初めまして、映画『Ray』応援団です。

人気の記事:

コメント

  1. とりあえず、「ブルース・ブラザース」という映画を見てください。

  2. jinu より:

    すっかりご無沙汰してしまい申し訳ないっす。

    モ・ディドリーさん、どうもありがとう。ベルーシの『ブルース・ブラザース』ですが、10年以上前にリバイバルで観ましたが、すっかり忘れています!

    『Ray』の公開までになんとか観たいと想っています。

  3. jinu より:

    『Ray』の公開、楽しみにしています。

    ブルースブラザースは、僕も大好きな映画です。

    「Twistin’ shake it shake it shake it shake it baby〜」って、最高〜!

    残念なことに、日本では昔のフルアルバムはあまり発売されていないのですが、企画物は非常に多いです。昔の名曲は、たいていどのベストにも含まれていると思います。

    それ以外では、個人的には「My World」というアルバムに入っている、レオンラッセルのカバー曲「A Song For You」が大好きです。

    あまり参考にならないかもしれませんが。

  4. jinu より:

    ジェイミー・フォックスは本当にレイと似てますよね!?

    思わずビックリしました。

    映画楽しみです!!

  5. jinu より:

    遂に公開されました。

    ジェイミー・フォックス、アカデミー確実視されています。

    ご覧になった皆さんからの感想待っています。

    ボクは2枚組のベスト盤を毎日聴いています。

  6. jinu より:

    公開初日で、観に行ってしまいました。

    さて、感想はというと…、

    この作品を映画として評価するとき、

    正直僕には内容が本当に良いのか判断できません。

    というのも、ジェイミー・フォックスのあまりのはまり役っぷりと、劇中のレイ・チャールズの歌が見事にマッチし、終始鳥肌が立って、きっと周囲の人ほど冷静に観れていなかったはずだから。

    評判には聞いていましたが、神がかったとしか言えないほど、迫真の演技でした。(マジ似てる)

    僕にとっては、文句なし大満足で、好きな映画の一本になりました。そして改めてレイの偉大さを感じたなぁ。

    思い入れが強すぎるので、他人の感想も。

    一緒に見に行った連れも、ひさびさにいい映画を観たと言っていました。

    普段ヒップホップしか聞かない彼ですが、帰り際にはさっそくサントラを購入していたので、少なくともレイ・チャールズというアーティストの素晴らしい音楽を、映画の中で十分に伝えることはできていたんじゃないでしょーか。

    まわりくどい言い方をしましたが、

    単純にレイの音楽を存分に堪能することができる作品なので、それだけでも観る価値はあります。

    レイ・チャールズを知らない人にも、ぜひぜひ観てほしいです。

  7. りょう より:

    jinuさん

    熱い書込どうもありがとうございます。

    レイ・チャールズのことを殆ど知らないボクも、鳥肌的な感動に酔いしれました。

    ひとつひとつのエピソードなどを数え始めたらきりがないのですが、映画が語るストーリーに乗って、レイの歌が流れる時、得も言われぬ“リアリティ”が醸し出されて、ただ、ただ圧倒されました。

    ベスト版を聴いていると、レイの音楽的な変遷が辿れますが、“変わっているけれど変わらない”と言えば良いんでしょうか。レイ・チャールズはレイ・チャールズなんですね。あぁ、上手く言えない!

    レイのことに詳しい方々のご感想、ドシドシお待ちしています。よろしくお願いします。

  8. りょう より:

    ジェイミー・フォックス、アカデミー主演男優賞獲りましたね!!

    すごい☆

  9. jinu より:

    前評判どおりでしたが、改めて受賞されてうれしいですね。

    日本のニュースでは、どれもレオ様今回も逃すみたいな感じでスポットされてませんでしたが。

    これを機に日本でももっと公開されたりしないんでしょうか?

  10. jinu より:

    初めまして。

    ジェイミー フォックス、受賞バンザイ!

    この映画は泣いて、泣いて、泣いて、感動しました。

    さて、去年、マーティン スコセッシ総指揮の6本のブルース映画の中で、クリント イーストウッドが監督した

    「piano blues」という映画があり、wowowで放映されただけなのですが、ブギ、ブルース、ニューオリンズ、ジャズのピアニストの実写映像とインタビューの映画なのですが、どのジャンルも

    ブルースが根っこにあるんだなと感激して、すぐコミュを作りました。私自身はそれほど詳しくないので、管理人になったがために、いい勉強になってます。

    前置きが長くなりましたが、

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=58882

    ここです。

    この映画でクリントイーストウッドがレイ チャールズにインタビューをしていて、映画のワンシーンと、ほとんど同じ内容の

    御本人の言葉を映画から聞き取って記事にしてあります。

    後日にもう少し足そうと思っています。

    よかったら見てください。

  11. jinu より:

    『Ray』がようやく、DVDで発売決定になったようですね。

    6月10日発売予定。

    待ち遠しい!!

    ついつい、高いスペシャルエディション(3枚組)に手を出してしまいそう…。

  12. けん より:

    コーラスの3人娘まで似た感じ。徹底的ですばらしいですね。背の高さもこだわっていたように思われました。

  13. motosh より:

    DVDゲットしました。

    さっそくエキステンディッドエディションを観ました。

    あらためて感動。

    やっぱりレイはすばらしい。

    黒人ばかり出てくる映画で、アカデミー賞というのもすごいです。

    まだまだ特典映像とかもあるので、これから日々楽しめそうです。