乗り物使いこなし講座

人気の記事:

コメント

  1. すときん より:

    ■名称:ワートホグ

    ■定員:3名(運転席・助手席・砲台)

    ■操作形態(運転)

    右スティック:進行方向の決定(視点移動)

    左スティック:前進・後退

    右トリガー:クラクション

    左トリガー:ドリフト(サイドブレーキ?)

    Aボタン:ブレーキ

    ■操作形態(砲台)

    右スティック:照準決定(視点移動)

    右トリガー:発射

    ※ガトリング型とグレネード型の2種類が存在。

  2. すときん より:

    ■名称:スコーピオン

    ■定員:5名(運転席・外部4名)

    ■操作形態(運転)

    右スティック:進行方向の決定(視点移動)

    左スティック:前進・後退・旋回

    右トリガー:主砲

    左トリガー:ガトリング

  3. すときん より:

    ■名称:レイス

    ■定員:1名

    ■操作形態

    右スティック:進行方向の決定(視点移動)

    左スティック:前進・後退・旋回

    右トリガー:主砲

    左トリガー:ブースト

  4. すときん より:

    ■名称:バンシー

    ■定員:1名

    ■操作形態

    右スティック:進行方向の決定(視点移動)

    左スティック:加速・減速・旋回

    右トリガー:主砲

    左トリガー:ブースト

    Aボタン:特殊移動

    (左スティック左右+Aボタンで左右への特殊移動)

    (左スティック下+Aボタンで特殊上昇)

    (ニュートラル+Aボタンで降下)

  5. すときん より:

    ■名称:ゴースト

    ■定員:1名

    ■操作形態

    右スティック:進行方向の決定(視点移動)

    左スティック:前進・後退・左右水平移動

    右トリガー:主砲

    左トリガー:ブースト

  6. すときん より:

    ■ワートホグ乗りこなし講座 その1 奪還作戦

    キャプチャーザフラッグ、ボム等のマップでは、旗、爆弾を所持しているプレイヤーは「助手席」に乗ることが可能なため、ワートホグを使用した奪還、設置が非常に強力。

    まず、運転手が「どのルートを通り、旗(ないしは爆弾)を争奪するか」を乗員に連絡する。ここでの意志の統一が重要なので、「進入方向」「方角」など、全員が理解できる用語を使用する(参考:自分の場合は、自軍スタート地点からの方向で左右、奥手前にしてます)。

    そして、入り口地点に近づいたら「助手席」を入り口に向けて移動。運転席を入り口にしていると、助手席のプレイヤーが遠回りになってしまうため。

    助手席のプレイヤーは疾走する車からジャストタイミングで飛び降りる。(一回一回車が静止してしまうと、敵のいい的になってしまう)

    タレット(砲台)のプレイヤーは、とにかく敵の脅威を排除。

    場合によっては、助手席のプレイヤーと同行し、カバーするのもアリ。

    争奪に成功した場合、ワートホグをどの位置に待機させるかを「旗(ないしは爆弾)所持者」が伝達。

    ワートホグが助手席を内側に向けて所持者を乗せて移動。

    方向転換は「左トリガー」のオーバースライドを使用するとやりやすい。

    かなり長文ですが、こんな感じで。

    昨日、これの練習をしてから実戦に出たらかなり勝てました。

  7. PLATOON@SD より:

    ええ、非常に有効でしたね。

    やはり「旗取り」や「爆弾運び」はある程度の連携が必須ですね。

  8. X より:

    バンシー乗りこなし講座 

    A.バンシーの特徴

    バンシー最大の特徴は機動性。

    自由に空を駆け巡ることができるため扱い方次第で戦局を大きく変える兵器だ。チームの目となり、手となり、足となってチャンスを掴み取れ!

    攻撃力はプラズマライフル2丁と同じ火力。

    キャンペーンで使用できたロッドガンは使用できないのが残念(あれが使用できたらまさしく最強)。

    装甲はゴーストよりも薄いため過信しないこと。やばいと思ったらさっさと撤退しシールド回復するのを待とう。ぶっ壊れ具合にびびるかもしれないが見掛け倒しなとこが多い。結構タフなので大事に使いましょう。腹の部分が弱点となるため立ち回りの際は気をつけること。

    B.バンシーの基本

    基本はHit&Away。敵とくっつき過ぎず、一定距離で攻撃を仕掛ける。そしてできるだけ地面に近い距離で行動しないこと。集中砲火を浴びやすいことと奪われる可能性があるからだ。

    ↓+Aの上昇をうまく使って上空から攻撃をしかけるようにしよう。

    轢き殺すのは結構難しい。ゴーストと勝手が違うのはとにかく地面にぶつけやすく、もしミスった場合相手に奪取される危険性があるからだ。射撃しながら接近し、上空から押しつぶすように加速するのがベタ。

    C.バンシーの役割

    1.偵察、索敵

    チームの目となって敵の状況を探る。敵がどちらから来たか、どんな武器を確保したか、最低でも乗り物の報告ぐらいは行おう。

    2.奪取

    機動力を持ってして敵の脅威となる武器を奪取する。

    最も確保しておきたいのはロケットランチャー。対バンシー兵器として最も脅威を感じるので是非確保しておきたい。

    確保する際、武器に近い位置で着陸するとバンシーにまた乗り込んでしまうことがあるので注意。

    3.破壊、撃破

    相手の乗り物、特にバンシー、ゴースト、レイスは破壊しておきたい。乗られる前に破壊しておけば復活までの時間(1分30秒くらい)を稼ぐこともできるので積極的に行おう。

    また対スナイパーに対して強いのでスナイパーを補足次第倒しておいた方がいい。

    D.脅威となる兵器

    バンシーに乗っている際注意しなければならない敵の攻撃。その中でも脅威となるのは以下の通り。

    1.ロケットランチャー

    とにかく最も厄介。見切りでかわせないこともないのだが初弾をかわすことが非常に困難。ロケランの落ちている位置を把握し、取られてしまったらその相手を徹底マークし、倒そう。倒す前に撃たれる可能性もあるので常に横ロールできる心構えが必要。相手を倒したらすかさず確保しておくことで封じることができる。

    2.タレット

    固定タレットも怖いが最も怖いのはワートホグのタレットだ。

    タイマンの場合まず勝ち目がない。仲間と協力し、射手が別のチームメイトに攻撃を始めたらすかさずアシスト。確実に撃破しておこう。

    固定タレットの場合は死角から攻撃を行うこと。

    3.サブマシンガン

    弾速が早く、連射が効き、初期装備ということで入手が簡単な武器の中で最も怖いのがサブマシンガンだ。

    故に無闇に敵地へ特攻するのはお勧めしない。

    E.対バンシー

    最も熱いのは対バンシー戦。自分のバンシーが相手にとってウザいように味方も脅威に感じるはずだ。見つけた場合最優先で破壊すること。バンシーと戦闘する際、以下のことに注意すること。

    1.どっちの領空か

    味方のアシストがあるかないかはかなりでかい。もしバンシーだけでなく他の敵もいるようだったら引くことをお勧めする。

    2.ジャブジャブストレート

    しばらくは回避に専念し、かつ微妙に相手のシールドを削っておく。相手のシールドを絶対に回復させないこと。かつ一度でもいいから自分のシールドを回復するように回避する。

    回復したら一気に仕留めにかかる。この辺も領空次第で戦法が変わってくるが敵の領空の場合だったら一気に仕留めておきたい。

    3.ロールをうまく使おう

    遠距離の場合、相手の弾を良く見て掴まったと思ったら逆にロールを切る。

    接近した場合加速、ロールをうまく使ってとにかくケツを取ること。

  9. すときん より:



    バンシー同士の戦闘の場合、おいらはとりあえず体当たりぶちかましてたり。

    あとは、正面に向き合った場合は、できるだけ上を取るようにしてま。

  10. X より:

    バンシー乗りこなし講座2

    この前とは全く違った形でバンシーを有効(?)に扱う方法を紹介します。

    1.スナイプポイントの確保

    バンシーでしか行けないエリアが多くあり、上を取ることで有利となるスナイパーにとっては見晴らしがよいスナイプポイントを確保することができる。

    ポイントを確保したらバンシーを壊してあげましょう。

    2.バリケードはり

    バンシーでしか動かせないコンテナなどがあり、バリケードはりも一つの仕事。ただ操作が非常に難しいため熟練には練習が必要。

    3.おとり

    派手に動き回ることで仲間をアシスト。また、上空から敵地への奇襲も作戦の一つ。

  11. すときん より:

    ■ゴーストの弱点

    海外のサイトで見つけました。

    ゴーストの左側には「燃料吸入口」があります。

    そこに向けてショットガン1発、ないしはハンドガン3発を打ち込めば撃破できるとか。

  12. X より:

    バンシー乗りこなし その3

    地面に垂直(7,80度くらいまではOK)立てると強奪されません。おおすげえ、なんて思いましたが地面に近いと蜂の巣にされるし、弱点となる腹の部分もむき出し・・・これを使ったテクなんかを考案中ですが、ん〜実用的じゃない;;

  13. すときん より:

    ■乗り物で変なところに行ってみよう

    http://www.s-dogs.com/teamsd/games/halo2/map/map_coagulation.html

    ワートホグ以外の乗り物で確認しました。

    レッドベースの左側(崖の方。日があたっていない方です。)の坂道は、ゴーストや、スコーピオンで上ることができます。

    んでもって、さらにそこからブルーベースをねらい打ちすることも出来ます。

    余裕のあるスナイパーはやってみるといいかも。

    それから、ブルーベースのワープ出口のちょっと後ろ側にある坂も上れます。

  14. すときん より:

    ●ゴーストを乗りこなせ!(私はまだ極めてませんがw

    ゴーストと言えば何といってもその機動力です。

    最速の移動手段として急襲、救援などに活躍するでしょう。

    搭載しているプラズマキャノンも連射力があり強力。

    しかし乗り物中最低の耐久力、そして常に体が剥き出しの状態になるなど防御性能に問題があります。

    その弱点をカバーするためにも有効な使い方を学びましょう!

    ・基本は一撃離脱

    敵を攻撃し、危なくなったら加速して一旦退く。

    機動力に優れるゴーストの十八番ですね^^

    集中砲火を浴びればあっという間に昇天なので、無理は禁物^^;

    ・ゴーストで「叩きつぶす」

    ゴーストは最も敵を轢きやすい乗り物でしょう、多分^^;

    とにかく速いので、走って避けるのは不可能に近いです。

    しかしHALO2にはジャンプがあります。

    今では突っ込んでいってもジャンプであっさり避けられます。

    ジャンプで避けられ、後ろから蜂の巣にされるのがオチですorz

    そこでストップ&ゴーを使ってみます。

    敵がジャンプで避けようとしたときに、ストップ。

    敵が地面に着地するかなと思ったらブーストで加速、ゴー。

    着地してすぐジャンプ出来ないので、大抵轢けます。

    でもストップした距離が近いとゴーストをパクられる危険もあるので注意。

    何か中途半端な説明ですが、参考になったでしょうか?

  15. すときん より:



    ゴーストについての追加ネタでーす。

    ゴーストの前面装甲はどうやらえっらい固いらしく、ワートホグのガウス砲すらはじきます。

    ただし、爆風ダメージはくらいます。

  16. すときん より:

    ■ゴーストを乗りこなせ!その弐ッッッ!!!

    ・ゴーストの強敵への対策

    vs連射武器

    こちらも連射で応戦するか轢きましょう。

    敵が1人なら楽勝ですが、複数いるなら無理はしないように。

    vsショットガン

    近づかなければ問題無し。

    無理に轢きにいかないこと、引きつけてのショットガンはゴーストを簡単に破壊します^^;

    vsロケラン

    必死に逃げましょうw

    vsスナイパー

    蛇行しながら接近するか、一旦退くかのどちらかですね。

    スナイパーの位置が分からないなら素直に逃げましょう。

    vsゴースト

    一番燃えるシチュエーションですね^^

    でも正面から撃ち合うのはあまりオススメできません。

    たとえ撃ち勝っても被害は大きいし、負けたらどうもこうもないしw

    かといって側面後方を突くのも難しい、相手もそう簡単に隙を見せてくれません。

    とりあえず敵弾を平行移動で避けつつ攻撃するのがベタですが良いですね。

    チーム戦なら味方と連携すれば安全に倒せるでしょう。

    逆に連携されたら厳しいので、とりあえず退きましょう。

    vsバンシー

    高度を上げられると攻撃が届かないのでそのときは回避に専念。

    てかぶっちゃけゴーストで相手にするのは難しいかもw

    vsレイス

    迫撃砲をまともに喰らえば命はないです、接近しても加速されて叩き潰されるのがオチ。

    とりあえず相手が悪すぎるのでとにかく逃げましょう。

    vsワートホグ(マシンガン)

    密着すればもう勝ったも同然、ホグのタレットは至近距離を狙えませんので。

    マシンガン相手に正面から撃ち合っても厳しいものがあります。

    vsワートホグ(ガウス)

    同上。

    ただガウスは一撃が重いのでその辺注意。

    vs固定タレット

    撃ち合いになるとほぼ確実に負けます、逃げましょう。

    側面後方をついても大抵逃げられるし・・・。

    何か随分消極的な対処法を書いてしまったw

  17. すときん より:

    ■チームスレイヤー時のワートホグ使用方法

    1.ショットガン、エナジーソードなどを装備します。

    2.ワートホグに乗ります。

    3.普段仲のいいプレイヤーに「乗るかい?」といいます。

    4.プレイヤーがタレットに乗ったのを確認したら、発進。

    5.「人気のない場所」(Zanzibarの海岸など)に連れて行きます。

    6.何も言わずに降りてタレットにいるプレイヤーを射殺。

    7.3〜6の繰り返し。

    昨日クランメンバーとやったところ、その後袋だたきに合いました。

    タレット席のプレイヤーの悲痛な叫びが今でもボクの耳に残ります。

  18. サスケ より:

    おれ昨日Head Longでそれに近い事やられました。

    敵の運転してるホグのタレットにのって撃ちまくってたら、そのまま海にダイヴされて溺死(´Д`;)

    しかもそれが50キル目で負けますたw