これぞ、感覚派

人気の記事:

コメント

  1. yohei より:

    ちなみに、コミュニティートップの絵は

    Wassily Kandinsky(1866−1944)の、『 Impression III Concert 』

    「抽象表現主義」の画家であり、絵画の方法を音楽のアナロジーで説明する論文も書いています。

    この日記で、コミュ作ろうと思いました。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=3405119

    どうぞよろしく

  2. タイヘイ より:

    メディアアーティスト

    岩井俊雄氏

    http://ns05.iamas.ac.jp/~iwai/iwai_main.html

    「A&D SCAN #7:IWAI TOSHIO 岩井俊雄の仕事と周辺」

    六耀社出版 2800円

    彼の作品は見ている自分の目を疑うような幻想的なものです。

    ちなみにコミュニティ「メディアアート」の現時点のトップ画像は彼の作品です。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=5287

    あと慶応義塾大学教授

    佐藤雅彦氏

    http://www.masahicom.com/

    http://www.visualogue.com/speakers/sato_j.html

    著書多数。

    気になったCMやTV番組やTVゲームは実は彼の作品であった

    ということが多い、柔軟な思考の持ち主です。

  3. 仮面 より:

    R&B ソウルシンガー

    TAEKO さん

     

    日本人離れしたルックスと歌唱力、波動を感じる感性すばらしいです。

    太陽がのぼるような歌声 五感をゆさぶられる音楽です。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=124551

    TAEKOさんのトークと歌がネットラジオで配信されています (3/16出演)  

    http://www.nack5.co.jp/hithit.com/zone/shooting.html

    「勝利の凱歌」アルバム ビクターより発売中 3000円

    http://mixi.jp/view_member_item.pl?reviewer_id=215851&item_id=119463

  4. ロローイ より:

    安部公房や村上春樹の作品(特に短編小説)はとても感覚的なんじゃないかな。

    詩人では大手拓次がオススメです。

    大手拓次は上の二人ほど世に知られてませんが、言語観が凄まじいですよ。

    青空文庫↓でいくつか読めます。

    http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person190.html#sakuhin_list_1

  5. ロローイ より:

    はじめまして。

    先月、京都に行った時に何必館で開催されていた上野憲男展がとても良かったです。

    もう終ってしまっているのですが、参考までに。

    http://www.kahitsukan.or.jp/ueno.html