月刊 『松下村塾』

人気の記事:

コメント

  1. ありますね。

    すいません、金欠でいまだ買えずです。

  2. こころ より:

    うわー、知りませんでした!

    ちょうどいま、『留魂録』を読み直してたところで、16章の和歌5首でグッときてました。

    さっそく買ってこよ。

  3. こころ より:

    お、いいっすねー私も買おう

  4. こころ より:

    あ、いつのまにか書き込みが、とっても嬉しいです。

    書き忘れましたが、見つけた後すぐに買っちゃいました。

    オールカラー/図柄でとっても読みやすいです。

    いつも持ち歩いています^^

    吉田松陰がこの世を去った10月27日に創刊するなんて粋な計らいですよね。

  5. 十六茶 より:

    はじめまして。

    探してはいたのですが、やっと松陰先生のコミュを見つけたー!と

    思い、参加しました。

    松陰先生にはまったのは司馬遼太郎の「世に棲む日日」を

    読んで。。なので、ちょっとミーハーかもしれませんが

    よろしくお願いします。

    月刊松下村塾、買ってます。

    第3巻は「松陰と吉田稔麿」特集です。

  6. こころ より:

    自分も「世に棲む日々」大好きですよ。

    「松陰と吉田稔麿」も最近買いました!

    国と家族で揺れ動く吉田稔麿の葛藤が伝わってきますね。

    でも松陰先生は本当に吉田稔麿を気に入っていたんですね。

  7. 十六茶 より:

    第4巻、発売されました。

    よ!待ってました!とばかりの

    「松陰と高杉晋作」特集です。

    月刊松下村塾では、毎号「君に送る松陰語録」というページがあります。

    今回の「講孟余話」からの抜粋は、なかなかよかったです。

    勉強や学校生活に煮詰まっていたり、仕事に疲れている私などには

    ちょっと「しみる〜〜」という感じでした。

    曰く

    「凡そ学をなすの要は己が為めにするにあり」

  8. こころ より:

    いいですねー 1巻〜3巻と買っているのですが、4巻目「松陰と高杉晋作」はまだ買えていないです・・

    早く読みたいです。 高杉晋作の生き方には惹かれるものがありますよね。

    >「凡そ学をなすの要は己が為めにするにあり」

    昔、個人的に「自己教育論」という文章を書いた事があるのですが、この一言で全てが表されていますね。

  9. はじめまして。

    「月刊 松下村塾」は定期購読しています。

    久坂玄瑞が大好きな自分は、2巻が嬉しかったです。

    自分が在住している所と萩はそんなに遠くないので、

    萩の松陰神社にはかれこれ5度は行っています。

    一昨年刊行された古川薫先生の「留魂録・現代語訳」の、アマゾンのカスタマレビューも、一番初めに書いてしまいました。

    「月刊 松下村塾」は、意外と盲点だった時事や人物も綿密に紹介されていて、改めて勉強させられる日々です。

    #履歴書ページは、微妙に笑えますよね。

  10. 機能別ヘ より:

    はじめまして、月刊松下村塾読んでおります。

    全巻購読します。とてもいい本ですね、

    今の時代に必要な本だと思います。

    安岡記念館にて孟子講義を勉強してますが、

    その中で、吉田松陰先生の本を参考に勉強してます。

    宜しく御願いします。

  11. 機能別ヘ より:

    こんにちは。

    私も月刊「松下村塾」定期購読させてもらってます。

    そして留魂録が、やっぱりいいですね。

    私も今年30歳です。ホントに自分は、こんなんでいいだろうかと悩みます。

    これからも、勉強して行こうと思います。

    ヨロシクお願いします。