ラッキーマン

人気の記事:

コメント

  1. Rexxゴン より:

    読みましたよ〜

    やっぱりいろいろ大変だったんですね。

    マイケルは初恋!?の人だから。(え

  2. でっせ。 より:

    こんなお父さんになりたいです。

  3. でっせ。 より:

    こんにちは、おはつです。

    私も読みました。それぞれの映画の出演時代の話なんかも多く含まれてて、その話がひとつひとつ感慨深いものになっててホントにお勧めの一冊です。

  4. ムツゴロヲ より:

    こんばんは。

    ラッキーマンはマイケルの人柄がよく出てると思います。

    読んでまた一段とマイケルのことが好きになりました。

  5. JOE♪ より:

    はじめまして。

    “Luckyman”原書買ってそのまま放置中です(^^;

    英語の勉強になると思ったんですが、発売当初のやる気がどこへやら。

    2年前ですか、CBS,CNN他あちこちのトークショーで新刊持ってインタビュー受けてましたが、震えの収まらない手足と、家族の写真、苦労話を聞いていたら、泣けてきました。

    「ラッキーマン」時間作って読んでみます!

  6. りえる より:

    はじめまして。

    普通に、良い本だと思いました。

    努力と成功と挫折とそこからの復帰と。

    原書も読んでみたいですねー。

  7. ビーフン より:

    はじめまして。

    最近、文庫落ちして読みました。

    マイケルの祈りを原文で知りたくなりますね〜。

  8. もす より:

    はじめまして!

    私は翻訳本をよみました!

    「バック〜」の時の心情や、その他の裏側が知ることが出来てよかったです!

  9. 玉木宏 より:

    はじめまして

    あんまり本とかよまないんで。わかんないんだけどマイケルJフォックス大好きだったからかいました。もっと大好きになりますよ。

  10. ゆみこばば より:

    はじめまして!

    ワタシも中学生の時ダイスキでした!

    去年、英会話の本に、インタビュー記事がでていましたよ!

    English Zone No.2

    http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31096669

    バックナンバー今でも入手可能です♪

  11. もう寝る より:

    前に読んだんですが、確か同じ職場で三人くらいがパーキンソン病を発症したんですよね。これって問題なんじゃないでしょうか。

    ちなみにウチの祖母もパーキンソン病でした。

  12. タイガーAK より:

     ぼくはバックトゥフューチャーを見た次の日ギターをかいました。以後音楽をそろそろ20年に渡り続けています。マイケルにギターを教えたポールハンソン氏にレッスンを受ける機会にもめぐまれました。

     何故マイケルがコメディから例えばシリアスなものをやったりしないのかなあ?とおもったりしてたんですが、そんなことの理由とかハリウッド事情、医療費の事情など興味深いこといろいろ書いてあります。そして一貫して感じられるかれの根底にある”普通”の感覚。スターでありながら隣に住んでそうな感じはそんなところからかもし出されるのかなあと思いました。

  13. しみっち より:

    本はめったに読まないのですが、

    これの本は寝ないで買っていっきに読んじゃいました。

    ほんと、マイケルのこともっと好きになりますよね☆☆

  14. しみっち より:

    彼を身近に感じていたけど、本ってメディアはすごいですね、まるで一対一にも感じられるんだから。

    かなりマイナーな部類だけど、彼のプロデュースしたジェーソン・プリーストリー主演の「ヤングヒットマン(95)」という映画が凄く気に入っていたのですが、殆ど(具体的には全く)触れられていなかったのでちょっと残念でした。

    僕のお気に入りの映画は「失敗」や「大失敗」とされていたのはショックで、自分のセンスの無さに恥ずかしい思いです。

    でも映像では知りえなかったリアルなマイケルに近づけた事がとっても大きな収穫でした。

  15. AKI より:

    原書を発売されてすぐぐらいに買ったんですが…

    全然進んでないです〜(><)

    マイケルの生の言葉を読みたいと思って原書にしたんですが。

    やっぱ難しいですね〜。

    本棚から引っ張ってきて、もっかい気合入れて読みます!!

  16. 機能別ヘ より:

    はじめましてー。

    私もJOEさんAKIさんと同じく原書買って置きっぱなしです。

    ここ見て再チャレンジしたいと思いました。

    一緒に頑張りましょう!>JOEさん、AKIさん

  17. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    私は友達にすすめる位、良い本だと思います

    自分を見失うくらい目の回るような忙しさで仕事をしていた様子や

    撮影の裏話や、どれだけ家族を愛しているのか

    など内容盛りだくさんで、読み始めると、はまって読んでしまいます

    原書で直接本人の言葉を読めたら一番良いんでしょうけど・・・

    私は英語力が乏しいので無理です・・・

    皆さんが原書を読まれた感想を楽しみにしてます

  18. riry より:

    はじめまして。

    私は翻訳本を出版後すぐに読みました。

    辛い手術、家族の事、バックツゥ〜の事

    読んでいるうちに引き込まれて一気読みしました。

    あんなすばらしい、人を惹きつけてやまない俳優さんが

    スクリーンから消えてしまたのは残念でなりませんが

    とにかく「生きて」欲しいです。

  19. 機能別ヘ より:

    スターになった事がある彼だからこそ「普通の素晴らしさ」を語っても違和感が無かったんだなぁと。

    ただ、今日も明日も生きる事が大事だと思いました。

    マイペースに生きていて欲しいですね。

  20. aguring♪ より:

    はじめまして。

    私もマイケルのファンです♪

    ラッキーマンを読んで、

    マイケルが私の想像以上に偉大だったことを感じました。

    家族を大事にしているところとか、

    本当に自分を客観的に冷静に分析できる人だなって

    思います。

    病気の自分を真正面から受け止めて、

    何もかも受け入れた上で、

    今度は自分以外の人のためにもなることをしたい、

    ってそれを実行できてしまうマイケルは

    中身まで丸ごとスターだなって感じです。

    いいな〜〜。

    こんな偉大な人に出会いたい。

    身近にいたら凄いだろうな。。

  21. aguring♪ より:

    おいらたちはマイケルを永遠のティーンのようにみていたが

    ファミリータイズとバックトゥーザフューチャーで大スターになり、天狗になりボロボロになり結婚したことで、それを後悔し、そして病気に・・・

    しかし マスコミに追い回されて・・・

    でも 自分を「ラッキーマン」だと・・

    涙が出た

    大好きなマイケル

    ファアレディーZに乗っていたというのは意外だった

  22. aguring♪ より:

    パーキンソン病の症状をはじめて詳しく知りました。

    薬を飲んでも時間とともに効力が無くなってくることなど、これほど医学が進歩している世の中でも厳しい病気であることを痛感しました。

    そんな病気になってさえ、自分を”ラッキーマン”と言えるマイケル。

    マイケル自身の強さはもちろん、きっと素敵な家族の支えがあってこそ、なんでしょうね。

  23. aguring♪ より:

    【ラッキーマン】は1年ちょっと前に読みました。

    先日マイケルのパーキンソン病が取り上げられたTVを

    観た時に日記を書きました。

    ワタシの日記とTVを偶然観たコトをキッカケに、

    【ラッキーマン】を購入して読み始めたといぅ

    マイミクがいました☆

    なんか嬉しくて、つぃ書き込みしちゃいました!

  24. でっせ。 より:

    文庫版がでましたね。

    まだお読みになってない方は、どうでしょうか〜?

    http://mixi.jp/view_item.pl?id=116180

  25. テラコ より:

    ようやく読めました。
    読み始めたらあっというまでした。
    パーキンソン病の闘病記かと思いきや、生い立ちからサクセスストーリーからプライベートなど多岐に渡って書かれていてとても読み応えがありました(^_^)
    マイケルの作品をまた見直したくなりました♪

  26. 匿名 より:

    あの本は、自分にとってのバイブルですexclamation ×2

    手術した後の海辺()のシーンでは泣けますexclamation

    彼に失礼かもしれないけど、落ち込んだりした時に読んで励ましてもらってますexclamation ×2