カーツ

人気の記事:

コメント

  1. 菊千代 より:

    カーツ大佐の若い頃の写真は1967年「禁じられた情事の森(原題:Reflections in a Golden Eye)」のスチルを借用しています。

    http://www.imdb.com/gallery/mptv/1122/Mptv/1122/5693-0103.jpg?path=gallery&path_key=0062185

    IMDB「地獄の黙示録」トリビアより。

  2. masa le soleil より:

    CANDYのマーロン・ブランドは、なかなか妖しくて、面白いと思いました。沖縄を舞台にした、”八月の十五夜の茶屋”では、特殊メイクでサキニという沖縄人の役を演じていて、変な日本語をしゃべりまくっています。

    マーロンの最高にイケていない超・駄作は、”フリー・マネー”という、コメディ・アクション映画です。 ブクブクに太った、信じられないマーロンを観ることが出来ます。。。正に絶句です。。。

  3. 菊千代 より:

    どんな駄作でも、やはり一週間で何億円というギャラを要求したのだろうか・・・(笑)

  4. とおる より:

    >菊千代さん

    あっ、本当だ。この写真ですね・・・。

    最近『ゴッドファーザー』のメイキング本を読んだのですが、あの映画ではかなり低額のギャラに応じたようです。それほどヒットすると思ってなかったのでしょうか(パラマウントの上層部を含めかなりの人間がヒットするとは予想してなかったようです)。

    ところが映画は大ヒット。それまで低迷していたマーロン・ブランドは完全復活。ブランドは不利な契約をしてしまったエージェントを首にしたそうです。

    そこからじゃないでしょうか、法外なギャラを要求するようになったのは。『スーパーマン』なんて、クレジットの順番からするとマーロン・ブランドが主演なんですよね。次がジーン・ハックマン。コッポラ作品の俳優が占めちゃった感じ。

    >マサジャガーさん

    『キャンディ』に出てるブランドを見た時は目を疑いました(昔テレビ東京で昼時に放映してました)。他にもリンゴ・スター、ジェームズ・コバーン、ウォルター・マッソー、リチャード・バートン・・・怖ろしく豪華な映画でしたね。何年か前にリバイバルした際に見ましたが、もうインパクトは無かったです。

  5. 私はWildOneのときのマーロン・ブランドが好きです。そして笑えます。