こんにちわ

人気の記事:

コメント

  1. 頼人[yori] より:

    メディアアートですか。

    私は都内のNTT-ICCくらいしか行かないので、

    どなたか、好きそうな方。

  2. マクルーハンネタじゃなくてごめんなさい。(遅ればせながら。)

  3. しばらく前に、神保町の古本屋でマクルーハンの本が300円くらいで売ってたので買おうとしたら、最近の若い人もそういうの読むんだねえと感心されてしまいました。うーん、むしろ古典だと思います、と答えておきました。三省堂に向かって左隣の店です。役に立たない情報でごめんなさい。

  4. AYU より:

    >宙音 Premiumさん

    メディアアートって何ですか?

    その後、コミュニティはできてます?

  5. AYU より:

    メディアアートのコミュニティはありますよ。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=5287

    ◆関連コミュニティ

    NTT ICC

    インタラクティブ art&design

  6. AYU より:

    >つしまさん

    情報ありがとう。

    メディアアートの内容はほぼ解っていたのですが、

    ずいぶんアートから遠ざかっているので

    一般用語としてもう認識されてる言葉なのか

    確認したかったのです。

    助かりました。

    事務所がオペラシティの近くなので、

    作品自体は子供とときどき観ています。

    ところで、

    ぼくは1968年当時に購入した

    『メディアはマッサージである』の初版本を持っています。

    前後に『人間拡張の原理』と

    『メディア論』も購入してるのですが、それは残っていません。

    どれも、大学受験浪人してたときに購入したのですが

    「テレビはクール・メディア」

    「ラジオはホット・メディア」とか、

    『メディアはマッサージである』という言葉に

    直感的に魅力を感じてハマりました。

    なにせ、頭脳がロジカルじゃないので

    『人間拡張の原理』と『メディア論』は

    読みこなせなかったのですが、

    『メディアはマッサージである』は造本がおもしろかったので、

    今だに残してあるのです。

    ブックデザインは東京オリンピックのポスターを担当した

    亀倉雄策ですが、

    マクルーハンのイメージに合わない、

    古いデザインだなと思いました。

  7. ノリ より:

    mixiという身体拡張原理と共有方式は新しいメディア論になりそうですね。雷神さんいや頼人さんは面白い。頼人さんのメディア論研究もおいおいやりましょう。

  8. ノリ より:

    ↑McLuhanの正統派継承者と言われ、McLuhan理論を拡張している、Derrick de Kerckhoveの”Connected Intelligence”はまさにそう。

    http://www.mcluhan.utoronto.ca/derrickdekerckhove.htm

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757100183/250-5525705-4695406

  9. ノリ より:

    Kerckhoveの”Connected Intelligence”は未読でした。さっそくアマゾンで注文です。日本のメデイア論ではなかなか共有知をまともに議論しない気がしますがどうでしょうか?ライブドアーとフジのニホン放送争奪戦はメディア論的にとても面白い研究テーマですがホリエモンも含めて当事者たちのメディア意識は非常に古くさいと思いますがどうでしょうか?ノリさんは大きな広告代理店にご勤務のようですがどう思われますか?

  10. ノリ より:

    出版社(旺文社)がラジオ放送局(ニッポン放送)をつくりさらにテレビ(フジ)をはじめる。それをインターネットが呑み込もうとしている。このような図式で日本におけるメディアの発達そのもが現れています。

  11. ノリ より:

    そう。堀江氏の行ってる「情報と通信の融合」って古いメディア観に基づくものですよね。むしろ、生活者側から見ればネットもテレビも自分の使いやすいように使うだけなんだから、もうすでに融合は進んでますよ。

  12. borg7of9 より:

    パソコンにTVを取り込む製品は成功してますが、TVにネットやメールを取り込む製品は成功してませんね。

    ホリエモン騒動はむしろ国民的資本主義講座ですね。株式会社論の国民的教育ですね。ちょっぴりメディア論もあるのですが、コメンテイターも含めて意識が低い物だからその教育効果はあまり上がってない様ですね。マクルーハンは株式会社もメディアと捉える訳ですが。

  13. borg7of9 より:

     マクルーハン大好き・・・・

     メディアはマッサージである・・・

      

      社交のあり方に影響を与え・・・

      暗黙知に影響を与える・・・

      ボーグはマクルーハンを野中郁次郎批判に活用してます・・

      ● 何ゆえ情報の送り手のメッセージを受け手は多義的に受けとめるのか???

      ジュリア・クリスティバの『間テキスト性』で説明できますね・・特にネットの創造性は・・・