日本泳法道場の使い方

人気の記事:

コメント

  1.  究極堂★By凸凹さんこんばんは。

     最近の日本泳法の入門者は徐々に増えていますよ。 また、日本泳法の各流派の後継者育成のためにも、スイミングスクールは日本泳法コースの設定もあります。

     で、私ですが、観海流と小堀流の二つの流派を習っています。 観海流は2001年に寒中水泳の時に先生の紹介で、津市の「津トップスイミング」で第三日曜日に習っています。 小堀流は2002年に友人の紹介で、京都市北区の「上加茂游泳術講習所」で毎年7月から9月まで習っています。 二つの流派を習うのは大変ですが、日本泳法の泳ぎ方の違いを覚えておくのも良い方法かもしれません。

     服装ですが、私の場合は小堀流は白の六尺です。 観海流はプールや夏の海の時は水着で、寒中水泳は藍染の六尺を着けて泳ぎます。 お陰様で私は観海流三級を合格しましたので、次の寒中水泳は茶色の六尺を着けて泳ぐ予定です。(^^; 後、白の甚平似の水着は自分でも作れますが、型紙がないので研究して作りたいなと思います。 これにはお店には置いていないそうですがね。

     これからも日本泳法の報告していきますので、楽しみにしてください! 今月21日(日)は観海流の講習会です。 それではまた!

  2.  宮本君へ・・・

     そういう書き方は相手に対して失礼ですよ!

     管理者として、参加者に不愉快な思いをさせない運用をして頂けたら・・・

  3.  失礼しました。

     では、前の2番を削除しますのでよろしくお願いいたします(削除しますと、前の3番にあったものが、2番に移りますので注意してください)。

     今後、このようなことが無いように注意いたしますので、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

  4. こちらも感情的になってゴメンナサイね・・・

     でも冗談抜きで、日本泳法習いたいので、詳細については、個別にメールでも出します・・・