こんなの流行ってませんでしたか?【テレビ編】

人気の記事:

コメント

  1. はなロボ より:

    「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「魔法のマコちゃん」「魔女っ子メグちゃん」など、魔法モノに夢中でした。

    ひみつのアッコちゃんについては、本物のメーカー品の

    「秘密のコンパクト」が欲しくて欲しくて…

    親が買ってきてくれたコンパクトはパチもん(ニセモノ)

    だったのでうれしいような悲しいような気持ちだったのを

    覚えています。(笑)

  2. 芙蓉 より:

    「鉄腕アトム」「鉄人28号」の洗礼を受け

    「おさあさんと一緒」では「ブー・フー・ウー」が本当にいると信じていました^^;

    「ウルトラQ」も懐かしい番組です。

    私がテレビを見始めた頃は女の子もの男の子ものって特には無かったのですよ。

    もちろん「アタックNO1」〜「秘密のアッコちゃん」あたりまでは見ましたけれど・・

    テレビの特番なので「人気アニメ特集」などすると

    懐かしくて思わず見入っちゃいますね(笑

  3. kani より:

    根性ものって流行ってましたよね。

    ウルトラマンですら特訓する時代だったし(笑)

    岡崎由紀の18才シリーズとか好きでした。そういやなんであの頃石立鉄男って人気があったんだろう???

  4. toko より:

    ああ、懐かしいどれも見てました。

    はなロボさん>

     サリーちゃん、アッコちゃん位がメインでした。コンパクトじゃないですけど、ホントに小さい頃、宇宙少年ソランのペンダント(でいいんだろうか)を買ってもらったおぼえが……

    芙蓉さん>一番最初に洗礼を受けたのは、エイトマン、鉄腕アトムだったような。マグマ大使は大好きでしっかり見てました。

    私の最初のアルバムは「ブーフーウ−」が表紙です。

    「ウルトラQ」も勿論見てました。

    kaniさん>ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきた位がメインだったんですが、基地ごっこやっていつも私女性隊員の役をして遊んでました。(^^;

    石立さんは後年、赤いシリーズで嫌われ者で復活してびっくりした覚えが。

    先日、CSで榊原るみのお嫁さんシリーズやってました。あれも結構好きだった。

    実写ものだとあと「ケンちゃんシリーズ」かなぁ。もちろん岡崎友紀のは全部見てました。

    サンダーバードも良く見てました。プラモも結構持ってました。これは父が好きだったのでは?と思うんですけど。基地のプラモも持っていて……今持っていたら、お宝だろうになぁとお宝探偵団見るたび思います。(^^;

  5. はなロボ より:

    あぁ、思い出してきた!

    そういえばどなたかこんなアニメ見てはりませんでしたか?

    題名を忘れてしまいました。

    ・海の中を自由に泳ぎまわる男の子が主人公。

    ・酸素ガムを噛むと水中で呼吸できる。(!)

    ・ユニフォームは赤色。

    ・イルカがパートナー。

  6. toko より:

    それは、「海のトリトン」ではないですか?

    http://www3.nhk.or.jp/anime/bs_04spring/program/toriton.html

    に、絵があります。赤いマントを翻してイルカに乗ってます。

    ♪水平線の向こうにはあ〜あ

    この主題歌大好き!

    あと、私の初恋の男の子は、「原始少年リュウ」に似てました。知ってます? リュウ。恐竜と闘うんですよ。

  7. ふりーく より:

    はじめまして。kaniさんにご紹介戴き来ました、北波と

    申します。宜しくお願いします。

    はなロボさんのおっしゃってるの、「海底少年マリン」

    ですよね?「OK OK 七つの海は〜♪」っていう。

    あの酸素が吸える<オキシガム>売ってないかと駄菓子屋

    探してたりしました(ないない)。

  8. toko より:

    あちゃ、早とちりしました。

    「海底少年マリン」なのですね。失礼しました。

  9. kani より:

    マグマ大使、海底少年マリンはロッテ提供なので、ガムが関係しますね。マグマのせがれの名前がガム。

    明治提供の悪魔くんは悪魔の好物がチョコだったり、藤沢薬品が提供のアニメは風のフジ丸、ナショナルが提供のヒーローはナショナルキッド、ハリスガムが提供のアニメはハリスの旋風。なんというか、おおらかな時代でありました。

  10. はなロボ より:

    >ふりーく北波さん

    >はなロボさんのおっしゃってるの、「海底少年マリン」

    >ですよね?「OK OK 七つの海は〜♪」っていう。

    あ、そうでした!(゚o゚)

    ありがとうございます。すっきりしました。(笑)

    >tokoさん

    私も「海のトリトン」の主題歌大好きです。

    「原始少年リュウ」も覚えていますよ。

    でもどれも主題歌は歌えるのにストーリーを

    覚えていません…

    ちっちゃかったからかなぁ?

    >kaniさん

    提供の話。なるほどそうだったのか!と思いました。

    ほんなら「ウメボシ殿下」は和歌山提供だったのかな?(ww

  11. なるぞう より:

     記憶に残る一番古いアニメは「スカイヤーズ5」です。

     スカイヤーズごっこといって、トランプを外でばらまいて不揃いにしてしまい、激しく叱られた記憶があります。

     最初に熱中したアニメは「タイガーマスク」で、ソフビ人形を全種類揃えてもらったり、おめんと黒タイツだけの半裸で外を走り回って、ご近所さんに保護されてました。

     「サスケ」も好きで、サスケごっこといって、折り紙手裏剣を障子にパスパス突き刺して、きつく折檻されたことも覚えています。

  12. toko より:

    >なるぞうさん、どうもども。

    「サスケ」!

     家にカラーテレビが来たとき、最初に観たのが、サスケのアップでした。

     他の忍者ものも大好きだったですよ。

     特にお気に入りは、「カムイ」超格好良かった。最近、CSで観て、その思いを新たにしてます。

  13. 写楽斎 より:

    承認、ありがとうございました。初めてお邪魔します。

    記憶に残っている一番古いTV番組は・・けっこうたくさんありますが「チロリン村とくるみの木」「宇宙船シリカ」「鉄腕アトム」(実写)「七色仮面」「アラーの使者」「怪傑ハリマオ」「海底人8823(ハヤブサ)」「少年ケニア」「マリンコング」

    海外では「サンダーバード」のゲイリー/シルビア・アンダーソンの「スーパーカー」、テーマソングはアタマから終わりまで「スパカ〜〜、スパカ〜」と言ってるだけのマヌケな歌詞でした。ああ、「スティングレイ(海底大戦争)」もそうだな。

    夜は「お笑い3人組」とか「ジェスチャー」「シャボン玉ホリデー」など・・「青島だ〜〜!」と前の都知事が出てました。

    五社英雄の「三匹の侍」洋物では白黒の「コンバット」「アンタッチャブル」「ベン・ケーシー」「逃亡者」「ララミー牧場」「ローハイド」

    どうもすごいTVっ子だったような・・それにしても一世代古いですね。

  14. toko より:

    写楽斎さん、どうもぉ。こちらでもよろしくです。

    >どうもすごいTVっ子だったような・・

    昔って、みなTVっ子だったんじゃないでしょうか?

    >それにしても一世代古いですね。

    一応、60年代ってことで。(笑)

    五社さんの「三匹の侍」は私もうっすら記憶があります。今、時代劇専門チャンネルでやっていて、ああ、こんなんだったんだぁと観たりしてます。

    外画ものもよく観ました。

    私が好きだったのは、タイムマシンもので、男の人二人が、なんかすごい渦みたいなところ(そこが時間の割れ目らしい)に飛び込んでいくもの。

    毎回、いろんなところに出かけていって事件を解決するんです。

    印象に残っている回で、ようやく現代に戻ってきたのに、二人が戻ってきたら、周りのみんなはストップモーション状態になっちゃっていて、仕方なく泣く泣くまた時の流れの中に身を投じるっていうの。

    これ、何て言うタイトルだったんでしょう?

    もう一度観たいんだけどな。

  15. シロヤ より:

    こんにちは。こちらのトピは、はじめてお邪魔します。

    外国映画のお話が出たところで

    僕もどうしても気になっている、古いSF映画があるんです。

    人間が30センチくらいにちぢめられ、アタッシュケースに

    入れられてどこかの星に連れ去られるんです。

    そこで人体実験で、手や足を何本も移植されたりして…

    でも、まだ成功してなくて、実験に失敗した人が閉じ込められてて…

    子供心にすごく恐い映画でした。

    もう一度見てみたいんだけど、どなたか御存知ないでしょうか?

    いきなり訪れての質問で、申し訳ないです。

  16. kani より:

    写楽斎さん

    いらっしゃいませ。その節はお世話になりました。子供の頃ってほんの一歳違いで、持っている記憶が全く違いますから。世代ちうほどでもないでしょう(笑)スカパー!であらためて8823観ましたが噂通りすごく変でした。

    tokoさん

    タイムトンネルですな。プラモが出てました。オタキングさんのページから拝借↓

    http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/collection/0193.html

  17. toko より:

    kaniさん

    そうそう、これ! ありがとう! 再放送して欲しいなぁ。

  18. 写楽斎 より:

    「タイムトンネル」は「タワーリング・インフェルノ」などでも有名なアーヴィン・アレン制作の傑作TVドラマでした。

    彼は他にも「原潜シーヴュー号」などを手がけていましたね。

    このころになるとSFTVドラマが花盛りで、「宇宙家族ロビンソン」なども当時の作品です。

    女の子向け?には「奥様は魔女」が大人気で、これはおそらく魔女っ子もののルーツです。

    その時代のものとしては「宇宙人ピピ」も重要です。小松左京原作で、机の中に二次元の宇宙人がいる・・それがアニメで動くのです。これは「ドラえもん」のルーツですね。

  19. 芙蓉 より:

    >写楽斎さん

    初めまして〜。

    「シャボン玉ホリデー」や「ちろりん村」、「てなもんや三度笠」は見ました見ました

    「アトム」の実写版は家にテレビが無かったから見られなかったのでないかと・・。

    みなさんの書き込みを見ていると、忘れていた時間を思い出せて

    童心に帰れますね。

  20. toko より:

    「ちろりん村」は殆ど覚えてないけど、「シャボン玉ホリデー」「てなもんや三度笠」「ゲバゲバ」はよく観ていた覚えがあります。

    「アトム」の実写版は覚えてないです。

    「鉄人28号」の実写版はなんとなく覚えているのに。

    写楽斎さん、さすが詳しい。

    SFものでは「スタートレック」魔女っ子元祖「奥様は魔女」はホントよく観ていました。

     

  21. あやめ.... より:

    女の子向けは「キャンディーキャンディー」に「ベルばら」が二大巨塔だったかなぁ…

    私が一番熱中したのは「銀河鉄道999」です。

    で、最初に胸きゅんだったのはたぶん「海のトリトン」と「魔女っ子メグちゃん」。すり切れるほどレコードを聞いたような覚えがあります。

  22. kani より:

    てなもんや……か。

    この間まで放送していた番組で「あたり前田のクラッカー」というセリフを書いた。原作にちゃんとあるセリフなんだが、どうも一般的には脚本家のセンスだと認知されている節が……

    実写版のハットリくんは怖かったです。お面の顔が。

    「悪いことするとハットリくんが来るよ!」と良く叱られたものです。それほど怖かったんですな。

  23. toko より:

    実写版のハットリくんて、たしか松坂慶子が出ていたんではなかったかと。

    確かにお面が怖かった。でも

    >「悪いことするとハットリくんが来るよ!」と良く叱られたものです。

    (笑)なまはげ並みっすねぇ。

  24. toko より:

    今朝、目が覚めたとき、ふと歌詞が浮かびました。

    ♪心の歌をみんなの歌に♪

    たしか歌手志望の女の子が出てくるアニメで、堀江美都子が歌っていたのではないか?

    googleで、出てきました。「さすらいの太陽」

    ストーリーは、赤ちゃんの取り違えに始まり、方や大金持ち、方や貧乏、二人はそれぞれ歌手を目指す……と大映ドラマか、はたまた今流行の韓国ドラマかというノリの作品。

    歌は好きだったんだけど、中身は全然覚えてませんでした。(笑

  25. 巴里雀 より:

    tokoさん

    >♪心の歌をみんなの歌に♪

    の前は、♪歌はわたしの〜友達だから〜 でしょうか?

    このツリー全部うんうんってうなずいてまます。(59年生まれ)

    やっぱテレビっこでしたね〜。

    また見たいのは題名がわかりませんが戦争もののドラマでたぶん緒方拳が出てたやつ。

    渥美清と青島幸男がやってた「泣いてたまるか」もよかったです。

  26. toko より:

    巴里雀さん、

    そうです。その出だし。

    >また見たいのは題名がわかりませんが戦争もののドラマでたぶん緒方拳が出てたやつ。

     これ、NHKの銀河小説でやっていたものでは?

     1975年の「夜の王様」原作:坂口安吾

     テレビドラマデータベースhttp://www.tvdrama-db.com/によると、敗戦直後の混乱期に「金こそ宇宙の中心だ」を信条にのし上がっていく男の話のようなんですが……間違っていたらごめんなさい。

  27. なるぞう より:

    はじめまして、みなさん。

     幼児期、とっても好きだったのが・・・

     「リボンの騎士」「ジャングル大帝」それとアニメの「西遊記」

     リボンの騎士は初めて買ってもらったレコードでした。

     あとは「おはよう子供ショー」のロバ君が好きだったなぁ。

     「ピンポンパン」は小学校2年生くらいの時だったか、札幌でUHFが入る

     ようになり、コンバーターを動かして探した記憶があります。

     小学校の時は、

     アメリカンコミックス系のアニメが好きでした。

     「チキチキマシーン猛レース」「宇宙怪人ゴースト」

     「ドボチョン一家」などなど

     あれ〜 名前をど忘れ! アラジンの魔法のランプの怪人みたい

    なのが出てくるのは何でしたっけ? 好きだったのに〜。

  28. なるぞう より:

    >>manaさん

     「大魔王シャザーン」ですね。

     東京では、東京12チャンネル月〜金18:30より「マンガの国」「まんがキッドボックス」という枠でやってました。

    ▼参考サイト▼

    http://members4.tsukaeru.net/hasu/hanna/hanna.htm

  29. ふりーく より:

    なるぞうさん>

     ありがとうございます!

     そうでした、そうでした〜! あ〜胸の支えが取れた〜♪

     それにサイトも見て来ました。

     ハンナ・バーベラ、って凄い人なんですね〜。

     好きなアメコミアニメがたくさんあります。彼女の作品だったのですね〜。

     「トム&ジェリー」、もちろん好きですが、3本立ての真ん中の作品を見るのが楽しみでした。ドルーピーとか近未来の家のあり方とか・・・。

  30. ふりーく より:

    私は『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』とか『ペネロッピー絶体絶命!』が好きでありました。女の子がキュートなのが好きなのかな?

    …実は、ハンナ・バーベラってのは両方とも苗字でございます!

    ウイリアム・ハンナとジョセフ・バーベラという二人の天才アニメーターの合名だったり。

    http://www.uipjapan.com/vivarockvegas/html/film_exe_producer01.html

  31. kani より:

    うあ〜『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』と『ペネロッピー絶体絶命!』も懐かしいですね〜。

     ♪ペネロッピー、ペネロッピー、マント眼鏡に気をつけろ〜♪

     サイト、見て来ました。

     ハンナ・バーベラ、女性だと思っていました(爆)。

  32. kani より:

    manaさん、いらっしゃいませ。何もしない管理人です。

    そういえば、ドボチョン一家って、主題歌や挿入歌を何故フォーリーブスが歌ってたんだろう? ハンナ・バーベラの本を読んでも書いてない。

    カートゥーンネットワークでたまに観ますけど、全てニュープリントで当時の吹き替えのままなんですよね。凄いことです。

  33. 芙蓉 より:

    どうしてみんなそんなに覚えてるの???

    アニメで一番覚えているのは「リボンの騎士」だけど・・

    私の頃は、「リボンの騎士」「アトム」「鉄人28号」「エイトマン」

    しか無かったような^^;

    田舎だったからからなのかしら?

  34. toko より:

    え?? ハンナ・バーベラって女性じゃなかったの?((^^;

    「トムのジェリー」「宇宙家族ジェットソン」「スーパースリー」「大魔王シャザーン」好きでしたぁ

  35. 写楽斎 より:

    > え?? ハンナ・バーベラって女性じゃなかったの?((^^;

    ドタ、バキ、グシャ!。(椅子から転げ落ちた音)

    ふたりのいた当時のMGMアニメスタジオはすばらしい高水準を誇ってました。なんと言っても天才、テックス・アヴェリーを擁していましたから・・カフカを読んだディズニーと形容され、いうなればチャップリンに対するキートン・マルクス兄弟のような存在だった・・名作「呪いの黒猫」は必見です。

    昔、「トムとジェリー」のTV放映時には真ん中にそういう作品がはさみこまれてオンエア、されてました。

    ついでなのでポパイやベティ・ブープのフライシャー兄弟にも触れておきます。彼らもまたディズニーの強力なライバルでした。

  36. toko より:

    きっちり、ツッコミありがとうございます。<(_ _)>

    >昔、「トムとジェリー」のTV放映時には真ん中にそういう作品がはさみこまれてオンエア、されてました。

     犬のドルーピーと目の玉が飛び出る狼が出てくる話なんかですよね。

  37. OMUZI より:

    ハンナ・バーベラ、懐かしいですね〜。

    まんがキッド・ボックス、そうでしたそんな番組名でした!妹と欠かさず観てました。ドボチョン一家の主題歌や名古屋弁の吸血鬼とかは忘れられません。

    丁度最近、仕事先の同年代の人と話題になったんですが、「ペネロッピー絶体絶命!」にも出てた小人のギャングが伝書鳩を追いかけるアニメ、何ていうタイトルでしたっけ?

    うちでは小鳥のおもちゃで猫と遊ぶときに高い声で「ここよここよー!」と真似をして遊んでます(笑)。

  38. kani より:

    kaniさん>

     入ったそうそう楽しくて楽しくて〜。

     ついついカキコしてしまいます。

     これからもよろしくお願いします。o(_ _)o ぺこっ♪

     「ドボチョン一家」のあの主題歌・・・

     ♪ドボチョン・ドロドロ、ドボチョン・ドロドロ、出てこいよ

     は、♪にっちもさっちも、どっちもブルドック

     のフォーリーブスが歌っていたのですか?

     知りませんでした〜。

     そういえば・・・ドルーピーの声って浪花節の人でしたよね。名前、忘れた・・・

  39. kani より:

    OMUZIさん

    それは「スカイキッド ブラック魔王」です。追いかけるのは7人のギャングではなく、「チキチキマシン猛レース」の悪役ブラック魔王です。 ギャングも「猛レース」に出てました。

    ブリッジ的に話の合間に、ケンケンの夢の話が入るんですよね。「トントン拍子に出世して、今やケンケン国のケンケン王」みたいな。

    ペネロッピーの敵のマントメガネって、適当な名前だなあと思ってました(笑)

  40. なるぞう より:

     ハンナ・バーベラのアニメ(っていうか、MGM系アニメっていったほうがいいのかな)は、東京12チャンネルの本放送時、高桑慎一郎氏がプロデューサーだったのですが、この方がモーレツにぶっとんでるんですよね。

     わけのわからんミョーチキリンなネーミングのほとんどは、高桑氏によるものだそうです。あと、一部のわけのわからない主題歌も高桑氏の意見が大きく取り入れられているとか。

     ちなみにこのシリーズだけでなく、いまや普通に使われてる「ムッシュメラメラ!」という言葉は、高桑氏がマージャンをやっている時の掛け声だったそうです(普通に使われてないっちゅーの)。

     それにしても、なぜ、ファンタスティック・フォーが「宇宙忍者ゴームス」になるのか。恐るべし、高桑氏。

  41. OMUZI より:

    kaniさんどうもありがとうございます。

    「スカイキッド ブラック魔王」!追いかけるのはブラック魔王でしたか。記憶の混乱があったようです。鳩の名前はポッピーでしたね。主題歌が喉元まできてるんですが思い出せません〜。

  42. kani より:

    OMUZIさん。

    うろ覚えだけど、こんな歌詞。

    えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、よいよいよいよい

    えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、よいよいよいよい

    プロペラ代わりのケンケンの尻尾、シャバダバシャバダバ進もうぜ

    敵はホッピー一匹だけど、それゆけそれゆけやり抜くぜ

    へっぴり、びっくり、いーいコンビぃ〜いいい

    空中回転それそれ開始、それ開始

    えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、よいよいよいよい

    えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、よいよいよいよい

  43. OMUZI より:

    >敵はホッピー一匹だけど、それゆけそれゆけやり抜くぜ

    あー、そうそう!

    ここのフレーズは憶えてる!

    スッキリしました〜。ありがとうございます。

  44. なるぞう より:

     うちに「ハンナ・バーベラ日本語主題歌集」ありますぜ(w

  45. kani より:

    えらいやっちゃでなく、えらいこっちゃでした(^^;

  46. miu(T_T)さん( より:

    小学校の頃、土曜日の8時といえば

    「ドリフの8時だよ、全員集合!」でした。

    中学生になり、学校での話題は「おれ達、ひょうきん族」。

    これが裏番組だったんですよん。

    弟はドリフが見たくて、私はひょうきん族。

    いつも喧嘩になったのは言うまでもありません。

    親にこっそり隠れてでも観たかったのが・・・

    「ウィークエンダー」と「11PM」。

    見つかると怒られたっけなぁ〜よく。

  47. miu(T_T)さん( より:

    はじめまして。

    小さい頃って暗いアニメが多かった気がします〜。

    ゲゲゲのキタロウ(漢字忘れた〜)、妖怪人間ベム、黄金バッドとか。

    その中でも怖かったのが実写で「かまいたち」っていうのが忘れられなくて、

    それをずっとウルトラQだと思っていたら、怪奇大作戦だったことが

    数年前に年下の特撮もの好きな人に教えてもらいました。

    あれはマジ怖かった。夕方やってたと思うんですけど、丁度子供だけだったので

    近所の家に避難しました(笑)最近、それを見たんですけど、笑えました。

    あと、トリプルファイターとかファイヤーマン、ミラクルマン(仮面だっけ?)、

    スペースマンとか。マグマ大使も見てたし、赤影、青影、白影の忍者ものとかも

    見てましたー。もうちょっと上行くと私は勇者ライディーンが好きでした。

    女の子物では、リボンの騎士(別格)、ひみつのアッコちゃん、魔女っこめぐちゃん、

    不思議のメルモ、キュウティーハニーですかねえ。

    なぜかサリーちゃんは見逃してます。ハレンチ学園なんてのもありましたよね。

  48. toko より:

    manaさん

    「ウィークエンダー」「11PM」に並んで、「プレイガール」も親に隠れて見たかったもの。(笑)

    忘れもしない中学校の修学旅行。みんなで「11PM」を観るために起きていたことを思い出します。

    miuさん

     はじめまして。

     暗いものでは、「エロイムエッサイム、我は求め訴えたり」の悪魔くんも。私、実写版をうっすらと覚えているんですが……。

    「怪奇大作戦」このまえCSで放映していたんですが、今観たら笑えますよね。

     怪奇より怖いとされる「恐怖劇場アンバランス」を観てみたいんですよね。

  49. 【恐かった特集】

    「ウルトラQ」かな?

    人口が増大して人間を縮小する計画の話。

    あれ・・・幼いながらもリアル感があって恐かったです。

    あと、「妖怪人間ベム」の最初! あれも恐かった〜。

    「どろろ」もあまり覚えていないけれど、恐かった記憶があります

    ね〜。

     時々、「キーハンター」でもお化けモノがあったりしましたよね。

     毛布をかぶって見ていました。

    「恐怖劇場アンバランス」ってはじめて聞きました。

    どんなのか見てみたい。

  50. うわさのチャンネル

    が、みてるとえらいおこられたよー

    ウイークエンダー以上に。

    せんだみつお のギャグは

    ヌードより有害とおもわれていたのでしょう。

  51. うわさのチャンネル

    が、みてるとえらいおこられたよー

    ウイークエンダー以上に。

    せんだみつお のギャグは

    ヌードより有害とおもわれていたのでしょう。

  52. エガホン より:

    どうもはじめまして。

    みなさんの書き込みを見て、

    じっとしてられなくなりました。

    仲間に入れてください(ぺこり)。

    僕の記憶にある一番古いところでは。

    「花のぴゅんぴゅん丸」や「ピッカリビー」、

    「もーれつア太郎」など。

    「ファイトだピュー太」なんてのもありました。

    もっともこの頃は幼すぎて内容までは覚えてないんですけどね。

    その後は「サイボーグ007(モノクロ)」や「悟空の大冒険」

    一連の外国アニメもよく見ました。

    中でも「ドボチョン一家」と「ドリトル先生航海記」は

    大好きでした。

  53. Pjorn より:

    当時は幼女でしたが親と一緒に「ウイークエンダー」も「プレイガール」も見てました…

    インパクトが強すぎて今でも覚えています。

    特にウィークエンダーの再現フィルムに良く出てた男優の顔とか…

    近所の友達は誰も沢たまきさんの事知りませんでした。

    物心が付いた頃に見ていたアニメは「バビル2世」「カムイ」「サスケ」「メルモちゃん」「妖怪人間」「さるとびえっちゃん」「リボンの騎士」等々。でも再放送っぽいです…

    「キーハンター」をリアルタイムで見れたなんてうらやましすぎます。

    「さぼてんとマシュマロ」や「小さな恋の物語」「Go!Goスカイヤー」「バーディー大作戦」など見てたと言う方はいらっしゃいますか?

    実は沖雅也さんのファンなのですが記憶がスコッチ刑事からなので、見てた方がいらっしゃいましたらどんな感じだったか教えて頂けませんか?

  54. 巴里雀 より:

    「フライマン」という洋物ドラマを覚えているのですが、フライマンは空を飛ぶために丸い薬のようなモノを飲むんです。

    大きさで空を飛べる時間が決まってたのかなぁ?

    で、僕らは給食のパンを丸めて飲み込むわけですね。

    マネした人いないかなぁ。

  55. toko より:

    Peachさん>

    「小さな恋の物語」リアルで観てましたよぉ。

     確か、この前、CS(ファミリー劇場)でも放映していました。

     私は、岡崎友紀が歌う主題歌「ファースト・ラブ」が好きでよく口ずさんでました。

     沖雅也さんはスコッチの時よりももう少し明るい感じでしたね。 今のヨン様より格好良かったなぁ。

     チッチ役の岡崎友紀は、「奥様は18才」なんかと比べると少し大人しい役柄。なんせサリーは学校一の人気者だったから、ラブレターを書いてもなかなか渡せない。でも彼の姿を目で追っちゃう。そして目が合っただけでもうれしぃ〜って、思わず日記に書いちゃうような感じ。話を出来たら舞い上がっちゃうんですよね。そんなチッチを温かく受け止めているサリーって感じでしたよ。

     誰もが一度は経験したことがあるプラトニックな初恋――ちょっとした彼のしぐさに心ときめいて、ちょっとしたことで悲しくも嬉しくもなってしまう。そんな想いが一杯の作品でした。

     今データを観ていたら、この「小さな恋の物語」って市川森一さんが13話中9話も書いてる。ほぉ〜。

  56. Pjorn より:

    >tokoさん

    ありがとうございます!感激です!

    読んでるだけで可愛いですねー。絶滅危惧的な内容ですね。

    ラブレターって今ではメールに、日記はブログになってしまうんでしょうか。

    当時の鍵付きやアップリケ付きの日記帳に憧れます。

    チッチの沖さんは写真でしか見た事がなかったんですがファミリー劇場で再放送してたんですね…

    市川森一さんってデビューは「怪獣ブースカ」なんですね。意外でした。

    「コメットさん」も「ウルトラセブン」も「帰ってきたウルトラマン」も「ウルトラA」も「傷だらけの天使」も「前略おふくろ様(第一期)」も手がけてたとは。

    今まで市川森一さんの事を気にした事がなかったんで初めて知りました。

  57. toko より:

    鍵つきの日記帳を交換するっていうのに、憧れました。(*^^*)

    今は絶滅種の話でしょうね。

    沖雅也さんといえば、私、必殺シリーズに出ていた時のと、「俺たちは天使だ」が好きでした。

    ああいう軽妙でお洒落な刑事ドラマ、またやらないかなぁ。

    市川森一さんは尊敬する脚本家の一人なんです。

    今、時代劇チャンネルで「黄金の日々」を放映してくれているのがうれしくて。

  58. みさねえ より:

    みなさま、はじめまして!

    読んでみたら、いてもたってもいられなくなったので参加させて頂きます。よろしくお願いします!

    マンガキッドボックスはよく見てました。「ドラドラ子猫と・・・」などはすっかり記憶の彼方に飛んでいたのですが、このトピ読んでいろいろ思い出してきました。

    あの番組の前後に、「クレクレタコラ」とか「タマゴン」とか5分くらいの短い番組やってたのも思い出しました。

    >tokoさん

    鍵付日記帳、私持ってました(^_^;)

  59. 写楽斎 より:

    >巴里雀さん。

    > 「フライマン」という洋物ドラマを覚えているのですが、フライマンは

    > 空を飛ぶために丸い薬のようなモノを飲むんです。

    覚えてます。

    飛んでるときに手をパタパタ動かしてました。

    変にぶっ“飛んでて”面白かった。

  60. ぺちゃ より:

    こんにちは!

    声優やってる、ぺちゃ と申します。

    私の師匠、矢島正明氏が、ナレーションをやっていた、

    「妖怪人間ベム」や「謎の円盤UFO」なんていう

    ちょっと恐い話や不思議な話が好きでした。

    昔のアニメは、暗い物が多かったですよね。

    「紅三四郎」

    「サスケ」

    「ルパン三世」も、今はコメディになってるけど。

    当時のものは暗かったですよね。

    「ウルトラセブン」も市川森一さんが書いてらっしゃる話は、暗い物が多かったですよね。

    でも、そういう暗い話の方が、いまだにしっかり記憶に残ってます。