は〜いSWセッション〜関係なぞいきますわぁ〜

人気の記事:

コメント

  1. スージー より:

    突然にセッションなんですけど(笑)何気にずーーーっと前から気になっていた。これ!!

       ↓

    http://www.winwoodfans.com/cs/cssess04.htm#Oldfield

    マイク・オールドフィールドとのセッション!

    いつだったか探して疲れ果てた記憶があり、よれはてしまい。素朴にこれって今どうなってる音源?ざんしょ??と、マイク・オールドフィールドのHP見たら、この方も結構いい面構えしてるんですね〜〜〜と彼のHPでまた検索して迷子になりそうなり(笑)。マイクさん=映画「エクソシスト」しか知らなかったんですが、以前WOWOWで番組見てありゃ??なんか聴いたことあるぅ〜?ようなと、あわてて「GONG」のCDクレジットみたら!ぎゃーーーーあ!(何せSWしか目に入ってなく。。)このDownwind!好きなんです。というかGONGっていいアルバムですよね?ということでずーーーっとGuilty音源気になっているのですが。

    聴いたことある方、マイク・オールドフィールドファン求む!

    なんて都合のいいことを。。。

  2. セッションはたくさんありますよね。まず忘れられないのはコレのLove Comes To Everyone。シンセ・ソロ気持ち良さそうに弾いてます。ECのイントロギターも良いですね。出た当時たしかFMの渋谷陽一の番組かなんかでかかって、なんと豪華な!と感激したもんでした。

  3. ヤモケン より:

     ウィンウッドのセッションで初めて聴いたのは、やっぱりこれ。ジミ・ヘンドリックスとのやつです。

     「ヴードゥー・チャイル」のブルース版のオルガン、若い頃このオルガンの音が古臭くて嫌いだったんですけど(暴言?)、聴けば聴くほど凄い、いかにもウィンウッド!チラチラと教会音楽っぽかったりするのも好きです。

     あと「イージー・ライダー」のエンディングで、ふわふわソウルフルに歌ってるのもウィンウッドだったのを知ったのは、ヘンドリックスBOXの解説読んで(我ながら情けない)。

     皆さんとっくにご存知かもしれませんね。

  4. Inu-Wan より:

    ROBERT PALMERも大好きだった自分は、

    やっぱり「Sneakin’ Sally…」の”Through It All There’s You”に

    Steveが参加!! と知った時は…ナンですとぉぉ〜と興奮しました。

    シブ〜い感じの長尺セッション(どんどんヒートアップする!!)という感じだったけど、

    あの2人が一緒にスタジオで…って想像するだけで十分にイケちゃいました。

    逆に、「The London Howlin’ Wolf Sessions」のSteveは

    オーヴァーダブだったとか聴いて、ちょっと残念に思ったり…。

    あ、すいません…事後報告ですがネームを変えました(笑。

  5. マイク・オールドフィールドは一時期集めていたので保管庫を探してみますが、このジャケットは覚えがありません・・・・・

  6. スージー より:

    えええええ!ヒロ様〜マイク・オールドをおおお!今度貸してください!(笑)。

    えええええええ!やっぱりアナタってコアだわ。。「保管庫」ああああいい言葉!

  7. スージー より:

    ヤモトくうううううん♪♪うううん。んであああびっくりした。Ezy Ryderね。。

    映画Easy Rider音の方が真っ先にに頭にきて(焦)。

    カプセル様Love Comes To Everyoneこれね。。当時から渋谷さんってラジオやってたんですね〜。当時渋谷さんって偉かった〜日本でアークを一番に流してくれたのが渋谷陽一氏だったような。。自愛〜これ聴いちゃってジョージの追悼DVD見てしまうと。時代の流れというかなんていうか。。

    が!!ここに目がどうしてもいってしまったりな私ですが。あああ本当にファンって目ざとい。。悲しい、、が当然!

    そうそうECはもう一歩でSIRになるですよね。

    ほーーーって感じ。

    ジミヘンもロバートも亡くなって、、ロバートさんの死もショックでしたね私。 若すぎ。。

    SWとパーマーさんグラミーなんぞでは、ハイヤーかアディクティドかって87年だったし。。

    何はともあれみんな長生きして頂戴よ!

  8. ヤモケン より:

    ジョージの「Love Comes To Everyone」は、シンセだけでなくコーラスもやっているんですよね、どの声やろか?

     ロバート・パーマーは恥ずかしながら全然聴いてないです。

     ジョージ関係では、ジュールズ・ホランドの同じアルバムで二人のそれぞれの演奏が収録されてますね〜

  9. スージー より:

    と、、Inu-Wanさんってば〜。

    元PPGさんなのですね〜。

    ログって今知りました〜あ。。

    お母さまによろしく(笑)。

    トピ嵐の女王は私。。すいません。

  10. スージー より:

    LOVE COME〜のSWバックヴォーカルは。

    シンセムーヴあって、ここ!これ!

    と、、3分8秒あたりの声がが聴きやすいか?びみょーー??え??誰かにふってみたりな。。

    > どの声やろ??

    駄目。。笑ってるアホスージー。。

    よいわ〜ヤモトくううん。

    そうそう。

    ジュールズコンビアルバム。これかなりのモノですよね。。。このSW命女。100歩譲ってじゃないけれど。ジョージに泣きましたね〜。。そりゃーーI’m Ready!!が。。ジョージは・・・・まーー別の意味合いもあるけれど。

    ダニー息子協力の元での、、遺作。。

    あのジャケに載ってる写真は涙でございました。。。んでポール・ウェラーののお兄ちゃん節も光ってました(私事まるだし)。

    今年のミラクルは。

    ダニー君ととRRHOFでSWがセッションしちゃってます〜。

    While my guiter〜fellin’Alrigt。。あ、、キースもだ。ここらへんのvh1放送のRRHOFHのセットリスト諸々

    はWinwoodのボード969あたりでで爆裂発表しておりますが。

    http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=UHK94050

  11. スージー より:

    女王様ライヴのSW。

    コッカー氏の女王様ライブでSWがバックでご一緒でしブライアン・メイがギターでおおお、ジョーコッカーがSWのファン??んでもってアームズでSWがアメリカ駄々こねて〜面倒だからコッカーいって〜と他力でお願い??なんて。。

    女王様ライヴの老いたような、、え??

    あれは服があかんですぅぅぅぅうう。

    でもあの映像髪薄くないないないいいいい?

    でも今フサフサなぜ?え??錯覚??

    の映像ね〜。

    NHKハイビジョンで放送される前に、ネットで見れてそれだけで発狂して。。なつかしや。。

  12. 探せば出てくるもんですな!!

  13. いっしー より:

    マイク・オールドフィールドのGuiltyの12”、

    実家に帰ればあるんですけどね。

    オールドフィールドといえばtacarinさんが

    出てくるはずなんですけどね。

  14. スージー より:

    ぎゃーーーーーーーーヒロさああん。

    GOだあああああ、昨日ここ「お好きな盤は?」のトピにあげたばっかりだったし。

    (ヒロさんこれってCD化されてないのよ)

    あなたって何モノ様?なんで持ってる??(あ、SWファンだった)。

    ヒロさあああんの真空管で聴くスティーヴぅぅぅぅぅ。ぎゃーーーーー参りました。。。

    そういえば、バンゲレスもいけるんですよね=ヒロさん。んでマイクレコードの山!ええええええ!!へんーーーだああああ。

    で、また壊れたスージー。

    もうううう〜今から行くわ雪国まで襲撃よーー。こっから8時間?9時間?タイヤ交換したから大丈夫(爆)え??

  15. スージー より:

    ヒロさあああああん!それ!

    スージー日記にハーヴィー山口さんの

    ことをチラリとふれちゃったのですが。

    このフォトもハーヴィー氏が撮ったとか??

    いやはや〜若いスティーヴ。

    と、、、知らなかったのは。

    マイクを聴く人〜実はマイクも聴く。(本日ひとくくりにしたくなってしまうモード)

  16. 遅レスですが…、

    Robert PalmerのSneakin’ Sally〜はぜんぜんクレジットとかついてなかったんで、参加してたのは実は割と最近まで知らなかったんですけど、そもそもがほんとに大好きなレコードだったので、これを知った時はコーフンしました。

    パーマー、アラン・トゥーサン、ミーターズ、リトル・フィートなんてラインにSWが絡むなんて夢中の夢の共演だと思うんですけど、 あ、でもあの最後の曲だけNY録音でメンツが違うんだっけ…。

  17. スージー より:

    いっし〜さあああん。

    やっぱり壊れてるスージーですが。

    えええええええええguiltyの12インチ〜ご所有?

    ここの人たちって何もの〜えええ!

    ずるいわぁぁぁいえ、、なんでもありません。

    ひたすらうらやましぃぃぃ。

    何年探して。。げとーできなく。。

    このguiltyジャケってシングルも12インチも同じジャケなんでせうか?

    もともとシングルなんですよね??

    読み物読むより生き字引様!ですぅぅぅ!

    で〜シングルオンリー企画だったのですか〜??などなど。。不可解なのよ。。

    全人類がマイク・オールドのレコードを持っている被害妄想の今。。。

    とtecarinさああああん♪

    と何気に呼んでみたくなったりして(笑)。

  18. スージー より:

    ああ。。やっぱり自爆してる。。

    16の。。

    > マイクを聴く人〜実はマイクも聴く。(本日ひとくくりにしたくなってしまうモード)

    ↑「マイク聴く人はSWも聴く」。。です。

  19. Inu-Wan より:

    >カプセル怪人さん

    遅レスでもウレシっすぅ。

    「Sneakin’ Sally…」に参加してるらしい…って話はかなり以前から知ってたんですが

    暫くは…どの曲なのよっ!!??ってかなり悶絶してましたよ。

    パーマー、アラン・トゥーサン、ミーターズ、リトル・フィート…そうです、そうです!!

    最初はモワ〜ンとそんな夢想をしてたんですけどネ。

    >スージーさん

    名前変えちゃって話が繋がらないトコ出てきちゃいましたが、すいませっ(笑。

    87年は後にも先にも、嬉しい悲鳴をあげっ放しのワタシでした。

    そしてお袋と一緒にSteveの映像にかじり付きだったという。σ(゜ー゜*)

    しかし凄まじい勢いでトピがまわってますねぇ、やっぱり…(笑。

  20. おなじアイランドつながりでジョン・マーティンの名作2発はいかがでしょう。SWはキーボード類たくさん弾いてますし、他にもベースなんかも演奏しているようです。

    John Martyn / Inside Out

    John Martyn / One World

  21. いっしー より:

    Guiltyは7インチ、12インチ同じジャケだったと思います。

    ただしイタリア盤が違うジャケ。(写真)

    12インチはLong Versionも入っていて、青い盤でした。

    http://www.tubular-world.com/songs/g.html

  22. tacarin! より:

    はーい。呼ばれたかしら〜ん♪(遅いっちゅうの…)

    これはね、Mike Oldfield が “OMMADAWN” と言う傑作3rdアルバムを78年に作ってから人格がぶっ壊れて、3年後に無事生還。79年4月に突然発売された単発シングルでやんす。

    当時は突然打ち込みのディスコビートで、ファンのワタシはぶっ飛んだものでございました。

    12インチと7インチ両方あってレコ番は「VS245」。日本盤7インチも発売されました。当然全部持っていますが、ワタシんちはアナログがかかりません。音だったらどっかのコンピに入っていたと思うよ。いりますか?

  23. いっしー より:

    追伸

    http://www.tubular-world.com/bio/bio02.htmlを読むと、

    オールドフィールドがTubular Bellsをクイーン・エリザベス・ホールで、

    そうそうたるメンバーでやった時にSWも声がかかっていたけど、

    リハの時間が取れなくて参加できなかったらしいです。

    (ドイツ語を英語、日本語二段階翻訳なのでちょっとあやふや)

  24. スージー より:

    マイケルシェンカー音とマイクを求めちと。。

    ドイツまで・・・・・・・行ってました(な訳ない)。イザ(笑)というときドイツ語の辞書持っていて良かったわ。

    と!マイク・オールド・フィールド映像を(ロック・マスターズ)改めて観ましたけど。。

    (とっと観ろ自分!)

    しっかし〜皆様!怖い〜怖すぎ、マイクさん達って。あのその。。刃物が飛んで来るって感じ〜!あ、、刺さるうってええええええ???

    73年映像の「円卓状態」で数人演奏してるヤツ。何が楽しくて?演奏しているの??無表情淡々と下むいたまま。。異常に怖い。。彼ら人間??絶対に狂気のホラーだわああああああああああああ!すごすぎ。。(すいません)。

    聴くと・・・・・・スティーヴの「方が」MO氏の音に憧れていたって感じ・・本気に。転地壊れそう。。。

    ヒロ様、いっしー様、tacarin様。ひやあああああぁぁぁぁぁ〜。恐れ入りたてまつります。

    んでtacarin様79年単発シングル〜に?えええええええ?もう駄目。。本気に駄目。。ああ、、。

  25. スージー より:

    あ。。少し平常心。いっしー様貴重な情報ありがとうございます。涙のほろろろ。。。

    SW音求めて境地の世界へ。。Guiltyこの1曲・・・・はもう何年探し求めていたことか。。はぁ〜。

    (そういえば同タイトルでヴァーヴァラ・ストライザントとバリー・ギブのなんてあったかしらん?)と、、何はともあれマイク・オールドフィールド。。

    顔の筋肉なくなったスージー。。

    > 当時は突然打ち込みのディスコビートで、

    > ファンのワタシはぶっ飛んだものでございました。

    ↑tacarin様。私も飛びたいもんですわ〜〜。

  26. 匿名 より:

    重要作ではないかも知れませんが、参加してるってことで’80s好きとして(苦笑)一応挙げときます。

    ポール・ヤング(有名な方)の”OTHER VOICES”(’90)で、ボビー・ウーマック”STOP ON BY”のカバーの中で明らかにそれと分かるハモンドを弾いてます。ちなみにコーラスはチャカ・カーンです。

  27. スージー より:

    ひたすら〜マイク・オールドフィールド状態のスージー。(あ、、MOコミュあるんですね〜)

    登録人数、SWコミュ完璧に負けてるじゃないのーーー!悔しい・・・って問題じゃなくって。。

    いっしーさん。ありがとうございます〜レアジャケ!ありゃ??ポール・ウェラー系顔???に見えるのは私だけ?

    ウェラーともセッションいているSWだけど。。

    は、おいておいて。。

    > ただしイタリア盤が違うジャケ。(写真)

    ひやーーー。イタリアときてしまった。。ほおおおおお、、国ジャケ違いってあるんですよね〜〜。。。

  28. スージー より:

    でマイク・オールドフィールド。。(しつこがらないで。。くださいいい)

    だってこの方「歴」が凄い方でしょう?今から追っかけって死ぬわ。。

    はぁ〜本気に私20年?探していたんですうううが。でも根性たりなかったわ・・・・・・・・。

    で聴いてしまった。SW参加のギューティ!

    へええええひぇぇぇっぇええええええええええ!tacarin様もろもろ様〜ありがとうございますううう。感謝感激〜。。。ああああ。

    エクソシスト。。謎のTubular Bells、ちゅーぶらべるず。

    ちゅーぶらべるず。。。ちゅーぶらりんべるず。(絶対早口いえないわ!)だけの人じゃなくって。

    んで!あのその。ええええええ!

    80年代の有名どころ曲。

    例えば、Family Man〜Hall & Oatsの原曲も。

    あれも?これも?MistakeもMOの原曲??←エマ審さん知ってたんでしょ?

    知らなかったの私だけ?(スージー@被害妄想かっとび中)MOさんとのセッション=ギューティ〜79年ったらアークの前の年?

    ああああああ。息切れして死んでました。

    ありがたや〜ですうう。

  29. スージー より:

    それにしても。

    繰り返し粘りの女?かもですが。

    SW=ゴング=それが!MO絡み?これを知るまで。。20年????ひーーーーですうううのよ。

  30. スージー より:

    んでもって。。

    サンディ・デニーの5枚組BOX。。。。SW参加のEasy to slipがリマスターいい音になって入ってるし。。勘弁してえええええええ〜〜ええええ。色々なところに顔出しすぎーーーよおおおおウィンウッドおおお!

    http://www.winwoodfans.com/cs/cssess02.htm#Denny

  31. このBOXねえ〜、もちろんSW参加曲収録も嬉しいですが、それ抜きにしてもタマラン箱です…。欲しい…。

  32. スージー より:

    > カプセルさん。このBOXでしょー。同じく。。タマランン箱お値段なのですよね。師走に。。

    とまた話ぶっ飛ぶですが。(トピ嵐ですうう)

    皆皆様〜SWのFINER THINGS 。どーやって保存してます?結構傷つきそう???ですよね・・・スージー所有他アーティストボックス。ジャムとかベック諸々ありますが。。適当よ箱がどーなろーが(笑)。が、SWのこれだけは。。プチプチにつつんで。。おるのですが、、皆様わ??と気になったり。。

  33. スージー より:

    どこに書いていいのか?ですが(笑)。

    Montreux Jazz Festival 2004 は

    サンタナのステージのゲストでSWが出演したんですけが、サンタナとSWのなぞ。。。。。

    この二人。

    すんごく仲良し〜とかあんまり聞かないし。

    接点あったか?しら?

  34. >皆皆様〜SWのFINER THINGS 。どーやって保存してます?

    うーん、この手のもの、結構保存いい加減です…。Finer Thingsも実は中のブックレットの1ページがホッチキスからはずれちゃって。SW様すいません。

    サンタナとSWの交流ってあまり聞いたことないけど、

    About Timeって意外にサンタナ臭が感じられるところもあるし、

    その辺の音楽的接点で共演実現したのかも、と想像したりもします。

    でもサンタナはECやジェフ・ベックなんかとも仲良いって話は聞くし、案外昔から交流あったのかもですね。

  35. いっしー より:

    サンタナとSWを取り持つのは、もしかしたら

    「GO」の時のマイケル・シュリーブではないでしょうか?

    彼は初期のサンタナのドラマーでしたから。

  36. スージー より:

    いっしーさああああん。

    はりゃーーーー。

    そういえばマイケル・シュリーヴって。

    初期頃サンタナ支えていましたよね?

    やっぱりGOって変。。。。

    GOになるとしつこ女化しますが。。

    気絶するほど悩ましいアルバムっていうか。

    なんなんだろう?このゴー&ゴーパリって。。

    いえその。

    このコミュ・のヒロさんは、

    30年前にプログレのクラウス・シュルツが好きでGOゲットしたという。。怖いわああ。

    (何が怖いかって、孤独にゴー!って騒いで

    20数年だったせいか。。)

    しっかし。。

    このGOのカテゴリってなんなんでしょうね。

  37. スージー より:

    そういえば。(頭がそういえば状態化してます。)

    カプセル様、何を今更ですが。

    ABOUT TIMEのジャケ絵と

    サンタナジャケ絵は一緒の人だった・・・・・・・。

  38. あ、そうだそうだ!

    私としたことが重要なことを見逃してました〜(苦笑)。

  39. スージー より:



    でででで、すよね??

    私、そーいえば化していました(汗)。

    発売前にジャケみてあれだけ騒いでいたのに。。。

  40. midland maniac より:

    皆様、ご無沙汰しております。

    サンタナは交流が広過ぎますよね。

    私もよく分からないのですが、

    98年にSWの50歳誕生パーティーをやったとき、

    サンタナも顔を出したと思うんですが・・・。

    違いましたっけ???

  41. スージー より:

    なぜか?突然。ハンク・マーヴィンのカテゴリってなんなでしょ?SWらに影響あたえたんだ。。へーーほーー。。ルックスから入る私がなんでハンク好きなのか?少し謎が。。。ストラトの元祖なんですね。もしかしてSWの先輩の一人ですか〜ん?若いP・ウェラーだって今では「兄貴」とまで言われているし。。SWは兄貴の兄貴でハンクは??兄貴の兄貴の兄貴なのん?(笑)。へ??兄貴が一杯〜はりゃ?

  42. DAZS より:

    GOってツトム山下のバンドですよね。あれと、ジャーニーって記憶がごちゃごちゃしてるのですが、なんでかねえ。

    ところで、二ールショーンってサンタナにいませんでしたっけ?

  43. あ、いましたねサンタナに。「サンタナ3」くらいのころですか。ニール・ショーンは当時デレク・アンド・ドミノスにも誘われたんですよね。天才少年みたいな感じでECは目をかけていたらしいですよ。

  44. DAZS より:

    そうです、二ール・ショーンは天才少年として出てきたと思います。シュギー・オーティスなんかとセッションやってなかったか?うーん、記憶あやしく、いいかげんですが。。

  45. スージー より:

    > GOってツトム山下のバンドですよね。

    > あれと、ジャーニーって記憶がごちゃごちゃしてるのですが、なんでかねえ。

    さすがにご存知ですよね山下勉さんのですぅ〜。と、、DAZS笑わせないでくださいませ。ここでしまった出た!ジャーニーぃぃぃぃ!あの初代ジャーニー?ボーカルは個人的に駄目。。。マイ・コミュにジャーニ命の方てまこと恐縮なんですが。。。ごめんなさいいい〜〜!ニール・ショーンは確かにギター巧い方と記憶してますわ〜。。私とにかくGO好きなんです。←執着女ですのね。。きっと。。

  46. DAZS より:

    そうか、GOにはマイク・シュリーブがいたんですね。それで、ニール・ショーンとのからみでごちゃごちゃ、と。時期も似た頃かな。思い出すと、タンジェリン・ドリームのクラウス・シュルツもいたんですな。すごい、というより、多彩なメンバーだと思いますです。

  47. そうそうクラウス・シュルツ! ホントにGOは日本人、イギリス人、ドイツ人、アメリカ人(シュリーブは白人、ディメオラはラテン系かな?)と国籍も音楽指向もまるっきり違う人が集まって、今考えると実に妙なバンドだったわけですよね。で、音楽はなんというかちょっとスペース・オペラ系といいますか(笑)。GOについてはあまり語られることがないですけど、ツトム・ヤマシタ氏のこれに関するコメントなんかは、かつて紹介されたことはないんでしょうか? 謎多いです。

    というか、ちゃんとしたCD化が先ですな。

  48. スージー より:

    GOをゲットしたらしいですし〜。

    スージー@壊れて仕事になってない。

    そうなのーぉぉ〜だから「今こそGO!!!!!!!!!!」

    って、GOで盛り上がってるのって・・・・世界にいる?

    私だけ??じゃないですよね(爆)。

    このコミュって変な人ばっかりぃぃ〜(うそですうそです)。

    誰が一番ビョーキぃぃぃ(すでに自爆済み)。

    SWコミュのヒロ(本体)様はクラウス・シュルツ繋がりで当時、

    GOをゲットしたらしいですし〜。

    DAZSさんそうそうタンジェント・ドリーームゥゥゥ〜ぅぅぅ。。

    当時はトラフィックのスティーヴ。

    当時はタンジェント・ドリームのクラウス・シュルツ。

    当時はサンタナのマイケル・シュリーヴス。

    んでギターはアル!(だからなのよ〜D吉さぁぁん!)。

    ところで★ポール・マックバスターって誰??ですが。。??

    私も当時の山下さんのコメントは・・・・。。。知らないの。。

  49. スージー より:



    GO PARIS、、ロイヤル・アルバートホールでの彼らの専属カメラマンはハーヴィー山口氏。

    > KOSAKU君。

  50. スージー より:

    SDG時代からの生き字引氏〜ベイビー大御所様から。

    初版!!のハーヴィー氏のCLIMBをいただたのですが。

    ハーヴィー氏によるGOの秘話や元奥様ニコルさんのことも

    書いてあります〜〜よぉ〜。

  51. スージー より:

    スージー連打〜いきます!

    一番変??なのは「やっぱり」スージー(本体〜??)

    いやだわぁぁぁぁ〜ああああ。

    カプセル様

    >音楽はなんというかちょっとスペース・オペラ系といいますか

    そうそうそう〜(笑)

    ゴースト・マシーンとかなんてねぇ〜。。

    (得にゴーパリ・ライヴ)ノリノリのスティーヴィー!!

    宇宙にでもどこでも飛んでけ!って感じぃぃ〜なのなの!。

    山下勉氏って昔は劇団の主宰だったとか。。(どんな劇団?・・・観た人いますぅぅ??)今でも現役でご活動してるらしいが〜。GO再結成なんてあったらミラクルぅぅぅ〜〜〜!!

  52. 「GO」の思い出・・・

     当方が非常に若かりし頃タンジェリン・ドリームと言う全くメジャーでは無かった面白い音楽を奏でるドイツのグループを率いるクラウス・シュルツなる人物がおりました。その人物が日本のパーカッショナ−と作った音楽があると雑誌で読んで片田舎に住んでいたのでレコード店にお願いして取り寄せしました。初めて聴いた時は余りにも解りやすくて、当時背伸びして意味不明な音楽を聴いていた自分としては物足りなかった。

     背伸びをせずにありのままでこの「GO」を改めて聴くとほほーーーこういう事だったんだと理解出来ます。なんか30年も回り道をしたようですな(^_^メ)

  53. スージー より:

    hiro(本体)様。

    超貴重なお話ありがとうございます。自分もこの流れでなんで〜私ったら?長年GOに執着して。。って自分の中でへーほー状態でありますぅ。

    中学1年?小学高学年?当時FMったらNHKFMしか聴けなかったんですね〜(だから日本アイルランド!)。タンジェリンですね。。

    三つ子の魂100までもじゃないですが〜当時のDJの方の発音が幼い?

    私には「タンジェント」と聞えてしまい。

    タンジェント・ドリームってなってしまってぇぇえ〜。

    タンジェリンを初めて聴いた時は感動!

    ませてましたわねん。。(スージー家が洋楽好きだったせい!?)

    ジョン・レイトンとか聴かされてました(爆)わぁ〜いるど・うぃん♪

    とはどーでもいいですが。。

    タンジェリンの音源ハンターしましたね〜当時はちょっと大変だったわわ。。

    レンタルレコード屋さんにもおいてなかったし、ちょっとオトナ化して初期2枚ゲットしたりでしたね〜。。

    思えばシャカタク〜タンジェリン〜ヴァンゲレス〜〜

    が!ロックはやっぱりクリームよ〜ジミヘンよーーー。

    女化になって。

    と、、、、そのなんていうかかんというか。

    その不思議な集大成がSW??????だからGOが好きなのアタシ??自分でも段々、訳わかんないから読んでる人。もーーーっとわかんないでしょね(爆)。。

    ◆縁あって2004年雑誌「ストレンジ・デイズ」の7月号を買ってしまい。おおおおおおおおおおお!タンジェリンいるぅぅ!と、、感動しちゃったりでした。

    > 当時背伸びして意味不明な音楽を聴いていた自分としては物足りなかった。

    意味不明。。。よすぎわぁ〜笑!!

    私もTrafficの「On the road」とか 「When the Eagle Flies」をティーン・エイジャーでやっと中古でゲットした時はこれで私もなんか〜一丁前な気分。。が!もしかして〜意味不明だったかも!??中学2年とかでスティーヴィーを知って。SW=SDG=TRAFFICという流れすらわからじで。あああああなつしぃですわ〜〜〜。。

    まさか今でもスティーヴィーーーー!と。。

    「SW心の支えの会」(なんじゃ?)

    なんてしてると思ってませんでしたわぁっぁ〜〜。。

  54. スージー より:

    へ??祈りが通じたのか??

    http://www.hip-oselect.com/catalogue_stomu.asp

    2枚一緒の謎。。。

  55. スージー より:

    ゴーだ、チャリティソングだってスージー@頭多国籍軍状態。

    はりゃ〜〜。DAZSさんもご覧になって下さったね。。「レッド、ホワイト」改めて見直して〜ジョージィ・フェイム!かちょっといいしーの。んで〜思い出してしちゃいましたヴァン・モリソンの「Avalon Sunset」“Whenever God Shines His LightOn Me”

    オルガンはジョージィ・フェイムでこれ好きですううううぅ〜!!

    よいわぁ〜〜〜。(クリフは駄目と言ってながら。。)豹変女。

    レッド、ホワイトやっぱり貴重なんですのぉ〜。ジョージィとSW繋がりってあんまりしらなかったけど某所でカプセルさんから知りへ〜ほ〜でした。

  56. GO+GO LIVEのCD化めでたしです。でもアマゾンあたりでも扱ってくれないかなあ…。

    ヴァンとジョージィ・フェイムはほんと最強コンビだったです。最近は一緒にやってないみたいだけど、また復活してほしいですな。ジョージィはSWの兄貴分、という感じの世代ですが、SWには一目おいてたのが「レッド〜」見るとわかりますよね。同じハモンド・プレイヤーだし、共演機会はないけど…。

  57. DAZS より:

    ヴァン・モリソンとジョージー・フェイムって、コンビでやってたんですかいのう?ジョージー・フェイムは、かなり、かなり前の人だと思ってますが、そうだったの?

    モリソンさんは、結局、牧師だったか神父だったかはまだやってるんでしょうか?

    で、Avalon Sunset、ジャケット写真いいですね。

    #モリソンさんはVanもJimも好きですねえ。

  58. ジョージー・フェイムはちょっと前までヴァン・モリソンのバンドのバンマスでした。たぶんこのAvalon Sunsetのころから始まって、かなり長いこと続いた気がします。ジョージーは自分のアルバムでMoondanceをカバーしたりしてたんで、その辺から接近したのかもしれないですね。ヴァンの歌にジョージーのハモンドはほんとに絶妙のコンビネーションでした。

    あれ?ヴァンって牧師なんてやってましたっけ??

  59. DAZS より:

    >ヴァンって牧師なんてやってましたっけ

    誰かと思い違いかなあ、ソウル・ゴスペルを極めてるとかいって、その道に行ったような気がしたけど、検索しても出てこなかったですね。

    代わりに、Al Greenが、その道に入ったというのが出てきました。彼が復活したらしくて、Blue Noteからアルバムを出すとなってて、ついでに Van Morison も Blue Note に移籍した、とか書いてありますね。

  60. スージー より:

    本当にジョージー&ヴァン時代の音は凄かったんですよね。

    数枚だけれども90年代前後のヤツのヴァンアルバムの。

    影にジョージーあり。。だわ〜!

    94年のライヴ盤A Night in San Franciscoにも確かジョージー参加

    ですよね。???持ってまちぇんんんんん。

    悔しい〜レッド〜映画以来。SWのことを絶賛してくださる。

    ジョージー・フェイム様〜のCDをアマゾン等でプチンしまくりですぅ。

    困ったちゃんの私ですぅ。。

    今までヴァン顔が時分的に駄目で。が!豹変しました!!!

    > DAZS様。

    アル・グリーンがその道に。。しりませんでした〜。

    突然グリーン繋がりといえば(?)。

    いきななり〜ピーター・グリーンですが。

    消息不明な80年代頃?ボロボロ状態の彼。

    実は私の住む街にいたんですよんんんん。

    って○ススノのお店のママさんと彼は交流があったらしく。

    そのママさんがファンでボロ化していたピーター・グリーンを

    世話?していたとか。。(笑)。

  61. アル・グリーンは一時期は完全に牧師活動のみでしたけど、最近は普通のアルバムなんかも出しますよね。メンフィスのアル・グリーンの教会で結婚式やると、本人が歌ってくれる!という話を聞いたことがありますが(笑)。

    >いきななり〜ピーター・グリーンですが。 消息不明な80年代頃?ボロボロ状態の彼。 実は私の住む街にいたんですよんんんん。

    ええっ!それはすごい!

    実は大好きなんですピーター・グリーン。別トピに書き込んでおられたコメッコさんがピーターのコミュを立ち上げておられたので、思わず入ってしまいました(笑)。

    と、SWの話題じゃなくなってきた…、失礼しました。

  62. DAZS より:

    amazonに行って、avalon sunset買ってしまいました。。。

  63. スージー より:

    「映像トピ」か「お楽器トピ」か迷ったけど〜。ま。。色々ミュージシャン系(意味不明)で。

    でででで〜そーいえば!!ピーター・フランプトンってば!カプセルさぁぁん(私そーいえば化が数年たってました(情・・)。ここにいたのねーー!

    ギター好きな方々〜〜(爆)

    「ブラインド・フェイス諸々繋がり」トピ21でカプセル怪人

    さんがご紹介してくだささってますが。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005AUEE/qid%3D1098440766/sr%3D1-1/ref%3Dsr%5F1%5F16%5F1/249-0785900-1060342

    ここで〜〜

    Tom petty/Peter framton/Steve winwood/Chet atkins/BB king/Travis tritt/Jor Perry/Joe Perry/JohnEntwistle/Ron Wood/Randy BAachman/Bob Weir/Hank Williams jr./Steave Howe/Don Felder/Billy Coran/Slash/And many more Guitar……..が入ってるぅぅ!と後は色々ライヴ模様もちらりんです。

    この映像のスティーヴィーったら〜ご自宅前で演奏で。ちょっとトチルけどよいよいのぉ〜〜♪この映像はカナダの番組で流れたらしいんですが。ギブソンがスポンサーみたいですねぇ〜

    「ブラインド・フェイス諸々繋がり」トピ21でカプセル怪人さんがご紹介してくだささってますが。この同じ映像は98年「教則ビデオ」(笑)で日本でも発売されました〜わ。

    スティーヴィー演奏は当然、繰り返し繰り返し磨り減り状態(スージー鉄則よぉぉ〜)

    エアロライヴ行く前にジョーはちらり観て。

    後はBGM状態で流し見でした。。と、ピーターフランプトンで!(反省・・)DAZSさん諸々な方・・・・・「ぷち」したくなるでしょ??なんて。。!?

  64. これ、面白いですよね。正直いってしまうとリバース型ファイアーバードを弾きまくるSWは、収録時間は最長ですがテクニック的には本ラインナップ中最下位ランク(苦笑…でもファンだから許せます)ですけど…かなりの貴重映像です。ピーターも登場して良い感じでレスポールを弾いてくれてます。ほかにもベースなのに和音弾きまくるジェファーソン・エアプレインのジャック・キャサディなんかがなかなかの珍品です。

  65. スージー より:

    これ、面白いですぅ。ぎゃ!SW上目使いしちゃってぇんん。

    ちと矢沢の永系はいっちゃったか「目使いぃぃ」??

    レアレアなニヒルなスティーヴィー顔!!たまりらないのぉ〜。

    演奏協力=バックに犬の遠吠えが聞こえるとかねぇぇ。。

    が!WOWOWもエライ!フジロックの番組ねあの枠で8分以上流しよぉ〜〜〜〜。これ重要だっわぁぁぁ=収録時間ってぇぇ〜〜。

  66. DAZS より:

    Guitar Odyssey、クリックしちゃいました。

    Randy Bachman(Guess Who, BTO)好きなんです。。さすがカナダの局?

    で、カプセル怪人さん、ジャック・キャサディもいるんですよね。

    買いますですよ。。

  67. スージー より:

    ↑DAZSさぁぁ〜んんんんんんん!!!!!!!

    なぜか叫びたくなった。。。

  68. スージー より:

    Guitar Odysseyちゃんと観たら(とっととSW以外も観ろですが。)

    ありゃ、頭だった部分が顔になってるような感じだけど=ピーター・フランプトンって今〜なかなかお年のわりにわよいわ♪何せアイドル王子時代しりませんでしたぁ〜。

  69. スージー より:

    SW絡みミュージシャンということで。。

    お許しを。。と!カプセル様。映画「レッド〜」以来。SWファンの?ジョージー・フェイムが気になり。。モリスンの1994年のライヴ盤『A Night in San Francisco』。ジョージー・フェイムも参加しているんですよね?持ってないので。。ぷちり。。。してしまいました。本当にSWをオマージュするジョージーに感動なスージーです。SWって凄い人だったんですね(笑)。→何をいまさら。。フェイム&ウィンウッド!のセッション聴きたいなぁ〜。。。

  70. スージー より:

    まだまだ二人ともハモンドB3持ち込みバリバリよぉ〜〜。。

    そう万年青年スティーヴィーの兄貴!

    SDGのジョージア・オン・マイマインドに脅威。。。それを今でも語って下さる。

    敬服いたしますジョージィー様!!!

  71. お〜、フェイム氏も年とりましたねえ。なんかWWEのビンス・マクマホンみたいだな(笑)。

    そういえば10年ちょっと前にGO JAZZレーベルのライブで来日したのを観ました。ハモンドをグリグリ鳴らして「Mercy, Mercy, Mercy」とかやっていましたっけ。懐かしい。

  72. スージー より:

    カプセルさんってえええええええええええええ!!!!!

    生フェイム体験えええぇぇ〜わ〜うらやましいですぅぅって・・・・

    Mercy, Mercy, Mercy〜・・・ですよね?

    Mercy, Mercy,Me〜はパーマー。あら??

    ですよね?私変だぞぉぉぉ〜〜。

  73. スージー より:

    あぁれ?似てるかも。。。

    (※写真はジョージィーフェイム様ではありません)。

  74. スージー より:

    ジョージィーフェイムぅうぅぅぅぅ!!!!

    となんだか初期時代のCDでゴキゲンゴキゲン♪プチプチしまくりがどっと届きまして。

    うううう耳がどーしてもオルガンに言ってしま

    ってな最中。。

    まーーーーウワサのGOですが〜。

    なんだか2枚一緒というのが〜。。。涙をそそる。やっぱりゴーパリはジタンのタバコのジャケぢゃないとぉぉ〜かしらん!??。

  75. >Mercy, Mercy, Mercy〜・・・ですよね?

    >Mercy, Mercy,Me〜はパーマー。あら??

    え〜と、このMercy, Mercy, Mercyってのはキャノンボール・アダレイのファンキーなインストがオリジナルだと思うんですが、元祖ブラスロックバンドといわれてる(?)バッキンガムズのこれに歌をつけたバージョンがヒットしまして。これをけっこういろんな人がカバーしています。名曲っす!

    で、これが噂のGOのCDですか〜。たしかに少しあっさりですかね…。

  76. スージー より:

    94年のHere Comes A ManのPV〜

    怪しげなブラック男性があぁぁぁっぁあ!!

    ゲイトマウス・ブラウン!!!

    (しかも証拠も・・・)さすが見所がカプセル様!!

    チラリと出てくるぅぅ。 初めてみたっていうか。。。

    ゲイト氏を向かえてのあのスティーヴィーの

    嬉しい顔なんですか〜〜!!!!

    スティーヴィーとま、、繋がりありそうなんだろうけど。

    どんな繋がりというか。。なんか〜あるんでしょうね。。

    言語狂のスージー書き込み。

    >ジャケかっこいいですぅっぅカプセル様〜。

    オリジナルしりませんでした。

    あ、、、それよりジョージィーCDでカバってないかしらん。

    フェイムいいわぁ〜かっちょいいいいい〜!

    本命2号房之助悪いけどしばしさればじゃーー(薄情な女)。

  77. Mercy, Mercy, Mercyはジョージィのライブで聴いて感激したんですけど、スタジオ盤でやってるのかは不明…。調査しますです。ちなみにパーマー氏のやってるマーヴィン・ゲイの有名曲はMercy, Mercy,Meで違う曲ですね。

    ほかにもドン・コヴェイのMercy Mercyとか似たようなタイトルの曲いろいろありますな。

    SWとゲイト翁のつながりってなんでしょうねえ。

    よく考えたら、ゲイト翁のメイン・ギターはノン・リバースのファイアーバード。このギターがトレードマークなのはそういえば彼でした! このPVでも抱えてます。

    このへんが共通点かな。でもブラックミュージックに精通しているSWだし、ゲイトのファンだという可能性は大きそうですね。しかしトラフィックのPVで最後のコーラス部分を歌うゲイトマウス・ブラウンというのは、何度見てもすごい…。意表つきすぎです。

  78. DAZS より:

    ドン・コベイですか、渋いですね。

    ところで、mercy,mercy,mercyですが、曲を書いたのは joe zavinul なんですね。びっくりしました。

  79. キャノン・ボールのライブ盤良く聞きました!観客の反応が最高なんですよ!『RIGHT ON!!』と言う感じで。

    ジョー・ザヴヌルは,ウィーン出身なのによくあのゴスペル・ファンクなフィーリンが出せたと思います。天気予報のライブ1度見たことがあります。ミロスラフ・ヴィトウスという凄いベーシストがいたな!

    『バッキンガムス』のポップ・チューンも好きでした。

  80. >ところで、mercy,mercy,mercyですが、曲を書いたのは joe zavinul なんですね。

    あ、そうでしたね! ザヴィヌルってああいうイナタい乗りの曲書く人のイメージがなかったんで、私も最初知ったときはかなり意外な感じがしました。でもあの辺の人はみんなリズム&ブルースのハートを持っていますよね。ラムゼイ・ルイスとか。

    …とだいぶ脱線しましたがSWもこの曲やったらすごく合うと思うんだけどなあ〜。

  81. DAZS より:

    ミロスラフ・ヴィトス、好きですねえ。iPODでシャッフルしてて、気になる曲がかかってて見たら、彼の最近のレコードだった、というのが最近多いです。彼もチェコの人なんで、オーストリアとか面白い国のメンバーだったですね、天気予報は。天気予報はジャコ・パストリアスの時に見ました。

    で、mercy,mercy,mercy に戻すと、Winwood 合いそうですね。

    dancing in the street とかも希望だけど、開放的すぎますかね。

  82. スージー より:

    mercy,mercy,mercyいいなぁ〜♪

    ふふふふ〜dancing in the streetはSWは、

    演っておりまするよぉ〜!

  83. スージー より:

    >Mercy, Mercy, Mercyはジョージィのライブで>>聴いて感激したんですけど、スタジオ盤でやっ>てるのかは不明…。調査しますです。

    こっちはフランプトンのこれを調査しておりますぅぅぅうぅぅぅ(笑)。

    midlandmaniacなフランプトンなぞ。

  84. スージー より:

    ふと。。思い出し。。GOの山下勉さんってね〜D・ボウイのエーガ「地球に落ちてきた男」音楽作曲やってんですよね〜75年に。

    んでボウイ&SWったら。私の知る限り。。

    「GQマガジン」の97年の授賞式でゲスト出演して。。SWはロールとハイライフをぉぉぉ。

    ががががが!!音で勝負のスティーヴィーでしょ?

    超!!ヴィジュアル演出!お立ち台の演出のボウイとなんか違う世界なお二人。。でも絶対に「生顔」的にはスティーヴィーの方も勝ってるわよぉぉぉぉ〜!!!!!!!!!

  85. スージー より:

    GQマガジン授賞式ってのは。

    VH1で放映されましたのぉ〜当時。

    97年??なの、、が!!「GREAT Steve winwood!」とオープニング飾ってるのよぉ〜〜。。参ったでしょ!!ボウイ君〜(ボウイはトリ飾りまちたが。。)。

    この授賞式。。凄い偉い方が受賞され。。

    ケネディ・ジュニアとか・・・へーほーですわ。

  86. スージー より:

    突然・・・・だけど(笑)

    SWとパーマーなぞと出演した。

    1997年8月のロンドン、

    ウェンブリースタジアムで行われた

    サウンド&ビジョンライブよぉ〜!!

    赤ジャケSWいいいいい!!

    そそそこれでDANCE IN THE STREETを

    チャカカーンとスティーヴィーしております〜。。

    パーマーさん久々に見たらなけますですますっわ。

    矢沢永吉様もご出演(笑)とあり。。

    そのご利益か日本で放送されましたーね。。

    海外ではレアな映像らしいですぅ〜わ!!!

  87. スージー より:

    なぜか。。大きく。

    この時、なんでこうのにSWでてる。。と、、

    まだジャンクション出る前でしたよね(苦笑)。

  88. スージー より:

    ほへーーーーーー!!

    知らなかったのは私だけ??

    いつリリースされていたのよーーーーーー!!

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000765I9A/qid=1110684043/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-0411335-5782639

    これのI Need Thee Every Hourにぃ〜SWがオルガンと唄参加ですって!

    2月に発売になっていたっのおおおおおおお!!!!

    キャー〜どなたか聴きました??

    というかなんで??いやだーーー。

    本当???

  89. iTune Music Storeでちょっと試聴できました。SWは全体的にデュエットしてますね。SWがソロで歌う部分もありましたよ。

    このAshley Clevelandさんっていうのは、私は知らなかったんですが、音楽はポップ・カントリーみたいな感じですけど、クリスチャンミュージックみたいなカテゴリーの人のようですね。

  90. スージー より:

    ↑へーーーー!!!!ほーー。

  91. スージー より:

    The Bridge 86年〜ビリー・ジョエル

    「Getting Closer」にハモンド参加。

    このレコーディング終了後延々とトラフィック音を2人で

    ジャムのね〜〜。。

    そっちの方、完全音源欲しいわ〜すぅぅぅw!!!

    ああああ欲深。。

  92. いっしー より:

    ロシアから届きました。

    前回は売り切れよ!とか言われたんですけど。

    まあ、かのお国ではありますんで、予想にたがわず、パチモンでしたけどね。

    ただいま聴いております。

  93. いっしー より:

    あっ、説明がありませんでしたね。

    Stomu YamashtaのGoシリーズです。

    左がLive from Paris、右がGoとGo Tooのカップリングです。

  94. スージー より:

    きゃーーーーーいっしーさあああん。

    いきなりロシア!

    さすが多国籍軍!GO!

    しかもバケモノじゃなくバチモン!!

    今いろいろ出回ってますねえええええ。

    一応オフィシャルと・・・・・いわれる。。

    カップリングも限定ででておりますが。

    カップリング・・・・・・んんんん。

    がががくどいですが!ロシアとわとわ!!!!!

    良いわーーーーーーーーですぅぅぅ。

    ロシア・・・・・・でGO!!

    ほーーーーー。。ですぅぅぅ!!

    で・・ロシア語でお求め???

    見習わなくてわでございますぅぅ。

    嬉しいです。

    どーでもこーでもゴーですゴーおおお!!

    (言語馬鹿でちゃうぅっぅぅ。)

    ※涙モノですぅぅぅううぅぅぅぅ(爆)

  95. スージー より:

    ギャーーーーーーーーーーーーーー!!!

    やっと見つけたわぁっぁぁぁああああ!!

    RRFOFの裏方フォト。

    ぎゃーーーーーーーーーー!!!!

    きゃあーーーーーーぁぁぁ!!

    そーーーーーーーーなのぉ〜。

    どこに載せていいかわからないけどぉ〜。

    RRHOFといことで。。。ほわぁぁん。

    絡みミュージシャンで。

    まぁ〜この日もセッションしたし。。

    ほわぁあんです!!!

    貴重ですわあぁっぁぁぁぁ!!

  96. より:

    おおおーっ、これはすごい!

  97. スージー より:

    RRHOF。。。

    ラストの大円卓。

    フィーリン・オーライトは涙・・・・。。

    オールゲストでしたわね。。

    ジョージ・ジュニアがまたキュート!

  98. wolfgang より:

    ようやくうちにもツトムヤマシタのGo/Go Live from Parisが届きました。

    今ちょっと聴いておりますが、いい感じですね〜

    Hip-O-Selectオーダー、ギリギリセーフ、

    もう日本からじゃオーダーできないってのが悲しいです。

    RRHOFの画像はTPのサイトにあったやつかな

    未だにRRHOFのトラフィック映像を見てないので見たいなあ

    TPとPrinceの共演はたくさん見たんですけどね〜

  99. キースとスティーブと背が一緒くらい???不思議〜?

    キースの方がでかいと思っていたのだ,何故か(笑)

    175cmくらいかな〜?

  100. より:

    サキツミさん、キース少し膝を曲げてるように見えます。そうするとやっぱりSWより少し大きいんじゃないかしら?

    ま、どっちでもいいんですけど(笑)。

    キースって美脚…。

  101. midland maniac より:

    うおおっ。またまた強烈な写真が。

    SWが首から下げているのはトラフィック・シンボルでしょうか?

    これ、欲しいなあ。。。

    どこかに売ってないかなあ。。。

    自分で作るしかないか(笑)。

  102. スージー より:

    midland maniac君。。。(笑)!

    さすが同じところに目が・・・。

    これいつつけたんだろ・・・

    スティーヴ。。!?

    どうでもいいことを。。

    作って誰がつけるの!?!?!?!?!?

    さすが・・・・・・・。。。いえその。。

    これは。。。ちょっと涙モノですぅぅ。

    ジョージ・ジュニアもキュート!

    だったし。

    トム・ぺティにホローされてな。。だった!?

  103. >SWが首から下げているのはトラフィック・シンボルでしょうか?

    これ、オフィシャルのマーチャンダイズで売って欲しいですよね! 

  104. スージー より:

    でわ〜出しちゃいますわぁっぁ。

    驚くのは私だけ!???

    1988年!はてなんのパーティ。。。!?

    (ユーちゃん・・・・。。)))))

    当時ローリング・ストーン誌に掲載された。。

    とかだけどどどどど。。

    で。。不思議にまたまたぺティよなのだわぁ。

    そそそそTPサイトからのRRHOFの裏フォト。。

    もう頭パチパチ涙ものでした。。。

    映像はともかくフォトななかなか。。

    このRRHFのTPサイト。

    発狂してどこのURLかわからなくなった。

    まぬけなスージー・・・。

    でダニーパパ。

    ジョージですぅぅぅぅぅ!!

    いいわぁぁ。だから〜どこかしらんらん??

  105. スージーさん>

    コレ、1988年のはボブとロイの代わりにトラベリング・ウィルベリーズに加入?みたいな感じでしょうか。女性はどなたですかねえ。

  106. スージー より:

    トラベリング・ウィルベリーズに加入???

    なるほどーーーーーー。。

    そうも見えます!面白いです〜さすがぁぁ。

    って88年か。。。ノリノリバブリーSW。。

    > 女性はどなたですかねえ。

    それは嫌味というものです。いえそのあの。。。

  107. スージー より:

    新婚フォトスティーヴィー!!!!!!!!!

    のお披露目!!!!!!???

    と・・・血迷ったスージー。すいません。

  108. スージー より:

    どうでもいいけれど。。

    RRHOFはおいておいて。。。

    おいておいて〜!!!!!!!!!!!ぇ

    17年後はこの姿な??女性??

    105フォト!!midland君が一番詳しいでしょ??こういうこと!!

    同じ女性!?!!?!?!?!??!?!

  109. スージー より:

    さーーーーーみなさん。

    ハイライフのPVみておさらいしませう。

    ワタシは見ないけど。。。。(爆)。

  110. スージー より:

    しつこいですが。

    > 105・・・。

    スティーヴィーがジャケット姿。

    女性がTシャツ。。奥???だったら??

    えぇぇぇ???

    でもテネシーだし。

    ユージニアさんって服装ちょっとねぇ〜。

    消息・・・・・ミッド君顔みて!!

    好きでしょううぅぅぅぅこういうの。

    SWって絶対に金髪女性なのよね。。。

    ・・・・・・・・・。。。。

  111. あ、そうか、これがユーさんでしたか(あんまり顔おぼえてない:苦笑)。

  112. スージー より:

    そうです。。。

    これがクラフトの社長ですぅぅぅ わ!!!

    とかなんとか。。。

    いいですが。。別にぃぃ!!!!

    グラミー賞のラブラブ。。きゃーーーーー!

    いいですが。。別にぃぃ!いえその。。

    あ、、、ところで。

    ようやく解禁!このURL!

    http://www.gingergeezer.net/vivwinwood.html

    ですぅぅぅ。

    なんのHPかまだよくみてませんが。。

    繋がりが。。SWと。。んんん。

    ただこれに目がいき。

    midland君の好きなミニスカート&ノースリーの

    ニコルさん。若かった。。。。

  113. wolfgang より:

    同じくTPのオフィシャルサイトからRRHOFの画像です。

    トムのサイトにあるRRHOF画像でSWが写っているのはこんなもんかなあ

    SWなしでトムがキースリチャーズとかZZ TOPとかプリンスとかと一緒に写っているのはあるんですけどね

  114. スージー より:

    出たぁぁぁぁぁぁ〜。

    wolfgangさああああん!!

    さすがですぅぅ。。

    トム・ぺティコミュの管理人様ですぅぅぅ。。

    ほーへーはーーーーーーーー〜。。。

    出たぁぁぁぁっぁぁあ〜

    どうしよおおおおおおおおおお!!

  115. スージー より:

    96。

    左から3つ目の方。。。

    Kid Rockって人。

    ・・・・・・って誰???

    プリンスあたりで・・・。。!?

  116. スージー より:

    96.左から。

    ジム、ディヴ・マシュー、わからじ。

    ジャクソン・ブラウン、キース、スティーヴィー、トム・ぺティ。

    キッド・ロックって人らしいけど。。

    左から3番目って有名???・・・!?

    知りません。しりませんわ〜。

    キッドさんって。・・・・・・。

  117. wolfgang より:

    確かにKid Rockってのはこのメンツの中では唯一違和感ありすぎますね〜

    私もよく知らんのだが、メタルとラップの融合っぽい感じらしい、年も30そこそこくらいみたいだし…

    http://www.listen.co.jp/artdetail.xtp?artpg=rc&artistid=9301

    http://wmg.jp/artist/kidrock/profile.html

    なんだかなあ…

  118. midland maniac より:

    > Kid Rockって人。

    なのですか。

    “Feelin’ Alright?”でラップ的な歌を挟んでいた人ですね。

    名前は聞いたことがあるような・・・全然知りませんでした。

    > これ、オフィシャルのマーチャンダイズで売って欲しいですよね! 

    買います買います。

    100個買います。(バカ???)

    wolfgangさんご提供のフォト、これまたさらに鮮明で!

    やっぱり自分で作るしか・・・(^^;

    > 105フォト!!midland君が一番詳しいでしょ??こういうこと!!

    いやいや、奥さんネタはスージーさんが圧倒的にお詳しいです。

    No.105のフォトの女性はユーちゃんに見えますね。

    でも私はニコちゃん派なので(笑)、No.113の生足のほうが・・・

    (スティーヴも生足ですし(爆笑)。)

    後ろに立っているのがViv Stanshallですよね。

    かなり貴重な写真ですが、よくウェブで公開してくれたものです。

  119. スージー より:

    ぎょぼおお〜!!

    生足なまあしなまあし・・・スティーヴィーー!?

  120. スージー より:

    wolfgangさんの

    トムぺティコミュ

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=74997

    VIDEOでRROFの写真も・・・・・。。

    涙ですぅ〜!!!

    トム・ぺティHP偉い!!

    プリンスオフィシャルとか。

    根こそぎ探したら出てくる!??

    1年前のことをああでもないこーでもないと。。スイマセン。

    ありがとうです!!

  121. スージー より:

    ニコちゃん派のmidland maniac君。。

    > No.105のフォトの女性はユーちゃんに見えますね。

    ・・・・・・・・だろうぅぅぅ!?

    この。。

    ネックレスいつつけたんだろうですぅ。

    トラフィックメンバーみんなオソロで。

    お祝いで実はダイアだったとか!?

    この日殿堂入り果たした。。

    ジャクソン・ブラウンとかも??

    ジャクソン・ブラウンロゴ

    (しらないけど)。あるのかしらん!?

    みーーーーーーーんな。

    スポンサーからもらって。

    きゃっきゃ!と。してたりな!?

    でも・・・・・・SWって案外。

    こういうのつけちゃうぅぅぅ人ぉぉ〜。

    ほーへーーー!!!!

    ががががが〜誰からもらった!?

    作ったのSWが自分で。。謎だわあぁぁ。。。

    ※元気だったらユーちゃんネタいきます。

  122. スージー より:

    ZZトップロゴネックレスとか。

    ヒゲの下でネックレスもあるとか!?。。

    ほーへーRRHOF受賞されたら。。

    プレゼントされるぅぅ!?

    ・・・・・・・・・

    1、SWがファンからもらったのを。この日のために。。ちょっと恥ずかしいけど勇気を出して楽屋だしぃーとつけた。

    2、SWがこの日のためにと自分で作った。

    3、ノミネートされた人すべてがもらえる!?

    と、、、なぜスティーヴだけ!??

  123. スージー より:

    知らなかったのは私だけ!?

    このツアーフォト!!!

    雑誌でどうでちた〜当時!!!

    ジャンクションだけよねーねーー!!

    これ。。

    セッションでいいの!?アップするの!?

    いいですか!?

    このフォト。。

    知らなかったのは私だけじゃありませんよね。。御願い・・・。

    被害妄想が始まったスージー!!

    涙でそぅぅ。。

    どっかの雑誌とかにもありました!?ね・・。

    当時。。。

    Latin Crossing -Sherds bush empire UK 24th July1998

    1 Hot Sauce

    2 Sandunga

    3 Higher love

    4 Pra los rumbetos

    5 Low spark

    6 Picadillo

    7 Closely dancing

    8 Be Bop

    Tito

    9 I’m a man

    10 Oye como va

    11 Give some Lovin’

    スージー狂ってます。

    これわ。。セッションでいいのおおお!

    確かによ ね・・・!?

  124. スージー より:

    ↑このメンバー誰??調べる気力なし。

    スージー倒れる。。

  125. ん? なんかラテン系の人たちに混じったセッションですか?

    オ・エ・コモ・バとかやってるし…。

  126. より:

    すじちゃん知らないもの当然私も知りません。

    カッコイイねぇ、特に左と右の2枚。リハ風景ですかね。

  127. スージー より:

    *TITO PUENTE BAND*ってらしいですけど。

    なんですか?このバンド名?

    無責任スージー。

    でこの延長に99年はちょっとソロして。

    んで〜あれですよ。。

    ジャムセッションのあの人達とのあれ。

    2002年String Cheese Incidentとつながる!?

    意味不明フォト(爆)。

    メンバー誰かなぁ。。。。。

    98年。TITO PUENTE BAND

    誰か!??ほへーー。

  128. スージー より:

    カプセル様。

    ラテンの人々と思われるんですが。。

    誰と!?で。。。ふえぇえええん。。

    50歳の誕生日ですよねこの年。。

  129. スージー より:

    http://www.organstudio.com/frame_engl.htm

    ここで見つけたんですけどね。。

    ここまでしないと(涙・・・・)。。。

    結構面白いです。いやはやですぅぅぅ。

    ファンサイトに載ってないような!??

    ハモンド横のサングラスSWは。。。

    なんか。。涙モードですわぁぁぁ。

  130. スージー より:

    何書いているのか。。

    124スージー。

    > どっかの雑誌とかにもありました!?ね・・。当時。。。

    ありましたか!?です。

    私は知りません。。。。(爆)。

    どーしてこうなるの・・・。すいません。。

  131. midland maniac より:

    “Latin Crossing”について、スージーさんはわざとボカして

    書かれているようなので、念のためフォローしておきます。

    “Latin Crossing”というのは98年にSWが参加した、ラテン

    ジャズ・ユニット(?)で、基本メンバーはTito Puente(Perc.)、

    Arturo Sandoval(trumpet)、Steve Winwood(keys. Vo. G.)の

    三人です。

    Tito Puenteは当時70歳くらいじゃないかと思いますが、

    ラテンジャズ界の大御所パーカッショニストです。

    この2年後くらいに亡くなりました。(合掌)

    SWは70年代にFania All Starsのアルバムに参加していますが、

    そのときにギターを弾いていた曲”Picadillo”は、Titoの曲です。

    また、サンタナのカヴァーで有名な”Oye Como Va”(僕のリズムを

    聴いとくれ)も、Titoの曲です。

    僕は個人的に・・・

    “About Time”への引き金となったセッションだと思っております。

  132. DAZS より:

    Tito Puente、大昔に聞いた名前ですねえ。こんな人と組んでやってたとは知りませんでした。。

    Oye Como VaもPuenteの曲だったんですか、知らなかったです。

  133. midland maniac より:

    すみません。

    “Latin Crossings”

    ですね。(↑複数形です。)

    細かいかな。(笑)

    A型なもので・・・ついつい。。。

  134. スージー より:

    ほーへー〜!!!!

    右サングラス写真〜きゃーーーーーーーぁぁ!

    これもそうだったの〜おおおへ!?

    DAZS様。

    私も同じくしりませんでした。。

    midland maniac君〜

    フォローか!?せきゅ♪

    へーほーそうだったんですかぁ〜〜!??

    さすが細かい!!詳しい!ほへですぅぅ!

    ありがとうううぅぅ〜

    PicadilloこのSWギターは

    よいですの。。。。。。。。

    あ、、、聞きたくなるし駄目。

    ええええ今検索したら。

    このアルバム。。

    赤とピンクジャケがあるのって!?

    ピンクジャケ〜ほわ。

    ジャンクション時代というか。

    97〜って。

    ルックスまだまだ〜ムラサキスティーヴ。

    細い!!!若い!!しつこい女。。

  135. スージー より:

    ひょあーーーーーーーーーーーーーー〜〜。。

    ライ・クーダーさん以外に観れませんよね。。

    っででですよねぇっぇぇっぇぇ!!

    ムラサキスティーヴと!〜〜!???

    ほへぇぇぇぇぇ〜!!

    誰か教えて。。

    こえきゃーぁっぁぁぁ〜

    ライ&スティーヴィー。。

    だったらどうしよぉぉ〜〜!!??

    (ワタシの技術じゃ精一杯フォト・爆

    すいませんんんんん)

  136. えっと、2ショットのお相手はジェイムズ・テイラーですね。

    となるとやってるのはハイライフでしょうか。

    これはテレビ番組か何かですか?

    やっぱりでかいな〜、JT(笑)。

  137. スージー より:

    カプセルさん!!早い〜(爆)。。

    え!?ジェイムズ・ティーラーってこんな

    にかっこよかった!????

    クーダー顔ってどうだった!??

  138. スージー より:

    なんでごたまぜに。。!?

    ライ&ジェイムズさん。。。→ワタシ!?

    ライ氏の顔って今どうなってるのぉ〜〜!?

    ほわ!?ジャックニコルソンにしか見えない。。

    あ〜リンドレイはどうなってる!?

    きゃぁぁ〜〜!?????

    ジェイムズさんとライ氏。

    この紫スティーヴの時。

    ジェイムズさんもでてませんでした〜〜!?

    ジュールズさんの番組でいっしょの時。

    20年前の記憶は鮮明なのに(涙)。。。。

  139. スージー より:

    この謎の97年セッション。。。!?

    テレビ放送のためなのか?

    ライヴをテレビでとったのかしらん!?

    わかりませんのぉ〜〜〜〜。。。

    ロジャーさんとSWってよく頻繁に。。

    ハイライフ演奏一緒にしていたんでしょうか。

    ハイライフ以降??????

    大きいわ。。。

    どうでもいいけれど。。。

    SWの身長が173.5とすると。

    JTの身長は・・・・・194ぐらい??

    体重が92キロ????

    ・・・・・・・・・・?????

    んんんんんんん。。

  140. スージー より:

    頭完全ショックでパーぁぁっぁ〜!?

    「ロジャーさん」!?誰??自分で

    書き込んで。。。。

    ロジャーさんとSWが。。ほへ???

    すいませぇぇぇんんん。

    ジェイムズ・ティラーさんと。

    スティーヴが一緒によくライヴにでていた

    ことってあるんでしょうか!?

    (大変だわ。。自分!きゃー。)

  141. ふふふ、慌ててますねえ(笑)。

    そういえば97年「レイター」にSWが出たときって、ライ・クーダー&ブエナ・ビスタ軍団も出てたり、JTもひとりで登場してましたよね確か。でも番組放送内で共演はなかったのでした。

    でもこの映像、SWの服装からして(?)そのときの映像のようにも見えますが、スージーさんはこの写真どこから入手ですか?

    ご存じのようにハイライフの録音に参加しているJTですが、ライブでこの曲をやったって話は聞いたことないんで、「レイター」で演奏したとなると貴重だと思いますが…。

    SWはマンドリン持ってるし、確かにやっているようですね。

    はて。

  142. スージー より:

    カプセル様。。。。

    レイターのガリバーJTは。。。

    青ブラウスなのですのぉ〜!!!!

  143. あ、そうでしたっけ!

  144. shige より:

    STEVE WINWOOD & JIMMY BUFFETT (1986)

    というブツを入手しました。NYで夜遅くバーかどこかに2人で入って、プライベートでやったものらしいです。4曲あってSteveの曲はHigh LifeとThere’s a river。High Lifeはいつもとちょっと違う雰囲気(SWはキーボード弾いてるし)。でもThere’s a riverがなかなかいいです!Steveが熱唱してます。これじつは隠れた名曲じゃないですか。ライブでもやってほしいなあ。

  145. midland maniac より:

    ジェイムズ・テイラーとのハイライフとは! すごいですね。

    かなり貴重な共演ではないかと。

    後ろにナイル・ロジャースがいるのがさらにミソ、ですね。

    「ハイライフ同窓会」みたいで。(笑)

    たぶん、この写真の時のステージですよね?????

    > There’s a river

    ほんと、隠れた名曲ですよね。

    僕も大好きです。

    ピーター・グリーンがカヴァーしていてそれも良かったけど、

    やっぱり本人のライヴで聴いてみたいですね。

  146. スージー より:

    きゃーーーーーー紫スティーヴぅぅ!

    これよぉ〜そそそそそ〜。

    紫ぃぃ!なのおおぉ〜!

    ピーターグリーンのって。

    声は誰が!?してましたかしら?

    =There’s a river ・・・・。本人じゃないですよね。あれ。

  147. midland maniac より:

    > =There’s a river ・・・・。本人じゃないですよね。あれ。

    あれ、どうなんでしょう?

    ピーターだとばかり思っていたのですが。。。(^^;

    お詳しい方、宜しくお願い致します。

  148. あれはスプリンター・グループでのピーターの相棒、ナイジェル・ワトソンが歌ってるんです。思うにナイジェルが好きな曲だったのかも。

    ピーターはたぶん間奏のまったりギターソロを弾いてるだけだと思われます。

  149. midland maniac より:

    カプセルさま

    さすが、速攻レスありがとうございます。

    なるほど、そうだったんですか。

    久しぶりに深夜の連打書き込みに参加して

    しまった・・・(^^;

  150. スージー より:

    ふと。。。。

    のトリプル連打カキコ。

    「本人じゃないあれ」。

    「あれ、どうなんで」。

    「あれは・・・・・・。。。。。」。。

    んんんんん絶妙な・・・トリプルあれ。。

    とどうでもいいんですがぁ。

    midland maniac君〜紫ナイスフォト。

    せきゅーです。

    ということはちょっと〜これ!?ほへーーー!

    とファンサイトほじくりまわしてます。。

    ということはこれーーーーーぇぇぇぇ〜。

    だれかまともに見せてくださいわーーーーー。

    そうよぉ〜〜これ!?

    これえぇっぇぇぇぇ!??

    ファンサイトに詳細あったのよぉ〜!!

    ジョージ・マイケルと。。。ですって・・!!

    これに!!!

    もう言葉がこれ、それ!あれ!!!

    ですわぁぁぁぁ〜あああああああ!!

    ※今年のツアーも始まるし。。。

    おおおおおのぉ〜!!

  151. スージー より:

    確かファンサイトに。

    そう詳細が。。。

    この頃というかここ数ヶ月ファンサイト。。

    頑張ってるのよね。。

    一時期動いてなかったのに。。

    ともあれぇ。

    ぎゃぁぁぁあ。

    スティーヴとジョージ・マイケル。。も。。

    セッションしていたぁぁ〜!??

    個人的にいたるところで。。。

    いえ、その。

    ジョージ・マイケル・・・顔駄目と。。

    あああああああ〜どうしようううううぅ。

    その私事で。。ほわぁぁぁんんんん。

    もう二度と悪くいいません。。。

    でもんん・・・・・。いえそのぉ〜!!!

    だから見せて。。誰かぁあああああ!!

  152. スージー より:

    97年時代って。話題にあがらないですが。。

    ま、、、あれだったしぃぃ。

    声は出てたのぉ〜。声絶好調!ラヴソングは。。ムーディ・・・・ムーディ〜似合わないぞおおおぉ〜!?

    がががが〜そうよぉ〜レイターで最初見た!

    紫スティーヴのニコニコぶりぃぃぃ!!

    で・・・・このmidland maniac君がご紹介のフォト・・・ほわぁぁん。

    この皮ジャケ。。

    ドイツのテレビ放送で流れた番組に出てた。

    これ!(笑)と同じ皮ジャケだわぁ〜!!

    と。。。。どうでもいいことに。。。

    んんんSWヴィジュアル隊員スージーは・・・・・。。

    何を考えている・・・・・・・。。。

    話題にならなかったジャンクション研究。!?

    何が研究か。。。??しらんんん。

    ま。。ただでは起き上がらないスティーヴィーー! ということにしたいわぁぁ〜。

    それにしても。

    97年時代〜足細いぃぃぃぃぃぃぃぃ。

    女王様ライヴ。。

    RRHOFのフォトと比べたら。。

    老いの影ぇぇ〜!?きゃーーーーぁぁ。

    万年青年も。。人間だったのぉ〜!?

    イケメン時代も終わった・・・。

    終わったなぁぁぁ。。。

    スージーかっ跳んでます〜どちよぉ〜おおお!

    今年のツアー到来だし。。

    ひぇぇ〜支離滅裂ぅぅぅぅぅぅ。。

    すいませええええんん。

  153. スージー より:

    シゲさんご紹介の。。

    STEVE WINWOOD & JIMMY BUFFETT (1986)。

    これって何?(笑)。

    私聴いたことあるかしらん?

    4曲だけ収録もの〜〜??ですのん。

    そちらでゲットなさったのぉ〜???(笑)

    私持ってたか??いやだわ〜ああああああ!

    なんかすいません。跳んでますぅぅぅぅ一人で。

  154. より:

    どーでもいいんですが…上の左の写真、インタビューしているのはオジサン?オバサン?

    すみません、水を差しました。。。すじちゃん、どんどん飛ばして。

  155. midland maniac より:

    > 上の左の写真、インタビューしているのはオジサン?オバサン?

    オジサンです。(^^)

    ドイツ人なのかな? 英語の発音が独特だったような。。。

    どーでもいいか(笑)。

    > んんんんん絶妙な・・・トリプルあれ。

    爆笑です。

    役割分担が相変わらずで、最高ですよね。

    スージーさんが大騒ぎして、

    私が適当に答えて他の人に振る、

    カプセルさんが最後に締める、

    という。

    > ファンサイトに詳細あったのよぉ〜!!

    そうそう。そのライヴに間違いないと思いますよ。

    Stevie WonderとWinwoodの「ダブル・スティーヴィー」に、

    ナイル、チャカ、ジェイムズ・テイラー、ジョージ・マイケル、

    シェリル・クロウ、にプリンス。

    めちゃくちゃな面子ですよね。

    マジで観てみたい!

  156. >Stevie WonderとWinwoodの「ダブル・スティーヴィー」に、

    ナイル、チャカ、ジェイムズ・テイラー、ジョージ・マイケル、

    シェリル・クロウ、にプリンス。

    そういうライブあったのですねえ。なんとも当時のメジャー感バリバリな面子、なのかな?

    こういうライブでもSWは他の出演者とはひと味違ったムードをいつも醸し出していますよね。

  157. スージー より:

    ・・・・・・・プリンスもで す って?

  158. midland maniac より:

    SWファンの中に、プリンスも好きだという方がどれだけ

    いらっしゃるのか、全く想像できないのですが・・

    私は大好きなので、一応補足しておきますね。

    スージーさんの書き込み、No.151(↑)の右の写真。

    出演者の名前がずらずらと並んでいますが、その中の

    ヘンテコな記号(「男と女と管楽器」を合体したような

    シンボルマーク)は、プリンスを表しています。

    海外のファンサイトを読んだ限りでは、あの97?ライヴ

    ではSWとの共演は無かったのかも知れません。

    昨年のRRHOFのときには共演してましたね。

  159. スージー より:

    はい。大騒ぎのスージーです。

    スティーヴィーになると。。

    ドーパミンが波って人間じゃなくなる?ような?

    ほぇぇっぇんですのぉ〜〜おおおおおおお!!

    とその。って・・あの。

    midland maniacくぅぅん。

    プリンスも!参加セッションとわ。。

    全く知らなかったですぅぅ。

    プリンスといえば。

    私の知る限りではありますが。

    確か・・・SWコミュでも色々伝授してくださる。

    トム・ぺティコミュのwolfgangさんも。。

    ファンと・・!?

    wolfgangさんどーなのぉ〜そーなのぉ〜。

    出てるのぉ〜この映像にぃぃ。

    プリンスがぁぁ(と、、ますます意味不明)

    wolfgangさんのトム・ぺティコミュでもRRHOFのSWフォトをアップしてくださいました。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=74997

    (ビデオのところ)

    ではプリンス大好き!な midland maniac君に。

    トム・ぺティのHPにプリンスのRRHOF写真もありましたよぉ〜!

    トム・ぺティコミュ情報です。

    wolfgangさ〜んありがとうございますぅ♪

  160. スージー より:

    GO情報。

    http://www.hip-oselect.com/catalogue_stomu.asp



    問い合わせてみましたら。

    ほぼ完売らしいです。

    がががが。中古屋?あたりで5000円強で同じものも、

    出回っておりますね。

    ジャケ違いでも音質はほぼ同レベルのものも。

    今出回ってます(ブックレットがついてるかは不明ですが・・・・)

  161. スージー より:

    仕切りなおし!!

    読み物系からどんどん話しが膨らみ

    あ・・・・!!私??

    これは凄いすぎ!!と私だけ??

    そういうことでセッション?か?で大移動ーーーーーーー!!

    すいませんすいませんん。

    だーーーーーず先輩あまりにも貴重で〜!!!!

    この面子は誰だ??

    5月21日<読み物トピ>

    にてDAZS先輩が紹介してくださった引用かねてです。

    感謝ですぅぅ。

    ★DAZS先輩カキコ!!

    「某所でBeat Instrumental誌(英国)August 1968の表紙がありましたが、興味深い。

    Beat International was a pop music magazine published in London during the 1960s. This issue, from August 1968, features a picture of Jimi Hendrix in Zurich, Switzerland. The photo was taken May 31, 1968 by Stuart K. Richman and features Hendrix with bandmate Noel Redding, alongside members of the Animals, Koobas, the Move, John Mayall (Bluesbreakers) and Traffic.

    と書いてあるのですが、何なんでしょうね。パッケージでヨーロッパツアーでもやってたのでしょうか。Koobasってのは知らないですが、後はそうそうたるメンバー。」BY DAZS

  162. スージー より:

    <読み物系トピ37>

    またまた証拠をだ〜ず先輩が。。

    ★だ〜ず先輩カキコ!

    「このカメラマン(Stuart K. Richman )をキーに検索したら、こんなのがみつかりました。ジミヘンのファンの方による大作です。

    http://www2s.biglobe.ne.jp/~shimos/jh/gibson.htm

    1968. 5.31 チューリヒのハレンスタディオン でのライブがあったそうで、日付があの雑誌の撮影日付と同じですね。カメラマンも同じ。この時の共演はトラフィック、スモール・フェイセズ、アニマルズ、ジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズなど、だそうです。

    ここまでわかっている、ということは。。 」BY DAZS

  163. スージー より:

    すすすす〜。

    すいませんんん。

    だ〜ず先輩。

    諸々みなさまあああああ。

    あまりにも話しが広がり。

    (ひろげているのは私!!)

    読み物系と参照しながら(爆)。

    ロムしてください。んな達人どこにいる??

    わかっていますぅぅぅぅうぅ。

    私がぶっとばしていますーーーーー。

    だって凄いんですぅぅぅこの雑誌!!

    フォト!!どぼーーーーーーーー!!!

    と、、、これで安心してもっと

    飛ばせる(ますますスイマセン。。

    他絡みも。。。。・・う、、、、)

  164. スージー より:

    SWセッション。SWのオトモダチありトピ移動!

    だからすすすすすいません。

    ブライアン・オーガーいいなぁ〜とか??

    言語馬鹿、昨日から炸裂ぅぅうぅぅぅぅ!!

    しかし。。このBeat Instrumental英国雑誌。。 それこそサキツミさんが「ほら。。持ってるよ」

    なんていいそうですがっぁぁ!ほへー。

    この証拠!でSWファミリーの謎が少し。。

    最近70年代あたりのフェス系の映像がでつつ

    あるようなので。。いつか見れるか。。

    うううううう。

    5月31日のフォト・・・・・・・。。スイス。

    うううううう意味深だ。。。

    と昨日から狂っていますが!!

    だ〜ず先輩!!感謝です。。ウルウル!!

    でもあまりにも凄いメンバー。

    でも写真誰が誰だかわかりませんんんんん(爆)!

    > この変はジミヘンが王者。。

    ですね。

    う、、、SWの人脈は濃すぎだ。。。うぇーーん(涙)

    2003年のRRHOFのフォトも。

    一枚はなんとかSW関係でゲットできたのですが。

    一緒にノミネートされたトム・ぺティのオフィシャル

    HPにもSWのレアフォトが掲載され。。→トムぺティ管理人さんサンクス!

    SWとZEPもセッションしているんですよ。

    それもZEP系とか。ほへーーーーー。

    最近映像化された。。

    ロックン・ロールサーカス。。

    これもミック・ジャガーは最初SWに声をかけ。。

    SWは仕事がかさなり。。

    ミック、、次はジョージ・ハリスンに声をかけ;

    ・・・・・ジョージも断り。

    結局、、レノンが出たとか〜???

    皆様本当にありがとううううですぅぅ(涙)。

  165. スージー より:

    ◆koobas・・・・・・・・ どれじゃーー!

    ほへーーーーーーーしりません。

    しりませんんんんんんんんんんんん!

    生き字引様。。。後光が。。う!

    それにしてもこの面子。。

    ほへーーーーーーー! この頃

    70年代の映像なり音源が出ているので。

    これもーーーー期待??

    色々SW映像がたまりっぱんしで。

    見てません(爆)!

    見たらますます壊れそうで。。ほへーー!

  166. スージー より:

    この雑誌フォトから。。

    有名なジミヘンとジョン・メイオールフォトの

    これ!!繋がりが見えてもきます。。

    うううううう〜!!

    しつこいですが。。

    右男ひげ色白。。な方は。

    The Moveのカーリー・ウェイン・・・・。

    うううううううううむ〜。

    この雑誌にもいるし。。。

    後他は誰じゃーーーーーー!!!ですぅ。

    しつこい女。

    くどい女。ああああああわかっていますぅう。

    お許しをおおお。

    長年の謎があああああなのですぅぅう!

  167. スージー より:

    Beat Instrumental誌,

    左がEバートン氏ですよね?CDジャケにも採用されたフォトと同じジャケ着ていますぅぅ!

    ひょっとこSWも同じ洋服とみました〜!!

    メイオールも同じっぽいですよね!?

    OH!!!CDジャケ左のカール・ウェインさんも黒タートルネック!

    半そでと同じ!?

    しっかし外でも半そでとは。。

    元気よろしい人だわ。。

    この2枚の写真。。

    同じ日に撮影??可能性が高かったりぃぃ?

    ジミは衣替え・・・さすが。。

    雑誌フォト・・・・。。。。

    後わかりませんんん。

    ジムいます?ほへーーーーーーんんんんん(涙)。。

    一人爆走すいません。

    みなさんんすいませんんんんんんん。

  168. DAZS より:

    いろいろわかってきました。68年5月30,31日にチューリッヒでBeat Monster Festivalというのがあって、その時の話ですね。ジミとトラフィックのセッションがあって、それがレコードジャケットのやつのようです。

    そのレコードは;

    http://perso.wanadoo.fr/hendrix.guide/outtakes.htm

    Hendrix & Traffic – A session

    Jam Thing/Guitar Thing/Session Thing

    Jimi jams with Winwood, Capaldi and Wood. The jamming doesn’t come to much but is fascinating as usual. “Guitar Thing” is Jimi solo.

    The cover shows Jimi with, from left to right, Eric Burdon, John Mayall, Stevie Winwwood (of Traffic of course) and the recently deceased Carl Wayne of The Move. Taken during the Beat Monster Festival in Germany I think.

    ということのようです。

  169. スージー より:

    じょぼおおおおおおおぉ〜〜〜!!

    どぼぉぉ〜〜〜おおおおお  ↑

    と、、確か。。

    書き込みしたら消えた。。。

    もうスージーおかしいですぅぅ。正気じゃない。。ほへんんんんん〜

           えーーーーん(滝涙)

  170. より:

    突然ですが、ここでウェラ…じゃなかった、ウェザーレポートをお伝えします。

    大西洋上にスジ雲が発生し、湿ったSW空気が世界中にヒタヒタと迫っております。その影響で、5月30日頃、世界の中心でSWが「きこりの息子」を叫ぶと予想されます。

    特に、本コミュニティではスジ雲による落雷・突風・ひょうなどハイテンション気象現象が起きる可能性がありますので、皆様ご注意ください。

    —–

    えーと(汗)、つまりこういうコトです。

    SWは95年リリースのポール・ウェラーのアルバム”Stanley Road”で、”Woodcutter’s Son”という曲でピアノを弾いているんですが。

    その”Stanley Road Delux Edition”なるものが来たる5月30日リリースされる予定です。

    http://tinyurl.com/96wur (amazon.co.jp/URL縮めてあります)

    Disc 1: オリジナル収録曲のリマスターとシングルB面曲

    Disc 2: デモ、セッション、Alternativeテイクなど19曲

    プラス、インタビューやPVを収録したDVDがついています。

    これにSWの参加した”Woodcutter’s Son”の未発表テイクが収録されるようだ、という情報です。

    少し前にスジコさんの日記で「んなことがあったりしてね〜♪」とお気楽に希望を述べたばかりだったので、いやはや、ビックリ。

    望めば叶うものなんでしょうか?!

    DVDは当時のバンドメンバーやゲストのインタビューなどが入っているそうですから、もしかしてもしもしもしかして………?!

    ソッチにもSW登場??!!!

    なーんてことがあるといいな。ありますように!

    とりあえず希望!(笑)

  171. スージー より:

    QQQQQQQQQQQQ ーーーーーーー!!

    お天気お姉さああああああああん。

    貴女はスススざましいいいいいいいぃぃぃっぃ!

    テイク別でもなんでもいいいいいいいい!!

    ほへぇぇぇ!!!!!!なのよぉぉおおお!

    ウェザー!ウェラー!!!!!!

    どぼぉぉぉぉぉ〜映像に映っていたら。

    SWの95年顔が。。。がぼおぉぉぉぉぉ〜(言語馬鹿炸裂原爆。。。。)

    ああああああああ、、、

    12インチレコ全盛期。。

    リミックスバージョンでもあああああそういう時代あったなぁ〜。

    12インチレコ。。SWもありましたよ!そうですともぉぉ

    持っていますともぉ〜踊りましたともおおおおお!!!(自爆)

    25日はあれだし。

    これだし。そうだしぃぃ。

    見たい聴きたいものが。。。。

    あああああああああああああああああ!!!ど う しよう。。。。

    あああああああああああ。

    この奇襲攻撃に すじ@防空頭巾必要。

    あいえ。 私じゃなく。ほへぇぇぇ。。

  172. midland maniac より:

    “Stanley Road”、傑作ですよねえ。

    デラックス版が出るんですか! もち、買いです。

    あのSWの起用の仕方はお見事ですよね。

    地味ながら、実によく効いています。

    しかし確かに! スジ雲による異常気象が予想されますね〜。

    間違いなく、季節外れの猛吹雪になることでしょう。

    私は避難することにします。(^^;

  173. より:

    早くも真っ黒なスジ雲が立ち込めてきましたねぇ。

    黒い空に金ピカの稲妻が光ってますよ。ピカピカピカ。

    スサマジイのはどっちだと小一時間問い詰めたい>すじ

    >midland maniacさん

    お〜、即決!男らしい。ウェラーから販促ご褒美もらいたいわ(笑)。

    今から地下壕でも掘りましょうか。

  174. スージー より:

    だ〜ず先輩のお陰で。

    見えてきましたわぁぁぁ〜。

    ◆ 1968年5月2日=どっかでトラフィック+ジミ

     セッション5曲する、聴く限りSW参加〜

     音のVOODOOの形はできていてる。

     http://www.winwoodfans.com/boot60.htm#jimi

           

    ◆1968年8月5月31、30日=トラフィックら〜

     Beat Monster Festival達参加

     Beat Instrumental誌フォト撮影

     同日?後に正式発表されたAセッションの

     レコジャケ使用の可能性強が強い。

            

    ◆1968年10月=SW参加名盤〜VOODOO入りの

     Electric Ladyland 発表。

            

    ◆1970年10月=Aセッションレコード発売。

            

    ◆1997年=SW、テレビ番組メイキング版、

     Electric Lady landに出演。(映像出てます)。

            

    ◆2003年 SW〜突然、VOODOOをライヴで元気に 熱唱!。

    よい?こんな感じぃぃ? 

    どんなだ。。。

    > MM君アナタジミヘンファンでしょううう!

     よい??

    ああああ〜ウェラーぁぁぁぁ。

    ウェザーだし。。。う。。。

  175. DAZS より:

    しかし、こうやって見ると、ジミヘンて、時代を駆け抜けたんですねえ。死んだときは、喪章のつもりで黒い布を巻いたなあ。ジャニスもジム・モリソンも続いたんですよね、あの時は。

  176. スージー より:

    だ〜ず。。。先輩。。

    ・・・・・・・・・・・・・。

    生き証人・・・!様!!

    う、、う。。。SWの時は??

    ほへーーーーーーーーーじょぼーーーーーーー!

  177. スージー より:

    96年にTVオン・エアーされた。

    ご存知な方も多いと思いますが。

    「メイキング・エレクトリック・レディランド」。

    SWももちろん出てますわぁぁ。

    某所でふと話題になり。(bow様せきゅーです!)

    この番組で〜ミッチ・ミッチェルとジミの友人が出演していたり。

    とにかく、ジミはスティーヴィーと競演したかったんですよね。

    ジミ「スティーヴは自分と演奏しないよな・・・」

    ジミ「もしスティーヴィー、一緒に

    してくれるんだったら条件はいくらでも飲む」

    など。。。当時を振り返って。。

    生き字引様達がジミを。。

    語っておりまするぅぅ。

    ジミがにSWに電話するのにも緊張していたとか。

    かけては切って。。。かけては切り。

    ジミのアイドルだったのぉ〜!!!

    偉ぶらないで?スティーヴィーってところが

    いいのぉぉぉ〜ですぅぅ。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/6304928270/qid=1116927136/sr=1-3/ref=sr_1_0_3/249-5453238-0210740

    ↑なかなか見ごたえありますうぅぅぅ。

    スティーヴもいいいのーーーーー。

    もちろんSW目当てで観た。。う、、

  178. bow より:

    ジミヘンとSWって、「相思相愛、相互片想い」みたいな、関係だったのかな?なんて勝手に思ってしまいます。と、いうのも、何の映像だったか忘れたけど、ジミヘンについてステーヴィーがインタビュ受けて、「唯一無二のギタリストだ」なんてとても神妙な顔して言っていたのを見た覚えがあります。

    おまけ:日本初盤 BOLD AS LOVE

  179. スージー より:

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!! 

    バロン<bow様〜〜>

    な ん で すか???

    ポリドール初盤。。

    バロン様はねぇ〜。

    ATOKの・・・・・ブラインドフェイスも。。

    あああああああああ言ってしまった。。

    す、す、、いませんすいません。。。。

    ただの生き字引にどうあがいてもなれない。

    やっかみです。ひゃーーーーーーーぁぁ!!

    それで。。

    「なんの映像か忘れたけれど」

    ほへーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

    んなの世にあったんですのぉぉ。。

    で、、わす れ た・・・。

    ぎゃーぎゃー!! すすすすす重ねてすいません。。。

    bow様。

    「相思相愛、相互片想い」なるほろ。。→凄いコピー。。

    じゃございませんが、メイキング盤のエレクトリック・

    レディ・ランド」でのSWがジミのことを語ってる

    シーンなど見ても。

    ・・・・・・・・・さりげなく風にしている。

    スティーヴですが。。

    ねーーーーーーーーぇぇ。

    2003年にチャイルを熱唱してしまったり。

    SWにとっても本当にジミヘンの存在は。。。。

    とこの頃思ってしまったり。。な。。。

     

  180. スージー より:

    ・・・・・・・

    皆さんよろしいですか?

    指の準備→アナログオンナ。

    今天気予報、

    最高気温とかしてますよね?

    アイルランド最高気温16度。

    んなこといらないですね。

    あああああああああああ!!

  181. スージー より:

    ギャーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

  182. スージー より:

    出たーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

  183. スージー より:

    ↑以上間違いです。181、182、183.

  184. スージー より:

    昨日アホアホしていましたが。

    いやああああああああ馬鹿ですとも!!!

    とその最中またまたきましたですぅぅぅ!!

    http://www.hip-oselect.com/catalogue_stomu.asp

    で限定発売と思っていた!!

    GO!!GO!!GO!!ががががが

    正規発売!!し て いた???

    ほへーーーーーーーーーーーーーー!

    いついついつぅぅぅ???

    ありがとうううう。novcatさあああん

    早速ゲットしたんですってクリックしたんですって・・・・・・・??

    頭の中がトラフィックぅぅー!してました。

    とここよーーーーー!!

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0008FHP46/ref=ord_cart_shr/249-1436089-4988368?%5Fencoding=UTF8&m=AN1VRQENFRJN5

    メイオールのhard roadを探してたら、ひっかかった!!! んですって・・・??novさああん!?

    さああああああああほへーーーーーー。

    多国籍軍GOGOGOGOよぉ〜。

    ぎゃば〜〜〜。

    ぎゃばぁあぁぁぁ〜。

    ボナルーがどうだこうだとかで。

    スこーーーーーーんとぬけて。。。

    ぎゃーぎゃー!!

    ウィンウッド貧乏が。。。。。続く。。

  185. tem より:

    今年の4月18日にamazonに載ったことになってるから、その頃かと。

    どうして気が付かなかったんだろ。こんな大ネタ!

    今回はこれの他に

    メイオールのhard roadとQueenのhot spaceの3点なり。

    ん?ん?ん?しまった!!!!!!!

    昨日も4枚注文してた!!!!!!!

    どうしよう!!

  186. tem より:

    ちなみに発売レーベルはオーストラリア!

    なんで日本で出さないの?

    とりあえずみんなでオージービーフ食べよう。

    感謝、感謝。

    リマスターしてるよね。恐らくこれ。

    まっ、いいややっとこさ手に入るんだし。

    でも送られてくるのは早くて6月の中旬なり!!!

    がるるるる〜っ!

  187. tem より:

    くくく、これは買いですね、間違いなく!

    どうも少しずつ、すじ姐とnovcatさんにハメられつつあるような気がしてきました。。。w

  188. スージー より:

    ほっ、ほっ、ほぅっ!

  189. スージー より:

    てむぞさああああああああああああん。

    多国籍軍CDそうよーーーーーーー。

    そうよぉ〜おおおおおおおおおおおおお!!!!

    なぜに今。。

    オーストラリアでと一抹はぶっ飛ばし。

    ほへ??

    ますます多国籍だGO!!!!!!!!!!。。。。

  190. スージー より:

    トラフィックのスティーヴ。

    タンジェント・ドリームのクラウス・シュルツ。

    サンタナのマイケル・シュリーヴス。

    んでギターはアル・ギメオラぁぁぁぁ〜

    山下勉ぅぅぅぅうぅ。

    奇跡のセッション。

    ほへーーーーーーーー。

    こんなに簡単。じゃないけれど。

    ゲットしてもいいのぉ〜おおおお!!

    それいけーーーー。

    ゴーストましーーーーーーーーーんよぉぉ!!

  191. スージー より:

    そうしてGOの〜写真撮影は!!

    諸々はハーヴィー山口氏ぃぃぃい!!!

    この本の読んだら見たらアナタもゴー!!!

    SWのGO秘話がああああ!!

    トピ50あたりです(爆)!

  192. スージー より:

    このCD買わなくちゃ駄目ですか(笑)

  193. スージー より:

    ◆巌さああああああんん。

    プログレもお好きだったら。

    飛びますわぁぁぁ多国籍軍GO!!!! 

    と。。のば秘書〜秘書ーーー。

    どうなったのーーーーーー!!GOネタ元!

    届かないわーーーーー。6月中旬っていつ?

    本当に来るのかしらん?

    田コロカヴァー届かない。。

    あらん(涙)。。

    あ。。

    P・ウェラーとの。

    「きこりの息子」はどーなったぁぁっぁぁ。

    ばたばたーーーーほへぇぇ。。。

    すいません。

    「きこりの息子」聴いた方いますぅぅぅ??

  194. スージー より:

    だ〜ず先輩が発見してくれた!

    Beat Instrumental誌(英国)August 1968

    の表紙のフォト!!

    スティーヴィーのオフィシャルページの。

    ギャラリーに先日アップされて。。

    ほへーーぇぇワタシ!!

    目からウロコしました。

    こっちの方がまだ確認作業ができますねぇ〜!

    スティーヴィーはやっぱり。。

    向かって右から3番目でした(笑)。

  195. mrtasty より:

    はあ、はあ、やっと見つけた。。。。。。

    秘書・疲労困憊。。。。。。。

    ギャラアップ。。。。。。。。。。。。。

    悶絶。。。。。。

  196. mrtasty より:

    スージーさん御元気ですね、 

    トラフィック、、ついてますねえ、、、

    ところで、先日は私のMIXIのフットマーク記念の『1234』板踏み付けて頂き有難うございました. 

    足跡はプリントアウトして、

    私のお腹に赤々と焼き付けておきました。 

    ところで、今日記念品をお送りさせて頂きました。

    2枚のDVDです。

    一枚は若きスティービーがギターを弾いて

    『MYBABE』をシャウトする、『POP GEAR』

    そしてもう一枚は、画像は悪いですが、

    アメリカのコレクターからセシメタ、

    『TRAFFIC TV FILES』 

    私も目を通してませんので、何が出るか、、、

    もうお持ちでしたら、ごめんなさい. (  ペコリ、、)

        さあ、次は、2000番までに

             何かスティービー物探しておこおっと、、、 

  197. mrtasty より:

    ひ〜ふぅ〜。。。

  198. mrtasty より:

    でもって。あと一つで200番、出番ですよ〜〜〜!

  199. mrtasty より:

    と言う事は、この200盤を踏んだらお返しが、、、  

    甘いなあ、考えが、、、

  200. スージー より:

    みぃぃっぃぃ〜遅かった!!(爆)!

    秘書・・・・・ぜーぜー〜。

    ここよーここよーここよー〜!!!!!

    と!mrtastyさ〜ん。

    んなモノが。。世に!!

    ほへぇ〜。

    さーーーー♪mrtasty御殿に皆様でここは襲撃よぉぉ!

    うそですすすせん。

    お気持ちだけでもウルウル♪でござんすわ。

    と200記念には(爆)

    「SWコミュ会員番号3番」

    midland maniac君がただ今トラフィックロゴをモチーフにした、

    ブラウザ用スキンで「世界征服」をたくらんでいるらしいので。

    ここはmrtasty様〜使用〜特別限定版をスキンを

    ご用意いたします。本当かしらん??

    しばしお待ちをーーー。。って?

    さーーーみんなで世界征服よーーー??。

    トラフィックロゴで〜!!!!(ほ?)

    マック使用の方はどうなるんだろう?

    ほへ??まだわかりません。

  201. スージー より:

    ぎゃーーーーーーーーーー。

    な ん で す って??

    知らなかったのは私だけ??

    毎日馬鹿です。。。

    ここのActeve History

    http://db-pro.net/mcdata/

    をクリックして。

    検索年代を1968年 1970年を入力検索すると。。

    ほへーーーーーー。

    ってミッキーさんって。。

    前田びばりさんの元夫で。??

    真木蔵人さんのおとーさん?

    あのジミヘンフォト面子な方々と。

    ほーーーーーー???へ〜〜?????

    ほへ〜?

    トレビアの泉。。。

    なんか・・・・頭痛が。。。

  202. bow より:

    >前田びばりさんの元夫で。??

    >真木蔵人さんのおとーさん?

    ??

    前田びばりさんの元夫って、「バラが咲いたあ〜、真っ赤なバラあがあ〜」のマイク真木氏じゃあないの? 息子の名前も真木蔵人だし。70年前後、GSの残党とか、日本語ROCKの胎動期にも当たる頃で、ミッキー・カーチスが ところどころで、名前を出してましたね。済みません、良く覚えてないです。

  203. DAZS より:

    ミッキー・カーチスとマイク・真木を混同してはいけません。

    彼は、日本の興行(プロダクション)から離れていたんだと思います。

    スジさん日記より移動しました。↓

    ミッキー・カーチスがヨーロッパでやってたなと思い、ちょっと調べたら、SWとやってるのですね。ちなみに、サムライのベースは山内テツがいたと思う。

    1967

    ◇「サムライ」結成,ヨ−ロッパに渡る

    1968

    ◇「サムライ」ヨ−ロッパ(フランス、イギリス、イタリア)で活発に演奏活動ハンブルパイ、モット・ザ・フープル、シャルルアズナブール、ジルベールベコー、アレクシスコーナー等と共演

    ◇BBC TVでステーヴィウインウッド゙と共演

    ◇ロ−マでインタ−ナショナル・ポップス・フェスティバルに出演ピンクフロイド゙、ムーブ、テンイヤーズアフター、ハンブルパイ、ドノバン、アーローガスリー、グラハムナッシュ、ブライアンオーガ&トリニテイ等と共演

    1969

    ◇ドイツでLP「サムライ」を制作、発売ザ・サムライ「シュ−シュ−/フレシュ・ホット・プリ-ズ・サマ-」・EP・ユナイテッドア-ティスト・UA3136

    1970

    ◇「サムライ」ヨ−ロッパより凱旋帰国

  204. DAZS より:

    昔、イタリアのフェスティバルで、Fairport Convensionなんかとやった話をしていたのを聞いた覚えがあります。ラジオか、なんかの席か覚えてませんが、上のローマのコンサートのことかな。

    ミッキー・カーチスは、もっと前の日劇ウェスタンカーニバルのロカビリー3人男の1人だったと思いますが、ロックを続けたのは彼だけかな?平尾昌章は大先生になったし、山下敬二郎(柳家金語楼の息子)はどうなったんかな。

  205. スージー より:

    バロン〜bowさまあああああああ!!

    すじ@オバカです。

    しっかしここは勉強になります。

    ミッキーさんの元奥ってそっちけい・・と薄らぼんやり記憶が。。

    雪村いずみの娘は朝比奈マリア。お父は?

    あのその〜ここらへんすじ母に確認しますので(爆)

    ここまでいったらこまどり姉妹までいきそ。。

    すすすす。限りなくSWから離れ。。。

    ★★★だ〜ず先輩。。。ほへ

    だからミッキーさんとスティーヴが競演???

    ミッキーさんのオフィシャルにしっかりスティーヴ・ウィンウッドと!

    ほへーーーーーーぇぇ!!!

    ありえなことがありえている!!!

  206. スージー より:

    ミッキー・カーチスとマイク・真木を混同してはいけません。

       ↑

    恐るべし。。生き字引様。

    ほへーーーー。。

    ぜーぜー。土下座!!!

    みたら。。。ジョン・メイオールと。

    ミッキーさんセッションもしているんですね。

    ◇ロックカ−ニバル#1でジョン・メイオ−ルと共演東パキスタン救済コンサ−トに参加サムライ「河童」・LP・日本フォノグラム・S-5505

    へええええええ。

    トラフィック初期の。。

    SWと何やったんだろう。。

    でBBCテレビに出た。。へぇぇぇぇ??

  207. mrtasty より:

    ミッキーさんは高田馬場駅前のタバコ屋さんによく出没されます。「還暦ロック」はとても痛快です。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EIEU/qid=1118715509/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-6478620-7012307

    from the moon Fは名盤です。

    http://www.two-three.com/nakasu_bn/nakasu_bn1998.html

    アチキのお薦めの雑誌「中洲通信」でも特集されてます。

    この雑誌、ブルースも取り上げてますので。。。是非。。。

    マイミクに関係者もおりますので。。。。。

    秘書より。

  208. mrtasty より:

    そうです、日本のロカビリーブームの中で、3人の一人でした。

    そのうちの山下敬二さんは、現在でもNHKの特集などにも出ていらっしゃったと想いますが、昔とかわらずロカビリーですが。仕事されてるかどうか分かりませんが、、、

    ミッキー カーティス&ザサムライ、、たしかLPもってました。

    べースは山下テツさんです。帰国された時に、池袋の西武百貨店の5階くらいで、急遽のライブが開催され、それを見ました.

    それまでの日本のバンドにない、重いリズムをひきずるような、典型的なブリティッシュロックバンドだった事を想い出します.

    フリーの重さに似ていました. ギター(イギリス人)が良かったなあ、、、、ミッキーさんは、陣羽織みたいな物を着ていました. 

    ジョンメイオールが来日した時、日劇で、第1回ロックフェスティバル、、、

    モップス等は良く覚えていますが、ミッキー&サムライ、、、記憶にないです。 前座のひとつだったと想います。

    この時は共演と言ってもセッションはしていませんので、.  

    私はモップスのヒロミツさんに会って、

    楽屋に入れて貰って、ジョンメイオール、ラリーテイラー、

    ギターの、、名前、忘れました.サインをもらいました.

  209. DAZS より:

    鈴木ヒロミツ、日本のGSでは好きなバンドだったなあ、モップス。トンネル抜けてえーー。

    あと、ジャックス。。GSではないでしょうが。。

  210. DAZS より:

    >中州通信。

    いい名前ですねえ。福岡にいた頃、東中洲にソウル系のバーがあると聞いてましたが、行ったこと無い。

    さあ、ススキノから中州へジャーンプ。

  211. スージー より:

    ここはどこ??

    そうよ〜ススキノから中州へジャーンプ!!!!!!!!

  212. ちゃんと帰って来てくださいね。

    ちなみに「中洲通信」はママさんの紹介もやっていました。

    秘書より。

  213. トンネル抜けて〜>はダイナマイツでしょう!(笑)

    マイク真木のバック・バンドに山内テツ氏がいたと思います。ヨーロッパに行けるというミッキー・カーティスの誘いで、テツ氏もベース弾けないのにバンドに参加したそうです。ベースは向こうで憶えたとか。

  214. DAZS より:

    失礼、ダイナマイツね。山口富士夫がここにいたんですね、そうだったか。

  215. mrtasty より:

    ダイナマイツと、モップス、、

    新宿で見た事があります。 

    その日に、ダイナマイツのヴォーカルの人がアメリカから帰って来て、すぐに懸けつけて、モップスのステージに呼び上げられて、セッションしました。   

    その時のダイナマイツは、山口富士夫が、『フィルモアの奇跡』のマイクブルームフィールドの“アルバートのシャフル“を弾いていました。   

  216. DAZS より:

    この頃のはシャーク5しか見てない。。。。。

    オックス・真木ひでと、テンプターズ・大口くん、ショーケン。スパイダース・ムッシュ、マチャアキ、順次、克夫ちゃん、尭之さん、加藤さん、昭知さん。GSの名前は直ぐに出るのだが。。。。。最近のは出て来ない。。。。。。

    「心の中に傘をさして〜〜」

  217. DAZS より:

    SWからGSへ????

    議員(仮)大変ですよ〜〜〜!

  218. DAZS より:

    「自分が見〜える〜」、と。

    シャーク5って?シャープ5?シャープ・ホークスのボーカルグループ?うーん、忘れた。

  219. DAZS より:

    DAZS様>

    え〜と、大きい人。。。。安岡力也!がいたバンド。

    シャーク5って、看板には。。。遠い昔。

  220. DAZS より:

    安岡力也ならシャープ5かな?

    中学の同期のやつが参加してました。

  221. DAZS より:

    それかもしれないです。

    でも、昔、「美空ひはりショー」に家の祖父母は騙されて、5千円も取られました。ただし、じいちゃんは本物だとおもっていました。

  222. DAZS より:

    終戦直後に「エノケソ」というのがいたらしいです。

    何の話だか。。。

  223. スージー より:

    なんかありそう。

    カタカナ表記だと本当に判らないかも。

  224. スージー より:

    「エノケン」といえば。。・・・

    当時映画チラシ。。

    「コンゴリラ」?「ベラソンバ」?

    とかのチラシとならんでいたらしく。

    ここはどこ??

    ほっへー〜〜!!

    美空ひばりショー!!

    とようやくマイクさんとミッキーさんの

    違いが。。ぜーぜー。

    恐持てでかっちょいい方がマイクさん。

    ぜーぜー。

    SWファンってキャパひろいいいぃぃ!

    ほへーーーはへーーーーー!

    BGM ハイライフ アゲイン

  225. スージー より:

    ◆果てしなくスティーヴィーから離れてるような。。

    気がしないでもない。。(爆)

    しかししかし。。ほへ〜ん!!

    よく読んだら・・・・・・・・(汗)!!

    なんですって。

    mrtastyさぁぁん。

    第一回日劇のロックフェステ体験者ですのぉぉー?

    1970,12,21ですよねぇ。

    サキツミさん関係で(爆)??

    チケットだけ見たことがあるですが。。

    ぎょぉぉ!

    生き字引様の坩堝ぉぉぉーーー〜!!

    ご衣裳チェックありがとうですぅぅ。

    ミッキーさんが日劇デビュー時代の衣装は担当は。

    中原淳一氏だったらしいですが。

    乙女とロックどこでつながるかでつわーー。ほへ〜?

    (勝手につなげるだけ??)

    1970年かぁぁ。。。

  226. スージー より:

    ◇BBC TVでステーヴィウインウッド゙と共演

    ↑だーず先輩の検索で。

    止まってる私なのでありますが。

    これ映像どうなっているんだろう?

    誰が観たんだろ??

    ほへーー。。

    ちょっとなんの曲??

    スティーヴの70年ったら。。

    ぎょばぁぁぁ〜〜〜〜〜!

    ということでミッキーさんのHPにメールしてみますわ。

    あああああああああぁ。

    卒論書くより根性つかいそううううぅぅぅぅぅ!

    じょぼーーーーーーーー!!ぎょぼぉぉ!

    教えてちょうだぃぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜

    しか出てこない。。(涙)。。

  227. mrtasty より:

    生き字引から、、、(死ぬ前に伝えたい事、)、、

    以前、スパイダースがイギリス遠征をおこなった事が在りました.

    その時にテレビに出演したのですが、イギリスはユニオンが厳しくってそれに入ってない彼らが出演する事にかなりの規制があったと、結局ユニオンに入って出演したとの事だったと想いますが、

    その時の共演が、スペンサーディビスグループだったとある本のインタビューでかまやつさんが話していました.(たしかML紙)

    そしてその時彼らは、口パクだったと、、スパイダースはきちんと演奏したと、、たしか、フリフリと何かを、、、

    で、その時に今では常識になってる、ギターのブギーのリヅム、

    6弦開放、5弦2,4フレットを交互に押さえる、、を教わったと、、、  

    そしてVOXのコンチネンタルオルガンもその時に買って、後、大野さんが弾いていた筈です。

    誰も知らないGS神話の一部でした。 

  228. スージー より:

    ちょっちょちょよよよ〜。ちょっちょちょ。。

    死なないでーーーーーえぇぇっぇぇ。

    死なないでーーーーーえぇぇっぇぇ。

    いきなり稲妻が落ちたわ。。

    スパイダーズがイギリス遠征にいった時に。

    ほへ〜で口ぱくで!!じょぼぉぉ〜!!

    旅行雑誌のGullive(1992年)

    小西康陽氏とムッシュさんが当時のロンドンを振り返って。

    SDGと競演したことを語ってるヤツと同じなのかしらん?

    すいませんん!!

    復習!スパイダーズ。

    田辺昭知(ds)、大野克夫(stl)、井上孝之(g,vo)、加藤充(b)、

    かまやつひろし(vo,g)、堺正章(vo)、井上順(vo)。ですよね??

    と。。

    で???

    ◆よっちゃさん姉さんが。

    カヴァーのトピで大野克夫さんがSWがすきらしく。。と。

    あたし。真っ暗闇ここらへん。ほへー!!

    アタシその大野さんの。

    ディナーショーらしき不思議な場所に。

    すじ母につれられて行った。

    に行った記憶が。ほへ???

    で?

    田コロでカヴァーしたとか?→歌ジュリー→って?タイガーズね?

    どうでもいいですが。

    すじこの頭!今爆発中でほへ〜

    点が線になりませんんんんん。

    ぎゃーーーーぁぁ!!

  229. スージー より:

    ジュリーはタイガーズです。

    ちなみに岸辺シローも岸辺一徳もそうです。

    加橋かつみは出たり入ったりしてました。

    ショーケンはテンプターズです。大口くんも。

    内田裕也さんはフラワーズでした。

    デイブ平尾さんお元気でしょうか?

    チャーさんとやってたルイズルイス加部さんカップスは最高でした。

    真木ひでと様、演歌まで歌っておられますが、「失神の帝王」

    まだまだです。オックスは不滅です。オリックスは仏滅ですが。

    カーナビーツにワイルドワンズ、パープルシャドーズにブルーコメッツ。

    みんなとぼけた顔してバ、バ、ン、バンしてました。

    ちなみにアチキは祖母から話をうかがいました。?????

  230. スージー より:

    話しはずれますが。。。

    オックスのスワンの涙は売れたのでせうか?

    のば猫さん貴方は何もの???

  231. スージー より:

    すわん〜の〜な〜み〜だ〜〜〜!

    ん、秘書です。

    どしてなべな、どしてなべな〜、スーパーエレクトリック秘書!ってことで。

  232. スージー より:

    わかっています。

    果てしなくスティーヴィーから。。

    あら??離れ?

    ほへーーーーーー。

    とさきほどボケ〜と新刊おされ系雑誌を見てたら。

    内田裕也さんが?????

    オバケになっていたぁぁ。ほーへー!!!

  233. mrtasty より:

    ほら〜っ、ネタを提供するから〜〜。

    シェキナベ〜べ〜が出てくるし。

    でも何でおされ系?おばけ系?

    石黒ケイ?田口計?ミーとケイ?

  234. mrtasty より:

    スパイダース、、かまやつさんのインタビュー記事は、

    1966〜8年くらいのミュージックライフだったとおもます.

    イギリスから帰ってきたばかりの、まだ若かったムッシュの、、、

    その旅行雑誌の記事も読んで見たいデス、、、

  235. uni より:

    遅ればせ

    スワンの涙はセリフがあったので

    今は見れませんが当時は大受け!

    売れたと思います。わたしもリアルで買ったEP持ってます。

    因みにダウンタウンブギウギバンドのGSってCDは

    この曲もダイナマイツの恋はもうたくさんも非常に良い出来です。

  236. スージー より:

    読み物系と思ったのすが。。

    生き証人〜!さま!

    愛のミクシィの輪で・・・・。

    「旅行雑誌のGullive(1992年)」かまやつ氏が

    SDGを語る・・・インタビュー諸々記事がが。

    スージーのお婿に来ました。

    ほへ〜ほへ〜ほへ〜ウルウル。。

    皆さん〜ちょっと待ってくださいましぃぃ。

    すごいわ。。写真。当時のなんていうか。。

    SDGの写真はないけれどぉ〜!!

    すじこ御友達情報によりますと。

    当時ではバブバブなオールカラーの。

    旅行誌Gulliveだったそうですね。ほっへーーーー!!

    本当に貴重な情報ありがとうですぅ!

    本当にありがたく皆様の繋がりに深く感謝ですぅぅ。!!

    ここまでたどり着いた経緯。????

    ◆SWコミュbow様!〜総取締役本部ファミリー一派〜

    流れの多々様!ケーユの「機密情報部長」象さん!!!発端?

    んで〜bow様ファミリーのヒットマン!〜「多国籍軍諜報員!」ぁぁぁ!!

    のNHRA68’さんが!

    なんとキレーキレーに提供がしてくださったりましたぁ。

    ★!!!NHRA68’さん

    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=557358

    サンクスです!!

    ぎゃーーーーーーー!!ありがとうですぅ。

  237. スージー より:

    ◇mrtasty様。皆様。

    NHRA68’さんが提供してくださいましたぁ。

    当時のロンドンロンドン♪

    スティーヴィーとのこと。。

    記述は。

    SWコミュバロンBOWファミリー?

    経由のBOW機密情報部長象さんが教えてくださった。

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=158148

    SDGトピでも書きましたが。

    ■「スペンサー・デイヴィス・グループにも会った。そう、まだスティーヴィー(ママ)・ウィンウッドがいたころ。ぼくたちと同じフィリップス系列のレコード会社で、いっしょにコンサートを演ったの。

    当時ヤマハの楽器をモニターで使ってたんだけど、それを一式すべて彼らにプレゼントしたときの写真がどこかに残ってる。2年前にスペンサー・デイヴィスが来たときに会ったら悦んでました」■

    という感じですが。

    見てみるのと実感が違いますね。。ムッシュさん!

    皆様。。虫眼鏡でご覧ください。

    あ。。。うそです。うそです。

    重ね重ね。

    皆様のご協力。

    時間をかけて捜索してくださった。

    NHRA68’さん〜ありがとうですぅぅ。

    ※今回はセッションにアップしました。

  238. midland maniac より:

    ECのニューアルバム、いよいよ出るようですね!

    やはりSW参加のようです。

    http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=9139

    SWがシンセ持ち込みということは・・・

    “Love comes to everyone”なのでしょうか??

    新曲を期待していたんですけどネ。

  239. スージー より:

    ↑ぎゃーーーーーーーぁぁぁあ!!??

    ほへ???出るわ。。。

    あらぁぁぁ??きゃーーーーーーーぁああ!

    これ去年の「いつ」レコーディングでした?

    あら?いつ。。。いつぅぅ?

    ドキドキ。。

    やっぱり。。

    嬉しい。。。

    自前のシンセをお持込。。ふふ。。。

  240. Love Comes To Everyoneをカバーとはビックリ!

    SWがこの曲に参加してるのはまず間違いないないでしょうねえ。

    ほかにもSWとは関係ないと思うけど、スピナーズのLove Don’t Love Nobodyなんて非常にオシャレな曲をカバーしてるらしくてこれも楽しみ。ECがやるなんてあまり想像つかないタイプの曲なんですけども、そういえばレプタイルにもその手は入ってたから、あの感じなのかな。

    SWは複数曲に参加しているといいなあ。

  241. DAZS より:

    最近、John Meyerが気になってるのですが、参加してるのですかね。

  242. ジョン・メイヤー君も参加しているみたいですね。彼のギターも強力ですよね。

  243. スージー より:

    ECの作品って4年も出てなかったのですのん。??ほへーー!!

    って楽しみですねぇぇぇ。

    しかもジョージの。。となるとウルウル。

    ふふシンセ(しつこい私)。

    あら??ECと最期のまともなセッションって。

    アームズ以来なのかしらん??あらららら?

    あ。。違った。

    映画〜ブルブラ。。もあったわ。

    女王様ライヴで二人は会話したんだろうか?なぞ。

    夜な夜な考えてしまったり。。

    ジョージの曲。

    どうせだったらウタも。。なんて欲深になってしまいますぅ。

    複数に。。。祈りたいですぅぅ!!!

  244. スージー より:

    GOはいったい。。

    どうなって・・・・ほへ〜?

    オーストラリアは??

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0008FHP46/ref=pd_bxgy_text_2/249-8208542-4697948

    これはライヴとの2枚組み。。

    といきなり紙ジャケ?

    連発どぼぉ〜??

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009J8DO2/qid=1119888352/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-8208542-4697948

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009J8DOC/qid=1119888352/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-8208542-4697948

    と。。ライヴの方のジャケは。。

    怪しい。。なんだか・・・・・ほへーーーーーーー??

    ジャケはあの・・・・・・白ジャケよ。。

    GOライヴはあぁ。。

    ◆のば猫さあああああん。

    オーストラリアは。。どなったんですかね。

    あらーーーーー。

  245. スージー より:

    ↑↑さすがいっしーーーさん!!

    そのジャケ初めてみましたああああ。

    ありがとうううです。

    新作のジャケですよねぇぇ???????

    きゃーーーーーーーーあっぁあぁ。

    出なかったりってことないですよねん。

    (誰にきいてるのか・爆)。。。嬉!!!

  246. スージー より:

    すすすいませんん。

    Music From Free Creek!!!!!???

    某所で盛り上がりを見せている?

    謎のSW参加音源??私には謎ですぅぅぅ!!

    ほっへーーーーーーー!!

    本日までアタクシ知りませんでした〜。

    発見だ〜ず先輩!!

    ネタ元はすじこ日記流れ!?

    すいません頭飽和状態!!!!!

    誰か御願いなんですか〜!!!!

    本当にスティーヴ参加しているのぉぉぉ。

    じょぼおおおおおおおおおお!

    なんですかこれ!!!!!!

    http://members.jcom.home.ne.jp/0412269401/free.html

    捜索途中でございますが。

    ほへーーーーーーーー!!!!!

    ★参加アーティスト

    トッド・ラングレン、ドクター・ジョン、

    ハーヴィー・マンデル、ラリー・テイラー

    ジョン・ロンドン、ジョー・ファレル、

    クリス・ウッド、 キース・エマーソン、

    リンダ・ロンシュタット、ミッチ・ミッチェル、

    ルー・ソロフ、デラニー・ブラムレット

    ビル・チェイス、バーニー・リードンなど、

    ★参加しているのではないかといわれている

    アーティストに、エリック・クラプトン、

    マイク・ブルームフィールド、

    スティーブ・ウインウッド、

    ジェフ・ベック。

    えええええええええええええええ!!!

    ほへーーーーーーーーー!!

    キース・エマーソン!!

    ELO!!

    昨日?、一昨日のELO?を見るの見逃したしいい。

    (BS)!!!

    と!このアルバムにぃぃ!

    クリスもおおおおお!

    知らなかったのは私だけ????

  247. これ、いろんな人が変名で参加してるセッション・アルバムですよね。

    昔はアナログけっこう高値がついてたので手を出しそびれてたら、

    いまだに聞く機会なしでした。

    今はどっかで別ジャケでCD化、なんてことあったり…しないか(笑)。

  248. スージー より:

    さすがカプセルさん!!

    存じておりましたぁぁ???

    私全然しらなくて。。。。

    何やらCD化にもなってるような??

    別ジャケで??日本発売にはなってないようですが。

    当時一部マニアは。。

    普通に所有していたレコードとか!?

    ほっへーーーーーーーーーーしておりますぅぅぅぅ!

  249. スージー より:

    この謎のアナログ音源がちょっとずつ・・・・。

    Music From Free Creek

    わかってきたり。

    スティーヴィーは参加してませんが。

    楽しそうなアナログぅぅ!

    ネタもと発信!

    SWコミュ応援部隊?もっぢぃい様。

    SWコミュ。だ〜ず先輩&&&&&多々様!

    情報ありがとうです。

    発売当時はクラプトンがKing Cool!!!

    発売当時はベックも変名!ほへ〜ですぅぅ。

    カプセルさあああん。

    だったのですわねぇぇ。

    でもスティーヴィーが出てなく。。て。

    妙に安心??ほへ〜でございますが。

    が!!クリスよおおおぉ〜!!

    http://www.moogymusic.com/CDs/freecreek.html

    ↑ここで買えるそうです!!いっしーーさんありがとおおお!

    1. No One Knows – Eric Clapton

    2. Road Song – Eric Clapton

    3. Getting Back To Molly – Eric Clapton

    4. Cissy Strut – Jeff Beck

    5. Big City Woman – Jeff Beck

    6. Cherrypicker – Jeff Beck

    7. Working In A Coalmine – Jeff Beck

    8. Freedom Jazz Dance – Keith Emerson

    9. On The Rebound – Keith Emerson

    10. Mother Nature’s Son – Keith Emerson

    11. Sympathy Jam – Harvey Mandel

    12. Earl’s Shuffle – Harvey Mandel

    13. Hey Jude – Moogy Klingman

    14. Lay Lady Lay – Moogy Klingman

    15. Kilpatrick’s Defeat – Moogy Klingman

    16. Living Like A Fool – Linda Ronstadt

    17. He Darked The Sun – Linda Ronstadt

    サンプルでちらりと聴けますぅぅ!

    11. Sympathy Jam !!!!!!!

    これオープニング数秒しかないけど。

    なんか〜〜!!!

    ジンジャーベイカーエア・フォースが、

    ますますアフロチックなふりかけご飯風になって

    SWの声が流れそう??ほへーーーー@@@@@@

    な・・・・・で出し????

    http://trbazaar.com/trrelatedcds.htm

    ↑novcatさんが発見してくれたここでも。

    買える〜????

  250. スージー より:

    2004年ものなんですが。

    2004年。去年なんかあったのかしら!?

    なんかみつけて。

    2004年どこぞで・・・・・ええええ?

    何だろうでしょうううねぇぇ。ほへ〜???

    現実に競演とか?

    過去にありましたぁあぁ??

    仲いいのかしらねぇ。。。この二人。

    あんまりアルバートさん知らなく。。

    先日WOWOWで放送された。

    アルバートさんを見て。

    ほへ@@った程度で。。な私で。

  251. おお〜、アルバート・リー先生すっかり頭真っ白ですなあ…。

    Red white and Bluesでも思いましたが。

    この二人が共演って話はオフィシャルではきいたことないですけど、同じ時代のイギリスのミュージシャンだし、60年代はセッションとかもしてそうですね。

    ちなみにアルバートはECのバンドで2回来日してますよん。

  252. スージー より:

    ■2004年9月24日

    イギリス・ロンドンのアールズコートにて収録。

    ストラト・ギターフェス。。

    ストラト50周年の番組が9日にWOWOWで放送され。。

    そこで。。ほーへー。

    ブライアン・メイ(クイーン)、

    デイヴ・ギルモア(ピンク・フロイド)、

    ロニー・ウッド(ローリング・ストーンズ)、

    ジョー・ウォルッシュ(イーグルス)、

    マイク・ラザフォード(ジェネシス)など

    元フリーのポール・ロジャースも登場したり。。。

    アルバート・リーさんもでえ。

    個人的には。

    なーーーーーーーーーーーんと。

    ハンク・マーヴィンが凄くてほっへー。

    そりゃ〜元祖の元祖で。。じょぼじょぼ!!

    となったら長くなるので。。。自粛。

    はーーーい。

    シャドウズコミュいきますー(爆)。

    スティーヴィーとアルバートさん。。

    ほおおお。友達である証拠!

    写真ですわねぇ。

    2004年にスティーヴィーのライヴに行った

    のでしょうかねぇ。

    それかどっかのフェスで一緒だったとか。

    うーーむ。

    あら?アルバートさん。

    ジョージ追悼コンサートにも。。

    じゃありませんでした?

    みんなお達者に。。

    でもスティーヴィーとブライアン・メイと。

    ポール・ロジャースとハンク・マーヴィンは。

    変わらないですのねぇえ。。。

    ジョー・ウォルッシュは。。。。

    なんか怖かったです。

  253. DAZS より:

    Joe Walshどうでしたか?怖かった?ふーーん。

    ああ、昔のRocky Mountain Way、よかったなあ。。。

    やらなかったですか?

    このメンバーではなあ。。。。

  254. スージー より:

    シャドウズコミュの管理人さんでもあって。

    SWコミュにもな。。

    Velthandyさああんが。

    シャドウズコミュで。。。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=30144

    日本アマゾンでもストラトフェスの。

    DVDも出ていることを発見してくださいました。

    勝手にVelthandy〜すすすいません。

    個人的には。

    ブライアン・メイがストラト持ってるのが

    楽しいかな??みたいな??

    しかも!!!リードボーカルまで。

    ブライアン〜なみたいな?感激?したりでした。

    ががが〜やっぱりハンク・マーヴィンは凄かったです。

    でもWOWOWは。

    調べてみたら。。。

    随分カットされてのオン・エアーでした。

    あああああああああ!!!

    スティーヴィーから離れてどぼおん。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00081U6EG/velsdiarnivr-22/ref%3Dnosim/250-4715437-9037836

    SWから離れてすいまぇぇん。

  255. midland maniac より:

    ECの新譜”Back Home”、みなさん聴かれましたか?

    やはりSWは”Love Comes To Everyone”のみの参加

    のようですが、このシンセのフレーズに、涙せず

    にはいられません(ToT)。

    リピートしまくってます。

  256. スージー より:

    ちょっとそれもそうだしじょぼおお!

  257. いやいや〜、Love Comes To Everyone、ほとんどオリジナルと同じフレーズ&音色でびっくり。

    全体のアレンジはちがうのに、あのフレーズだけがほぼそのまんま。

    ECが「あのフレーズまた弾いて〜」って頼んだんですかね。

    とにかく強烈に印象的でした。