霊ナァンテコワクナイヨー

人気の記事:

コメント

  1. ナギィ より:

    >カーニシさま☆

    この本、題名に恐れをなして(特にカタカナが・・)

    まだ読んでいないのですが、、

    やっぱり名著なのですねっ!早速読んでみます!!!

    実は、最近ちょっとテンションが下がりがちなので、

    美輪本を棚から引っ張り出して読んでるとこなのです。

    (ちなみに今日は『愛の話 幸福の話』)

    美輪本ほど心に「効く」本は無いですよねー!

    何度も何度もしつっこく読めますよねー

  2. SA×2 より:

    この本は、1982年に出た『獅子の座布団』という絶版の本に加筆した感じの内容です。

    『獅子の座布団』は自分にとって座右の書だっただけに、

    この本が出てよかったと思っています。

    ちなみに『獅子の座布団』はいま辛酸なめ子さんにお貸ししています。

    先日偶然『霊ナァンテ〜』の担当編集者と名刺交換をして、

    ちょっとびっくりしました。

  3. 萎芽子 より:

    私も美輪さんの弟子の弟子の方に

    お墓や先祖のこと聞いてから

    知らなかった先祖のお墓にも新年早々行って

    それから急速に偶然が偶然を呼び始めて

    なんか面白い事になっています。

    ご先祖パワーに激しく感謝しております。

    ちなみにその弟子の弟子の方

    雑誌で最近なめ子さんのこと占ったひとでっす。

  4. 萎芽子 より:

    SASAさん本借りっぱなしですみません!

    今度お送りいたします

    弟子の弟子の方ってsaitaに載っていた方でしょうか?

    (該当号が送られてこないので未確です)

    ちなみにこの、新刊を先日かなりたくさん立ち読み

    してしまったら、その祟りか、直後に食べたイカが

    喉に詰まって死にそうになりました

  5. 真由 より:

    まだ読んで無いので、本屋に走ります!!

    本といえば、最近久しぶりに『ほほえみの

    首飾り』を読み返しているところです。

  6. 力ー二シ より:

    ねーカタカナってところがきょわさ倍層っすよねーナギィちん!

    でもって、『獅子の座布団』ってそのような内容の本だったんですねー『獅子の座布団』のみ書いてあることとかってあるのかちら?気になりまっす!SA×2さん!

    ゆうこたんもなんかどがーんと開いてるよね、んで、広がってってておもちろい!

    祟り!ひー買うべきっすよ、2冊くらい!萎芽子ちん。つーか、後半が面白いっすよ〜

    ののちん!走って走って!

    表紙のイラストきゃわいいっすよね、よく見たら〜

  7. 真由 より:

    走ります!明日こそ。きゃわいいイラスト早く見たいです〜

  8. ナギィ より:

    萎芽子しゃん!

    そのとーりです!

    私は弟子の方のオフィスで

    saita見ました。

    かわいい写真デシタ!!

  9. ナギィ より:

    昨日読み終わりました・・・。

    ごめんなさい、コワクナイヨーどころか、コワカッタヨー。どうしよう。。。お墓参り行くべき?(石川県なんだけど)

  10. SA×2 より:

    カーニシさま

    >でもって、『獅子の座布団』ってそのような内容の本だったんで<すねー『獅子の座布団』のみ書いてあることとかってあるのかち>ら?気になりまっす!SA×2さん!

    だいぶありますよ。

    「霊ナァンテ〜」は全体的に現代風にアレンジされています。

    「獅子の座布団」にはエッセイと詩も載っています。

    古本屋などでゲットされることをオススメいたします。

  11. 力ー二シ より:

    ナギイちん…行くべ…き……。

    イクベキダヨー。何かが変わるかも!

    SA×2さん!そうなのかー今速攻ヤフオク見たけどなかった…あと、日本の古本屋も見たけどなかった…負けない!探すよ

  12. 萎芽子 より:

    獅子の座布団って文庫にはなっていないんですよね?

    紫の履歴書は文庫で出ているんでしたっけ

    弟子の方に、実際に鑑定されなかったのが悔やまれます

  13. ナギィ より:
  14. syu より:

    はじめまして。。。

    美輪さんの本はいっぱい買ってます〜^^

    霊ナンテコワクナイヨ

    もおもしろかったです〜

    そうですね〜実家へ帰ったら墓参りはいきましょう^^

    わしもいきます。。

  15. フミ より:

    お墓参りは、人としての基本ですよね。

    今年こそ、別れたダンナのご先祖様に、会いに行かないと。

    私にとっての、美輪様バイブルNO.1は、

    「地獄を極楽にする方法」です!

  16. フミ より:

    わたしも、母が美輪さん大好きでほとんど本はもっていますー。

    美輪さんの体験談すごいー!と思って、

    いろいろ友達に話して、「クレオパトラが降りてきた」話に

    さしかかると、それはいくらなんでも嘘だよー!と言われたので、

    がっくりしてしまいました。

    私は、信じてます−

  17. フミ より:

    >つるやっこさん

    >いろいろ友達に話して、「クレオパトラが降りてきた」話に

     さしかかると、それはいくらなんでも嘘だよー!

    私も友達に話すと、あまり信じてもらえません。話してる本人も、

    ちょっと興奮気味で話してるので、信じてもらえないというか、

    わけがわからない様なのですが・・

    以前父に(三輪さんと同じ年)三輪さんの話をしたら、

    「知ってるか?あいつは、男なんだぞ!」

    っと怒鳴られました。(知ってるって!)

    父のリアクションを見てると、

    三輪さんが世間に与えた衝撃って

    すごかったんだなぁ〜。強いなぁ〜三輪さんと思います。

  18. ゆうこさん より:

    初めまして。

    美輪さんの名言の数々は心の糧になりますね。

    ここを探し当てたら、お墓参りのことで引っかかり、、

    先日、我が家の仏壇の花がドライフラワーになってたことがあり…….。お墓参りはお彼岸には行ってるんですが。。

    「霊ナァンテ…」、かなり興味あります!

    もっとご先祖さまを敬わなくては…

  19. はまっち より:

    私はお墓参り行けてないので、とりあえず何はともあれ

    亡くなった祖父母のことを思い出して心の中で話しかけ

    たり、ありがとうと言ってみたりしています。守られて

    いるなぁと思うので。

    でも本当はちゃんと手を合わせた方がいいんですよね。

    今自分がここで生きていられるのは、自分の中に何百、

    何千というご先祖の方々の血が流れてるんだからなぁ。

  20. はまっち より:

    はまっちと申します。

    よろしくお願いします。<(_ _)>

    今朝、数年ぶりに父方の祖父の夢を見ました。

    そこで、本にも書いてありますように今日も

    お墓参りしようかなと思い、実家に電話する

    と「今からお墓参りに行く!」との返事でし

    た。

    結局、身内と一緒にお墓参りに行ってきまし

    た。(これも因縁なのでしょうかね。。)(^.^)

  21. 機能別ヘ より:

    この本に救われた一人です。私の場合は気学、方位学を教わりました。あれから祐気取りしまくりです。

    質問があります。

    もし御存知の方がいらしたら教えていただきたいのですが、p120に、「ある作家さん」がマンションを立てたところ、そこの磁場が悪いらしく、まず奥さんがなくなり、ご本人がなくなり、息子さんがガンで死んで、その弟や妹も・・・というくだりがあります。

    そこってどこですか!?

    っていうか、その作家って誰なんでしょうか。

    (具合が悪ければ、伏字、頭文字だけでも結構です。)

    昔どこかで、東京大学のあるHだと読んだような気もするのですが・・・。

  22. ミック39 より:

    こんにちわ。

    この本との出会いは4年前に新聞の広告で出てて

    なんかとても読みたいなあと思いました。

    それなのになぜか書名を忘れてしまい

    書店にいけば本があって思い出すだろうと思い

    何回か書店に行った所見つからず。

    そしてこの本の事もわすれてしまった(顕在意識で)

    ある日ふっと「何かに呼ばれた」ような気がして

    書店にはいりました。(私は自分に必要な本との出会いはこういう事が多い)

    するとあったんです。この本が。

    そうそう、「霊ナァンテコワクナイヨー」

    書名が書名だけに(笑)

    波動が合うか本をパラパラめくってみた時

    あるページを見て即購入を決めました。

    そのページには美輪さんのお母様が2月の21日は命日だと

    書かれていました。

    その書店に入った日・・・・なんと2月21日だったのです。

    美輪さんのお母様が亡くなられてから60年後でした。

    お家に帰り本をお仏壇に備え手を合わせました。

    今日は2月21日です。

    梅のこの季節手を合わせています。

    合掌

  23. 匿名 より:

    私も数年前、この著書や美輪さんの言葉を聞いて、ハッとしました

    家の事情もあり小学生以来、全くお墓参りをしていなかったのです

    昨年末、私は派遣切りにあった直後のことです

    なぜか夢に出てきた祖父から実際に連絡があり、

    ようやく今年の1月にお墓参りが出来ました

    気持ちがすっとしました

    その数日後、応募した派遣の案件にトントン拍子で採用が決まりました

    非常に厳しい状況の中、本当にありがたいです

    そして今日は、美輪さんのお母様の命日ですね

    合掌

  24. 匿名 より:

     今日2月21日はそういう特別な日なのですね。教えて頂きありがとうございました。このコミュニティーも、更新のつどチェックしているわけではありませんが、たまたま今日気づいたのは与えられた御縁のなせる技でしょうか。

     「霊ナアンテコワクナイヨー」は、PARCO出版から発行されている、あのサイズの美輪さんの著書の3冊目ですよね。前には「人生ノート」「正負の法則」があり、後には「世なおしトークあれこれ」が続きます。今、ミック39さんとMAXねーさんのメッセージを拝見して、この4冊を引っ張り出して来て机の上に並べてみました。

     このサイズは読みやすくて、特に思いついたときや寝る前に寝床で読みかえすのに都合が良く、また壮丁が素敵で、書棚に並べておくといい雰囲気を醸し出してくれます。そこに、出版に携わられた方の思いや、心遣いを感じます。ボクは、なかでも「霊ナアンテコワクナイヨー」が一番自分の好みになっていて好きです。

  25. 匿名 より:

    サイン本を持っています♪

    天草四郎殿のイラストがステキです♪

  26. ギロロ伍長 より:

    あわせて 佐藤愛子氏の「私の遺言」も読まれることをおすめしますよ。

    違う角度から美輪様の力のすごさが垣間見られます。

    興味のある方はアマゾンで検索してレビューを読まれてみてくださいナ!

  27. 匿名 より:

    初めに美輪さんの本を読んでから10年くらいになるのですが、

    霊の話や、霊感の話にとても衝撃を受けたのを覚えています。

    でも、あぁ、やっぱりなぁ。というい感じもありました。

    その当時は、こんなすごい本があると、あまり言える人もいなかったけど、

    今では、美輪さん、江原さんの「オーラの泉」が放映されるなど、

    (打ち切りの話をコミュで知り残念です。)

    世の中はものすごいスピードで変わってきたなと思います。

  28. 匿名 より:

    きみちゃんさま

    オーラは打ち切りじゃないですよー

    関東なら今週の土曜日(30日19時テレ朝で)、放送されますよー

  29. 珠稀 より:

    他の本は面白いと思ったけど

    これはあまり、私には響きませんでしたあ。