リフォームをしたいと相談がありました。

人気の記事:

コメント

  1. 現実的に「ありえな〜い」(女子高生風に言ってください)

    それを賃貸の条件に書くとして、条件を見た入居希望者は本当にそこに入居する気になると思いますか?

    そこのところを施主に説明したうえで決定すべきです。

    施主の言うことは絶対ですが考え方を変えて頂くアドバイスは絶対すべきです。

    また、1住戸を2住戸にするわけですからガスだけでなく、給水・排水・電気の見直しも必要です。

    自己の住居は今まで単独に計量(メーター設けていた)していた訳ですから、賃貸部分用にそれぞれ電気・ガス・給水のメーターを設けないとマズイでしょう。

    そうしないとそのうち入居者からの苦情が必ず来ますね。

    1ヶ月間旅行をしてても光熱費は払わなければならないのですから‥。

    ちょっとした事務所として貸すのであれば、「賃料に料金を含める」というやり方もありますが、「シャワー」があるということは「住居」として貸すということですよネ?

    賃貸部でシャワーを使っていたら、今までの住居のシャワーの出が悪くなるなんて問題も起きかねません。

    恐ろしい‥‥