家のない子たちのクリスマス

人気の記事:

コメント

  1. ムーちゃんさん、こんにちは

    今手元に本がないのですが、たぶん間違っていないと思います。

    この曲には、混声合唱のバージョンは存在しないのではなでしょうか。

    少なくとも私が記憶する限り、パリの国立図書館の音楽部に所蔵されている自筆譜面だと

    ドビュッシー自身が書いたものは、ご存知の独唱版と、そして「少年合唱」用のものがあります。

    レコードとしては、「木の十字架」合唱団が戦前に歌ったものがありますね

    たぶん今も歌っているのではないかと思います

    作家の堀辰雄が結婚した時、後輩の詩人立原道造が贈ったレコードの中にあるのが、たぶ

    んこの少年合唱バージョンです

    少年合唱用バージョンでしたら、CDで今でも手に入りますし、試聴もできます

    1)まずwww.amazon.comにアクセス(日本のアマゾンにはないようです)

    2)左側の検索ウィンドウにNoel des Enfants qui n’ont plus de Maisonと入力

    3)検索結果が表示される上から3つめのやつがそうです

    Children With the Spivery Hall Children’s Choirというやつです

    新品で17ドル98セントですが、中古なら8ドル99セントで買えます。

    4)このページの下の方に行くと、ウィンドウズメディアプレイヤーで試聴できる曲の中

    にNoel des Enfants qui n’ont plus de Maisonがあります。上から8曲目。

    ちなみに合唱版のスコアは、出版されていないはずです

    出版されているのはいずれもデュランからで

    1)ソプラノが二人で歌うもの(私は聴いたことがないです) 1916年

    2)みんなが知っている独唱バージョン 1915年

    (いずれも伴奏はピアノ、ドビュッシーはオーケストレーションをスケッチしていたよう

    ですが、譜面は現在行方不明のはずです)

    です。

    お役に立つ情報でしたでしょうか?

    ではでは・・・・

  2. ムーちゃん より:

    大変有用な情報をありがとうございます。

    実は私自身はこの混声合唱というのを聞いていなくて、友人がフランスに行った時にスクラッチノイズバリバリのアナログ盤起こしのテープを聞いた、というだけなのでamazonで試聴してみましたが判断はできません。

    テープの持ち主は幼少の頃聞いたこのレコードを苦労して手に入れたらしく、もし存在するとしても非常にレアなレコードだと思われます。

    その友人を昨日mixiに引きずり込みましたので(笑)、早速試聴サイトへ行かせて見ます。

    本人からの書き込みがあるかもしれません。その時はよろしくお願いします。