あの地図

人気の記事:

コメント

  1. ねろり より:

    「時間の木」お邪魔してきました。

    おやぶんさんの写真をみて、地図がカラーでびっくり!う〜ん、楽しみです。

    小学生の頃の「ドーム郡仲間」にも、知らせたい!でも、十数年ぶりにいきなり連絡したら、何かの勧誘と疑われてしまうかしら…

  2. えこ。 より:

    十数年ぶりに、いいじゃないですか!

    すてきな思い出を共有したお友達ですもん。

  3. みーや より:

    おとといテレビ「アンビリーバボー」を観ました。

    阪神淡路大震災のときに、被災地でミュージカルを開催することで震災した人たちに元気を与えようと奔走するバレリーナの実話。

    単身外国(英?米?)に渡り、大変な苦労の末プリマベーラになった女性。10年前、彼女は震災のニュース映像を観て、その地位を捨てて日本へ飛んで帰る。そして、震災地の子どもたちを集めて、劇団を作るんです。

    ミュージカルを開催するために必要な莫大なお金の心配。

    役人の無理解。

    そしてなにより、心を閉じた被災者をミュージカル鑑賞に引っ張り出す苦労。

    いろんな難問を乗り越えた末、ミュージカルは大成功を収めるのです。

    これを観たとき、すぐに頭に浮かんだのがドーム郡でした。

    ドーム郡で予言されたままの人生ではないですか。

    みんなで何かを成し遂げることによって生まれる勇気って、本物ですね。

    「ドーム郡」も映画になってほしいなぁ。