ピエゾ臭さを消す為に

人気の記事:

コメント

  1. DINGO より:

    今まで気にしていませんでしたが、オベーションもピエゾ方式の様です。

    買った当時は、インターネット等、情報を得る場所も無く、単にオベーションの音が欲し〜いって思い、I橋楽器で購入。

    単にオベーションが欲しかっただけなので、モデル名とか全く知りません。

    誰かが、カスタムレジェンドとか言っていましたが、多分違うでしょう。

    12Fに1983とか書いて有るし...

    ピエゾとは知らず、AD−5のマグネチック入力に入れて録音していたので、今度からピエゾ入力に入れて録音して見るかな。

  2. DINGO より:

    ピエゾ臭さも有るけど、ライン臭さの方が、かなり気になる。

    で、録音する場合、アンプシミュレータを使用し、アンプから出る音をマイクで拾った様な音にします。

    防音スタジオとか無いので、アンプシミュレータが重宝する。

    エレアコはアンプシミュレータの前にAD−5を入れて録音。

    便利な世の中だ。

  3. DINGO より:

    今までエレアコを使用し録音して思った事。

    1.HDDレコーダに直で録音。

     物凄くライン臭い!

    2.エレアコをアンプに接続し、アンプのラインアウトをHDDレコーダに入れて録音。

     ちったぁマシか...

    3.エレアコをチューブプリアンプに接続し、プリアンプの出力をHDDレコーダに入れて録音。

     アンプのラインアウトと同レベル。

    4.エレアコをAD−5に接続し、AD−5の出力をHDDレコーダに入れて録音。

     そこそこ良い感じだが...

    5.エレアコをAD−5に接続し、AD−5をアンプシミュレータに接続し、アンプシミュレータの出力をHDDレコーダに入れて録音。

     まぁ何とか使えるかな?

    6.番外編として、AD−5を使用せず、アンプシミュレータの設定をアコスティックギター用にしてみると、これはこれで使えそうな感じ.

    と、ピエゾ臭さ&ライン臭さとの戦いは未だ続く。

  4. DINGO より:

    アンプシミュレータって何なのさって事で(どんな事だ)、アンプシミュレータのお話です。

    読んで字の如く、アンプをシミュレーションしてくれる機械の事です。

    アンプヘッド、キャビネット、録音するマイク、キャビネットとマイクの距離等をパラメータで設定し、実際に設定した状態をシミュレートしてくれる機械なのです。

    そもそも、Eギターを録音する為に購入した物ですが、エレアコにも重宝しております。

    ライン臭さを消す為の重要なアイテムですね。