感覚を伝える言葉

人気の記事:

コメント

  1. ま のすけ より:

    感覚表現の形容詞(擬音語・擬態語・擬声語)を、

    俗にオノマトペ(<仏> onomatopee)といいます。

    うっまいなぁとおもうのが、筋肉少女帯だった大槻ケンヂさん。

    それまでの、しとしと(雨)、しんしんと(雪)、するする(すべる)

    などの定型的なオノマトペを越えた部分で、

    ぽよぽよ(歩く)など、新感覚の擬音・擬態語をつくっています。

    ABABタイプの4文字も、実際は50x50、いや濁音・半濁音

    や拗音(小さなゃ・ゅ・ょ)いれるともっともっと創れる筈です。

    先に創ってしまって、あっ、こんな時に、こんな感覚に、

    コレって使えそうだなぁっていうのが出て来ても良いのでしょうね。

    《感覚語辞典》すてきですね。

     どうぞ、皆さんも、是非ご参加を・・。(微笑)

  2. かすみ@♪ より:

    感覚語。

    何か書いてるとひょひょひょい、って

    わんわん出てくるけど。

    感覚語に何があ〜る〜の、って言われると

    ふむ、

    出てこないもんだなぁ…

  3. おなき より:

    「ヒラメがしゃっきりぽんと舌の上で踊るわ!」

               (By 『美味しんぼ』)

    「まったり」、とか「はんなり」とかは、なんとなく理解できたのですが「しゃっきりぽん」があらわすご馳走のおいしさは、10年以上たった現在も謎のままです…。

  4. yohei より:

    しゃっきり・ポン、ですかね〜。。 あっ、へぼいまじれすになりそう・・。

    美味しんぼの言葉、はやりましたよね。うどんとかでも、一口食べた瞬間に、機関銃のように「スッキリしてまったりして香ばしくてそれでいてジューシーでクリスピーでクリーミーで」とか言い合って馬鹿笑いしてたの思い出します。味覚の表現いっぱい出来ると楽しいだろうな。

    4文字繰り返しのパターンは、連想ゲームがなつかしい。

    わんわんコーナーだっけ・・ なんで繰り返しなんですかね?

    つくって○○○○デビューさせたいですね。

    どんどん、ばしばし、がんがん、どしどし、びゅんびゅん、わしわし

    もりもり+にょきにょき=もきもき or にょりにょり?

  5. おなき より:

    にょりにょり?

    にょりにょり……。

    あ、なんかこんな風景が浮かびました。

  6. ま のすけ より:

      おぉーーー、納得ぅ! (微笑)

    【例文】

     その時、亘は愛猫のミュウがにょりにょりとテーブルの上に

     残されたメロンにむしゃぶりついている姿を、半ばうつろに

     見守っていた。

  7. yohei より:

    大槻ケンヂさんからの連想なのですが、

    パール兄弟(すみませんあんまり連想としては適切でない?)の歌で

    『君にマニョマニョ』

    っていうのがありましたよね。

    この語感……すごいと思いました。

    サエキケンゾウさんて、すごいなあって思った瞬間でした。

  8. yohei より:

    クロスモーダルのほうで、『透明』が出ています、

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=240905

    透明感を伝える言葉って、どんなのがありますかねぇ?

    とりあえずの流れは、

    ◇透明→空気感

    ◇透明→transparentであってopaqueではない

    ◇透明→空気とは密度の異なる透光性の物体を見たり、触ったりしたときの感じ

    ◇透明度→ クリア clear (澄んだ、さえた)

    ◇純粋さ→ ピュア pure  (混じりけのない)

    ◇通りがスムース→トランスペアレント transparent

    が出ています。

    英語表記とカタカナでもニュアンス違うなぁ・・。

    オノマト考えると、

    ◇すけすけ

    しか出てこん・・。

    なんてぼきゃ貧、しかもイメージと合わんし・・。

    他にも、いい言葉はないでしょうか?

  9. おなき より:

    うわぁ、むずかしい。

    イメージとしては冬の空気や日の光、雪や氷なんですけれども。

    (しんしん? さえざえ? きらら?) 

    やまだ紫の漫画で、

    『しんきらり』

    とゆう作品は、

    タイトルに透明な孤独感が込められているような。

    ちなみに音相を解析するとおもしろいかもしれませんよ。

    http://psai.dice.co.jp/onso/kaiseki.cgi

    これで見ると「すけすけ」は殿方の支持が高いことを、

    データが裏付けてくれています(笑)

  10. yohei より:

    さえざえ きらら  美しいな。

    『しんきらり』   みごと!。やられました。

    どれも、ぴんっと張った冷たさのようなものを感じます。

    やはり、冬の空気や氷、光に透明感を感じているのかな? 

    きら が入ってると光のイメージ。

    もひとつオノマト

    ◇みえみえ              

  11. 小助 より:

    ども。みなさん初めまして。

    「透明」って聞いて、ぱっと「肌を刺すような」って修飾語が思いつきました。オノマトだとどうだろ。「キーン」とか「すーん」かな。一般的だなぁ。

    日常会話でも擬態語が多いので、どうも笑われることが多かったです。関西に来る前から。理系の人なのに。

  12. 最新の より:

    私は、視覚異常の前兆のある古典的偏頭痛をもっているのですけど、この、最初に現れる「閃輝暗点」を、昔知り合いが、

    「じゃみじゃみ」と言っていました。

    それ以来、ずっと「じゃみじゃみ」です。

    持っている人にはとてもよくわかる感覚。

    オリヴァー・サックスの『偏頭痛百科』に図が載っていますが、

    たとえれば・・・

    きらきらひかる細かい1センチぐらいの線を5ミリぐらいの幅で束ね、それを一単位として、ジグザグに並べ、そのジグザグで円を作る。ジグザグはずっと、じゃみじゃみじゃみじゃみ・・・・と細かく拍動している。半円の場合もある。その内側は暗点で視野欠損。その円がどんどん大きくなり、円の中心はまた見えるようになり、やがてじゃみじゃみは視野の外へ。

    ・・・・って、「偏頭痛同盟」に書くべきですね(^-^;)

    書いておきますけど・・・

  13. おなき より:

    書のくせに、ぬめぬめしてたり、ぎざぎざしています。

    これもひとつの感覚的?

    導書

    http://www.hiromaximum.com/

    (個人的には「詩」がお気に入り)

  14. GYPSY'S DECOY より:

    「りろりろ」

    最近創った言葉で最上級の愛情を表現する際に使用してます。

    言葉遊びしないと。

    チョモランマりろりろ ←世界最大の愛情。

                  初書き込みで失敬です。

  15. yohei より:

    「りろりろ」、語感として面白い。

    でも、とっかかりがなくてどんな感じかじぇんじぇんつかめない。もどかしい。きっとイマジネーション不足・・。

    なんで「りろりろ」か、おせーて。

    (知りたい度は高尾山ぐらいだけど・・。笑)

  16. yohei より:

    りろりろで止まっちゃったね・・。(笑)

  17. カランザ より:

    ハニカミが伴う、すごく嬉しい愛情表現をしてもらったときの心の動き、揺れの表現。くすぐられる感じ。

    この、何とも言えないこころの溶け具合を表現するのって難しくないですか?

    こんな言葉で、いかがでしょう?

    例:こころがうにゃーってして、たまらん。

     

  18. あや より:

    演奏セミナーで、チェロの演奏にコメントをしてた時、友達がMilkyな音って表現してたよ。たぶん、フォーレの曲だったと思う。そしたら、サシャー(先生)はそこでそのmilkはsemi-skimmed(低脂肪乳)かfull fat(普通の牛乳)かって、真剣に訊いてたよ(笑)。それで、その子がfull fatですって言ったら、安心してました。そこ、重要みたいです。

  19. yohei より:

    >カランザさん

    それって、脳がむずがゆいような、じゅわーんとむずがゆくしびれるような感じのやつですか?

    それだと、なんかピッタリくるな。

    愛らしさ、いじらしさを感じるときにも、なったりしませんか?

    そういえば、そういう感じを表現する言葉って無いですよね。

    知らないだけかなぁ・・。

    そういう経験って、幼い頃はたくさんあったような気がする。

    きっと、とっても大切な感覚なんだろうな。

  20. 座敷童 より:

    スッコーーーーン。も、これは言うまでもなく、スッコーーーーーーンって感じですね。

  21. 座敷童 より:

    スッコーーーーーンはちとこのトピックのテーマをはずしてしまいましたみたいですね。失敬!

  22. 座敷童 より:

    それでは、気をとりなおして。Meaty.まさに、肉っぽいドラムの響き・・・。俺は好きです。

  23. 座敷童 より:

    Punchy.まさにこれは、パンチを繰り出してくるような、ドラムの響き。これでK.O.されるのはまちがいなしです。はい。

  24. ぷにょ より:

    ムルムル、とかどうですか?

  25. londan より:

    あやさん、その重要度、僕にもわかります。

    ここでその先生にもっとバターミルクのような音を出してくださいって言われたときに

    飲むヨーグルトな音(それも小岩井なんかのじゃなくオランダ製かなんかので)

    を出すと逆に感動されちゃったりするんですよね。

  26. ano より:

    もちゃもちゃ。

    こう、何もかもが滞っている膠着状態でもがいている感じの時に使います。

  27. みおう より:

    カランザさん すばらしいです。

    「心がうにゃーっとしてたまらん」

    使わせてもらいます。

    うちは日々感覚を表現することばをさがしています。

    だって 同じうれしいという感情も、

    しんじられないほど日々ちがった表情であらわれるからです。

    その時うけとった気持ち 感覚 刺激。

    日々あたらしい感覚がうまれます。

    けれどそれを言葉にするのはほんとうにむずかしくて。

    小説からことばをひろって 自分流にしてみたりしてます。

  28. londan より:

    じゃみじゃみ、  じゃみじゃみ

    じゃみじゃみ、  じゃみじゃみ

  29. 座敷童 より:

    もー、じゃみじゃみ、じゃみじゃみほんまうるさいなー。もーじゃみじゃみじゃみじゃみ。(はい失礼しました。冗談です)

    って、ところでどういうイメージでしょうか?おもしろい響きですね。

  30. nico より:

    れろんれろん と耳揺れる

    きいこきいこ と骨きしむ

  31. londan より:

    じゃみじゃみ、

    これは何処かのコミュニティーで気に入ってしまい

    コピーさせて採っといた物を使わせて頂きました。

    きらきらひかる細かい1センチぐらいの線を5ミリぐらいの幅で束ね、

    それを一単位として、ジグザグに並べ、そのジグザグで円を作る。

    ジグザグはずっと、じゃみじゃみじゃみじゃみ・・・・と細かく拍動している。

    半円の場合もある。

    その内側は暗点で視野欠損。その円がどんどん大きくなり、

    円の中心はまた見えるようになり、やがてじゃみじゃみは視野の外へ。

    こんな感じでした。

  32. 座敷童 より:

    ほほー。なろほど、じゃみじゃみって感じですね。わざわざ有り難うございますLondanさん。

  33. chihiro より:

    「じゃみじゃみ」というのは、

    福井県の方言にもあります。

    意味は テレビの『砂あらし』の事です。

    オノマトペとしては

    他の方がおっしゃっているような

    複雑煩雑なイメージと

    同様かと。

    新しく知った使い方に関心しつつ、

    おもしろいと感じました。

  34. HAL feu より:

    ヨーグルトやプリンが好きで、しかし食べるときの音や味をどうしても言葉で表せません。

    良いアイディアないでしょうか。。。

    『酸っぱい』は味の表現でアリますが感覚的ではないし・・・

    『パクッ』っと食べるとかもどうも硬そうでしっくり来ません。

    ちなみに私自身は『シャシュワヮワァ…と溶けてく感じ』と言いますが、いかんせん。。。長い。

  35. HAL feu より:

     >ようちゃんさん

    なかなか難しいですよね!でも考えるのは楽しそう

     ん〜

    舌や歯の感覚的にマムマムっと食べる感じ

    個人的に音楽に見立てて

    プリンの甘い味は親しみやすい基本的な和音

    ヨーグルトは基本の和音に短調になる音を混ぜた和音

    が、口の中で鳴って、だんだん消えてく味

    単に甘いとか酸っぱいとかって言っても自分が感じた味は伝わりませんよね

  36. パクチー より:

    ハルさんへ

    「マムマム」はなかなかすばらしぃ響きですね(w

    『マムマムシャシュワヮワァ…と溶けてく感じ』とこれからは使いたいと思います。

    全ての芸術は音楽に通じますから・・・(w

  37. パクチー より:

    プリンとヨーグルトを一緒に考えると難しくなってしまったので、

    それぞれ考えてみました。

    プリンは「ゆんわり」

    ヨーグルトは「じゅんわり」

    「ゆ」は基本的な和音、「じゅ」は短調になる音を混ぜた和音という

    気もしなくはないのですが。

  38. 機能別ヘ より:

    caioicさんへ

    ではヨーグルトはこれから

    『マムマムじゅんわりシャシュワヮワァ…と溶けてく感じ』と使います。

    ・・・ん?最初より更にドンドン長くなってきました。。。

  39. 機能別ヘ より:

    cajoicさん!素晴らしい☆

    言い当てて妙ってやつですね。

    ちなみに私は、とろぷりぷりん☆といってプリンを、

    まろりんヨ〜(←ヨ〜は発音はヨロレイヒーの声の裏返り、意味はヨーグルトのヨー)といってヨーグルトをほおばります。

    たまに。

  40. パクチー より:

    >ようちゃんさん

    全部合わせると表現というより実況中継になってしまいますね。

    すんなり使える表現を使った方がいいと思います。

    >☆★R★☆さん

    いや、ヨーグルトは「しゅ」かな、「ちゅ」かな?などと考えていました…。

    「まろりん」には濃厚でまろやかな、という意味が感じられますね。なるほど!

    発声までは考えていませんでしたが、ヨーデルはどんぴしゃですね。

  41. トマトさん より:

    「まろりん」、これいいですね〜!

    私的には、「まろり〜」のほうがあってるかな?

    ただ、もうちょっと冷たいヨーグルトが唇に当たった感覚まで表現できるとうれしい感じなのですが・・・

    「パクり」よりかは、ずっといいですね!

    使わせていただきます!

    ヨーグルト、食べたくなってきたわーw

  42. ゼリーは

    ちゅるりん

    プリンは

    とぅるりん

    ヨーグルトは

    ゆぅるりん

  43. 太陽 より:

    ヨーグルトは自分的に

    のぅ〜また〜ぬ って感じですね。

    あ、ゆるいやつです。固まりきってない。

  44. 匿名 より:

    感覚を伝えるために色々使ってますが、よくしっくりくるのは『もさもさ』。

    例)

    もさもさと食べる

    もさもさとつくってた

    あれ?普通だった?