レビュー

人気の記事:

コメント

  1. rolenorm より:

    修羅の門・川原正敏

    講談社

    「熱い、熱いよなぁ」が口癖になります。

    格闘マンガです、本当に熱いです。

    男とはこうあるべきだ!と思っても仕方がないと思いますw

    これを読んで格闘の道に入るひとも多いのではないでしょうか。

    個人的には裏邪破山が好きな技です。

    早く続きやって欲しいけど、海皇紀も面白いから許します。

    修羅の刻がアニメ化になるそうですね、やめて欲しいです。

    この世の終りの旅・西岡兄妹

    青林工藝舎

    混乱する作品は大好きなんですがこれはその最たる作品。

    西洋絵画でキリコという人がいますが絵はそれに近いかも。

    キリコやダリの作品世界をマンガにして物語にしたらこうなるのかも。

    日常というものの断絶を考えた作品です。

    カフカの『変身』って知ってますか?

    朝起きると毒虫になってるアレです。

    自分が生きるこの日常というものは決して当たり前のものではないということを再確認させられます。

    ガツーンと頭に衝撃を受けたい方は読むとよろしいかと。

    これを書いてて、多分自分は価値観を拡げていくのが好きなのだと再確認しましたw

    blue・魚喃キリコ  

    マガジンハウス  

    ポスト岡崎京子。

    96年に岡崎京子が交通事故で休筆して以降、同じ流れの人達の中では最高。

    この作品は映画化もされていて、今朝の連ドラに出てる市川実日子が主演、小西真奈美が助演した。

    市川実日子はモスクワ国際映画祭で主演女優賞を受賞し、作品自体も高い評価を受けた。

    映画はマンガとは別のものとしていい仕上がりでした。

    キャストの選定から魚喃キリコも参加したそうです。

    つぅかここ数年で最高のマンガだと思いますよ。

    魚喃キリコは絶対読んだ方がいいです、必須。

    これほど鋭い感性で、鋭い一本の線で描き出される描写を僕は知りません。

    なにかすごいものに触れたときにおこる「ぶわっ」と湧き上がるものを多く含んだ作品です。

    他のマンガがくだらないと感じてしまうようになるかも知れません。

    月下の棋士・能條純一

    小学館  

    感動とか実用とか娯楽とかそういうんじゃないマンガ。

    スピリッツに掲載されたから知ってる人は知ってると思う。

    現在文庫版が発刊中です。

    自分の中にはない人間の限界を見ることができる。

    棋士という人達を通して人間とはどういうものかを考えさせられる。

    重いですよ、本当に重い。

    アカギとかとはまた違う感じですね、似てるけど。

    Papa told me・榛野なな恵

    集英社  

    これも知ってる人は少ないけど知ってる人ははまる、ってか全部そうかも。

    本とかマンガの専門誌「ダ・ヴィンチ」の読者アンケートで好きなマンガランキング19位くらいに入ってましたよ。

    日常世界の中での不思議な感覚や違和感を題材にした作品。

    基本的には短編の集合体だけど全27巻とかそんな感じ。

    これは本当に読んで欲しい、本当に。

    人生を変えてくれた作品といってもいいかも知れない。

    普段の色々なものを見る視点を変えてくれた作品です。

    主人公の知世ちゃんは完璧です、父親もすごい。

    登場人物が魅力的or嫌いな人物で、対比してることが多いですね。

    「こうありたい」と思える登場人物が多いです。

    リバーズエッジ ・岡崎京子  

    宝島社

    不朽の名作。

    あまり知られてないけどクラスに一人か二人は絶対知ってる作品。

    知ってる人は絶対にはまる作品。

    基本的に楽しい作品よりは、ズッシリと重い作品が好きですね。

    この作品は本当に構成が映画のように綺麗です。

    よしもとばななさんは岡崎京子の大ファンだそうですよ。

    半神・萩尾望都  

    難易度が高い作品ばかりでごめんなさい…。

    手塚治虫以降、岡崎京子までのサブカルチャー世界のマンガではトップでしょうね。

    身体のつながった姉妹が生まれ育っていきます。

    栄養分が片方に偏り、片方は美しく、片方は醜くなります。

    そして身体を切り離す手術を受け、分かれるのですが…。

    人間って大変ですよねぇ…。

    いいひと。 高橋しん  

    小学館  

    最近文庫で買って読み直してるのですが面白いですね。

    就活してる方にはオススメです、仕事について考えさせられる部分がとても大きい。

    会社に入って働くということはどういうことなのかを考えます。

    ちょっと同人っぽい絵で色っぽいですね、女性の絵だけ…。

    キャラクター面白くて、ストーリーもしっかりしてるのでいいです。

    他の作品は読んでないですが最終兵器少女が評判いいみたいですね。

    BAMBi・カネコアツシ

    エンターブレイン

    パンクな女の子のガンアクションマンガ。

    ある理由で莫大な懸賞金をかけられた女の子(バンビ)が様々な奴らに狙われつつ撃退していく話。

    ある老人達から子供をさらってきてくれと頼まれてガキを連れて帰る。

    そのガキには秘密があって、賞金も実はそこにかけられている。

    ミッシェルのチバさんや、ハイロウズの甲本ヒロトなんかも絶賛のパンクロックなマンガです。

    実写での映画が制作されているようだけどどんなもんだかわかりません。

    まぁマンガを超えることはまずないでしょう。

    G戦場ヘブンズドア・日本橋ヨヲコ  

    小学館

    ビックコミックススピリッツ増刊IKKIに連載された作品。

    全3巻で途中サイズが大判から大人に変更された。

    主要なキャラクターの人間像が秀逸で、さらに各関係性が秀逸。

    マンガ家という職業についてのマンガである。

    有名ではないが無名ではないので知ってる人は知っている作品だと思います。

    ただここ数年でかなりいいとこに入るような作品なのでオススメです。

    巻数も3巻とかなので気軽に読んでみてください。

    ただ古本屋に並ぶ性質のマンガではありません。

  2. rolenorm より:

    ついでにすごいマンガトップはこれです。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883791459/eclipse01-22