とりあえず作ってみたのですが

人気の記事:

コメント

  1. fuzzball より:

    メジャーな作品しか読んだことが無いのですが、

    ポチポチと制覇していこうと思っています。

    来年公開予定の映画「乱歩地獄」のニュース記事です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040512-00000029-sph-ent

  2. 原作の四本が全部短編だから仕方がないのでしょうけど随分と内容変わってますね>乱歩地獄

    原作至上主義で声高に乱歩を叫ぶのもうそ寒いので、漠然と良いものを作って欲しいとは思っていますが、どうも乱歩は映像メディアとは相性が悪い様で少し心配も・・・

  3. 初めまして。

    テレビの乱歩Rは、ストーリー変え過ぎですなあ。

    はい、この名前小説からいただきましたw

    「美輪さん好きなの?」と聞いてくる方や、

    「名前が怖い」とか言われますw

  4. より:

    はじめまして。

    どうしても映像になるとちょっと違う・・・というのが多いですね。

    以前にもRAMPOというタイトルで映画化されてましたけど、あれもあんまり・・・という感じでした。

    そういえば、立教大学構内にある、乱歩が使っていた土蔵が一般公開されると聞いたのですが、詳細ご存知の方いらっしゃいますか?

  5. ぱん より:

    はじめまして。

    乱歩や新青年の雰囲気が大好きです。

    乱歩の土蔵は8/19〜8/24に公開されるみたい、すごく楽しみです。

    http://www.rikkyo.ne.jp/%7Ekoho/ranpo/

  6. AD より:

    盲獣VS一寸法師見たいです…。

    札幌では上映予定なさげ…(´・ω・`)

  7. より:

    江戸川乱歩邸は池袋立教大学のそばにありました。

    息子さんの平井隆太郎氏が立教大学の先生をしていた縁もあり立教大学に託されたようですよ。

    一度仕事でおうちにお邪魔したことあり土蔵を拝見させていただきました。出てきたくなかったよ・・。

  8. 陽子 より:

    はじめまして。

    乱歩作品群の中ではデロデロネットリしている短編系が好き。

    「芋虫」「踊る一寸法師」とか、私のリビドーに直球ど真ん中です。

    『乱歩の土蔵』うゎ!行きたいなぁ。。

  9. らぶーん より:

    初めまして。

    「芋虫」を中学生の時読みました。

    オヤは「乱歩=二十面相」と思ってるんで、私がヤバイ世界に行きかけてるのに気付いてませんでした。

    同時期に夢野久作も読んでたんで、作者と作品が混乱してます。

    >土蔵を拝見させていただきました。

    うらやましいです!

  10. kaori より:

    私は乱歩さんの「狂気の世界」の方の小説が好きなタイプですがよろしいでしょうか?

    やっぱり一番好きな作品は「虫」ですね。

    あそこまで人間の狂気や現実感を表した作品はないと思います。

    特にこの作品の主人公の殺す動機が、またなんとも生生しくて好きです。

    人間の本質の一つであると思われる狂気の世界を非常にうまく書いている乱歩さんが好きなので、参加しました。

  11. kaori より:

    ポプラ社の少年探偵団シリーズを小学生の頃読み、

    どっぷり乱歩にハマってしまったのですが、

    周りにはあまり好きな人がいないので寂しいです。

    今光文社から出てる 江戸川乱歩全集も買い漁ってます。

    一番好きな作品は「悪魔の紋章 」

    短編では、「心理試験」「鏡地獄」が特に。

  12. AD より:

    私も、光文社のシリーズ集めているところです。

    春陽社のは全部もってるんですが、2ちゃんねるの書き込みに、出版社によってちょっと違う(表現とか)と書いてあったので、集めてみることにしました。

    こないだ悪魔の紋章読み終わったところです。後ろに載ってる解説がちょっと面白かったです。何点かつっこみ入ってました。

  13. meishaman. より:

    はじめました。乱歩が学生時代(その後も)住んでいたあたりに住んでいます。牛込あたりを相当転々としていたかと。

    小学生のときにはじめてまともに読んだ文学が乱歩でした。同じ組のかわいいけど、ちょっと変わっていたN子と競争で、子供向けに書き直された、全集を読破しました。たしか44巻くらいまであったような。風邪ひいたときに読んだ「幽鬼の塔」「一寸法師」でさらに具合が悪くなり学校をたくさん休んだ思い出があります。

    そして彼と同じ学校の同じ学部(しかし学科違いなんだなこれが)に進み卒業しました.

  14. ウツボ より:

    乱歩はやはり小学校の図書室で借りて読み始めたのですが、

    あの少年探偵団の雰囲気が好きで、齢20を過ぎても日常的に

    1920〜30年代の雰囲気を求めて止みません。

    乱歩を無性に読みたくなるとき。ほとんどそれは

    現実の何かからエスケープしたいときです。

    非常に効き目のあるクスリだと思います。

    問題はなんら解決されないで先送りにされるのですが。

    最近妙に気に入っているのは昭和18年の作「偉大なる夢」です。

    中盤から後半にかけてだれますが、雰囲気が何とも言えず好きです。

  15. ヤエコ より:

    うちの母も「乱歩=二十面相」なイメージしかなかったのか、

    「お父さんの本棚に1冊あるよ、面白いよ」と勧めてくれたのが

    最初のきっかけです。以後どっぷり。

    ちなみに小学生の私に勧められたそれは「化人幻戯」でした。

    いいのか母よ。

  16. AD より:

    小学生に化人幻戯!アブナイ!(*・∀・*)

  17. 小学校の頃は本をほとんど読まない子だったので、実際に

    江戸川乱歩の小説を読み始めたのは17・8歳位の時。

    大槻ケンヂのエッセイに影響されて。

    でも、今となっては子供の頃なぜ「二十面相」を読まなか

    ったのか激しく後悔・・・