観てきた感想&報告はこちら〜

人気の記事:

コメント

  1. h1g0 より:

    私は2年ぐらい前に,「救世観音」観ましたよ。

    どんよりした空の下拝んできました。確かに遠いし暗い。

    どうしようかなあと思っていたら,

    後から来た団体様のガイドさんのライトで,チラリ。

    いろいろといわく付きの観音様にライトを向けるのって,何か罰が当たりそうです。

    その後数日は悪いことが起こると『秘仏パワーだ!』と,ごまかしました。

  2. ケツオ より:

    あのライトでチラチラするのは、

    気をつけないと、ヒンシュク買いますかね。

    やっぱり誰も見てないとこで、チラチラ光を当てて、

    ニヤニヤしながら見るのが基本ですかね。

  3. ヘネシー より:

    救世はいいですね〜。 

    でもたしかに見にくい。 

    ずーっとあこがれてて、初めて見たときちょっと残念だったのを憶えてます。

    百毫あたりをペンライトで照らしてるとほんとに光線が出てるようで愉快でした。

    法隆寺で言えば、秘仏でないけど昔は嫌いだった百済のことがようやく最近好きになってきました。 歳とともに仏像の好みも変わりますね。

  4. ケツオ より:

    >ツルコー

    救世観音はちょっとがっかりしたんですが、

    (仏が悪いわけでなく、そのシチュエーションが・・・)

    逆に期待以上のものを見せられて、

    感動することもありますよね〜

    私の場合、法華寺の十一面観音なんかがそれですわ。

  5. ケツオ より:

    7/10 補陀落山寺の秘仏「三貌十一面千手観音」をみてきました。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=26780435&owner_id=127022

  6. KANda より:

    こんばんわ。

    今月のはじめに研究旅行で2週間

    関西地方に行ってきました。

    中でも一番良かったのは

    神護寺-多宝塔-内にある五大虚空菩薩像です。

    ボリューム感と面のハリが抜群

    距離にして10cm、においも嗅いでしまいました。

    勿論、埃っぽいワケですが

  7. asano より:

    救世観音は目が慣れるまでじーっと金網に貼り付いて見た記憶がありますがその間に何人の人が通過していったことか。法隆寺は全体的に暗くて見づらい仏様が多いと思います。保存等考えるとそうそう明るくも出来ないのかもしれませんが。

    今日、法華寺と興福寺の北円堂に行ってきました。

    久々に浄瑠璃時の吉祥天が見たくなっています。

  8. ケツオ より:

    11月3日、私の愛読書「日本の秘仏(平凡社)」を頼りに道明寺の十一面観音立像を見に行くも、開帳されていませんでした。ショック・・・。正しくは18日、25日の月極秘仏のようです。皆様お気を付けて。

  9. sumire より:

    滋賀県の石山寺にて、胎内秘仏が公開されています。

    まずは石山寺本堂の観音様に感動。そしてこの秘仏さまのお顔と出で立ちのかわいらしくピースフルなこと、しばらく立ち尽くしてしまいました。もう一度逢いたくて、公開が終わるまでにまた行けるように願っています。公開がいつ終了なのかは決まっていないようでした。間近で見れます。

  10. 9月に大峯から奈良に下りて、西大寺で秘仏・田夫愛染さん(国宝・愛染明王の裏に祀られている)を拝んできました。

  11.  松任市に有ります。摩耶夫人です。

     本当に有り難い仏様です。美しい瞳に吸い込まれそうになります。女性のたくましさを感じます。

  12. より:

    仏像と光について

    光をあてるとモノは痛みますからね。

    博物館などに展示されているものも

    様々な規則を定めて相当気をつかっているようです。

    しかしやはり現地に行くと、その信仰の現場を実感できて良いと思います。

    博物館学でも、

    仏像など信仰の対象物などは、現地の信仰の現場にある姿が本来で、その祈りの場は再現できない。

    という意見が支配的です。

    その場の空気を感じることが、大事ですよね。

  13. 昨年暮れに、青蓮院の熾盛光如来のご開帳を拝観してきました。

    熾盛光如来も青不動も撮影禁止だったので、

    庭からズームで撮ったのですが、ちょっとピントが・・

  14. 今日、浄瑠璃寺へ行ってきました。

    薬師如来、大日如来、吉祥天女、弁財天等、秘仏が一度に見られるのは年に1度の今日のみ。

    良かったですよ!

  15. 機能別ヘ より:

    誰か延暦寺の根本中堂一斉公開に行った方

    いらっしゃいませんか〜?

  16. ケツオ より:

    >RONKORONさま

    うらやましい!そしてそういう日を見のがさないあたり流石です。

    私、浄瑠璃寺の大日如来はまだ未見なんです。

    週末はひさしぶりに薬師寺と唐招提寺に行ってきました。

    期間限定平成21年ごろまでの唐招提寺金堂の姿はある意味、

    異様で貴重なのかもしれません。

  17. 機能別ヘ より:

    自分で書き込みして自分で行ってきました。

    延暦寺根本中塔の秘仏一斉開帳。

    いや秘仏ってレアなものほど期待はずれが多いですが

    思ってたよりよかったですよ。

    自分の日記に感想長々と書いたので興味ある方は

    どうぞ↓

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=77879206&owner_id=1516894

     #これってルール違反?だったらごめんなさい。。

  18. Lucia より:

    救世観音さまを拝みに行こうと思っていたのですが、

    予定が調整できずまだわからない状態です。

    悩んだのは、上にもありましたがライトです。

    たしかに暗くて遠くてよく見えない。

    でもだからといって仏像にライトをあてていいものか?

    見たい。

    でも仏様なんだから、拝むのが先じゃあないか?

    でもみたい。

    写真を撮るときとかはライトアップするし

    気にしなくていいのかもしれないけど氏さんが書いているように光をあてたら痛むし

    写真撮るときなんてよっぽどだし

    もともと拝むためにいる仏様に対してライトで照らすのはちょっと違うような気がして・・・・。

    まあ、正直言って本当に実物を肉眼ではっきりと見たいんですけどね。

    でもまあ

    当分悩みます。

    いけるかどうかもわからないし。

    百済観音さまはその点お美しいお顔がはっきり見えてたまに独り占めできるのでとても嬉しいです。

  19. 常光寺の秘仏・歓喜天を見てきました

    湛海作の素晴らしいものでした。

    荼吉尼天や摩利支天などもありすごかったです。

  20. すだち より:

    どうも…(^^)です。

    あ〜σ(^^;も常光寺の聖天さんと秋篠寺の大元帥明王さまとお会いして来ましたよ。

    常光寺さん、小さいお寺さんなのに天部の仏さまが沢山いらしゃって(☆☆)驚きました。

  21. さく より:

    圓教寺の秘仏六臂如意輪観音像を拝観してきました♪

    内陣まで入れて頂けて、四天王も直前で見ることが

    出来ました。(ライティングもしてある)

    秘仏の如意輪さんは、とても小さくて薄暗いので

    お顔が見づらいかもしれません。しばらく目を慣らして

    見ていると、非常に細やかで綺麗なお顔だとわかります。

    山の中にあるお寺さんですが、姫路駅前からバスの本数の多いし

    比較的行きやすい方だと思います。

  22. 機能別ヘ より:

    私も円教寺に行ってきました。

    初公開の如意輪さんは素晴らしかったです。

    ライトの加減かも知れませんが、

    私には紫色に銀の模様がうっすらと描かれているように見え、

    ほんとにきれいな仏様でした。

  23. ケツオ より:

    大阪の愛染まつりで勝鬘院愛染堂にいる秘仏愛染明王を観てきました。

    まつりの6/30〜7/2の3日間とお正月に見ることができますよ。

    下町に愛されている愛染さんです。

    1.5mくらいあったかなぁ。結構大きく迫力ありました。

    屋台もたくさん出ており、お祭り気分を満喫しながらの秘仏観賞でした。

    http://www.aizendo.com/

  24. 匿名 より:

    はじめまして。

    秘仏愛好歴1年とまだまだ未熟な私ですがよろしくお願いします。

    先日石川県は能登の「ヤセの断崖」付近にある『裸弁才天』を観に行きました。暗くて写真は撮れなかったのですが、秘宝館の匂いがするなかなかに美乳の弁財天様です。しかも2体・・・

    ご覧になったことの無い方、必見です。

  25. さく より:

    行って来ました、松島・五太堂。(「太」が正解らしい)

    暑かったよぅ〜。

    五体並んで、かなり真近で見られたのは良かったのですが、

    止まると怒られるし、並ぶし、拝観料は高いしで、

    すっかり疲れ果てました・・・。(o_ _)o

    詳しいことは日記に書いたので、見に来てね。

  26. さく より:

    連続投稿。w

    行って来ました、湖東三山。

    他にも西国札所を色々回って参りました。

    まだアップしている途中なんですが、

    詳しいことは、いつも通り日記に書いたので、見に来てね。

    (湖東三山については「湖東の旅1〜3」に書いてあります。)

  27. さく より:

    さらに連続投稿。w

    東博で開催中の「仏像〜一木にこめられた祈り」展で展示中の

    千葉の蓮蔵院の聖観音菩薩立像は、33年に一度のご開帳という

    秘仏だそうなので、この機会を見逃すと、2015年頃まで

    拝観できないようですょ。

    お顔以外は鉈彫りが均一にほどこされ、とても美しいお姿でした。

  28. ケツオ より:

    現在開催中の京都非公開文化財特別拝観

    http://www.kobunka.com/hikoukai2006.html

    の中から瑞光院の准胝観音、法金剛院の地蔵菩薩座像(金目地蔵)を 観てきました。

    准胝観音は25センチくらいの銅製の小さなお姿。

    正直この仏像目当てだけで行くのはあまりお薦めできません。

    というのもこの企画、それぞれの場所で800円を払わなくてはいけず、

    何ヶ所か回ろうとすると相当の出費になります。

    高すぎ・・・もう少し観る側の立場になってできないもんですかね。

    学生の案内アルバイト(多分)も頼りないし。

    法金剛院は他にもいくつか興味深い仏像がおりましたので、

    時間があれば行ってみる価値ありだと思います。

  29. みしま より:

    >29 ケツオ さん

    京都非公開文化財特別拝観について。

    リンク先にも説明があるのでご存知かもしれませんが、拝観料は文化財保護のための資金集めなので、少々高めの設定でも仕方ないと思います。

    あと、学生の案内はアルバイトじゃなくて京都の各大学の古美術研究会・地理歴史研究会などのメンバーによるボランティアガイドですよ。

  30. 匿名 より:

    奈良市西大寺の秘仏愛染明王坐像様にお参りしてきました。

    毎年1/15〜2/4,10/25〜11/15の間開扉されえいるとの事です。

    元寇の役に際して「蒙古を生きたまま送り返して船を焼き払えたまえ。」と祈祷しその結願の夜に明王が持つ鏑矢が妙音を発して西に飛び、敵を退散させたとの言い伝えがあるそうです。

    彩色も残っており作られて700年以上も経った像とは思えないくらいでした。

    江戸時代に作られたという御前立ちの明王様もご本尊と見比べると色々違いがあって仏師がどの様に考えながら彫られたのかと考えると楽しかったです。

  31. AYU より:

    このコミュの情報を見て

    世田谷山観音寺の秘仏公開を観に行ってきました。

    情報ありがとう。

    世田谷山観音寺の秘仏は珍しく、不動明王を含むので、

    見に行くことにしたもの。

    pm3:00 山門前の駐車場に到着

    世田谷山観音寺はそこが世田谷区とは思えない

    ひなびた日本ばなれした雰囲気をかもし出していた。

    調布あたりにいるような雰囲気がする。

    以前、しょっちゅう通っていた学芸大学前に

    こんなところがあるとは思ってもいなかった。

    日本ばなれした雰囲気は仁王門の

    風変わりな切り妻造り屋根のカーブのせいだった。

    山門前には鉄製の狛犬。完全に神仏習合している。

    しかも南蛮鉄製の狛犬(狗犬)なんてこれまで見たことのないもので、

    山門下には巨大な提灯が下がっている。

    置いてあるものがいちいち期待を裏切ってくれるものばかりで、

    非常におもしろい寺院だ。

    後からつぎつぎと現れるものも含めて、

    これまで見てきた寺院でもっとも気に入ってしまった。

    山門をくぐるとすぐ左手にやはり唐風の六角堂(不動堂/写真左)。

    向い側は近付いている節分の豆撒きのための櫓が組み終わっていた。

    六角堂にも山門と同様のカーブした切り妻造り屋根があるのだが、

    それが大屋根と不釣り合いなほど大きくて、

    実に個性的な建物としているのだ。

    しかも大屋根は六角六面なのだ。

    その風変わりな部分があからさまではないので、

    あれ?と思っても最初のうちはどこが変わってるのか気付きにくく、

    微妙な感じがあるのだ。

    それはこの寺院内にあるものすべてに共通している感覚だった。

    山門とこの六角堂はあきらかに同じ人物の発注で、

    同じ宮大工が造立したものだ。

    よほどの趣味人が発注したものに思える。

    六角堂の正面の戸は開け放たれ、

    中は参拝者で埋まっている(写真中)。

    ぼくも靴を脱いで、いちばん後ろで見学させていただいた。

    正面に不動明王とその左右に八大童子(写真右)が並んでいる。

    堂内は中央に火炎を発して燃えている護摩壇があり、

    それに向かって祈祷をあげる僧侶と護摩壇左右にも僧侶。

    それらに向かって並ぶ参拝者で堂は埋まっているが、

    せいぜい30人ほどで満杯の状態だ。

    不動明王は火炎を含めても、像高1.5mほどの

    シックな銀鼠色の落ち着いたたたずまいの像で、

    ここに掲載した写真とはかなり印象が違う。

    こんなに上品な不動明王にお目にかかったのも初めてのことだ。

    八大童子は堂内が暗いのと、不動明王より小さいので、

    ぼくの視力ではよく見えなかった。

    ここにあるもので、ほかで見かけないものを整理して見た。

    ・左右門柱の上にある大黒天、恵比須像

    ・小田原代官屋敷を移植した観音本坊

    ・風変わりな切り妻造り屋根の仁王門

    ・六角堂(やはり風変わりな切り妻造り屋根)

    ・上品な不動明王と八大童子

    ・三階立ての木造建築(阿弥陀堂/三重の塔ではない)

    ・達磨大師石像(立像だ!)

    ・本堂入り口上にある一木彫り巨大龍神木彫

    ・神風特別攻撃隊菊水部隊天山隊石碑

    ・東南アジア風多宝塔

    ・当寺開山の睦賢和尚の墓碑

     (これまで見た墓碑でもっともすばらしい意匠)

    ・獅子を従えた文殊菩薩像

  32. 機能別ヘ より:

    千葉県の房総のむら付近にある龍角寺。

    そこの薬師如来坐像を拝んできました。

    白鳳仏ということですが、首から下は江戸時代の後補だそうです。

    ちょっと厨子が遠めでしたが、白鳳仏らしい柔らかい顔をしていました。

  33. さく より:

    行って来ました。茨城県の東海原発隣にある

    日高寺・村松山虚空蔵堂。東京からだと3時間ほどかかります。

    創建千二百年記念として、4月3日までご開帳中です。

    ご開帳は50年に一度だそうです。 私に次回は多分ないので、w

    今回が最初で最後だと思われます。

    とにかく混んでおりました。この虚空蔵菩薩さんは、なかなか

    有名のようで、水戸黄門にも庇護されたそうな。

    創建は平安初期(807)年に弘法大師によって創建。

    本尊の虚空蔵菩薩も弘法大師が一刀三拝で刻まれたとか。

    今日拝観させていただいた感じでは、金泥を後から塗ってあるんだと

    思いますが、ちょっと重たく感じることと、下からライティング

    してあるので、表情が読みとりにくい という感じでした。

    右手に持っている刀が火炎になってて、刺されたら二度と抜けない感じ。

    ってか、刀が燃えてるのはコワイです。w

    刀(とう)の冴えはわかりにくいですが、なかなか印象は良かったですわ。

    ちょうど護摩法要が始まるところで本堂へ入れたので、

    かなり近くで本尊、不動明王、毘沙門天を拝観することができました。

    ご開帳中の4月3日のみ「朱墨札」という赤い文字のお札が

    配布されるようです。

    画像は、虚空蔵堂仁王門前です。

    ※JR東海駅からバスは1時間に1本程度。

    しかも、12時代はありません。

  34. ケツオ より:

    4月15日に法輪寺で妙見菩薩立像を見て参りました!

    感想を日記に書いてみましたので、興味のある方はどうぞ〜

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=411042489&owner_id=127022

  35. さく より:

    4月29日東京・護国寺の本尊如意輪観音を拝観して参りました。

    堂内の外陣にすわると、お顔まで見られます。像が意外と

    大きいので、驚きましたん。

    現在の護国寺は、チベット密教色に染まっております。

    29日には仮面舞踏もあり、画像のような感じでした。

    詳しくは、日記に書いてありますので、覗きに来てね。

  36. さく より:

    5月19〜20日の二日間、神奈川県・称名寺(金沢文庫)の

    秘仏本尊・弥勒菩薩立像(重文)がご開帳されました。

    今回は、金沢文庫で開催中の特別展「金沢文庫の仏像」に

    合わせてのご開帳ですが、現在動かすことが出来ないほど

    傷んでいるそうで、本堂内で人数限定でのご開帳となりました。

    (事前申込制でした)

    傷んでいるとはいえ、本体、蓮華坐、光背ともに鎌倉期の

    そのままのお姿で、保存状態はすこぶる良いと思われます。

    流れるような衣の皺も大変自然で、少しだけ下を向くような

    頭の角度は、厨子の前に座るとちょうど目が合う位置でした。

    丸いお顔に細い目で、大変気品のある弥勒さんでした。

    さて、今回のメインはこれだけではなく、金沢文庫の

    運慶の真作で話題の「大威徳明王坐像」の展示ももちろん見学。

    知り合いの方に招待状を頂いたので、無料で見ることができました♪

    第一印象、んー、ちいさいっ!驚くほど小さいです。運慶がきっと

    両の手の中で作ったに違いないほど、小さいです。お顔は

    妙に厚塗りな感じですが、それが塗りのせいなのか、

    護摩などのせいなのかはわかりません。耳までぼってり

    していました。ただ、鋭い視線はやはり運慶かなぁと

    思わせます。驚くのはそれだけでなく、胎内からでてきた

    「陀羅尼」です。小さく折りたたんであったようですが、

    非常に美しい。和紙もそこに書かれている梵字の文字も

    本当に美しいです。何百年もそこに眠っていたとは思えないほどでした。

    仏像スゲーってしみじみ感じた一日でした。

  37. 昨日、秋篠寺へ秘仏の大元帥明王立像

    を見に行ってきました。

    思ってたより大きいお方で迫力満点でした。

    首や足、腕に巻かれた蛇もキュート。

    それから唐招提寺へ鑑真和上坐像 も見に行ってきました。

    鑑真和上坐像が置かれてる前にふすま絵の青が

    目立ち過ぎようなきがしましたが、

    鑑真和上坐像は、なんかありがたくおがまさせて

    いただきました。

    唐招提寺の修理途中の、千手観音もみれました。

    手を外してるすがたがなんか

    グロテスクな感じがしました。

  38. ケツオ より:

    先週三重県の無動寺にある秘仏不動明王を見てきました。

    感想を日記に書いておきましたんで、興味をお持ちの方はどうぞ♪

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=522594207&owner_id=127022

  39. さく より:

    昨日(15日)、静岡県の瑞林寺で本尊・地蔵菩薩坐像の

    ご開帳がありました。康慶作、非常に美しい♪

    でも、死ぬほど暑かった。(;・ω・)滝汗

  40. 匿名 より:

    先日、滋賀県甲賀の櫟野寺の本尊(秘仏)十一面観音を見てきました。

    http://www.rakuyaji.jp/

    とにかく大きかった・・・

    かなり良いですオススメ!!

    あと、老住職は亡くなられたと知り、とても残念でした。

    一度お会いしてみたかったです。

    いつ頃お亡くなりになったのかなあ、、、

  41. さく より:

    今日、東京の浅草寺五重塔で行われている秩父観音札所出開帳へ

    行ってきました。お天気も良く、浅草はめっちゃ混み。

    出開帳といっても、全てお前立ちなので、比較的新しい仏像が

    多かった。ずらずらっとコの字型に並んだ観音様は、

    足の弱ったご老人たちには好評のようでした。

    まぁ、どちらかというと、来年春に行われる本尊開帳の

    観光ブースのような感じでしたが、由緒などもパネルで

    紹介してあったりして、わかりやすかったですわ。

    出開帳は明日まで。来年春は、3月18日〜7月18日で

    総開帳記念として(納経された方には)「花の札所散華」プレゼント。

    12.5×9センチなので、かなり大きいです。

  42. 機能別ヘ より:

    興福寺大円堂の聖観音(寺内初公開)行きました。

    ついで?に北円堂、八葉蓮華寺、獅子窟寺も行っちゃいました。

    ちょっと長いけど日記に入れました

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=606388419&owner_id=1516894

    どれも良かったけど、逆後光の差してた北円堂と、夕陽を受けて輝く

    西大寺の渡海文殊が実は一番感動しましたね・・・

    メジャーですが。

  43. さく より:

    行ってきました。99年ぶりにご開帳の岡山・蓮台寺。

    いやぁ、久々の無人駅で何にも出てなくて、本当にタクシー会社の

    電話番号控えておいてよかったですよぅ。w

    くわしい内容は、日記見にきてね。

  44. より:

    僕も蓮台寺行ってきました。本来は33年に一度開帳だったはずが、戦争やら本堂修復やらで2回延期になった関係で99年ぶりだそうです。

    ということで、頑張れば次の機会も参拝できそうです。

    隣の神社とは仲が悪いようですが、そちらも立派なのでこれから参拝される方はそちらも是非。こちらは備前焼(だったかな)でできた鳥居や狛犬も有名みたいです。

  45. より:

    今日はガイドとして法隆寺・興福寺・西大寺(と法華寺)に行ってきました。もちろん秘仏もバッチリ見てきました。

    このあたりの仏像は凄いですね。じっくり見てたら一日見てても時間が足りないくらいです。今日は平日ということもあってほど良くすいていてじっくり見ることができて良かったです。

  46. 昨日1月1〜3日まで伊勢原の日向薬師が御開帳だと

    いうので 行って来ました。

    伊勢原駅のロータリーには『大山ケーブル』行きの列と

    『日向薬師』行きの列が出来いた。こんなに大勢の人が

    いるとはおもわなかったので、ビックリ!

    終点の日向薬師のバス停から階段を15分くらい昇って

    山門に仁王様が出迎えてくれました。

    本堂の左側の宝物殿(拝観料300円)に

    日向薬師様(東京国立博物館の仏像展に出てた鉈彫りの仏像)

    http://event.yomiuri.co.jp/2006/butsuzo/win/09.htm

    日向薬師様は行基作といわれる薬師瑠璃光如来と

    脇待・日光菩薩の月光菩薩が重要文化財の厨子に収蔵されていました。

    そのお厨子を挟んで四天王、く十二神将が並べれています。

    そして大きな阿弥陀如来座像と薬師如来坐像もあって

    すごく見応えがありました。 まるで奈良に行った気分。

    しかもご住職がじっくりと法話を聴かせてくれて

    とってもよかったです。

    時間があまったので

    大山ケーブルで大山寺に行って、ちょうど御開帳されていた

    めずらしい鉄造の不動明王と二童子像(重要文化財)

    もは拝観してきました。目が異様にきらきらしてた。

    大山阿夫利神社のにぎわいと比べるとちょっとひっそり。

    今日も同じく1月1〜3日に御開帳している

    武蔵小杉の「影向寺」と

    1月1〜7日に御開帳している目黒の「大円寺」に行って来ました。

    昨日とうってかわって、武蔵小杉から影向寺に向かうバスはがらがら。

    影向寺のバス停で降りる人は誰もいなかったです。

    バス停におりても,看板も何も出てないので

    困りました。

    影向寺は関東の正倉院といわれるほど歴史は古いようです。

    影向寺についたら人はまばら、本堂の手前に

    六角の聖徳太子堂があって聖徳太子像が

    まつってあります。

    http://www.city.kawasaki.jp/88/88bunka/home/top/stop/zukan/z0212.htm

    本堂には去年作られたというピカピカの

    仏像の腕にひもがぶら下げていて

    そのひもの先を参拝する人がひっぱれるようになっています。

    本堂の裏に,収蔵庫があって

    ガラス張りで薬師如来と両脇侍像(重文)が安置されています。

    http://www.city.kawasaki.jp/88/88bunka/home/top/stop/zukan/z0201.htm

    十二神将もあって薬師如来とくらべるとかなりこぶり

    http://www.city.kawasaki.jp/88/88bunka/home/top/stop/zukan/z0211.htm#

    無料だけど、ガラス張りで見にくくかったです。

    あと、「広目天」「増長天」がいらした。

    http://www.city.kawasaki.jp/88/88bunka/home/top/stop/zukan/z0208.htm

    バスで武蔵小杉に戻ったら目黒線でいけば

    目黒は近いので目黒の大円寺の秘仏公開も見に行きました。

    大円寺の清涼寺式釈迦如来は重文なので

    やはりまたガラス張りで見にくかったです。

    十一面観音像の前に大黒天がおいてあって

    十一面観音像は顔しか見えなかったです。

    八百屋お七の恋した相手の吉三が出家して西運上人

    になったお寺の本尊だったという阿弥陀如来三尊

    (その寺が廃寺になったので大円寺に移された)は

    お堂の戸がちょっとしか開いてなくて

    見にくかったけど、それなりに迫力がありました。

    お七地蔵は阿弥陀如来の前におかれているけど

    花が邪魔でほとんど見えないです。

    西運の像は阿弥陀如来三尊の右側のお厨子の中に入れられていて

    ご住職曰く「見れないようにしていて、我々もほとんど見れないので

    盗まれても気がつかない」とのこと。

    推測するに、像を見てお七のように恋に落ちてはいけないという

    配慮(?)のようです。

  47. ケツオ より:

    今年一発目の仏像は京田辺市観音寺にある国宝十一面観音でした。

    間近でゆっくり見ることができて大満足!

    近くにはこれといって何もないところなんで、

    本当にこの仏像1体を観にいくだけだったんですが、

    それだけの値打ちは十分ありますよ。おすすめです。

    皆さま今年もよろしくお願いします。

  48. ちゃんぶー より:

    こんばんわちゃんぶーです。

    去る3/3、マイミクさんと鎌倉近辺を見仏してきました。

    目当ては浄楽寺運慶作毘沙門天&不動明王です。

    よければご覧下さい。

    http://kenbutu.chan.boo.jp/

  49. ケツオ より:

    昨日雨の降る中、行ってきました、浄福寺。

    寒かったですわ・・・

    千手観音の坐像は結構珍しいので見ておきたかったですし。

    参拝客はたくさんいましたよ。

    写真では分かりにくいのですが、顎にすごく特徴がありました。

    撮影禁止のはずなのに結構写真撮り放題でした・・・なんだかな。

  50. ちゃんぶー より:

    こんばんわ

    ちゃんぶーです。

    先々週3泊4日で奈良で見仏してきました。

    法華寺十一面観音を見てきました。

    よろしければブログをご覧下さい。

    http://kenbutu.chan.boo.jp/

    コメントいただけると嬉しいです。

  51. ハヤカワ より:

    昨日、願興寺(通称:可児薬師)@岐阜に出かけてきました。

    秘仏である本尊も脇侍も四天王もぽちゃっとした感じで、

    洗練からはちょっと遠ざかって田舎っぽい感じだったけど、

    でもその収蔵庫には重文24体がぎっしりと詰め込まれていて圧巻でした。

    まさかこんなところに...という感慨でいっぱいです。

    正直なところ、秘仏よりも説法印を結ぶ釈迦座像(三尊像)が一番素敵だった。

    でも、秘仏開帳がなければ訪れる機会はなかったと思う。

    そういった意味でも秘仏って、何かしらのパワーがあるなあと思いました。

  52. 不空 より:

    ↑ ハヤカワさんと同様 同じ日に願興寺行ってきました

      中仙道の宿場町というかド田舎にこれだけの仏のラインナップに

      圧倒されました

      秘仏薬師を中心に 脇仏の菩薩 十二神将 四天王 さらに

      阿弥陀三尊が二組 立像と座像 釈迦三尊像もしっかりみごと

      普賢も文殊もいいです 12日までですがお勧めですよここ

  53. 匿名 より:

    ↑僕も今日行きました!薬師如来も素敵でしたがみなさんの言うように釈迦三尊、すばらしかったです。
    阿弥陀さんは一体が平安っぽい立像でもう一体が運慶作となってましたが個人的には運慶ではないんじゃないかな?と感じました。どちらにしても素晴らしいことは間違いないですが。
    遠くまで行ってよかったです。

  54. 機能別ヘ より:

    可児薬師12日までっすか。

    情報ありがとうございました>ハヤカワさん、不空さん、毛さん

    11日に有給取得予定で、午後ヒマなのでどうしようーと

    思ってたとこです。行ってこようーーーっと!

  55. 機能別ヘ より:

    可児薬師行きたかったのに有給取れなかった(涙)

    ううう残念。

  56. 匿名 より:

     本日岐阜市の美江寺に行って参りました。平凡社の「日本の秘仏」に載っている十一面観音、少年のようでした。大きくなったら奈良の聖林寺の十一面観音になるのかな?っといった何か共通するものを感じました。大昔は一緒に並んでいたかもしれませんね。

  57. 不空 より:

    ↑ 写真でしか見たことないんで  うらやましいです 

      脱乾漆なんですよね

     

      今日は 観音の日なんですね

  58. 匿名 より:

    脱乾漆は地方には2例しかないそうです、もう一人が香川県願興寺の聖観音様です、こちらも秘仏ですが毎月8日開帳みたいです。

  59. キムラ より:

    4/18日に、大阪の観心寺の如意輪観音(国宝)、道明寺の十一面観音(国宝)、葛井寺の十一面千手千眼観音(国宝)、野中寺の金銅弥勒菩薩(重文)

    を回ってきました〜。

    一度に回れるのは年にこの日位かなと思ったので。

    京都からだと時間も電車賃もかかるので、「するっとKANSAI3DAY」カードで回りました。(バスも電車も全て網羅v)

    如意輪観音さんのけだる〜いあま〜い雰囲気に酔いしれながら、お次道明寺の菅公御手製といわれている十一面観音へ。暗くてよく見えません・・・。内陣からじっくり見られるのでライトを持って当てられている方も多かったです。

    藤井寺は今年は西国三十三箇所開帳で10月と12月にもオープンします。千手は圧巻!ものすごくこのヒトは「効く〜〜!」って思いました。なんとなく。こちらも内陣に入れます。うれしいv

    野中寺の金銅弥勒菩薩は飛鳥時代日本で作られたもので、小さいけれどスタイルのよい、かわいい菩薩様でした。半跏思惟の足裏がすきです。。。

  60. キムラ より:

    法隆寺の救世観音お初にお目にかかってきました〜。

    写真で普段見てるとはじめての気がしません(笑)。目を凝らしながら、手の滑らかな感じやニヒルな笑みを拝見できてちょっと感動v

    あの格子がもうちょっと観やすければ・・っ!

  61. さく より:

    成田山新勝寺のご開帳へ行ってまいりました。

    このご開帳にあわせて、色々イベントがありましたので、

    できるだけ参加してきましたょ。

    詳しくは日記に書いてありますので、行く予定のある方は

    読んでいったほうがいいかも。多分参考になります。w

    お寺さん自体の営業時間が早めに終了なので、その点には

    特に気をつけてね。(3時50分らしい)

  62. ケツオ より:

    昨日は神呪寺の如意輪観音の開帳日でしたね。

    私も観に行ってきましたが、日本三如意輪のお一人だけあって凄い人!

    さすが人気者。

    人が多くて近づいてゆっくり見ることができなかったんですが、

    蝋燭の揺れる明かりの中の如意輪の姿にうっとりです。

    写真で見る分には観心寺や室生寺に比べて、

    随分男性的な印象が強かったんですが思ったより艶かしかったです。

    もう少し近くでゆっくり見たかった!

  63. 匿名 より:

     昨日、日曜日知らなかったんですが現場で遭遇。

     小浜の国分寺で17年ぶりにご開帳の木造薬師如来坐像。

     ラッキーでした、地元の皆さんもっと情報書き込んでくださいな。

  64. 匿名 より:

    唐招提寺と秋篠寺の秘仏情報、ありがとうございました。

    6月6日、唐招提寺に行きました。千手観音等、明るいとこで、間近にみれて、幸せでした。修理所というとこの中に入ることも、初めてで、キョロキョロしちゃいました。良い一日でした。

    門は5時まで開いてますが、お堂も修理所も4時30分に閉まります。行かれる方は、時間に、お気を付けてください。

    秋篠寺は、時間がなくて、行けなかったです。残念でした。

  65. 今頃、何ですが、6/6に唐招提寺の仏像修理所と秋篠寺の大元帥明王お会いしてきました。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=830051980&owner_id=325384

    それと、総開帳中の秩父札所34ヶ所、巡ってきました。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=839159072&owner_id=325384

    秩父、良かったですよ。総開帳は7/18までです。

  66. 京都 清水寺 千手観音のご開帳いってきました。

    (08/09/01〜11/30 )

    8年ぶり、次は25年後だそうで、頭の上で合掌してる

    清水式の千手観音さますてきでした〜 

    千手観音のまわりに並んでいた二十八部衆もすてきでした。

    見応え満点です。

    あと、福井県の小浜市の国宝巡りも行ってきました。

    小浜の仏像もグーです。

    中でも妙法寺の27面もお顔がある千手観音さまがおすすめです。

    なんと手も本当に千本あるそうです。

  67. 匿名 より:

    美術館ですが、

    [古仏との対話―井上芳明と土佐の仏像―]

    平成20年9月27日〜11月9日

    に行ってきましたわーい(嬉しい顔)最近発見された、運慶の息子である湛慶作の大日如来像、素晴らしかったですほっとした顔ぴかぴか(新しい)

    明日、発表らしいですが、

    『土佐の秘仏を巡る』というバスツアーがあるみたいですほっとした顔ぴかぴか(新しい)

    http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=963047027&owner_id=10147153

  68. 匿名 より:

    10月18日に大阪府藤井寺市の「葛井寺・千手観音」「道明寺・試の十一面観音」

    「野中寺・金銅弥勒菩薩半跏像」に行ってきました

    道明寺は菅原道真公が彫ったとされる十一面観音は九州国立博物館に出展中のため

    試の十一面観音がかわりにご開帳でした

    7年ぶりご開帳だったそうですよわーい(嬉しい顔)25日にもご開帳があるそうなんで

    もう一度いってこようかなと思ってます

  69. 滋賀県大津市 浮御堂(満月寺)の阿弥陀如来立像のご開帳に行ってきました。

    いつもは60年に一度今回は25年ぶりのご開帳ということで期待していたのですが、金ぴかでとても新しく見えました。ちょっと思ってたのと違いました。

  70. 匿名 より:

    「国宝 三井寺展」に行ってきました。

    会場は大阪市立美術館で、会期は12月14日(日)までです。

    この後、サントリー美術館(東京)で来年の2月7日から3月15日まで、

    福岡市博物館で来年の4月1日から5月10日まで開催されます。

    数多くの国宝・重要文化財を含む仏像・絵画・典籍などの展示がありますが、

    注目の展示は、園城寺(三井寺)の4大秘宝と言われるいずれも国宝の、

    「黄不動尊像」「御骨大師坐像」「中尊大師坐像」「新羅明神坐像」です。

    「黄不動尊像」は日本三不動のひとつに数えられる秘仏中の秘仏の画像です。

    「御骨大師坐像」「中尊大師坐像」は智証大師円珍を生き写したかのような見事な模刻。

    「新羅明神坐像」は今までに見たこともない不思議な相貌の神像でした。

    同じく秘仏で重要文化財の「如意輪観音坐像」と「黄不動尊立像」も展示されてます。

    どの秘仏も次回はいつ拝観できるのか分からない貴重な文化財ばかりです。

    この機会に是非とも素晴らしい名宝の数々をご覧になってみてはいかがでしょうか。

  71. ケツオ より:

    14日華厳寺に行ってまいりました。

    雨の中、寒い中、多くの参拝客とともに秘仏を楽しみにしてたのですが、

    仏像との距離もありカーテンが邪魔をして全体像がはっきり見れませんでした・・・・

    遠くまで観に行ったのに残念です。

    久しぶりの開帳なんだし、もっと傍で拝ませて欲しかったです。

    そしてまた扉は閉じてしまいました。

  72. 匿名 より:

     はじめまして。

    秘仏というと、僕も4月18日に友人と法隆寺救世観音、勧心寺如意輪観音、葛井寺千手観音と見て回ったのが思い出です。

     秋篠寺の大元帥明王、西大寺の愛染明王なんかも秘仏ですよね。

    ペンギン

  73. KENTAK より:

    私も4月18日、観心寺、道明寺、葛井寺と友人とめぐってきました。

    タイミングの問題もあったのか、観心寺はものすごい人でなかなかゆっくり拝めませんでしたが、なまめかしさが印象的でした。

  74. 匿名 より:

    5月18日。

    兵庫県西宮市、「神呪寺」秘仏 如意輪観音の開帳に行ってきました。

    日本三如意輪と称されるそのお姿は、右足を斜めに、そこに肘をつき頭を傾けているアンバランスのようで均整のとれたもの。

    精巧優美。

    お姿もさることながら、口元と目もとが印象的でした。

    昼からだったのでさほど人も多くなく。

    新緑がまぶしい、展望もよいお寺。

    インフルエンザの影響でちまたは混乱気味ですが冷や汗

    素敵な時間が過ごせました〜るんるん

  75. 幽黙 より:

    いわゆる有名筋ではないのですが

    加古川市にある長楽寺の

    地蔵菩薩半跏像

    通常は33年ごとの開扉なのですが

    今回京都国立博物館美術院での

    修復が終わっての開眼法要で

    5/5の1日だけ特別開扉となりました

    それでも25年ぶりとなります

    写真撮影の許可をいただいて

    撮影させていただきました

    平清盛が高倉天皇の皇子誕生を祝って

    日本六十六州に一体ずつ造らせたという

    その一体となります

    ほかのものはほとんど失われたそうで

    あと数体あると聞いています

    ↓愚生ブログですが写真がほかにもあります

    http://blog.goo.ne.jp/kue-biko/e/4192eaa9151ac5135d597c531a2cd9ae

  76. ケツオ より:

    6月6日秋篠寺の大元帥明王を見てまいりました。

    日記もアップしましたんで興味のある方はご覧下さいませ。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1191692962&owner_id=127022

  77. ケツオ より:

    滋賀県近江八幡市にある長命寺の本尊が

    10月1日〜10月31日まで開帳されています。

    千手、十一面、聖観音が1つの厨子の中に収められており、

    どれも非常によくできた見ごたえのある仏像です。

    特に体を包み込むような手を持つ千手が素晴らしかったです。

    近くからじっくり拝観できますのでオススメです。

  78. AKI より:

    和歌山・紀三井寺の秘仏

    海老名・龍峰寺の秘仏について日記に綴っています。

    ご興味のある方はお立ち寄りくださいませ。