山小屋談話室「いわつばめ」

人気の記事:

コメント

  1. まりあ より:

    一番のりっ!

    今年の花はいまいちだったようで...。でも、私は今年が尾瀬デビュー年だったので、それだけで幸せでした。

    今年の冬は「暖冬じゃない」と言う某気象予報士の言葉を信じ、どかっと雪が降る事を祈ってます。

    そうですね...尾瀬の思い出と言えば、丁度関東の中学生が宿泊訓練?のような行事に重なった時期に行ったものですから、尾瀬に子供達がいっぱい居た事に驚き、羨ましくもありました。

    そうそう、その千葉県の中学生に「かわいい」と言われちゃいました♪あの子は良い子だ...

  2. まりあ より:

    今年は本当に花の外れ年でした。おかげでニッコウキスゲの群落を楽しみにしていた7月入山予定をキャンセル。

    ミズバショウは良かったのに・・・ニッコウキスゲの花芽が付いた頃に遅霜があって、みんなやられてしまったというのがその原因だったようです。自然って難しいです。

    宿泊訓練というか林間学校で尾瀬に来ている学校は結構見かけます。戸倉の尾瀬高校というところがボランティアでガイド役をしているケースも結構見かけます。

    私も重い荷物背負って木道を歩いているときに、どこぞの中学生に「ボッカさんですか?」って言われた時は、一瞬荷物が軽くなりました・・・・(笑)

  3. まりあ より:

    やぎさん、そんなに沢山の荷物背負ってるんですか…?カメラ本体とレンズと三脚と…フィルム??普段は、どれくらい尾瀬にこもってるんですか?

    (皆さーん、雑談しましょ!)

  4. まりあ より:

    重いときには30kg・・・の時がありました。後でよく担いだな・・って関心しましたが(笑)

    中身は水1.5L、プリムス&コンロ一式、着替え、雨具、食料、一眼カメラ1台、望遠レンズ1本、標準ズーム1本、広角レンズ2本、マクロレンズ1本、フィルム20本、三脚・・プラス帰りのお土産かな?

    時期によりますけど、だいたい2泊標準(原1泊、沼1泊)です。

    燧ヶ岳と至仏山を連続してやったときは、4泊でしたね・・・

    ところで、まりあさんが尾瀬へ行った時って、どういうコースだったんですか?

  5. まりあ より:

    30kgなんて、私にはとてもとても…

    私のコースですか?言うのも恥ずかしい位に、超!初心者向けコースなんですけど…。(読んでる方へ 笑わないよーに!)

    1日目:自宅を朝出発、昼前に沼山峠→尾瀬沼泊(笑わんといて)

    2日目:尾瀬沼から尾瀬ヶ原へ(南側から行きました)牛首分岐までぐるっと散策。弥四郎小屋泊

    3日目:尾瀬ヶ原→三条の滝(?)→燧裏林道→御池

    ですよぉおおぉぉぉ(^^;

  6. まりあ より:

    30kg担いで無謀にも燧ヶ岳と至仏山の縦走をやって腰を痛めました・・膝やりました・・・(笑)

    山小屋の支配人にも「写真やるひとの荷物は大きすぎるよね・・」って言われてしまいました。

    それ以来、軽量化を目指していろいろとやってますが・・今は20kgぐらいだろう・・たぶん(笑)

    尾瀬へ初めて行ったにしては良いコース取りですね。

    燧裏林道→御池って、ミズバショウの時期は残雪がけっこうあったんじゃないですか?

    ここは紅葉の季節は綺麗ですよ!

    三条の滝(?)・・・階段降りて展望台があるのが三条の滝、岩の展望台から眺めるのが平滑の滝ですが・・・

    どっちかな?

    尾瀬へ来たら沼畔長蔵小屋にやっぱり泊まりたいですよね。

    あくせく歩くよりのんびり歩いて、早めに山小屋へ着いてのんびりする・・・これって最高の贅沢ですから

  7. まりあ より:

    燧ヶ岳と至仏山の縦走って、凄いです!尾瀬に行く前の私は、年に見合った体力が無くて、通勤を自転車に変えて、体力つけました。結構体力ついたかなぁ、と思っていますが、この縦走は絶対に出来ないです。(^^;

    20kgでも無理…。ですが、尾瀬には魅力的な被写体が沢山なので、やっぱりカメラは外せないですよね。

    燧裏林道→御池、雪結構あり吃驚でした。雪が降る地域に住んでいるので、雪の上を歩くのは怖くないですが、滑らないよう、かなーーーり慎重に歩きました!紅葉の季節は最高だろうなぁ、何て感じましたが、やっぱり…

    滝は両方見ました、折角なので!でも、途中「何で滝見る!」なんて言っちゃったんだろう?と辛くなる個所がちらほらありましたが、それも今となっては、本当、楽しい思い出の一つです。

    コースの計画を立ててくれた方に、感謝です。

    皆さんの初めての尾瀬って、どんなコースだったんでしょうか?やぎさんはどんなコースだったんですか?

  8. 自分が初めて入ったのは1964年でした。

    池袋から出る夜行バスで早朝に沼山峠から入り、大江湿原のニッコウキスゲの群落に強い衝撃と感動を受けました。

    尾瀬沼の東岸(ビジターセンターのある所)で昼食をとり、三平峠を越えて大清水へ下山しました。つまり夜行日帰りってやつですね。

    大清水からは路線バスで上毛高原駅まで出て新幹線で帰りました。

    今考えると、直前でよく夜行バスがとれたなぁって思います(笑)

    添付した写真はその時の大江湿原の写真です。

    尾瀬は7月近くまで残雪がある所もあります。沼尻から見晴間にある白砂湿原から白砂峠への斜面はゲレンデのようですから・・

  9. >やぎさん、まりあさん

    おじゃまします。

    はじめての尾瀬が1964年というのはうらやましいー。

    今よりも荒れて無くて花も多かったのではと思ってしまいます。

    >燧ヶ岳と至仏山の縦走

    す、すごいですね。

    御池から入って燧ヶ岳に登り竜宮小屋に泊まったことがありますが

    翌日は激しい筋肉痛で帰り道はいつもなら楽な鳩待峠が地獄でした…

    私は1987年の9月が最初です。

    中学生の頃TV番組の尾瀬特集を見てずっと憧れていました。

    東京で一人暮らしするようになってやっと行けたのです。

    新宿発の夜行バスに乗り、早朝の鳩待峠→尾瀬ヶ原→原の小屋1泊→平滑・三条の滝→尾瀬沼→大清水のコースでした。

    花は終わり、秋の紅葉には早くて見所に乏しい時期だったのと平日のせいか人が殆んどいなくて泊まった小屋の客は私だけでした。

    おかげで尾瀬ヶ原をどこを見渡しても自分だけしかいないという

    貴重な貸切経験ができてとても感動しました。

    それ以来、尾瀬に行くのはいつも夜行バスでした。

    ここ6年ばかり尾瀬には行けてないのですが今は子供(1歳6ヶ月)がいるのでそのうち電車を使って行ってみたいです。

    子供は何歳ぐらいからなら尾瀬大丈夫かなぁ。

    一応、山デビューは9ヶ月の時の高尾山です。

    旦那と交代でダッコひもに入れて連れて行きました。

  10. まりあ より:

    サクさん、はじめまして。

    やぎさんもサクさんも、きっと色々な尾瀬を見てるんですね…。二人に比べたら、まだまだひよっこどころか、卵にもなってないです…羨ましい!!私が尾瀬に行った時も見所乏しい頃でしたが「来ただけで満足(^^」でした。

    最近の尾瀬はやっぱりひどいですよね?私も色々な所にゴミが落ちているのを見て憤慨してしまいました。マナーが守れない人は来て欲しくない…と。(2泊3日の旅の間リュックにずーっとゴミ袋がぷらぷらしており、何かを語ってるような気がしてました)

    ちょっと毒吐き…

  11. >サクさん

    えーっと・・・1964年・・タイプミスです(お恥ずかしい・・)

    1994年です・・・失礼しました♪

    で、昔の尾瀬のお話を以前、山小屋の談話室でお聞きしたときのお話をちょっと書きましょう。

    このときは、大清水、鳩待峠、沼山峠の入山口もまだ無く、その方は湯ノ小屋側から至仏山の西面を登って尾瀬へ入ったそうです。今では地図に載っていない廃道です。当然の事ですが、現在のような立派な木道が整備されている訳でもなく、湿原に丸太を渡しただけ、下手をすればズブズブと湿原へ沈んでしまう簡単なものだったそうです。

    この時は湿原の何処へでも入ることが出来たし、池塘の浮島に乗って遊ぶこともできたようです。

    当時は大変な思いをして尾瀬へ来たのに、今はなんと簡単に入れるようになったのか・・・と数十年ぶりに来たお爺さんは話しておられました。

    古き良き時代・・・なのかどうかは微妙ですが・・・

    >まりあさん

    尾瀬はまだ綺麗な方です(笑)

    ボランティアの方がゴミを一生懸命拾っておられます。ゴミの持ち帰り運動がスタートしたのは尾瀬だと言われていますしね。

    今ではゴミを見つけることが難しいくらいになりました。

    色々な所にゴミが落ちていたのはどの場所だろう?

    たぶん人の多い尾瀬沼VC付近かもしれませんね・・・

    最近は一般の方でも気付いたゴミを拾う清掃登山(入山)を定期的にしている方もけっこう見かけます。

    美しい尾瀬を守っていく為には、一人一人の心がけが大切ですね。

    尾瀬に落ちているゴミで一番多いものってなんだか知ってますか?

    じつは以外にも「梅干しの種」なんですよ・・自然に帰るからって安易に捨てられても困りますね・・・

  12. >やぎさん

    私もウッカリしてました。

    よく考えたらプロフィールの年齢と勘定が合わないですよね。

    >まりあさん

    私も毒吐きしちゃいます。

    木道からはみ出してカメラの三脚を湿原に突き刺したり

    足を踏み込んで、注意されるとちょっとだからいいだろうと

    開き直るオッサンオバサンが許せません。

    そのちょっと踏み固められた部分が復活するのに

    何年かかるか知っているのかオラァ!と怒りたくなります。

    自分も写真を撮るのですが、同じ趣味を持つものとして

    本当に恥ずかしいです…

  13. まりあ より:

    経験から言うのですが、こういう人たちは団塊の世代の方に多いなと感じるのは私だけでしょうか?

    私は、多少の程度ならば言わないのですが、あからさまに湿原に踏み込んでいくのを見たときには言わずにはいられませんでした。

    返ってきた言葉は「プロがやっているのになぜ悪い!」でした。

    つまりは、プロの写真は湿原に入らないと撮れないアングルばかりだ!俺も同じように撮ってなぜ悪い!と言いたいようです。

    何と愚かなと思います。

    私は、白籏史朗先生が撮っている現場を見たことがあります。

    決して木道を外れて撮ってはいませんし、財団の許可を取って撮影されていますし、仮に湿原へ踏み込むことがあるとしても無許可でやるとは思えません。

    私は思います「そんなことまでして、プロと同じアングルの写真を撮ることに何の価値があるか?」と・・

    たった一人の人間が湿原を踏み込んだ・・・事だけで湿原に大きなダメージはありませんが、一人が二人、二人が・・・と真似をしたりとその踏み込みが大きなダメージになっていく事が恐ろしい。

    その最たる例が「アヤメ平」です。この湿原の復元にどれだけの年月をかけ、どれだけの力が注がれているか・・・

    踏み込んだ事よりも、注意した後の相手の言葉、考え方に不快を感じます。こういう方達に遭遇したときは楽しい気分が台無しになりますね・・・

  14. まりあ より:

    あっ...私のせいで、何だか嫌な話ばかりになっちゃいましたね。すみません!

    (うーん、気分を変えなきゃ変えなきゃ!!)

    やぎさん1964年だと思ってましたよ...。あまり人のプロフ見ないんで...

  15. まりあさん、お気になさらずに〜。

    私も便乗しちゃったし。

    それに尾瀬と言えばゴミ問題や入山マナーの話は避けて通れないネタですから。

    でわ、空気を変えて尾瀬の思い出話を。

    燧ヶ岳に登った時に記念撮影のカメラをお願いしたおじさんが

    「いつもボクはワイフと一緒に来るんだよ」

    と語ったことが忘れられません。

    「ワイフ」という言葉をリアルで使う人に初めて会いました。

    しかも登山で。

  16. まりあ より:

    >まりあさん

    こういう話題も歓迎ですよ(笑)

    サクさんの言うとおり尾瀬は自然保護運動の出発の地ですから・・・

    1964年に尾瀬へ入ったっていったら、現在の歳はいくつかなぁ?

    昔話してると年齢詐称疑惑が浮上?!?

    >サクさん

    洒落た方もいるなぁ・・・心に余裕のある方って感じ、いいなぁ・・

  17. まりあ より:

    良かった…♪

    確かに自然保護の話題は避けて通れない話題かも?でも、あまり堅い話してると、他の方が入りにくいかと思って。

    やぎさんの年齢、今確認しました(^^;私の中では、きれーな写真をとる方と言う認識だけでしたので…すみません。

    サクさんの話、「ワイフ」とさらっと言える人に会ってみたいです。きっとダンディな方だったのでしょうか?うーん、でもおじさんなんですよね。想像し難いです。

  18. より:

    こんにちはー (←山歩きふうに)

    とつぜん話を変えて恐縮です。去年尾瀬へ初めて行って感動してきました。植物や爬虫・両生類などいろいろとチェックしてきたんですけども(昆虫はわかりません)、意外に鳥が数も種類も多くなかった気がしました。鳩待峠からの往復ではそこそこみましたが、原に入ってからはキジバトがよくめについたぐらいで。そんなもんなんでしょうか。

  19. まりあ より:

    バードウォッチングしている方も結構いるんですよ♪

    双眼鏡片手に湿原や林道歩きを楽しんでいる方々・・・あぁ、こういう楽しみ方もあるんだなぁ・・・って思います。

    ちなみに、山の鼻や屋是沼ビジターセンターの展示室には尾瀬で見かける鳥を音付きで紹介するコーナーがありますのでお勉強になりますよ♪

    コマドリ、ホオアカ、カツコウ、イワツバメ、アカゲラ・・・と結構いるんですね・・・これが!

    尾瀬保護財団が書いた「尾瀬 自然観察ガイド」(山と渓谷社)という本があります。

    お値段857円(ISBN4-635-42021-3)

    http://www.oze-fnd.or.jp/kansatu-guide/guidebook.htm

    これに尾瀬で楽しめる鳥のさえずりが紹介されています。

    本屋の登山・ハイキング本のコーナーで手に入ると思います。

    これを片手に尾瀬を歩くのも良いかもしれませんね(笑)

  20. まりあ より:

    尾瀬沼を朝出発して、沼尻に着くか着かないかの当たりで、カッコウの姿を、初めて見ました。木の上で「カッコウ...」ってないてるのを見つけて吃驚!

    キジバトは三平下で、番を見たくらいかな?!

    イワツバメはたくさんいました。一生懸命子供にえさ運んでました。

  21. より:

    イワツバメは山小屋やビジターセンターの軒下に春の訪れと共にどこからともなく尾瀬へ飛来して巣を作ります。

    尾瀬沼東岸や山の鼻ではかなりの数を見かけることが出来ます。

    双眼鏡を持ってくるとじっくりと観察できますよ♪

  22. より:

    こんにちわ。

    鳥は好きなんですけど、尾瀬ではイワツバメしか記憶にありません・・

    鹿は何頭も見てるんですが。。

    やっぱりオコジョを見たいです!

    そしてオコジョを見ると、ビジターセンターでオコジョ発見証明書がもらえますね。

  23. より:

    私も双眼鏡はもっていてそこそこ観察したんですけど、やっぱり尾瀬ケ原に出てからは種類が多いという印象はなかったですねぇ。もっとも妻が植物のリストを作るぐらい熱心で、そっちにつきあっていたので、しつこく鳥を探したわけではないです。私も鳥のリストを作れるぐらい詳しいといいんですけど、代表的なのしかわからなくて。

    こんどはコマドリやカッコウの姿もみてみたいです。

    オコジョの証明書もほしいですね。ちっちゃいんですよね。オコジョよりは大きい食肉類(イタチかも)の糞はみましたけど。

  24. とも より:

    オコジョ遭遇ポイントは尾瀬沼ビジターセンターに書いてありますね♪

    平日の空いているとき、だいたいの時間の傾向はあるようです。

    北岸での話は結構聞きますね。

    鈴を付けているとやっぱり逃げちゃうんでしょうね・・・

    熊の方が遭遇の確立は高いかもしれません(笑)

  25. とも より:

    こんにちわぁ(←山ふう)

    始めまして。mixi始めたばかりですが、「尾瀬」で検索したらここにヒットしましたので参加します。

    初めて尾瀬に行ったのは’98年。当時はツアー客でした。

    行きたい、と思っていてもなかなか行けなかった尾瀬に行っておどろいたのは、「山を歩かないと写真で見る木道の風景にたどりつけないっ」ということでした。

    歩き疲れて、その時は「2度と行くもんか」と思っていた私ですが、’00年には尾瀬の山小屋で働くことに・・・

    ・・・あまり書くと長くなるのでこの辺で。

    よろしくお願いします。

  26. かほ より:

    ともさん、こんにちは。

    山小屋で働いている・・・羨ましいです♪

    どちらの山小屋さんでしょうね?

    長蔵小屋さんならお会いしたことがあるかも・・・です。

    山小屋でのいろいろな話もぜひ聞かせてくださいね。

    今後ともよろしく♪

  27. かほ より:

    あ、私も山小屋で働いていたんですよ〜☆

    ともさんはどちらの山小屋ですか?

  28. かほ より:

    > やぎさん

    オコジョかわいいですよねー!私も見たい!

    と思っているのですが、なかなか出会えません(^_^;

    私の彼はヒウチガタケの山頂と、三平下の手前の

    燧ケ岳がきれいに見えるポイントの木道の下で

    ひょこっと現れたのを見たそうです。ビジターセンター

    で例のオコジョ発見証明書をそれぞれもらいましたよぉ☆

    > ともさん Azusaさん

    山小屋せいかつはいかがでしたか?

    私は去年ボランティアガイドで尾瀬沼は何度も

    行きましたが、長蔵小屋さんのスタッフさんとは

    ちょこっと話しましたよぉ。売店とか

    休憩所とかです。無料休憩所でエンヤの曲が流れていて

    とっても尾瀬沼にマッチしてると感動してたのですが。。。

    お二方ともどこの山小屋だったのですか?

  29. とも より:

    レスありがとうございます。

    尾瀬の山小屋には’00年、’01年と2シーズン住み込んでいました。

    その後、02〜04と、小屋開け時期だけですがお手伝いに行っていました。

    ちなみに、毎年、違う小屋へいってます(笑)

    今年はまだどうするかなぁ〜もう、トシだしなぁ。。

    残念ながら、長蔵小屋ではありません(^^)

    オコジョは、2シーズンいたにもかかわらず、2度しか遭遇してないんですよ。

    なかなか会えないもんです、はい。

  30. まりあ より:

    >Azusaさん

    そうでしたね・・・羨ましい・・

    長蔵小屋の谷川さんのように、小屋で働きながら写真を撮るのって憧れでありますが・・・現実は大変なんだろうなぁ・・

    >かほさん

    オコジョを観られるのって奇跡っていうぐらいの事ですね。

    燧ヶ岳の山頂でっていう話は珍しい話かもしれません・・・

    長蔵さんの売店で鳴っていたエンヤ・・・自分も憶えてます。

    すごくその場所にマッチしてました♪

    >ともさん

    小屋開けのお手伝いっていうのも大変そうですね

    長蔵さん以外でしたか・・・残念ですね(笑)

    また今年もどうですかぁ?

    毎年顔を出すと、同じスタッフが小屋に居てくれるとうれしいんですよ♪

    「また来たよ〜ぉ!!」って言える人がどんどんいなくなっちゃって・・

    第二長蔵小屋さんは支配人も変わっちゃいましたしね・・・

  31. まりあ より:

    去年はじめて尾瀬に行った時に、尾瀬ヶ原の桧枝岐小屋?だったと思うんですが、バイトを募集していました。仕事ほっぽって、「バイトしたい!」って思ったんですが…できませんでした。(本気で悩みました)

    住み込みで働いてたら、きっと素敵な星空が見れただろうに…

  32. かほ より:

    > やぎさん

    おおぉ、やぎさんエンヤ覚えていらっしゃるんですねー。

    あの尾瀬沼を見渡しながら、まったりと聞こえてくる感じ

    マッチしてますよねぇ☆エンヤの曲は自然の豊かな所に

    合うう気がします。働いていた斜里町の風景画っていう

    ロッヂやニュージーランドへワーホリしていたときに

    cafeでかかっていたときににも印象に残りました。。。

    ちなみに彼はヤマネも見た事があるそうです。

    >ともさん

    次々にいろんな小屋で仕事素敵です☆

    年なんて気にせず、楽しいと思うことをしましょう!

    私も、今年も尾瀬のガイドをするつもりですよぉ。

    こんなんじゃいつになっても結婚できないっす(苦笑)

  33. かっちゃん より:

    >まりあさん

    「山と渓谷」誌でアルバイト募集の広告を見るたびに「・・・・」って考えちゃいます(笑)

    長蔵小屋のスタッフとお話しする度に「いいなぁ・・・」って誘惑に駆られます♪

    >かほさん

    売店ではベスト盤「Paint The Sky With Stars」(写真のやつ)がかかってたんですよ♪

    ちょうど直前に買って良く聴いていたので印象が強かったです。

    ヤマネもですか・・・凄い!

    自分は動物との遭遇はほとんどありませんが、見晴〜段小屋坂間で獣のうなり声を直ぐ横で聞いているのですけど、あれって熊だよなぁ・・・って(笑)

    今年も写真を撮りに何度も尾瀬へは入る予定ですので、お会いできるかもしれませんね♪

    その節はよろしくです(笑)

  34. かっちゃん より:

    夏休みの間だけ国民宿舎「尾瀬沼ヒュッテ」でバイトしました。

    お仲間いるかな?

    10年前の話だけど・・。

    尾瀬には5年くらい行ってないです。

    子供が大きくなったら一緒に行きたいな。

  35. かっちゃん より:

    つかさん、こんにちは。

    尾瀬沼ヒュッテですか・・・いいなぁ♪

    お子さんと行く尾瀬っていうのも良いな・・・

    一生懸命あるいて、元気に挨拶してくれるんで微笑ましいというか、逆に元気をもらうこともしばしばです。

    以前、ヒュッテで働きながら財団のお仕事していたヒカルさんという方がいたんですがご存じですか?

  36. かっちゃん より:

    やぎさん、こんにちは。

    ヒカルさん分かりません、ごめんなさい。

    一緒に働いていた人の名前思い出せないなぁ〜。

    顔やどんな人だったかは覚えているけど

    ここで書くと尾瀬のイメージが崩れるかも・・・。

    ほとんどの方の苗字が「平野さん」「星さん」なんですよね?

    あっ、今「のぼるさん」を思い出した!

  37. とも より:

    こんにちはぁ

    ヒカルさん、知ってますよ〜

    といっても、会ったのは確か一度だけ。

    ヒカルさんのページがあったのですが、

    http://erminea.atnifty.com/hikaru/index.html 

    終わっちゃったみたいです、、、

    「平野」「星」それと「橘」だったか、、(違ったかな)、

    檜枝岐は苗字が3つしかない、といってもいいくらいらしいですね。

    片品のほうは、「星野」「萩原」が多いようです。

  38. まりあ より:

    ヒカルさんは数年前まで尾瀬沼ヒュッテで働きながら白砂湿原や沼尻の湿原の植生復元の作業をされていました。

    「尾瀬便り」というサイト

    http://erminea.atnifty.com/oze/index.html

    を運営している「ぬらぼこ」さんとお知り合いでして、その中で「光の尾瀬日記」というものを掲載していました。

    結婚されて引退後、この日記は現在の「光の尾瀬 想い出日記」に改題されて今に至ります。

    ちなみに自分は、このサイトでぬらぼこさんにはいろいろとお世話になっています。

    「かめらまんたけま」のH/Nで談話室に書き込んでいるのは実は私です。

    片品や檜枝岐は昔、マタギの里(故にもともと熊が多い訳だ)だとどこかの本で読んだことがあるぐらい山深い、交通の便も決して良くない村ということみたいだから、あまり外からの移入がなかった結果が「平野」「星」「橘」「星野」「荻原」さんという苗字だらけと言う結果になったのかな・・・と勝手な解釈してますが・・

  39. まりあ より:

    偶には談話室に…

    皆さん続々と尾瀬に出かけている様で羨ましい!

    今年はなんだか忙しいので尾瀬には行けなさそうですが、入山下山報告を見て楽しんでます♪

  40. ようにい より:

    >まりあさん

    残念ですね・・・でも尾瀬は逃げませんから(笑)

    26日に鳩待峠へ上がる途中、写真家の新井幸人さんとすれ違いました。

    これから台風が接近するという時だったので、ちょっとビックリしましたけど、台風一過の青空で空いている尾瀬を撮るとは、さすがプロと感心してしまいました。

  41. ようにい より:

    ひかるさん情報・・・

    今は長野で親子元気にがんばっていますよ〜

    尾瀬が遠くなり寂しそう

  42. ようにい より:

    >ようにいさん

    ひかるさんのお知り合いですね♪

    そうですか・・元気でやっているんですね・よかった

    そのうち親子で尾瀬に顔を見せるでしょう(笑)

  43. ようにい より:

    13年尾瀬にいて写真山ほど撮ったが整理してなく

    なかなか良いHPができませんがよければ暇つぶしに見てください 3分で飽きるとおもうが・・・・

    http://www3.to/oze

                                 ちなみにこの写真は福島県の防災ヘリコプター2号機です

    1号機は現在整備中

  44. sally より:

    13年間尾瀬で働いていたのですか・・・凄い♪

    写真の整理って大変ですから・・・13年分じゃなおさら(笑)

  45. sally より:

    こんにちは〜♪

    今朝フジテレビのめざましテレビを見ていたら尾瀬が!!

    http://www.fujitv.co.jp/meza/toro/

    7時25分過ぎ(だったかな?)の「トロと旅する」というコーナーで、ほんの30秒程度ですが、尾瀬のシーンがちょこちょこ出てきそうです(金曜まで)。

    今日は鳩待峠〜山ノ鼻付近でした。

    先日一緒に尾瀬に行った夫と見ながら「(知っている景色を見て)あーっ!」の連発でした。

    “尾瀬エリア”というテーマなので、どこまでが範囲なのかはよくわかりませんが、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

  46. とも より:

    あらら、洒落た番組みたいですね♪

    トロってゲームのキャラクターでしたっけ?

    子供たちには馴染みのキャラクターが案内してくれるので興味を示すでしょうね(笑)

    見たいけど既に通勤電車の中・・・残念

  47. とも より:

    テレビで思い出したので、もし知っている人がいたらおしえてください。

    7月に尾瀬に行ったとき、野口健さんにお会いしました。

    TVカメラが一緒でしたので、番組取材だったのではないか、と思います。

    放送予定など、ご存知の人、いらっしゃいませんか?

  48. ようにい より:

    福島放送の

    Think21 野口健 尾瀬からのメッセージ

    ●放送日時:平成16年7月18日(日)正午〜12:55   

    かな??

  49. ようにい より:

    ちなみにDVD製作で7月に尾瀬にきてるし

    そのさつえいかなぁ?

    案外尾瀬に来てますよ今年だけで5〜6回きたのでは?

  50. ようにい より:

    台風14号が過ぎて尾瀬の被害が心配されましたが

    木道上に数箇所倒木があっただけで大きな被害はありませんでした(^。^;)ほっ

    安心して紅葉を待ちましょう

    沼周辺より草紅葉がはじまりましたよ〜と連絡も頂いております

    少しずつ尾瀬も秋色になろうとしていますよ

  51. ようにい より:

    尾瀬には色々な小さな祭りがあります

    燧祭りとか・・・

    で9月12日は

    山の鼻で十二山神祭があります

    山の神様十二様に登山の安全を祈願するものです

    当日は山の鼻の見本園のとこにある祠にお供え物をして

    御神酒をふるまいます

  52. Noopy より:

    去年だったかな。木道があちこちで破壊されていてなんでだろうと思いましたが、雨台風で湿原の水位が上がって木道が浮き上げられたんですってね。やっぱり自然の力ってスゴイ。

    今回は大丈夫だったんですね。良かった。

  53. ようにい より:

    Noopyさんへ

    尾瀬は四方山に囲まれてるでしょ雨降ると皆 原の沢や川に流れ込むから大雨だと溢れるのです で木道が浮いたり流されたりします

    木道架け替えの際に高くしていますがそれも流出防止をかねてます

    マメ知識??

    川や沢の水が寄り集まるので

    寄って・・よって・・ヨッテ・・ヨッピ・・・ヨッピ川 となります

    尾瀬の水>>ヨッピ川>>三条の滝>>只見川>>奥只見>銀山湖 

  54. ようにい より:

    これからの尾瀬山行を計画中の方へ

    秋は氷が張るくらい寒い日もあります。

    フリースや上下レインウェアを

    防寒着として身に着けて下さい。

    登山をされる方は、 山頂では10月になると

    雪が降ったり氷点下になったりしますのでご注意下さい。

  55. ようにい より:

    私の手伝う小屋は今日の宿泊で今シーズンの営業は終了となります

    小屋閉めする小屋が出てきましたので宿泊でこれから尾瀬に行かれる方は注意しましょう

    尾瀬は予約制ですので注意してくださいね

  56. ようにい より:

    今日私の手伝っている小屋が小屋閉め下山しました

    いまごろ打ち上げしてるだろう・・・・

    小屋は来春まで冬眠に入りました

  57. ようにい より:

    知り合いから尾瀬雪だぁお〜と連絡を受け

    環境省の尾瀬沼LIVEカメラでみたら

    白景色

    尾瀬は冬を迎えました

    来春冬眠から目覚めるまでおわずけです

    お疲れ様2005年尾瀬

  58. ようにい より:

    ↑と重なるが

    今日のLIVEカメラみたら雪だったね

    根雪まではちとはやいけど日に日に冬景色になる尾瀬

    静かだろうなぁ〜

    落ち葉の舞うカサカサという音の世界ん〜〜〜いいねぇ〜

    (シーズンは終わったけど今年の思い出や来年の計画書いて

     尾瀬を楽しみましょう)

    バーチャル尾瀬も楽しめるサイト↓

    http://www.natual.com/index.html

    初心者にはいいかもね

  59. ぼたん より:

    >ようにいさん

    バーチャル尾瀬サイト、覗きました!

    おもしろいです〜〜!!

    またゆっくりみてみます☆☆

  60. ようにい より:

    環境省のLIVEカメラで尾瀬沼みるともうかなり雪積もったねぇ

    そろそろ根雪かな

  61. ようにい より:

    根雪ですねぇこれでは・・・多分↑

    環境省LIVEカメラより

    この後撮影ないから寒さでこわれたか?

  62. とも より:

    ↑そうですね、、、この先の画像がでてない、、、

    天気がいいのに、風で飛ばされたとかw

  63. ようにい より:

    冬眠中の尾瀬フリークの皆様お元気ですか?

    尾瀬は完璧に真冬モードです

    環境省LIVEカメラより今日の尾瀬

  64. ぼたん より:

    うっわ!

    マジキレイです。たまりません。。。

    言葉でません。

  65. スー より:

    はじめませして。

    今年は雪が多くなりそうですね。

    ところで尾瀬の雪かきってどうやったら行けますか?

    今年は山ノ鼻VCも積雪の被害を受けていましたが、

    何かお役に立てないかと思います。

  66. ようにい より:

    Paulownia さんへ お答えします

    小屋主と仲良くなる ww

    冗談はさておき はっきりいって大変です

    山の鼻の小屋の雪下ろしに行ったときは

    戸倉からスノーモービルで上がりますが

    (スキーでスノーモービルにロープつけて引っ張ってもらいます)だいたい つなき付近でモービルが上がれなくなりますので(道が雪崩れ等でななめになってる)そこから登りは

    山スキー(裏にシール(滑り止めのアザラシの毛など)で鳩待ちまで上がり冬道で枝をかいくぐり沢に注意して小屋まで行きます

    沢に落ちる=すぐに凍る=死と脅かされながら行きました

    背中には雪下ろし中の食料を持ち大変でした

    見晴はヘリで日帰りで行きますがヘリの時間があるので忙しいです

    日本ですが本当に寒いどころでなく缶ジュース開けた瞬間に

    シャーベットになる時もあります

    晴れたときに行きますが天候の変化でさまざまですがねww

    しかし天候が良い時は最高ですよ 一面の白と青空 雪面には獣も足跡 ともあれ 小屋主と話し合って行ってください

    勝手に行くのは自殺行為になります(冗談でなく)

  67. スー より:

    >ようにいさん

    ありがとうございます。

    尾瀬は好きですが尾瀬で死にたくは無いので、無茶はしません。事実、冬の尾瀬で何人もの方が亡くなってますし…。

    そうですね、ようにいさんの言うとおり、一度小屋主の方にお話を伺ってから、考えたいと思います。例え来年は無理でもその先行けるように鍛えます。

  68. ようにい より:

    これぞホワイトクリスマスの尾瀬ww

  69. ようにい より:

    あけましておめでとうございます

    今年も尾瀬共々よろしくお願いします

    環境省LIVEカメラより

    元日の尾瀬は晴天ですねぇ しかし雪多いなぁ

    小屋が心配(°°;))。。おろおろっ。。”((;°°)

  70. ようにい より:

    みなさま、あけましておめでとうございます。

    管理人の「やぎ」でございます・・・

    早いもので、参加メンバーも200人に近づきつつあります・・凄い事です。

    mixiの中にこれ程に尾瀬が好きな方たちがいらっしゃるとは当初想像も付きませんでした・・・ご参加の皆様方、御礼申し上げます。

    今年も素敵な尾瀬、楽しい尾瀬の話題で賑わうコミュとなりますよう祈念いたします。

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  71. ようにい より:

    年が明けて山から便りが届きました

    今年は20年ぶりの大雪で雪下ろしが大変だそうです

    天候が悪い日が続いているのでなかなか山にいけないそうです

    大雪=春に雪残る=遅霜がない=春の花◎夏の花の新芽◎

    で今年もいい水芭蕉とニッコウキスゲに期待する

    しかし 

    大雪=小屋に被害は避けたいものです

  72. ようにい より:

    今年は大雪でたいへんですねぇ〜

    尾瀬では先日小屋の雪下ろしがおこなわれました

    今のところ雪は多いが小屋への被害は無い模様です

    しかしこれから降る雪は重いのでこれからが心配です

    雪の量は小屋の上にいる人で比べてください

    (ちなみに見えている窓は2階です)

    見晴地区の小屋です

  73. ようにい より:

    平成18年豪雪・・・やはり多少の被害はあった模様です

    雪下ろしスタッフ談

    今年の小屋開けはまた小屋修理の為早くなりそう

    (T.T )( T.T)おろおろ

  74. より:

    どこの山荘か忘れましたが、屋根だか壁だかが壊れたらしいですね。確か至仏に近いほうの山荘だったでしょうか…

    やはり環境保護地区でもありますし、業者が立ち入る事も容易ではないです。

    このまま暫くは一部山荘が壊れたままになってしまうとも聞きましたが…実際はどうなのか心配です。

  75. ようにい より:

    えるぼーさんへ>営業に支障がでれば直すしかありませんが

    問題が多いのですよ実際

    群馬県側は東京電力の土地もからんでいますので詳細はわかりませんが私が知る福島県側においては

    ?環境省や営林署より土地をかりているので改築の際は

    手続きが大変

    ?環境保護の関連で増築はできない

    ?建築法・消防法などで面倒

    ?なにより場所が場所だけに資材を運ぶのにヘリコプターを

    使用しますし職人さんも泊り込みになるので

    資金面が大変

    年々お客様が減っているのが実状なので

    直すより壊れたところを解体し規模を縮小する小屋も

    多いはず(実際私の手伝う小屋も昨年度の被害で小屋を縮小しました)

  76. より:

    >>ようにいさん

    そうなんですよね…

    難しいのは、やはり人や機械が入れば入るほど自然が壊れていくことが第一にあるからですもんね。

    人と自然の共存がいかに難しいかがわかりますね。

    とにかく、山小屋はある程度仕方ないにせよ、今年も綺麗な草花が育つことをのぞみます。

  77. ようにい より:

    只見川に架かる東電尾瀬橋行止め情報

     場 所  東電尾瀬橋

     期 間  2006年シーズン年間

    「東電小屋」〜「赤田代」の間、只見川にかかる

     「東電尾瀬橋」が、年間架け替え工事のために

     2006シーズン中全面的に通行止めになります。

    仮の橋の設置もありませんので、ヨッピ橋から

     赤田代経由で三条の滝方面へは通行できないため、

     竜宮から見晴地区経由で通行して下さい。

  78. とも より:

    東電尾瀬橋、架け替えが決まったんですね。

    あの橋の上から見る川の流れ、結構好きです。

  79. chuma より:

    みなさん、こんにちは

    東電尾瀬橋の話題がでているので、2004年10月6日に撮影した橋の写真を掲載します。

  80. とも より:

    東電尾瀬橋 続報

    シーズン中、架け替えで通行止めの予定だったらしいですが、

    橋の補強が終わったら通れるようになるようです。

    別のところへ新設し、それまで、今の橋を通れるようにするみたいですよ。

    http://www2.ocn.ne.jp/~shioda/new_page_23.htm

  81. とも より:

    大阪・京都から、沼田行きの夜行バスが

    4月21日から運行開始予定になっています。

    これを使うと、尾瀬へのアクセスが楽になるかなぁ、なんて思っています。

    日本中央グループのページ

    http://www.ncbbus.co.jp/

    私は広島在住で、いつも東京まで夜行バスで行って、

    JR乗継で尾瀬へ行ってましたが、

    今年最初の尾瀬は、この沼田着の夜行バスを利用して行くことにしています。

    4月24日から5月7日までの予定で行ってきます〜

    小屋開けお手伝いをかねて遊んできます♪

  82. うちのヒュッテは尾瀬よりずっと標高低く奥只見湖直前ですが、3/4でこんなに雪ありました。見えているのは2階の窓。

  83. どんぐり より:

    こんにちは!

    去年はじめて尾瀬に行きました。

    東電尾瀬橋あたりは、

    新緑がとても印象的でした。

  84. ようにい より:

    2006年尾瀬シーズンスタートをひかえてそろそろ私たち

    山小屋の裏方も忙しくなります

    早い人は今日くらいから山へむかって出発していると思います

    今年も尾瀬で楽しみ・感動し・思い出をたくさん作ってください

    「尾瀬では植物の採取はできません・とっていいのは写真だけ  持ち込んだごみは持ち帰り・残していいのは思い出だけ」

  85. chuma より:

    山と渓谷社から「尾瀬の森を知る ナチュラリスト講座 知られざる南尾瀬の大自然」高田 研一著 1800円が先日出版されたようです。

    http://www.yamakei.co.jp/prev.php?id=11370

    まだ半分くらいしか読んでませんが、大きな種と小さな種、ダケカンバやクロベのことなど尾瀬の森林部分について非常に興味のある記事が満載です。

    湿原や高山植物だけでなく森林部もいろいろと歩きたくなりました。

  86. より:

    今日、山小屋勤務の母に聞いたらどうやら鳩待峠もまだまだ雪が沢山のようですね。
    山小屋勤務の方々、気を付けて仕事してくださいね!

  87. とも より:

    尾瀬が原より。

    現在積雪2メートルはあります。昨夜も雪が降りました。

    今日から通行止めは解除になりますが、時間により通行止めです。原の川上橋は雪害で現在通行止めです。

    詳しくは財団のホームページなどで確認してください。

  88. とも より:

    尾瀬が原より。

    携帯からコミュに写真が送れないみたいなので、日記に載せてます。電波状態が良いときしか載せられませんが…

  89. 尾瀬河童 より:

    コミニュティの皆様、そろそろ尾瀬にも遅い春がやって来る季節になりました。

    私事ですが、とうとう尾瀬にかかわる事になり「山の鼻BC」で仕事をさせて

    頂いておりますので、お越しの際は一声掛けて頂けると大変嬉しく思います。

    今年も雪が多いそうですので、花のジュウタンを期待したいものですね。

  90. たけ より:

    昨日、尾瀬に行ってきました。

    スノートレッキングというものを、

    初めてやってみました。

    普段は行けないところも、

    雪が積もっているときは、

    どこにで行けるという、

    とても不思議な経験をしました。

    (木道がない所も歩けるのです!

    というか、雪で木道分かりません!)

    天気は悪かったので、

    眺望はいまいちでしたが、

    なんといっても「貸切」。

    これが最高でした。

    尾瀬1人占め!!

    この空間俺のもの!

    う〜ん、いい経験させてもらいました。

    また次回花が咲いたら行ってきます。

  91. naoko より:

    今日、書店で「尾瀬ブック 2006」(山と渓谷社)を見つけ早速購入しました。

    綺麗な写真が満載で、ガイドブックとしてもよさ気です。

    中ほどに「梅雨の尾瀬を楽しむ」というのがありましたが、そう!雨具などの準備さえちゃんとしていれば、人も少なくてお薦めです。

    右の写真は、梅雨時、竜宮付近で撮った写真です。

    ワタスゲが幻想的で良かったです。

  92. ようにい より:

    なにげに雨の尾瀬もいいですよ〜

    わたしは雨の日が好きでした

    (大雨の増水はたいへんでしたがww)

  93. ようにい より:

    6月3日の山小屋手伝いもキャンセルが多く手伝いもキャンセルとなりました

    なにげに空いててねらい目かもね

    でも残雪多くて足元に十分気をつけてくださいね

  94. ようにい より:

    10日11日と尾瀬に手伝いに行き

    多くのこのコミュの人と出会う事ができました

    まだ出会っていない方も尾瀬で出会えますようにww

    yokoさん尾瀬河童さんも尾瀬でがんばって働いていましたww

  95. ようにい より:

    2ヶ月前は真っ白だった尾瀬ですが今は夏モードですね

    ワタスゲも見頃だし

    夏の尾瀬スタートですね

    ↑環境省尾瀬沼LIVEカメラより

  96. ようにい より:

    どこのトピに書こうか迷ったw

    本日19日尾瀬では増水のために通行止めの箇所ができました

    雨が止めば水が引くのが早いのですが・・・・

    今週末尾瀬に行かれる方は山小屋や財団等に確認して情報を得てから行動してください

    無理な行動はお控えください

  97. とも より:

    今、尾瀬が原から鳩待峠にきたところです。

    昨日(19日)、一時尾瀬が原が全面通行止めになりましたが、今(20日12時)は、東電尾瀬橋を除いて通行可能になっています。

    東電尾瀬橋は、昨日、危険水位をこえたので通行止めになりました。

    専門の業者さんが現地を確認してから、通行できるかできないかの判断をするそうです。

    今から尾瀬に行く人で、東電尾瀬橋を通る予定の人は、入山口で確認してください。

    ちなみに、現在も小雨が降っています。

  98. しろ より:

    うぇぇ・・そうなんですか。。。

    明日の夜出発で、初尾瀬なのに。。。

    はぁ、仕方が無いですよね。。

    あとは、明日が天気が良く、今後解除されて

    行ってくれる事をひたすら祈るばかりです。。。

  99. ボッチ より:

    先週末、雨の尾瀬に行きました。

    長蔵小屋のふもとに飛べなくなって

    うずくまっているイワツバメがいたのですが

    巣から落ちたのか、力尽きたのかちとわかりませんが。。

    そっと手に取ってビジターセンターの

    スタッフに預けてきました。

    回復して飛べるようになったかなぁ

  100. 三四郎 より:

    夏休み尾瀬で2泊する予定なんですが、「下田代」で宿泊する小屋をまだ決めてません。

    各小屋に宿泊された方、おすすめの小屋、各小屋の特徴なんかございますか?

    よろしければ教えてください。

    各小屋のHPもあるようで見ましたが、もう少し情報が知りたいです。

    お願いします。

  101. しろ より:

    7月22日〜23日の尾瀬です。

    初めての尾瀬が最高の思い出が出来ました。

    必ずまた尾瀬に行く事を心に誓いました。

    ・・・鳩待〜尾瀬ヶ原〜尾瀬沼〜大清水の

    コースですが、どこを見ても最高の景色でした。

  102. ようにい より:

    通行止め 解除 と繰り返してました

    東電尾瀬橋(東電小屋<>見晴・赤田代方面)が

    今シーズン通行止めが決定したようです

    通行予定のある人は注意しましょう

  103. ようにい より:

    暑い夏 涼しい尾瀬の夏が恋しいようにいですw

    後1月で紅葉シーズンになりますねぇ 草紅葉 3段紅葉

    秋に尾瀬に行かれる方にご注意です

    木道が濡れているとすべりやすいですよねぇ

    秋には+木道の上の落ち葉でのスリップによる事故も多いので

    歩行には十分に注意してください

    また秋は日暮れが早いので4時には小屋に入れるよう予定を立ててくださいね

  104. ようにい より:

    尾瀬沼ではもう霜がおりたそうです

    これから秋の尾瀬に行かれる方は服装に注意し

    滑りやすい木道にも注意し良い尾瀬紀行を!!

  105. ようにい より:

    見晴にある私の手伝う小屋は今日無事に今シーズンを終えて小屋閉め下山しました お疲れ様レギュラースタッフ

    小屋は半年間長い冬眠に入ります

    (レギュラーは今頃那須で宴会中イイナァ)

  106. ようにい より:

    11月になり尾瀬も雪の布団をかぶり冬眠準備かな?

    (本日の環境省LIVEカメラより)

  107. おじさん より:

    マイミクさんで「尾瀬ボランティア」に登録されている方も多いと思いますので、この場をお借りしてご連絡いたします。

    尾瀬保護財団では、地域インタープリター事業賛同者を募集しているそうです。群馬県内各地で「尾瀬学習」を主催又は支援する「地域インタープリター」を養成して、群馬県での自然環境教育の担い手を育成しようという企画で、担い手としては「尾瀬ボランティア」のメンバーを検討していらっしゃるとのこと。

    この企画に積極的に応援、参加していただける「尾瀬ボランティア」の方は尾瀬保護財団のボランティア担当まで連絡していただけますでしょうか。

    地域インタープリターには群馬県庁で2日間の養成講座を受講した上で、平成19年度から2年間にわたり、県内の身近な地域において県が実施する「尾瀬学習」をサポートしたり、尾瀬でのボランティア体験を語るなどの「尾瀬学習」を実施することで、尾瀬の魅力を伝え、自然の大切さを伝えるとのこと。

    活動場所は群馬県内の小中学校がになりますが、担い手は群馬県在住者に限定されていないとのことですので、県外のボランティアの方でも意欲がある方は歓迎だとのことです。

    まずは18年11月30日(木)までに電話又はメールで尾瀬保護財団の坂井さんまで連絡してあげてください。

          sakai-m アット oze-fnd.or.jp

    (巡回型のメール収集対策で@はカタカナ表記としています)

    なお、賛同者が30名に満たない場合はこの企画は取りやめになるそうです。

  108. 尾瀬河童 より:

    皆様、こんにちはです。

    写真の整理をし、ようやくマイHPを更新できました。

    URLは下記です、

    http://members3.jcom.home.ne.jp/ozekappa/

    ギャラリーから2006へお入り下さいませ。

    あとビギナーズラックも追加してあります。

    よかったら、遊びに来てくださいね。

  109. ようにい より:

    年もあけ今年の尾瀬シーズン開始の準備が着々と進んでいます

    ?今年のマイカー規制が発表されました

    詳細は尾瀬保護財団のHPで確認してください

    http://www.oze-fnd.or.jp/

    ?今日のの尾瀬はどうな感じだろう??

     環境省LIVEカメラで尾瀬沼の今が見れます

    http://www.sizenken.biodic.go.jp/pc/live/cgi-bin/live.cgi?camera=15&area=02

    ↑PCですが携帯からも見れます↓

    ・PDA http://www.sizenken.biodic.go.jp/txt

    ・i-mode http://www.sizenken.biodic.go.jp/i

    ・vodafone live!  http://www.sizenken.biodic.go.jp/j

    ・EZweb http://www.sizenken.biodic.go.jp/ez/

    ここからは独り言ですので聞き流してください

    「来年の今頃には

     尾瀬国立公園ができてますよ〜・・……(-。-) ボソッ」

  110. ようにい より:

    今年中に決まりそうですね尾瀬国立公園

    読売オンラインより

    http://www.yomiuri.co.jp/tabi/news/20070105tb05.htm

  111. 【 く り 】 より:

    ライブカメラの存在を初めて知りました^^;

    ようにいさん、ありがとうございますm(__)m

  112. とも より:

    久々にライブカメラをみてみたら、

    雪が少なすぎない?!

    ・・・っと思ったら、1月31日に雪下ろしの様子が写っていました。

  113. おじさん より:

    昨日第11回尾瀬ボランティア総会が開催されました。

    昨日現在で登録されているボランティアの総数は367名ですが

    11年を経て、会員の高齢化が進み、年齢構成は10代、20代は0

    30代14名、40代22名、50代93名、60代167名、70代70名、80才1名という状況。

    これはボランティアの活動や研修が土日・祝祭日を除いているため若い人が参加しずらいのではないかとの反省から、今年のボランティア講座(新規登録のかたには必修の研修)は6月最終の土日に入山啓発活動の実地研修を行う予定です。

    ぜひ若い方も積極的に参加してはいかがでしよう。

    平成19年度の募集は近日中に尾瀬保護財団のホームページに掲載されると思います。

    なお、ボランティアに登録された方の活動は2年間の登録期間中に1日以上参加し、報告書を提出するだけですので、負担になるようなことはありません。(ただし、当然のことですが、交通費・宿泊代・食事等は全て自分持ちです)

    今年は「尾瀬国立公園」が誕生する記念すべき年、尾瀬保護財団のホームページも4月には衣装替えをして、双方向性を高めたものになりますので、時々見に行ってください。

    基本理念「みんなの尾瀬を みんなで守り みんなで楽しむ」

  114. ようにい より:

    もうすぐ尾瀬の目覚めです

    今年は雪が少なく早い目覚めになりそうですね

    (遅霜で春の花・夏の花の新芽への被害がなければよいが・)

    日光国立公園としての最後の春

    今年も良いシーズンでありますよう願います

    怪我・災害も少ないように(^∧^)(救助隊ですから・・

    σ(-_-)ワタシ)

  115. 匿名 より:

    残雪期の尾瀬に入山したいと思っています。

    4月下旬〜5月上旬のGW時期には、

    ツアー会社がスノーシューやスノートレッキングツアーと

    称して、企画をするようですが、

    それ以前に入山できる機会はないでしょうか。

    無雪期の登山やハイキング(尾瀬以外でも)は何度もありますが、

    雪のある時の登山やハイキングの経験がないので、

    個人での入山ではなく、ある程度経験のある方に

    案内してもらえるような機会はありませんでしょうか。

    実は昨日、尾瀬檜枝岐温泉観光協会さんが実施されている

    「尾瀬檜枝岐温泉スノーシューツアー(2月17日、3月3日開催)」

    というのをみつけました。

    みつけたのが、昨日でしたので参加できなく、残念に思っています。

    このような企画があれば、教えてください。

  116. ようにい より:

    今年は雪少ないし温かいからむずかしいんでないかい?

    4月ごろだと雪崩れの危険多いし・・・

  117. とも より:

    東京電力のページに、2月5日から9日の除雪時に撮影された尾瀬の写真が載っています。

    【山ノ鼻地区の看板】の写真にビックリ!

    雪の少なさがわかります、、、

    http://www.tepco.co.jp/oze/column/index-j.html

    (最新版に更新されていたら、バックナンバーから平成19年2月22日分をみてください。)

  118. ようにい より:

    アカギヘリコプター北アルプスで墜落。。。。

    亡くなった藤田機長は尾瀬への荷揚げで何度かお世話になった

    機長でした

    尾瀬ではアカギヘリがメインで荷揚げをしているので

    今年の小屋明けの荷揚げに支障が無いか心配です

    亡くなった藤田機長ともう一人の方のご冥福をお祈りします

  119. 尾瀬河童 より:

    皆様、ご無沙汰しております。

    今年もまもなく、シーズン到来ですね。

    待ち遠し方も、いらっしゃるのではないでしょうか!?

    ところで私事ですが、今年もいよいよ明日から尾瀬での

    生活が始まります。

    本来はまだまだ早いのですが、今年の暖冬は

    尾瀬もご多分に漏れず雪が大変に少ないそうです。

    そこで、公衆トイレの開設が早くなりこの時期に

    なりました。

    お越しの際は、是非「山の鼻ビジターセンター」に

    お立ち寄り頂けると嬉しいです。

    皆様にお会い出来ることを、楽しみにしています。

  120. ようにい より:

    尾瀬河童さん 早期入山にて情報色々お願いしますね

    また今年も山の鼻で会いましょう

    私は私用があり小屋開けには行けないので水芭蕉シーズンの

    繁忙期に入山します

    おみやげなにがいい?ww 

  121. ようにい より:

    管理人変更のお知らせ

    やぎさんが都合により「尾瀬が好き」の管理人から

    退くことになり

    わたくし ようにいが引き継ぐことになりました

    2007年度の尾瀬もスタートし今後も皆様の協力を得て

    情報交換やお知らせを発信したいと思います

    よろしくお願いしますm(__)mペこ

  122. 匿名 より:

    4月下旬(今週末あたり)に鳩待峠から尾瀬ヶ原へ

    自分たち夫婦のみで行きたいと思っております。

    入山するにあたって質問です。

    足回りの装備品ですが、軽アイゼンは持っておりますが、

    それ以上の装備品(アイゼン、かんじきなど)が必要でしょうか。

    また、尾瀬ヶ原の登山道の様子を教えて下さい。

    雪一面だと思うので、木道は雪に埋もれていますよね?

    ということはそのあたりを適当に歩けるということですか?

    また、この時期に入山するにあたっての注意事項も教えて下さい。

  123. とも より:

    >くーわんさん

    参考に、「尾瀬の宿いさ」さんのページに、4月20日の写真が載ってましたので、リンクを貼っておきます。

    http://www.oze.biz/oze/2007/0420/

    20日に尾瀬ヶ原に行っていた人の話では、

    尾瀬ヶ原の積雪約1メートル、

    山の鼻〜鳩待峠間は、夏道で木道の見えているところがある、

    とのことでした。

    私の勝手な予想ですが、

    今週末には踏み抜けで危険な箇所がでてくるのでは?と思っています。

    足回りは、長靴をお勧めしたいと思います。

    (私はフツーの登山靴で行きますけど)

    ちなみに、私も今週末(28日)に尾瀬ヶ原へ行きます。

    時間があえば、一緒に歩きますか?(^^)

  124. ようにい より:

    鳩待>山の鼻間は木陰で日が当たりにくいので

    雪はまだ多いと思います足回りは軽アイゼンがあればOKですね

    時期的に雪はしまっているか腐れてるかですから

    現地で不安を感じたら軽アイゼンを履くといいでしょう

    原に出たら沢・地塘付近は注意してください

    雪があっても下が空洞で踏み抜くことが多いです

    特に竜宮付近は一番雪解けが早いので足元に注意してください

    アヤメ方面は一番危険時期ですので避けてくださいね

    (毎年迷いや事故が多いですこの時期)

    気候も日差しは暖かいが風が吹いたり天候が悪い時は

    冬並みに気温が下がる時もあります注意してください

    山の鼻>尾瀬ヶ原方面で雪解け水による増水で橋が渡れなかったり迂回路ができる場合があります

    (東電小屋>赤田代間の東電尾瀬橋は通行止めです)

    山の鼻ビジターセンターはもう上山し活動してますので

    そこで最新の情報を得るといいでしょう

    できたての水芭蕉の赤ちゃんを見つけて楽しんでください

    帰宅後楽しかった(キツカッタ?w)思い出話と

    情報をお待ちしていますm(__)mペこ

  125. 匿名 より:

    *ともさん*

    色々とありがとうございます!

    リンク先、拝見しました。

    もーっとたくさん雪があるのかと思っていました。

    なんとか行けそうな気がしてきました。

    「踏み抜けの危険箇所」というのは、

    ようにいさんがおっしゃっているような尾瀬ヶ原の

    沢や地塘付近のことでしょうか。

    また、登山靴で行かれるとのことですがその登山靴は冬山用ですか。

    それとも普通の防水のトレッキングシューズでしょうか。

    まだ行けるかどうかわからないですが、もし会えたら嬉しいですね♪

    上着はmontbellの黄色のレインウェア、レインウェアのズボンは黒です。

    *ようにいさん*

    たくさんの情報、ありがとうございます!

    軽アイゼンでOKなんですね、よかった〜。

    雪が腐れているというのは具体的にどのような状態なのですか?

    あと、尾瀬ヶ原は雪に埋もれながらズボズボ歩くような感じでしょうか。

    木道が雪に埋もれているので、自分の歩いている下が

    沢なのか地塘なのかは自分で判断するのですよね?

    この時期(28日前後)に入山する人は多いのでしょうか。

    もしその方たちがいれば、人の歩いた跡を歩けばいいのでしょうが

    そうでないとなると、かなり危険ですよね。

    アヤメ平方面には行く予定はありません。そちらは危険なのですね。

    保護財団のHPによると山の鼻ビジターセンターは

    5/1〜となっていますが、もうセンターは開いているのですか?

    まだ行けるか未定なのですが、行けたら「入山」トピにてご報告します。

  126. とも より:

    >くーわんさん

    踏み抜け危険な場所ですが、

    木道と木道の間、階段の隙間、もちろん沢や地塘もです。

    私自身、踏み抜けして、太ももまで埋まったことが・・・

    私は、防水の登山靴&スパッツでいきます。

    くれぐれも、

    事故のないよう、お気をつけください。

    天気がよいと、いいですね(^^)/

  127. 匿名 より:

    *ともさん*

    踏み抜けは、そういう場所も危険なんですね。

    ということは結構あちこち危険箇所?!

    太ももまで埋まっちゃうんですね・・・。

    私も行くとすれば、足回りはともさんと同様の

    装備になりそうです。

  128. 匿名 より:

    *ようにいさん、ともさん*

    お二方からのアドバイス&情報のおかげで、

    無事、29日に行ってくることができました。

    ありがとうございました<(_ _)>

    入山帳のトピに報告いたしました♪

  129. ようにい より:

    おかえりなさい

    ともさんにあえたかな?w

    天気もよく良い尾瀬の初春を満喫できたようですね

    しゃしんUPありがとうございます

    この時期行った人の情報が頼りなもんで助かります

    この先雪中行軍が病みつきになったみたいですねww

    これからも良い尾瀬をお楽しみくださいm(__)mペこ

  130. ようにい より:

    尾瀬に連休中手伝いに行っているともさんからの現状報告です

    「鳩待<>山の鼻間・所々木道が出ていますがほとんど雪を

     かぶっています特に危険な所(沢の橋あたり)は道がわかる ようになっていますが、階段はまだ全部出ていないので踏み 抜き注意です・・・

    山の鼻<>原方面・木道周りの雪が薄くなりかなり踏み抜き注 意です・・・・

    牛首<>竜宮は木道がだいたい出ていますが 雪解け水で冠水 しているところあり(5/5は足首上まであり)・・・・

    尾瀬ヶ原はあと1週間位でほとんど木道は出ると思います

     雪のなくなった湿原にはまだ水芭蕉はでてないので

    今年は例年通りのころが見ごろだと思います」

  131. ようにい より:

    いよいよ明日5月24日尾瀬山開きです!!

    本格的に2007尾瀬シーズン突入です

    皆様に良い思い出ができますようお祈りします

    なお今年は福島側御池にて山開き式典開催です

    「無理のない計画と準備で良い山行を!」 

  132. ようにい より:

    今日の尾瀬は雷雨になり雹も降ったそうです

    草花に穴が開いてなければいいが・・・

  133. ようにい より:

    東京では30度以上の真夏日ですが今朝(6/17)尾瀬では

    霜がおりたそうです 夏の花に影響なければいいが・・・

  134. ようにい より:

    現地から写真が来ました

    ベンチが白くなってます

  135. ようにい より:

    至仏山も開山入山解禁になり原には

    夏の花日光きすげ・トキソウ・サワランetcも咲き出し

    夜空には七夕を待ちわびてる天の川が輝き

    蛍が舞う尾瀬が一番輝く季節です

    七夕の短冊には「今年も尾瀬に来る皆様が安全に楽しい思い出が作れますように」と書いてみたww

  136. とも より:

    尾瀬国立公園の指定日について

    http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8671

    いよいよですね!

  137. ようにい より:

    尾瀬ヶ原も少しずつ草紅葉色になってきてます

    (とある山小屋オーナーより携帯に送られてきました)

  138. 匿名 より:

    今朝、尾瀬ヶ原で白虹が出現しました。
    見晴から牛首の手前まで、歩きながら見る事が出来ました。

  139. ようにい より:

    テレビで北海道の大雪山の紅葉の放送をしてました

    数年前なら大雪山紅葉=尾瀬紅葉

    大雪山初雪・初冠雪=尾瀬初雪・初冠雪と

    時同じ時期になっていたのに温暖化のせいなのか

    ここ数年尾瀬の秋は暖かく紅葉が遅れている気がします

    寒暖の差がないと色づかない紅葉

    されど広い尾瀬どこかで良い紅葉が見れるでしょう

    (今年も ちと 遅れてます)

  140. とも より:

    昨晩す冷え込んだので、今朝霜がおりるかなぁ〜と思ったけどおりませんでした。
    朝5時の気温5℃
    只今快晴です

  141. とも より:

    連続書き込みです
    今朝、霜は降りなかったけど、前日の雨で濡れてた木道が凍っていたところがあったそうです
    霜は見た目でわかりますが、凍っているのはわかりにくいので滑らないよう注意しないといけないですね

  142. ようにい より:

    秋のシーズンを迎えたばかりです 今年は紅葉が遅れているようですが

    これから尾瀬のたびを計画している人へ山小屋の今シーズンの営業最終日が

    発表されました 営業を確認し予約してください

    尾瀬保護財団HPより(画像も含む)

    尾瀬山小屋・休憩所の平成19年シーズンの営業終了日をお知らせします。なお、降雪などによっては営業終了日が変更となる可能性がありますので、詳細は各山小屋へお問い合わせください。

  143. 匿名 より:

    142:に載せていただいた尾瀬保護財団HPの「尾瀬山小屋・休憩所の

    平成19年シーズンの営業終了日」はこちらわーい(嬉しい顔)

    ↓↓↓クローバー↓↓↓クローバー↓↓↓クローバー↓↓↓クローバー↓↓↓クローバー

    http://ozenavi.blog85.fc2.com/blog-entry-447.html

  144. とも より:

    燧ヶ岳登山道の温泉小屋道、廃道という看板が出ていました。
    道が悪いとかわかりにくいと言われていた道で、私は歩いたことがありませんでした。

    今日、御池から歩いて来た人の話によると、
    早朝、燧ヶ岳の山頂が白かったらしいです。

  145. とも より:

    三条の滝の展望台、明日(15日)に鎖が外され通行止めになるようです

  146. とも より:

    朝6時撮影
    少し雨まじりの雪が降りましたが、今は小さな雨が降ってます

  147. 機能別ヘ より:

    144ともさんが書かれているように、燧ケ岳登山道の一つ温泉小屋道が

    2008年シーズンから正式に廃道となり利用できなくなります。

    11/9に尾瀬保護財団にも記事が掲載されました。

    http://ozenavi.blog85.fc2.com/blog-entry-511.html

    私は4年前の2003年に利用したのが最後となりました。

    当時から荒れ気味の道でしたが、最後がくるとは思わず残念でなりません。

  148. ようにい より:

    本日東京にて尾瀬国立公園記念式典が開催されました

    尾瀬国立公園のロゴマークが採用された方などの表彰や

    養老孟司さん・中村玲子さん(ラムサールセンター事務局長)・

    赤木右さん(九州大学大学院教授)などの講演があり

    さいごに尾瀬周辺の地域文化として片品村の尾瀬太鼓

    魚沼市の舞踊 桧枝岐村の歌舞伎が披露され楽しい時を過ごしました

    山でしか会えなかったガイドさんや山小屋の方々財団・レンジャーの皆さん

    などに会え

    早く春がこないかなぁ〜と思った1日でした

    尾瀬は今白い雪という布団の中でお休み中です

    もう少し休ませてあげましょう

                          管理人 ようにい でした

  149. 匿名 より:

    尾瀬もシーズンオフでコミュも静かな様相ですが、みなさまいかがおそ越しでしょうか?

    そうはいっても来年度からの計画は着実に進行しつつあるようですよ。

    某パークボランティアの知人(女帝)から、パークボラ募集の情報GETしたのでお知らせします。

    私は?と?が該当できないので対象外ですが。。。冷や汗

    興味ある方は応募してみてはいかがでしょう?

    募集人員は40名程度。

    募集要件を抜粋すると以下の通り(詳しくは下記のURLを熟読してください)。

    【募集】尾瀬パークボランティア募集(尾瀬自然保護官事務所)

    http://kanto.env.go.jp/to_2007/0118a.html

    【募集要項(抜粋)】

    ? 国立公園保護への理解と公園利用者の模範としての自覚を有し、活動に精力的に参加する意志を有すること。

    ?年間10日間以上活動できること。

    ?野外活動ができる健康と体力を有し、自己の責任のもとに健康管理ができること。

    ?満20歳以上65歳以下(H20/4/1時点)で、福島、群馬、新潟、栃木の4県いずれかに現住所をもつこと。

    ?パソコン(携帯電話不可)のE-mailを使用できる環境にあること。

    ※原則E-mailにより活動の連絡、及び活動の出欠をおこなうため。

    ?パークボランティアの養成研修会へ参加できること。

  150. 匿名 より:

    わーい(嬉しい顔)桧枝岐村に行ってきました。ぴかぴか(新しい)

    今のところ、雪は例年よりも少ないようです。電球ただ、最近は気温が上がらず、寒い日が続いているとのことでした。雪

    村内は雪が少ないっといっても、山方面はかなり雪がありそうです。

    雪あせあせ(飛び散る汗)

    山に出かける方はそれなりの準備が必要だと思います。

    注意してください。雪むかっ(怒り)

  151. ようにい より:

    環境省ライブカメラに雪下ろしの風景が撮影されてましたね

    (ポーズ決めてて確実に映ることを意識してますがww)

    今のところ普通並みまたは少なめな積雪だと聞きました

    これから大雪にならないことを期待します

    (これからの降雪は重く小屋に被害をあたえるおそれがあるので)

    しかし少なすぎても春に霜で新芽がやられる・・・

    むずがしいですねぇ〜

    水芭蕉の咲くころあいましょ〜ww

    まだまだ尾瀬は白い雪の布団の中で冬眠中

    写真:環境省尾瀬沼ライブカメラより

    Copyright 2001 環境省. All Rights Reserved.

    http://www.sizenken.biodic.go.jp/pc/live/html/index.html

  152. ようにい より:

    尾瀬保護財団HPにて

    2008年度交通規制が発表となりました

    マイカーで行かれる予定の方は参照してください

    http://www.oze-fnd.or.jp/main/access/access1/access1.html

  153. 匿名 より:

    本日、尾瀬小屋さんの雪下ろしに行ってきました。檜枝岐村からヘリコブターで見晴らしに入山しました。天気は最高によかったです。尾瀬ヶ原、きれいだったよ。

  154. ようにい より:

    2月より天候が悪い日が続き各山小屋も雪おろしに行けない日々が続き

    やっと雪おろしにいけたみたいですね

    当初は雪は少なめでしたが2月以降の降雪で平均並みに積もったみたいです

    雪おろしに行かれた皆様お疲れ様でした

    とりあえずこの雪だと春の水芭蕉はいいかも・・・・

    写真 原の小屋HPより

  155. ようにい より:

    東京にて尾瀬国立公園記念イベントが開催されます

    平成20年3月15日(土)〜3月17日(月)の3日間

    JR上野駅中央改札の外にて

    詳細は尾瀬保護財団のHPへ

  156. 匿名 より:

    尾瀬沼に行ってきました。

    3月2日に戸倉のロッヂ長蔵に泊まり、ヘリコプターで尾瀬沼入り。

    3日から4泊5日で尾瀬沼ビジターセンターの雪下ろしを手伝ってきました。

    雪多いよぅ!

    冬の尾瀬沼はゆったりとした静粛さと神聖な空気に包まれておりました。

    詳しくはやもーどの日記をご覧下さい。

  157. 匿名 より:

    ようにいさん、ご無沙汰してます。

    写真のアップありがとうございます。

    ライブカメラでも時々様子を見てはいましたが、今年の花は期待できそうですね!

    今シーズンの尾瀬行きが楽しみになってきました!

  158. 匿名 より:

    会津駒ケ岳に行ってきました。

    山頂から見る景色はそりゃ、もう最高でした。

    山頂の道標はチョコっと出ていました。

    次は帝釈山にチャレンジする予定です。

  159. ようにい より:

    小屋開け準備で上山している ともさんより

    素敵な雪原の日の出写真が届きましたので掲載いたします

  160. ようにい より:

    尾瀬の山開きです

    NHKに顔見知りが多く出てましたねえww

    本格的にスタートしました 事故のない思い出いっぱいの

    尾瀬の旅をみなさましてくださいね

  161. 匿名 より:

    ようにいさん  こんばんは!

    今週末テント泊で家族で尾瀬に行く予定です^^

    5歳、8歳の子供たちも一緒なので

    どうなることやら心配ですが楽しんできます!!

    でも、天気がなあ。。。

    晴れることを願って、、、

  162. ようにい より:

    「尾瀬のお花発見チェックラリー」実施中!

    尾瀬のお花を見つけて発見証をもらおう!!

    チェックマップを持って尾瀬を歩き、チェックマップにあるお花を発見したら、マップと応募用紙(裏面)にチェックしてください。

    チェックマップは山の鼻ビジターセンター、尾瀬沼ビジターセンター、尾瀬保護財団事務局に置いてあります。

    取り上げた40種類のうち30種類以上発見できたら、

    下記あて先までご応募ください。発見数に応じて

    「尾瀬のお花発見証」および記念品を贈呈いたします。

    ・30種類…お花発見賞 ・35種類発見…特別賞 ・全40種類達成…パーフェクト賞

    詳細は尾瀬保護財団HPまで

  163. ようにい より:

    どこのトピックに書こうか迷いましたがここに書きます

    現在尾瀬が原でホタルが乱舞しています

    夕食後涼みがてらにいかがですか?

    また夕方になるとガスが出てなかなか見えませんが青天の夜空の星も最高ですよ天の川はもちろんですが星が多すぎてきもち悪くなる人も(笑)

    しかし(本題)夕方や夜に小屋の下駄で出かける人がいますが危険ですので

    自分の靴で行きましょう(下駄だとカラコロうるさいしもう寝てる人もいるのでね)

    懐中電灯はもちろん持参し照らして歩きますが小屋方面を照らさないこと

    足元だけ照らしてくださいね

    お願いします

  164. ようにい より:

    桧枝岐での尾瀬帰りのバス転落事故

    負傷された皆様に心からお見舞い申し上げます

  165. ようにい より:

    どもども管理人ようにいです

    おかげさまで「尾瀬が好き」こみゅ参加者が1200人突破しました

    頼りない管理人ですが皆様の力を借りこれからも尾瀬に行く人行きたい人行った人でにぎわっていけるよう頑張りますので協力お願いいたします

    うまい!

  166. ようにい より:

    どもども ようにい です

    今夜から秋の尾瀬応援に出発でパッキングを終えシューズを確認したら

    なんかいやな予感がした ソールに少し力を加えた瞬間

    ソールがあっかんべ〜してしまいました

    5年目そろそろ買い替えかなぁ〜と思ってましたが・・・

    今日出発なので急いで山屋さんへ行き靴買ってきました

    慣らしてないから今回は豆つくるかな〜

    年は山でソールがはがれた〜というお客さんが多いです

    皆さんも出発前点検お忘れなく〜

  167. 匿名 より:

    こちらのトピで良いのかな…?

    ☆尾瀬の山小屋では、アルバイトの募集をしていますか?
    しているのであれば、いつ頃から、どういった媒体で情報が得られるでしょうか?

    現在働いている会社の契約が満了したら、昨年から発症しているアレルギーの改善の意味も含め、自然の中で働きたい!と考えております。

    募集があるようでしたら、ココで質問攻めをしてしまうかもしれませんが…
    宜しくお願いします。

  168. 匿名 より:

    第10回尾瀬フォーラムが高崎市で行われます。

    あの「山の鼻の妖精」

    こと、リカさんの講演もあります。

    お楽しみにね!

    詳しくはこちら

    http://ozeivent.blog105.fc2.com/blog-entry-104.html

  169. ようにい より:

    初めまして。

    山小屋で働くって僕にとって憧れです。募集情報は山の雑誌に載ってますよ〜答えられなくてすいません。

    登山口、高くて新調出来ません。もう15年履いてます(笑)

  170. ようにい より:

    尾瀬の山小屋求人は求人雑誌にも載せます(2月ごろ)なおお気に入りの小屋があるのなら問い合わせし今から色々と調べておいでもいいかも

  171. とも より:

    http://www.welcome-to-oze.com/yousu/090105/index.html

    尾瀬林業さんの山小屋(元湯山荘、尾瀬沼山荘、東電小屋、至仏山荘、鳩待山荘)がシーズン料金を設定されたようです。

  172. 匿名 より:

    こんばんは

    7月の週末の山小屋を予約しようと思って

    ネットで調べたら、

    尾瀬ガ原内はXがついていました。

    いつ頃から予約出来たのでしょうか?

  173. いちごさん、こんばんは。

    それって、

    某電力会社系列の山小屋ですか?

    その宿でしたら、一般客は3月1日から受付け、

    会員は、それよりも少し早く受け付けているようです。

    団体客を受け付けているようなので、

    混み合う時期は、会員受付スタート初日でも予約が受け付けられなかったことがあります。

  174. 匿名 より:

    > こめこめ@まるまるさん

    こんばんは

    ネットで、

    『尾瀬 山小屋』

    で検索して、

    出て来た5軒でした。

    去年は8月と10月に行ったので、今年は7月に、と思ったのですが、

    ちょっと行動が遅かったようですあせあせ

    時期ずらさないと、

    ですね。

  175. とも より:

    クローバー山小屋の予約について

    早いところは、2月あたりから予約開始しています。

    ネットで調べて、×印が見られる山小屋は、

    こめこめ@まるまるさんが書かれている某電力会社系列の山小屋しかなかったと思います。

    団体の予約枠などで×印になっていることもあるようですので、

    もうちょっと経ってから(宿泊したい日の2・3週間前くらい)電話してみると、

    予約できたりすることもあるようです。

    尾瀬ヶ原には、他にも山小屋があります。

    尾瀬に行く日を決めていらっしゃるのでしたら、

    他の山小屋に問い合わせてみてください。

    ↓尾瀬保護財団のページ

    http://oze-fnd.or.jp/main/other/link/link1.html の中ほどに、

    山小屋の連絡先・ホームページへのリンクが載っています。

    予約をするときは、小屋のある場所を確認してくださいね。

    尾瀬ヶ原は広いですわーい(嬉しい顔)

    「やっと山小屋へ着いた!」と思ったら、予約した小屋はあと30分歩いたところだった、

    という人がいらっしゃいますから。

    7月の三連休あたりは、特に混み合うと思いますので、

    早めのご予約をおススメします。

  176. 匿名 より:

    > こめこめ@まるまるさん

    ともさん

    諦めずに探してみます。

    ありがとうございました。

  177. ようにい より:

    どもどもようにいです
    7月は日光キスゲのシーズンで混み合います
    また夏休みに入ればなおさらですね
    個室利用ともなればなおさら早く満室になります
    早い小屋は元旦より受付を始めましたが海の日に土日はすでに満室に近い予約になってます
    裏技で言うと
    旅行会社のパックで宿泊のみの予約は
    出たばかりなので
    残ってるかも
    (満室でも旅行会社枠は別で空室ある場合が多い)

  178. 匿名 より:

    こんばんは

    7月の週末、

    尾瀬ケ原の山小屋、

    予約できました。

    アドバイス、

    ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

  179. 匿名 より:

    尾瀬ヶ原休憩所の橘京一さんが昨日5時38分に

    永眠されました。

    尾瀬に大変詳しい方で、多くの方が

    京一さんより教えを受けたと思います。

    また今年は1月に尾瀬小屋の星マツエさんが他界され

    ました。

    大先輩の皆様のお姿が見えなくなることは

    本当にさみしいものです。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

  180. 匿名 より:

    >やもーどさん

     京一さんのご逝去、誠に残念です。

     私が尾瀬を離れる昨年9月末に、休憩所でお会いしたときには、「私は尾瀬を離れますが、来年また来ますからね!」とお伝えしていたのですが…

     ウチの会社の尾瀬関係者には、メールしておきました。

     京一さんのご冥福をお祈り致します。

  181. ようにい より:

    ようにいです

    何軒かはすでに小屋開けしてますが

    明日あたり小屋開けの小屋も多いはず

    今年も尾瀬の小屋が動き出す時期になりました

    先日は遭難でTVをにぎわせてましたが明日は上山の風景がTVにでるのかな?

    歩いて3時間の距離をヘリコプターで5分位で行きます

    ついたら早々に雪囲いを外し天気が良ければ布団干しといろいろと

    忙しい1日です

     

    今年は雪が少ないので水道もすぐに出るでしょう

    (雪多いと水道パイプ凍ってて水でないときあるねん)

    今日は麓の宿で集合で初顔合わせしてるかな?

    今年はどんなシーズンになるのでしょう?

    手伝いに行く日が待ち遠しいです

  182. ようにい より:

    ようにいです

    未確認情報ですが

    山の鼻にある尾瀬ロッジの管理者が村営から民間(アリス工業)になると

    聞いたんですが いまだその後の情報が入りません

    電話や予約は今まで通りでいいのか?片品村山岳救助隊要請は?

    などなど

    変更等情報がありましたら教えてください

    (個人的に福島側の情報は入りますが群馬側は・・・・)

  183. とも より:

    尾瀬ロッジですが、
    予約の電話番号は変更なしです。

    今までの全ての業務を委託されているそうですので、救助要請などの窓口も尾瀬ロッジになるそうです。

  184. ようにい より:

    昨日20日御池にて尾瀬山開きが行われ今年の尾瀬シーズンが正式に始まりました

    水芭蕉シーズンを控え準備をしている小屋も多いと思いますが

    今問題の新型インフルエンザの影響で関西方面の団体のキャンセルが増えております

    昨日には東京・川崎でも感染者が見つかるなど日々拡大しており

    尾瀬への影響も懸念されます

    (客減で応援手伝いの回数も減るかも・・・・泣)

  185. 津奈木に湿原がある!!地形図には載ってる!!!東電の別荘があるらしいけど..

  186. ようにい より:

    うん  なかなかいいところだよ 今はわからないが私が尾瀬常勤していたころは東電幹部がよく避暑にきてました

  187. とも より:

    津奈木湿原、道路脇に立入禁止の看板があるので行ったことはないのですが、、、
    津奈木にあった建物は今春、取り壊されたと聞きました

  188. ようにい より:

    尾瀬で怪我すると山小屋スタッフなどによる応急処置と担送がおこなわれます

    最近では防災ヘリにて運ばれることも多くなってきました

    私は救助にかかわり防災ヘリへでの搬送は何度も経験してますが

    お客さんが撮ったのか関係者が撮ったのかは不明ですが

    画像を見つけたのでご覧ください

    http://www.inside-games.jp/movie/movie_view.php?id=EkYRVToH-fM&q=%CB%C9%BA%D2%A5%D8%A5%EA

    皆さんもお世話にならないよう気をつけましょう

  189. 匿名 より:

    少し前のコメント>179になりますが、

    >尾瀬ヶ原休憩所の橘京一さんが昨日5時38分に

    >永眠されました。

    の「尾瀬ヶ原休憩所」って元湯山荘の隣の売店のことでしょうか?

  190. 匿名 より:

    >kazahanaさん

    その通りです。元湯山荘隣の売店のじい様です。

    一昨日、その息子さんがわが小屋に遊びにいらっしゃいました。

  191. 匿名 より:

    >やもーどサン

    ペンコメントありがとうございました。

    そーですかぁ。。。大変残念です。

    私は以前、尾瀬ヶ原の家山小屋で短期バイトをしていたことがあるのですが、時々一緒に作業したり、山について何も知らない私に楽しくお声をかけていただいた覚えがあります。心が和むお方でした。

    ご冥福をお祈りします。合掌。

  192. ようにい より:

    これからニッコウキスゲを見に行く人に情報です

    牛首三叉路から東電小屋方向に行くルートがお勧めです

    群生もあるよ

    三叉路から竜宮ルートは下の大堀に少し群生してますがシカに食されたのも多いです

    あとは見晴周辺です

    よって鳩待峠から入る人は鳩待峠>山の鼻>牛首三叉路>東電小屋方面>見晴

    がいいでしょう

  193. Teru より:

    ようにいさん、こんばんは。

    尾瀬はかなり前に数回行ってるんですが、今年6月上旬、久し振りに

    水芭蕉を見たくなり、大清水〜鳩待峠のコースを歩きました。

    次はニッコウキスゲを見たくなり、また7月下旬に行くことになりま

    した。

    大清水から入って頑張って歩いて、その日は見晴で一泊です。

    2日目は山の鼻から至仏山に登る予定です。

    そこで教えて欲しいのですが、今回は4名で一緒に行くのですが、

    そのうちの仲間が登山の際いつもストックを使用しています。

    6月に行った時、木道にストックによる穴痕が多数ありました。

    木道に凹凸があると木道の傷みも早くなるそうですね。

    仲間は木道では使わないが、至仏山では出来れば使いたい・・・

    と希望しています。

    至仏山の登りを含めて、尾瀬では特に自然保護の観点からストック

    使用禁止等の規制みたいなのはあるんでしょうか?

    すいませんがご教授していただければありがたいです。

  194. ようにい より:

    Teruさんへ

    ストックの規制はありません

    ただ使用の際は先にゴムキャップを装着してください

    木道の穴はスキーストックやゴムキャップを外した状態で使用した時刺して穴が開きます 標準装備のキャップを外さないで使用するのOKですよ

    もちろん木道の外に刺すことはできませんし山道使用時もなるべく石などの上を突いてもらい土を削らないようにしていただければ幸いです

    ちなみに

    ストックがないからといって落ちている枝を杖にしている人がいますが

    尾瀬では落ち葉1つでも採取きんしですのでそれはおやめください

    山小屋でストック・杖は販売してます

  195. ようにい より:

    先日9日竜宮〜牛首三叉路の間の沢にて(岩魚のいるとこ)携帯電話が水没していまいた

    (岩魚見たとき落としたのかな?)

    お心当たりのある方は尾瀬派出所に届けてありますのでお問い合わせください

    防水携帯のようでまだ生きてました

  196. Teru より:

    ようにいさん、ありがとうございます。

    基本を守って歩きます。

    楽しみです。

  197. 匿名 より:

    17日に行ってきました!
    お目当てはニッコウキスゲ。
    ようにいさんの情報を参考に鳩待→ヨッピ橋→東電小屋→見晴のルートで行きました。

    遠くから見ると黄色いじゅうたんの様ですね、一面に広がっていてとてもキレイでした〜(´∀`)

  198. ようにい より:

    上毛高原や沼田より関越バスを利用している方や利用しようとされてる方

    関越交通のバスカードはご存知ですか?1枚3000円で4350円分使えるのです1350円分お得なんですよ

    浮いたお金で尾瀬の小屋でビールロング缶が2本も飲めます(笑)

    購入はバス運転手(おつりがないので3000円ある方)や途中5〜10分停車する鎌田で購入できますよ図柄はもちろん尾瀬 余った金額は次回も使えます

    是非どうぞ

  199. 匿名 より:

    先日、燧ヶ岳に登ってきました。

    やっぱりナデッ窪はおもしろくていいですね〜

  200. かっちん より:

    今年初めて尾瀬に行きました(7月の三連休。大江湿原のニッコウキスゲがピークでした)。

    そのときは、御池IN〜燧ケ岳〜(長英新道)〜尾瀬沼(長蔵小屋泊)〜尾瀬沼一周(+大清水平往復)〜沼山峠OUT

    天気が悪くて、2日目に燧裏林道へ行くのをためらいまして。

    あまりに楽しくて、夜行日帰りに賛同した同行者がいたので、2週間後に再び来ました。

    次は、鳩待峠IN〜アヤメ平〜竜宮〜ヨッピ吊橋〜山ノ鼻〜鳩待峠OUT

    アヤメ平のキンコウカがステキでした。

    このコースは、長蔵小屋で相部屋になった方に教えてもらったものです。ステキでした。

    燧裏林道の紅葉がオススメ!と同じく長蔵小屋で相部屋になった方に教えてもらって以降、ずっと気になってます。

    一年に3回も尾瀬に通って、いいですかねぇ・・・・

    あと至仏山にも行きたいけど。。。 一部は来年に繰越かな。

  201. ようにい より:

    三回でも四回でも毎週でも良いですよ
    同じ景色はありませんから

  202. ようにい より:

    昨日救助中 墜落した 岐阜県防災ヘリ若鮎?の今までの活躍と亡くなられた

    機長・整備士・副隊長のご冥福をお祈りします

    尾瀬でも今ではヘリでの救助がとても大きい存在です

    福島「ふくしま」

    群馬「はるな」

    新潟「はくちょう」

    福島ドクターヘリ

    県警ヘリ

    荷上げ・工事機材搬送用あかぎヘリ・東邦航空・朝日航洋etc

    などなど尾瀬でも色々なヘリが活躍しております 

    これからも敏速な対応と隊員・関係者の笑顔での帰還が続く日を祈るばかりです

  203. 匿名 より:

    尾瀬の里「桧枝岐村」にてイベントがありますので

    お知らせいたします。

    日時は2月27日(土)、3月14日(日)

    イベント内容

    題して「おっかの昔ごっつおー」

    桧枝岐村では蕎麦やイワナを用いた郷土料理が古くからあります。

    奥会津で生き、そこで暮らした先人達の知恵と工夫が感じられるとても

    味わい深いお料理です。

    この料理は親から子へ、お姑さんからお嫁さんへ、家族から家族へと受け継がれてきました。

    山小屋、旅館、民宿などでも代々受け継がれてきた、そしてこれからも受け継いでいかなければならない大切なお料理です。

    この郷土料理を山小屋、旅館、民宿の大女将、女将と一緒に作り、

    食べて飲んで、山の話し、田舎暮らし、山菜きのこの話題で盛り上がりましょう!

    というものです。

    裁ち蕎麦を打ち、やきもちをこしらえ、はっとうを茹でます。

    山小屋や旅館、民宿の女将さんともゆっくりお話ができるのも魅力ですね。

    人数は限定30名様(桧枝岐にご宿泊のお客様限定)です。

    参加希望の方、もっと詳しい内容をお知りになりたい方はやもーどまでメッセージをくださるか、

    尾瀬桧枝岐観光案内所(0241-75-2432)までご連絡ください。

    こちらのHPも御覧くださいね。

    http://www.oze-info.jp/event/img/okka.pdf

    管理人さんへ

    このコメントが尾瀬にふさわしくないと思われる内容でしたら

    削除していただいて結構です。

  204. ようにい より:

    やもーど さん 掲載ども

    ぜんぜんOKですよ

    尾瀬に関する写真展(個人)やイベント 尾瀬の麓の村のイベントなどなど

    掲載OKです 

    個人的HP(内容は尾瀬に関すること)やブログもOKよ

    もうすぐ春 シーズンに入るまで盛り上がれるとなおよしw

  205. ようにい より:

    どもども ようにいです

    今日10日より尾瀬図柄の宝くじの販売です

    ぜひ当てて尾瀬行きの交通費にしましょうww

    http://ozeivent.blog105.fc2.com/blog-entry-177.html

  206. 匿名 より:

    尾瀬図柄宝くじ、記念によさそうですね。

    1枚100円というのも魅力ウッシッシ

    ふだん宝くじは買いませんが、これならちょっと買おうかなって思ってます。

    当たりますよーにドル袋

  207. 匿名 より:

    4月15日発売の「山と渓谷 5月号」に

    R352の山へ行け!

    と題しまして、尾瀬周辺の山々が紹介されています。

    会津駒ケ岳、越後駒ケ岳、未丈ヶ岳などを中心に燧ケ岳、三岩岳、

    大嵐山、荒海山、荒沢岳、平ヶ岳など尾瀬周辺ではもうおなじみの

    山々ばかりです。

    桧枝岐村も紹介されておりますが・・・

    わが愚妻も登場しております。

    笑ってやってください。