リイシュー&廃盤情報

人気の記事:

コメント

  1. かっくん より:

    リイシューですがフランキー・ミラーは如何でしょうか。

    詳細はhttp://www.airmailrecordings.com/miller.htmlにあります。

  2. ニール より:

    フランキーミラーの今回のリイシューは初期4作ということで、順に「パブロック」「スワンプ」「ファンキー」「純正英国ロック」と様々に楽しめるラインナップですね。

    PubRockコミュ的には、1sかな。

  3. k@turner より:

    Ian Duryのスレッドで「パブ・ロックの今年の発掘もの」の

    話題の時に、これを落としていました。

    NINE BELOW ZERO / DOING THEIR HOMEWORK

    既発のライヴ盤『LIVE AT THE VENUE』とスタジオ録音盤の

    『Give Me No Lip Child』をカップリングし、ボーナストラック

    としてこれまた既発の『LIVE IN LONDON』からピックアップ

    という変則的な2枚組。3タイトルとも今では入手困難に

    なっていたので、リイシューされたのはありがたいです。

    価格も2,000円程度でリーズナブル。

    しかし不思議なことにNINE BELOW ZEROのオフィシャルサイト

    にはこのアルバムに関して何のインフォメーションも出てない

    のです。もしかしてメンバー非公認?

    http://cnb-host4.clickandbuild.com/cnb/shop/ninbelowzero?op=catalogue-products-null&prodCategoryID=1

  4. Shake It Up! より:

    Nick Loweのデジタルリマスター化&大量ボーナスCDをコステロパターンでやってくださ〜い!

  5. より:

    コステロはあざとすぎますよ。

    1st何回買いなおしたか。

    で、結局たいしたことないんだもの。

    (熱烈なファンはともかく・・・)

  6. より:

    ああ、おいらはコステロはそんでコンプリート諦めたんだ。

    アナログ揃えて、CDを揃えたらボーナストラック付きで…

  7. ニール より:

    k_turnerさん、NINE BELOW ZEROってこれまたイイところを(笑

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00062ZE80/qid=1101043126/sr=1-7/ref=sr_1_8_7/249-2637386-1122731

    これも最近のイシューじゃないでしょうか?

    1stと2ndの2枚組。

    すぐ廃盤になりそうな匂いプンプンです。

    それと廃盤情報!(写真も)

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000AQBF/qid=1101043436/sr=1-29/ref=sr_1_2_29/249-2637386-1122731

    なぜこれを切らすんじゃ〜!!!

  8. ニール より:

    もう少しで廃盤になりそうだから「気をつけろ!」情報。

    Rockpile/Dave Edmunds

    なにも言うことは無い名盤でございや〜す。

    でも現在出ているのはドイツ盤リイシューで、風前のともし火状態。既にリリースから2年経ってますし、ボーナストラック充実のデジパック。

    急いだ方がいいかもしれません。

  9. ♪akira より:

    ↑持ってるんですが〜、なんかアナログの方が音いい気がします…。

  10. ニール より:

    ↑アナログとCD比べて、CDが勝ってるのは利便性と

    ボーナストラックだけです(笑

    僕は最近ボーナストラックがゴッソリ付いているものか

    原盤が異常に高値なものしかCDを買ってませんです。

  11. ニール より:

    nick御大の廃盤CDのなかでは、もっとも旬(?)な一枚。

    The Abominable Showman/Nick Lowe

    ebayなどではコンスタントに40〜50ドルの値が付きます。

    実は僕も持っていなかったりする。

    ちょっと出来が低調なんですよね。

    「長期廃盤に名盤ナシ」ということか。。。

  12. ♪akira より:

    えー、これ大好きなんだけどなあ。でもアナログしか持ってません(笑)。

  13. ニール より:

    あら。

    そう言われると、それほど悪くもない気がしてくるから不思議。

    前作「Nick the Knife」と次作「Cowboy Outfit」が充実しているので、ワリを喰っているだけかも知れません。僕の中で。

    ただしこの2枚とも廃盤ですが。。。

  14. ニール より:

    >The Abominable Showman/Nick Lowe

    >実は僕も持っていなかったりする。

    良く見たら持ってた。

    しっかりしろ俺!

  15. Shake It Up! より:



    邦題は「ショウンマンの悲劇」でしたっけ・・・

    渋谷陽一のサウンドストリートで当時の新譜として紹介されていたような記憶!

    良い作品かと思います♪

    We Want Action

    Wish You Were Here

    が特に好きです!

  16. ニール より:

    いやぁ、今年のM1は楽しみ。

    とか言ってる場合じゃないですよー。

    Howlin’ Wind / Graham Parker(& The Rumour)

    これが廃盤って。。。

    世も末です。

    渋い存在なのでebayでも10ドル前後で買えますが

    出物が少ないのでいつ高値に跳ね上がるか不明。

  17. ニール より:

    すでに触れているコレ

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000AQBF/qid=1101043436/sr=1-29/ref=sr_1_2_29/249-2637386-1122731

    ですが。

    AMAZONのマケプレで出物有りです。

    しかーし。

    出品者の評判がめちゃめちゃ悪い。

    日本のマケプレに海外のセラーが出ると必ずこうなるよね、というフィードバックが立っています。

    始めに言っておけばいいのに。

    1ヶ月くらいで多分届くよ。とか

  18. ニール より:

    本日は久々にリイシュー情報。

    Now / The Flamin’ Groovies

    ほぼ10年近く廃盤だったのではないでしょうか(笑

    めでたく米国盤にて復刻とのお話。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006SNKHQ/qid=1105112266/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-2637386-1122731

    サンフランシスコ出身なのにパブロック。

    なぜならデイヴ兄ぃのプロデュースなんです。

  19. k@turner より:

    グルーヴィーズ続きで。

    3月には「Jumpin In The Night 」がリイシューされるようです。

    上記と同じDbk Worksというレーベルからで、リンク先のHMVのサイト

    にはイタリアのレーベルと表記されていますね。

    http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1553019

    去年は日本のVIVIDが「SHAKE SOME ACTION」「SUPERSNAZZ」

    「SUPERSNEAKERS」の3枚をリイシューしています。リイシューは割と

    頻繁に行われているのに、気が付くと廃盤になっているというパターンが

    多いのは困りものです。

    「TEENAGE HEAD」「FLAMINGO」サイア3部作と、代表的なアルバムぐらいは

    いつでも手に入るようにしておいてもらいたいものです。

  20. ニール より:

    k turnerさん、いつも正確な情報有難う。

    米国盤じゃなくて、伊盤でしたか。

    AMAZONにもFROM UKなんて書いてあるし、ややこしいねえ。

    k turnerさんが気づいた目ぼしいリイシュー他にもあったら、カキコよろしくです!

    BOXもんとかでもいいですよ。

  21. k@turner より:

    >ニールさん

    いえいえ、私の方こそここでいろいろ教えていただいて

    ますよ。Dbk Worksについては気になったので調べてみた

    ところ、RUNTというインディーの配給会社傘下にある再発専門

    レーベルであることがわかりました。

    Dbk Works自体の所在地は分かりませんでしたが、RUNTはサンフランシスコ

    にあるのでイタリアのレーベルであるというのは間違いではないで

    しょうか。RUNTはイタリア映画のサントラやDVDを出すレーベルも

    あるようなので、それで誤解したのではと推察します。HMVの

    表記ってあまりあてになりませんしね。

    それはともかく、フレイミン・グルーヴィーズのリイシューに

    触発されて専用コミュニティを作ってしまいました。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=89494

    よかったら覗きに来てください。

  22. ニール より:

    まさかmixiを見ているわけじゃないだろうけど、初期の代表作がことごとく廃盤だっ!と騒いでいたGraham Parkerの諸作が無事AMAZONの在庫リストに入ってきた。

    とりあえず1作目〜3作目はCDで買えます(05年1月27日現在)。

    チミチミ1枚づつCD買うのが鬱陶しいというセッカチな方は下記CDがおすすめ。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000332P/qid=1106836522/sr=1-18/ref=sr_1_2_18/250-5656642-3849860

    愛情溢れるリイシューで定評のあるRHINOから2枚組です。

    ちなみにRHINOは廃盤になるの早いです。

    これも既に廃盤です。

    愛があっても廃盤とは関係無いんですっ!

  23. ニール より:

    前述のコレ

    Now / The Flamin’ Groovies

    ですが。

    発売が延期につぐ延期で、まだ届いてませんです(涙

    発送可能時期:通常3〜5週間以内と表示されてるので、Jumpin in the Night と同時発売になっちゃう可能性も。

  24. ニール より:

    さらに前述の「今話題の廃盤」

    The Abominable Showman/Nick Lowe ですが。

    海外オークションでの相場は高値安定50ドル路線(笑

    しかもUSA AMAZONの中古コーナーではもっと凄いお値段が。。。

    http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B00000117O/qid=1108229138/sr=1-32/ref=sr_1_32/102-0402187-9418520?v=glance&s=music

    他にお宝化寸前のブツとしては

    Nick the Knife

    Pinker & Prouder Than Previous

    それと元夫人Carlene Carter のBlue Nun (Remastered)とか。

    ここまで加熱するんだから、再発して喜ぶ人たくさんいるってことだと思うんだけど。

  25. ニール より:

    ひぇぇ。

    良く見たらNickLoweの諸作はお宝だらけです。。。

    http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B0000040NM/ref=m_art_li_18/102-0402187-9418520?v=glance&s=music

    http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B00000117P/ref=m_art_li_10/102-0402187-9418520?v=glance&s=music

    もうマトモに買える値段じゃないっす。

    それにしても「Boxed-Jesus of Cool」ってなんなんだろう。

    僕は少なくとも「ジーザス」の箱ものは知らない。。。

    誰か知ってます?

    99ドルですってよ!(笑

  26. ニール より:

    Now / The Flamin’ Groovies

    本日やっと到着(ユニオンには7日前に入荷済みでしたが)。

    最後までクレッシェンドが続く感じ。

    なにがクレッシェンドするかというと「デイブ兄ぃ色」です(笑

    後半はすでにデイブのソロ作と言ってもいいのではないでしょうか。

    以前日本盤CDが出た記憶あるんですが、CDには麗々しく「

    First Time on CD!」の文字が。。。

    勘違いだったかな。

  27. ♪akira より:

    The Abominable Showman、 アメリカ盤とUK盤(ピンクの入ってるやつ)の両方を持っているのですが、一財産できるかな(笑)。

  28. ニール より:

    >akiraさん

    2枚あるなら、どっちか売っちゃえば?

    CD1枚で1万円は美味しいっすよ。

  29. ニール より:

    えー久々にNickLoweのAMAZONチェックなぞしてみましたよ。

    「Pinker & Prouder Than Previous」と「His Cowboy Outfit」は出品がありましたネ。

    もしかしてPubrockコミュ効果かしらん(笑

    他は相変わらず在庫無しの嵐です。

    一方デイブ兄ぃの諸作では「Get It」「Twangin’」あたりが在庫無し。特に「Get It」はUS AMAZONでもなかなかいいお値段。

  30. k@turner より:

    レコードコレクターズに掲載されていて知ったのですが、

    グレアム・パーカーのDVDが出たようです。

    『Graham Parker At Rockpalast』

    お馴染みロックパラストで放映されたもののようで、78年の

    ケルンと、80年のエッセンの2回分が収録されているそう

    です。

    バックは共にルーモアで、80年の方はキーボードをボブ・

    アンドリュースではなくニッキー・ホプキンスが担当している

    のだとか。

    発売元はドイツのレーベルで、Amazon Germanyで買えます。

    http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B0007TX8SK/qid=1116149776/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/028-1570002-3414106

    リージョンは2で、PAL方式なので対応プレイヤーか

    パソコンを使えば日本でも見られるはずです。

  31. k@turner より:

    あ、すみません。リイシューじゃないからパーカーのトピック

    に書いた方が良かったですね。

  32. ニール より:

    >k_turnerさん

    いつも早耳情報有難うございます。

    PALかー。。。

    出来れば日本盤出て欲しいですよね。

  33. ??$☆ より:

    少し古いハナシで恐縮ですが、チャス&デイヴのリイシュー。

    ギネスが似合う和みのパブロックですよ。

    US盤は下記リンクで試聴可

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000DIJOC/todayspiece06-22

    UK盤は下記リンク

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000A5BUF/todayspiece06-22

    オフィシャル・サイトは下記リンク

    http://www.chasndave.fsnet.co.uk/

    HONKY TONK DEMOS も請うリイシューです。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002RKG/todayspiece06-22

  34. ??$☆ より:

    厳密に言えばパブ・ロックではありませんが

    パブ・ロック・ファンの皆様に是非ともゲットして

    もらいたいリイシューが決まりましたので告知させて下さい。

    =============================

    NRBQの現ギタリスト、ジョニー・スパンピナートが

    在籍しているマサチューセッツの名門バンド

    「インクレディブル・カジュアルズ」のキャリアを

    代表する2枚のオリジナル・アルバムが日本のみで

    リイシューされる事が決まりました。

    カジュアルズの音源が日本で紹介されるのは

    以前LAZY CATからリリースされたオムニバス盤

    http://www.ask.ne.jp/~maki/cat/buttercup.html

    がありましたが

    単体アルバムの日本盤としての発売は当然初めてで

    1枚は世界初CD化となっております。

    ========================

    レーベル caraway records

    アーチスト The Incredible Casuals

    タイトル ”That’s That” 

    品番 CARA-3008

    発売日 2005.8.31

    価格 ¥2.381(税抜)/¥2.500(税込)

    備考 世界初CD化 解説/歌詞付 ボーナストラック2曲追加

    ========================

    “That’s That”-The Incredible Casuals

    “NRBQの兄弟バンド”としても知られ、マサチューセッツ州ケープコッド

    のビーチで25年間、今も欠かさずギグを続けている驚異の

    ローカル・ロックンロール・バンド、インクレディブル・カジュアルズ!

    87年エルヴィス・コステロやニック・ロウ等をリリースしている

    イギリスの名門レーベル「デーモン」から本国アメリカよりも

    先にリリースされたファースト・アルバムがこの”That’s That”だ。

    ジョニ−・スパンピナ−ト、チャンドラー・トラヴィス、

    スティーヴ・シュック、3人の優れたソングライターを抱えた

    カジュアルズのポップ・アンド・ロール!そしてロック・アン

    ド・ロール!で、心も身体もカジュアルに!!

    (リミックス&リマスター/世界初CD化)

    THAT’S THAT

    1. DON’T TELL ME (Spampinato) (3.01)

    2. CRAZY GIRL (Shook) (2.32)

    3. I GOT TO MOVE (Travis) (3.38)

    4. WAIT IT OUT (Travis) (4.33)

    5. LONG AS YOU HAVE SOMEBODY ELSE (Travis) (3.01)

    6. DISCRETION (Travis) (3.07)

    7. DOIN’ TIME (Shook) (3.42)・・・※未発表トラック

    8. LET HER DANCE (Fuller) (2.36)

    9. THINK ABOUT ME (Spampinato) (2.44)

    10. IN THE DARKNESS (Travis) (4.01)

    11. STILL MINE (Spampinato) (2.54)

    12. DREAM HOUSE (Travis) (4.30)

    13. PLEASE DON’T (Shook) (2.37)

    14. RECORDS GO ROUND (Kaplan-Greenberger) (3.18)

    15. SOME THINGS (Travis) (4.22)・・・※未発表トラック

    ==========================

    レーベル caraway records

    アーチスト The Incredible Casuals

    タイトル ”Your Sounds” 

    品番 CARA-3009

    発売日 2005.8.31

    価格 ¥2.381(税抜)/¥2.500(税込)

    備考 日本初CD化 解説/歌詞付 ボーナストラック2曲追加

    ==========================

    “Your Sounds”-The Incredible Casuals

    “NRBQの兄弟バンド”としても知られる、マサチューセッツ州ケ

    ープコッドのビーチで25年間、今も欠かさずギグを続けている

    驚異のローカル・ロックンロール・バンド、

    インクレディブル・カジュアルズ!

    91年、若きカジュアルズ、エアロン・スペイドの加入で、

    サウンドはよりアグレッシヴに、ノイジー、そしてポップに展開する。

    同時にジョニ−のソングライターとしての腕前もさらなる充実

    ぶりを見せている。名曲”Miracles”は96年のNRBQ初来日公演でも

    披露され、またライヴ・アルバム”Tokyo”にも収録されているが、

    最初に発表したのは、このカジュアルズのアルバムだ。

    またジョニ−のロック小僧ぶりを象徴するかのような

    ロックンロール、”I Wanna Play Loud”は彼らのファンの間では

    アンセムとなっており、ライヴでもハイライトとなる曲だ。

    (リミックス&リマスター/日本初CD化)

    YOUR SOUNDS

    1. She’s Got Tony (Spampinato) (2.35)

    2. Your Sounds (Spade) (3.14)

    3. Paper Roses (Travis) (4.11)

    4. Distracted (Spade) (3.07)

    5. Destiny (Travis) (2.55)

    6. Step It Up (Travis) (3.56)

    7. Maggie Doesn’t Cry (Spade) (2.22)

    8. Records Go Round (Kaplan-Greenberger) (3.09)

    9. Blind World (Travis) (3.09)

    10. Miracles (Spampinato) (3.11)

    11. Hate to Be Hated (Spampinato) (2.30)

    12. Last Year’s Problems (Spade) (3.02)

    13. Refined Man (Spampinato) (2.40)

    14. I Wanna Play Loud (Spampinato) (2.51)

    15. Band Fight (Travis-Greenberger) (3.40)・・・未発表トラック

    16. Dumb Enough (Spade) (3.08)・・・未発表トラック(ライヴ)

    =========================

    プロフィール

    1979年「トラヴィス、シュック&ザ・クラブ・ワゥ」としてアメリカ

    東海岸を中心に順調な展開を見せていたチャンドラー・トラヴィスと

    スティーヴ・シュックを中心に結成。翌年1980年にバンド名を改め、

    「インクレディブル・カジュアルズ」と名乗るようになった。

    1981年にNRBQのジョーイ・スパンピナートの実弟であるジョニー・

    スパンピナートがついに加わり4人編成となる。

    1981年にNRBQが主催していた自主レーベルRed Roosterから

    2枚のシングル、82年にロード・アイランドのEatという

    レーベルからマキシ・EP”Let’s Go!”、シングル”Picnic Ape”を、

    そして83年から84年に自主制作による6本のカセットテープによる

    作品集”Inedible Casserolesを発表。

    1987年についに1stアルバム”That’s That”をイギリスのレーベル

    Demonから少し遅れて、本国ではルーツ系の名門レーベルRounderから

    リリースされた。発表当時、彼らはマーシャル・クレンショウ、

    NRBQ、ニック・ロウなどといったアーティストの部類に入るなどと

    評された。実際、そのサウンドはニック・ロウやエルヴィス・コステロ、

    グレハム・パーカー、ロックパイルといった、いわゆるパブ・ロックや、

    スクイーズ、XTCなどのブリティッシュ・ポップを好む

    ロック・ファンたちを確実に魅了するものであった。

    この”That’s That”のレコーディング中にスティーヴが脱退。

    しばらくチャンドラー、リッキー、ジョニーのトリオ編成で数

    年間活動を続けた後、彼らよりもひとまわり若い、

    エアロン・スペイドが加入。ノイジーなギターサウンドと

    彼の世代ならではのオルタナティヴなセンスを持ち合わせた

    ロッカー、エアロンの加入で、カジュアルズ・サウンドに新たな

    魅力が加わった。そして91年に発表されたのが、”Your Sounds”だ。

    このアルバムは彼らの自主レーベル、SonicTroutよりリリース、

    NRBQの96年の初来日公演でも披露されたジョニ−の

    美しいバラード”Miracles”も収録されている。

    1994年にジョニ−はアル・アンダーソンの後釜ギタリストとして

    NRBQに加入。(だがカジュアルズも同時に継続して現在に至る。)

    1995年にAKERというレーベルから、”It is Baloon”を発表。2000

    年には自主レーベルより”The Future Will Be Better Tomorrow”

    を発表。2004年、同レーベルより”Yearbook ’04″を発表。

    7月には最新スタジオ・アルバムをリリース予定している。

    THE INCREDIBLE CASUALS:

    JOHNNY SPAMPINATO – guitar, vocal, trombone

    AARON SPADE – guuitar, vocal

    RIKKI BATES – drums

    CHANDLER TRAVIS – bass, vocal

    http://www.incrediblecasuals.com/

    ========================

    なお現在再発を記念して日本のオフィシャルのカジュアルズのHP

    を準備中だったりこの2枚のアルバムから7インチの限定アナログ盤の

    シングル・カットを予定しております。

  35. ニール より:

    ニック・ロウやエルヴィス・コステロ、グレハム・パーカー、ロックパイルといった、いわゆるパブ・ロックや、スクイーズ、XTCなどのブリティッシュ・ポップを好むロック・ファンたちを確実に魅了するものであった。

    −−−

    そんなこと言われたら、買うしかないじゃないですか(笑

    −−−

    この2枚のアルバムから7インチの限定アナログ盤のシングル・カットを予定

    −−−

    そんなこと言われたら(以下略)。。。(笑

  36. ??$☆ より:

    オリジナル・アルバム2枚同時リイシューでさえ

    一部では暴挙(笑)とまで言われているのに

    何とその2枚のアルバムからのシングル・カットとして

    限定500枚プレスのアナログ7インチの発売が決まりました。

    発売はCDをリリースするcaraway recordsではなく

    洋邦の素晴らしいパワー・ポップ/パンクのバンドを

    数多くリリースしている名門レーベルTarget Earth Recordsです。

    http://www.ne.jp/asahi/target/earth/

    レーベル Target Earth Records 

    アーチスト The Incredible Casuals

    タイトル Doin’ Time:(c/w)Band Fight

    品番 TE-014

    フォーマット 7inch single

    発売日 2005.8.31

    価格 ¥1.000(税抜)/¥1.050(税込)

    ===========================

    なお日本の公式カジュアルズHPも現在鋭意制作中です。

    7月末にはオープンする予定となってます。

  37. ??$☆ より:

    インクレディブル・カジュアルズですが再発を記念して

    日本のオフィシャルHPがオープンしました!是非とも御覧下さい。

    http://www.incrediblecasuals.jp/

  38. ??$☆ より:

    改めて再告知させて下さい。

    NRBQの現ギタリスト、ジョニー・スパンピナートが在籍している事で知られるマサチューセッツのイカしたローカル・パワー・ポップ・バンド「インクレディブル・カジュアルズ」のデビュー25周年を記念して2枚のオリジナル・アルバムと7インチEP盤が発売されました!同時にオープンした日本版公式HPでは彼等の現地でのライヴ映像や今回の再発盤の試聴そしてCDや7インチの取り扱い店鋪等詳細が掲載されています。是非とも一度御覧下さい!

    http://www.incrediblecasuals.jp/

  39. k@turner より:

    COUNT BISHOPSのファーストと『Crosscuts』が再発された模様です。

    むか〜し、日本のテイチクがCD化したことがありましたが、

    すぐ廃盤になり、オリジナルの形では長らく入手できない状態が

    続いていましたので、今回のリイシューは待望でしょう。

    何と彼らは再結成しており、先月ロンドンでライヴを行なった

    ようです。

    http://garage.brinkster.net/bishops/index.html

  40. ニール より:

    >COUNT BISHOPS

    そう言えばテイチクからCD出てましたね。

    同時期にレココレのパブロック特集が出てました。

    極めて静かな「パブロック再評価」の動きというか。。。

    ちなみに僕はCDが廃盤だと「アナログ買うからいいも〜ん」派ですね。

    ところがアナログも無いとなると、途端に平常心ではいられなくなります。

    これを俗に「ビョーキ」といいます(笑

  41. k@turner より:

    カウント・ビショップス!

    むかしテイチクから出てたシリーズを買いそびれたのが悔やまれます。知り合いからライブ@ラウンドハウスのLPをテープに落としたのを持っていますが、そろそろCDで欲しいところです。チズウィックからでてたベストのCDも入手はしたものの、フルレンジでライブは入ってないですからね・・・ライブ盤の再発を切に望んでます。

  42. k@turner より:

    90年代の初めにチズウィックやスカイドッグの配給権を

    テイチクが持っていて、パブ・ロックや初期パンクのファンには

    嬉しいタイトルを次々にCDでリリースしてくれていた時代が

    ありました。

    CD業界のバブルは92年頃まで続いたので、あのような強気な

    リリースができたのでしょう。そういえばあの頃、同じくテイチクが

    権利を持っていたパイ時代のキンクスや、ビートルズのハンブルグ

    音源や、T.REXなんかも毎月のように訳の分からない編集盤が

    発売されていました。あんな時代はもう繰り返されないでしょう。

    今回のリイシューは日本盤が出るとは思えないので、早めに

    手を打っておくのが賢明かと思われます。でも『BISHOPS LIVE!』

    は何故出ないのでしょうね。

  43. k@turner より:

    COUNT BISHOPSの2タイトルの現物を確認したところ、紙ジャケ

    仕様でした。精巧に作られた日本製の紙ジャケを見慣れていると

    やや物足らない簡素な作りではありましたが、複写などは綺麗で

    ちゃんとしたものです。

    また今回のリイシューはaceがディストリビュートしているようです。

  44. k@turner より:

    はじめまして。

    質問なのですがストレイキャッツ名義でデイヴが

    参加していたとされる「スターダスト」のサントラ盤は

    リイシューされているのでしょうか?

    ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

  45. k@turner より:

    >町田乱心さん

    「スターダスト」はCD化されていないはずです。ちょっと調べて

    みましたが、少なくとも今現在購入できるサイトなどは見つかり

    ませんでした。

    ただし映画の方はイギリスでDVD化されています。デヴィッド・エセックス

    が主演した「スターダスト」と「That’ll Be The Day」の2本を

    カップリングしているようです。

    サントラ盤と実際に映画で流れる曲はテイクが違うらしいのですが、

    どちらも手元に無いので未確認です。

  46. ニール より:

    >k_turnerさん

    ありがとうございます。

    CD化されていないとのことで非常に残念です。

    DVDを探してみようと思います。

  47. ニール より:

    ついに恐れていた事態に。。。

    AMAZON.JP調べでは、Nick Lowe代表作すべてに高値常態化している模様です。

    以下05年10月24日現在の価格(価格は端数切り上げ)です。

    Jesus of Cool [FROM US] [IMPORT] 9000

    Labour of Lust [FROM US] [IMPORT] 9800

    Nick the Knife [FROM US] [IMPORT] 7500

    The Abominable Showman [FROM US] [IMPORT] 10500

    Nick Lowe & His Cowboy Outfit [FROM US] [IMPORT] 8700

    Rose of England [FROM US] [IMPORT] 10000

    Pinker & Prouder Than Previous [FROM US] [IMPORT]7000

    どえぇぇぇぇ!

    誰か早く再発しろ〜〜〜〜!!!

  48. ぞーい より:

    す、すごい!「Lavour of Lust」と「Nick the knife」だけCD持ってないのですが、さすがにこの値段で買おうとは思いません。アナログ盤ならあるし…再発したら今度こそ!

    Dave Edmondsのこちらの2枚も5000円以上になっていたようですがUS盤で再発されたようですね!

    『Tracks On Wax 4』

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AP305M/qid=1130199801/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-1625775-8097013

    『Twangin’』

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AP3052/qid=1130199801/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-1625775-8097013

  49. ニール より:

    >ぞういーさん

    AMAZON.JPが高いときは、USとかUKとか見れば大抵普通に売ってたりするもんなんですよ。

    と思って見たら全滅。。。

    一番安くて品数も揃ってる(なおかつUK盤のCD)のはUSのAMAZONでしたけど、判で押したように平均50ドルですから。

    個人的には無理して高いCD(しかも94年とかの古いプレスですよ)買うんだったらアナログ、それもオリジナル買いましょう、と。

    この際だからプレーヤーも買っちゃってさ。

    別世界が広がっていますよ。

    「地獄への第一歩」とも言いますが(笑

    日本のファンが思うほど、Nickの地位は高くないということですね。

    でも全世界的に品薄感が漂っている状況ですので、リマスター再発は近い。。。と思いたいところですが。

  50. ぞーい より:

    >>ぞういーさん

    ニ、ニールさん、わ、わざとですね!ね!ね!

    『Rose Of England』まではアナログ盤で買っていたので、一応全部持ってはいるんです。プレイヤーも古いのがあります!ただし壊れてます!ターンテーブル回りません(T_T)アナログで持ってるので「後の2枚(Labour of LustとNick the Knife)のCDはそのうち…」って油断してたら廃盤になってました。でも私も絶対にまたリマスター再発されると楽観的に待ってます。

    年内に新しいプレイヤー買おうと思います。10000円以下の安いやつ。ターンテーブルが回ればいいです。

  51. ニール より:

    >ぞういーさん

    もちろん!

    わざとです(笑

    銀盤かアナログで持っているのに、ダブりで買う必要はないですね。

    でもアナログ・プレイヤーが壊れていては、ダメです。

    聴けないじゃん(笑

    それとプレイヤーですが。

    アンプやスピーカーは中古で構いませんが、アナログプレイヤーだけは新品を。

  52. k@turner より:

    ドクター・フィールグッドの『STUPIDITY』までの3枚が

    紙ジャケで発売されるそうです。

    来年1/12発売予定。音源的には未発表テイクなど期待できそうにない

    ので完全にコレクター向きですが、日本のみ発売の限定盤

    ですから、お好きな方は早めに手に入れておくことをお勧めします。

  53. ぞーい より:

    The Rumourの1st『MAX』が1月25日に再発されるそうです。

    ボーナストラックはBBC音源4曲。

    全世界1000枚限定って……紙ジャケが?CDそのものが??

    http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1420743

  54. ニール より:

    紙ジャケ探検隊、ルーディ特派員さんからの早耳情報。

    −−−

    ビクターさんから3/1にK2HDの紙ジャケが出ます。

    Dr. Feelgood

     『Brilleaux』

     『Classic』

    The Rumour

     『Frogs Sprouts Clogs & Krauts』

     『Purity Of Essence』

    Wreckless Eric

     『Wreckless Eric』

    Lew Lewis Reformer

     『Save The Wail』

    Tracey Ulman

     『You Broke My Heart In 17 Places』

     『You Caught Me Out』

    Rachel Sweet

     『Fool Around』

     『Protect The Innocent』

    −−−

    当コミュのメンバーには、かなりストライクなチョイスかと。

    特にRachel Sweet、Tracey Ulmanあたりは嬉しいです。

  55. k@turner より:

    PUB ROCK関連作品の紙ジャケ化が続々と決まっていますね。

    EGGS OVER EASYの唯一のアルバム『Good’n’ Cheap 』も

    2/25に紙ジャケで発売されるようです。BBC音源のボーナス

    トラックが4曲入ります。

    http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1409304

    >ぞーいさん

    EGGS OVER EASYもやはり「全世界1000枚限定の紙ジャケット仕様」

    と表記があります。RUMOURもEGGSも発売はMSIですから、例に

    よって輸入盤に帯と解説が付く仕様でしょう。ということは

    プレスそのものが1000枚のみということだと思います。MSIが

    輸入する日本盤はその内何枚??

  56. BROWN SUGAR より:

    はじめまして〜。

    EGGS OVER EASY紙ジャケCD化ですか〜。

    BBC音源のボートラ、非常に気になりますね〜。

    この分だとそのうち、BEES MAKE HONEYとかもようやく再CD化されるかも?!、と期待してしまいますね。

  57. ぞーい より:

    >ニールさん

    Traceyやっと再発ですね!邦題は昔と同じように1st『夢みるトレイシー』2nd『ハ〜イ!トレイシー』になるのでしょうか?歌詞カードもこんなやつがそのまま小さく?

    最近、Rachelが参加していたJane Aireのアルバムを久しぶりに聴いていました。Rachelは持ってないので気になります。

    >k turnerさん

    今後もMSIから「全世界1000枚限定の紙ジャケット仕様」のシリーズ(?)が続きそうですね。迷ってるときにこの言葉は魔法のように効いてしまいます(私には)。

  58. ニール より:

    とりあえずビクターさんからの「パブロック名盤 紙ジャケ」発売は3月15日に延期となった模様です。