パリ。フラ語は必修か。

人気の記事:

コメント

  1. 樋口 より:

    こんにちは&はじめまして

    今の時期、パリは雨がちでちょっと寒いかもしれませんね。

    年に一回は通って一週間くらい滞在するといった感じですが、

    話す能力としては、まともにできるのは挨拶くらいです。(数字は大きくなると微妙)

    読むのは、標識や看板は大体わかる、料理のメニューや飲み物リストは大体わかるといった感じ。

    頭の中に大体の地理が入っているので、こんなのでも大丈夫なのかもしれませんが、パリであれば、簡単な英語でコミュニケーションは取れると思います。(上記の個人的経験に基づいても)

    大きなデパートはもちろん、街角のケバブ屋やクスクス屋、フォー屋さんでもほぼ通じます。(ときに中学生同士が英語でしゃべっているような状態になりますが)

    また、美術館巡りが主であれば、英語だけでなおさら十分だと思いますが、ただ、書かれている説明などを読むために、小さな辞書などはあったほうが便利かもしれません。

    あとは、挨拶は大丈夫とのことですが、ニコッとしてあげたり、毅然と振舞ったり、という演技力に問題なければ楽しめると思いますよ。

    (むしろ語学力云々より演技力のほうが重要かもというのが私見です<どの国でも同じでしょうが)

    それでは、Bon Voyage !

  2. 菊千代 より:

    いよいよですか。

    でも、パリはかなり寒そう。

    自分は全くフランス語わからずに行きました。

    最初は仕事で通訳付きだったのですが、二回目からはかなり苦労しました。

    英語圏ならしゃべれなくとも看板の単語等は読めますが、フランスはそうはいかず、「Flomage チーズ」「jambon ハム」「Sortie 出口」等の単語がすぐには理解できませんでした。(笑)

    一人だとレストランに入れず、パニーニとサンドイッチばかり食べていました。

     

    それから一つお願いというか・・・もしバカラ・クリスタル博物館へ行かれるようでしたら、わりと近所の下記の場所を見てきて頂けないでしょうか?

    住所は2区サン・ドニ門近くの23 boulevard de Bonne Nouvelleです。

    ここは「地下鉄のザジ」のレストランと伯父さんのアパートがあったところなのですが、現在どうなってるのか非常に気になっております。

    次回、パリで自分が行ってみたい場所のトップです。

     

    では、お気を付けて。

  3. ビビコ より:

    はじめまして。

    ビビコは足かけ1年以上滞在してましたが

    英語だけで大丈夫でした。

    フランス人は相手を選ぶので

    女の子だと男の子から、英語で話しかけてきますよ。

    きっと大丈夫!案ずるが産むがやすし!!

    いってらっしゃ〜〜いぃ(^_^)/~

    菊慈童 さん、素敵な場所ですね。

    私も行ってみたいです。

  4. きゃみ より:

    はじめまして。

    先週の火曜に2度目のパリ旅行から戻ってきました。

    パリに入る前にイギリス(ロンドン・ヨーク・ダラム・エディンバラ)にも行ったのですが、

    寒さはイギリスほどではありませんでした。

    とは言っても東京よりは弱冠昼間も冷え込むと思います。

    雨が多くて残念でしたけど

    それもなんか風情のある感じでしたよ☆

    わたしも

    フランス語に全く縁のない生活をしてるので

    挨拶と必要最低限の単語くらいしか言えません。

    でも英語でなんとかなりました。

    挨拶は店等でも積極的にしてたのですが(笑

    みんな返してくれましたよ!

    行くとやっぱり「喋れたらいいのにな」と思ってしまうので

    用語集とか持っていくとちょっとした時に使えていいかも。

    あたしはモン・サン・ミッシェルに行ったので

    レンヌやサン・マロに寄ったのですがそこではやはら英語弱しでした。(;_;)

    あと!パリ市内ですがメトロの駅では係りの方に英語が通じず(ポンマリの駅です)帰りのRERのチケットは紙に書いたメモを見せました。

    わたしも今度は美術館めぐりしてみたいです☆

  5. らむっぱ より:

    はじめまして☆

    アタシも去年のクリスマスシーズン2週間と

    今年の夏、ロンドンの帰りに10日間ほど、パリを満喫していました(●⌒∇⌒●)

    フランス語力は大学で専攻しているという程度なので、

    文法がやっと、

    会話なんて挨拶で精一杯という感じでした。

    こんなアタシがひとりでシャルルドゴールに降り立った時は、空港と人のデカさに圧倒されて

    一瞬帰りたくなってしまったのを覚えています(^^;)

    小心者の158cmなので。。。

    それでも決してうまくない英語で

    予約していたホテルまでの行き方を聞いたら、

    親切にも紙に書いてゆっくりと教えてくださいました。

    ホテルも下手な英語でIN OUTとも何とかなりました。

    空港、ホテル以外も、英語と笑顔とジェスチャーと仏語電子辞書でなんとかなりました。

    ただ、2回目のパリでは

    フランス語の音色とパリの風景に魅せられて、

    もっとフランス語ができたら

    今以上にパリを満喫できるんやろなぁぁ。。。

    って心から思いました☆

    ぼん☆ぼやーじゅ☆

  6. Yusuke-maj7 より:

    はじめまして。

    もう6年前に行ったきりなのですがコメントを。

    僕の友人もそうなのですが、若いフランス人は

    英米への憧れがあるので大方英語も通じると思ってもらっても

    いいと想います。

    でも、お年を召した気難しそうな人なら

    英語で話しても無視される可能性も…

    列車のチケット購入とか、公共機関では

    英語通じましたがこういう会話は

    初級フランス語のテキストにも載っているので

    覚えてフランス語で話してみるのが吉ですよ。

    まあ、やっぱり基本的には母国語で話された方が

    気分もいいものです。

    本文は英語になっても”S’il vous plait”を

    つけてみたりする努力をしてみてはいかがでしょうか。

    我々も外国人に片言でも日本語で喋ってくれたら嬉しいですよね。

    以上、参考になったかわかりませんが

    語らせていただきました。

  7. にこぴりん より:

    蚤の市に行ったときに始めは英語で数字を言ってましたが

    フランス語を使ったら、褒めてくれて更に安くしてくれました。

    「フランス語勉強して来てくれてありがとう!」って

    店主の中年のご夫婦の方に言われました。

    まだ習いたてぐらいのフランス語をバンバン恐れを知らず使い

    旅行しました。

    ホテルの受付の人に文法なおされちゃったり・・・。

    それはそれで楽しかったです。

    よかったらちょっとだけフランス語覚えていくと

    楽しい旅行になると思いますよ。

  8. Bonjour より:

    はじめまして!

    私はパリに4回行ってますが、問題なく過ごしてきました。

    ちなみに英語もフラ語も話せません。英語は簡単な「〜していいですか?」「小さいサイズはありますか?」ぐらいの文章です。

    とりあえずどちらで話すとしても。片言の単語でコミュニケートです(^〜^;

    片言でも笑顔で対応してもらえるには、ご挨拶「ボンジュール」と「オゥヴァァ(オルヴォワール)」そして「シルブプレ」。

    こういった言葉はもうすでに学習されてるとの事ですので、安心ですネ☆

    それからわかりづらいのが数字の示し方。日本人が人差し指をたてて「1」というのは通じない場合が多いです。

    人を呼ぶ場合や、注意をひきたい場合のジェスチャーになるみたいで、1個(アン)の場合は親指からスタートみたいです。

    お料理や単語の意味は、絶対に会話集や辞書が必須だと思うので、

    重たくても出番が少ないと思っても持ち歩くことがお勧めです!

    見た目どうみてもアジア人ですから、それなりに対応してくれると思います。

    ただし、高級そうな通りのお店などは、フランス人のプライドがそうさせるのか逆に英語では対応してもらえなかったりしました。

    とても優しいのですが、返事は全てフラ語。

    でもわかるように言ってくれるので、なんとなくわかりますよ。

    ジェスチャー付きですしね。

    でもやはりできるだけ、滞在先の言葉を覚えていくと

    旅行は数倍にも楽しくなるかと思います。

    間違って当たり前!なんで臆せずどんどん話しかけてきてください!

    また旅行のご様子などお聞かせくださいネ☆

    ボンボヤージュ!

  9. 千春@ より:

    はじめまして。

    私が修学旅行でパリに行ったときは片言で基本の挨拶が出来る程度でしたが、なんとか大丈夫でした。

    公共の施設には英文表記があったし、料理等は全て予め予約されていた物、日本語の分かるガイドさんの親切な解説付きだったので…

    多分、旅行会社のツアーなら同じような感じでしょう。

    確かに楽だけど、何だか味気なかったなぁ…

    大学に入ってからフランス語を学び始めたので、次に行くときは生かせればいいな。

  10. FUZZIO より:

    雨かぁ・・・。ふるかもだな。用意しておこうっと。

    メモ作って行くのもいい案だなぁ。

    「領収書くれ!」とかね。(u . u;)

    なんと頼もしいコミュニティなのでしょう。。。。みんな旅馴れてそう。いいなぁ。私もそうなりたいもんだ。

    旅は個人手配のバックパッカーみたいな旅に成る模様。絵描き一匹一人旅です。

    まずは仕事片付けなきゃぁああ!

  11. FUZZIO より:

    パリは英語が通じました。電子手帳を紛失して、警察にいったけど英語でなんとかなりました。さすが観光都市、パリですね。おまわりさんも一応英語でした。。。。てか順番待ち。そんなにスリ多いのか!(笑)

    南仏トゥーロンでは朝ジョギングしてたら、軍艦が空砲ぶっぱなしてます。朝の7時から。たぶん時報?散歩のお爺さんに聞いたら、フランス語で17がなんとか〜。。。全然わかりません。これは悔しかったです。ただこっちが一生懸命フランス語しゃべろうとしてるのは通じたようです。

    日本でも外国人が「シミマセン。。。」なんて場所聞いてくると優しくなれるように、やはり一生懸命喋ってみる事が大事なんじゃないかなーと思ってます。

    #次使えるのはいつだろう。。。行きたいな〜。

  12. dbooqp より:

    パリのルールって本ご存知ですか。

    この本に載ってる日常会話程度で充分楽しめると思いますよ。

    例えば

    パマル=まぁまぁ

    とか使えます。直訳だと『悪くない』なんですがフランスでは良い意味なんで店で使っても平気です。棒読みでも通じます。

    観光地では英語話せる人も多いですけど遊び心でフランス語使ってみるのも楽しいもんですよ☆

    優しい人はちゃんと聞き耳立ててくれます。

    楽しみですね!

  13. あ、「パリノルール」って黄色い本ですかね?なんか読んだ事有るような気が。パリ在住(みたいですが)なのに知ってらっしゃるとはスゴイ。。。

    あ、菊慈童とおっしゃる方。その場所見かけたら写真でもとっておきますよ-。趣ある建物っぽいなぁ。

    街全体そうだろな。京都みたいに条例とかで街の景観守ってそう。楽しみ。

  14. 大学2年生の夏休みに初めてフランス旅行しました。日本で一年半勉強していましたが、ほとんど文法とか書いてばっかりだったので、当時はあまりフランス語を話せませんでした。

     この旅行のときに初めて先生以外のフランス人とフランス語を話しました。そのときは「このあたりに郵便局はありますか?」という質問をしたのですが、この言葉に「ウイ、」というお返事が返ってきたときの、フランス語が通じた喜びは今でも忘れられません!!それまで日本で学問として学んでいたフランス語に命が吹き込まれたというか!!!とにかく、感動しましたっ♪ フランスの街やフランス人が、少し身近に感じた瞬間でした。

    さて、前置きが長くなってしまいましたが、、結論→カタコトでも、まずは話しかけてみて、それでもしダメだったら英語できき返す、とかでもよいのではないかと思います。フランス語通じたら、きっと旅行の思い出も厚みが増すと思います。

    ボンジュールとメルシーが大切だと思います!!

    お気をつけて、楽しんできてください☆☆

     

  15. dbooqp より:

    そ、そ。黄色かオレンジかそのあたりですね。

    なんちゃってフランス語で楽しむなら最後にムッシューやマダムってつけるだけで会話が楽しくなりますよ。

    相手もご機嫌になるはず!俺は勝手にそう思ってますw

  16.  初めまして。

     私、高校から通算3年間フランス語を第2外国語として勉強して挫折したんですが(あの、数の数え方はなんだ!)、ほとんど忘れた今でも時々聞いてわかったりするんですね。

     パリの地下鉄できっぷ買った時に、係員が「50サンチーム持っていませんか。」と言っているのかなと思って50サンチームだまって出したら、ちゃんと通じていたとか、ベルギーのブルージュのレストランで「ネームカードありませんか。」と途中まで言いかけたらくれたとかですね。こういう時は「おお、通じた!」とうれしいもんです。

     フランス語は名詞に男性形、女性形があって大変なのですが、フランス語ネイティブの人でも間違えるそうで、そんなことも気にせず、知っている単語をつなげて、エキュスキュゼ・モアとメルシを連発していれば良いと思います。

     あと、おぼえておくと便利なのはエキュスキュゼ・モアの軽い言い方でパルドンかな。地下鉄の動く歩道なんかで突っ立っていると、連発されますね。

     なお、数字なんですが、フランス語の先生にその後教えてもらったのですが、フランスは農業国で60進法だったんだそうです。それで、60を越えると、70は60+10、80は40×2、90は40×2+10という表現になるんだそうです(これであっていますよね?)。これ、もうちょっと早く知っていたら挫折しなかったな。

     それから、フランス語をちょっとでもしゃべると、フランス人の態度がとっても優しくなるような気がします。去年モントリオールでフランス語ちょっとしゃべったら、フランス系の人たちの態度が微妙に変わりました。ケベック州だとフランス本国よりそのあたり強いかもしれません。

  17. 匿名 より:

    ふむむ。「すみません」とか「ありがとう」「こんにちは」とか海外旅行で連発する単語はどこの国も基本は一緒ですよね。他の国でも連発する便利な単語は決まってたし2.3日で言い易くなってきますよね。

    やっぱり「フランスが好きで、敬意を持って訪れてますよ!」というアピールにカタコトでも挨拶系はしまくるつもりです。

    出発近くて緊張して来た・・・。が、がんばるぞ!