第一回公演「くねくねし」

人気の記事:

コメント

  1. ANI@リ23b より:

    こちらこそ、笑かしてくれてありがとうございました!

    おもんない映画見るより絶対にええ!

    それにしても満員でしたねー。

    ギリで行ったんで端っこに、相方とたてに座らされちゃいました。

    その相方の横に、後から来た汗ばんだ男が座った。

    気使って俺と席かわらんかい!ってっことも吹き飛ぶぐらい面白かったです!

    仕事の打ち合わせではオタイさんクールなのにね。

    シオダさん見れなくて残念!

  2. ANI@リ23b より:

    作ってたインサイダーとしてもほんとにおもしろかった。

    しかしあんな働き、そうそう毎回はできない。

    楽しすぎるけど食っていけなくなる(笑)

    それだけがんばりましたよ。藤本一族。今回は。

    しかしいっちばん大変なのはコレ、役者です。

    役者!おつかれ!またおもしろいの見せてくれな!?

  3. より:

    いや〜。ほんとチーム学芸大(ANI氏、スタジオヒトリ氏、ヨモヤマジョーコ氏、モリヤユカリ氏、RITO氏)には、多大なる恩恵を・・・。これ、もう役者陣、いくら感謝しても足りないよ!ほんと! 

    もう、すごいよ、あんたたち!!

    そして、観に来てくださった皆さん。本当にありがとうございました。次回は更なるパワーアップを図ります。しかし、もっと楽に。

  4. どもども。お客さん163番の猪蔵です。今回も「さらに」おもろかった。我が家では、くねくねし謹製のライムで日常会話。次回も行きます!よろしゅうです。

  5. より:

    くねくねしは単なる劇団ではない。

    「もの」を作ることが好きで好きでたまらない、楽しくてたまらない、ありとあらゆるジャンルの人間たち、あるいは、動物たちが、1つの「舞台」を創り上げるために、集まって出来た「馬鹿」な集団だ。

    ご存知か。この集団の脚本家は、それが面白くなるのであれば、どう考えても実現不可能であろうことを、関係者に要求してくる。

    「ここで、役者全員、斜め45度で立つ」

    「オランウータンここで登場」

    脚本家=1番馬鹿