ビクトリー号

人気の記事:

コメント

  1. うおお。私これみに行かなかったんですよねー。グリニッジで精一杯でした・・・

  2. 詳しくは、以下のURLのページで、「驚き!戦艦Victory号とネルソン提督」というタイトルを探してみてください。

    http://world.himajin.net/p/p.php3?1039/i

  3. すごい!いろんなとこ行き倒してますねえ〜うらやましい。

    他のページも後ほどゆっくり拝見いたします。

  4. 紗那シズキ より:

    この右舷にフランス艦ルドゥータブル号が接舷してしまって、

    運命の時が訪れるわけですね。

  5. 右舷ていうことは、左舷の舳先にはトイレがあるから避けたのかなぁ(笑)。なお、ネルソンは撃たれて瀕死の状態の時、遺体を本国に持ち帰ってくれと遺言し、通常ベッドを棺桶にして海に流すのを、ラム酒の樽の中に遺体を入れ、防腐して持ち帰ったそうです。

  6. Kyo より:

    ヴィクトリー号見てきました。とても良かったです。FreeFlow(自由見学?)プログラムに乗りたいなと思って週末めがけて行きました(平日は内部は見学ツアーのみぽかったので)。

    British Railが完全分割民営化したためか、2時間〜2時間半ほどかかりました。

    グリニッチではネルソンとナポレオン展が開かれていて、それを見るために予定繰り上げて行ってきました。そちらも良かったです(^^)。

  7. ひびき。 より:

    英国行ってきました。

    前回グリニッジの海洋博物館には行っていたので、今回はポーツマスがメインイベントだったのですが。

    良かったです。

    「NELSON WAS DEAD HERE」の場所では何とも言えない気持ちになりましたね。

    あ、私はコーチで行きました。