私はここで泣いた!を挙げるスレ(違

映画でも原作でも可。

ちなみに自分の場合↓

・「すぐ会えるよね?」

・ミナス・ティリス全景

・烽火

・死だ!

・I can’t carry it for you, (ry

・西に進んでいきました。

ミナス・ティリス全景だけで泣けるてのはヘンですか?

でも文章でしか知らなかったものが、想像したそのままの姿で目の前にある!と思ったら、もうだめになっちゃったのですよ。

そうなるともうあとはきっかけさえあればいくらでも泣けてしまいます。

人気の記事:

コメント

  1. 夕星 より:

    私の場合は

    ・ボロミアの最期からアラゴルンが彼の小手を身につける

    ・ヘルム峡谷の戦いで武具を装備して戦場へ向う母と少年

    ・劇場では未公開部分ですが、「王の帰還」で

     ピピンとメリーの別離(ゲーム版「王の帰還」でそのシーン

     がありました。)

    ・ピピンの独唱と出撃してくファラミア

    たぶん、もっとたくさんあるんだけど、まずはこれかなぁ。

  2. れん より:

    2作目、エオウィンの「檻が」

    が好きでした♪

  3. yaegashi より:

    映画のミナス・ティリス全景は私もかなり感動しました。城塞から街路、白の木の庭園まで、あの作り込みはすごいと思います。しかし、ここにはいったい何人ぐらい住んでいるんだろう、思ったより狭いので不動産が高そうだなあとか余計なことも考えていました。

    あとはエオウィン vs 魔王のシーンとか。「わたしは生き身の人間の男ではない! お前が向かい合っているのは女だ。」のところですが、映画のセリフはどうなっていたかは忘れました。

    冒頭のサウロン vs イシルドゥアの合戦シーンとかも好きです。一騎当千という感じで。

  4. あきら より:

    はじめまして。

    「指輪物語」は、中学で原作を読んでD&Dに落ち、それから愛読書として不動の地位です。

    映画では、セオデンとエオウィンの死別のシーンから、ずっとなきっぱなしでした。二度見ましたけど、同様。

    ほかの映画でないたりということはないんですが、王の帰還は特別です。

  5. MisaoRW より:

    私も、ROTKのエオウィンで、

    「I’m not a man!」というところが泣けました。

    エオメル役のカール・アーバンが、「もし他の役をやらせてもらえるなら、エオウィンになって、あの台詞が言いたい」と言ってましたね!

    ペンノールの戦いを撮影した場所に行ってみたからもあるのですが、セオデン王が突撃の前に槍を鳴らして激を飛ばす場面も泣いてしまいました。

    あとはやっぱり、サムの最後の「あなたを背負うことはできます!」でしょう。号泣です。

    ROTKのDVD、SEE版は、ピピンがメリーを戦場で見つけるシーンがバージョンアップされているらしいです。ここも涙なくして見れないですよね。。

  6. MisaoRW より:

    色んなところで泣きましたが、(特に映画)

    私の場合一番はフロドの心情です。

    戦争が終わり村に帰っても自分の傷は癒えない。

    そして恐らく旅に出る前から、それは予感してただろう。

    アマンに行けてそれはそれでよかったけど、

    いちホビットとして、サムのような幸せはなかった。

    (サムも結局はアマンに旅たちますが)

    どの場面というのではありませんが、

    フロドの心を思うといつでも泣けます。(笑

  7. 毬モ より:

    映画で、サム頑張ってるシーン全般。

    旅の仲間:一人で旅立つ決意のフロドを追いかけ「Frodo,NO!」

    二つの塔:錯乱したフロドに「It’s Me It’s your sam」

    王の帰還:サム泣いたり・怒ったり・担いだり全部

    サム泣いてるシーンはぐっときます。

  8. こね より:

    私も王の帰還のサムに涙しました。

    フロドに帰れって言われた時。

    階段の下の方でレンバスを見つけた時。

    「but I can carry you!」と言ってフロドを担ぐ時。

    サムは名せりふもはきすぎてます。

    ファラミアが父親につらくあたられても頑張って戦っている姿を見ても感動しました。

  9. 妃智 より:

    ここのスレ読んでたら全部泣けちゃうよ〜

  10. JUNE より:

    はじめまして。

    このスレ読んでたらまた帰還したくなって、DVD鑑賞中です(笑)。

    私も、映画はもちろんですが、原作の

    “I can’t carry it for you, but I can carry you…”

    は大泣きでした。

    指輪の重さにおしつぶされそうなフロドが

    右手で胸の指輪を探り、左手で目の前の何かを払うような仕草や、

    もはや食べ物の味を思い出せないと語る場面、

    “Mt. Doom”の章はすべて痛々しくて涙なしには読めません…。

    あと映画では特に、旅の終わりに緑竜館で無言の乾杯するところ。

    LOTR3部作を上映しつつ、中つ国グルメを堪能する

    「12時間耐久指輪マラソン」開催しました。

    よかったら見てみてください…。

    http://www.geocities.jp/junisobe1120/middleearth.html

  11. ゆかっちょ より:

    いっぱいありましたね〜。泣けるところ。

    はじめまして〜。

    涙を流したシーンはサムがフロドにレンバス疑惑をかけられて

    「帰るのはお前だ」って言われてしまったところですかねぇ。

    今も思い出し泣きしそうです。・゚・(ノД`)・゚・。

    他にも後半いっぱいありますが長くなるので

    とりあえずいったんここまでw

  12. グラナダ より:

    こんばんは。はじめまして〜。

    泣けるところは、RotKの最後の灰色港でガンダルフが、

    「farewell,my brave hobbits」と語りかけたシーン。

    すべての冒険の思い出がぐわーっと蘇って押し寄せて、

    もう涙が止まらなくなりました・・(ノД`)・。

    12時間耐久指輪マラソンすごすぎです〜!

    レンバスに感動しました〜。>BECCIさん

  13. Mac of より:

    映画版旅の仲間では、メリピピがパレス・ガルンで飛び出して

    ウルク・ハイを引きつけるところから泣き通しです。

    王の帰還では、セオデンの身罷るシーン、あとはサムが

    「ロージー嫁にほしかった」

    と泣くシーンから、フロドの目覚めとガンダルフとの再会〜

    戴冠式(アルウェン登場シーンはなぜか白けるので一休み)〜

    緑竜館での「指輪戦争打ち上げ」〜サムの結婚式、まで

    泣き通しで、顔が疲れます。

    特に指輪戦争打ち上げはやばいです。自分がどれほど平和な

    シャイアを愛していたか、と実感します。

  14. 「さようなら、アラゴルン。どうぞ、ミナスティリスをお守りください。わたしはだめだったが。」

    原作の<ボロミアの最期>のシーン。

    すみません、セリフうろ覚えで。

    「私はだめだったが。」という一言に泣けます。

  15. 旅の仲間のボロミアの死のところで泣きました。

    王の存在を認めたくなかった執政の子、ボロミア。

    それが最期には我々の王よ。と言って死んでいく。

    ゴンドールの角笛が鳴り響いて、メリピピを助ける

    ところくらいから涙が流れます。

  16. はじめまして。

    こないだDVDギフトBOXの予約が間に合わなくて泣きました。笑

    私も『旅の仲間』ではボロミアの死闘のところ、何本も矢が射されるところと゛my king?のところ泣きました。

    あとガンじぃが引きずりこまれるところですか。

    王の帰還ではやはり゛帰るのはお前だ?ってフロドに言われたサムがかわいそうでかわいそうで・゚・(ノД`)・゚・。

    >BECCIさん

    12時間耐久・指輪マラソンすごいですね!

  17. みくろば より:

    はじめまして、よろしくお願いします。

    泣いたのはやっぱり映画通してサムがフロドの為にがんばっているところとか、旅の仲間でボロミアが死んでしまうところ等です。というか数え切れない。

    あ、あと二つの塔のエルフの死体が画面にいっぱい出るところを見ていたらあのビルボもこういうのを見たことがあるんだよなあと思って切なくなりました。

    ピピンが「イーグル!!」って叫ぶところは嬉しくてじわりときましたです。ホビットの冒険が好きなので。

  18. たじま より:

    私は映画見てる時は泣かなかったんですが8月のコンサートで「ホビット庄の社会秩序」を聞いたら泣いてしまいました。色々なシーンが走馬灯状態で。やっぱり生演奏ってすごいですな。(そこ以外の演奏はちょっと…なところもあったけど)

    12日のコンサートにも行くので今から楽しみです。

  19. cana より:

    はじめまして。映画の曲を聴いただけで条件反射で泣けます。

    というかPJ監督の顔を見ただけでも泣けます…。

    <旅の仲間>

    シャイアの平和な風景だけですでに涙腺がゆるみます。

    ガン爺の「行け!バカ者!」で号泣。

    <二つの塔>

    白馬に乗ったお爺様(ガン爺)がさらさらの髪をなびかせて駆け下りるあたりでヨヨヨと泣く。

    <王の帰還>

    エオウィンが「私は男ではない!」って戦うところが鳥肌立つほどかっこよくてもう駄目。

  20. はじめまして。

    ROTRは私の人生の方向を再確認させてもらった大事な映画です。

    登場人物の誰もがそれぞれの課題を抱え、

    超えて行き 成長してゆく様にとても励まされました。

    【旅の仲間】

    ぎゃんだるふの「ここは通さんぞ〜!!!!」「行け!馬鹿者!」

    ボロミアの死闘〜アラゴルンへ「my king」とささやくトコ。

    サムがフロドを溺れながらも追っていくトコ。

    【二つの塔】

    動こうとしなかった木の髭に思いをぶつけるメリー。

    ぎゃんだるふ後光を背負っての再登場

    ぎゃんだるふ朝日を背負っての再登場

    【王の帰還】

    全編通してお父さんに認めてもらいたいふぁらみーの頑張りっぷり。

    「フロドのために!!」駆け出すアラゴルン。

    灰色港でのフロド満面の笑み。

    サムのシーンは殆ど全て。

    レンバス事件で「帰れ!!」と言われたトコロなんてんもう嗚咽止まりません。

    そしてこの台詞。

    「重荷は背負えないけど、貴方を背負う事はできます!!!」

    サム〜サム〜〜(ノД`)

    ミナスティリス全景は私も何故だか涙が出ます。

    全身に鳥肌が立つ。

    あと、かがり火が伝わっていくシーン。大好き。

    ここも鳥肌ゾワゾワ。

    この二つのシーン、もう一回大きなスクリーンで

    見れるのかと思うととても嬉しい!!!

  21. 遊ポ より:

    「二つの塔」の決戦直前、角笛が鳴り響いて「オークの角笛じゃない!」→エルフ軍がしゃなりしゃなりと入城。

    レゴラス、なんで自国軍の角笛知らんのだ、とか思いつつ号泣。

  22. lobking より:

    FOTR→

     タイトルバックでホビット庄の美しい風景が出てきたときに

     「遂にこの世界をナマで観られた〜!」と

      背筋が震えて涙出た。

     他、ベタですがボロミア戦死シーンに。

    TTT→

     愛息を亡くして悲嘆にくれるセオデン王にもらい泣き。

     あとナズグルと翼龍の怖さに泣いた。

    ROTK→

     烽火!!!

     そして「Deaaaath!」の悲壮さ、かっこよさ、誇り、意地。

     なんともサガ的な美意識にこちらも絶叫したくなったよ。

  23. yuko より:

    はじめまして。

    「王の帰還」

    セオデン王が亡くなる時。セリフちゃんと覚えてませんが、エオウィンに「静かに逝かせて欲しい、今なら胸を張って父祖に会いにいける」みたいなことを言うと、エオウィンがもうなにも言わず泣きたいのをぐっとこらえている姿を見て、どこまで男らしいのかと涙しました・・・。

  24. マナ。 より:

    初めまして!

    泣いてしまうシーンはほんとにたくさんありました・・・。

    ☆FOTR(映画&原作)

    ボロミアが逃げたフロドの後ろ姿を見て泣きそうになりながら謝罪するところ!

    死ぬシーンもとても辛かったけれど、仲間思いで誇り高いボロミアが自分の行動を悔いて泣き崩れるシーンは、彼の心情を思うとほんとに悲しくなります…

    ☆TTT(映画)

    馬鍬砦の戦いでガン爺「殿が一人でおられるぞ」エオメル「私がお側に。…ロヒアリーム!!」のシーン!あの朝日を背に坂道を駆け下りるローハン組は、勇ましくて神々しくて素晴らしかったです!

    ☆ROTK(映画&原作)

    傷心のままオスギリアス奪回を目指すファラミアにガン爺が「父上は最後にはお前を愛していることに気付くだろう」と言うところ。

    そしてデネソールが燃える王家の墓で「私から息子を奪わないでくれ」と泣くところ!!!!あの親子は不器用すぎます。

    全体的に、ゴンドールの人間模様に涙が出ます。映画ではあまり良いようには描かれてなかったので、なおさらでした。

  25. mistyrain より:

    初めまして。

    ロード大好きです。

    泣いたシーンは

    FotR:最後のフロドが一人でモルドールへ行こうとして、指輪を手に、ガンダルフの言葉を回想するシーン。あの涙が誘われました。

    TTT:ハルディアが死んだシーン。まさか彼が死ぬとは。

    RotK:全てです。挙げられない。「フロドのために」もそうだし、サムがシャイアを語るシーンとか、フロドが灰色港で最後に振り返ったときとか。

    「王の帰還」のSEEが楽しみです。

    よろしくお願いいたします。

  26. お嬢 より:

    私も皆さんとほとんど同じような所で泣いてますね・・・

    そういえば3作すべてを見た後にFotRを見たら、エルロンドの館で指輪の葬る会議の途中で、フロドが「僕が行く」と言った後のガンダルフの悲しそうな顔がたまらなかった・・・

    後々この決断で大変な事になるなんて・・・と思うとガンダルフの顔とフロドの決断のすごさに感動。

    長文ゴメンネ。

  27. お嬢 より:

    ゴラムが嫌なゴラムを消し去ろうとするシーンで

    Go away and never come back!

    と何度も言うところが昨日いきなり涙腺にきました。

    何度も観てるのに毎度ちがうところで感動!

  28. Marina より:

    はじめまして。

    王の帰還だけでゆうなら、初めて映画館で見た日は、

    音楽が流れて始まった瞬間から泣いてました。

    ひたすら終わりまでほとんど泣いてました。

    何度見ても何度も泣くので友達には呆れられてますw

    いちばんサブイボがでるのは

    『Deaaaath!』

    ですね。ハイ。ココに感動しなくてどこに感動するんだ?

  29. Marina より:

    はじめまして。ここのスレ読んで、すでに涙目に…。

    ホントに、今ではどのシーンを見ても泣けます。旅の仲間を見ても。

    泣けたシーンはほとんどですが、これはあまり出ていないようなので…。

    ミナス・ティリスで、ホビットに礼をする色々な種族の人々のシーンです。

    あの音楽と映像で、セリフもないのに、涙で画面が見えなくなるほど感動しました!

    SEE発売まであと2週間!待ち切れません〜!

    でも忙しいので、DVD見る前に映画館に見に行くことになりそう。

  30. ぼ り こ より:

    王の帰還はタオル持参で映画館いきました。

    まんなかあたりから涙バーバーで。

    旅の仲間のボロミアのとこもね・・・・

    我が王・・・・・

    (つД` )ホロリ

  31. きょんん より:

    みなさんが今までにあげた箇所は当然涙が止まりませんでした。

    いちばん泣いたのは、サムワイズがフロドを背負って歩んでいくシーン。

    サム・・ 漢だ・・・(Tд⊂

  32. きょんん より:

    『旅の仲間』・・・裂け谷の会議のところで「9人の旅の仲間たちじゃ」

             で、まず鳥肌。

             カザド・ドゥムの後、ガンダルフの死を残ったみんな 

             嘆き悲しんでいるところで涙。

             後半、立ったまま矢を受け死ぬ→「My king・・・」

             のボロミアで更に涙。

    『二つの塔』・・・(SEEですが)、ファラミアの回想シーン。

             「王のみもとへ!」朝日を背にしたエオメルたちは  

              美しくて鳥肌&涙

             オスギリアスでのサムの台詞、「世の中には命をかけ   

             戦うに足る、尊いものがあるんです」

             としんみりしちゃってるゴラムでまた涙。

             ファラミアの「行け、人間の善意と共にな」であ〜良

             かったと涙。

    『王の帰還』・・・のろしが次々と連なって行くシーン。

             その後の「Rohan will answer!」セオデン王のカッコ

             よさで鳥肌。

             ピピンの歌とオスギリアス奪還へ向かうゴンドールの

             兵士達が重なるあたりで涙。

             援軍に駆け付けたローハン軍に鳥肌。

             セオデン王の最期で涙。

             サウロンの目が崩れたところで涙。

             戴冠式で、アラゴルンを含めた全員がフロドたちに

             ひざまづいたところで号泣。

             

    他にもいろいろありそうな・・・

    『王の帰還』SEEのネタバレになってしまうような気がするのですが

    (え?もうバレても良いんですか?)

    ファラミアとエオウィンがむにゃむにゃなところで別の意味での涙が。(笑)

  33. こね より:

    今日久しぶりに「旅の仲間」見ました。

    ボロミアの最後に涙しました。

    何度見ても泣いてしまいます、あのシーン!

    “My King…”

    だーーーーーーーっと涙が。

  34. みし より:

    ギル=ガラドと人間の連合軍がサウロン軍が戦ってるところ。

    名前は出てこなかったけど、出てきただけでも感激。

    グロールフィンデルの出てくるはずのシーンは別の意味で泣いた。

    後は、お約束のモリアのシーン。

  35. Kyrie より:

    もうだめ。最高・・・・・。王の帰還 SEE ついに26日みてきました。もう6回目なのになんだか一番涙が止まらなくて、スターバックスのナプキンがすごいことになってしまいました。

    すばらしい!!

    FOTR)私も、「ボクが行きます」とフロドが言ったときのガンダルフの悲しそうな顔で胸が痛いです。エルロンド卿の「9人の旅の仲間たち」で鳥肌。

    ガンダルフが橋から転落したときのフロドの「NO〜!!!」という悲痛な叫び声で涙。

    ボロミアがラーツの無数の矢をうけ、メリーとピピンの方を見ながら5秒くらいひざをついてまた立ち上がり剣を振る姿に涙。メリーとピピンの表情と叫び声が、ボロミアと剣で戯れていたシーンと重なり、鳥肌と涙。アラゴルンの涙にもやられた。

    そして最後のフロドがガンダルフの言葉を思い出しているところで涙。

    ROTKSEE)ホビットなメリーとピピンのアイゼンガルドの自慢げなシーンで鳥肌。

    フロドがサムに「家に帰れ」というところからもう涙は止まらない。

    もうこれ以上書くと文字数やばそうなので特に声に出して泣きそうになったとこあげます!

    のろしがローハンに届くまでの音楽と映像に鳥肌。

    「わからない・・・」。「メリー!!!」

    ミナス・ティリスの映像と音楽に鳥肌

    とうとつなボロミアの笑顔についついとなりにいた友人に「やばい。死ぬ」と話しかけてしまう。

    「I am not a man !」

    倒れたエオウィンを見つけたときのエオメルの泣き声と顔

    袖をまくったらエオウィンの腕が。 

    「We can give Frodo his chance」

    フロドのために

    いまいましい指輪を葬ることができ、感動したガンダルフの涙と火山爆発後のピピンの顔

    ベッドで目を覚ましたフロドが「ガンダルフ?!」というところで、そういえばカザドゥドゥム以来だ・・・・・と思い出してつい「うっっう」と声をだしてしまった(お隣の方ゴメンナサイ )汗)

    「だれにも頭などさげる必要はない、友よ」

    大冒険の後に静かにパイントを飲むシーン

    「すみません。なくしてしまいました」

    旅立つシーン

    家路につくサムの映像と一緒にフロドがしゃべるシーンと音楽

    In To The Westの歌詞と、かわいらしく腕を組むピピンに泣かずにはいられません

    すみませんながくて。

    フィウ。

      

  36. Kyrie より:

    はじめまして。

    映画版で泣いたツボです。

    FOTR

    ボロミアが矢を受ける場面のバックに流れている悲壮なコーラスが、原作『二つの塔』でのファラミアの台詞をエルフ語で歌ったものだと知ったとき。

    「私は輝く剣をその切れ味のために

     矢をその速さのために

     戦士をその誉れのために愛しはしない。

     私はただそれらの守るものを愛するのだ。」

    その後、回想シーンのボロミアのテーマ曲のようになっているところにまた涙。死せるボロミアへの鎮魂歌のよう。

    TTT

    サムのオスギリアスでの台詞。

    「世の中には命をかけて戦うに足る、尊いものがあるんです。」

    ROTK

    ?フロドを背負うサムの台詞。

    「あなたの重荷を背負うことはできないけれど、あなたを背負うことは出来る!」

    ?フロドが、最後の力を振り絞って這い上がる場面。あの、ホビットを象徴するようなピッコロ?の音色と共に涙。

     ホビット力を見た。

  37. taeko より:

    ボロミア最後のシーンは全て泣けます。

    彼の自分に戻ってからのシーンは

    もうサイコウです。

    すごく泣いてしまって

    レゴラスの笑顔シーンなんて

    何度目かで気付いたくらいです。

    後は、ピピンの歌シーン。

    彼の素直な歌声に

    大好きなファラミアシーンがかぶり

    もうサイコウです。

    そういえば泣き所満載ですね、この映画。

  38. 王の帰還で、アラゴルンら3人が山に入って行った後です。

    思いが届かず打ちひしがれるエオウィンにセオデン王が、

    「生きて新しい時代を見るのだ」

    というシーンも、じわっときました。

  39. wacok より:

    3作ともラストのほうにあるサムとフロドのからみのシーンで泣けます・・

    サムはここぞというときに名台詞いうんですよね〜

    とくに王の帰還

    「指輪を背負うことはできないけれど、あなたを背負うことは出来る!」

    は泣きました

    (上の方とかぶってますが・・すいません)

  40. wacok より:

    初めまして。

    FOTRの終盤、アラゴルンがフロドに跪きつつ

    指輪をのせた手を両手でそっと包みながら

    「I would have gone with you to the end.

     Into the very fires of Mordor.」と伝えるシーンは

    いつもうるうるしてます。

  41. wacok より:

    本編でも沢山泣けたシーンはあったのですが、

    さっきまで見ていたROTK SEEの監督+脚本コメンタリーの最後で

    PJ、フラン、フィリッパがファンに向けてメッセージを

    言うところでまた泣いてしまいました…。

    そして眠れなくなってこの時間ここへきているわけで…。

  42. 山、山の火!

    毎日あそこに詰めていた人が、自分のいる時に火がつくってどんな気持ちなんだろう!と思うと、もう泣けます。

    すでに私も守番気分。

  43. みのりんご より:

    この映画のすごいところは、

    王の帰還を見終わってから、旅の仲間から見直すと、

    今まで泣けなかったところで泣けること。

    王の帰還を最初に試写会で見てきて、その週末に家でDVDを見ていたら、たくさん泣いてしまって困りました。

    フロド登場シーンの笑顔。

    ガンダルフの花火。

    メリピピ登場シーン。

    とにかくシャイアのシーンは泣き所満載です。

    あとはガンダルフが落ちたときは、復活するってわかってても泣けます。

    サムが溺れて、フロドが手をがっちりつかむとこは、

    Mt.Doomの逆バージョンシーンを思い出して泣きます。

    きりがないので、この辺でやめときます。

    王の帰還を最初に見たときは、

    泣きすぎて次の日目が腫れました。

  44. fukuma より:

    はじめまして。

    つい先日トリロジーBOXを購入したのですが、

    何回もみて泣いてしまうのは、灰色港のシーンです。

    フロドの

     We set out to save the shire,Sam.

     And it has been saved.

     But not for me.

    の But not for me. の所で涙が…。

    すっごくやるせなくて泣けちゃいます。

  45. サンチャ より:

    英語で表現してる人ちょくちょく居るねぇ。 グッド☆ 

    私の泣けるところは、まず1話から。 (てか今見てるから言えますが)

    1、フロドが、皆のことを思い、1人で行こう!と決めた時。

    2、(誰だっけ?1話で指輪の誘惑に負けたが、ピピンとメリーを助けようとした人)が死んだ時。

    3、フロドが船で行こうとした時に、サムが泳げもしないのに、海に入って来て、「貴方を守る」の所。

    4、最後にフロドとサムが山の上で、「サム、お前が居てよかった」と言ってる2人を見た時。

    実は2話、手元に無いんだよね・・・ しょつくです

  46. はちこ より:

    初めまして。

    劇場でも、DVDでも、何度も観ました。

    何度も見直して消化して、今いちばんぐっとくるシーンは

    ペレンノール野へローハン軍が到着した瞬間です。

    あの、多勢の怪物たちを相手に、あまり勝ち目の見えない戦いを

    勇気をふりしぼって行う…。

    地平線から、じわじわと見えてくる軍隊と、

    ちょっとエキゾチックで、悲しみを含んだローハンのテーマソングがぴったりマッチして、

    その後のセオデン王の最期を知ったあとに観ると、

    感動もひとしおです。

  47. ブラフォ より:

    はじめまして、初投稿でございます。

    よろしくお願いします。

    僕はサムギャムジーに泣かされっぱなしです。

    ラスト近くのシーンで必ず・・・「旅の仲間」ではフロドを追っかけていくシーンで、「二つの塔」ではフロドに語り聞かせるシーンで、「王の帰還」ではフロドを背負ったシーン。

    真の英雄はサム、君だよ!

    って、感じです(涙)

  48. Lommy より:

    はじめましてです。

    泣ける場面。。。まー全部って言ってもいいんですけど、

    強引に挙げると、

    FOTR・・・フロドが「お前がいてくれてよかったよ、サム」というシーン

    つーか、原作では滅びの罅裂のセリフじゃんよー。

    ここにもってきたかー、やるなーと思いました。

    ま、映画のROTKでも言ってましたけど。

    TTT・・・「俺たちが物語りの主人公に」(だっけ)とサムが言うシーン

    これも本来滅びの罅裂でサムが言うセリフ、原作既読者のハートを

    鷲掴み、なセリフ選択が泣かせます。

    ROTK・・・もー全編泣くんだが、特に好きなシーンというとペレンノール野の戦いに臨むローハンの心意気!!圧倒的な敵を切り裂き突入するシーンは涙と鳥肌の両方が楽しめます。ガンダルフとピピンが破られそうな城門の側で交わす会話や、サムがフロドを背負うシーンも、アラゴルンが「フロドのために」と先頭切って突進するシーンも(この表情もまた...)、戴冠式でホビット達に「頭を下げなくてよい」といって逆に全員が頭を下げるシーンも、灰色港でガンダルフが「全ての涙が悪しきものではない」というシーンも。いや本当に限りなく名シーンの連続なのでこれくらいにしておきますです。

  49. Lommy より:

    はじめまして☆

    いくつも泣いたシーンはあるけれど、やっぱり一番は

    王の帰還の最後のほうで、諦めかけたフロドに

    サムが故郷の思い出を話すところです。

    そして「私があなたを背負います」でもう号泣。

    その瞬間サムに恋しました。

  50. ゆぎ より:

    はじめまして。

    シャドウファックスの登場シーン。

    あまりの美しさに馬好きの私はくらくら。 

    エルロンドがアラゴルンにアンドゥリルを渡すシーン

    「生まれついての者となれ」ってあの台詞。

    おバカ担当のピピンが歌うシーン。

    ファラミアの全てに泣けます。

    「兄ではなく私が死んでいれば・・・兄に変わって」不条理。

    エオウィンとセオデンのエピソード全部。

    「笑顔が戻ればいい」セオデン〜〜っ。

    枚挙にいとまがないのでこの辺で。

  51. はじめまして〜!

    基本的な部分もそうなんですが、男が漢(おとこ)になる所で思わずジーンと来てしまいます。

    ・ボロミアが名誉を挽回するシーン

    ・セオデン王やエオメルの突撃シーン(侍って感じが)

    ・サムとフロドの友情

    ・そしてアラゴルンの勇敢さ

    泣けるシーンが一杯あります。

    特に戦闘シーンで勝てそうもない戦なのにも関わらず勇敢に突撃していく姿に惚れます。

  52. まり より:

    はじめまして=*^-^*=

    私もミナス・ティリスの全景見て泣けました。

    蓮之介さんと同じように、

    あの大きさ、あの精密さ、物語の城が

    想像と同じようにここにあるって思ったら

    胸が震えました!!

    そしてミナスティリスから、ミンドルルイン山へののろしの火が次々とあがるところ…

    ファラミアが出陣する時に、狂ったように食事をするデネソール、ピピンの歌、花を捧げる人々…泣けましたよ。

    最後のクレジット…嗚咽ものですね(;д;`,,)アゥゥ..

  53. まり より:

     私もみなさんと一緒です。基本的なところで、普通に涙が出てきます。もう撮影風景も撮影秘話も知ってるんだけど、やっぱり毎回感動します。

     セオデン王のシュプレッヒコール(?),「死を!!」と叫ぶエオウィン,もうホビット庄には帰れないと覚悟を決めているフロドとサム,黒門の前でのアラゴルンの「For Frodo」,あと、SEEで、最後の撮影を撮り終えたイライジャとPJが抱き合う姿にも涙しました。

  54. ばんびぃな より:

    はじめまして。遅ればせながら書き込みします☆

    子供の頃にホビットノ冒険を読んで

    トルーキンファンになりました。

    私が一番泣いたのは、

    ゴンドールから、ローハンに向かってノロシを上げるトコです。

    今から戦いが始まるんだという武者震い、

    そして山々をかけぬける壮大な伝達方法に、

    感激の涙が溢れました。

    よろしくお願いします。

  55. りーだー より:

    『王の帰還』での、ローハン軍の到着です。

    ガンダルフとアングマールの魔王が対峙した直後に響き渡る角笛。あの音を聞いただけで涙が出てきます。

    その後の、セオデンの士気を鼓舞するシーンも、あまりの格好良さに泣けて来ます。

    まあ、随所で泣いてほとんど泣きっぱなしなんですが(笑

  56. ミゾコ より:

    こんにちわ。はじめて書き込みします。

    原作も結構泣かされてますが、映画で映像として来るとやっぱり違いますね。泣いたシーンが多すぎてほんと、枚挙に暇がありません;

    特に「王の帰還」は泣き所が多かったです。

    ローハン関係。騎士達を鼓舞する王。「死だ!」の叫び。王と姫。3部でエオウィンが大好きになりました。

    それからファラミアの出撃。

    山々を伝う烽火。

    フロドを背負うサム。

    「…But it not this day,this day we fight !!」

    「For Frodo」

    旅の仲間の再会。

    灰色港の別れとフロドの笑顔。

    順番めちゃくちゃで台詞も怪しいですが…;この三部作は原作と共に宝物です。

  57. ちば より:

    始めまして。

    お初にお目にかかりますcheeと申します。

    ありきりですけど「旅の仲間」のボロミアの最後ですね。

    観に行く直前、LOTRはツマンネって言う話聞いてて

    観に行ってボロ泣きしました。

    誰だ、ツマンネーとか言った奴。

    それから「二つの塔」で

    木の髭たちを説得しようとするメリーに泣かされ

    「王の帰還」でデネソールからファラミアを守ろうとする

    ピピンに泣かされました。

    特に最初はトラブルメーカーだった

    ピピンの成長ぶりには嬉しいやら何やらでボロボロ。

    もうひとつ。

    「二つの塔」で敵をビシバシ射るレゴラスの勇姿に

    感激して涙したのは私くらいでしょうか(笑)

  58. のまりえ より:

    烽火

    私もあれにやられた。美しかった。

  59. EL。 より:

     あー、わしここにまだ投稿してなかったんだー、ということで記入をば。

     いやもう、皆様のおっしゃる通りでござんすが、嬉しかったのは、FotRの冒頭で号泣した人がわし以外でもいっぱいいたことです。

     いやもう、本当、夢が叶った、って具合で。

     いやもう、思い出すだけで涙腺ゆるみます。

     いや、もう、もう、最高です。

     後は皆さんと同じなんで特筆するところは無いのですが、あえて言うと、

     「どのあご?」

     「ベスト着た?」

     二部、三部では、これが頭の中をリフレインして、素直に感動できません。大変です。いや、それでも感涙はしてるんだけど。

  60. ふらんそわ より:

    王の帰還は、号泣も号泣で、

    どこが壺で泣いたのかももう解らないくらいなのではありますが・・・^^;

    <旅の仲間>

    ボロミアがメリーとピピンを守って戦うシーンで

    なきました。

    かっこよかったです。ほんとにかっこよかった。

    ラストシーン、

    サムがフロドを追って、水の中へと駆け込むシーン

    小舟の上で「お守りします」と泣きながらいったシーンです。

    ・・あ、だめ、打ち込みながら泣けてきた(T^T)

    王の帰還で一番ふるふるきたのは

    セオデン王の最期でしょうか・・・。

    すばらしい王でした。

    最後の戦いでアラゴルンが騎士達に言った言葉。

    「フロドのために」も、号泣。

    サムの

    「私に指輪の重荷は背負えません。

     でも貴方を背負う事ならできる。行きましょう、フロド様!」

    これに、もう声を上げて泣きそうになってしまいました。

    あぁ、だめです

    とてもあげきれない・・・・

  61. タカシ より:

    初めて書き込みします!!

    皆さんと同じであげたらきりがないのですが俺が一番好きで

    感動したのが

    「王の帰還」のサムがフロドを背負うところです・・・もうヤバイです!!何回見ても泣いちゃいます・・・

  62. みずき より:

    こんにちわ。

    映画では、やはりミナスティリスをガン爺とピピンが上っていくところですね。音楽の壮大さも加わって涙が出てきました。

    あとサムの「イチゴの味を覚えていますか?もうすぐ春です」

    のくだり。劇場で見たとき、リアルにもうすぐ春だったので鼻水垂れる勢いで涙しました。フロドが這いつくばって山を登るときのあのホビットの素朴さを表すような音楽が涙腺を刺激しました。

    全てを挙げようと思ったらキリがないです。

    ロードオブザリングに出会わなければ今頃違う人生送ってたんじゃないかと思うくらいです。

    トールキン教授、そして映画を作ってくれたPJ、キャスト&スタッフに感謝です!

  63. めろりん より:

    こんにちは、はじめまして

    泣けたシーンは、王の帰還の「烽火」です

    ケータイやらネットが普及したこの世の中で見るのは新鮮で

    妙に原始的だけど、火とともに心が伝わってるような気がしました

    あと、ペレンノール野を見下ろすセオデン王が、ローハンの騎士を鼓舞するところ

    そして壮絶な最期にさらに涙、です

  64. こんにちは。

    私の場合は皆様の書かれている烽火のシーンの後に、セオデン王が「応じよう」って言うところです。セリフに被って展開する音楽とか、そういうのが入り混じって何かこみ上げてきちゃいました。

    あちこち泣かされた映画でしたが、考えてみるとロヒアリムに泣かされたシーンが多かった・・・・気がします。

  65. コー より:

    「I can’t carry your load, but I can carry you! Come on!

    」(サムがフロドを抱えあげるシーン)

  66. しゃぱ子 より:

    コニチワ。

    指輪物語は本も映画もドップリ×100ハマッテます。私は「王の帰還」で上映時間3時間のうち、最後の一時間は泣きっぱなしでした。号泣したところは、指輪を捨てた後気絶して目が覚めたら目の前にガンダルフが居たトコと、サムの結婚式です。ハンカチがビショビショになったよ。

  67. お初にお邪魔します

    皆様、こんにちは!

    昨日から「王の帰還」の音だけひたすら流しているのですが

    ・今まさに最後の扉が開かれようとしているときの

     ガンダルフとピピンの会話

    ・黒門前、アラルゴンに続いてホビッツが真っ先に飛び出して

     いったシーン

    ・王道ですが、最期の時のセオデン王のエオウィンのシーン

    思わず、音だけで(笑)うるうると感動してしまいました

    音と映像が共鳴しててホント素晴らしいですね

    ホビットのテーマ曲が流れると

    嬉し涙が滲んで来ます・・・重症ですね(笑)

  68. 最新の より:

    烽火

    疑いあっていた二つの国の信頼が復活する瞬間。 

    ここをなかずに何処でなく??

  69. kaorin より:

    こんばんは!

    私の 順番は・・

     

    「旅の仲間」のボロミアの最期・・

    アラゴルンの台詞、特にSE

    そして

    「王の帰還」はほとんどですが

    特に ホビットたちに アラゴルン(王)が

    頭を下げるところ・・アラゴルンの気持ちを 考えると

    うるうる・・

  70. みすりる より:

    「旅の仲間」の一番最初にフロドが見せた笑顔。ガンダルフの訪れに気づき顔を上げたあの時の笑顔。

    はじめて見たときは話の内容を知らなかったから何も思わなかったけど、回数を重ねるごとにフロドの運命を思い、あの笑顔は二度と見れないと分かって、涙涙…でした。

    自分がかなり重症だと自覚したシーンです。

  71. 機能別ヘ より:

    初めまして。私も指輪の世界にどっぷりはまっている一人ですv

    私が泣いた場面はメリーとピピンが別れるところです。

    ピピンがミナス・ティリスへと行ってしまうところ。なんかいつも一緒に居た二人が別れるところに何故かうるうる。

    そしてもう一箇所が、アルウェンが旅立とうとしていた時にアラゴルンと自分の未来を見るシーン。

    あれは泣けました。アラゴルンの姿は確実に老いていて、それはやがて辛い死へと繋がるだろうけど、永遠の命を捨てる代わりに得られる幸せもそこにあって…。

    泣けます!!

    もちろんみなさんが挙げている他のシーンでもぽろぽろぽろぽろでした。

    指輪最高です!!

  72. 好きなシーンは沢山あるのですが、泣いたところとなると。

    旅の仲間の、指輪会議でフロドが”I wii take it!”と言う場面。この先の事を思うとつらい。

    二つの塔では、ハルディアが死ぬ場面。累々と連なるエルフの戦死者が痛ましくて。

    そしてラスト、サムが”Samwise the Brave”とつぶやくところ。やっぱりサムです。

    王の帰還では、やはり旅の仲間が再開するシーン。ホントよかったよぉ。

    ぱっと思いついたのがこのくらい。でも、もう一度見直すといろんなところで泣けると思います。

  73. はじめまして。私が涙したシーンは…。

    ・『I am no man!』とエオウィンがアングマールを倒すシーン。

    ペレンノールの戦いは勇ましい。エオウィン、こんなに活躍してくれるなんて…あんた、ほんとに…と涙が込みあげて来ました。

    ・メリピピ別れのシーン

    ガンダルフに連れられてミナスティリスへ行ってしまう所。

    メリーが思わず物見やぐらに登って行って…うぅ。

    そして再会のシーン、よかった、本当に二人が再会できて。

    ・烽火のシーンは音楽ともマッチしてビビビと感動してしまいます。烽火が届いたときにアラゴルンが思わず階段を飛ばして駆け上がる姿…かわいい。

  74. ななこ より:

    「泣けた」じゃないので、ちょっとズレけど、

    ギムリがモリアで「Nobody Tosses A Dwarf!」と言って、

    自力で階段を飛んだのに、その後 二つの塔の戦闘シーンで、

    結局アラゴルンに「飛ばされる」はめになり、

    「このことはエルフには内緒に・・・」と頼んでいたとこ♪

    レゴラスとギムリの子供じみた競争心がかわいいです。

    (ビール一気飲み大会のシーンとか)

    あ、やっぱトピずれましたね。

    すいませんです・・・

  75. びん より:

    はじめまして!

    私の感動&涙の場面はアラゴルンが黒門をバックに

    「フロドのために!」のセリフです。

    圧倒的なサウロンの兵に囲まれながら、その一言を

    残して突き進むアラゴルンに感動しました。

  76. チェブ より:

    「王の帰還」はハンカチじゃ足りなくて、

    タオルが必要なくらいずっと泣きっぱなしでした・・・。

    その中でも、

    エオメルがエオウィンを抱いて号泣するシーン、

    アラゴルンが黒門のところで「For Frodo」と言って

    戦いに行くシーン、

    ホビットたちにゴンドールの人全員が頭を下げるシーン、

    あと、最後のフロドとサムの別れで、

    おでこにキスするシーンでかなり号泣です。

    いつもは他のお客さんの泣き声とかでシラケちゃって

    泣けないんですが、ロードだけは、

    自分が周りの人をシラケさせちゃうくらい

    泣いてしまいます(笑)

  77. れぇこ より:

    「泣き」のポイントは沢山ありすぎて語りつくせないほどですが。。。

    「王の帰還」で、ファラミアが死を覚悟してオークとの戦いに出向くシーンで、ピピンが歌っている執政官が食事中っていうシーン。(上手く説明できてますか?)

    なんだかあの歌の悲しさと、ファラミアの心を考えると涙がこぼれてきます。

  78. ちな より:

    たくさん泣く場所はありますが

    旅の仲間でフロドが1人で船を出して旅立とうとする時

    それを泳げないサムが止めに入り

    「ガンダルフと約束しました。あなたの側を離れないと」の台詞のシーン。

    何度みてもこのくだりで泣いてしまいます。

  79. 松本 充子 より:

    私も皆さんがあげたのに同意見です。

    ですが、更に・・・旅の仲間でガンダルフが落ちたとき・・・。

    レゴラスの表情に本当に涙しました。

    ガンダルフの落下で限界だったのに、彼の表情で更に。

    だって、エルフである彼は『死』なんて理解できないはず。

    エルフの中でも若いんだから。

    だけど、師として、友人として親しい、そして信頼していたガンダルフが彼の中ではあのとき『死んだ』のです。

    その複雑な表情に涙しました。

    もちろんその後のフロドの涙に更に涙増量したのは言うまでもなく。

  80. 私もファラミアの出陣のシーンにぼろぼろと涙しました。

    ほぼ死ぬ、と決まっているけれど毅然として馬に乗っている姿に胸を打たれました。

  81. 機能別ヘ より:

    どこもかしこも感動の場面てんこ盛り。

    車の中の音楽も3部作。

    条件反射的に曲を聴いただけで涙が出る。

    何度も見たせいか,旅の仲間のフロドの冒頭シーンでも

    この後の彼の喪失感を思うとなんだか泣けてくる。

    ガンダルフの谷底に落ちた後のフロドの表情。

    ボロミアの死。

    フロドが一人で旅立とうとするときに流れるガンダルフの言葉。ボートのシーン。

    二つの塔ではガンダルフがエオメルとともに坂を下ってくるところ,サムのフロドに聞かせる物語のくだり。

    王の帰還はアルウェンが引き返すところ。

    ローハン兵の登場。セオデンの死。

    サムがフロドを担ぐところ,4人にお辞儀するところ。

    いろいろある中でもやっぱり灰色港の場面かな。

    それまで苦難を乗り越えてきたサムとフロドが別れるシーンは

    見てるだけでつらい。

    ほんとこの映画はいくら語ってもつきません。

  82. 初めて映画館で見た時、

    セオデン王が亡くなる場面で号泣!。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

    その後もずっと、映画終わるまで泣きっぱしだったですー☆

  83. のきあん より:

    フロドが自ら指輪の旅に名乗り出るところ

    ボロミアがメリーとピピンを守り死んでしまうところ

    灰色港でのフロドの気持ち、表情

    上記のシーンで特に泣きました。

    どこを見ていても、何か人生の教訓やメッセージを感じて

    感動して涙が出てきます。

    素晴らしい映画です。

    3年間も楽しませてくれてありがとうと言いたい!

    旅が終わったとき、私もフロドと共にものすごく喪失感を覚えました。

  84. より:

    戴冠式の後アラゴルンがフロドらホビット4人にかけた言葉

    「我が友よ 礼をつくすは我等の方…」

    我慢してたものが一気に開放された勢いで涙がこぼれました

  85. 狼煙のシーンで既に号泣。

    「私のツボはどっかおかしいのか…?」と思っていたら、

    その後あちこちで同感の人をみつけて

    安心しました。

    また、私は二つの塔からハマッたので、その後旅の仲間を見返した時

    オープニングのホビット庄のあまりの美しさと、

    何も知らない頃の赤いほっぺのフロドの笑顔にも

    涙噴出でした。

  86. スパイク より:

    ごめんなさい

    このスレ最初からもうすでに読んでるだけで

    涙で・・・

  87. megusta より:

    はじめまして。

    私はサムのフロドのための行動の一つ一つに毎回涙します・・

  88. より:

    >みにめぐさん

    めちゃめちゃ同感です!!

  89. より:

    ここまで読んで このコミュの方と一緒にもう一度みたくなりましたよ

  90. しゃぱ子 より:

    また原作を読み返しています。もう読むの何回目だろ?電車の中でシクシク泣いています。。。(;_;)

  91. 機能別ヘ より:

     一昨日ここでみなさんの泣けるシーンを読んでその時からいろんなシーンを思い出しては涙しています…

    私は…そうですねぇ、いつもはレゴラス!レゴラス!とはしゃいでいるのですが。

     二つの塔でセオデン王(映画でしかハマらないにわかファンなので登場人物の名前など間違っているかもしれません)が正気に返り自分の息子の死を知り、

    「親が子を葬るなどあってはならぬこと」

    と泣くシーン…ちょうどこの公開の直前に母が他界し、母も両親より早く死んでしまい祖母が同じことを言っていたのでもう無条件で涙が出ました。またあの音楽が泣かせます。

     同じく二つの塔の最後の方でフロドたちを解放したファラミア(ですよね)の

    「甘んじて受けよう」

    の台詞。

    あのちょっと哀愁漂うような、それでもこれでいいんだというような凛としたような表情が泣かせます。

     あと王の帰還でファラミアがどう見ても勝ち目のない戦に出かける時に兵士の家族が馬の足元に花を投げるシーン。

    などなど、今こうして書いていても涙ダバダバです…

    やっぱりいい映画です!

  92. mi♡ より:

    私はなんだか始まりから終わりまでほとんど泣いてましたね〜(泣)旅の終わりを考えると寂しくて…

    まず泣いたのが指輪に支配されたフロドに「帰るのはお前だよ、サム」って言われた後のサムの表情にボロ泣き(T-T)

    そのあともいろいろあるけど、アラゴルンが勝てるわけもない敵に向かって行く時振り返って一言「フロドのために…」号泣

    あとは天使のように寝ていたフロドの周りに次々と仲間が集まってくるとこ。最後にサムが恥ずかしそうに入ってくるとこ…泣きました。

    さらに!!!(これで最後!!)ホビット4人がガンダルフたちを見送ると思いきやフロドも行くんかい!!ってなってホビット3人(ついでに名前も☆)ピピン、メリーそれにサムが泣き出すとこ。フロドが最後にサムの頭にキスをして…さようならと一緒に私もさようならでした(涙)

    しつこいですが、きっとサントラだけで泣けます!!

    さっDVD見よう=3

  93. まゆ より:

    どこでも泣けますが、

    一番はやっぱり、旅が終わり最後フロドが目を醒めた時

    ガンダルフが現れ、ピピン、メリーが現れ…。

    サムが現れた時に涙どーーー(T△T)

    ふ、ふ、フロドよく頑張ったぁ!みんな頑張ったぁって

    拍手送りたくなります。。

    あーwあたしもDVDみよっと

  94. HashiM より:

    私はボロミアが死を目前にして立派に戦ったとこが泣けました。

    ウルク・ハイから矢を向けられたとき映画館で『うそっ・・・』という声が聞こえてきました。あの時私もうそっ!て思いました。そのくらい残忍だったので。

    ボロミア死んじゃうとこでアラゴルンと会話するとことかもう号泣でした。

    てゆうかせっかくボロミアがかばって死んだのにメリーとピピンがあっさり捕まったのはええっ?って感じでした。はい。

  95. HashiM より:

    泣いたシーンですが,やはり「王の帰還」の戴冠式のシーンですね.

    といっても冠を授けられるシーンではなくて,ホビット4人に対してみんなが膝をついて敬うシーン.

    最初見たときに泣きそうだったんですが,何度見ても泣けます…

  96. 機能別ヘ より:

     前にあげられているのかもしれないけど、映画RotKのサム、「俺に指輪は運べないけど、あなたを運ぶことは出来ます」、これは何度見てもボロ泣き・・・とは行かないけど、今までのことが走馬灯のように頭をめぐり、クライマックスに相応しい情感を盛り上げてくれます。後、ファラミアが突っ込んだ後の、無力感漂わせうなだれるガンダルフに、力無きを定めとされながら、中つ国救済を使命としている、心優しい矛盾の賢者の苦しみと嘆きを感じ、じんときます。

     あと、泣くとかじゃないけど、ラストのイライジャ・フロドの笑顔、あれで長時間見続けたでっかい話に没頭していた自分が心地よく解き放ってくれるというか・・・。灰色港を発つエルフの船の絵を見ながら、ホビット的旅の仲間の解散に感慨一入となれますね。

     で、映画TTTでのラスト、ガンダルフとエオメル登場にあっついものがこみ上げますなあ。「王はひとりでおられる」に対して「われらがおります」、いやあ、あっつい、あっつい。あっついシーンに弱いんですわ。

     映画FotRに関しては、中間のエルロンドの会議のフロド「僕が行きます」での、まあ、やっぱガンダルフの痛恨に満ちた表情と、エルロンドが見せる状況の無情さから感じるであろう苦痛の表情に、じんわり見てる側も心が苦しくなるかなあ。

     戻って映画FotRファンからの反感は多かったかもしれないけど、ヘタレスサール王ことヴィゴ・アラゴルンの歌と、アルウェンのぶちゅぅっての?あれはあれで、なんかほっとしたなあ。特にヒューゴ・エルロンドの、いかにもな「花嫁の父親」的表情?あれを見ながら、エルフの時代は去り、ほんとうに人間の時代が来たんだなあ、みたいな。そのシーンもある意味、涙だったかな。

     なんだ、じーんときてばかりやんけw

     さあ、「キング・コング」が上映・・・、PJ、やってくれるんだよな?樽に乗って鼻水たらしたビルボ、見せてくれるんだよな?

  97. 機能別ヘ より:

    やっぱ「王の帰還」の、のろし で全身鳥肌がたって

    感動がいっきにどーっとおしよせました。

    こればっかりは、いっちばん最初に観たときと同じ衝撃は

    2度目3度目では味わえませんでした、残念ながら私には。。。

    あとは、エオウィンの i am no man!



    みなさんがあげてるように

    戴冠式でみんながひざまづくとこですかね〜

    フロドのために もいいですよね。

    あーみたくなってきました!

  98. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    丁度、3日前ぐらいに友達の家でthe followships of the ring (つづり違うかな?とりあえず旅の仲間)を3年ぶりぐらいに見たので、書き込んで見ました。

    私は旅の仲間の中では最後のフロドが”サムがいてくれて良かった”って言ったシーンで、9歳の子の横で一人泣いてしまいました(照)

  99. HashiMさんとまったく一緒。

    DVDやから、あのシーン見て泣く→1コ戻してまた更に泣く。

    いっつもこんな感じで何回も見てます。

  100. 初めまして!

    私も皆さんと同様にまずはピピンとメリーが初めて別れる所や、サムがフロドをかついで登る所、最後の戴冠式で4人に向かって皆がひざまずく所がもうボロ泣きで、映画館に6回見に行って6回鳴咽をもらしました(笑)特に戴冠式はサウンドの助けもあって、ぶわっと盛り上がるので鳥肌が立ちながら泣けました。今でもサントラでそこを聞くと泣けてきます(笑)

  101. ヒロミ より:

    前にもあげられてますが、『王の帰還』での黒門の前のシーンで、たくさんの敵を前にし、みんな「もうこれが最後かもしれない」と思いながらも立ち向かっていくときに、アラゴルンが「フロドのために!」と剣を上げながら叫び、仲間たちの誰よりも早くピピンとメリーが小さな体で声を張り上げながら敵に向かって走り出していくというシーンは、もうこれ以上ないほど泣けました(ToT)

    あとこのシーンの少し前の、

    ギムリ「まさかエルフの隣で死ぬことになるとはな」

    レゴラス「じゃあ友達の隣で死ぬのは?」

    ギムリ「それなら最高だ」

    っていうやりとりも、かなり感動して泣きました。

    この映画で描かれてる友情とか絆とかは、どれも全部アツくて、これが描かれてるシーンになる度、感動の涙涙。。。って感じです(;_;)

    またじっくり観たくなってきたぁ

  102. キャスト より:

    本編ではないですが、「王の帰還」SEE版の特典DISC2で、追加撮影もすべて終えたイライジャが監督と抱きあう映像は泣きました…。

    あと、アカデミー賞の模様でも。

    ギムリ役のジョンの、「ピーターに監督賞を、とみんな思っていた」というような言葉が、じーんときました…。

  103. キャスト より:

    サム関連の多さに驚きますが私の泣いたシーンもやっぱりサムです(笑)

    原作の方ですけど、コルマルレンの野の章(指輪投下後救出、フロド・サムが仲間達と再会のくだり)で、吟遊詩人が指輪物語を歌いそれに対しサムが

    「ああ、なんちゅう誉れ、なんちゅう晴れがましさ!そしておらの望みは何もかも実現しただよ!」

    と叫ぶシーンです(その前のフロド・サムの登場に大軍勢が喝采を浴びせるシーンもかなりきますが)。何回読んでも泣けます。これを書くため本を開いてるんですが、やっぱり泣いてます。

  104. たっきー より:

    こんにちは〜。

    お馴染みのシーンはもう既にいろんな方が書いているのでちょっと毛色の違う泣けるシーンで参加させて下さい。

    王の帰還で、ゴンドールに向かう前での休憩シーン。

    エオウィンとメリーが話をしていますよね。

    メリーの「僕に力がないのは知ってる。でも僕はただ友達を助けたい」の台詞の下りもちょっと泣けますが、私が言いたいのはそのすぐ後、出立を知らせる角笛がなった時に、メリーが食べかけのサンドウィッチを残したんですよ!!

    何よりも食べることが大好きなホビットが!!

    旅の仲間ではナズグルに追われていると言うのに夜中夜食を食べていたあのメリーが、食べかけを残すなんて!!

    あぁ、なんて成長したんだメリー…と、ちょっと泣きそうになりました。

    私だけかしら??^^;

  105. oji より:

    はじめまして

    原作ですが、フロドが蜘蛛の後に捕まり、拘束されていためられるところで、感動ではなく痛みを感じてジーンときました。

    全体を通してもいえますが、フロドの葛藤や頑張りには感動しましたね・・・

  106. 機能別ヘ より:

    王の帰還の、狼煙のリレーのシーン!

    ただただ感動しました。

    オーディオコメンタリーを聞くと笑えますv

  107. 機能別ヘ より:

    泣けてしまう場面はみなさんが書いてるのも含めていっぱいありますがrhythmが1番ボロボロに泣いてしまったのは

    「サムが調理道具を捨てるシーン」

    もう、帰路は無いのだとゆうことをサムが理解したシーンだと思いました。

    最初見た時は泣きすぎて字幕読めなかった…恥。

  108. 藤村珂南 より:

    RotKより。

    指輪廃棄後、傷ついたフロドが目覚めた時に、仲間たちが嬉しそうに寄って来たのに対し、サムだけが戸口で静かに微笑んでいたのも印象的でした…!

    原作も原作で好きですが、この演出も粋で泣けました。

    皆様も挙げてらっしゃる烽火の場面、まるで、絶望の淵にあるミナス・ティリスにある僅かな生者たちの希望の光が、どんどんと広がり繋がっていくようにも見えませんか?

    どの映像も、深読みすればする程味わいがあって良いんですよね♪

  109. ひろり より:

    はじめまして☆

    ほかの方とかぶってるかもしれないですが、ROTKの最後の戦いでアラゴルンが「フォー、フロドォォーー!!」って突撃するとこ。あと、フロドがサムに帰れって言うとこが切なすぎ。他にTTTの戦闘シーンのアラゴルンになぜか泣けまし%

  110. ぱおろ より:

    私は、ボロミアが死ぬ間際にアラゴルンに対し、『My King』と初めてお互いを(ボロミアが)認めたシーンで涙を流しました。ボロミアが我にかえり、何もかもを分かりあえたのに死んでしまったのも…

  111. OKI より:

    RotKでペレンノール野の戦いにローハンの騎士達が「死だ!」と

    叫びながら挑むシーンは涙無しにはみれません。

    烽火のシーンにもジンときマス〜

  112. ☆ぽにゅpon より:

    やっぱりローハンの騎士達のペレンノール野の戦いでの突撃前の檄ですよ!

    まじかっこよすぎです(:_;)

    ラストサムライの最後もそうですが、何か圧倒的なものに立ち向かっていく男たちにはいつも泣かされます。

    だから角笛城の最後にセオデンが最後に城門から出るところでも泣き、ガンダルフとエオメルが登場した時も泣き、そして突撃していくときも泣きました 笑

    セオデンが1番好きです。

    烽火も泣きますよね、ありゃ反則です(^0^;)

  113. じぇーにゃ より:

    はじめまして。参加させて頂きます。

    ほとんどの場面がみなさんにあげられてますね。

    それ以外でTTTより。

    サムがゴラムを「臭い奴」と呼んで、

    フロドがサムを諌めるシーンの、

    「彼を助けたい。本来の自分に戻れるはずだ」

    というフロドの台詞に泣いてしまいます。

    「彼」とは、ゴラムだけではなく、

    フロド自身の事も含んで言っていると思うんです。

    本来の自分に戻りたかったんだな…、

    と実感するシーンなので、ラストを知っていると

    辛すぎる台詞です。

  114. より:

    はじめまして。

    私も王の帰還の、ROTKの、狼煙のリレーのシーンです。

    バックに流れる音楽はゴンドールのテーマを勇ましくしたもの。

    【旅の仲間】ではゴンドールのテーマは、控えめにゆっくりと小さく流れていて。

    音楽の素晴らしさで心を揺さぶられます。

    2つ目はROTKでサムがフロドを背負うシーン。やっぱり音楽が凄いです。

  115. オガ より:

    始めましてっ!!年末ということでロードオブザリング借りてきてみましたっ!!

    まじかんどうしました!!僕はサムが、「あなたの重荷を背負うことはできないけれど、あなたを背負うことは出来る!」

    と言ったシーンが一番好きです!!他にはフロドが目を覚ましてからサムと見詰め合うシーンとか!!!

    サム以外にも感動したシーンはたくさんあったけども、やっぱサムはサイコーです!!

    他のキャラはアラルゴンとかガンドルフじいちゃんも好きです!!もう今あの作品には夢中になってます♪

    お金がたまったらDVD全部揃えよっかなとか、原作全部読みたいなぁとか最近考えてます!!

  116. caribou より:

    初めまして&明けましておめでとうございます!!

    12/23 またしても、満員にて、LOTR-SEE三部作一気観に

    行けなかった。。。。。今年こそ、リベンジあるのみ!!

    さて、私の感動どころは・・・・・

    TTT、ローハン騎士団がガンダルフと共に東から現れ・・・・

    「To the King!!!!!!」(王のもとへーーーーーー)と

    崖を駆け下りるシーンです。

    何度みても、何度みても・・・うううっ、感涙です。

    エオメルーーーーーーーっ!! って感じです。

  117. Feng より:

    王の帰還のエンドロール。

    and Sean Bean

    映画史上一番泣かすエンドロールでしたw

  118. めめ より:

    初めまして!!!LOTRはもうどこもかしこも涙なみだの連続でしたが、やっぱ1番泣いたのは、Fengさんと同じく、王の帰還のエンドロールです!!!

    涙が止まらずに、ひっくひっくなるし、泣きすぎで鼻水はでるは大変でしたww

  119. かみや☆ より:

    微妙ですが・・・。

    王の帰還(劇場版)のエンドロールでサルマン様の勇姿に涙・・・。

    そして延長版で リー様に涙・・・。

  120. romito より:

    はじめまして!

    俺はボロミアが矢を何本も打たれながらも、ピピン達を見ると

    また立ち上がって向かっていく・・・

    そして動けなくなった後、ピピンとメリーが敵わないとわかって

    いながらも、泣きながら立ち向かっていくところでは確実に泣いて

    しまいます。

    もう一つは、王の期間で埋もれているメリーをピピンが見つけて

    会話をするところですね。

    他にもあるけど、この二つは自分の中では一番泣けるとこです。

  121. NAGURAM♥N より:

    初めまして★

    やっぱ旅の仲間の後半。

    目を覚ましたボロミアがメリーとピピンを助けようとして、何度も立ち上がったところ。。。

    アラゴルンにわが兄弟といったとき…胸がはりさける(><)

  122. ショウメイ より:

    こないだ久々に全編通して観、涙しました。

    このトピ読んでるだけで号泣ですね、ホントに。

    この映画の素晴らしさの一つに、

    登場人物一人一人が、少しずつ成長していく所、ってのが

    あると思うんですが、

    中でもアラルゴンが、最初はレンジャーとして闘う事、

    フロドたちを守る事だけを使命としていたのが

    段々王らしく成長していくというか

    最後には、兵士達皆の指揮を取り、立派な王として

    成長したところが感動です。

    王としての使命、

    アラゴルン個人としてフロドを助けたいという情、

    人間として、指輪を破壊し世界平和を願う、

    というこの3つの気持ちが入り混じった

    黒門前での出撃シーンが、泣かせました。

  123. micco より:

    アラゴルンがボロミアの死を看取るところかなぁ。

    泣けました。

  124. micco より:

    サムのすべての行動と言葉に涙々。

    フロドに疑われた時なんて号泣。

    献身的で勇気のあるキャラ万歳。

  125. サム より:

     他にも書かれた方がおられて嬉しかったのですが、「最後の黒門前でアラゴルンに続いて真っ先に飛び出したメリー&ピピン」。

     最初は好奇心で付いて来ただけの彼ら。それが、人間やエルフやドワーフの猛者たちよりも先に、自らの足に「動け」という命令を出せたということに。彼らの小さな身体に秘められたその勇気に。彼らが旅の仲間たりえたのは、何もその愉快な楽観性ゆえばかりではなかったんだということが証明された瞬間に、いつもうるうるきます。

     それ以外にも、胸が熱くなってその熱が目頭にまで届くシーンがたくさんなのですが、中でも、王(アラゴルン)が小さき人に跪いて最高の敬意を表す瞬間。

     アラゴルンですら成しえなかったであろう指輪を棄てるという任を果たした者と彼らの一族。王族でもない、兵士でもない。にもかかわらず、絶望的な困難に立ち向かった強き心。彼らには友として、王として、跪いて感謝を表さずにはいられない。

     そんなアラゴルンの高潔さが表れているようで、もうたまりません。

  126. kozu より:

    はじめまして♪

    サムの

    「指輪の重荷は背負えなくても、あなたは背負えます!」

    あそこでこんな事言われたら、そりゃあ泣きますよ(T_T)

    アラゴルンの

    「フロドのために」

    と言ってオーク軍に向かっていくところも胸に来ました!

  127. サエ より:

    初めまして(*^^*)

    本編では烽火。

    あとあたしもエンドロールでSean Beanに感動♪

    嬉しかったす。

  128. レオユメ より:

    一番泣いた場面と言えば、やはり王の帰還の最後あたりでしょうか。

    アルウェンとアラゴルンの再会に涙。

    中つ国を離れるフロドに涙。

    涙でお茶をしょっぱくしながら見てました(笑)

    あ、あとはボロミア臨終のシーン。

    あの部分は何度見ても熱いものがこみ上げてつい泣いてしまいます。

  129. レオユメ より:

    128件中1件ありました。

    2つの塔・・・「俺たちが物語りの主人公に」(だっけ)とサムが言うシーン。

    将来、この物語を読んだ子供たちが、フロドは勇敢だったね、いやいやサムこそ勇気があったね。というところ。

    大昔に、

    数年後にはこの会社にいないことがわかっていて、いま自分たちが成し遂げた仕事が将来、先見の明がある社員がいたんだね。とその会社の歴史の1ページに残るのかな?

    とか夜中のAM3時に冗談をいいながら、同僚と働いた記憶がよみがえります。

    自分に重ね合わせてつい泣いてしまいます。

  130. はじめまして。

    やはり私も一番泣けたのは、ボロミアの最期のシーン。

    そして王の帰還でのエンドロール(笑)

    あと、TTTでメリーが言った「同じ世界の仲間なのに!?」(確か・・・)って台詞に。

    セオデンの「子が親より先に〜」云々の、息子を亡くして涙するシーン。

    泣き所沢山で書ききれないくらいです!

  131. Dすけ より:

    初めまして。

    泣けるシーンは数多くあるのですが、おいらがグッときたシーンは、

    サルマンの塔で万の軍勢を目の当たりにした蛇の舌グリマが一筋の涙を流すシーンです。

    変かな・・・?

  132. はるか より:

    映画は前編通して泣きつづけてしまいますが、やっぱり一番は王の帰還の、サムの滅びの山でのシーンです。

    「指輪は背負えなくともあなたを背負う事はできます」には本気で号泣。

    その他にも狼煙のシーンや、あと、ゴンドールにセオデン率いるローハンの騎士たちが駆けつけるところ。

    セオデン王の演説には、背筋が震えて、自然と泣けてきてしまいます。

    その他にも本当にたくさんで、全部はとても書ききれません!(><)

  133. 機能別ヘ より:

    デネソール様がファラミアを焼き殺そうとしたシーンで

    ファラミアが生きているとわかってから、

    「ファラミア・・・」って切なそうに言うデネソール様に

    涙、涙です。。

    やっぱりファラミアを愛してたんだな〜と。

    デネソール様は原作と描かれ方が違うので最初は違和感が

    あったけど、映画の、人間の愚かさが前面に出たデネソール

    様も大好きです。

  134. tokino より:

    初めまして.

    やっぱり「王の帰還」が一番泣けます。後半泣きっぱなしです。

    私はアラゴルンの戴冠式とエオウィンとの再会、ホビットに跪くシーン、フロドの旅立ちでもう涙が止まりません。

    友情っていいなぁと思いますよ。きっと旅の仲間の友情は離れていても繋がってるんだろうなぁ・・・。

    指輪物語は本当に良いシーンが沢山で語り尽くせません。

  135. maru より:

    σ(^_^)泣いたというより、さぶいぼ出たシーンがエント族の行進のシーン。何か現代の自然破壊に対する警告とも思えた。

    泣けたのは王の帰還かな。最後の別れのシーンは良かった。

  136. maru より:

    初めまして。

    みなさんのコメント読んでたら、LotR見たくなっちゃったよ〜

    私の泣きシーンは白い都でのファラミアとパパのシーンですね。デネソールパパさんに拒否された息子ファラミアの痛みで心臓が縮む思いでした。

    これにピピンの歌が超合うんだもんなぁ・・・涙なしでは見られません!

  137. Selene より:

    泣けるシーンは、ボロミアの最期、ハルディアの死、アラゴルンとアルウェンの再会ですかね。たくさんありすぎて迷ってしまいます。

  138. あいきょ より:

    はじめまして!

     私が特にグッときたのは、騎士達を送り出す町の人々、ペレンノール野でのセオデン王の言葉とそれに応える騎士達、蜘蛛に仮死状態にされた後捕まったフロドを助けに行ったサムの「これは〇〇の分!」って敵を殴るところ。

     彼らが戦うのは大切な人を守るため。そして彼らもまた誰かのかけがえのない人。家族・友達・恋人・一族…。どの立場にも感情移入して泣きました。サムはいつもフロドを支える役割のようだったけど、彼自身にはこんな動機づけがあったんだって改めて知ったというか。

     「フロドの為に」と突入していった仲間達。旅の仲間の最後にはもう別れてしまってお互いの動向は知れないのに、きっとフロドならやってくれる、と信じているんだなと。その堅い絆に涙。

     指輪が溶けた瞬間、長かった旅が思い返され「がんばったね!!」と声に出して号泣でした。(家で観たもので…)

     ほかにもたくさんありますが語り尽くせません。 書いてることも気持ちがまとまらないくらいですから。            この作品を作り上げた方々に感謝と尊敬です。私もささいなことでいいからお手伝いしたかったと思うくらいです。

  139. ♡OTO♡ より:

    はじめまして。

    わたしもセオデン王が息子をなくしてくずれ泣くシーンとエント族の行進シーンは感動です。

    自分もちびっこなので余裕でホッビトのエキストラ出来たのになぁ。

    ロードオブザリングは最高です!!

  140. がん より:

    はじめまして。

    見つけて来てしまいました。

    私は、原作の方は途中までしか読んでないんです。

    根気がなくて、、、。

    でも映画のほうは、DVDがあればエンドレスで見ています。

    音楽、映像、リアリティーがとても気に入っています。

    最近ずっと見ているので、兄に頭がおかしいのかと疑われています。

    好きな場面は、ファラミアが出撃するシーンです。ピピンの歌ととてもよく合っていて、歌の歌詞もとても哀しく、感動します。

  141. rice より:

     初めまして。

     LOTRで泣けるシーンは多々ありますが、私もミナス・ティリス前景で泣けたクチです。

     ここのシーンは確か予告編でも使われたと記憶していますが、私自身がボロミアがすっごい好きだったもので、

    『ここがボロミアが命を賭してまで守りたかった、還りたかった都なんだなあ・・・』

     と思い、思わずホロリでした。

  142. アメリ より:

    はじめまして☆

    私は二つの塔での心に深く残る物語。の場面が凄く好きです。

    サムに切り掛かろうとして、正気に戻り、絶望するフロドを励ますサムのセリフ。

    そのやりとりを見て、兄とは違う道を選択するファラミアに泣けました。

  143. 酔月 より:

    はじめまして。

    泣けたシーンは色々あったと思うのですが、今思い返してみて「泣ける」という意味で一番に挙げたいのは、セオデン王の

    「親が子の葬式を出すなどあってはいかんのだ」

    のシーン。

    子を持つ親として、これほど胸にぐっときたシーンはありません。

    もしもまだ親でない方、これから親になられる方は、いつか子を持った時にぜひ思い出してほしいです。必ずや今と違う感情がこみあげてくるはずです。

    このセリフは、子を喪う親の苦悩を通して若い者や弱い子供が真っ先に犠牲になる戦争の本質を暗に射抜いていると思います。

  144. 天照 皇女 より:

    私は「王の帰還」のラスト、メリーがグシャグシャの泣き顔をしてフロドを見るシーンです。いつもオチャラけている彼が見せるあの顔は、何回観ても涙を誘います。

    「なんで行っちゃうんだよ!」という無言の言葉が聞こえてきそうで、彼らの絆を実感するシーンだと思います。

  145. ゆうか より:

    アラゴルンが黒門で騎士達に語っているシーン!

    「・・しかし、今日ではない!」ってとこ。

    はしょり過ぎ?

    「フロドの為に」

    最高です!

    そしてサムが「指輪は運べないけれどあなたなら運べます!」

    サムーーーー!!!

    ロードは泣けるシ〜ン満載です。

  146. ゆん より:

    私もゆーさんと同じです!!

    「・・しかし、今日ではない!」

    アラゴルンの言葉は鳥肌が立ちましたッ!!!

  147. ゆん より:

    どのレスを見ても共感できます!!

    もうオープニングの音楽を聴いただけでも胸がジーーーーン!

    そして広大なロケーションを見てジーーーーン!!

    なぜこんなに泣けるのかもう訳がわからなくなるくらいかも。

    アラゴルン好きの私にとってはゆーさん、京香さんが言う

    「・・しかし、今日ではない!」

    は相当感動しました。

    さすらい人だったアラゴルンが王としての力をつけてきた重要な一言ですよね。

  148. 藤村珂南 より:

    「王の帰還」、ファラミアの隊が、オスギリアスの砦奪還のため出撃していく場面。

    (ガンダルフがファラミアに「お父上はそなたを愛しておる」と言った場面)

    重苦しい空気をまとって馬を進める兵士たち、沈痛な面持ちでそれを見送る民。

    昨日、TV放映で改めて見ましたが、ここも切なくて泣けます。

  149. ゆぎ より:

    旅の仲間では・・・エルロンド会議で9人の旅の仲間が揃うシーン

    二つの搭では・・・最後のほうでフロドがサムに剣を向けた後の二人の会話

    王の帰還では・・・セオデン軍のゴンドール突撃

    です。

  150. ゆぎ より:

    あーーーー書き込みみただけで涙が出る。

    私はセオデンの死ぬ場面。

    エオウィンとのやり取りに号泣しました。

    予告編にあったエオメルの発狂シーンはカットされてしまったの?

    音楽も本当にいいですよね。

  151. JUN より:

    ・旅の仲間 エルロンドの会議での”You have my sword〜”とフロドに旅の仲間が誓うシーン

    ・2つの塔のクライマックスでのエオメルが”To the King!!”と絶叫しながら突撃するシーン。

    ・王の帰還のアラゴルンの黒門前での演説

    ・サムの「指輪は運べないけれど〜」

    特にサムは泣きました。

  152. ハマ より:

    >>ゆぎさん

    >予告編にあったエオメルの発狂シーンはカットされてしまったの?

    DVDのSEE版に収録されてますよ^^

    それより、予告のメリーとピピンの会話のやり取りの

    「シャイアで会おう」というのがカットされてた・・・○| ̄|_

  153. ハマ より:

    こっから盛り上がり、感動やばいですね♪

  154. みっすー より:

    うわん。さっきも号泣そして最後にまた今から号泣です

  155. みっすー より:

    初めまして〜。

    黒門のシーンで泣きっ放しでした。

    ・王様の「フロドのために」

    ↑正義とか国とかそんなもんじゃなくて、友情のために、って感じがして・・TT

    ・サムの「指輪の重荷は背負えずとも(略)」

    ああああ!原作の台詞にも感動したが・・!!サム!!

    ・またもやサム「物語の主人公達は、決して歩みを止めなかった」

    のところ。生きる力がもらえました。

    ・最後のフロドが微笑むシーン。

    フロド・・・よかったよぅ・・と号泣。

    ていうか泣き通しですけど^^

  156. みっすー より:

    テレビ、終りましたね〜。
    何度も観てるのに、また号泣。。。(ToT)
    フロドが船に乗る時の、あの笑顔。。。何ともいえず印象的っ!!

    あ〜また数日後には観てるかも知れません(笑)

  157. かみや☆ より:

    かみやんは22日(正確には23日朝)に延長版見てますなぁ・・・。

  158. maru より:

    あー今日も、サムに泣かされた!!!!

    「あなたなら背負えます!」

  159. ハニワコフ より:

    サムワイズーーーーーーー!!!!!!(号泣)

    今終わったトコなのにすでにSEE版を見始めています。

    やばいです。

  160. より:

    今日はノーカットではなかったものの、最後にいいシーンをピックアップしてくれて、感動がさらにって感じでした!

    最後にサムとフロドが、ぎゅうぅぅって抱き合うシーン。

    一緒に体を硬くして泣いてしまうのです。

    大好きで悲しくて最後の感動の別れのシーン。

    見てよかった、旅が終わった、という気がします。

  161. 陽彩 より:

    今日2回目のSEE後編。

  162. メン より:

    映画の黒門の前でアラゴルンが‘フロドのために’っつって、せんじん切ってオ〜ク達に突っ込んでいくシ〜ンはやばかった〜。

  163. yuki より:

    舟で旅立って行くラストの方のシーン全般が好きです。

    言葉的には

    ”物語の登場者は役を終えたら退場しなければならない”

    です。

    あまりにも傷つき過ぎてしまったフロド。

    新しく人の世界が始まる。その為に(?)去って行く人々。

    一生懸命戦って、悪は滅んだけど、旅立たなければならないのがせつないです。

    うちの家族で、このシーンの解釈が別れています。

    わたしの解釈ですが、シーン的に光りへ向かって旅立って行っているように思えます。

    つまり、天国へ行く(=死んで行く)という風です。

    子供達は、単純に別世界へ旅立ってゆくと解釈しています。

    わたしが深読みし過ぎなのでしょうか?

  164. どのシーンでもそれなりに感動してしまうので(←単純)「悲しくて泣く」のはボロミアの最期とファラミアが突っ込んでいくシーンかな。

    ピピンの歌が被って余計せつない。

    「怖くて泣く」のはエオメルが「でぇ〜〜〜〜す」と突っ込んでくるシーン(ヲイ)男前が台無し…orz

    この長い映画の中でミナスティリスの全景とか印象的な風景はたくさんありますが、一番好きなのは”旅の仲間”の冒頭、フロドが木によりかかって本を読んでいるシーンと”王の帰還”ラストのフロドの微笑みですね。

    >yukiさん

    旅に出るとわかった途端、ビルボがとても活き活きした表情をしたように見えたので、私は別世界への旅立ちを支持します。

  165. やはりフロドに対するサムの思いやり、忠誠心、優しさ、そして勇気。

    そして指輪を捨てた後のフロド。

    とっつぁん、おらもシャイアに住みてぇだ…(切実)

  166. ゆこ より:

    王の帰還でアラゴルン・ギムリ・レゴラスがミナス・ティリスに船で到着して3人が降りてきた時に大号泣しました。←おかしい?!

    後は2つの塔でガンダルフが朝日と共に丘の上に現れた時です。

  167. あんにん★ より:

    ボロミアが死の間際にアラゴルンを王と認めるところ。

    王の帰還、別名サム物語でサムがフロドを背負うところ。

    一緒に見た友人は号泣してました。

    ガンダルフがピピンに死後の世界について語るところ。

    ガンダルフとピピンの微笑み、二人の友情にぐっと来ました。

    ファラミアの決死の出陣とピピンの歌がかぶるところ。

    パパのテーブルマナーの悪さにはまいりましたが。

    そして、映画が終わった時。

    もう旅が終わっちゃったって寂しくて泣いた。。。

  168. レモン より:

    確かに

    ・ミナス ティリス

    ・ファラミアが突っ込むところ

    ・3人が船で登場するところ

    で泣けます!

    あとは

    ・エオウィンが魔王を倒すところ

    ・『フロドのために』

    ですかねぇ☆

  169. アメリ より:

    There is some good in this world Mr,Frodo.

    And its worth fighting for・・・

    二つの塔でのサムのセリフ

  170. 餡子 より:

    >ゆみさん

    やっぱり「For Frodo!」ですよねぇ!

    そんでもってアラゴルンの次にメリーとピピンが駆け出す瞬間。

    すぐに大きい人たちに追い抜かされるのだけど、それも含めて泣ける・(ノД`)。おまいら…!

    あと戴冠式の後、4人の小さい人たちに、全ての者が片膝をついて感謝した時。・゚(ノД`)・゚・。

    映画では↑このシーンは戴冠式後になってるけど、

    原作では別イベントとしてだよね。ここはもっと泣ける〜。

    馳夫さんがフロドとサムに膝をつき敬意を表し玉座に座らせ、吟遊詩人が「九本指のフロドと滅びの指輪の物語」をうたった時の↓ここ・゚・。・゚(ノД`)・゚・。私も泣き笑いしました。

    そして相集うた者たちも一人残らず声をあげて笑い、それから涙を流しました。

  171. moonhop より:

    私も上の餡子さんと一緒のところっ!!

    王の帰還でみんなが

    ホビット4人に頭を下げているシーン

    ぐぐぐ〜 ときてしまった。

  172. moonhop より:

    yukiさんに同感です。Gray Shipのシーンは最高に胸にジーンときます。DVDを見ると、トルキンの示したこのシーンの意味の深さに圧巻されます。「死」と「新しい旅立ち」をうまく表現したなあって。これで旅も終わりかと思うと、見ている方も泣けてきますよ。

  173. まろやか より:

    映画では、ペレンノール野でローハンの軍勢が押されはじめて危ないかも!って時に海賊船来航。

    モルドール勢の援軍か!と思われたその船からアラゴルンと幽鬼の軍勢が押し寄せたとき!

    しかも、むちゃくちゃ強い!

    背筋がぞくぞくっとしてじわっときましたー。

    原作ではありきたりですが「いま けえっただよ」ですね。

    まさに行きて帰りし。

  174. みのたん より:

    烽火のとこです!!

    理由はわかりませんが、号泣してしまいました;;

  175. マサト// より:

    自分ものろしのところで感動してしまいました。

    映画を見たときは何で自分が泣いてるのか全然分かりませんでした

    とにかく号泣でした。あの雄大な自然のパワーなんでしょうか

    そして自分が泣いたポイントその2はエントの森でのシーンでした

    伐採された森を見た時は涙が止まりませんでした。

    あんなに戦うことを拒んでいたエントが激怒して戦う姿は感動を禁じえません。

    というか書きながら泣いてます^^;

  176. 相楽 より:

    はじめまして!!

    LOTRで泣いたシーン…

    ありすぎです。

    王の帰還だと…

    ・サムがフロドを背負うシーン

    ・アラゴルンとアルウェン再開

    ・アラゴルンがフロドたちに、頭を下げなくても良い、友人達よ…的なことを言って皆が4人に頭を下げたシーン

    ・灰色港での別れ

  177. 相楽 より:

    一番泣いたのは

    エオウィンの「I am NO MAN !!!!!」て言うとこです・・・

    こう,同じ女性の言葉は本当に身にしみましたw

  178. 相楽 より:

    ガンダルフが落ちるところとか

    ガンダルフとエオメル騎馬軍が崖を駆け下りるところとか

    烽火のリレーの場面とか

    ローハン軍の突撃とか

    (その前のセオデンの鼓舞の言葉も最高・・・・!)

    セオデンの死とか

    罠にはめられ別れを告げられるサムとか

    フロドを背負って滅びの山入り口を目指すサムとか

    サウロン軍に玉砕覚悟で突っ込んでいくアラゴルンたちとか

    戴冠式でひざまづかれるホビットたちとか

    最後の別れの灰色港とか・・・・・・!

    何度見ても同じところで涙が溢れてきます・・!

  179. 匿名 より:

    わたしもガンダルフが落ちるシーン!!号泣

    レゴラスとギムリの友情!

    メリー&ピピンどっちかがやられたときに助け出すシーン!

    サムの結婚式!

    あと、サウロンにアラゴルン筆頭に飛び込んでいくシーン!

    最後のフロドの別れ(p_;。)

    あー・・・言い出したらキリないですけど!

    サイコーの映画でしたねw

  180. とにー より:

    オイラは「旅の仲間」のラスト、

    サムと二人きりで未知の荒野を望むフロドが振り返り、

    「サム、お前がいてくれてよかった」

    と、あの大きな瞳を潤ませて言った瞬間にボロボロっと零れ落ちました〜。

    二人の苦難の旅が一斉に頭をよぎりましたね〜。

    友情ってスバラシイっ!

  181. 匿名 より:

    私は戦場で倒れてるエオウィンを見つけたエオメルが、悲痛な叫び声を上げながら駆け寄ってエオウィンを抱きしめるシーンでボロボロに泣きました!!

    何回見ても目頭が熱くなっちゃいます…。

  182. 匿名 より:

    私はラストの旅の仲間の再会のシーンに感動してしまいました(*0u0*)

  183. 匿名 より:

    私は戦闘シーンで泣きます。1部、2部、3部ともです。

    皆がひとつになって立ち向かって行く姿、本当に泣けます。

    あと一番泣いたのは、王の帰還オープニング。

    もうこれで終わってしまうんだと思ったら、始めから最後まで涙が止まりませんでした。

  184. 匿名 より:

    第3部のローハン軍に朝日が輝き、ローハンのセオデン王が、全軍に鼓舞するシーン!!ミナステリスの惨状に慄く兵たちを奮い立たせるセオデン王!! 男として泣けた!!

  185. 匿名 より:

    私は、変なんですけど…SEEの上映の時、旅の仲間冒頭のホビット庄の光景で涙がこぼれてしまいました。

    フロドはここを守りたかったのに、ここに住み続けて「めでたしめでたし」になれなかったんだなぁ…とか思ってしまったんですね。

    それと、原作では、サムに「良い一生を送るように」と話す所でしょうか。

    とにかく有りすぎて困りますね。

  186. クウコ より:

    はじめて映画を見た時に泣いたシーンは、灰色港のシーンです。あの別れとフロドの笑顔に号泣しました。そのあとのサムが家に帰り、ドアを閉めたところでまた涙が。あのシーンは何度見てもぐっとくるものがあります。もちろんそれまでの物語があるからこそあのシーンて泣いてしまうのですが。

  187. 匿名 より:

    ボロミアが矢で射られるシーンです!

    また一本,と打ち込まれても必死で仲間を守ろうとする姿・・・

    もうやめてっ(。>△<)ノシって号泣してました。

  188. 匿名 より:

    「死だ!」のシーンが泣けました。なぜかよくわからないんですが。それから、それに続く突撃のシーン。幾人も射殺されながらもとまることなく突っ込んでいくところになぜか泣きそうになりました。

    それから、ボロミアのシーンはもちろんです。ハルディア戦死のシーンと、それに続いて流れる、累々と横たわるエルフの兵士たちの亡骸のシーンとかも・・・(;△∩)

    あ、あと、本編とはまったく関係ないんですが、SEEのDVDの特典ディスク2のほうに収録されていた「キャメロン・ダンカンに捧ぐ イントゥ・ザ・ウェスト」。これは本当に泣けました。

  189. むん より:

    『二つの塔』で、ゴラムが悪い自分に打ち勝ったとき、号泣!よくぞ頑張った!と思いました。

    『王の帰還』で、フロドがモルドール近くで気を失ったときに、サムが「あなたの重荷は背負えないけど、あなたは背負えます!」と言ったところで!号泣!サムの強さに感動しました。

    あとエクステッドエディションではカットされずに残ってた、『旅の仲間』での、ボロミアが矢にうたれた後アラゴルンに強い思いを訴えるところも、号泣!ボロミアだって強い思いがあるからこそ…といったボロミアに感動しました。

    っていうか、もう本当にいろんなところで泣けました。

    今さらながら、ほんとによい映画!

  190. 匿名 より:

    ボロミアの最期のシーンです!

    瀕死のボロミアが

    our people… our peole!

    って繰り返す所でどうしても泣いてしまいます。

    指導者になるべく育ったボロミアにとって、きっと何より重い言葉でしょう。

    彼は、この言葉を胸につぶやくだけでどんな危険にも立ち向かっていける武将だったんだろうと思います。

    そして、それがゆえに指輪に誘惑されちゃったんだろうと。

    その後アラゴルンが息絶えたボロミアに

    son of Gondor

    って呼びかけるのが、また泣けます。

  191. 機能別ヘ より:

    どれをとっても泣けるシーンはあるけど、『王の帰還』では、もうほとんど泣き通しでした!

    ミナスティリスでの戦いが始まってから、もう涙ぼろぼろ。

    でも一番号泣したシーンは、この三つ:

    城が攻撃されて、メリーとガンダルフが「死」について語っとき。メリーはもう、死ぬことで、すべてが終わりと言うようなこと言ったら、ガンダルフは「死の向こう」情景を語って、メリーが「それなら、そんな悪いくはない」みたいなこといいとき。

    ローハンのセオデン王が朝日とともに駆けつけたとき。あのローハンの到着を報せる楽器が鳴ったとき、もう感激で、ドーーっと。

    そしてそして、サムがフロドに「I can’t carry it for you, but I can carry you!!」と言って、身も心もぼろぼろになったフロドを抱き上げるシーン(号泣

    サムの健気で一身な姿がもう、涙なしでは見られません!

  192. 匿名 より:

    はじめまして!自分もセオデン王が士気を高めるために言った「DEATH!」って所ですね!いつ見てもゾクゾクッて来ます!

  193. ゆりぱい より:

    『王の帰還』の最後の最後の戦闘での

    レゴラスとギムリの会話に号泣でした(´;ω;`)

    あと「フロドの為に」って言いながら皆が突っ込んでいく姿・・・

  194. 匿名 より:

    レゴラスとギムリの会話に号泣でした(´;ω;`) >ゅりさん

    おおっ!めちゃめちゃ同志です!!

    この2人の種族の因縁を超えた友情には本当に驚かされ

    且つ泣かされます。

    その極みがあの黒門前の名言ですよね!

    この2人のその後、見たかったなぁ・・・・

    (SEEにはちょこっとありましたが)

  195. ゆりぱい より:

    めるろんサン

    ですよね!!!同志さんがいらっしゃってうれしいです!

    あれは名言ですよね・・・

    本当何回見ても泣きます(´;ω;`)

    確かに見たいです・・・

  196. 匿名 より:

    基本泣きっぱなしなので、1作ずつあげると…。

    そこで泣く?!と、一緒に観ていた友達につっこまれたところ。

    (1作目)ビルボが自力で指輪を捨て、歌いながら旅立つとこ

    (2作目)メリーがエントに「世界の一員なのに?!」と言うとこ

    (3作目)烽火が伝達されていく様

    当然、ほかの泣き所ではすべて号泣。

    何度観ても絶対号泣するのは、

    (1作目)ボロミアの撃たれてから絶命まで

    (2作目)終盤、くじけたフロドにサムがいい話するとこ

    (3作目)For Frodo!

    つーか泣きっぱなしだし!

    何度観ても同じとこで泣いちゃうんだよね。

    ええ話や〜〜(T_T)

    ちなみにメイキングでも泣きました。

    だってキャスト含め、つくってる人達の心意気が、も〜〜(T_T)、感動!

  197. 匿名 より:

    >あやちん様

    烽火の場面は私も泣きました!

    希望の火が次々に灯っていく様に胸がいっぱいになりましたよ。

    烽火って大した発明だったんですねえ。

  198. 匿名 より:

    >まえっち様

    ですよねぇ〜〜!(T_T)

    うれし〜!私が感動しすぎなのかと思ってた(^_^;)

    そうそう、人ってすごいなぁ〜と。

    これはフィクションだけど、現実にも同じ様な状況はあったはず。

    そう思うとね〜!

    もうね〜!

  199. るり より:

    「旅の仲間」判っていたのにボロミアの死にやられました。

    「二つの塔」ハルディアの死に号泣。

    「王の帰還」烽火でだだ泣き。ペレンノール野の戦いでローハン軍が鬨の声を上げる所。突撃直前にエオメルが、馬を駆けさせながら空中でパシッと槍を持ち替えた所には痺れました。

  200. moonhop より:

    「Return of the King」でピピンの歌をBGMにデネソールの食い姿、ファラミア軍の特攻シーン。ここはかなりジーンときます。最後にデネソールの口元からグレープジュース流れるのが「血」を象徴するようで、奥が深いなあって思いつつみるシーンです。ピピンの歌声に泣ける!

  201. 匿名 より:

    「the Fellowship of the ring」でのガンダルフがバルログに捕まって落ちるシーン

    「the two tower」のラストのちょっと手前

    フロドがサムにつらぬき丸を突きつけてから

    「勇者 サム」までのフロドとサムのシーン(長い・・・)

    「retern of the kinng」でのローハン軍の「死のう!!」と言う鬨の声のシーン

    と、「黒門開く」でのアラゴルンの後 すぐに駆け出していく

    メリーとピピン。

    泣きポイント多くて困りますね。

  202. 匿名 より:

    うちが一番泣いたのは二つの塔の最後のほう、

    サムとフロドのシーン(*>△<泣*)w?+゜

    DVDでゆぅと

    『50.心に深く残る物語』 ですねっ(ノд<o。)゜*・。・

    決して道を引き返さなかった・・・ってトコとか・・・

  203. 匿名 より:

    ペレンノール野に角笛が鳴り響き

    ローハンの軍勢が朝日の中に浮かび上がった あの場面(王の帰還)

    激しく感動しました 涙が滝の様に、、、

    映画ならではの効果だと思いました

  204. 機能別ヘ より:

     僕は一作目のアラゴルンとボロミアの最後のやりとりですね。ボロミアの死を前にゴンドールを守ると誓うアラゴルンに忠誠を誓うボロミア、何度見ても泣けます。

     SEE版ではさらに「ゴンドールの民はいつまでも帰らぬ男を待ち続けるだろう」というアラゴルンの台詞が追加され、さらに感動が深まりました。

  205. sakibreed. より:

    ?のlast、アラゴルンの前に満面の笑みのレゴラスが出て来た瞬間号泣でした。

  206. 匿名 より:

    kimさんと同じシーンです。

    あと「人間はいずれ滅ぶだろう、だが今ではない!」と叫ぶアラゴルン。

    死や恐怖を目の前にしながら、守るべきもののために勇気を振り絞る戦士たち・・・たまりません。

  207. 匿名 より:

    >kimさん、わしさん

    私もそのシーンは、涙涙です(ノω・ヾ*)

    というか、王の帰還は、ほぼ、泣いているんで、もう、なにがなんだかわかんない状態ですが^^;

  208. 機能別ヘ より:

    皆さんのコメントを読んでいると、

    一個一個のシーンが浮かんできます。

    映画と小説がごっちゃになっちゃってて申しわけないんですが、

    自分が思い返すのは、

    >「二つの塔」でセオデン王が正気に返ったあと、エオウィンに「お前がわかる」と言い

    >「王の帰還」でのセオデン王が倒れたあとも「お前がわかる」って言うじゃないですか。

    (その直後に「もう目が見えぬ」という)

    P.Jグッドジョブ!!(号泣)

    んで、メリーがエオウィンに助太刀するとき

    小説では「この人はこんな風に死んではいけない、少なくとも何の助けもなく死んではいけない」って思うシーンがあります。

    これは、ボロミアの死を目の当たりにしたことからだと思う。

    国を思って焦って焦って、それでも仲間を守って死んでいったボロミアは、無駄死にじゃなかったんだよぉぉぉ>< 

    メリーやピピンの決断や選択は、ボロミアの死に負うところが多い。

    ボロミアファンってわけじゃないんですが、やっぱり勇者だ。

    映画も小説もエピソードがそれぞれに繋がってて、繰り返すごとに感動します。

    あ、いろいろ思い出して泣けてきた…。

    長くなってすいません。

  209. 機能別ヘ より:

    戴冠式でのアラゴルンとアルウェンのキスシーン

    やっとくっついたゎ って感じでホッとしちゃったw

  210. 匿名 より:

    For frodo!

    で感動しました・・・!

    離れていても、一緒に旅した時間は短くてもやはり仲間なんだ、と・・・

    それから、最後の最後、フロドが晴れやかな笑みを浮かべて西へと旅立つ時。

    ようやく全てから解放されたんだ・・・と思いました。

  211. 匿名 より:

    指輪物語の実写映画化を長年待ち望んでいたものですから、泣きどころではないガラドリエルのオープニングナレーションの部分で泣いてしまいました。あと、兜をとったエオウィン姫がナズグルに「I’m not a man!!」と言い放って、顔面めがけて剣を突き刺すシーンが超カッコ良く鳥肌もので号泣でしたね。その他は皆さんと一緒です。この映画を上回るファンタジー映画の傑作があったら教えていただきたい。私の知るかぎり存在しません。

  212. 王の帰還では泣き通しでしたが、何に1番泣けたかと申しますと、

    エンドロールで泣けました(笑)

    これでもう全部おわっちゃったんだー。と感無量に。もっとあの旅の終わった後の幸せに浸っていたかったなぁ。ってのもありましたが。

    エンドロールで泣けた映画なんて未だかつてありませんでした。

  213. 匿名 より:

    旅の仲間の一番最後、フロドがアンドゥインの川辺で、

    指輪を持って一人でモルドールへ向かおうとするシーン。

    たった一人で重荷を背負い旅立つ・・・  

    切ないです(涙)

  214. 匿名 より:

    王の帰還の予告で泣きました。

    曲から泣きます。

  215. 匿名 より:

    私は、?のフロドに『Go home』って言われたサムが

    顔をくしゃっとして泣いたシーンで号泣。

    それから、ファラミアが死を覚悟で出撃+ピピンの歌声

    のシーンで泣きそうになりました。

    映画だから、数時間に収めなければいけないのは分かりますが、

    私的には、ハリー・ポッターみたいにシリーズ化してでも、

    もっと多くの映像を見たかった!

    3部作ではなく4部作くらいに!でも、もう終わっちゃったんだよね。

    寂しい。

  216. 匿名 より:

    いろいろ泣けたシーンはあったけど、やっぱりもうこれでロードオブザリングは完結してしまうって思った最後フロドが旅立つ時は何か大事な人と別れる時みたいな気持ちになりますね…

  217. シン より:

    ちょっとマイナーかもしれませんが…

    旅の仲間で避け谷から旅立つ前のシーンで、ビルボがフロドに重荷を背負わせたことを心に病み、「わたしを許してくれ」と許しを乞い、フロドがその肩に後ろからそっと手をかけるシーンでホロリと来ました。

    これはもう出てますかね?

  218. 匿名 より:

    みんなのコメント読んでて泣けてきた。

    映画ではやはり王の帰還のセオデン王の死のう!と、君たちは頭を下げなくていい。♪タララ〜ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜ってとこですね。

    原作では、セオデンにパイプ草を教えたピピンが、セオデンの死に対し、もうパイプ草は吸えない云々のくだりと、吟遊詩人に歌を歌われたとこですかね。

    あと、追補編でメリピピが馳夫さんの隣に埋葬されてるとこや、勇者サムワイズ殿の子供たちの名前なんかも胸にきます。

    やっぱいいですね。

  219. 匿名 より:

    沢山ありますが‥‥やはり「王の帰還」でのアラゴルンの冠贈式。ガンダルフが冠を被せ、アラゴルンが歌うシーン!!!その直後のBGM!!!!感無量で何回見ても泣けます。やっと中ツ国がサウロンの恐怖から開放されたと。

    サントラの王の帰還の17曲目がそうですが、これだけでも十分泣けます!!

  220. 李小飯 より:

    アラゴルンの戴冠式の後、エルロンドとアルウェンが現れる所。
    エルロンドが何かを囁いて、アルウェンをアラゴルンの方にそっと送り出すんですが、そこでカメラがアルウェンに焦点を当てて、後ろのエルロンドはぼやけてしまうんです。

    でも、その、アルウェンの顔もいいんやけど、後ろのエルロンドの表情。

    娘が幸せになる事は、別れを意味するんですよね。

    もお何とも言えない表情なんです。厳格な表情ばかりだったエルロンドの父親としての顔。

    もぉ何度巻き戻して見直したか。

    泣ける・・・

    既出だったらごめんなさい。

  221. 匿名 より:

    「ロード」泣けますよね〜☆

    【旅の仲間】

    ●エルロンドの会議でみんなが揉めているのに対し、フロドが自分が行くよ!と立ち上がるところ

    ●ボロミアの死のシーン

    【二つの塔】

    ●エルロンドがアラゴルンとともに終わりある人生を選ぼうとするアルウェンに対し「There is nothing for you, only death.」というシーン

    ●戦おうとしないエントにピピンが「世界の一員なのに!」と叫ぶシーン

    【王の帰還】

    ●父親に認めてもらうため、ファラミアの死を覚悟で隊列を組んで突進して突進していく姿

    ●フロドのサムに向かって「帰れ!」というシーン

    ●「重荷は背負えないけど、貴方を背負う事はできます!」と言ってサムがフロドを背負って立ち上がるシーン

    ●アラゴルンとアルウェンの結婚シーン

    ●灰色港からの旅立ち

    「王の帰還」はホント感動でした(T-T)

  222. 匿名 より:

    みなさまのコメントを読んでいたらまた泣けてきた…

    全編泣けますよね…

    私は今日「王の帰還」をまたみて、セオデンが隊を鼓舞する「死だ!」「死だ!」に号泣しました。

  223. 匿名 より:

    アヤさんとおなじく、皆さんのコメントを見ていたら思い出して泣けてきました…

    細かいとこでいろいろとうるっとくるところはありますけど、特に、1作目、2作目、3作目、各映画の最後のサムの語りで泣けてきちゃいます。サムが最後に話すことはそれまでの旅の出来事で想ったことや感じたことをまとめてくれたような内容なので…毎回胸に来るんですよ。

    そして私が1番泣けるのは『王の帰還』の戴冠したアラゴルンがホビットたちに会うところ。アラゴルンたちが頭を下げようとするホビットたちに『君たちは頭を下げなくていいんだよ』といって自らが頭をさげるところ。そしてそれが集まっていた民衆全体に広がっていくところです。もうここでうるうるが最高潮に…

    予告や受賞式などで、そのシーンの映像が出るだけでも泣けました。

    あと、映画公開当時は、ロードのテーマ曲(?)のあの曲が流れるだけでうるうるしてましたよ!!

    本当に感動できる映画です。

  224. より:

    はじめまして。

    地味ではありますが、個人的な泣きのツボは

    「旅の仲間」でボロミアが討たれ、メリピピが連れ去られる時

    一瞬ですが、メリーがボロミアに縋り付こうとする仕種や目の演技。

    あと「王の帰還」でシャイアに戻ってからのフロドの独白と

    オーバーラップするガランとして生活感のない袋小路屋敷の描写。

    ビルボが住んでいた時はあんなに賑やかだったのに…。

    フロド自身の心象表現のように空虚で、これまた涙です。

  225. 匿名 より:

    やっぱり1番は、最後にフロドが旅立つシーンでしょう。

    中つ国での役目が終わったため、旅立つフロド。

    フロドの自己犠牲に涙しました。

    または、サムから指輪を醜く取り上げるシーン。

    フロドが今までどれだけ指輪に蝕まれてきたかが良くわかる場面ですね。

    それを感じると共に、少しの間しか手に持っていなかったのに

    動揺してしまう自分に気付くサムの悲しみがよく伝わってきます。

  226. 匿名 より:

    やっぱ最後のアラゴルンが大勢の敵に飛び込む前の兵士を勇気づける演説ですな!号泣だよw

  227. 匿名 より:

    オーソドックスですが「王の帰還」の最後、死にかけのフロドにサムが「シャイアでは今頃…」と話すとこですね…
    私は指輪を運ぶことはできませんがフロド様を運ぶことならできます!!さぁ捕まって!!
    劇場で見たときは隣にダチがいたので泣けませんでしたが家で一人でみた時は涙止まりませんでしたょ。
    と、今文章を書きながらあの場面を思い出し涙が落ちそうでしたっ

  228. 匿名 より:

    『王の帰還』でゴンドール軍を助ける為に10万のサウロン軍に突撃するローハン軍のシーンが必ず泣けます!!

    セオデン自身、一瞬サウロン軍を見た時に恐れを抱くも過去の失態(2つの塔)を払拭する為、勇敢に指揮をとる…

    セオデンから帝王学を学べました!

  229. 匿名 より:

    昨夜ひさびさ王の帰還を観たんだけど、やっぱいーですね。

    皆さんが言う場面は勿論の事、帰りの分までレンバスの配分を考えてたサムがとうとう帰りは無い、と言ったとこも泣けましたよ。

    陽気なホビットがそこまで追い詰められてんのか!と。

    あと指輪投函後にフロドが色々思い出し、サムがロージーの事を語るくだりも泣けてしょうがないです。

  230. 匿名 より:

    皆さんのコメントを読んで熱さが込み上げ、王の帰還のサントラを聴きながら出勤しました。

    モチベーションがものっそい上がります!!

    映画と原作はそれぞれが補完しあっているので両方大好きです!

    王の帰還に至っては最初から最後まで本当に泣きっぱなしでしたが、ちょっとマニアックな所を挙げさせて頂きます!

    ・アンデュリルを渡す時、エルロンドとアラゴルンがリン=ノドを呟いた所に感動。追補編を読んだ人の特典ですよね!

    ・ゴラムが指輪を手に入れた、あの喜び。落ちる瞬間の、あの穏やかな表情。溶岩に飲み込まれながらも、指輪しか見えていない所…

    ・鷲たちに運ばれるフロドの、疲れきった表情。

    そしてバックに流れる歌の歌詞が、原作で確かサムがその後に言った「悪いことは全て終わったのでしょうか?」のような言葉と知った時に鳥肌が立ちました。

    ・灰色港でのメリーの涙。彼の演技が一番私と共感してました。

    原作では「デュネダインにはアンデュリル!ロヒアリムにはグースヴィネ!」等、男たちの友情の厚さに感動しっぱなしでした!!

  231. 王の帰還の上映前に予告見て待ってるとき、これで終わる…と思ったら泣けて来ました(爆)

    あとは狼煙、ピピンとメリーの再会、更にラスト20分ぐらいは泣きっぱなしでシーンとか関係ない感じでした(爆)

    あと…ボロミアの最期、セオデンの最期も泣いた〜。

  232. 匿名 より:

    ゴラムによってフロドが騙され、サムに「帰れ」って言われるシーンがまん顔

    その時の、サムが可哀相で仕方なかったです泣き顔あせあせ(飛び散る汗)

    あの時は、さすがにゴラムを憎みましたねあせあせ

  233. 匿名 より:

    ゴラムによってフロドが騙され、サムに「帰れ」って言われるシーンがまん顔

    その時の、サムが可哀相で仕方なかったです泣き顔あせあせ(飛び散る汗)

    あの時は、さすがにゴラムを憎みましたねあせあせ

  234. 匿名 より:

    ぼくはやっぱり二つの塔の最期のサムの台詞。
    物語の世界に入った気がするってところだよ。
    フロドの質問にこの世には命を賭けるに値する尊いものがあるみたいな・・サムがすごい良く感じたよ

  235. 匿名 より:

    ・のろしのリレー。

    ・ミナス・ティリスで、ガンダルフがピピンに死生観(みたいなの)について語るとこ。

    ・ファラミアの軍隊が出陣する行列のシーン。

    ・ピピンのうた。

    ・黒門前で、アラゴルンの次に真っ先に敵に向かっていくのはピピンとメリーだった。「あーー、この二人はホントにフロドの為に戦ってる」……と感動。

    ・最後のミナス・ティリスで、皆がホビット4人の前に跪いたとこ。

    ・アルウェンが森の中で未来を観たとこ。

    ・ローハン軍が朝日と共に到着したとこ。

    ………挙げればキリがありません。

    特に、第三部は最初から最後まで泣きっ放しでした泣き顔

    映画が終わった後は『これで旅の仲間もホントに解散なんだ……』と号泣。

    自分もフロド達と一緒に旅を続けてきた気分でした。

  236. ちょ より:

    指輪を捨てる山を登ってる時にサムが疲れ切ったフロドにシャイアの話をするシーン*

  237. ちょ より:

    ファラミアがこう言うところ。        「兄さんの代わりに僕が死ねばよかったんですね」
    デネソール「………」

    ここがいい泣き顔

  238. ちょ より:

    ≫238 もんたさん

    初めから終わりまで激しく同感です!(`・ω・´)

    王の帰還はもう…ほんと、ずっと泣いてた記憶しかないくらいですし。次々と狼煙が上がっていくシーンも、「二つの塔」でエオメル達ローハン軍がガンダルフと到着するシーンも鳥肌もんです!

    あと何つってもサムの台詞です。ほんと、挙げればいくらでも出てくるのですが…彼がひたすら涙腺刺激することばかり言うので大変でした。・゚・(ノД`)・゚・。笑

  239. 匿名 より:

    すべて見た後はあまり泣けないかもですが、

    ・ガンダルフがモリアで落ちた後のスローになるシーン〜カラズラス峠?でフロドが振り返るシーン。

    あそこは、泣くというよりか胸が苦しくなりましたがまん顔

  240. 匿名 より:

    ↑に同じ!

    みんなが肩を落として沈んでいるときに、フロドだけ前に進もうとがんばってるってとこが涙

    ホントは一番つらいはずなのに・・・って思うと

    すごく悲しくなります雨

  241. 匿名 より:

    やっぱサムだな。最後のフロドを背負うシーンは感動。涙でもうスクリーンが見えないよ

  242. 匿名 より:

    のろしのリレーは泣けました。。

  243. 匿名 より:

    最後フロドの旅立ち…オデコにkissされた時のサム…に涙泣き顔

    やっぱりサムでしょうね〜クローバー

    「あなたは背負えますexclamation」とフロドを担いで岩場を登っていく姿胸が熱くなる〜ほっとした顔

    でもどのシーンも胸に響きますぴかぴか(新しい)

    ホント最高の作品ぴかぴか(新しい)ハート

  244. 匿名 より:

    どこもよかったですハート

    サムが旦那さまって背負うシーンとエオウィンが男に扮して戦い、王(名前忘れました涙)が刺され、死んでしまう王そばで見守るところ

  245. 匿名 より:

    「そなたがわかるぞ。エオウィン」

    ここはやばぃッexclamation涙と鳥肌が…泣き顔ハート

  246. 匿名 より:

    滅びの山で倒れたフロドをサムが故郷を思い浮かばせながら励ますシーンは忘れられません!泣き顔

    涙が止まりませんでした。泣き顔

  247. 匿名 より:

    よしのさん>

    なっぱさん>

    すごく分かります涙泣き顔

    『わたしは女!』って倒すとこカッコイイですよね〜(´・ω・`)ハート達(複数ハート)

  248. 匿名 より:

    すごくわかります泣き顔
    私的は、ローハンの戦士がデーッドって叫びながら、ミナスティリスを助けるとこ
    エオウィンが王様を助けて、涙するとこ
    サムがクモと戦う&サムがフロドを背負う
    以上です

  249. 匿名 より:

    みなさんの意見どれも共感!
    私の感動シーンは

    旅の仲間
    ・誰が指輪を捨てにいくかもめていると、フロドが僕が行きますと言うのを聞いたガンダルフの苦渋の表情
    ・ラストで一人で小舟で行こうとするフロドを泳げないサムが追いかけるとこ

    二つの塔
    ・大軍で攻められると分かり弱気になったレゴラスに私も一緒に死ぬといったアラゴルン
    ・朝日とともに現れたガンダルフ

    王の帰還
    ・蜘蛛ばあさんと闘うサム
    ・フロドを背負うサム
    ・指輪を溶岩に捨てるのを止めたフロドを見て泣くサム
    ・結婚したサム

    ちょっとサムファンとしては、片寄った意見かな

  250. ティム より:

    はじめまして。

    自分は原作読まずに映画から入ったんですが、旅の仲間の最後の方でガンダルフがバルログと一緒に落ちていくシーンで泣きました。

    あの時はガンダルフが死んじゃったと思って悲しかったのを覚えてます。

  251. 匿名 より:

    ボロミアが必死でホビットを守って、たくさん矢を受けながらも戦うシーン。
    最後、アラゴルンに看取られて、自分のしたことを悔いて死ぬとこはもーボロ泣きでした…

  252. ミゾコ より:

    私もボロミヤが矢で刺されるシーンに泣きました涙バッド(下向き矢印)

    矢が刺さっているにも関わらずメリーとピピンの為にも必死に闘っている姿…

    アラゴルンに最後の言葉を言うシーン…

    私は何回見てもボロ泣きします(T^T)あせあせ(飛び散る汗)

  253. ミゾコ より:

    「旅の仲間」

    ボロミアの死

    泳げないサムが川に入って追いかけてゆくとこ

    「二つの塔」

    最後でガンダルフ達が朝日と共になだれ込んでくるとこ。←鳥肌も立ちました

    「王の帰還」

    烽火

    ピピンの歌〜ファラミア絡み

    死だ!

    エオウィンとセオデン

    でも貴方は背負えます!

    戴冠式の跪きからのフェードアウト

    等々

    もう「王の帰還」は特に泣けすぎて困りますがまん顔何度も見てるのに…

  254. 匿名 より:

    旅の仲間の冒頭。
    小6の時に原作を読んで20年、夢にまで見たガンダルフが、スクリーンの中で「わしは魔法使いじゃぞ、フロド=バギンズ」と顔を上げた瞬間、視界が滲みました。
    フロドの「遅いじゃないか」は全てのLOTRファンの気持ちを代弁してます。

  255. 匿名 より:

    好きなシーンは山ほどありますが、

    作品としては、一番「二つの塔」が一番好きでほっとした顔

    更に、最後の方オスギリアスが襲撃を受けるシーンで、

    サムがフロドを勇気づけるシーン。

    「心に深く残る物語」を話すシーンです。

    僕はこのシーンを初めて映画館で観たとき

    声が出てしまうくらい大泣きしました泣き顔

    今日もムービープラスで見ていて大泣きしました・・・。

    あのシーンが本当に好きです。

    一番好きです。ぴかぴか(新しい)

  256. 匿名 より:

    サムがフロドを背負って滅びの山を登るシーンに感動しましたぴかぴか(新しい)何度見ても泣きます涙

  257. 匿名 より:

    mixi始めたばかりでこれが最初のコメントです

    私もゴンチェさんと同じで
    旅の仲間の冒頭フロドがガン爺を迎える辺りでいつも泣きます。
    あとあと彼らを待ち受ける苦労を知ってるだけにあの平和でのどかな様子がたまりません…
    あとやっぱり
    やっと映像で見られる嬉しさも初回の時は大きかった〜

  258. 匿名 より:

     ミゾコさんの ガンダルフ達が朝日と共になだれ込んでくる所

    ここは素晴らしいシーンですよねっ。

     でも、泣ける・・・としたらカエルの一番は

    ゆっちさんと同じ・・・サムがフロドを背負う所。

     

     サムのあのセリフにグッときますね。

    本を読んだ時も、泣いちゃいました泣き顔

     LOTR 万歳っexclamation ×2

     

  259. 匿名 より:

    皆さんのコメントで画面が思い出されて泣けてきます。。

    サムが泳いでフロドを追いかけるシーンのフロドミートゥでしたっけ?

    あそこがどうしようもなく泣けます。

    あとやはりサムの心に残る物語のくだり。

    ウサギのシチューのシーンでサムが味見しているのも泣けます。

    非日常の旅だけど、サムのおかげで何か失わないものがフロドにはあるんだなぁと思って。

    味なんてどうでもいい位の辛い旅なのに、塩まで持ってきてる彼に「家に帰る」事や世界への希望を感じます。

    サム大好きなのでかなり彼に偏っていますが、、

    全編泣けといわれたら大体泣けますが、それでは見れないので我慢。

    指輪は小説もバクシも好き。本当に出会って良かった作品です。

  260. 匿名 より:

    映画三作とも最後ではいつもサムが泣かせてくれましたね〜

    物語の根幹のテーマは常に彼が影で背負っていた感がありますね。

    個人的にはアラゴルンが決死の覚悟で最後に黒の門に突入する時のこの台詞

    「フロドのために…」

    が好きですね。

  261. 匿名 より:

    何度見ても感動するシーンはいくらでもあるけど、僕が敢えてあげたいのは…

    旅の仲間でのガンダルフの言葉

    モリアで、自分の荷の重さにくじけそうになるフロドにかけたこの言葉…

    「つらい目に遭うと皆そう思うが、どうにもならん。それより今、自分が何をすべきか考えることだ。この世では善悪の力に加えて運命の力が働く。」

    困難に出会うとこの言葉を思い出しますパンチ

    皆さんに負けないくらいかなりのLOTR好きです猫

    よろしくお願いしますむふっ

  262. 匿名 より:

    私もミナスティリスで泣きました!!

    あれはすごいですよね冷や汗

    あと二つの塔のヘルム峡谷での戦いの5日目の朝晴れぴかぴか(新しい)ですね!!!

  263. 匿名 より:

    『王の帰還』より。

    サウロンの軍勢がミナスティリスに攻め込み、城門も破られ遂にここまでか…ていう時…

    『ボオオォォォン』

    鳴り響く角笛。

    この時点で僕の心臓はバクバクでした。

    「きた…きたよ…。」

    そして、ペレンノール野の向こうからセオデン率いるローハン軍が現れるのです。

    ここで僕はウルウルしておりました。

    「おぉぉ…。」 

    勇ましくサウロンの軍に突撃するエオルの子達。

    更にローハンのテーマ曲が流れてたので、僕は圧倒されて泣きじゃくっていました。

    「凄い…。あんたたちカッコよすぎるよ…。」

    以上です。

    長々とすみませんでした。

    短くまとめられないのが、僕の悪いところです冷や汗

  264. 匿名 より:

    初めましてうれしい顔      泣いた所は、映画館で特別にスペシャル・エディションが上映されてて三部だけが見れなかった涙でも、レンタルショップっで借りて見たときは泣けた涙

  265. 匿名 より:

    ボロミアが一人でピピンとメリーを助けようとして、死んでしまうところは、何度観ても泣きますがまん顔

    最後にアラゴルンがボロミアを助けに来てホントによかった(;_;)

  266. 匿名 より:

    皆さんも挙げてらっしゃいますが、やっぱりサムの「I can’t carry it for you,〜」ですね〜泣き顔
    サムの優しさ、ひたむきさに号泣です。
    何があってもフロドを支える。彼は強いですよね涙
    なのに…「The ring is mine」ってフロドぉぉぉぉぉむかっ(怒り)サム報われないバッド(下向き矢印)

    あとはフロドが目覚めてガンダルフと再会のシーンです。
    1のラストでガンダルフが落ちて以来別行動だったから、まさか再会できるなんて思ってなかったんだろうな〜って考えたら、グッと込み上げてきました泣き顔
    ガンダルフの絶妙な表情もイイほっとした顔さすが、名優ですよね。
    長文失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)

  267. 匿名 より:

    「サムお前がいてくれてよかったよ」
    っていうフロドのセリフexclamation ×2
    あれはきましたね〜泣き顔泣き顔

  268. 匿名 より:

    『旅の仲間』の最後、フロドがガンダルフの言葉を思い出しながら、指輪を握りしめて一人行く決意を固めるところ…
    勇気をふりしぼる涙は何度見ても泣けますたらーっ(汗)
    原作では、メリーとピピンとサムの3人がフロドに着いて行く計画を告白するところ…
    メリーって本当にいい奴ですたらーっ(汗)

  269. 匿名 より:

    私は、王の帰還で、ファラミアが父のデネソール候にオスギリアス奪還を命じられて出陣していった後、ガンダルフが一人ポツンと座ってるシーンです。

    とても悲しくなります涙

    あと、ファラミアがデネソール候に兄の代わりに死ねば良かったのに的なこと言われるシーン…もうやだ〜(悲しい顔)