もうひとつのECMコミュ

人気の記事:

コメント

  1. ナカジマ より:

    17日付の書き込みに、「ECMの音楽は、魂の伝言。」という

    文章があって、かなりグッときます。ECM好きな方は、

    ぜひご一読なさってみて下さい。

  2. ナカジマ より:

    ノダゴローさんは、新しく「ECMからレコードを出したい」というコミュも

    作っておられます。みなさん、いかがでしょう?

    ちなみに僕も出したい…朗読でもすっかな。

  3. ノラネコ より:

    ナカジマさん、いつも、ご尽力、ほんとうにありがとうございます。

    >ちなみに僕も出したい…朗読でもすっかな。

    なんと! それもアリでしょう。 ことばのあるECMはまだ少ないと思いますが、 シゼル アンドレセンのような例もあり、、 いずれ、ECMが朗読のCDを出す日が来るでしょう。

    ナカジマさん、私でよろしければ、後ろで即興を弾かせて頂きます。。。

    しかし、SIDSEL ANDRESENのEXILE、David Darlingのcelloが、たまりません。

  4. ナカジマ より:

    朗読アリですか。よっし、アイヒャーにメールしようかな。

    でもメールしても、戻ってくるんですよねー。ナゾです。

    ECMの歌モノと言えば、ロバート・ワイアットが

    ヴォーカルを担当した『ハイド・アンド・シーク』(ECM1738)

    もありますよ。アメリカの人気作家、ポール・オースターの

    詩に曲をつけるというプロジェクトです。マイケル・マントラーの

    リーダー作、ということになっています。

    どなたか聴かれた方がおられましたら、感想などお寄せ下さい。

    柴田元幸さんが絶賛されているのを読んだことがありますが、

    あの方はオースターを訳しておられるので、まあ当然でしょうね。

    >SIDSEL ANDRESENのEXILE

    シゼルのしれーっとした表情が印象的なジャケですな。

    ぜひ聴いてみたいです。

  5. ノラネコ より:

    う〜〜〜〜DD、なんかわからん〜〜〜

    そう、Vocal・・・

    ナカジマサンのTOPのページのアリルド アンデルセンのアルバム、カタログで見たら、Vocalが入ってました。

    これも、明確なことば? or SCAT?

    言葉なら、ECMが扱うからには、相当に深い言葉なのでしょう。

    気になります。

  6. >『ハイド・アンド・シーク』

    なかなかよかったですよ。

    でも、同時期に購入したハイナーゲッペルスの

    「サロゲイト・シティー」が激烈にカッコよくって

    持ってるのをしばらく忘れてしまっていたorz。

    >SIDSEL ANDRESENのEXILE

    すごく良いらしくて欲しいのですが、

    なかなか見つからず。(ピアノがジャンゴ・ベイツ

    でしたっけ?)

  7. ノラネコ より:

    >ナカジマさん、timeがcrossしましたね、、僕、書き込んで削除したり、、していたので、先に書いたはずのカキコが、ひっくり返ってしまいました。

    >アイヒャーにメールしようかな。

    して!して! 僕のことも、言うといてください!

    >pyoyさん、、

    >『ハイド・アンド・シーク』

    なかなかよかったですよ。

    こんなコミュに参加すると、CD代がいくらあってもたりゃしない、全部ほしくなります。しかも、最近は、amazonとやらが、代引き宅配で持ってくるので、注文しに行かなくてもいいし。

    名古屋にECM専門のトレードセンターか、ライブラリが出来てほしいですよ。 お金があったらやるけどな。 どこかの企業が税対でやってくれませんかね。 過疎の村の村興しでもいい。 そんなんできたら そこに引っ越す。

    >ピアノがジャンゴ・ベイツ でしたっけ?

    DD以外ぜんぜんノーマークなのですが、そうです。

    アンドレセンは、Eですね。 Endresen。 すみませんでした。僕のMISSです。 一曲目からいきなりvoiceとユニゾンでDDのcello。あとのメンバーは ニルスペッターモルベル(最近若い人からこの名前を良く聞く。)、ヨン クリステンセン、keyが、jens bugge wesseltoft。よう読みません。。。THH。

  8. >bugge wesseltoft

    ブッゲ・ヴェッセルトフト

    JAZZLANDレーベルの創立者みたいっす。

    ニルスやアンドレセン、ギターのオールセットなどと

    北欧CLUBJAZZ(?)的な活動をしていて目下

    大活躍中の方ですね。

    DDも大好きなのでEXILEは早く手に入れたいっす。

    (最初にDD聞いたのは確かラルフタウナーのold Friend,New FriendとかいうCDだった気がします。曲、演奏ともにやられました。)

  9. ノラネコ より:

    >ブッゲ・ヴェッセルトフト

    カタカナでも、舌がもつれそう。 そう、そんな大活躍な人だったんですね。

    >Old friends New Friends

    これでは特に、Oregonの45th Pralellでも演奏されてるLASTのBeneth an Evening Sky..が美しくて… 繰り返し、繰り返し聴いてしまいます。 ジャケットは少し、ECMってぽくない色彩かな・・・

    DDは、Cyclesを最初に聴いたのですが、、、これまた、参加メンバーとか、一切の予備知識なしに聴いたら、、、出て来る出てくる、いきなり、コリン ウォルコット、ガルバレク、ピアノは誰かと思いきやスティーブキューン、ラルフ タウナーっぽい、でもなんか違うギター、、、それ以来、DDは、僕の心に住みついてしまった。。。