My フェバーDrivers

人気の記事:

コメント

  1. takashi より:

    まずは管理人LUNA(takashi)から

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    以下をCopyして使用してください

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】G.Berger

    F1を好きになるきっかけをつくってくれました。

    もちろんMarlboloMcLaren!!セナ人気の強い中私は

    Bergerのほうが印象に残りました。鈴鹿での予選のTiimeは

    どぎもでしたね

    【2位】 J.P.Montoya

    今ではやはり、この人物。デビューYearでM.SchumacherにブラジルGPであぜんと抜いていった後ろ姿にやられました。Schumacher Killer第一候補(Schumacherファンのかたすみません)なによりもOverTakeがすごく大胆!! マンセル+ジャックわる2ですな。

    【3位】 佐藤琢磨

    日本で生まれてよかった(涙)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  2. cece より:

    はじめましてチエチといいます。

    家族がF1好きで一緒に観ていたら、好きになった人です。

    まだまだ勉強中ですがよろしくお願いします。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 アイルトン・セナ

    ◆理由: 1992年のモナコを何度もビデオで観せられて、洗脳されました。彼はすごすぎます。

    【2位】 ルーベンス・バリチェロ

    ◆理由: キャラクターがいいです。世界最強ナンバー2。

    シューマッハさんがいなければきっと彼がチャンピオン!?。

    【3位】佐藤琢磨

    ◆理由: 佐藤琢磨が画面に映ると大声援を送っています。

    2005年に期待します。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  3. えりか より:

    1位 ジャック・ビルヌーブ

    理由 その当時ルーキーだった彼にほれてF1が好きになりました。少年のような人です。

    2位 佐藤琢磨

    理由 こんながんばりやさんの人はきっといません。

    3位 ヤーノ・トゥルーリ

    理由 彼がチャンピオンになる日が来るといいです。そんな風に思わせる人だと思います。

  4. はじめまして。

    F1、大好きです。でも、最近は子育てに忙しくてなかなか、リアルタイムに見れなくて、翌日にビデオ見とります。

    1位 ハッキネン

    理由 もう少し頑張って欲しかったなぁ。

    2位 佐藤琢磨

    理由 あの攻撃的で無理して走ってるとこかな。

    3位 クルサード

    理由 彼は、鉄人です。

  5. はじめまして。F1大好きへっぽこ大学生です。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】ハインツ-ハラルド・フレンツェン

    ◆理由: 誰がなんと言おうと99年のチャンピオンは彼だ!

    【2位】 ジャンカルロ・フィジケラ

    ◆理由: なんか過小評価されてる気がするんですが・・・。良いマシンさえ手に入れればやってくれるはず!

    【3位】 佐藤琢磨

    ◆理由: これからもガンガンいってください。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  6. たかのぶ より:

    【1位】 琢磨

    ◆理由: もし日本人でなかったとしても、応援していたと思う。

    【2位】 フレンツェン

    ◆理由: なんか潔くて男らしい。もうすこしだけ運があれば・・

    【3位】 ハッキネン

    ◆理由: かっこわるいガッツポーズと、なんか弱みがいっぱいあって人間臭いところがいい。

  7. Thanatos より:

    【1位】 佐藤琢磨

    ◆理由: あれだけアグレッシブなドライバーは、日本人としては初めてなので。そして、数年以内にポディウムの頂点に立ってくれて、ワールドチャンピオンにまで登りつめる可能性を秘めてるから。

    【2位】 ミハイル・シューマッハ

    ◆理由:いくらフェラーリマシンに乗ってるからとは言え、後方グリッドからのスタートにも関わらず、トップチェッカーを受けられるほどの確実なレース展開をしてくれるので。 そして、例え誰であれバトルを仕掛けてきたレーサーには真っ向から立ち向かうものの、レース終了時とかには敬意を表するところか。

    すみません。

    3位以下は思いつきません m(_ _)m

  8. aonoBZ より:

    はじめましてー

    ではでは、早速。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】D.HILL

    この人を置いて僕の中でのF1は語れません。チームには恵まれていたけれど、時代に恵まれなかったドライバーだと思います。初めてF1を見たときに見たあの目は忘れられませんね。

    人によって様々かと思いますが、僕にとってはWilliamsから出た後がHILLの最盛期だと思います。特に、Arrows時代のあわや優勝かというところまでいったあの走りは忘れられません。

    僕にとっての史上最高のドライバーです。

    【2位】 佐藤琢磨

    過去数十年、F1においてここまでの能力を発揮した日本人が居たでしょうか。

    名実ともに、日本人最速ドライバーですね。

    【3位】 H.H.フィレンツェン

    なぜだろう・・・走り方がHILLに似ていたのかなんなのか、D.HILL引退後、F1熱が冷めてしまいかけた僕を引き止めてくれたドライバーです。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  9. 始めましてです〜♪

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】セナ様

    速すぎる…!!!かっこよすぎる!!

    【2位】モントーヤ

    暴れん坊具合が好き♪

    【3位】 琢磨

    もっと早くなって欲しい!!日本人の星になって欲しい!!

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  10. 酒猫 より:

    はじめまして

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 ゲルハルト・ベルガー

    ◆理由: 最初のフェラーリ時代のアグレッシブな走りが好きでした。あとは、セナの陰で地味になっちゃたけど。

    【2位】 アイルトン・セナ

    ◆理由: あの速さは、感動的でした。ただ、あまりに別次元の人だったので、ちょっと、近づきにくくなってしまったので、2位に。

    【3位】ミハエル・シューマッハ

    ◆理由: なんだかんだ言われるけど、凄い奴だと思います。まだ、引退などして欲しくないですね。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  11. HIDEMUZIC より:

    はじめまして。比較的地味な職人タイプが好みなのですが、3人となるとやはりチャンピオン経験者になってしまいました。

    【1位】ナイジェル・マンセル

    ―良くも悪くもはらはらされてくれました。何年のあと一歩でチャンピオンになれない所で、どんどん感情移入されられたのだと思います。92年にチャンピオンになった時は感動しましたね。

    こういう面白いドライバーはもう出てこないと思います。

    【2位】アイルトン・セナ

    ―今のシューマッハの評価が低く不遇に感じる事があります。彼自体は落ち度も少ない素晴らしいドライバーですが、その前に君臨していたセナのレース人生が余りにもドラマ性が多く感動的だったから。数字で勝っても、その内容でどうしても越えられないのでしょうね。

    【3位】デイモン・ヒル

    ―オヤジの名前が何であろうと、叩き上げの男。テスト・ドラバーが正規採用される成功例を作った功労者、良く考えれば92年のマンセルが勝った車も彼がテストを重ねて創ったものですよね…

  12. シュガー より:

    はじめまして!

    登録してから1週間しかたってないので、失礼があるかと思いますが、よろしくお願いします!

    愛を持ったサイト…素晴らしい!ロゴも素敵すぎます。

    私は1997〜8年から見始めたので、セナプロ時代についても(?_?)です。セナのカリスマ性もよく分からないので許して下さい。今後、徐々に見て行きたいなぁと思ってます。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 ミカ・ハッキネン

    ◆理由: たかのぶさんと同じくあの喜んだところと(苦笑)、洗練された走りのギャップが好きです。F1で初めて好きになったドライバーです。

    祝!GTMでレースを再開!応援します!

    【2位】 佐藤琢磨

    ◆理由: 1位にしたいところですが、あえて2位!4輪でまだ10年も経ってないのにここまでこれたその精神力と実現力、鈴鹿でまた走りを見たい!

    【3位】 ミハエル・シューマッハ

    ◆理由:ハッキネンと戦ってた時は、すごく嫌いでした(笑)。

    実際に走りを見てこの人に「跳ね」もとい「羽根」が生えてるのではないかと思う程なめらかな走りでした。まだまだ、引退しないでほしいです。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  13. シュガー より:

    はじめまして。

    F1は1989年くらいから見てます。

    雑誌もたまってしまって・・・。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】A.プロスト

    ◆理由: プロフェッサーと呼ばれるくらいの頭のよさで

    気が付けば優勝してました。

    A.セナのような派手さはないけど地味な職人のよう。

    でもチームオーナーでは大失敗のお茶目さん。

    【2位】 M.シューマッハ

    ◆理由: この人の速さは本物です。プロ意識も素晴らしいし。

    デビュー時の生意気さと速さが忘れられません。

    【3位】 佐藤琢磨

    ◆理由: 日本人なら誰だって応援したくなります。

    やっと出てきたまともに速いひと。

    リタイアしたらTV消したくなります。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  14. しゅーみ。 より:

    はじめまして。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】ミハエル・シューマッハ

    ◆理由: 彼の走りに一目惚れしてF1を見るようになりました。

    「いまのフェラーリに乗ってりゃ誰でも勝てる」と言う人もいますが、

    フェラーリが今の強さを手に入れたのも彼がいればこそ。

    最近はバトルをするライバルがいなくて寂しそうに見えます…

    【2位】 佐藤琢磨

    ◆理由: やっと勝てそうな日本人ドライバーが!という感じです。

    ピット作戦だけで順位が決まりがちになってきたF1で、コース上バトルを蘇らせてくれようとしていると思います。

    【3位】ミカ・ハッキネン

    ◆理由:かっこ悪いガッツポーズだけどコース上ではミハエルのライバル!

    そのギャップが私も好きでした。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  15. ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 セナ

    ◆理由: 変人だったけど、彼の話す言葉に凄く共感が持てた。

    【2位】 琢磨

    ◆理由: 今のF1ではこういうドライバーは、貴重な存在だと思います。

    【3位】 チェザリス

    ◆理由: 元祖壊し屋。琢磨もびっくり。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  16. ジン♡ より:

    【1位】リカルド・パトレーゼ

    ◆理由: 名車FW14Bをエイドリアン・ニューウェイと共に作り上げ、92年のマンセルタイトル奪取に貢献したのは間違いないでしょ。こういう地味な実力者がいないと面白くないよね。

    史上最多出場256戦もスゴいし、セナの死後、代役を断ったことも美談。マンセルは乗ったけど。

    腕時計のコレクターだよね。たしか。

    【2位】ジャン・アレジ

    ◆理由:デビュー戦の90年アメリカGPはたまげた。あの熱い走りをする新人は昨今いないですね。琢磨は近いですね。

    【3位】 中嶋悟

    ◆理由:F1を観るようになったのは、やはり日本人ドライバーのパイオニアであるこの人のおかげ。

    語りも興味深かった。日本という国を客観的に観た、冷酷とも思える発言の数々は母国に対しての、自分のルーツに対しての思いが強いからでしょう。

    この人が日本人のF1チームを作ってタイトルを獲ってくれる日を期待します。

    【ランク付け不可能】アイルトン・セナ

    ◆理由:間違いなく神。もしくは神になろうとしていた人。

    ジャッキー・スチュワートをして「危険過ぎる走り」と言わせる程キレた走りだった。

    プロスト、マンセル、シューマッハといった強敵たちと、精神的な部分から真っ向に対立していく姿は、心が痛くなるくらい真摯だった。

  17. ジン♡ より:

    はじめまして、ジンと申します。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 アイルトン・セナ

    ◆理由: 全てを超越した存在なので。

    【2位】 ミハエル・シューマッハ

    ◆理由: 不可能を可能にする彼の走りに惚れました。

    【3位】 アレッサンドロ・ナニーニ

    ◆理由: F1を好きになるきっかけが彼でした。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  18. きんぐ より:

    はじめまして。

    初めて参加させて頂きます。

    かずやと申します。よろしくお願いします。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 佐藤琢磨

    ◆理由:まさに日本の誇り。来シーズンこそは1番上を!

    そんな思いで1位にします。

    琢磨本来のアグレッシブな走りとシーズン後半で見せた

    冷静な走りを融合させた新しい琢磨を早く見たい!

    【2位】 ミカ・ハッキネン

    ◆理由:あのクールな表情の裏に隠された強い感情が痛い

    くらいに伝わってくる走りが好きでした。

    【3位】 ミハエル・シューマッハ

    ◆理由:常に100%の力を発揮しようとする姿勢、常に

    100%の力を発揮できるタフさ。尊敬してます。

    この人無くして現代F1は語れませんもんね。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  19. MAHYO@MATY-ni より:

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】セナ

    ◆理由:言葉はいらないでしょ〜(>_<。)

    【2位】 アレジ

    ◆理由:アレジアグレッシブかつ荒れまくりな走りが好き★

    【3位】ピケ

    ◆理由:俺が見だした時は速かった。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  20. ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 セナ

    ◆理由: 『神』の一言。

    【2位】 ライコネン

    ◆理由: 何もかもがcool!今年は不調だったけど・・・。来年に期待。

    【3位】 琢磨

    ◆理由: ”挑戦者”って感じのアツイ走りが乙!来年こそは表彰台のど真ん中に立ってほしい。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  21. shizu より:

    はじめまして、トンガリヒロと申します。

    F1を見始めて18年。

    離婚の話しの最中に「F1見るから後で」と

    言い放って離婚になったF1オタです(笑)

    以後よろしくお願いします(^^

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 ゲルハルト・ベルガー

    ◆理由: 男前!女好き!いたずら好き!・・・F1と全然関係ない様に見えますが、バーニーとロン・デニスがF1を巨大ビジネスに変えたあの90年代前半のギスギスしたF1界にあって、彼だけはもめ事もスキャンダルもなく、かつ常に淡々と仕事をこなした男でした。持ち前の明るさでどれだけ周囲を癒したことか知れません。

    そのドライビングセンスも大好きでした。通算成績は上の下ぐらいの感じですが、特定のサーキットでの走りは一級品。高速サーキット、高速コーナーが大好きな彼の走りはシビれました。130Rをベタ踏みで駆け抜ける姿は鳥肌ものでした。

    何よりもアイルトン・セナが「親友」とまで言った男です。素敵です。

    【2位】 ステファノ・モデナ

    ◆理由: 走り屋です。走り屋が間違ってサーキットに来てしまった勢いです。色白で見るからに内気そうな風貌。あまり変わらない表情。最初ティレル・ホンダに乗った時は「なぜ?モデナ?」と思いましたが、彼は間違いなく最も出世した町の走り屋でした。実際にF1ドライバーになってからも、自分の車で公道を攻め込んでいたと言う噂もありました。

    91年モナコは幻に終わりましたが、見た目に似つかわしく無い攻めの走りは大好きでした。

    【3位】 ネルソン・ピケ

    ◆理由: F1が純粋な「レースイベント」だった頃の匂いを残していた最後のチャンプだと思ってます。マンセルもそうですが、彼には華がありませんでした。ピケは裕福な家庭に育ったのに勘当されてまでF1ドライバーを目指した苦労人です。ちなみにピケは母方の姓だそうです。カート時代からロベルト・モレノと大親友で一緒にF1まで上り詰めた姿は見ていて感動でした。90年鈴鹿の表彰台はまさにもらい泣きです。

    常に周りに女性をおいて、パドックで笑顔を振りまいていた姿が本当にカッコよく見えました。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    と、見てるとどうやら私はドライビング云々よりも、個人の性格やキャラに惚れるらしいです(笑)

  22. shizu より:

    【1位】キミ・ライコネン

    ◆理由:いや〜・・私がF1見だしたのは、この人のせいですから!

    釘付けになりました。

    【2位】佐藤琢磨

    ◆理由:あの、まっすぐな走りが好きです!頑張ってほしいです!

    【3位】ジェンソン・バトン

    ◆理由:・・・顔?すいませんっ。(笑)

  23. 【1位】 リカルド・パトレーゼ

    ◆理由: No.1 ドライバーと決して遜色ない走り。冷静にファイトするというのはまさにこのことかと思う。FW13 and 14B が名車になったのは彼のお陰でしょう。

    いかにバリチェロやアーバインとかが最速の No.2 と言ったって,パトレーゼにはかなわないような気が。

    ・・・ 書きたいことは結構あるがこれ以上書くと長くなるのでパス(無念・・・?)。

    # ちなみに彼は鉄道模型のコレクターでもあり。

    【2位】 デビッド・クルサード

    ◆理由: 目立たずとも速い。華々しさはなくとも安定感が感じられるし。(でも最近はツマらないことで結果が残せてない感じも。惜しいなー。)

    【3位】 佐藤琢磨

    ◆理由: ピット作戦やらなんやら,コース外の戦略や作戦が重んじられる中,本来の「速い奴は他の車を抜くべし!」「レースはコース上でバトルしてナンボ」を地で行く彼はエライ!

    <番外> 30歳を過ぎてからのミハエル・シューマッハー

    チームと一緒に努力しようとする姿勢,常に才能を発揮するために努力を惜しまない姿勢はすばらしい。

    応援しないがその姿勢は心から尊敬します。

    # 若かりし頃は「勝つためならどんな手段も選ばない」を地で行くところがあったけど,子供サマが産まれてから凄く?変わったように思います。。。どぉ?

  24. マエッコ より:

    現役なら・・・

    【1位】 キミ・ライコネン 

    ◆理由: 安定感と実は負けん気が強く土壇場で案外強いとこ

    【2位】 佐藤琢磨 

    ◆理由: 果敢に攻める姿勢は今一番かっこいいと思う

    【3位】 ジャック・ヴィルヌーブ

    ◆理由: かつてミハエルを倒した男。96年や00年の走りを今一度!ポルトガルでアウトからミハエルを抜いたのはビビった

    辞めた人なら・・・

    【1位】 アイルトン・セナ

    ◆理由: 別格。凄さとはかなさが同居していた。神秘的!伝説的なシーンがいっぱいある。記憶に残るヒーローやね

    【2位】 ミカ・ハッキネン

    ◆理由: コース内外でフェアな印象。00年のスパでミハエルをぶち抜いたシーンは目に焼きついた

    【3位】 デーモン・ヒル

    ◆理由: 30過ぎでデビュー。天才とは思えないがチャンプにまで上り詰めたというのは実はかなり凄い事と思える

    でもミハエル・シューマッハーは本当に凄いと思う。僕も真摯な姿勢が素晴らしいと思います。

  25. ぽんた より:

    はじめまして。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 ミハエル・シューマッハ

    ◆理由: ベネトン時代からのファンです。

        勝つためにやるべき事が解っている感じ。

        そして勝つために最大限の努力をしていると思う。

        その姿勢がかっちょいい。

    【2位】 ジャン・アレジ

    ◆理由: 1勝しか出来なかったが、彼の熱いな走りは

        かっこよかった。

        記録より記憶に残るドライバーでした。

    【3位】 アイルトン・セナ

    ◆理由: 予選終了間際にコースインして、あっさりポールを

        奪ってします速さには感心しました。

        事故の夜は眠れませんでした。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  26. shimizu より:

    はじめまして shimizuといいます

    では・・・

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【2位】 ジャン・アレジ

    ◆理由: ティレル(タイレル)の頃のアメリカGPのセナへの追い越しでいっぺんに好きになりました フェラーリでの走りやユニフォーム姿もほんと好きでした

    【3位】 佐藤琢磨

    ◆理由: 彼の走り、行動、言動 全てが好きです 彼がリタイヤした時は悔しくてテレビを消してしまいたくなります(でも、消せない!)

    【4位】 中島悟さん

    ◆理由: とにかく87年の鈴鹿の2コーナーで見てた時に彼が走っているのを見て涙がこぼれました ほんと全盛期にF1に参戦してたらって思います

    不動の1番はセナさんです

    大好きでした(今も)

    最後の鈴鹿で日曜日の練習走行で私が座ってた(ヘアピン)席の前でマクラーレンが止まってしまってそこに立ってレースを眺めている彼をほんと穴の空くほど見てました ほんと彼は後光が差してました 今でも勿論その姿が目に焼き付いて離れません

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  27. satoshi_tetsu より:

    はじめまして、satoshi_tetsuと申します。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】ジャック・ヴィルヌーブ

    ◆理由:レースでシューマッハとまともに戦えるヤツだと思います。今では、彼の性格も災いしていいマシンに乗っていませんが、今でも戦えるマシンに乗れば、互角以上にシューマッハと戦えると信じたい。

    【2位】デーモン・ヒル

    ◆理由:グラハム・ヒルの息子として名だけで、その当時最強のウィリアムズに入り、セナの亡き後、いいマシンをかり総合優勝を飾る・・・ココまでならただのドライバー。その総合優勝した次の年、なんと新生アロウズに移り(これだけでも驚き)、なおかつ、別に速いマシンでもないのにそこそこの走り・・・そして・・ハンガロリンクでは独走・・惜しくも二位になってしまったが、トラブルがなければ圧勝だったろう。しかし、その後、トップチームに戻れなかったのは残念・・

    【3位】アンドレア・デ・チェザリス

    ◆理由:壊し屋チェザリスの異名を持つように、マシンを壊させたら、すごい。しかし、それ以上に一番印象に残ったのは、Jordanのデビュー年にそのマシンに乗った時の速さ・・・マシンも印象的だったが・・・

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  28. 匿名 より:

    始めまして!Qで〜す。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【1位】 デイモン・ヒル

    ◆理由: まさにsatoshi_tetsuさんの言うとおり!ハンガリーでのジャックに抜かれまいとする最後の抵抗は忘れられません。。。

    【2位】 ミカ・ハッキネン

    ◆理由: 一生勝てないんじゃないか、、と思っていたら立派なチャンピオンになってくれました。早すぎる引退は、あまりに真剣にF1に取り組んでいた証!

    【3位】 H・H・フレツェン

    ◆理由: ホントにドライバーか?という感じののんびりとしたジョントラボルタのような風貌。チャンピオンになってほしかった、、、

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□