて

    それではじめて宇宙なのか

    これで、はじめて宇宙を身近に感じれました。

    マジで、僕の人生観を変えられるセリフです!!!

  340. 宇宙を近くに感じた

    この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか

    オレですらつながっていて

    それではじめて宇宙なのか

    これを考えると

    自分を否定すると自分が好きな人や

    大切な人すら否定しているような気がします・・・

    自分を否定しても何も変わらない

    少し認めることから始めたいです・・・

  341. どうもはじめまして。

    自分はハチマキの弟がユーリの奥さんの形見を壊してしまった後にユーリが言った「壊してくれてありがとう。」が特に印象に残ってます。ユーリの優しさとこれから前向きに生きていく姿勢を感じました。その後のユーリの話し方が敬語無しで何か男らしくなったのも嬉しかったです!

  342. はじめまして。

    アニメ版からから入って,先ほど漫画版を読み終えたところです。

    私の周囲では,アニメ版のギガルト先生の台詞が流行しています。この言葉はとても好きです。

    「新入り,お前,宇宙船欲しいんだろぉ? あせるなよ〜。 ゆっくりでいい,ゆっっくり,ゆっっくりだぁ〜」

    いまだに将来の進路も決定していない私には良い励ましです。

    アニメ版の他の台詞では,いろいろな方と同意見ですが,テマラ・ポワチエさんの台詞も好きですね。

    「何故でしょう…。ここからは,国境線なんて見えないのに…。ただ,地球があるだけなのに…っ!」

    先ほど読み終えた漫画版では,フィーのおいちゃん,ロイ・ブライアントさんの,

    「どっちなんだ? オレとこの世界と 狂ってるのはどっちだ?」

    も良いです。

    ロイおじさんの話は泣けてきます。

  343. 内容 より:

    「君のその愛が

     彼の心をとらえた事などないのだよ」

    実にロックスミスらしい!

    目玉飛び出そうなくらいの衝撃を受けました!

  344. 内容 より:

    「くそったれぇえええええ!!!!!」

    原作だとフィッシュボーンのアームでなくて、

    腕一本で引き上げてんだよねえ、田名部もいないし。

    緊迫感があって印象的。

  345. イクシー より:

    課長補佐の一言…(第3事業部長に向かって)

    「(デブリ課は)あんたの事業部に必要なくても、人類には必要なんだぁ〜〜」ですね〜

    あと、流れ的には最初の方のエーデルの「…働けよ」がなかなか頭から離れませんw

  346. 「俺ほどお前を愛しているものはいないのに、ひどい仕打ちじゃないか…」「だが、そう簡単にふられはせんぞ…」「これで俺もお前と一体に…」、正に宇宙の漢!

  347. タイチ より:

    『神が愛だと言うのなら我々は神になるべきだ。さもなくば

     我々人間はこれから先も永久に・・・真の愛を知らないままだ』

    byロック・スミス 

    宗教じみた事には興味ないけどこのセリフは深いよ。

    人間の探究心って結局ここに行き着くのでは?って感じ。

  348. kanti より:

    今あんたの心はね

    でっかいものの見方を覚えたばっかりなのよ

    はじめまして。

    私はここんところのサリーのセリフが大好きです。なんか目からウロコでした。

    タナベのお父さんの「おとうさん人間の言葉しか知らないんだ」からのくだりも大好きなんですが。

    こういう覚えておきたい言葉がたくさんある話はマジでいいなぁ、と思います。

  349. やっぱりシリトリのところ

  350. ペン より:

    「宇宙は独りじゃ広すぎる。」

    これを本屋で読んで、即 買いました。

  351. 匿名 より:

    犬に向かって

    「苦しかったなぁ、長い間・・・」

    っていうシーン

    背景の夜の空と花畑がグッときた

  352. たろう より:

    アニメ版より

    ギガルト「ガンだよ・・・」

    とタナベに言うとこ。

    声優さんの演技に感服しました。鳥肌立ちました。

    このセリフをあんなに優しくセリフ言えるなんて・・・

  353. おにぎり より:

    名シーンではないですが、

    http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=64499&media_id=2

    ニンジャ〜!やっぱりガイジンさんにはこういうのがウケいいんですかね。

  354. NAISH より:

    はじめまして。

    「わがままになるのが怖い奴に、宇宙は開けないのさ。」

                    by星野ゴロウ

    最高です!!!!!!!!!!!!!!!!

  355. ビーグル犬 より:

    >NAISHさん

    共感です〜!!

    私も…そんなどうしようもない人間の一人だと思ってます。

  356. Kerberos27 より:

    「気安く愛を語るんじゃねェ」かなぁ〜

    その次のページの

    「愛し合うことだけは どうしてもやめられないんだ」

    このつなぎ方は最高に泣けました。

  357. だんな より:

    漫画版タナベの遺書の話。

    「愛してるのよ なにもかもみんな 愛してる」

    タ「…いい月ですね」

    ハ「だね」

    二人「おいしそう…」

    も好き。

  358. save Juri

    じゃないですか。

  359. あ、あと「我らニンジャ8人衆!」

    ウルトラマン28人衆を思い出しました。

  360. ただ…宗教に裏打ちされた愛は、宗教が崩れた時に消えやすい。

    俺は、世界のなにもかもを愛してるわけじゃないので。

    タナベはアダルトビデオや戦争を愛しているでしょうか。

    彼女はそれらをも愛しかねないもろさがあると俺は見てます。

    なんとなくですが彼女の短い髪にもそれを思う。

    悪を憎む心は必要です。正義無き愛は空しい。

    それと、俺は永い眠りにつくときくらいは独りになりたいっすよ。

  361. マ サ より:

    そうとも

    暖かい所に引きこもっていても

    なんの解決にもなりゃしないんだ

    大なり小なり、覚悟を決める時にふと思い出します。

    あと、反則かも知れませんがタイトルの「プラネテス」も同じくらい好きな言葉です。

  362. 匿名 より:

    漫画版で、前後するセリフですが。

    「どっちなんだ? オレと この世界と 狂っているのはどっちだ?」

    「このクソみたいな社会についに馴染めなかった人は どこに行けばいい?」

    おいちゃんが好きでした。そしてこの結末は重かった…。

  363. 回る鈴木 より:

    あぁ生きてるってすんばらしぃ

     

    かな

  364. だんな より:

    シーンでは無いですが、アニメOPの走り続けるハチも好きです。



  365. 匿名 より:

    「Please save Yuri」

    プラネタリウムで見たいです。

  366. 匿名 より:

    ジャストミィーーーーート!!!

    このシーンが好きな人が他にも居てうれしいです。

    久しぶりに読みたくなりました。 

  367. 匿名 より:

    はじめまして。こんなコミュがあるなんて

    実は再放送の途中で、大好きな風車の映像があり、そこから嵌りました。

    本当に名台詞が多すぎて、多分皆さんと殆ど一致すると思います。

    まだ出ていない台詞では

    レオノフの「腹の底の方から声が聞こえんのさ「遠くへ行け」ってな。それが全てだ。他のことはどうでもいい」

    ★これに触発されました

    「こんな地球からたた38万kmのところでオレがくたばるわけがないだろ」

    ★まだ、地球上で横方向3000kmですが、そう言い聞かせています

    「遠くへ行きたェ、ピッカピカの宇宙船に乗ってこんな惑星が見えないくらい遠くにーーー」

    ★まだ僕は地球上限定ですが、いけるところまで行きたい

     高高度旅客機に乗りたい

  368. 機能別ヘ より:

    「お若い方、あなたは物事をはっきりさせようとしすぎる」

    ユーリが若いとき、旅の途中で出会った老人の言葉。

    アニメでも漫画でも出てきたけど、私の目からもウロコガ落ちた。

  369. うつみん。 より:

    セリフ的には、「…気安く愛を口にすんじゃねェ」

    場面的には、『疾る犬』でフィーが猛スピードでバイクに乗りながら走るシーン

    『咆える犬』で同じくフィーが朝日を観るシーン

    にグッときました☆

  370. 匿名 より:

    アニメしかみてないんで;

    大好きなシーンやセリフは沢山ありますけど、えーっと。

    漫画にあるかどうかわからないですけど。

    「”け”ねぇ・・・あるよ・・・

     ”結婚しよう”・・・”う”だよ」

    ですっ!!

    もう涙ドバーッ&キューンッ♡ そしておもわず自分も「うん」といってしまいました(笑

    あんなプロポーズされてみたいです・・・

  371. 匿名 より:

    アニメ版では

    ★ユーリがコンパスを見つけるシーンが映像も音楽も最高でした!

    ★ハチマキがタナベの初仕事(だったと思うのですが!)のときに

    「おい、お前の仕事でもあるんだぞ」

    と言ったのが、ミョーに印象的です。

    漫画では(二巻までしかまだ読んでないのですが・・!)

    ★二巻最後のほうの

    「この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか

    オレですらつながっていてそれではじめて宇宙なのか」

    がグッときました。。

  372. 匿名 より:

    『勿体無くてやれるかよ!』

    ですかね?
    コミック版とアニメ版では若干のニュアンスの違いがあるかもしれませんが…とても印象に残っています。

  373. u_03 より:

    『愛し合うことだけがどうしてもやめられない

    いいか悪いかは知らないが とても強い力だ核融合なんて目じゃない

    人間はみんなスゲー力を持ってんだ

    素晴らしいことだしおそろしいことだと思う

    オレはこの力の使い方

    もっとうまくなりたいんだ』

    最後のスピーチのこの一説が好きです☆

    好きすぎて

    日記を書くときに使ってしまいました(;◔ิд◔ิ)

  374. 機能別ヘ より:

    「結婚しよう」「うん」

    のくだりは私も大好きです。

    アニメ版で見たのですが、このセリフは漫画から元々あったものなのでしょうか?

  375. 機能別ヘ より:

    >chicoさん

    いいですよね、あれっv

    漫画がないので、イマイチお話に入り込めないとこもあって悔しいですけどね;

  376. 機能別ヘ より:

    >chicoさん、イウさん

    漫画にもありますよー!

    私はアニメの方をよく覚えてないのですが…

    地球をみながら二人でしりとりをしていて…っていう設定ですごくロマンチックですよ!

  377. 機能別ヘ より:

    >イウさん

    ハチマキ先輩も田辺もあのシーンめちゃめちゃかわいいですよね^^

    私もプロポーズで同じシチュエーション体験してみたいです。

    (えっ宇宙)

    >Naniさん

    地球をみながら二人でしりとりをしていて…というのはアニメと同じなんですね^^

    やっぱり漫画版も読んでみたくなりました。

    アニメとの相違点も知りたい。

    回答ありがとうございました!

  378. ぬいぐるみ より:

    『はっはー ジャストミート』って叫びながら体当たりするところが最も好きなシーンです。

    あと、事故直後のロックスミスの会見とかもなかなか好きですね。

    ほかには犬にイギーと名づける辺りがツボでした。

  379. 匿名 より:

    空間喪失症に陥ったハチマキがフォンブラウン号(間違ってたらごめんなさい)のエンジンに手を触れた後のリハビリで

    『どうした、今日はずいぶん落ち着いてるじゃないか』

    「お前ら宇宙と一生かけて付き合っていくって決めたんだ」

    これがかなりぐっと来ました。

  380. スイ より:

    悩む。沢山ありすぎる。(コラ

    アニメの方はうろ覚えなので、とりあえずマンガの方を一巻から順に。

    【1巻】

    「宇宙はお前を 愛してはくれないが 許してはくれる」(もう一人のハチマキ

    【2巻】

    「独りで生きて 死んで なんで満足できるんですか バカみたいよ 宇宙は独りじゃ広すぎるのに」(タナベ

    「うるせえ! 助けろなんて言ってねェぞ!! 独りで生きて! 独りで死ぬんだ!! オレ達は!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・どうして・・・ どうして助けにくるんだよ どうして優しくするんだ・・・・・・ どうして独りにしてくれないんだ・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・クソッタレ・・・・・・ こいつを・・・・・・ 助けてやってくれ・・・・・・」(ハチマキ

    【3巻】

    「愛してるのよ 何もかも みんな 愛してる だから・・・・・・・・・・・・」(タナベ

    【4巻】

    「・・・・・・心配ない ただ かなしくなっただけだ」(ロックスミス

    「どっちなんだ? オレと この世界と 狂ってるのはどっちだ?」(おいちゃん

    「ごめんよアルバート ごめん それは流れ星なんかじゃないんだ 祈りは通じないんだ クズみたいな大人達が降らせてる クズ鉄の雨なんだよ」(フィー

    多いですね・・・orz

    ぃやそれだけ良い作品ということです!!

    全てが心に響きます。

  381. 4巻のフィーの

    「誰の言ってることもまちがっちゃいない

    誰が正しいってわけでもない

    仕方ないことだ

    否定はできない。

    でもそれで戦争がはじまろうとしている」

    この台詞が今の日本や中国や韓国の反発のしあいや罵りあいと

    オーバーラップして言いようのない重さを感じます。

    世の中なんかが麻痺してる。

  382. やっぱロックスミスの

    『次は失敗しませんご期待ください』

    が一番、心に響いたっすよ(≧ω≦)b

  383. ニート より:

    独りで生きて! 独りで死ぬんだ!! オレ達は!!

    ・・・どうして・・・どうして助けにくるんだよ

    どうして優しくするんだ・・・・・・ 

    どうして独りにしてくれないんだ・・・・・・

    がなんか好きです

    人間なんやかんやで結局薄情

    ・・・と思う今日この頃

  384. C.S より:

    全部オレのもんだ

    孤独も

    苦痛も

    不安も

    後悔も

    もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ

    若かったころのハチw

    魂をかけて宇宙に臨む姿勢に惹かれます。

  385. ぱるこ。 より:

    ↑に同じです。

    自分としては、この台詞時のハチの心の狭さになんといえない共感がわきました。

    この漫画、対比がうまいよなぁ。

    ↑と「愛がない」とか。

    もう一つ書かせて

    「自分の活動限界を知りたいんです。どこまでが自分の守備範囲なのか。どこまでが私のクチ出し可能な世界なのか。」

    自分の宇宙に対する気持ちがまさにこの一言です。自分も宇宙に行って自分の限界を知りたいです。

  386. 匿名 より:

    やはり,最終回のしりとりのシーンです。

    あのプロポーズは反則だ!(笑)素敵過ぎます…。

  387. 匿名 より:

    ノノちゃん「わたし…ルナリアンなの」

    号泣

    そして私はlunalianという曲を作りました

  388. catu より:

    フィーの「生きてるって素晴らしいね」

    いいセリフですね。

    たばこをすうたびに思い出すw

    私、為替のブログ書いてるんですが、

    プラネテスがあまりに好きなので紹介記事書いちゃったw

    http://gaitamerenkinjyutu.blog66.fc2.com/blog-entry-98.html

    これでプラネテスファンが増えるといいなぁ。

  389. 機能別ヘ より:

    初めまして。

    私はまだアニメを見てないので、漫画オンリーになってしまいますが、

    ハチの『独りじゃないから オレは生きていられるんだ』(3巻 PHASE16 ハチマキ)と、

    『でも 愛し合う事だけが どうしてもやめられない

    いいか悪いかは知らないが とても強い力だ

    核融合なんて目じゃない 人間はみんなスゲー力を持ってるんだ

    素晴らしいことだし おそろしいことだとも思う

    オレはこの力の使い方 もっとうまくなりたいんだ』

    (4巻 PHASE26 What a Wonderful World)

    ですね。

  390. 匿名 より:

    漫画の一巻から、ユーリと九太郎の掛け合いが個人的に好きですね。

    「無いんだ 世界のさかい目が

     なんか…それでいいと今は思うよ」

    このセリフはたまらなかったです。

    なんか大げさですけど胸にブローをもらった感じでした。

  391. HIRO より:

    サリーさんの言葉
    「今あんたの心はね
    でっかいものの見方を
    覚えたばっかりなのよ」
    当時自分と重なる部分あって、なんだか少し救われた気がしました。

  392. 匿名 より:

    私もロックスミスの

    「気安く愛を語るんじゃねェ」

    が印象に残っています。

    人間性が問題視される彼ですが、過去になにかあったのかと思わせる重いセリフだと思います。

  393. 匿名 より:

    はじめまして。今日から参加させていただきました。

    僕はマンガの4巻、フィーの心の声です。

    軌道機雷が爆発されたシーンとフィーのおいちゃんの回想シーンが入り混じるところ。

    「このクソみたいな社会についに馴染めなかった人はどこへ行けばいい?」

    このセリフに無力感とやるせなさを感じますね。

  394. 匿名 より:

    アニメ(#11 バウンダリー・ライン)からなんですが

    「ここからは、国境線なんて見えないのに…」

    「ただ…地球があるだけなのに…」

    言葉としてイロイロ連想させるのでヤバイ気もしたんですが

    やっぱそれを言われると毎回涙腺が…w

  395. 信輝 より:

    TV、Phase11 バウンダリー・ライン(ロングですいません)

    テマラポラチェア「頼む力を貸してくれ、カリガィ、ハロンゾ、システロ、モーロック、デブラ、ブルームチィ、ツムダァ、チルバァーン、ゴロゴロ、ラキム、イルッパァ、ホルムル、ロクク、ウララキ、スンヌ、ルシュヴァーン、ムルガンロペク、クレア・ロンド」

    クレア:「あっ」

    ハチマキ:「カウント取れたどうだクレア?」

    クレア:「はっ」

    クレア:「21Kパスカル国際規格クリアーよ」

    テマラ:「やったのですか」

    ハチマキ:「そうだよ、もっと喜べよ、あんたらの宇宙服合格だってよ」

    タナベ:「凄いですよ、世界に認められたんですよ!」

    テマラ:「国際規格、エルタニカ初の私たちの宇宙服」

    ここのときのBGMがこうぐっとくるのですよ、ためが長くて一気に。

    さらに、

    クレア:「待ってください、彼を渡すわけには行きません、この宇宙服は我が社の試作品、企業秘密です。もちろん被験者の生体データも、連合法第11条2項では個人・法人の財産を侵害する権利は認めていません。」

    ハチマキ:「おい!クレア」

    クレア:「責任者は私よ、私には社員と企業秘密を守る義務があります、今の彼は我が社の管理下にあり、エルタニカと関係ありません」

    ハキム:「今の発言は裁判資料として記録させていただきますよ」

    テマラ:「いえ、その必要はありません、隊長さん私の身柄の保護をお願いします」

    クレア:「どうして」

    テマラ:「ありがとう、クレアさんあなたの気持ちとても嬉しいです。」

    クレア:「だったら」

    テマラ:「もう十分なんです、こういう状況では私たちの宇宙服を採用してくれる企業はないでしょう、けれど私たちの宇宙服は確かに国際規格をクリアしたんです、その事実は記録に残るし、後に続く仲間たちの自信になってくれるはずです、クレアさんあなたは逃げてなんかいません、どうかあなたは宇宙にいてください、私たちが見上げる宇宙(そら)で輝いていて下さい、それが私たちの誇りです、隊長さん最後に一分だけ地球を見せてくれませんか?」

    ハキム:「いいでしょう」

    テマラ:「ありがとう」

    テマラ:「綺麗だ、みんなにもみせてやりたかった」

    テマラ:「おっエルタニカ、あっーワグッチ湖が見える、ははっは、上から見るとなんて小さいんだ」

    この後、クレアはハキムとどうなるかはもうご存知だと思います、なぜこの時感じた物がその後のクレアに生かされなかったのか、私は少しこの後とこれとの境界線がどこかに出来てしまったようで良い作品ではありますが、何か複雑な心境であります。

  396. ポップ より:

    この事があったからこそ理不尽な事に対する怒りを覚える様になったのだと思います。自分は忘れていた忘れようとしていた故郷、それに対して無条件で受け入れてくれた事。誇りだと言ってくれた事。
    自分は一人で生きて来たこれからも生きて行くと思っていた彼女には人生観を変えるくらい強烈な出来事だったのではないでしょうか。
    こう言う人の無器用さも含めてこのシーンは考えされる事が多かったです。

  397. 匿名 より:

    「……ははは

     ざまーみろ無理矢理“関係”してやった

     この宇宙にオレに関係ない人間なんか一人もいねーーんだ」

    多分、既にここで登場していると思いますが・・・(苦笑)。

    今の私の最大のテーマです。

  398. 信輝 より:

    だからこそ、白鳥と呼んで応援してくれたギガルト先生や元恋人のハチマキ同様に頑張って欲しかったな、漫画には出て来なかっただけに、いきなり元恋人役で出てきて悲しい末路しかたどれない、漫画版にヒール役が少なかったせいなのかな、テマラポアチェが後々に伏線で出て来なかったのは残念です。

  399. 信輝 より:

    しりとりでプロポーズは、凄く良いと思います。

    実際に使えそう、とか思ったりしましたが、

    「結婚しよう」

    「ううん」

    って返されたらどーしよー。

  400. 信輝 より:

    >しんさん
    結婚しないか>可
    結婚して下さい>Yes
    何かよりしっくり来ると思います。
    あと物語にればたらはどうかとε=┏(; ̄▽ ̄)┛

  401. 小徹 より:

    >400

    オイラの話ですよ?

  402. 小徹 より:

    >信輝さん

    しりとりプロポーズの場面は、「うん」でしりとりが終わって、ハチマキが照れ隠しに「よしゃ、お前の負け」って言うとこまで含めてこその良さだと思うのですよ。まさに神展開。

    「可」「Yes」だと、しりとりが続いちゃいますよね?(てゆーか「可」なんてプロポーズの返事で言われたくない・・・。(大学の成績で)ぎりぎりOK、みたいな感じだ(笑))

  403. 匿名 より:

    いまさらな感じですが、重複無かったと思うので、

    書き込みを。

    ハチが試験会場前で、

    「押し付けの友情ならいらねぇよ!」

    って、正盛(チェンシン)にキレるとこ。

    自分に重なってぐっと来ました。

    もしくはフィー姉が時々言う

    「ア〜イ、コピー」っていう応答。

    確か相手はクレア。

    他のキャラと違って熟練度が高い!って感じがよく出てたと思います。

    原作は既出なので控えます〜。

  404. HARLEM より:

    「エーデルでいいよ」

    が、やばかったな〜(´ω`)

    まるでビールを飲んで「かーっ(>∀<)うまい!」みたいな顔で「やられた〜!」って感じになりまりた

  405. 匿名 より:

    >D−0さん

    私も、フィー姉さんの「ア〜イ コピー」は、ちょいと色気もあって、大好きです。めっちゃ真似しました。

    アニメだと、月に不時着したタナベがクレアを背負って歩くんだけど、酸素がなくなってきて、

    「そうか……先輩が愛してたのは、私じゃなかったんだ……」といって、ばったり倒れるところです。(ちょっとせりふうろおぼえ)めちゃめちゃせつなかったっす!!!

    それと、何気に、最終話でハキムとばったり会ったノノちゃんが、「月生まれの月育ち〜」といって、くるって一回転するところが、めちゃめちゃかわいくて好きです♪

    漫画は、やっぱり最後の「愛することだけはやめられないんだ」というハチの言葉ですね。

  406. 匿名 より:

    18話の「宇宙を守るデブリ屋なんだぁ!」でやられちゃいました

    ベタと言われようが、あの回の課長と係長を超えるものはありませんよw

  407. たかゆき より:

    まだ出てないっぽいので。

    アニメ版の最終話、ノノとハキムが並んで地球を見ているシーン。

    光と影に区切られた二人の姿がなにを表しているかは言うまでもないが、やっぱり印象的(というよりは象徴的?)なシーンかと。

  408.  いま第17話を見ていて、クレアがハキムにこんなことを。

    「どんなに美味しい料理でも、それを作った農民が飢えていると知ったら、私はその食事を楽しめない。貴族になろうってがんばってきたはずなのにね……」

     放送時も今も、彼らに肩入れしてしまう僕にとっては重い言葉です。ヒルズとかに住んでる人間に言ってやりたい……僕の考えですけどね。

  409. しゅん より:

    「アイコピー!」

    職場で言いそうになりました(汗)。

  410. 匿名 より:

    >たかゆきさん

    最終話のノノちゃん。

    あたしが好きなノノちゃんの一回転は、平和の象徴として、好きなんです!

  411. 匿名 より:

    >しゅんさん

    言いそうになっただけで止まったならまだマシです。

    おいら、つい口走っちゃいました(爆)

    そりゃぁ、「???」な目で見られましたよ、ハイ(滝汗)

  412. アポロ より:

    クレアが田名部に向かって、

    「また愛?あなたの愛は薄っぺらいのよ!!」

    って激昂するシーン。

  413. アポロ より:

    原作のタナベの「わたしの方が正しい」が好きです。

    こんな信念の持ち方をして生きたいと思います。

  414. ポップ より:

    原作タナベの「女のカン!」って所が好きです。

    なぜか説得力あるし(笑)
    まぁ。タナベ父じゃなくとも「参りました」って感じです。

  415. 匿名 より:

    ちょっと恥ずかしいのですが、やはりユーリが探し物を見つけて裏蓋の書き込みを見つける瞬間でしょうか。原作一発目にてこれでこの作品にはまったものですから。

  416. ほっけ より:

    15話『彼女の場合』

    「私バカだったけど、でも、一生懸命勉強してるの!」

    というエーデルの台詞。

    自分と照らし合わせてしまったので、感動しました!

  417. ひろやん より:

    もう出たかもだけど

    フィー姉さんのセリフが一番スカッとしたなぁ♪

    「ジャストミーーーート!!」www

  418. 匿名 より:

    原作のフィーのおいちゃん

    「オレとこの世界と狂っているのはどっちだ?」

    涙がとまらないです

  419. 弥彦 より:

    勿体なくてなぁ、お前なんかに分けられるかよ!!

    ここも宇宙なんだよ

  420. もゆる より:

    恐えー・・・1UPする気だ!



    アニメ版24話あたりのセリフはほとんど….

    24話は本当なけます

  421. アニメなら断然バウンダリー・ライン。11話かな?

    減圧テストの中、意識が朦朧としながらもクレアの名前をシャトル内に書こうとする姿。。。

    何度見ても涙が止まらない。

  422. 匿名 より:

    アニメの選考試験の時に、溺れている人を

    無視して作業を続けるハチとそれに注目するロック氏

  423. 匿名 より:

    「エゴイスト結構! 私もエゴイストだ!!」

    ジンさんのシーンの後のロック氏w

  424. ぱるこ。 より:

    ドラマCDのタナベとハチのラスト辺りの会話。

    ネタバレなるんで書きません。

    おもしろいんで聞いてくださいw

  425. 匿名 より:

    [屑星の空] 

     プラネテスの魅力にど〜っぷり浸かることになった、きっかけの作品です(^▽^)

  426. 匿名 より:

    なんか好きなのは

    マンガの四巻でサンダース大佐と司令官の会話のシーン

    大統領になるのに宇宙戦争を利用できるかも、と

    おそらく考えている司令官

    そして

    それを茶化すサンダース大佐、は

    フィーの事を利用しようとしている

    このシーンはなんか好き

    その後に

    サンダース大佐をただの好き嫌いだけで無視して

    自分の思うように突っ走るフィーが対象的でカッコイイ

  427. 匿名 より:

    「無いんだ世界に境目なんて…」

    ユーリのこのセリフにぐっときました

  428. sei より:

    21話

    「裏切りやがったなぁ!てめぇだけが不幸なつもりで…俺は…俺だって…俺は…ハキム!!クソッタレー!!!!!!」

    22話

    「うるせぇぇぇ!!全部俺のモンだ!!

     孤独も苦痛も不安も…後悔も!!

     もったいなくってなぁ!てめぇなんかにやれるかよぉぉ!!」

    アニメ版の方ね。「後悔も!」でカッと目を見開き涙流しながら叫ぶセリフ。孤独と戦うハチマキに、もうボロボロ泣けます。。。

  429. sei より:

    セリフではありませんが、24話「愛」のラストですね

    酸素がなくなって助けもこない絶望的なシーンで、プラネテスという美しい曲が流れてきた。

    この一見ミスマッチな組み合わせが何ともいえない緊張感・絶望感を醸し出してます。

    この作品はセリフもすばらしいですが、音楽の質、そして使い方が抜群に優れていますね

  430. 匿名 より:

    一話目の、ユーリの奥さんの形見のコンパスに書かれてた

    Please save Yuri.

    まずはアレにやられました!

    プラネテスは名言、名場面だらけだと思います。

    ですが、

    「でも、愛し合う事だけが、どうしてもやめられない。」

    胸に突き刺さりました。

    僕も堂々とそんな事を言えたらなと思いました。

  431. 機能別ヘ より:

    Please save Yuri.-

    ですね〜!

    愛してるわ〜 とか ずっと一緒に〜 とかじゃ無くて、

    まず相手の身を案じてるトコがグッと来ました〜

    後、ノノちゃん全般。

  432. 匿名 より:

    ノノちゃんいいですよね。ノノちゃんが一番かわいいです。

  433. 匿名 より:

    初めまして〜

    僕はアニメの最終話でチェンシンが「愛の反対は、憎しみじゃなくて無関心」ですね〜

  434. 匿名 より:

    初めまして!

    俺は、フィー姉さんの、

    「生きてるって、すばらしいね」

    ですね!

    ISPV-7を守った後のシーンです。

  435. 匿名 より:

    もう一つ追加で!

    ハチ「タナベもそういいたかったんだろ?

       

       この世界はすべてつながってるって…

       そして、それをつなげているのは…(愛だ)」

    すいません!かってに愛だってつけちゃいました><

    でもつなげてるのは”愛”ですよね!!

    また見たくなっちゃいました*^^*

  436. 匿名 より:

    田名部父の、「ははっ!!参りました」と

    フィー姉さんの「キレちゃうぞ」

    です。

    なんかこの親父さんイイ。

  437. 匿名 より:

    ウェルナー・ロックスミス氏より

    「私が宇宙船以外愛せないという

    逸材だからさ」

    「エゴイスト結構!私もエゴイストだ!」

    取り上げるとしたらこの二つですが

    彼の台詞はどれをとっても自分主義な所がいいです

    清清し過ぎます

    後は

    「結婚しよう」

    「……うん」

    しりとりプロポーズの演出は憎らしい!(いい意味で

  438. 匿名 より:

    TV版の最後

    みんなが出てきますよね!?

    バックの優しい音楽もすばらしい!

    すべてが、そこにあったと気づいた時

    自分は、感動して泣いていましたw

    愛こそすべて

    本当の意味が痛いぐらい解るってすごい!!

  439. 匿名 より:

    結婚しよう

    …うん

    よっしゃお前の負け…

    かっこいいっす。

  440. きちゃか より:

    あたしも断然

    結婚しよう

    ・・・・うん

    です!!!

    しりとりプロポーズはすばらしいっ(σ≧ω≦)σ

  441. 機能別ヘ より:

    はじめまして!

    あたしはノノちゃんがハチの言ってた九十九里浜に行けないから海の波を宇宙の砂?で代用してハチに砂かけてるシーンが切なくて…(´・ω・`)

  442. 機能別ヘ より:

    「お父さんは正義を守るデブリ屋なんだぁぁっ」

    みたいな内容の台詞。

    なんだかほろっときました。

  443. よっき より:

    プラネテスは最近の漫画には珍しく、グッとくるセリフがたくさんちりばめられていますが、団ちョォ さんと同様、ノノちゃんのシーンは切ないですね・・・。

    ルナリアンは6人(?)しかいないのでノノちゃんから得られたデータが有用だというくだりでの

    『自慢なんだ。』

    には胸を撃ち抜かれました。なんて・・・・なんていじらしいんだっ!!

  444. よっき より:

    キュータがユーリの磁石と一緒にロケットを打ち上げ成功した後、その回の最後のページで服が大きくて袖を折ってたのがちゃんと体に合う大きさになってるトコ

  445. 血桜 より:

    最終巻PHASE.18『グスコーブドリのように』から。

    ウェルナー・ロックスミス氏からヤマガタ氏の妹への一言……

    『君のその愛が

      彼の心をとらえた事などないのだよ』

    何か僕自身も何か心臓鷲掴みにされた気分でした、、。

  446. リョウコ より:

    「結婚しよう」

    「うん」

    にもう一票♪

  447. 匿名 より:

    ロックスミスの
    「愛なんて言葉、気安く言ってんじゃねえよ」
    的なやつ。

    宇宙船しか愛せない…なんて言ってるけど、本当はもう、一生分誰かを愛した経験があるんだな〜と推測してしまいました(´∀`)
    みなさんもそう思いません?

  448. 匿名 より:

    ギガルト先生の「ゆっくり、ゆっくりとだ…」ですね。

    せっかちな自分には、結構堪えました。

  449.  アニメ、原作共に、やっぱり

    「結婚しよう」

    「うん」

    は、良いですね^^

     他にも、良いシーンというのはたくさんありすぎて迷いますが・・・アニメ、Phase18「デブリ課最後の日」で、課長が「人類には必要なんだぁ〜!」って叫びながら事業部長に掴みかかって、エーデルが暴れたりしていた一連はとても好きです。

     トドメは、ラビィの

    「ダメだなぁ、私は・・・なにをやっても・・・・・・だからせめて、お父さんは、お父さんは・・・宇宙を守るデブリ屋なんだぁ!!」

     上層部の人たちの顔色ばかり見ていて、ろくに仕事もしない、活躍らしい活躍もしない彼だからこそ、あの行動の「強さ」がストレートに伝わってきて、何度観ても涙が出てきます。

     自分の場合、よく考えると、サントラ1のTrack No.3「Jupiter highway」、No.4「Urgent mission」、No.10「Circular style」あたりが流れるようなシーンでいつも泣いているような気がします^^;

     Phase4「仕事として」のラスト、タナベが初めて「タナベ」って名前で呼ばれたことに気づいて嬉しそうな顔をするカットも、とても好きです。

  450. 匿名 より:

    プラネテスはいいセリフばっかりで選ぶのが大変ですよね…

    そんな中でもタナベが言った『独りで生きて独りで死んでなんで満足できるんですが バカみたい 宇宙は独りじゃ広すぎるのに』にグッときました。タナベだからこそ出たセリフだと思います。

    あとやっぱハチの『愛し合うことはやめられないんだ』ですね。ここを読んでるときは頭の中で平原綾香さんの【Jupiter】が勝手にBGMとしてながれだします(笑)♪深い〜胸の奥で〜つながって〜る〜♪

  451. 匿名 より:

    漫画の
    男爵が…
    「むずかしいな、友達つくるのって」
    というところが良い
    実際に本当の友達つくるのって難しいと思う

  452. ぐっちょん より:

    >449: ぶるさん

    はじめまして!いきなりレスで失礼します。

    >一生分誰かを愛した経験があるんだな〜

    なるほど〜。僕の解釈だと、

    本当は自分も愛が欲しいけど、自分のポリシーに反してしまう

    ので、もどかしいのかな、って思ったのですが、

    ぶるさんの解釈のほうが宇宙船しか愛せなくなった理由にも

    なりそうだし、的を射ていそうですね!

    僕が今、心に残っているセリフは

    「独りで生きて!独りで死ぬんだ!!」

    「どうして・・・独りにしてくれないんだ・・・」

    です。なんとなく、今の僕自身の考え方に近いです。

    ハチマキ君ほど病的じゃないですが、

    3巻後半のハチマキ君ほど成長もしていないってことかな。(^_^;

  453. 匿名 より:

    もう独りのハチマキのセリフはキます。

    PHASE.5/IGNITION

    のやりとりは、言い訳付けて逃げ回ってる僕にはズシッと来ました。

    PHASE.8/サキノハカという黒い花(前編)

    ハチマキの、

    「全部オレのもんだ

    孤独も 苦痛も

    不安も 後悔も

    もったいなくて

    タナベなんかに

    やれるかよ」

    シビれました。

    独りで、いろんなことに疑問を持ち、受け入れることを拒んで、強がっていた頃の僕の考え方そっくりで無性に嬉しくなりました。

  454. 匿名 より:

    僕もPHASE.5/IGNITIONでの、ハチマキともう一人のハチマキとのやりとりは好きですね〜。

    自分を奮い立たせたい時によく見てます。

    後、ユーリさんの「私の感覚だと、無いですよね?うん!無いだ!世界に境目なんて!」って言葉は好きです。

    自分の中で、勝手に壁を作ってる事って皆さんにも経験があるでしょう?

    本当は、壁も境目も無いですよ!

    きっと!!

    結局のところね〜。

    傷つく事が怖かったり!

    新たな世界が、怖かったりするだけなんですよね!!

    この言葉を思いかいしていると、「全てを受け入れよう!」って気持ちが沸いてくるんですよ!!

  455. 匿名 より:

    はじめまして☆
    さっそくですが自分が最も心に残ったセリフはゴローさんがハチマキに言った「ワガママになれない奴に宇宙はひらけない」というものです!
    何か偉大なことをやる人間は皆どこかワガママなんだと思います。
    これは宇宙開拓だけの考え方ではなく、社会全体に言えることなんじゃないでしょうか。
    もちろんただワガママなだけではいけません。ここでのワガママって自分を100%信じるってことだと自分は思います。様々な経験を積んだゴローさんだから言えた言葉って感じです☆
    プラネテスは自分のバイブル的作品です!
    幸村さんにはもっともっと素晴らしい作品を造ってもらいたいですね!

  456. 匿名 より:

    PHASE.25

    「光の速さで45分」より

    ハチマキの

    「ざまーみろ無理矢理関係してやった この宇宙に俺に関係ない人間なんか一人もいねーんだ」

    に痺れました(゜゜)

    こんな格好良い台詞言ってみたいですねぇ僕は☆

    悩み続けたハチマキの答えが全部詰まってる様な気がします。

  457. 匿名 より:

    あと、PHASE.26

    What a Wonderful Worldより

    ロックスミスの

    「神が愛だと言うのなら我々は神になるべきだ さもなくば… 我々人間はこれから先も永久に… 真の愛を知らないままだ」

    「……気安く愛を口にするんじゃねェ」

    がとても心に残ってます

    (*^▽^)

  458. 俊介 より:

    ロックスミスの

    「次は失敗しません」

    から、五郎さんの

    「あの若造、ちょっと面白いね」

    のくだりが凄く好きです。

    カッコイイ男を感じます(^_^)

  459. 匿名 より:

    田名辺のパパの「バカは死ななきゃなおらねぇ!バカは死ななきゃなおらねぇ!俺のことだお前らのことだ!わかってんのか!?バカは死ななきゃなおらねぇんだ!」ブルハの「我々人類はバカ!」って歌詞を思い出します。深い解釈の仕方だ。色即是空の刺青とアンチ鍵十字の刺青がイカす。

  460. 匿名 より:

    やっぱり『しりとり』のシーンが心に残りますね。
    原作は『愛し合うことだけは どうしてもやめられないんだ』ですね。

  461. 匿名 より:

    原作タナベの「愛しているのよ、なにもかもみんな、愛してる」(たぶん)です。

    このページ見た瞬間ぞわーてしました。

  462. 匿名 より:

    はじめまして&初カキコです。

    個人的にはロックスミス大好き人間なんで。

    ハチの「愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ」から

    ロックスミスの「気安く愛を語るな」ってくだりですね。

    ロックスミスは原作で最後のシーンというかサイドストーリがあることで生かされてくるキャラだと思うので、アニメ版のはちょっとなえましたね^^;

    ただアニメ版では「イグニッション」で

    ハチの葛藤シーンにおける

    「お前のと喧嘩〜いつか光が差すんだ」のくだりは原作よりよかったですね〜。

    原作ではフィーのおいちゃんとか犬と一緒に歩くシーンで

    「いい声で鳴けるじゃん」←うろ覚えですいません。

    的なところも大好きですね。

    あとハキムとハチの対峙するシーンで

    原作ではハチは引き金を引かないはず・・・でしたよね?

    アニメではひいたけど玉が出なかったんですよね。

    ここで引き金はやっぱ引いちゃいけないんだと思うんですよね、そこのラインはいったら戻れないラインで、最終的に玉がでる出ないではなくって引き金を引かないってことが大事な気がします、だからアニメより原作のほうが俺はいいと思いますね〜

    アニメ版では

    please save yuri

    んところで音楽とまっちしててすきでしたね^^

    ながくなってすいませんでした〜。

  463. 匿名 より:

    原作から入り、今日アニメを見終わったのですが

    DVD9巻の“惑い人”の

    タナベの泣く姿がすごく胸に響きました。

    タナベの笑顔と、ハチマキの笑顔に何か心を救われたような、

    素晴らしく素敵なシーンでした。

  464. 匿名 より:

    原作3巻PHASE14の最後

    サリーのハチを膝枕して苦笑しながら

    「ちえっ」

    タナベが愛の女ならサリーは優しさの女

    そんな気がしてなりません。

  465. 機能別ヘ より:

    オレはフロックさんのすぐ後

    目覚めたハチの「腹減った」

    それに気付いて一人笑うハチ。

    生きてると、腹減るんだよね。

    なんでもないシーンだけど、妙に鮮明に残ってます。

  466. 匿名 より:

    ちょっと長くなります(笑)

    アニメでは

    第2話<夢のような>

    ハチマキ「今回ばかりは、逃げも負けも許されねえ!許されねーんだよ!!」

    第3話<帰還軌道>

    タナベ「宇宙は、1人きりじゃ広すぎるのに・・・・」

    第5話<フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン>

    スリ「違わねえよ!その辺に転がってる、くっだらねえ人生が待ってるだけさ!!」

    第7話<地球外少女>

    ハチマキ「覚悟なら、もうできてるよ」「広いウミだな、しかし」

    第10話<星屑の空>

    ハチマキ「上等だ、この!自力で上がって見せらぁ!!くそったれぇーー!」

    ユーリ「ミッション終了、帰投します」

    第11話<バウンダリー・ライン>

    テマラ「どうして、どうしてなんでしょう・・・。ここからは、国境なんて見えないのに・・・。ただ、地球があるだけなのに・・・・」

    第12話<ささやかなる願いを>

    フィー「キレちゃうぞ!」

    フィー「みんな、生きてるって、素晴らしいね」

    ハチマキ「知るかっ!!」

    第16話<イグニッション>

    裏ハチマキ「今は去ろう。だが、気を抜くなよ?ハチマキ。・・・俺はいつでも現れるぞ」

    ハチマキ「買ってやるよ、そのケンカ」

    第17話<それゆえの彼>

    ゴロー「ワガママになるのが怖いやつに、宇宙なんて拓けないのさ」

    ロックスミス「私が更迭される事はないよ。なぜだと思う?それはね、私が宇宙船以外愛せない逸材だからさ」

    第18話<デブリ課最期の日>

    ラビィ「オーケィ、ベイビー」

    ラビィ「そうなんですよね、会社人としては分かるんです。でも・・・私の・・・居場所・・・・。はは、だめだなぁ、私は・・何をやっても・・。だからせめて、お父さんは、お父さんは!宇宙を守るデブリ屋なんだぁぁーー!!」

    第19話<終わりは、いつも・・・>

    ハチマキ「上手に生きたいなら、夢なんて語るな!」

    ハチマキ「送ってやった?押し付けの友情なんていらねえよ!俺は俺のためだけにフォン・ブラウンに乗る!人類とか会社とか仲間とか、いちいち何かを言い訳にすんな!・・・お前は地球の周りを這いずり回っていろ!木星には、俺が行く!!」

    第21話<タンデム・ミラー>

    ハキム「口先だけの決意なんて、振りかざさないでくれ!」

    ハチマキ「ハキムー!!・・・くそったれぇーーー!!!」

    第22話<暴露>

    ハチマキ「うるせーーっ!!全部俺のモンだ!孤独も、苦痛も、不安も、後悔も!もったいなくってなあ!テメエなんかにやれるかよぉ!!」

    最終話<そして巡り合う日々>

    ハチマキ「『け』ねえ?・・・・あるよ。結婚しよう。『う』だよ?」

    タナベ「うん」

    ハチマキ「よっしゃ、お前の負け!」

    やべえ!長くなりすぎました!!絞ってこの長さ・・・(TT)

    最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!!

    けっこう絞りましたが、以上が俺の好きな名セリフ(アニメ編)です^^

  467. 匿名 より:

    誰かと被るかもしれませんが、マンガではフィーが自分について来る野良犬の首に付いたままの小さすぎる首輪に気付いて

    (自分の事と重ね合ったのか)涙を流すところ。そしてその流れでバイクを押してさかを上りきり、そこから見える朝日を見めるフィーの表情がなんともいえず泣けます;;

    ここでいつも、自分も胸が苦しくってしまいます。

    アニメではバウンダリーライン後半、後はタナベが酸素で葛藤(ネタバレかもなんでかなり略)している所です。音楽とあいまって何度でも泣きます。

    泣いてるとアニメが進んでしまうので、一時停止してから(笑

  468. アサケン より:

    俺は、ロケットのある風景で、最後の九太郎がロケットを打ち上げ終わったシーン。「・・・なぁに、すぐに追いつくさ」

  469. 匿名 より:

    アルバートの

    「・・・・・・爆撃?」

    です。

  470. 匿名 より:

    ハチマキが見てしまった、タナベの書けなかった遺言状。

    タナベ
    「宇宙は独りじゃ広すぎるのに」
    (原作で1ページ使ったあの見せ方にぞくぞくします)

    フィー
    「神様がなんだって!?だったら船を降りるっての!?もうココ(宇宙)は人間の世界だ!!」
    「はっはーっ!ジャストミートッ」
    「わかってる。わかってる。あれは流れ星なんかじゃない」

    ハチマキ
    (猫に向かって)「まって。まって下さい。 お礼が言いたい。あんたには色んなことを教わりました。」

    他にも沢山ありますが、書き切れないですネ。
    (^^ゞ

  471. さじ より:

    既出も既出なのでしょうが

    ひとつだけ選ぶなら

    「please save yuri」

    のシーン。

  472. 匿名 より:

    ユーリがコンパスを見つけた時に、奥さんが手を差し出す場面です。

    笑える言葉はやっぱり『ガソリンスタンドでチキンでも売ってな』です。

  473. 匿名 より:

    原作12話「風車の町」のラストのくだりがいいですよ♪

  474. UMA より:

    でも 愛し合うことだけはどうしてもやれられない

  475. 匿名 より:

    皆さんさすがですね、、

    僕はフィー姉さんの犬の話、息子に対して言う

    「お前にも反抗の才能があって嬉しいよ」と

    「私あんたに蹴っ飛ばされずにすむかなぁ」です。

    微妙に違うかも、、?

    フィー姉さんのだんなさんがゴリゴリ音を立てて

    朝食を食べてるシーンは面白いと思いましたけどね♪

  476. hiro より:

    たしか第2話だったとおもうんですが

    「夢をかなえるって言ったってな、できることとできないことがあるんだよ!」とハチマキが吼えるシーン。

    青春の苦い思い出にも似た感覚に陥ります。

  477. 匿名 より:

    アニメの方なんですが

    エーデルがフィリップ課長とラビィ係長のやり取りを聞いててボソッと一言。

    『デブリコンビ』

    他も良い!

    『エーデルでいいよ』

    なんてのも好きだな〜

  478. 匿名 より:

    さよならジュピターーー!!

    来たばっかじゃーーん!!

    心にささる なける、いろんな台詞あったけど、この台詞みたとき やっぱこの親子いい!っておもいました なんか友達とこのフレーズふざけてよく使うし 笑。

  479. みかみ より:

    ゴローさんの

    「わがままになれないやつに宇宙は切り開けないんだよ」

    かな。

  480. みかみ より:

    テレビ版ですが―

    ノノが月面でハキムに遭遇して「あなたの生まれた国は何処?」(うろ覚えでごめんなさい)と尋ねられてハキムがハッとして地球を見るシーンですかね。

  481. 匿名 より:

    私はフィーのおいちゃんの「…なんなんだ?オレがいけないのか?本当にオレがいけないのか?どっちなんだ?オレとこの世界と狂ってるのはどっちだ?」です。

  482. あーち より:

    こんにちは。

    私はアニメから見始めたプラネテスファンですが、今日コミックスを読み終えました。

    やっぱり名台詞は

    愛し合うことだけはどうしてもやめられない

    かなあ

  483. 匿名 より:

    4巻、PHASE 23 疾る犬

    「オレとこの世界と

    狂ってるのはどっちだ?」

    おいちゃ〜んっ!(T-T)

    この台詞、本当にすごく良い!!

  484. テ・ディ より:

    原作もアニメも両方大好きですが、本編(原作、アニメ両方)での心に残るシーンはみなさん書かれてますので、あえて言うなら、3巻裏表紙の子供のハチがおもちゃの飛行機を持ちながら飛行機を追っかけてる、あの自分の大好きなイラストを、エンディングの頭でアニメーション化されてたのがとってもよかったです。

    曲も良いしね。

  485. けん太 より:

    アニメ版Phase22 暴露

    「うるせぇぇ!!全部俺のもんだ!

     孤独も 苦痛も 不安も 後悔も

     もったいなくってなぁ

     てめぇなんかにやれるかよ!!」

    原作の方にも自信の影法師に向かって言うシーンがあるけど

    こっちは直接本人に…。

    なんかもぉ全てが崩れ去っていく様な悲しさで

    「あぁ…」って思わず泣きそうになる。

    あとPhase24の「愛」も、悲しくて。。。。死ぬ。。

    素敵なシーンも多いけど、こーいうシーンもイイ

  486. 匿名 より:

    アニメ版Phase11 バウンダリー・ライン

    エルタニカ初の国際規格宇宙服テストを終えて

    「どうしてなんでしょう・・・

     ここ(宇宙)からは国境線なんて見えないのに・・・

     ただ、地球があるだけなのに・・・」

    このシーンで泣きましたねぇ。

    さんざん既出ですかね?

  487. Katta より:

    漫画4巻のPHASE.23

    フィーがアルバートを学校に送った帰り道、バイクですり抜けしながらウイリーするところです。

    行き場のない苛立ち、それがあの流れに表れてて共感しました。

  488. 私はタナベがスパナをくるくるまわしながら『夢のなかへ』を歌っているところがいいです。「さがすのをやめたと〜き♪」

  489. 2巻、ゴローさんのサブマシンガンブッぱなしながらの

    「強い!オレ!」

    …どっちが悪役だかわかったもんじゃないです

  490. はっし より:

    >491: Kattaさん

    あのバイク、よく見ればエンジンも駆動方式も現在とは

    似て非なるモノのよーですが、あのシーンではあのフォルムが

    マッチしていますね。

  491. 匿名 より:

    はじめまして自分も何か言いたくなりまして
    490 ラミエルさん、自分もテマナさんのあのラストの言葉、震えました

    似てるようですが、ユーリの
    地球と宇宙の境目…ないんですよ…うん、ないんだ
    も、考えさせられましたが、
    一番好きなのは

    フィー姐さんの
    はっはージャストミートぉ〜
    あそこ好きです

  492. 匿名 より:

    シーンというか、ユーリがコンパスを見つけて捨てるまでの展開が凄く好きです。

    そして最後に

    「あれのフェアリングにな、俺のコンパスが入ってるんだ」

    って言って笑顔を見せるところが最高に感動しました☆

  493. 匿名 より:

    >495

    そのものずばりなコミュもあったり(* ̄m ̄)プ

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=879237

    まぁタバコ吸いの為のコミュですが( ̄▽ ̄;)

    アニメ版名(迷?)セリフが多いけど、やっぱりハチが木星に向かって叫んだ・・・

    「さよならジュピター!」「来たばっかじゃぁーん!」

    の親子漫才に一票!(⌒▽⌒)アハハ!

  494. 匿名 より:

    若き頃のゴロー編にて

    「もう帰りのキップのねェ所にゃ行けねェや」

    「そうか、おめでとう」

    だな

  495. 匿名 より:

    497うるどさん
    なんて素晴らしいタイトル☆
    さっそく参加してきました(≧∇≦)

    ハチとフィー二人でタバコ吸うところもいいですね
    あのいしあたま〜

  496. 匿名 より:

    ユーリの一人称が「私」から「俺」に変わったところ好きです。いや、変わったのではなく還ってきたんですよね。

  497. 匿名 より:

    漫画では、オトーさんが「だまされてるぞ、そいつぁツィオルコフスキーがついたウソだ」と言うあたりが大好き、宇宙に取り付かれた人間の心情がリアルに感じられます。

     アニメでは、最終話の終わり近く、ハチマキとタナベが久しぶりにテクノーラを尋ねてきた時、あの時のTOYBOXと管制との交信が、ちゃんと極軌道への軌道変更をするやり取りになっていて、へぇ、軌道変更するんだぁ、、なかなかリアルだなぁ、、と思っていたら、(極軌道に入っていないと見られない)オーロラが眼下に広かるシーンにつながっている、、鳥肌が立ちました。

     あれ、見るところが違う? でもシリトリも良かったですよぉ

  498. おさむ☆ より:

    たぶんまだ出てないと思うんですが

    4巻でのユーリのセリフ

    「フィーは今野球がしたいんだよ

    デブリ拾いはしたくないんだよ

    いいじゃないか。『気に入らないことはやらない』

    いい年して、かっこいいと思うよ」

    このセリフがすごく印象に残ってます

  499. RYO より:

    ゴ:おおおおォ?!

    でかいなこのやろう!!

    勝ったと思うなよ?!

    ハチ公!!

    ガツンとシメたれ

    あの茶色いのシメたれ!!

    これ以上いい気にさせるな!!

    ハ:っしゃァ!

    まかせろ父ちゃん!

    さよならジュピターーーーーー!!

    ゴ:来たばっかじゃーーん!!

    散々既出だが、一連の流れが最高♪

    茶色いのってwww

  500. 匿名 より:

    アニメ版より

    愛「パンのミミも、愛があればご馳走です!!」

  501. 匿名 より:

    すんませんタマさん、同意させてもらいました
    いい言葉です

    と共に吹き出したおかげで今たばこの灰が散りました

  502. かずき より:

    >タマさん

    愛ちゃんの言葉はびしばししてる感じがするけど、あったかいですね。

    自分は、「そんなの、愛がない!」って言葉が好きです。(*^_^*)

  503. かずき より:

    漫画版ラストシーン、ロックスミスの一言

    「気安く愛を口にするんじゃねえ」。

    この一言がなかったらパアでした。

    4巻最高!

  504. 匿名 より:

    もうでちゃったと思うんですが ハチが家に帰って夜チャリでビール買いに行って海に落っこちた時に 『ここも宇宙の一部なんだ』のセリフは印象的でしたヽ(゜▽、゜)ノ

  505. 匿名 より:

    アニメの最後のシーンだけ

    ハキムが(おそらく)宇宙から故郷に帰って

    故郷のために荷物を担いで働いている1シーン

    間違っていたかもしれないけれど信念に燃えていた男が

    宇宙(彼にとっての戦場)から降りた穏やかな顔の

    短い描写にぐっときました。

  506. 匿名 より:

    はじめまして

    プロポーズのシーンはやっぱり多いですね!私も大好きです(><)でも

    「結婚しよう」

    「うん」

    の後の、

    「よっしゃ、お前の負け」ってところが凄くいい目がハート

    映像といい、音楽といい。

    アニメ版の話でしたが・・・

  507. 匿名 より:

    アニメ版を見た当時、形の違えど夢と目標をおって葛藤を続けていた自分は、プラネテスのハチマキの台詞

    「勝ってやるよ、その喧嘩」

    で、自分のやるべき事へ姿勢と覚悟を教えられ、目の覚める思いをしたのを覚えています。

    アニメや漫画などから学ぶことは多くありますが、今でもその言葉は、自分の中での原動力になる言葉の一つです。

  508. 匿名 より:

    『名前はロイ』

    フィー姉さんの気持ちがすべて詰まってる気がします

  509. 匿名 より:

    はは、無理やり関係してやった

    っていう漫画の最終話辺りのハチの台詞はいいですね

    まあ、一番好きなのはロックスミスの

    「次は失敗しません。ご期待ください」

    ですね

  510. 匿名 より:

    アニメのオープニングや最終話で出てくる宇宙から見たオーロラ、実際に国際宇宙ステーションからみたオーロラの画像を見つけました。 もう少し高度があったらアニメそっくりだったかもしれないのに、、、でも色は良く似ていますね。

    http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap070715.html

  511. 匿名 より:

    もう出ちゃってるかな・?

    最終回のハチマキですね。

    『でも 愛し合うことだけが どうしてもやめられない

     いいか悪いかは知らないが とても強い力だ

     核融合なんか目じゃない』

    が一番ぐっときました!

    自分がいまいちほんとの愛を知らないって感じちゃってるからこそ逆に。。。

  512. 匿名 より:

    はじめまして

    最近読み返してて2巻でハチマキが

    「いっしょーけんめいやってできないことでもないだろ?」

    って言ってたとこがなんか心にきました

    なんでもすぐあきらめるもんでたらーっ(汗)

    こんな風に当り前のように言えるようになりたいと思いました

  513. 匿名 より:

    はじめまして。

    ハチマキの「広い海だなしかし」ってのが好きですね。

  514. 匿名 より:

    アニメ2話での

    「できるのか・・・本当に?」

    が一番大好きなセリフです!

    自分が何かやっててキツイ時には

    この言葉をつぶやいて頑張ってますダッシュ(走り出す様)

  515. 匿名 より:

    アニメ版の18話「デブリ課最期の日」

    デブリコンビが唯一と言っていい程かっこいいお話しです

    まずは課長が「あんたの事業部にはいらなくても、人類には必要なんだ!!」と事業部長に食って掛かるところ

    そしてラヴィが「お父さんは宇宙を守るデブリ屋なんだ!!」と叫びながら機雷をぶっ壊すシーンです

    プラネテスは漫画、アニメ両方名シーンがありますが自分はこのお話がお気に入りです

  516. 匿名 より:

    やっぱあのしりとりでしょ

    「け…ねぇ〜」と考えるハチマキ

    「もうないでしょ」とタナベ

    そして….

    こんなプロポーズされてみたい

  517. 鮭茶漬け より:

    2巻「まな板のカケラなら食べるの?」ってハルコさんが笑う夫婦のやり取りのところとか

    3巻「1気圧に耐えられないとか」ってハチマキとタナベが話してるところとか

    こういう一見すると地味な会話が心にぐっときます。

    手の届きそうな未来だなあって思います。

  518. 機能別ヘ より:

    「ロックンロールだねぇ」

    と言いながら笑うタナベのお父さん

    そんな歳をとりたいですねぇ

  519. 匿名 より:

    全部オレのもんだ・・・・

    孤独も

    苦痛も

    不安も

    後悔も

    もったいなくて、お前になんかに

    やれるかってんだよっ !!

    ぜーーーーんぶっ!!俺のもんだっ!!

  520. 匿名 より:

    はじめまして。

    いやぁ、いい台詞が多いってのも考えもんッスねぇ。選ぶのが大変(^_^;)

    俺はハチマキが散々迷いながら、ようやく長いトンネルを抜けるかなって状態になれた時に放った一言。

    ……腹へった

    ですかね。後はタナベの家に行った帰りに二人で月を見て言った「おいしそう」も好きです。

  521. 匿名 より:

    「クソみたいな社会についに馴染めなかった人はどこへ行けばいいのだろう」

    フィーがおじさんについて回想して言ったセリフ。

    4巻の軌道機雷爆破事件とフィーの家族のエピソードを絡ませた部分は「クズのような大人」と「クソみたいな社会」への批判が話の核心である。

    現代社会に生き辛さを感じている人の琴線に触れる言葉であろう。

  522. 匿名 より:

    もう出たかもしれませんが、

    ユーリの奥さんのコンパスを見つけたときの

    話が好きです!

    ユーリを守ってと書かれたコンパスを

    見たときの話。全身が震えるような感じがしました。

    その後、コンパスをハチマキの弟のロケットにつけたときの

    話も好きですけど・・・

  523. 匿名 より:

    ロックスミスの

    「気安く愛を口にするんじゃねー・・・」です。

    なんか寂しくなる一言だった。

  524. 匿名 より:

    4巻の帯(後)。
    歴史教科書の一節のようで、見た途端に鳥肌が立ちました。

    本編じゃなくって恐縮ですが(^_^;)

  525. つねごん より:

    ロックスミス

    「君のその愛が彼の心をとらえた事などないのだよ」

    「・・・心配ない。ただかなしくなっただけだ」

    究極の真理(愛)を求め続けるも、得ることがかなわない

    そんな悲哀が溢れる言葉だった。誰よりも愛を求めている

    からこそ出てくるセリフだと思う。作者天才。

  526. 匿名 より:

    「真理の探究は科学者が、自らに課した使命です。

     

    『本物の』神はこの広い宇宙のどこかに隠れ我々の苦しみを傍観している。

    いつまでもそれを許しておけるほど、私は寛容な人間ではない。

    神が愛だと言うのなら、我々は神になるべきだ。

    さもなくば・・・・・・

    我々人間は

    これから先も永久に・・・・・・

    真の愛を知らないままだ。」

  527. 匿名 より:

    台詞じゃなくてシーンですが 1巻2話目で

    月の表面が、一瞬だけ地球の夏の海にパッと変わるところ。

    あの1ページの挿入に、鳥肌が 立ちました

    ザンとゆう波音が聞こえてきそうで 陽射しがまぶしくて・・・

    その分同時に 「いいでしょ 私の海」ノノちゃんの笑顔にすこしやりきれなくなる

    「残念だが俺にはやっぱり砂漠だ」

    うん。

  528. ITO屋 より:

    はじめまして。

    後輩に勧められて先日DVDを一気に見て、いまだ余韻から抜け出せずにおります。

    こんなにいい作品に気付くことが出来て、ホント良かったです。

    原作も追々読みたいと思います。

    で、心に残るシーンですが、基本的にいいものは出尽くしてしまっているので、

    意外に挙がっていないものとして最終話のテクノーラ社役員会議でのシーンを。

    役員「天下のテクノーラ社と常務と、ガリレオ開発の社長なんかとは比べ物にならん!」

    ドルフ「そうですね。確かに比べ物になりませんね。飼い犬と一匹狼のどちらがいいかなんて(ニヤリ)」

    中小企業とはいえワンマン社長と対立して会社を辞めたことのある私も

    思わずニヤリとしてしまいました。

    あと第9話宴会シーンで言った「白鳥さんって?白鳥さんって!?」で、

    私はタナベにフォーリンラブしますた。タナベ、かわゆすぎます…。

    それゆえ24話ラストで精神崩壊しそうになった場面は辛すぎました…。

  529. 匿名 より:

    KC版のPHASE.11「СПAСИБО」

    ゴローさんとハルコさんの何気ない会話の中から一つ、

    「心配するこたァないよ、アレ(ハチ)も子供じゃない、放っときゃいいのさ」

    ゴローさんとハルコさんの会話やそのやりとりはKC版とDVD版関わらず大好きですね、自分にとって理想の夫婦像です。

    上のセリフも、子供を今日まで自由奔放に育ててきたっていう良き父親像が伺えて大好きな一言です。

  530. 匿名 より:

    九太郎くんの「好きでガキやってんじゃねーや」がツボでした♪

    ハルコさんの「いい宇宙船員の条件」、「必ず生きて帰ってくることよ」もハルコさんらしいなあと思いました。

  531. 匿名 より:

    いんやぁ皆のプラネテス愛が伝わって来る程にそれぞれの名言って有るっすなぁ〜〜わーい(嬉しい顔)

    やっぱそれだけ深い作品だからだぁねぇ目がハート

    あ〜書き忘れるトコやったぁそんな黄昏ちまってたオイラの名言は

    コミック2巻で溺れたハチマキが 「この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか

    オレですらつながっていてそれではじめて宇宙なのか」

    当時自分自身で作ってた見えない壁を一気に取っ払ってくれた一言っすねぇほっとした顔と同時に色々な世界に飛び出して行きたくなったセリフっすウインク

  532. 匿名 より:

    セリフではありませんが、アニメのエンディング・Wonderful Lifeの一節で

    ♪やることだらけでテンパって無理をしてつまずいても

     何か必ずつかんでるさ 気楽に行こうぜ

    ってとこ、辛い時にふと頭の中を流れます。

  533. 匿名 より:

    はじめまして

    自分はハチが空間喪失症になったときもう一人のハチが言った
    「宇宙はお前を愛してはくれないが、許してはくれる」とか

    ハチがタナベに言った
    「デブリ屋はもう終わりだ」

    とかが好きです

  534. 匿名 より:

    かなりベタベタかもですが…

    『なんとなく生きている』

    タナベパパ最高exclamation ×2

    ちょうど行き詰まっていた時期にこの言葉に出会いましたうれしい顔

    ずっと知りたかった答えのような、大好きな言葉ですわーい(嬉しい顔)

  535. 匿名 より:

    有名どころはほとんどで出てるので、あんまり出てなさそうなところを。

    九太郎が、ユーリのコンパスが入ったロケットを発射して言う一言「なあに、すぐに追いつくさ」

    あとアニメ版のギガルトさんの「最期に大事なことを教えておいてやる。船には港が必要だ。いつまでも待ち続けてくれて、最後には自分を受け止めてくれる。そんな港がな。覚えておけ。」

    このふたつ結構好きです!!

  536. 匿名 より:

    タンデムミラーエンジンを触れたときのハチマキとミラーハチマキの掛け合いが好きです。

    「アンタとのケンカを一生かけてするって腹を決めたなら、そいつはじきにウソツキじゃなくなるんだ」

    上記に限らず、心に引っ掛かるシーンが多くて、読む度に色んなことを考えます。そういうところが好きです。

  537. まっさん より:

    最後のしりとりのときの

    「あ?あですか?」

    の戸惑う言い方に、

    この声優すごいなと思った。

    雪野五月、おそるべし

  538. 匿名 より:

    初めまして

    好きなセリフありすぎて困りますあせあせ

    テマラ・ポワチエ

    「ただ地球があるだけなのに・・・」

    ロックスミス

    「エゴイスト結構!私もエゴイストだ」

    ギガルト

    ドラマCDの「とっくりセーター!」

    ユーリ

    「あのロケットのフェアリングにな俺のコンパスが入ってるんだ」

  539. 匿名 より:

    五郎と九太郎の食卓でのカツの取り合いの中のセリフで

    五郎が言う「もっと地球のこととか考えて生きろ」

    が、今一番自分の心に刺さってます。

  540. 匿名 より:

    皆さんがもう書かれていますが、

    クレアの

    「あなたの愛は薄っぺらいのよ!」

    ハキムの

    「口先だけの決意を、振りかざさないでくれ」

    ギカルトさんの

    「なんであいつのあだ名…思い浮かばなかったんだろう……」

    ハチマキの

    「全部オレのもんだ。孤独も、苦痛も、不安も、後悔もexclamation ×2もったいなくてなぁ、てめえなんかにやれるかよexclamation ×2

    原作Verも好きですが、アニメVerの、タナベに向かって言ってしまうハチの、絞り出すような叫びが胸に突き刺さりました。

    そして、しりとりプロポーズですexclamation ×2

    長くてすみません…。

  541. two より:

    コミックス3巻のサリーとハチのやりとりに救われました

    サリー

    今あんたの心は

    でっかいものの見方を覚えたばっかりなのよ

    4月から社会人になり、理由のわからないモヤモヤを抱えてたんですが、このやりとりを読み返して自分の抱えてるモヤモヤの正体がわかった気がします

  542. 匿名 より:

    はじめまして!

    僕が好きなセリフいくつかあるんですが、

    マンガの4巻でのハチの「ざまーみろ無理矢理関係してやった。この宇宙に俺に関係ない人間なんか一人もいねーんだ」

    ユーリがキュータに宇宙の境目を聞いた時の「私の感じでは無いんですよね」

    アニメでトイボックス2が来たときにハチがコックピットを見て興奮してるのを見たタナベのやさしい目をしてるシーン

    それと、アニメでゴローさんがノーラ君に入って出てくるところから、「父親に向かって・・・」のシーン

    マンガとアニメの両方でハチがタナベの遺書を見たことを謝るシーン

    まだまだあるんですが、一応閉めにキュータの「ああ、帰ってたのか兄ちゃん」が好きです。

  543. 匿名 より:

    「結婚しよう。…う、だよ」⇒「うん」⇒「よっしゃ!お前の負け」

    カッコよすぎですね。一度で良いからこんな台詞言ってみたいもんです。

  544. 匿名 より:

    フィーの『ジャストミート!!!』

  545. 匿名 より:

    このアニメ、あまりに質が高すぎて、たくさんの場面が頭に浮かんでしまいます

    でも、あえて、名シーンを選ぶなら

    「ゆっくりだ そう ゆっくりでいい ゆっくりだ・・・」の先生の声が真っ暗な海の中で声が聞こえて、

    次々と、人の絆のような、人と人が、つながり、宇宙のようになっているのだと、悟る瞬間

    あれは、好きですね。他にも、たっくさん、あるんですけどね、心に残っている場面は

  546. 匿名 より:

    1つ1つのセリフがかなり頭に残りますよね…笑えることだとか、真剣に受け止めなきゃいけないセリフだとか

    フィーさんの「キレちゃうぞ…」最高です

    タナベの「宇宙は独りじゃ広すぎるのに」
    とか…

    あとハチの「でも、愛し合うことだけがどうしてもやめられない」
    っていうセリフに感激しましたVv

  547. 匿名 より:

    前の見城さんとダダ被っちゃうんですが、

    自分もフィー姉さんの「キレちゃうぞぉ」が大好きですわーい(嬉しい顔)

    自分はどちらかというとコミックのフィー姉さんの方が好きですね〜目がハート

  548. 匿名 より:

    自分も原作のフィー姉さんにベタ惚れです。かっこよすぎるから!もちろんアニメの方も最高ですけど!

    原作より「ハッハー!ジャストミート!」by姉さん

  549. 匿名 より:

    そうですね〜、心に残る言葉はたくさんありますけど、

    ハチマキの「フォン・ブラウンの跡を継ぐものに不可能はない」

    っていうのには男のロマンを感じましたexclamation ×2

    ロックスミスの

    「我々は神になるべきだ、そうでなければ私たちは真実の愛を知らぬままだ」

    というのには、理工学者の鬼としての姿が見れて、めっちゃカッコ良かったです指でOK

  550. 匿名 より:

    では自分も.

    1.しりとり

    2.タンデムミラーエンジンに相対した辺りの一連の場面.

    3.きれちゃうぞー→ハッハー!ジャストミート!

    ですかね.

    2は珍しいかもしれないですが,あそこでハチマキが決心する辺りが好きなんですよ.

  551. 匿名 より:

    フィーが旧toy boxで大気圏突入した後に言った、
    「生きてるって素晴らしいね」

    と、同じくフィーがバイクで事故った後、バイクを押して坂を上りきった時に言った、
    「………仕事しよ」

    ですね。

    さて、私も仕事しよ。

  552. 匿名 より:

    たくさん心に響くセリフが有りますが

    原作3巻のゴローの「ハチ公、これでお前も晴れて‥手前勝手にくたばれない身の上って訳だ」 「おかげ様で」 後の父親として嬉しそうに笑むゴロー。 そのヤリトリが好きです。

  553. ハチマキが空間喪失症になったときの

    もうひとりの自分との葛藤。

    「宇宙はおまえを受け入れてはくれないが許してはくれる」

    夢を捨ててしまった

    夢を諦めてしまった

    夢を忘れてしまった僕にとって

    この言葉は胸に突き刺さります。。

  554. 匿名 より:

    →でも愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ。

    核融合なんか目じゃないくらいの強力な力・・・

    俺もうまく使えるようになりたいな・・・

  555. 匿名 より:

    アニメ版の愛のセリフ。

    『一人で生きて一人で死んで・・・一人で・・・何で満足できるんですか!

    馬鹿みたい・・・』かな。

    いろいろ考えてしまう。

  556. 匿名 より:

    『ユーリを守って』
    (*;ω;)ブワッ

  557. じぃ より:

    いっぱいありすぎです

    ハチとお母さんが縁側でスイカを食べているシーン

    「難しいッスね」

    ロックスミスがラジオを聴きながら

    「気安く愛を口にするんじゃねー」

    4巻の帯の幸村さんのコメント

    「死ぬとか、生きるとか〜せめて仲間が欲しいです」

    小説のヤハヤ

    「・・・もしも本当にそう思うのであれば、あなたはこれから先、ずいぶんと辛い思いをしなければなりませんね」

    小説のハキム

    「・・・お前たちみんな、頼むから僕の人生から出て行ってくれ」

  558. 匿名 より:

    私は[ロケットのある風景]で、ネイティブのおじいさんがユーリに「ここも宇宙だよ」って言っていたシーンが素敵で好きです(;_;)

  559. やーしー より:

    今コミック読み直してました。

    僕は

    「地球は人類にとってゆりかごだ

     だがゆりかごで一生を過ごす者はいない」



    「わがままになるのが怖い奴に宇宙は拓けねぇさ」

    です。か、かっこいい・・

    あとユーリの奥さんの話はいつも感動ですほっとした顔

  560. 匿名 より:

    原作で、タナベが手榴弾を預かっちゃった後、爆発・気圧急低下までの間、ゴローさんがハチとタナベに覆い被さって守っている姿を見て、何だかんだ言ってもしっかり父親なんだなぁと思いました。

  561. 匿名 より:

    マンガのvsハキムんとこでの『ハチマキッ!!』ってキレたタナベがよかったな〜

    あとハチの『もったいなくてタナベなんかにやれるか』あのへんの件の尖ってたハチが好きでした。

    そうそう木星到達時の『さよならジュピターwww』あたりもイイ!!

    大学の部室におきっぱだから早く読み直したい!!!!

  562. 匿名 より:

    『ワンッ』

    原作4巻でデブリに手を合わせそうなフィーの前で

    犬が力強く吠える

    セリフってゆーかあのシーンが好きです

  563. 匿名 より:

    ハチマキがもふもふしてる宇宙人と一緒に、天にいっぱいの銀河を見上げているシーン。圧巻です……

  564. 匿名 より:

    タナベの遺言書に何も書かれてなかったところ

    「何書いてるんだ!あせあせ(飛び散る汗)」「何書いてるんだ!あせあせ(飛び散る汗)」って思わせといて何も書かれてないってところで鳥肌立った。予想してなかった。

  565. 匿名 より:

    ジャスト ミートexclamation
    ハッハァーexclamation

  566. 匿名 より:

    アニメですが
    ラビィが機雷を破壊するシーン
    泣きそうになりました。
    それまで、上に媚びていたラビィがそれに反して、こども達に誇れる親になることを選んだのがグッと来ました。
    ラビィに泣かされるとは思ってませんでしたw

  567. 匿名 より:

    ハチマキが空間喪失症になった時のもうひとりのハチマキの言葉
    夢を追わない自分とダブり泣きました

  568. 匿名 より:

    サリーが眠ったハチマキに呟いた、「あんたのことを 底抜けに愛してくれる人が現れるといいねェ」というセリフ。

    このシーンを読んでから、ふとした時に自分自身に重なって蘇ります。

  569. 匿名 より:

    フィーねぇさんがデブリを流れ星として願い事を言ってしまいそうになったときにロイがいい声で吠えた場面。

    あとたなべが言った「宇宙は一人じゃ広すぎる」は、強がる自分の戒めとしてすごく心に残っています。

    挙げればきりがないー 

    やっぱり、いいですよね!

  570. タナベの父ちゃんが仕事しながらブルーハーツの「ながれもの」口ずさんでるとこ

    愛することだけ考えて それでも誰かを傷つける

    そんなあなたが大好きだ そんな友達がほしかった

    幸村誠は信頼していい漫画家だと思った。

  571. 匿名 より:

    ユーリの奥さんの Please save Yuri のシーン

    やっぱ一番好きなのはコミックだけにあったけど

    フォン・ブラウンで木星向かってる途中でクルーの喧嘩止めたあとに言った言葉かな

    ざまーみろ、無理矢理関係してやった

    この宇宙にオレに関係ない人間なんか一人もいねーーーんだ

    どっちも今思い出しても鳥肌立つ

  572. you より:

    ハチ「結婚しよう」

    タナベ「うん」

    ハチ「お前の負け」

    俺もプロポーズはこれで…(笑)

  573. KAi より:

    久々に読み返してますが本当にいい作品ですね。

    “年を食うと取り戻すのに苦労するよ

     理屈にならない あの感覚

     ねえ アルバート 

     私 あんたにけっとばされずに済みそうかなぁ”

    「理屈にならないあの感覚」

    大好きです。

  574. 匿名 より:

    『もったいなくってな!お前なんかにやれるかよ!!』って言うハチの悲しい奇声がいつも心に突き刺さります。

    いつもそこで泣けてくる。涙

  575. 匿名 より:

    全部好き何ですが、漫画でゴローさんが結婚するハチマキに言った

    「なんにしろ めでたい ハチ公 これでお前も晴れて…テメェ勝手にくたばれない身の上ってワケだ」が奥が深いなぁ〜ってしみじみ感じます。

  576. 匿名 より:

    アニメ版ですが
    もう、帰りましょう。ね?
    私はこの時、号泣でした。ハチマキは帰りたかったのだなと。

  577. 匿名 より:

    アニメ版ですけど

    やっぱ、最終回のプロポーズのところかなぁ

    あそこは、自分の中のアニメ史上、最高の名場面ですね

  578. 匿名 より:

    やっぱ、

    「Please save Yuri」

    でしょう。。

  579. 匿名 より:

    「上等だ、何もかも思い通りにしてやるぜ」

    連載中に読んでしびれました。

  580. 匿名 より:

    フォン・ブラウンの跡を継ぐものにできないことなんてなにもねぇのさ。

    重要なのかわかりませんが。このマンガを自分なりになんとなく衝撃というか理解した瞬間でした。

  581. 匿名 より:

    ロイおじさんの
    「狂っているのはどっちか」
    と、
    フィーの
    「クソみたいな世の中に馴染めない者はどこへいったらいいのか?」
    現代社会に対する強烈な批判だと思います。このエピソードは。ロイおじさんやフィーは、現代社会に生きづらさを感じている私たちの分身ではないかと思います。

  582. TK より:

    やっぱり

    「ユーリを、守って!」

    でしょ。

  583. 匿名 より:

    考えずにはいられない

    ちゃんとした大人になれないひとは、どうしたらいいんだろう

  584. 匿名 より:

    アニメの方です。「国境線なんか見えないのに、ただ地球があるだけなのに」

    深いなぁ…と感じました。

  585. 匿名 より:

    ちび さんの意見に賛成です(*^o^*)

    自分もアニメの方を中心に見ていたので(笑)

  586. 匿名 より:

    ちびさんの意見と同じです♪

    プラネテスをその回の放送で何気なく見て初めて知ったのですが、

    この言葉だけで泣きました。

    またそのシーンの地球がまた本当に綺麗で・・・。

  587. 匿名 より:

    タナベの

    「一人で生きて、一人で死んで、一人で・・それでどうして満足できるっていうんですか!?」

    が好きです・・

    (あれ?これで合ってたかな・・)

  588. 匿名 より:

    クロの話がいいっすウッシッシ

    タナベ家のよさとタナベのタナベたる由縁がなんかあたたかくて

  589. 匿名 より:

    アニメ版で。
    月で遭難したタナベのシーン。

    そしてそのラストカット。

    愛ばかり口にしてた彼女が他人のボンベを使うのかハラハラしました……。

  590. 匿名 より:

    ?「会社は社会じゃないんだ。」

    会社でふと思い浮かべるときがあります。

    最終話かその前か忘れたけど

    タナベのボンベが切れるか否かのときに

    彼女が悟りますよね。

    ?「先輩が愛していたのは私じゃなかったんだ」

    一番あのシーン感動しました。

    被っていたらすません。

  591. 匿名 より:

    やはり..テマラ・チェンポイ…

    でしたっけ??あせあせ

    あの回は言葉にはなりませんでした涙

    “宇宙からは国境は見えないのに、どうして戦争は起きるんだexclamation涙泣き顔あせあせ(飛び散る汗)

    涙なくして見られませんよー泣き顔あせあせ(飛び散る汗)

  592. 更酒 より:

    姐さんが犬に叱られるところ。

  593. 匿名 より:

    漫画一巻

    月の地面を走ってくノノをぼうと見つめるハチマキ、の次のページ!

    それまで月の砂漠や暗い宇宙しかなかったとこに、

    瞬間、目の前の景色に重ねてハチマキの脳裏に浮かんだ映像

    鮮やかな地球の海、太陽のまぶしい光の中駆けてくノノの後姿がコマいっぱいに

    ザザァァァン・・・

    ページめくった瞬間、鳥肌立ちました

    地球って何て綺麗なとこだろう

  594. まーちゃん より:

    私もてんさんと同じとこで感動しました。

    先輩を救ったのは私じゃなかったと気づくタナベ。

    何度見てもこの場面で泣きたくなる。

    あとは最終回のプロポーズです。

    完璧すぎてまたまた号泣しました。

  595. 匿名 より:

    漫画版3巻の
    「夜の猫」
    の最後と、それを受けての
    「おとこのコとおんなのコ」
    の冒頭の宇宙人と会話する夢。

    『帰る?
    どこへ?どうやって?』

  596. 匿名 より:

    「Please save Yuri」

    やはり私もこれだと思います。

    これをアニメで見た時はホントに泣けました。

  597. 匿名 より:

    被っちゃいますが
    「宇宙からは国境は見えないのにどうして戦争は起きるんだ」

    グッときますね

  598. 匿名 より:

    アニメしか見てない素人ですが
    先生の「港あってこその船だろうが」

    あと名前が出てこないんですがフォン・ブラウン作ったあの人の
    「エゴイスト結構exclamation ×2
    っていうのは衝撃的で夢を持つ者はこれ位ないといかんのだなぁって感じましたね。

  599. ノリタ より:

    アニメ盤14話の

     「俺は禁止とかするなって言われるとしたくなるんだよっ」

    の流れからの

     「社内恋愛禁止なんだよな」

    ってのがなんかいいです。

    しりとりのプロポーズもいいですよね。

  600. 匿名 より:

    やっぱプロポーズのシーンですね♪

    自分もあんな風にプロポーズしたい…なんて考えてしまいます笑

  601. 匿名 より:

    間違ってるのが許せないほど好きな台詞の1つなので訂正させてください。。

    テマラ・ポワチエさん(TV版11話)

    どうして・・・

    どうしてなんでしょう!

    ここからは・・・国境線なんて見えないのに!

    ただ・・・地球があるだけなのに・・・

  602. 匿名 より:

    この世に 宇宙の一部じゃないものなんてないのか

    オレですらつながっていてそれではじめて宇宙なのか・・・みたいなセリフありましたけど、そこがとても感動しました。

  603. 匿名 より:

    テレビ版,原作版共通で,「屑星の空」の”Please save Yuri.”

    何度見ても,読んでも涙が出ます。(アニメ版では映像も美しい…)

    原作版では最終話での,

    ハチマキの「愛するってことだけが,どうしてもやめられない」です。

    心にずしんときました。

  604. 匿名 より:

    ハチマキの一人で生きて一人で死ぬんだみたいな台詞と、
    生きるだけならゾウリムシだって出来るって台詞にはもうグッときました。
    二巻は自分のバイブルです。

    あと向き不向きはモチベーション次第って台詞には励まされてます。

  605. 名言とはちょっと違うんですが…がまん顔あせあせ(飛び散る汗)
    アニメ版で、ふとしたときに思い出すハチマキとタナベのやり取りがあって…間や言い回しが…

    確かリハビリでかなり回復したタナベと木星に行く前のハチマキが共にデブリ課に久々に顔を出しに行くとき、

    (台詞は曖昧ですあせあせ(飛び散る汗)ごめんなさいバッド(下向き矢印))

    ハチ「チェンシンから聞いた。その…とりあえずグーで殴っといた」

    タナベ「チョキがよかったな…。」

    ハチ「え…?目潰し…?」

    タナベ「違います。ピース、平和です。」

    ハチ「あぁ…そっちか。」

    なんとなく二人の雰囲気が好きだー泣き顔泣き顔ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
    もう一個似たようなやり取りがあったんですが、今は思い出せずがまん顔ダッシュ(走り出す様)
    アニメ版の優しいタナベの言い方と、ハチと男臭く意識するとぎこちなく話すとこがすごく好き!!!目がハート目がハート目がハート

    あとベタですが、確か3話のコリン・クリフォードの回で…むふったらーっ(汗)

    タナベが殴って、
    「デブリ屋は最っ高にかっこいいんです!!」からの台詞がめちゃ02好きですねるんるんぴかぴか(新しい)すごくスカッとして、またニヤニヤしてしまう(^ω^)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

    『Please save Yuri』は何度見ても泣ける涙涙涙ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
    大気圏に突入しちゃうドキドキ感もやばいですがまん顔あせあせ(飛び散る汗)ハチマキかっこよす!!目がハート目がハート(笑)

    「一人で生きて一人で死んで…そんなの寂しすぎるじゃないですか……宇宙は一人きりじゃ広すぎるのに」の2話も好き涙涙ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    当然プロポーズの回も素敵すぎる泣き顔泣き顔泣き顔ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
    「よし、お前の負け。」…言われたいー目がハート目がハート(笑)

    書ききれませんもう…たらーっ(汗)たらーっ(汗)長文失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)

  606. 匿名 より:

    素敵なトピ発見!!急いで本引っ張ってきましたww

    私はアニメから入って原作買いました。。どちらも大好きです(人´ω`*)

    1巻のPHASE.5 IGNITION―点火―より

    「宇宙をのぞんだ人間はみんな

    はじめはウソつきだったんだよ」

    ウソつき最高にかっこいいよ・・・・何事も戦うのが怖くてウソすらつけない自分への戒めみたいに思えて;;;;ずっしりきました。。

    とりあえず1巻の表紙最高!!!!!!!吸い込まれそうになります。思わず。。

  607. 匿名 より:

    原作四巻の木星行きの船の中でロアルとポーの喧嘩を止めた時のハチマキの台詞。

    「ざまーみろ、無理矢理関係してやった。この世に俺と関係無い人間なんて一人もいないんだ」

    台詞うろ覚えですが、それまで出来るだけ他人と距離を置いて生きてきた自分にとっては目からウロコでした。

  608. 匿名 より:

    やっぱし『結婚しよう』ですかねほっとした顔電球ハート達(複数ハート)

    こんなプロポーズしてみたいるんるんるんるん

  609. 匿名 より:

    メイン人物ではないですが
    ネイティブアメリカンのお爺さんがユーリに言う台詞
    若い者は物事をハッキリさせたがる
    っていう内容
    自分の悩みが晴れた

  610. 匿名 より:

    そして、ユーリがコンパスを手放して
    自分と自分の過去現在全てを受け入れて、愛しいと感じながら歩き続ける事を決めた時
    …かな?自分解釈な上、うろ覚えですが
    心に残ります
    何処かへ向かう間に出会う全てを大切にしたいと思った

  611. 匿名 より:

    > マーシーさん

    そのセリフ俺も好きです。いつか言ってみたいですね。勿論、相手には「うん」って言わせて。

    タナベもきっと「結婚しよう」って言わせたかったんだと思います。だから「け」で終わる言葉ばっかり言ってたんじゃないかな?

  612. 匿名 より:

    619> イソジさん

    自分もその言葉好きです!自分勝手なようで、優しさに満ちた言葉な気がしますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

  613. 匿名 より:

    ウェルナーの「愛を気安くよぶんじゃねぇ」(うろ)がすごく好きです。

    「次はご期待下さい」「その人に手荒なことしないで」「悲しくなっただけだ」の一連でぶっちぎりで好きなキャラNo1になりました。愛はあるのに己のエゴで作ってしまった犠牲者の為に人に対する愛を頑なに拒む彼が好き。

    いつか彼が、自分を許せる時がきて欲しいと思う。

  614. 匿名 より:

    私は最後の『愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ。』ですかねわーい(嬉しい顔)
    すごく愛について考えさせられましたわーい(嬉しい顔)

  615. 匿名 より:

    漫画の特に4巻が好きです。

    落ち着いてよかあさん

    悪いことはしてないよ法をやぶってるだけ・・・

    まだ出てないだろうと思う。(これ名言なのか?)

    なんにせよフィーが一番好きです。