ギモン

人気の記事:

コメント

  1. MIU より:

    ブラジル人が多いのはフォトログだけではないようです。

    数々派生したフォトログに限りなくちかい,というかまんまフォトログなサイトでもあふれかえっていますし。ブラジリアンだけのサイトも大盛況です。某有名コミュニティサイトも鰻登りで会員数が増えています。

    お気づきでしょうが彼らの大多数は未成年で、フォトログ用途は、明らかにポートレイトによる自己主張というか、交換日記というか、集団お見合いに近いモノがあります。よって一つの結論としまして彼らの国民性やツボにはまった交流手段というわけでご利用者も多いようでございます。

    彼らが活動する時間になるとサーバに負荷がかかるので、ブラジル地区だけ専用別サーバーにする予定もあったようですが、改善されてないところを見ると、実現に至っていないようです。

  2. 吉田 より:

    早速のご回答、ありがとうございます。

    fotolog(というかコミュニティ全般)にハマる国民性って

    すごく興味あります。

    それにしても、18万人(5/13現在)って

    スゴイ数ですよね。

    誰か火付け係がいたのでしょうか。

    自己主張、交換日記、集団見合い……

    あ、mixiみたいな感じ?←違う

  3. yuki+ より:

    私が非常に不思議に思うのは、インターネットの普及度に見合わないクレジットカードの普及度だったりして。インターネット料金ってどうやって支払っているんだろう……。もちろんクレジットカード払いだけではないけれど。

    fotologもPayPal以外の支払い方法もできましたよね。通貨問題もさることながら、そこらへんの割り切り具合を見習いたくもある小心者です。

  4. MIU より:

    >メグミ

    基本的にはここ(日本人)と変わりませんよね。

    ただここは、活字を中心に言葉での交流を、静かにかつ熱く楽しんでいる風潮なのですが、かの国ではビジュアル中心、コメント内容も

    「ワー! キャー!!!! ウハハハハ………!!aeeeeeeeeeeeeeeee!

    この写真 好き好き大好きー!!!!!!!!kkkkkk(笑い声):********」

    の状態で活字は効果音に過ぎないという状態がうかがえます。

    が、国民性は非常におおらかで、良い意味で細かいことを気にしない、愛すべき方々です。ただ日本人とは文化や道徳の面で相反し相容れない部分が多いので、コメント一つにもカチンとくることがあったりますが、彼らの民族性を理解して温かい目で見守っていただけたらと思います。

    フォトログは、彼らにしては「そこにあるから利用しているだけ」で、いけないのはそこを見越した管理を遂行していない管理人です。ただ、営利団体ではなかったので債務不履行を主張するわけにはいかなかったですが、今後の行く末をこれまた温かい目で見守りたいと思います。

  5. atcy より:

    ブラジルの雑誌かテレビで、フォトログで友達(恋人)ゲット!、というような記事が出たんじゃなかったかなあ。(よく覚えてない)